ハイブリッドSS速報 TOP  >  2014年01月
スポンサードリンク
月別アーカイブ  [ 2014年01月 ] 

≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キョン「お前って彼氏いるんじゃないのか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/07 05:13:26 ID:xJhp8oHE0
国木田「え、何だよ突然」

キョン「だって、昨日カッコいい男と一緒に歩いてたじゃないか」

国木田「見てたの?あれは友達だよ!」

キョン「そうか?」

国木田「何で僕が男と歩いてたらそいつが彼氏ってことになるんだよ、おかしいでしょ!」

キョン「ん…まぁそうだがな」

国木田「変な事聞かないでよね」

キョン「すまん、忘れてくれ」

国木田(何でこんなこと聞くんだろ…もしかして、キョンって僕の事好きなのかな?)


国木田


スポンサーサイト

ユミル「安価で少女漫画な展開をさせたい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:05:33 ID:DY0EbqJY
アルミン「暇なんだね?」

ユミル「つーか、娯楽がすくねえ」

アルミン「チェスでもする?」

ユミル「お前と?嫌だね」

アルミン「酷いなあ」

ユミル「指導するようにさすやつなんかと勝負したって腹が立つだけだ」

アルミン「…言われたのは三人めだよ」

ユミル「ミカサ、とエレン…じゃねえな。ベルトルさんかライナー…違うな、マルコか」

アルミン「うん、ミカサとマルコ。ベルトルトも気付いてるだろうけどね」


ユミル


[ 2014年01月31日 15:24 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

モバP「私はプロデューサーなどではございません。サンタクロースでございます」

関連スレ
モバP「加蓮が再び病弱になってしまった」
モバP「美玲がデレてくれないんだよな」
モバP「うわへへwwww」
モバP「アイドルをスカウトするぞぉ!!」
モバP「だりーなとキス。略して―――だりキス」
モバP「楓さん(二十五歳児)との生活、プライスレス」
モバP「申し上げます!!」
モバP「晴と一緒にラブホに行きたい。否、行くぞ!!」
モバP「そのようなことあろうはずがございません!」
モバP「ダニィ!? メガシンカじゃと―――ッッ!?」
モバP「私はプロデューサーなどではございません。サンタクロースでございます」
モバP「俺こそ伝説の超モテないプロデューサーそのものだった………」




1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 20:09:20.31 ID:8lle0miA0


※出てくるPはアイドルごとに別人ということでお願いします。


凛「プロデューサー? 話したいことがあるって聞いたけど………何?」

P「………私はプロデューサーなどではございません」

凛「え?」

P「サンタクロースでございます」髭&赤帽子装備

凛「ちょ、ちょっと……何それ―――」

P「ホッホッホッ。今年よい子にしていた凛ちゃんにクリスマスプレゼントを届けにやって来たというわけだぁ!」

P「さぁ、プレゼントです。何なりと受け取ってください」

凛「もう、プロデューサーったら……こんな子供じみたことして……///」

P「まぁ、たまにはいいじゃないか。ほら、プレゼント開けてごらん」

凛「う、うん……///」


モバマス、渋谷凛、ゴシック、カード、マイク

モバマス、渋谷凛、バレンタイン、フリル、カード

女子大生「Aホテルに着いた……」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 22:48:33 ID:em2YvtbQ

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 22:50:12 ID:em2YvtbQ

「女子大生様でいらっしゃいますね? お待ち申し上げておりました。最上階のスイートルームへご案内するように申しつかっております」

「そちらは…… 〄△※×社でよろしいのですか?」

「はい、役員様のお名前でお取りいたしております」

フロント係は接客研修の講師でもやれそうな模範的スマイルを見せ、デスクを離れて私の前に立った。そのまま「こちらになります」と言ってエレベーターの方へ歩き出す。スイートルーム? 心の準備はできていたとはいえ、そこまでは想定外だった。

一昨日、人事課長面接を難なくパスして役員面接の場所を聞かされた時、胸の内にさざ波が立った。役員面接にまつわる、「都市伝説」とも呼べるような噂。学生たちが酒席で忍び笑いとともに口にする、ある種の禁断の事実…… 私はそのような場への招待状を渡されたのか。

それで? それがどうしたの。


進撃の巨人


[ 2014年01月31日 00:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

小鞠「夏海がコスプレにハマっちゃったんだけど……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27 05:37:42 ID:YevwMs7Z0
ピッピッ

夏海「う~ん、面白いの全然やっとらんなぁ……」

小鞠「今は番組と番組の間だし、どこもCMかニュースでしょ」

小鞠「じゃ、私そろそろお風呂入って来るから」スクッ

夏海「ああ~、今ウチが入ろうと思ったのにー!」

小鞠「あんたいっつもそれ言ってない?」

夏海「姉妹ってさ、結構考えること似ちゃうもんだよね♪」ヘヘヘ

小鞠「え~? 夏海のは反射的に私の言うこと真似してるだけでしょ」

夏海「ちゃうわい! ホントにウチねーちゃんと同じタイミングで入りたくなんだってば」

小鞠「あっそ。ま、どっちにしろ譲る気ないけどね……」スタスタ

小鞠「!」ハッ

小鞠「……あんたがどうしても入りたいって言うなら一緒に入らせてあげてもいいけど?」チラ

夏海「え、待つよ? 普通に」

小鞠「せ、せっかく気使ってあげたのに突然変なこと言われたって顔すんな馬鹿~~!!///」ダッ

夏海「ちょ、なになに、なに怒ってんのさーー!?」


小鞠、夏海


いろは「私は先輩の事大好きですからねぇ!」八幡「はぁ?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29 23:54:36 ID:BPBkcpPJ0
いろは「私は先輩の事大好きですからねぇ!」

八幡「はぁ?」

いろは「なんですかその適当な返事は!こんな可愛い子にいわれたんですからもっと嬉しそうにしてくださいよ!」

八幡「いやお前の言葉に素直に反応するほど俺は青春を謳歌してないから」

いろは「何ですかそれ?」

八幡「お前みたいなのにそんなこと言われると最初に考えるのが『はいはい罰ゲーム罰ゲーム』だからな」

いろは「ひねくれすぎですよ!大体罰ゲームじゃないですからね!!」

八幡「罰ゲームじゃなけりゃなんだよ?戸塚のセリフでも代弁してくれたのか?それなら喜んで受け入れよう」

いろは「私の本心ですよ!本心!」

八幡「ヘェー」


八幡


令嬢「私の執事は格闘家」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29 22:30:28 ID:N8mooQMx0
~ トレーニングルーム ~

執事「ふっ、はっ、せやっ!」ブオンッ

執事「はっ、とうっ、でやあっ!」ババッ

執事「ハァ……ハァ……」

執事(今日はこのぐらいにしておくか)

ギィィ……

令嬢「執事、お疲れ」

執事「お嬢様、お疲れ様です!」バッ

令嬢「かしこまらなくていいわよ。すぐにシャワー浴びてらっしゃい」

令嬢「汗臭くてかなわないから」

執事「は、はいっ!」ダダダッ

令嬢(フフフ、飛び散った執事の汗をなめるチャンスだわ!)

[ 2014年01月30日 11:45 ] [オリジナル]執事 | TB(0) | CM(0)

P「千早で遊ぼう」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29 01:38:37 ID:LMVYvrPn0
P「何して遊ぼうかな」

P「よし、>>4でもしよう」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29 01:39:35 ID:c1V+CMdY0
搾乳

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29 01:39:55 ID:mkf+/l1b0
くっ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/29 01:40:11 ID:VXUGIHJcI
くっ


千早


芳佳「今日こそバルクホルンさんを倒してみせる!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:00:57 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「……」

芳佳「あれ? バルクホルンさん、ここで何してるんですか? それにこの丸テーブルは……?」

バルクホルン「ここを読めば分かる」

芳佳「え?」

『ウィッチ限定であのゲルトルート・バルクホルンとアームレスリングができる! 勝てばバルクホルンから夢のような御褒美が!』

『さぁ、君もバルクホルンに挑戦しよう!』

バルクホルン「よし。こい」

芳佳「え? あ、は、はい」グッ

バルクホルン「レディ……」グッ

バルクホルン「ゴォッ!」ダンッ!!!

芳佳「え……」

バルクホルン「私の勝ちだ。また来るといい。私は時々こうしている。ちなみに御褒美の内容は勝つまで秘密だ。知りたければ私に勝て」

芳佳「あ、はい。がんばります」


バルクホルン


比企谷八幡「だれかが風の中で」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/22(金) 10:59:15.52 ID:/SL6zkYoo


カタンコトン、カタンコトン。
規則正しい電車の揺れに、ふと比企谷八幡は目を覚ました。
軽く伸びをする。固めの座席に慣らされた背骨が音をたて、微かな痛みが心地よさをもたらす。声を出さずにあくびをひとつかいて、スマートフォンで時間を確認する。午前9時34分。乗車してから2時間半といったところだ。
窓の外を見る。流れてゆく風景は一面が田園、いくつかの工場が遠くに並んでいる。空は雲ひとつない快晴で、夏の旅に最適の日和だといえる。

車内に目をやる。平日だからか、人は少なく、みな思い思いに過ごしている。外の風景を見る者、寝ている者、友人とゲームをする者、一人読書をする者。こんな時間から酒を飲んでいる者もいる。
なんだか心が弾むのを感じて、柔らかい笑みがこぼれる。乗車前に買っておいたペットボトル飲料を喉に流し込む。ひどく気分がいい。きっと今回の旅は良いものになる。静かな確信が胸によぎった。


比企谷八幡、やはり俺の


【安価】ペトラ「ふふふ~ん」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:06:32 ID:ZdEGEflc
ペトラ「今日も元気に旧本部をお掃除お掃除~」

ペトラ「あら…?これは…?」

>>2

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/27(月) 17:07:38 ID:1nlozLjs
宝の地図


ペトラ


[ 2014年01月29日 10:36 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

エレン「ミカサがセックスさせてくれない!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:10:02 ID:hcINhfqU
エレン「腹筋だと思ったか!?違ぇよ!!」

エレン「何なんだよォォォォォォォォ!!!」

エレン「ふざけんなし!何なんだよ!!」

アルミン「ど、どうしたんだい?」

エレン「どうしたもこうしたもねぇよ!!!」


ミカサ、クリスタ、アニ、進撃の巨人、サシャ


[ 2014年01月29日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

魔王「一撃でやられるとはとんだ未熟勇者よ!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 14:23:35 ID:zfVAtwKI
「ここで…死ぬのか…?」

「その程度の力で単独魔王に挑むなど笑止千万、身のほどをわきまえない結果だ。勇者よ」

「…ちが、う」

「ほう?この期に及んでまだ戦う気か?」

「勇者では…ない」

「ハッハッハッ!命乞いか!お主が勇者でないのなら何者だと言うのだ!」

「新聞の…勧誘で、す…」

[ 2014年01月29日 00:00 ] [オリジナル]勇者・魔王 | TB(0) | CM(0)

ミカサ「エレン、マフラー巻いて」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 18:23:03 ID:HOlXodzA

エレン「……またかよ」


ミカサ「…そんなもんオレが何度でも巻いてやる。これからもずっと、オレが何度でも」キリッ


エレン「はいはい、言いましたよ」シュルリ


エレン「これでいいか?」


ミカサ「ええ…あったかい」ホクホク


エレン(最近、ミカサが頻繁にマフラーを巻いてってお願いしてくる…正直ウザイ)


ミカサ


[ 2014年01月28日 22:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

ぽぷら「みんなちゃんと仕事しないからぐれてやる!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/01 21:13:11 ID:3hMIVuPt0
ぽぷら「さいきんみんな仕事に身が入ってないよ!」

ぽぷら「私ばっかり仕事してるよぉ…」

ぽぷら「こうなったらぐれてやるんだから!」

ぽぷら「怒った私はこわいよ!」


ミニぽぷら、ワーキング、小鳥遊

引用元: ぽぷら「みんなちゃんと仕事しないからぐれてやる!」


[ 2014年01月28日 20:02 ] [二次創作 ワ行]WORKING!! | TB(0) | CM(0)

幼馴染「なんだ、キミか」 男「なんだとはなんだ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/20(月) 02:36:07.01 ID:hg+YSfu5o


幼「いや、こんな場所まで人が来るなんて珍しいと思ってね」

男「まぁ……この時期の屋上はまだ寒いしな」

幼「そうかい?」

男「お前は寒くないのか」

幼「そりゃ、寒いよ」

男「なら……む?」

幼「ほら、こうすれば寒くない」



[ 2014年01月28日 15:00 ] [オリジナル]幼馴染 | TB(0) | CM(0)

ライ・ベル・アニ「ユミ姉(ちゃん)!!」ユミル「」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/06(月) 22:26:31 ID:t4duIMLc
※キャラ崩壊、cp、捏造アリ

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/06(月) 22:27:03 ID:t4duIMLc

ライナー「ついにここまで来たな……」


ベルトルト「じゃあ…いくよ」ガリッ



カッ!!



モブ兵士A「な、なんだあの光は!?」



眩い閃光と共に現れたのは…



モブ兵士B「あ、あれは…30m級の巨人だぁ!!」


ユミル


[ 2014年01月28日 12:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

マミ「小さい方が可愛いわよ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/27 21:28:58 ID:5tUWK/v3P
マミ「それに、大きいと何かと不便なのよ?」

マミ「Tシャツは伸びるし、肩だって凝るし、匍匐前進出来ないし、仰向け苦しいし」

さやか「それに男子の目もちょっと…ね」

マミ「小さい方が実用的よね」



ほむら「…」


ほむら

クリスタ「雨は夜更け過ぎに」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/19(日) 19:45:37 ID:csbDJXKE
クリスタ「雪へと変わるだろう」

クリスタ「……」

クリスタ「サイレンナイ」

アルミン「おっほーおちんちんシュッシュッ!おちんちんシュッシュッ!」

クリスタ「サイレンナイつってんだろ」

そんな今夜はクリスマス


クリスタ


[ 2014年01月28日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

佐々木「キョン、その本は何だい?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21 00:20:17 ID:eepI2GoY0
キョン「その本ってどの本だ」

佐々木「クローゼットの隙間からはみ出している、あの本の事さ」

キョン「なっ!?ちゃんと仕舞ったはずだぞ!?」

佐々木「言ってみるものだ、まさか本当に何かあるとはね、どれどれ…」

キョン「待て待て佐々木!これはだな、その、勉強には関係ないものだ!」

佐々木「確かに僕は君のご母堂に頼まれて君の勉強を見ているわけだが、どうにも君の集中力が持たないらしいからね、息抜きに何かしようと思ったわけさ」

キョン「わかった!集中する!すればいいんだろ!?」

佐々木「…ならいいんだ、僕も無理強いは好きじゃない」

キョン「そうか…じゃあ勉強の続きを」

キョン(よかった…)

佐々木「とでも言うと思ったかい?」ガチャ

キョン「あっ!!」

佐々木「ふむふむ…これは…『僕っ娘萌え大全』…?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21 00:20:55 ID:3jxFuatD0
続けてください


佐々木、キョン、流石だな


淡「もっとチヤホヤされたい!」

関連スレ
淡「チヤホヤされたい!」
淡「もっとチヤホヤされたい!」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 18:30:15 ID:P/emc2M/0
 ――夕方 岩手>宮守駅


淡「やって参りました宮守エリア!」

菫「あぁやって来てしまったな……出来るなら来たくはなかった……」

照「ふるさとの香りがする」

菫「やめろ! お前のそのセリフは火事を連想させるんだよ!」

淡「クンクン――うん大丈夫! 今日は焦げ臭くないよ」

照「なら安心 行こう」

菫「まぁ待て」


大星淡


[ 2014年01月27日 18:00 ] [二次創作 サ行]咲 -saki- | TB(0) | CM(0)

淡「チヤホヤされたい!」

関連スレ
淡「チヤホヤされたい!」
淡「もっとチヤホヤされたい!」




1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/21 19:14:19 ID:FOuGppq00
 ――昼 東京>白糸台高校 虎姫ルーム


菫「誰に」

淡「そりゃあ不特定多数の皆様方にだよ!」

菫「はぁ……? 何を言ってるんだオマエは」

菫「見た目はそれなりに整っている 空回りがちだが愛嬌もある」

菫「なにより女子高生麻雀界の頂点を謳歌するチームの大将だ
   マスコミの助力もあって 話題性なら
    そこいらのアイドルにだって引けを取らない」

菫「その証拠にファンレターや手作りのグッズもひっきりなしに届いてる
   見ろ 部屋の隅にある五段重ねのダンボールを
   アレは全部オマエに宛てられたモノなんだぞ?」

菫「これ以上のチヤホヤはないだろ」

淡「んふふー、そーゆーことをサラッと言ってのけるスミレは
   のちのち大成するよ! あわあわシール一枚あげるっ」

菫「額に貼り付けるな額に」


大星淡


[ 2014年01月27日 18:00 ] [二次創作 サ行]咲 -saki- | TB(0) | CM(0)

キョン「最近妹で勃起する…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:13:54 ID:0IGoCviT0
古泉「はあ」

キョン「なんかさ、可愛いんだよ俺の妹」

古泉「いやそれは分かりますけど」

キョン「うん、だからさ、可愛すぎて妹で勃起するんだってば」

古泉「おかしい」

キョン「いやまぁ頭では分かってんだよ。でもな?キョンくーんっつってじゃれてくるじゃん」

古泉「はい」

キョン「勃起するじゃん」

古泉「おかしい」

キョン「なんだよ」

古泉「いや、あなた自分が何言ってるか分かってるんですか?」

キョン「だから妹で勃起するって言ってんだろ、何回言わせる気だ!」

古泉「」


キョン妹


モバP「ウサミンパワーって何ですか?」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/27(月) 00:08:34.82 ID:ylxlWnxU0


菜々「プロデューサー、ナナの買い物に付き合ってもらっちゃってすいません……」

P「いいんですよ。アイドルの頼みを聞くのもプロデューサーの仕事の内です」

菜々「ありがとうございます♪」

P「そういえば菜々さん聞きたいことがあるのですが」

菜々「何ですか?」


安部菜々

安部菜々


やすな「ソーニャちゃんが行方不明になっちゃったよ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 18:40:43 ID:Sp8FwPLQ0
元・忍者同好会部室。


がらー


やすな「あぎりさーん!!」

あぎり「あらあらどうしたんですかやすなさん?切羽が詰まった顔をして」

やすな「ソーニャちゃんが…ソーニャちゃんが……」

あぎり「ソーニャがどうかしたんですか~?」


やすな「ソーニャちゃんが行方不明になっちゃったよ!!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 19:20:19 ID:78EeUSVx0
ソーニャなら俺の隣にいるよ


キルミーベイベー、ソーニャ、あぎり、やすな、背景白


P「自炊始めたんですよ」ちひろ「へえ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/27(月) 01:03:07.51 ID:qP0fNiAJ0


スタスタ・・・

P「それで今日から弁当も持ってくるようにしてみたんですけど……」

ちひろ「へえ! わたしも一口貰ったりしていいですか?」

P「エナスタ各2本ずつと交換で」

ちひろ「この商売人め」

P「その総大将が何を言うか」


高垣楓鳩、ドレス

渋谷凛、星5、料理、チョコ、モバマス


?「親愛なる友、ヒストリアへ」クリスタ「……え?」

※シリアス注意

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/25(土) 23:09:11 ID:96LcWpRo
 
 
 
――親愛なるヒストリア


――君は僕のことを覚えているだろうか。


――それとも、君が、君自身の名前を忘れてしまったように、


――僕のことも忘れてしまったのだろうか。


クリスタ、コニー、進撃


[ 2014年01月27日 12:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

素晴らしきヒィッツカラルド「手伝ってやろうか?」一夏「!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:26:54 ID:ZZWoJBsU
IS学園・地下ロッカールーム

ヒィッツカラルド「ただし、真っ二つだぞ?」

一夏「手伝う?何を!!?」

オータム「なんだおっさん?どうやってここに入った?」

ヒィッツカラルド「もしかしてシステムロックのことかね?私が特A級のエージェントと知っているなら実に愚かしい発言だ」

オータム「特A級?おっさんもどっかの悪の組織の一員か?」

ヒィッツカラルド「BF団十傑集・素晴らしきヒィッツカラルド。知らないかね?」

オータム「BF団?知らねぇなぁ」

ヒィッツカラルド「そうか、亡国企業のような弱小組織では我々のことを知る由もないということか」

オータム「おいおいおっさん、今の状況分かってんのか?ISが使えるはずもねぇただの男、ミンチにするのに3秒もいらねぇぞ?」

一夏「そ、そうだぜ!早くここから逃げろ!!」

ヒィッツカラルド「……いやいや君たちは運がいい、今日は特別でね?人死には禁じられているんだ」


一夏


チクミン丸出しのアルミン

5: ◆1dbt1tfHZM 2014/01/24(金) 11:04:01 ID:Hg3gA5Zg

教官「貴様は何者だ!?」


チクミン「シガンシナ区出身!チクミン丸出しのアルミン・アルレルトです!!」


ジャン(何だあいつ…頭がイカれてるのか?)


教官「そ…そうか…バカみてえな名前だな!!親がつけたのか!?」


ジャン(ツッコムとこそこじゃねぇだろ)


チクミン「祖父がシャツを丸く切って、チクミンを出してくれました!!」


教官「………」


ジャン(質問に答えてねぇし、お前のジジイ、マジで何してんだよ)


教官「…何故だ、何故貴様は乳首を出しているんだ?」


ジャン(やっと本題に切り込んだな)


アルミン


[ 2014年01月27日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

真「まっこまっこりーん禁止・・・?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 01:47:36 ID:S/75/hPk0
真「まっこまっこりーん!!!!」

真「うーん、やっぱり目覚めてすぐのまっこまっこりーんは気持ちがいいなぁ」

真「もう一回やろうかな?うーん、でも連発すると勢いが減るし何より体力使うし・・・」

真「・・・!そうだ、ここは一度、三日ぐらいまっこまっこりーんを我慢してみよう。そしたら多分もっと気持ちいいはずだ」

真「へへっ、三日後が楽しみだなぁ」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/26 01:51:36 ID:LtuxvuYx0
オナ禁感覚かよ


真、照れ、猫口


プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。