FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  2014年01月
スポンサードリンク
月別アーカイブ  [ 2014年01月 ] 

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

モバP「拓海ってさ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/25(土) 23:30:47.99 ID:/cCQhQ/Lo


モバP「拓海ってさ、最初の写真で『イーッ』ってしてんじゃん」

拓海「ああ、そんな写真もあったな」

モバP「そんなに歯並びに自信あったの?」

拓海「そんなわけないだろ!ちょっと反抗してたんだよ、あん時はよ」

モバP「歯並びは魅力の1つだもんな。すまんな気づいてやれなくて」

拓海「人の話を聞けよ」


向井拓海、特攻隊

向井拓海、猫


女伍長「あのね・・・来ないの・・・」新隊員「誰が?」

関連スレ
男「幼馴染上等兵、ちょっと頼み事が・・・」




1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 10:52:27 ID:Da6WIstE
ガラケー Ring! Ring!

新隊員「もしもし、女伍長ですか?」

女「そうよ、もう伍長じゃないけどね。軍を辞めて実家に帰ってからもう半年も経つんだから、いいかげん伍長は止めてよ。」

新隊員「すみません。でも、そんなことより、ボク受かったんです。」

女「え!受かったって、下士官の昇任試験?」

新隊員「はい!今日発表がありました!」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 11:15:33 ID:Da6WIstE
前に書いた物が長くなって収拾がつかなくなり、端折らざる得なかった部分をふくらましたものです。
でも、独立して読めるようにしたつもりです。

一応キャラの補足をしますと、女は、中堅下士官でしたが農家を継ぐために退職、
新隊員は、その部隊で一番下っ端のチビ。女性が上の歳の差、階級の差カップル。
男は大学出たての小隊長、その幼なじみの幼馴染上等兵。この話には名前しか出ていません。

男「幼馴染上等兵、ちょっと頼み事が・・・」

を読んで貰えたらちょっとうれしい。読まなくてもわかるし、長くて迷惑でしょうが。

[ 2014年01月26日 22:00 ] [オリジナル]その他 | TB(0) | CM(0)

ユミル「(シュウウウウゥ…)」ベルトルト「……」

※エロ注意、閲覧注意

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/23(土) 10:42:48 ID:19rl2VKM


超気持ち悪い超大型巨人の
股間の超大型巨人に調教されるユミルの話

ベルユミ。
ライクリ要素あり。
ユミルは訓練兵になってから本を読む喜びに目覚めたという特殊設定あり。

短い。ひねりもない。調教のネタが尽きたら、唐突に終わる。

道具は使わない。殴る等のわかりやすい暴力はなし。
ただし、後々非常にグロい描写が入る。
苦手な人は注意。

話の都合上、卒業一年前から話が始まる。
こんな15歳と16歳いねーよ! というツッコミはなしで。


3: 1 2013/11/23(土) 10:44:44 ID:19rl2VKM


立体軌道訓練場 巨大樹の森

ユミル「(シュウウウウゥ…)」

ベルトルト「……」ヌギ! パサ…

クリスタ「ユミル! 大丈夫!」

ライナー「かなりの勢いでぶつかったぞ! その後、大きく振られてまた木にぶつかったみたいだが平気か?」

ベルトルト「気絶してる。頭を打ったかもしれない」

クリスタ「大変! ユミル、私をかばって大怪我を…」

ベルトルト「僕が医務室へ連れていく。目立った怪我はないけど、少しでも早い方がいい」

クリスタ「ユミル! ユミル!」

ベルトルト「ライナー、クリスタは動転してる。彼女を押さえておいて」

ライナー「おう」ガシッ!



ユミル


[ 2014年01月26日 18:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

杏子「倍にして返すから千円貸してよ」 さやか「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 13:46:53 ID:RR0AByVE0
――街中


杏子「さやかにだって悪い話じゃないはずだ」

さやか「……」

杏子「労せず、お金が増えるんだ。こんなうまい話ないだろ?」

さやか「うーん……」

杏子「なんだい? なにを悩む必要があるのさ」


イモ、さやか、杏子


モバP「だりやすかれんの日常」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/26(日) 00:25:36.60 ID:ZQ9NQ6Cjo


―――事務所


加蓮「…………」ペラ ペラ…

泰葉「…………」カキカキ…


加蓮「……ん、んー……」ノビー

加蓮「ふー……」

泰葉「…………」ケシケシ


加蓮「…………」ジー

泰葉「…………」サラサラ…


加蓮「ねーねー泰葉ー」

泰葉「……ん、なぁに加蓮」

加蓮「暇!」

泰葉「そう」



泰葉「えと、ここは……」サラサラ…

加蓮「………………ええー」



多田李衣菜

岡崎泰葉

北条加蓮、制服、シェイク


エレン「サシャとコニーと少年の心」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:13:15 ID:FtQAbN/M


色々と崩壊

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 00:13:59 ID:FtQAbN/M
対人格闘訓練

サシャ「白鳥の構え!」アチョー

コニー「なんの、陰陽の型!」ホアチャー

サシャ「な、そんな構えみたことありませんよ!」

コニー「ふふふ、お前を倒すために天才のオレが編み出した必勝の構えだ!そう簡単に敗れると思うなよ!」

サシャ「くっ大口を叩くだけあって隙がありません、私は一体どうすれば…!」

コニー「ははは、ビビって動けないか、ならこっちから行かせてもらうぜ!」

サシャ「しまった!白鳥の構えは攻めの構え、受けに回ってしまってはこちらが不利です!」

コニー「もらったあ!」

サシャ「うわああ、やられましたー」

エレン「お前らまた遊んでるのか」

コニー「遊んでるんじゃない、俺たちなり格闘訓練をしてるだけだ」

エレン「でもふざけてるだろ」

サシャ「まあ、多少は!」


コニー、サシャ


[ 2014年01月26日 14:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

信「だから羌瘣のことが好きだって言ってんだろ!」羌瘣「…は?」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/24(金) 16:26:27.32 ID:QQzjubCI0


キングダムSSです。
時系列は対魏国大攻略戦後から羌瘣が旅立つまでの自作エピソードとなってます。
短いです。



2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/24(金) 16:27:59.85 ID:QQzjubCI0


羌瘣「貴様は何を言っている…?」


信「だぁー!ったく…俺もよぉ、よくわかっちゃいねぇんだが…お前と一緒にいたいと思ってる」


羌瘣「いつもいるが…?」


信「…羌瘣、手を出してくれ」


キングダム


[ 2014年01月26日 12:26 ] [二次創作 カ行]キングダム | TB(0) | CM(0)

エレン「くちく…くちぇく…くちゅく…」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/15(水) 11:25:37 ID:IJm7iSiI
エレン「くち…くちゅぃく…」

アルミン「…何言ってるの?」

エレン「なあアルミン、く…くちくってちゃんと言えるか?」

アルミン「駆逐」

エレン「お、おお…さすがアルミンだぜ…」

アルミン「逆になんで言えないの」

エレン「い、いやおれだって言おうとすれば言えるんだよ。でもなんていうかな…」

アルミン「まあ確かにエレンの言う「駆逐」はちゃんときこえないね」

エレン「そう!そうなんだよ!」


エレン



[ 2014年01月26日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

ユミル「たったひとつの贈り物」 (ユミクリ) / アルミン「芋とパァンとエレンとミカサ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/15(水) 23:36:24 ID:n8ucHvW.
ユミル×クリスタ、ユミルメイン、ユミル視点の地の文あり
52話までネタバレあり

現在公開されている情報から色々想像で補完してます



よろしくお願いします


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/15(水) 23:41:52 ID:n8ucHvW.


「我らを恨むでない。全ては運命のままに-」


ここへ連れてこられた時、そう言われたのを覚えている。
それがいつの事だったかははっきりしない。
寝台に横たわりまどろむ私の顔に、高窓から入り込んだ光が差し掛かってきていた。


「…おい起きろ、いつまで寝てるつもりだ!」

(もう、朝か…)


乱暴に扉を開けて入ってきた憲兵の声に、私の意識は繋がっていく。
今日もまた変わり映えの無い一日が始まった。


「ぐずぐずしていないで早く仕事の準備をしろ」



ユミル


[ 2014年01月25日 17:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

私(この方が……私の次のご主人様)

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/24(金) 11:00:15.37 ID:lU/OdnF20


私(前のご主人様が病気でお亡くなりになってひと月。もう自由になれたと思ったのに)

息子「僕に、これを使えと?」

父親「そうだ。お前もそろそろこういったものを持つべきだろう。いっぱしの男なんだからな」

息子「……よりによって、あの爺さんのお下がりを僕にだなんて……あなた、自分が受け取りたくなかっただけでしょう?」

私(前のご主人様と、次のご主人様の間には祖父と孫以上に大きな確執があったのでしょうか。私を見る彼の目が怖いです)

父親「まあ、そう言うな。あの男の乱暴な扱いに耐えたのだから、多少威勢のいいお前の役にも立つはずだぞ?」

息子「……まあ、いただけるならありがたくいただきます」

私(この方が、これからの私のご主人様……怖そうな方です……私の事をにらみつけるようにみています)



[ 2014年01月25日 15:00 ] [オリジナル]その他 | TB(0) | CM(0)

由比ヶ浜「ゆきのんとヒッキーについていけない」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/19(木) 15:59:04.93 ID:TjCK1S3A0


由比ヶ浜(クッキーの件で助けてもらった私は、奉仕部に入部することにした)

由比ヶ浜(けど今まで帰宅部で好き放題していた分のつけかな)

由比ヶ浜(優美子を筆頭とした女友達への説明や仲良くしていた男子への報告)

由比ヶ浜(埋め合わせとかなんとかで引っ張り回され、時には突然男子から告白されたりしている内に、

入部を決意してから実行するまで、実に一ヶ月が経過していたーーーー)



八幡「オイ雪ノ下」

雪ノ下「まだ読み終わってないわ」

八幡「ふざけんな三日の延滞だ。レンタルで換算してみろ」

雪ノ下「ざっと五百円ぐらいかしら。ほら」

八幡「ハイハイ……って違う!支払うのはテメェだ」

雪ノ下「でもこれ面白いわね、前に私が貸したのより読みやすいわ」

八幡「あーあれはなー」

雪ノ下「ヒロイン?」

八幡「ああ」

雪ノ下「……」

八幡「いやお前は違うだろ。俺が言うんだから間違いない」

雪ノ下「……ふふっ」

八幡「ハイハイ馬鹿ですいませんね」



由比ヶ浜(一ヶ月放置した結果がこれだよ!)



雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣


エレン「これでスレ立て出来てるのか?」ミカサ「ええ」シコシコ

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 16:56:25 ID:B9fotxjc

ミカサ「見て、ちゃんとエレンのスレが立ってるでしょ?」シコシコシコ


エレン「ホントだ、スレ立てって気持ち良いんだな」


ミカサ「でも、立て逃げはよくないから、ちゃんと責任を持って完結させましょう」シコシコシコ


エレン「あぁ、わかってるって」


エレン


[ 2014年01月25日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

カルラ「イかないで…」

※エロ注意

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 00:18:23 ID:B9fotxjc

ちゅぼっ、じゅぼっ…



このおチンチンをしゃぶるのも何回目かしら…



「ん…くっ、……あっ…」



本当に喘ぎ声が可愛いんだから…

でもまさか、この子とこういう関係になるとは思わなかったわ



「も、もう…出ちゃいます…っ、おばさん…」


「ちゅぱっ……こら、最中はおばさん禁止って言ったでしょ」


「ご、ごめんなさい、カルラさん」


「ふふふ…素直な子は大好きよ、アルミン」


アルミン


[ 2014年01月25日 00:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

小6の時に書いてた短編小説がマジキチすぎるwwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:19:59 ID:4F4vswi+0
とりあえず1つ書いてく

「花火」
僕は、花火を憎んだ。すべて花火のせいだ。花火のせいでこんなことになるなんて・・・。
その日、母親が僕に言った。「花火買ってきたからやろうよ」僕は庭に行って、父と母と一緒に花火をすることにした。
花火を袋から出して、すべて食べた。「おいしいね」と僕が言うと、母は「なんて気持ち悪いの。あなたなんかうちの子じゃありません。」と言って包丁を持って来て僕を刺そうとした。

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:20:59 ID:A7cSHeF10
面白いじゃん

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:21:46 ID:wszrEDTv0
なんかセンスあるように感じちゃう

[ 2014年01月24日 20:00 ] [オリジナル]その他 | TB(0) | CM(0)

クリスタ「胸揉みたい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/22(水) 21:52:09 ID:S3Su9oMI
クリスタ「ユミルってさ」

ユミル「ん?」

クリスタ「私より胸大きいよね」

ユミル「まあ…お前と二歳違うしな」

クリスタ「あのさ」

ユミル「…なんだ」

クリスタ「揉んでいい?」

ユミル「えっ?」


ユミル


[ 2014年01月24日 15:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

夏海「姉ちゃんとほたるんが恋人同士になった」

3: >>1ありがとう 2014/01/23 23:28:19 ID:7H9aIht/P
夏海(色々あったけど、ようやく二人が恋人同士になった…)

夏海(きっとこれが二人の為…みんな幸せになれると本気で思ったから…)

夏海(ウチは頑張って…二人を恋人同士にすることに成功した)


夏海(ウチは嬉しかった。二人が恋人同士になって)

夏海(ウチは幸せだった。二人の嬉しそうな顔を見れて)


夏海(でも、まさかこんなことになるなんて…思いもしなかった…)


チュッ

小鞠「キスしちゃった」

蛍「もうっセンパイったら。キスは1日10回までって決めたじゃないですか」

小鞠「だって幸せなんだもん♪」

蛍「はぅ…その笑顔は反則です//」

小鞠「えへへ~」



夏海「うわあああ。学校でイチャイチャするなー!」


夏海


千早「夢」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/23(木) 00:40:10.05 ID:s8bL3tag0


千早(アメリカでのレコーディングなどもあった関係で、久しぶりに、本当に久しぶりに訪れた事務所)

千早(まるで私たちのもうひとつの家のようであったはずのその場所を、私はなぜだか『冷たい』と感じてしまった)

千早(それはきっと、奈落に落ちた怪我で入院しているプロデューサーのことを嫌でも思い出してしまって)

千早(そして何よりも、いつも私たちを笑って迎えてくれていた春香の姿が、そこには無いことが分かってしまっていたから……。そのせいなのだと、思う)

千早(律子が春香に仕事を休むよう促してから、一週間)

千早(私は一度も……。春香に会って、いない)




アイマス、765、衣装


ミカサ「エレンが掘られるSSがないのはおかしい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/17(金) 15:46:03 ID:BW1TC0kA
ミカサ「ホモSSで掘られるのはアルミンやベルトルトばかり」

ミカサ「エレンだってかわいいのになぜホモSSではアルミンを掘る側なの?」

ミカサ「エレンが掘られるSSを増やしてほしい」

ミカサ「小生意気な美少年を屈服させてみたくはない?」


ミカサ、アニメ


[ 2014年01月24日 11:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

23才の夏休み

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:26:23 ID:H4Jd2...

男「学生最後の夏休みか...」

男「就職は無事に決まったが卒論やら研究やら色々とやらなきゃいかんことはあるんだな」

男「大学生の夏休みって言ったらもっと暇なもんだと思ってたぜ」

男「まあそれでも充分暇なんだが」

男「甲子園でも見るか...ってあれ、鳴らない電話が震えてら珍しい」

男「もしもーし、あぁ女か久し振り....女!?」

男「久し振りなんてもんじゃねーじゃん!転校して以来か?お前今何してんの?」

男「何々...え?来る?うちに?俺今下宿中だよ?」

男「は?もう来てる?え?」

ガチャッ

女「久し振り」

[ 2014年01月24日 10:00 ] [オリジナル]男・女 | TB(0) | CM(0)

アルミン「エレンじゃない!」ペリー提督「エレンデスヨ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/22(水) 04:34:13 ID:Sl/xOsTo
マシュー・ペリー「そんな事ヨリ、この国はドウイウ事デスカ??」

アルミン「…」

ミカサ「エレン、落ち着いて」オロオロ

ペリー「三重の壁て!鎖国ってレベルじゃねぇデスヨ!」

ミカサ「今更どうしたの?」

ペリー「ペリー…じゃなかった。エレン、マジおこなんですケド!!」


アルミン


[ 2014年01月24日 08:30 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

伊織「弟と喧嘩した?」 やよい「うん…」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/22(水) 01:07:29.76 ID:5n7yaHyv0


やよい「うーん、ここじゃなかったっけ…」ゴソゴソ

長介「ただいまー…姉ちゃんってなにやってんの…?」

やよい「あ、おかえり。ねぇ長介、ハサミ持ってない?前は確かここにしまってあった」

長介「何俺の机漁ってるんだよ!!」バッ

やよい「わっ、ちょ、どうしたの?」

長介「どうしたのじゃないよ! 勝手に机の中身見るなよ!」

やよい「ど、どうして? 前は普通に…」

長介「うるさい! どっかいけ!」ドンッ

やよい「きゃあ! ちょっと長介!叩くことないでしょ!」



やよい「って感じで…」

伊織「ふーん…」



2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/22(水) 01:12:57.87 ID:ZPOX+urlo


これはやよいが悪い…



3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/22(水) 01:14:47.29 ID:6pHsNLKAO


エロ本か



やよい


[ 2014年01月23日 12:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

モバP「信頼のイタズラ」

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/23(木) 01:46:55.50 ID:wn+5gt0t0


岡崎泰葉「Pさん」

P「…………」

泰葉「Pさん?」

P「…………」

泰葉「Pさん、聞こえていますか?」

P「…………」

泰葉「……あ、ちひろさんがきわどいサンタさんの服を着て飛び跳ねてます」

千川ちひろ「えっ!?」

P「なんだとッ!?」ガタッ


ちひろ


マツコDX「あんたは?」アルミン「ハッ!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/21(火) 16:41:33.60 ID:h9iRmDLB0


アルミン「アルミン・アルレ…」

マツコ「好き」

アルミン「ルト…」

マツコ「好き」

アルミン「…」ゾクッ

マツコ「あとで教官室に来て」ボソッ

アルミン「グゥッ…」ガクッ

アルミン「胃が…」ガクガク…

エレン(アルミン…教官に目ぇつけられたか…)






ツカツカ…

ピタッ

マツコ「…ふぅん」

マツコ「あんたは?」

ライナー「ハッ!」

ライナー「ライナー・ブ…」

マツコ「…」さわっ

ライナー「ラウン…」

マツコ「いいからだ…」さわさわ…

ライナー「ぐぅっ…」ゾクッ

マツコ「あとで教官室に来て」ボソッ

ライナー「」白目

ベルトルト(ライナー、故郷へはアニだけでも連れて帰るよ)



進撃の巨人、複数


[ 2014年01月23日 03:24 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(1)

ライベルユミ「出立前の話」

1: 2014/01/22(水) 16:07:51 ID:jOwAqo5o

※CPなし

※主に独白ばっかり

※一気に完結させる

2: 2014/01/22(水) 16:09:49 ID:jOwAqo5o

自分の命にはもう幾分もの時間が残っていない
私が決めて期限をつけてしまった

随分と馬鹿な事をしたもんだ


――本当に、馬鹿な事を



自傷めいたことを考えても、この思考を止めてくれる人はいない

考えても無駄なのだ
なのに、考えてしまうと言う悪循環



――分かっているのに何故、止まらないんだろう


きっとこの考えを止めなかった事すらも、後悔になると言うのに


進撃の巨人


[ 2014年01月22日 23:09 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

サシャ「ん?」ライナー「あれは…?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/21(火) 22:31:08 ID:aCS6GjQw
※サシャとライナーという全く接点が無い二人が遊ぶだけ



サシャ「兵団内で病気が流行ってて、暫くは訓練無し、ですか」

サシャ「クリスタも熱出して寝込んで、ユミルはそれを看病してて…」

サシャ「コニーもなんか倒れたって話ですし、遊ぶ相手居なくて暇ですねー…」

サシャ「というか、馬鹿は風邪引かないって言うのは迷信なんですか」

サシャ「まあ、どちみち暇です~…」

サシャ「……ん?」


サシャ


[ 2014年01月22日 07:30 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

モバP「モンスターハウスだ!」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/21(火) 23:36:30.78 ID:ofSUnYC2o


モバP「ただいま戻りましたー」






パワーハウスだ!



アニ「あんたはいいよね」ライナー「何がだ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/15(水) 22:47:49 ID:ILwgR8fs

アニ「いいよねぇ」ジーッ 

ライナー「……どうしたんだ急に?」

アニ「羨ましいわ」ジーッ

ライナー「お前の意図が全く読めんのだが」

アニ「素晴らしいよ」ジーッ

ライナー「……お、おぅ」


アニ


[ 2014年01月22日 00:32 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

ほむら「…身体がダルいわ…はあ…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 18:39:07 ID:KUBleo0S0

~ほむらの家~


ほむら「……う、うう…」


ほむら(起きたはいいものの…身体がやけにダルいわ…)

ほむら(あ、頭も重いし…痛い…!)


ほむら「も、もしかして…風邪…?」

ほむら(どうして…?悪魔の私が風邪なんか…!!)

ほむら(確かに時期ではあるけれど…というかどうして悪魔が風邪なんか引くのよ…!)


ほむら(くっ…!)

ほむら(こんなことで負けてられてられないわ…!)

ほむら「とりあえず起きないと…!」

…バッ


まどか、ほむら


エレン「ぼっち」※現代パロ

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 22:24:36 ID:.nr6XUf.



俺は最近流行りの『ぼっち』という人種だ


別に流行りではないか


いつの時代も『ぼっち』という存在は有るのだから


ただ最近はそれが頻繁に流行語のごとく聞くというだけ


そして、俺がなぜぼっちなのかって・・・?


そりゃこの悪い目つきと・・・



エレン、眉毛


[ 2014年01月21日 12:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(1)

ライナー(腹筋しよ)

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 11:26:58 ID:a28cT/UM

エー!ホントウナノ!?
ウ、ウン…


ライナー(…ん?クリスタが顔を赤くしてる…結婚しよ)


ライナー(一体何の話をしてるんだ?)コソコソ


ミーナ「意外…クリスタが腹筋好きだなんて…」


クリスタ「ふ、腹筋好きってわけじゃないけど……やっぱり自分に無いものを求めちゃうの」



ライナー(そ、そうだったのか……まさかクリスタが腹筋好きだとは…)



ハンナ「どんな腹筋がいいの?」


クリスタ「やっぱり、バキバキに割れてる方がいいなぁ」



ライナー(……腹筋しよ)


ライナー


[ 2014年01月21日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)