ハイブリッドSS速報 TOP  >  2013年05月
スポンサードリンク
月別アーカイブ  [ 2013年05月 ] 

≪ 前月 |  2013年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

P「事務所に戻ったら小鳥さんの姿がなかった」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31 17:33:09 ID:otSrB9a20
P「ただいま戻りましたー」

春香「お帰りなさい、プロデューサーさん」

P「……あれ? 春香だけなのか?」

春香「はい、私が戻ってきたときには誰も居ませんでした」

P「小鳥さん……どこ行ったんだろう?」

春香「買い物とかですかね?」

P「何か急遽必要なものがあったんだろうな」

春香「そうですね……あっ! 私、コーヒー淹れてきますよ!」

P「あぁ、頼む」

春香「はーい」


P「そっか……小鳥さん居ないのか………」

P「……………」


P(ちょっと残念だったりして……)

P「……って、俺はいつまで突っ立ってんだ」


小鳥、みなぎってきた


スポンサーサイト

グリシャ「エレン!尻をだしなさい!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:05:40 ID:R6hQASGM
エレン「頭が破裂しそうだ・・・!」

エレン「何も思い出せねえのに・・・」


―――

エレン「父さん!」

エレン「やめてよ!父さん!」

エレン「一体なにをしようとしているの!」

グリシャ「エレン!尻を出しなさい!」


エレン


[ 2013年05月31日 22:29 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

響「枕営業、って……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/30 18:17:31 ID:B9+e9uiE0
 
響「あ、あははっ! もうプロデューサーったら、そういう冗談は笑えないぞ!」

P「…………」

響「それにそういうの、セクハラだからね! やっぱりプロデューサーは変態だな!」

P「…………」

響「あははっ、はは……ははっ……」

P「……ごめん」

響「ね、ねえプロデューサー……早く、嘘って言ってよ」

P「ごめん……ごめんな、響……」


アイマス、アニメ、誕生日



エレン「進撃の巨人~Hな訓練もなんのその~」

※エロ注意

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 10:43:34 ID:BqJ.LK4g
エレン「今日の訓練も疲れたな」

アルミン「そうだね。明日は早くから訓練があるし、今日はすぐに寝ようか」

夜の食事を終えたエレン達は、就寝のために部屋の扉を開けた。
入ってすぐ、エレンは不審なものを見つけた。

エレン「なんだあれ?あんなの朝にはなかったよな」

壁に大きな、紙とも布とも違うものが貼りつけてあり、その前には複数のボタンがついた箱があった。

ジャン「こんなもの初めて見るぞ」

マルコ「どうする?教官を呼ぼうか?」

アルミン「待って。どうやら説明書があるみたいだよ」

アルミンは箱の側に置いてあった紙束を手に取ると、表紙の文字を声に出して読んだ。

アルミン「『進撃の巨人~Hな訓練もなんのその~・・・・・・?』」


進撃の巨人、ミカサ


[ 2013年05月31日 21:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(1)

ミカサ「エレン、いつかまた会おう…」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/29(水) 13:31:45.94 ID:epav5JFb0


※10巻までのネタバレありです。

エレン「…」

エレン「…ここは…」

エレン「…それに…俺は一体…」チラッ

???「……」

エレン(…このきれいな女の子は…衛生班って感じでもなさそうだが…)




ミカサ、エレン


[ 2013年05月31日 20:30 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

黒馬と友達

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 10:18:52 ID:6YI9Wupg
こんなに遠くに来たのは初めてだ。
雨に降られ、風に吹かれ。
崖を行き、森をいくつ越えただろう。

見たこともない景色が眼科に広がり、
友の手が私を強く握る。

その橋は永遠に続くようにも、
すぐに果てるようにも感じられた。

友の名はワンダ。

私の名はアグロ。

これは私たちの命を懸けた物語だ。


ワンダと巨像


[ 2013年05月31日 15:30 ] [二次創作 ワ行]ワンダと巨像 | TB(0) | CM(0)

アルミン「補給所に巨人が? くそっ、駆逐してやる!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 05:16:28 ID:hPlR0fdM
 
 
格闘巨人「「ウオオオオオオオオオッ!!」」
 
 ドンッ  ドゴォッ  ズズーン…

 

コニー「……大丈夫だ。あの巨人は並の巨人より強い」

コニー「あいつが派手に暴れてるうちは、この建物も潰されないだろう」

アルミン「あの巨人は必ずあとで倒す!!」

コニー「べ、別に無理に倒さなくても」

アルミン「とにかく今はここから脱出する方が先だ! ガスは?」

補給班員「ほ、補給所には3、4メートル級が……」

ジャン「それを何とかするのがお前らの仕事だろうが!!」 ガッ

マルコ「よせジャン!」

アルミン「落ち着けジャン! 当て身!」デュクシ

ジャン「うっ」バタッ

アルミン「皆を集めて! 作戦会議だ!」


アルミン


[ 2013年05月31日 13:41 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

P「五月病?」

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/28(火) 23:43:21.36 ID:U/0j1RUW0


五月病―――

みなさんも経験したことがあるのではないだろうか

授業に身が入らず、机の上で居眠りをしたり、身だしなみに気を遣わずに外へ出かける生活。

なんともいえない無気力や、不安感。それを感じ『このままではいけない!』と思いつつも改善しようとせずに寝てしまう自堕落な毎日・・・。

そんな人を堕落させてしまう病気がここ、765プロにも蔓延していた・・・




アイマス、765、衣装


アルミン「女装しようかな…」

※エロ注意

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29 23:06:55 ID:2emi4/gf0

アルミン「ははは…結構似合ってるや…」

アルミン「まるで本物の女の子みたいだ…」ゴクリ

アルミン「な…なんだかムラムラしてきちゃったな…」


エレン「あれ…アルミンの奴どこ行っちゃったんだ…?」

「エレン……エレン……」

エレン「ん、アルミンの声が…」

エレン「おーい!アルミーン!」

アルミン(まずい…!見つかっちゃった!…ど…どうしよう!)

アルミン(今見つかったら僕は絶対に軽蔑される…どうしよう…どうしよう…)

エレン「あれ……おかしいな…アルミンの声がしたはずなんだけどなぁ…」

アルミン(へ…?)

エレン「あのさ…アルミンがどこに居るかしらねえかな?」

エレン「…クリスタ」



YKgckwD.jpg


[ 2013年05月30日 23:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(2)

ライナー「ミカサってエレンが呼べば」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/27(月) 23:50:59 ID:SVHYEzOI

ライナー「どこにでも来るんじゃないか?例えばこの兵舎にも」

エレン「いきなりなんだよ?」

アルミン「(なぜ賢明な君がそんな面倒になりそうなことを)」

ベルトルト「ちょっと呼んでみてよ」

アルミン「(お前もか)」

エレン「なんでだ?」

ジャン「どういうことだよ!?」



ミカサ、アニメ


[ 2013年05月30日 22:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

ミカサ「エレンは私と一緒にいないと早死にする」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:20:47 ID:5BcTir4.

何度も同じ夢を見た。

正確には同じ夢ではなく、同じ結末の夢。

最初は悪夢だったということしか思い出せなかった。

しかし回数を重ねる内に内容もだんだんと思い出して来た。



進撃の巨人、ミカサ


[ 2013年05月30日 19:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

エレン(10)「ミカサ、お腹見せて」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 23:18:15 ID:6O32FCfY

エレン「いつものやっていつもの」

ミカサ「嫌…あれ恥ずかしいもん…」

エレン「あれ面白いから見たいんだよぉ」

ミカサ「……」



ミカサ、エレン


[ 2013年05月30日 17:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

ミカサ「えれんがおっきい……」エレン「何言ってんだミカサ???」

エレン「……な、なんでアルミンとミカサが大人になってるんだ!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28 19:57:10 ID:/Vo7qC0L0

アルミン「これは、まさか……!」

エレン「なんだよアルミン、ミカサはどうしちまったんだ!?」

ミカサ「??? アルミンもおっきぃ」

アルミン「もしかしてミカサは頭を打ったんじゃ……」

エレン「立体機動の訓練中に俺がミスして、落ちそうになったのをミカサが自分をクッション代わりにして助けてくれたんだ」

アルミン「じゃあ多分その時だ」

エレン「一体何が起きてるんだ?」

アルミン「ミカサは頭部に衝撃を受けたことで一種の記憶障害に陥ってしまったんだ」

ミカサ「マフラー、どこ?」



進撃の巨人、ミカサ

[ 2013年05月30日 15:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

狐のお宿

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/23(木) 19:51:42 ID:A9agJ.wg

狐女将「おや、人間のお客様とは珍しいですね」

狐女将「え?森の中を歩いていたら遭難された?あらあらそれは大変ですね」

狐女将「麓まで案内するのは構いませんが、夜の森は大変危険です。良ければ一晩泊まっていかれてはどうですか?」

狐女将「はい!それでは改めまして……。本日は旅館『稲荷屋』へようこそお越し下さいました。私女将の狐女将と申します。今宵はどうぞお寛ぎ下さいませ」



動物、狐、琴


[ 2013年05月30日 13:00 ] [オリジナル]人外・妖怪 | TB(0) | CM(0)

少女「石炭、石炭はいりませんか?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 17:40:17 ID:TP7wzxVA

とある国に石炭を売る少女がおったとさ。
比較的大きな街で場違いな商売少女。


少女「石炭、石炭はいりませんか?」


[ 2013年05月30日 12:00 ] [オリジナル]少年・少女 | TB(0) | CM(0)

男「ざまあみろ! これでおしまいだ! ジャップ!」

※このSSには軽度の差別用語などが出てきます。人によっては気分を害するかもしれませんのでご注意を。


兵士1(この倭猿……何を言ったんだ?)


[ 2013年05月30日 10:00 ] [オリジナル]その他 | TB(0) | CM(0)

アニ「学園祭?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/27(月) 21:53:42 ID:EVQ4JCz2

※進撃!巨人中学校の世界観です

アニ「へ、へ~、そんなのあるんだ?」

ライナー「なに言ってんだ、もうそろそろ準備始まるんだぞ」

ベルトルト「正直面倒くさいなぁ、あのクラスが一つにならなきゃ感が」

アニ「(やばい…めっちゃ楽しみ!)」



ベルトルト、進撃の巨人、アニ


[ 2013年05月30日 04:30 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

エレン「寝技仕掛けられてる時に動いたらアニが変な声出した」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28 20:29:47 ID:IBwCGBv7i

エレン「どうした?苦しかったかアニ」

アニ「そ、そんなわけあるか!んっ」

エレン「でも苦しそうだぞ?でもまあこれも訓練だしな!手加減はなしだ!」グリグリ

アニ「…!!!!」

エレン「どうした!もう降参か!」

アニ「まだ…!まだだよ!…うぅ///」

エレン「しぶといな…もっと強く!」グイグイ

アニ「!!待って、エレンそれはダメだ!///」ビクビク



ミカサ、クリスタ、アニ、進撃の巨人、サシャ


[ 2013年05月30日 00:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

美希「ねぇねぇでこちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28 20:05:43 ID:zKU3Wl850

美希「膝枕して?」

伊織「なによいきなり」

美希「久しぶりにでこちゃんの膝の上で寝たくなったの」

伊織「久しぶりってあれは気が向いたからしてあげただけで 今はそういう気分じゃないの」

美希「ケチなの」

伊織「諦めてソファーで寝てなさい」



伊織、美希、ソファ


妹「お兄ちゃん? お兄ちゃんなんでしょ…?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/28 15:55:08 ID:fXdyJsRi0

妹「すぅ、すぅ……」

 「う~ん……ふみゅ?」パチ

 「何これ、真っ暗……何も見えないよ」

 「私、自分のベッドで寝てたはずなのに……あれ?」ガシャガシャ

 「嘘!? 何よこれ…!」

 「手錠? なんで私後ろ手に縛られてるの!?」

 「この何も見えないのも、目隠しされてるから?」

はぁ・・・はぁ・・・!

妹「ひっ!?」


[ 2013年05月29日 22:00 ] [オリジナル]姉・妹・兄・弟 | TB(0) | CM(0)

クリスタ「みんな、聞いてくれる?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 23:40:00 ID:ha3OAFqE



クリスタ「いきなりだけど、みんなに話したいことがある」

クリスタ「私の秘密についてなんだけど……いい?」



ミカサ、クリスタ、アニ、進撃の巨人、サシャ


[ 2013年05月29日 20:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

雪歩「LOST」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/29(水) 04:24:20.28 ID:nO8YoHBp0


―765プロ事務所 屋上

雪歩「…」

P「…」ガチャ

P「…ここにいたか」

雪歩「あ、プロデューサー」

雪歩「ふふ、主役が抜けてきていいんですか?」

P「主役はおれじゃないさ」

雪歩「…そうですね。プロデューサーはいつもそう言うんです」

雪歩「『がんばったアイドルの力だ!』って…ふふ」



アイマス、雪歩、星


ミカサ母『男の人は好きな女の子を守りたがるものよ』

2: ◆3K3Bl8akqE 2013/05/29(水) 03:51:20 ID:ZF5SYufg


ミカサ「ということ、アルミンどうすればいい?」

アルミン「えっと、いきなりそんな事言われても……とりあえず順を追って話してくれないかな?」

ミカサ「わかった。私は今朝お母さんの夢を見た、男の人は好きな女の人を守りたがるらしい、エレンもそうに違いない」

アルミン「ま、まあ大体の場合男は好きな子を守りたいと思うかな……それで?」

ミカサ「エレンが私に守られたく無い、って言うのはそういうことに違いない。けど」

アルミン「(それは前提なのか……)」



進撃の巨人、ミカサ


[ 2013年05月29日 17:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

エレン「アニにキスされたんだが」アルミン「!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26 23:03:43 ID:AT9dt+E70

わからない。

自分がなぜあんな行動をとってしまったのか。

気付いた時にはもう遅かった。

私の唇があいつの……エレンの唇と重なっていた。

数瞬の間を置いて、自分のしでかしたことに気付く。

顔が熱。頭の中が沸騰する。あいつの顔を見ることができない。

混乱する私を尻目に、更に数瞬の間を置いたのちにあいつが口を開く。

ぽかんとした顔をしながら、

「……なぁ、アニ。どうして急にキスなんかしたんだ?」

それは、今から三時間前の出来事。

あの事故から三時間が経った今もなお、私の顔から熱がひくことはない。



ベルトルト、進撃の巨人、アニ


[ 2013年05月29日 15:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

エレン「俺の芋女がこんなに可愛いわけがない」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29 01:31:56 ID:3vPoyEcm0

アルミン「え?」

エレン「まいったな……アルミン、もうオレは駄目かもしれない」

アルミン「いやちょっと待って突っ込みどころが多すぎるよ」

エレン「なにがだ?」

アルミン「まず芋女っていうのは当然サシャのことだよね?」

エレン「あいつ以外に芋女なんているわけないだろ」

アルミン「じゃあ俺のってなに?所有格?」

エレン「う~~ん、オレのって言ったらオレのだな」

アルミン「…………えなに付き合ってんの?」

エレン「別にそういうのじゃねぇよ。そうだな、なんていうか妹みたいな?」

アルミン「ごめんなにいってんのかよくわからない」

エレン「なんだよ聞いたのアルミンだろ」



サシャ


[ 2013年05月29日 13:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

マミ「今日こそ一人カラオケに行くわ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/11 00:10:47 ID:s+IRdTx40

ワイワイ…ガヤガヤ…

マミ「とりあえず一番大きなアミューズメントパークに来てみたわ」

マミ「すごい人混み…きゃっ」

男A「オウフwww」

マミ「ご、ごめんなさい!怪我はありませんでしたか?」

男A「トゥフフwwwww大丈夫でござるwwwwクッションで助かったでござるwww」

マミ「えっ…」

男A「オホォ!言ってしまったでござるwwwアイヤ失礼www」

マミ「あ…はい…さようなら」

マミ「もう心が折れそう…」



マミ、アップ、光


あやせ「お兄さん?浮気したってことは……分かってますよね?」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/06 17:52:25 ID:2wOUjtVL0

あやせ「彼女と別れたそうですね、お兄さん」

京介「そ、そうなんだ・・・また麻奈美からか・・・」

あやせ「別れた、ふぅん、そうですか」

あやせ「原因は何だったんですか?」

京介「おまっ!別れたばっかの人間に普通言うか、そんなこと!」

あやせ「何だったんですか?」

京介「いや、桐乃が・・・付き合うの嫌がったもんだから」

あやせ「桐乃が嫌がった」

京介「そ、そうなんだ・・・ハハ」

あやせ「それ、全然違いますよね」

京介「へ?」

あやせ「お兄さんには、わたしに結婚してくれって言った時点で、他の女とつきあう権利なんてないですよね」



あやせ


シンジ「性転換ライト…?」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/26(日) 17:38:38.22 ID:PeQmoP3q0


(葛城家)


シンジ「ただいま…」

シンジ「…アスカもミサトさんもまだ帰ってないのか」

シンジ「晩ご飯どうしようかな…」

シンジ「あ、ポストに入ってたものの整理もしとかないと」

シンジ「僕がやらないと溜まってく一方なんだもんな…どうせミサトさん宛てばっかりなんだからたまにはミサトさんが片付けてくれればいいのに…」

シンジ「…通信販売の手紙ばっかりだ。こういうのは全部処分してもいいよな………、ん?」

シンジ「なんだこれ」

シンジ「性転換ライト…?」



レイ、アスカ、本、シンジ、木


エレン「池に剣落としたらクリスタが出てきた」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 00:34:15 ID:AyS5QW3g

クリスタ「こんばんは...」キラキラ

エレン(゚д゚)

クリスタ「あなたが落としたのはこの金の剣?」

エレン(゚д゚)

クリスタ「それとも、この銀の剣?」

エレン「....何やってんだクリスタ...?」

クリスタ「ギクッ」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/26(日) 00:36:53 ID:0jH0I64Q

やはり女神だったか



クリスタ、進撃の巨人2


[ 2013年05月29日 07:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

「俺、眼鏡って似合わないんだよなー」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/25(土) 23:06:33.64 ID:PtVx1/VJO


ふと、そんな昔の言葉を思い出して、私も眼鏡をかけてみた。

そうしたらね。

どうしてだろう。

気が付いたら、鏡を振り上げて泣いていたんだ。


壊してしまいたい顔を照らすのは、灰色のふきだしが映ったディスプレイ。


「来週の日曜にそっち行くから。夜、少しだけ会える?」


きっと冷たい夜になるんだろうな、と。

充電器に繋ぎっぱなしですっかり熱くなった携帯を握りしめたまま、その日は眠った。



[ 2013年05月29日 05:30 ] [オリジナル]その他 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。