FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [二次創作 ア行]インフィニット・ストラトス >  一夏 「朝起きたら犬になってた」
スポンサードリンク

一夏 「朝起きたら犬になってた」

※エロ注意

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 12:48:16 ID:yFqTKolLO
あ・・・ありのまま今起こったことを話すぜ!

俺が朝になって起きたら体が犬の姿になっていた

な・・・何を言っているかわからねーと思うが

俺も何をされたのかわかry


外を見てみる
ガラスに反射して見えたのは、ベッドの上に一匹の白い犬が映っている姿だった

ゆ、夢じゃない・・・

ど、どーなっちまってるんだー!?


のほほん、シャル、ラウラ、IS、スイカ


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 12:49:44 ID:yFqTKolLO
織斑一夏は頭を悩ませていた

いや、犬は頭を悩ませていた

なぜこうなってしまったかを

なぜ犬の姿になってしまったかを

一夏 (えーと、思い出せ・・・思い出せ・・・昨日なにかがあったはずだ・・・えーと、えーと・・・そういえば昨日・・・)

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 12:51:02 ID:yFqTKolLO
~回想~

一夏 「うぉおおおおお、ようやく届いたぁああ!!」

一夏は小さな段ボールの箱を高く掲げ叫んだ

そしてガサゴソと箱から中身を取り出す

一夏 「これさえあれば・・・」

一夏は中に入っていた小瓶を手に取り

一夏 「俺の息子が勃つようになる!!」

精力増強剤と書かれている小瓶を持ってまた叫んだ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 12:53:19 ID:yFqTKolLO
織斑一夏はここ最近ある悩みを抱えていた

それは

一夏 (む、息子がたたなくなった・・・ッ!!)フニャーン

一夏 (IS学園に来てから随分経つ、周りには女の子しかいないこの生活に慣れたせいで、女の子に免疫がついてしまった)

一夏 (最後にぬいたのはいつだったっけ・・・忘れたけど確か、のほほんさんでぬいた気がする・・・)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 12:54:02 ID:i4iUSvdJ0
ワン様も苦労してんだなー

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 12:55:13 ID:yFqTKolLO
さすがにやばいと思った一夏は

ネットで精力剤を注文したのだった

一夏 「これを飲んでイ○ポとはおさらばだ!」

瓶を開けて中身全部を口に入れ水で飲み込む

一夏 「グヘヘ・・・これだけ飲めば息子も元気を取り戻すだろう。今日はもう寝るか、明日が楽しみだ」


~回想終わり~

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 12:57:25 ID:yFqTKolLO
一夏 「も、もしかしてあの精力剤のせいなのか!?」

一夏 「いや、それより先ずはこの事を誰かにつたえないと・・・」


すると布団の中がモゾモゾと動いた

一夏 「なんだ!?」

毛布を取り払おうとしたが、犬の体なので手で掴むことが出来ず、口で毛布を引っ張った

ラウラ 「」スースー

裸の銀髪少女が一夏の横に寝ていた

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 13:01:46 ID:yFqTKolLO
一夏 「ラウラ・・・また勝手に人の部屋に入りやがって」

一夏 「いやそれより、ラウラ起きろ!俺の体が大変なことに!」ユサユサ

ラウラ 「ぅ~ん・・・なんだぁ~もう朝か~」ゴシゴシ

ラウラ 「ん?なんだこの犬は?」

一夏 「俺だよ!織斑一夏だよ!」

ラウラ 「むぅ、嫁がいないぞ」キョロキョロ

※一夏は普通に喋ってますが他の人には犬がワンワン言ってるように見えてます

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 13:06:00 ID:yFqTKolLO
一夏 「俺だ!一夏だ!くそっ、言葉が通じないのか」

ラウラ 「嫁はどこだ・・・」

一夏 「頼むラウラ!気付いてくれ!」

そこで一夏は気付いた

下半身に違和感があることを

何かと思い、顔を下に向ける

一夏 「こ、これは!?」

フルボッキーン

一夏 「た・・・たってる・・・」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 13:13:36 ID:yFqTKolLO
一夏 (息子が元気になってる!?どういうことだ!?)

ラウラの方に顔を戻す

一夏 (まさかラウラか!ラウラの裸に息子が反応したのか!)

今までラウラの裸は何回か見たことがあったが、息子が反応したことはなかった

一夏 「立った・・・立った!!息子が立ったぁあああ!!」

久しぶりの息子の元気な姿を見て思わず声をあげた

ラウラ 「」ビクッ

犬が突然叫び出したので、ラウラは少し驚いたようで、犬の方を見る

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 13:25:55 ID:yFqTKolLO
ラウラ 「・・・」

なぜ急に犬が叫んだのかわからなかったが彼女は犬に声をかけた

ラウラ 「おい貴様、私の嫁はどこにいる?」

犬は無視する
喜びの舞をしている犬にはラウラの声は聞こえていなかった

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 13:33:05 ID:yFqTKolLO
一夏 「いやっほぉおおい!!立った!立った!びんびん立った!」

踊っていた犬はラウラの方を向き

一夏 「ラウラのおかげで息子が元気になったぞ!さんきゅうぅううう!!」

一夏は喜びのあまりラウラに飛びついた

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 13:44:33 ID:yFqTKolLO
ボッキンした犬が裸の少女に飛びつこうとする姿はとんでもない

ラウラ 「ッ!!」

少女は飛びついてくる犬をかわし
犬の背後を即座に移動し、足で胴体をホールド、腕で首をしめつけた

一夏 「うぐッ!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 14:00:24 ID:yFqTKolLO
ラウラ 「ふっ、その程度で私にむかってくるとは愚かなやつだ」

ラウラ 「寝技は嫁としかしないのだが――」

ぎっちりホールドをしながら少女は話す

一夏 (ぐぁああ、く、苦しい・・・苦しいけど・・・ラウラが背中に・・・ぴったりくっついてるせいで・・・)

ムクムクボッキーン

一夏 (息子が・・・ますます大きくなるッ!!)

一夏 (けど・・・このままだと・・・し・・・ぬ)

そこへ

箒 「一夏!朝稽古を始めるぞ!」

バーンと部屋の扉が開かれた

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 14:27:12 ID:yFqTKolLO
箒 「全く、お前はいつまで経っても――」

グチグチ言いながら竹刀を片手に持つ剣道少女は部屋に入ってくる

箒 「一夏!聞いているのか!」

そこには織斑一夏の姿はなく、ベッドでラウラが犬の首をしめていた

箒 「おおい、ラウラ!何をしている!死にそうだぞ!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 14:35:42 ID:yFqTKolLO
ラウラ 「む、箒か、夫婦の寝室に入ってくるとは無作法なやつだ」

箒 「なっ!?夫婦だと!?」ムカッ

箒 「いや、それよりその犬をはなしてやれ!死んでしまう」

ラウラ 「あ、忘れてた」

ホールドを解除する

一夏 「ぶぇほっごほっごほっごほっ」ハアハア

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 14:48:34 ID:yFqTKolLO
箒 「大丈夫か?」サスサス

一夏 「ゲホゲホ」

ラウラ 「さて私は部屋に戻るとするか」

箒 「おい待て、一夏はどこにいる?それにこの犬はなんだ?」

ラウラ 「嫁は私も知らない、そしてその犬も知らない。起きたらベッドに居た」

箒 「・・・」

ラウラ 「それでは部屋に戻る」

箒 「ま、待て!まだ・・・」

止めようとしたが、扉をバタンと閉め出ていってしまった

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 15:27:30 ID:yFqTKolLO
部屋に残された剣道少女と犬

箒 「一夏のやつはどこに行ったのだ・・・」サスサス

一夏 「はぁはぁ・・・もう大丈夫だぞ箒、ありがと・・・ッ!!」

気が付けば顔の近くに箒の胸があった

一夏 「で、でかい!!ほ、箒のやつここまで大きかったのか」

ムクムク

一夏 「ま、また反応してる!?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 15:39:13 ID:yFqTKolLO
箒 「もう大丈夫か?」

一夏 「ちょっとだけ、ちょっとだけ」ハァハァ

犬は少女の胸を服の上からペロッと、舐めた

箒 「ぁ...」

一夏 (な、なんだ今の可愛い声は!?)

更に舐める

箒 「ぁん...ぉ、おい...やめっ...//」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 15:50:48 ID:yFqTKolLO
一夏 (こ、こいつ感じてるのか!?)

さらにペロペロ

箒 「ゃ...//そこ...は...だめ...ぁん//」

一夏 (と、とまらねぇ!!)

ペロペロペロ

箒 「ゃ...め...ろ//」

舐めすぎて服が透けてきた

一夏 (こ、この赤いのは!?)

箒 「や、やめろと言ってるだろうがぁあああ!」

バシーンッと竹刀で犬に強烈な一撃を叩き込んだ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 15:57:44 ID:yFqTKolLO
部屋の端までブッ飛んでいく犬

一夏 「ぐへぇッ!!」

犬は壁に衝突し床に落ちた

箒 「はぁはぁ・・・馬鹿犬め・・・」

剣道少女は顔を真っ赤にして部屋から出ていった

一夏 「」ピクッピクッ

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 16:07:30 ID:yFqTKolLO
犬はしばらく気絶していたがやがて目が覚めた

一夏 「いてて、箒のやつ思いっきりやりやがって・・・まぁ俺が悪いんだけど」

一夏 「さてこれからどうしようか・・・」

一夏 「誰かに気づいてもらわないと・・・やっぱり教室に行くか」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 16:12:55 ID:yFqTKolLO
部屋を出て教室へと向かう犬

一夏 「それにしても歩きづらいな」

四足歩行でテクテク歩く

一夏 「視線も低いし」

一夏 「はぁ、疲れる」

すると自分の前を歩く人影がある

一夏 「あれは・・・セシリア!」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 16:21:30 ID:yFqTKolLO
犬は走り出した

一夏 「おーい!セシリアー!」

前を歩いていた人影が後ろを振り向く

セシリア 「今犬の声が聞こえましたが・・・?」

一夏 「セシリア!俺だ!一夏だ・・・ッ!?」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 16:27:22 ID:yFqTKolLO
突然犬が立ち止まる

セシリア 「あら?なんですのこの犬?」

一夏 「」クンクン

一夏 「うわぁ!くっせぇええええええ!!」

鼻を押さえる犬

一夏 「な、なんだこの匂い!?セシリアからするぞ!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 16:30:31 ID:k2SFS/9B0
おい

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 16:40:43 ID:yFqTKolLO
犬となった一夏は人間のより嗅覚が鋭くなっていた

一夏 「この匂い無理ッ!!気持ち悪い!!」

犬は少女がつけていた香水の匂いに悶絶していた

セシリア 「急にうずくまりましたわ・・・大丈夫でしょうか?」

少女は心配して犬に近づいてきた

一夏 「うおわぁああくるなぁあああああああ」

犬は猛スピードで来た道を戻っていった

セシリア 「な、なんでしたの・・・?」

少女は訳がわからず立ち尽くしていた

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 16:46:43 ID:yFqTKolLO
一夏 「来た道を戻ってきてしまった」ハァ

一夏 「それにしてもセシリアってあんな臭かったのか・・・ちょっとショックだなぁ」

落ち込みながら再び教室へと向かう犬

すると後ろから誰かが近づいてくる音がする

一夏 「ん?あれは・・・シャルだ!」

71: 遅くてごめん 2012/02/17 16:58:17 ID:yFqTKolLO
シャル 「はぁはぁ・・・寝坊しちゃったよぉ~」

少女は走りながら言う

シャル 「ラウラも起こしてくれればいいのに・・・最近ちょっと冷たいなぁ」

少女も少々落ち込んでいた

一夏 「おーい!シャルー!」

シャル 「あれ?犬だ・・・なんでこんなところに?」

走るのをやめ、犬に近づいついく

一夏 「シャル!俺だ!一夏だ・・・ッ!?」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 17:09:25 ID:yFqTKolLO
シャル 「おいでーどこからきたのー?」

少女はしゃがみ腕をのばした

一夏 「」クンクン

一夏 「イカ臭い・・・だと・・・」

一夏 (どういう事なんだ!?なんでシャルからあれの匂いがするんだ!?)

シャル 「おいでー」ニコニコ

一夏 (で、でもシャルに限ってそんなことは・・・)

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 17:14:32 ID:yFqTKolLO
犬は一向に近づこうとしない

シャル 「・・・はっ!?こんなことしてる場合じゃないよぉ!早く行かないとっ!!」

少女は走っていった

一夏 (そんな・・・シャルがビッチだったなんて・・・嘘だろ・・・)

犬はしばらくそこから動かなかった

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 17:14:57 ID:fbER4KB30
これは予想通り

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 17:27:03 ID:mPlAKBnx0
まぁ、わかってたよ

戦争な

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 17:25:22 ID:yFqTKolLO
犬は教室の前まで来た

ゆっくり歩いていったので教室に着いた時には授業はすでに始まっていた

一夏 (誰か気付いてくれるかな)

犬はドアの前に立った

そしてドアが開いた

千冬 「遅いぞ織斑!一体なにをしてい・・・あれ?」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 17:34:51 ID:yFqTKolLO
千冬 「い、犬・・・?」

一夏 「すいません、遅れました」

犬は深々と頭を下げ、テクテクと歩きだす

そして前の空いている席に近づき、椅子に飛び乗り、おすわりをした

全員 「」ポカーン

教室にいる者はみな唖然としてそれを見ていた

一夏 「織斑一夏です!犬になりました!」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 17:52:10 ID:yFqTKolLO
箒 (あいつ・・・)

セシリア (あれは・・・)

シャル (さっきの・・・)

ラウラ (また犬か・・・)


生徒A 「あの犬なんだろうね」ヒソヒソ

生徒B 「わかんないけど、どうして織斑くんの席に座ってるんだろう」ヒソヒソ

生徒C 「きっとね~あの犬が~おりむ~なんだよ」

生徒A 「あんたちゃんと考えなさいよ」ヒソヒソ

生徒B 「そうだよ、織斑くんが犬になるわけないよ」

生徒C 「えへへ~そうだね~」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 18:03:14 ID:yFqTKolLO
山田 「ぇ、えーと織斑先生・・・どういうことでしょうか?」

千冬 「いや私にもなにがなんだか・・・」

一夏 「千冬姉!俺だよ!一夏だよ!」

山田 「何か言ってますけど・・・」

千冬 「・・・とりあえず連れ出しましょう」

一夏 (ここ女の子の匂いがすごいするぞ!)

ムクムク・・・

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 18:16:31 ID:yFqTKolLO
山田 「そ、そうですね、これでは授業が出来ませんし」

眼鏡をかけた女性が犬に近づき

山田 「はーいだめですよー、そこは織斑くんの席ですからー」

犬を持ち上げだきかかえる

一夏 「えっちょっと先生ー離してください!俺は一夏ですっt・・・ッ!?」

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 18:24:50 ID:yFqTKolLO
一夏 (うひょおおおお!!山田先生の胸が顔にあたってる!!やわらけぇ、やわらけぇよぉおお!!)

ガチガチボッキーン

山田 「いい子だから動かないでくださいねー」

一夏 (いい子になんてできねぇよぉお!!)

犬は女性の胸あたりの服を食いちぎった

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 18:33:45 ID:yFqTKolLO
山田 「ぇ・・・きゃあああッ!!」

悲鳴を上げ、抱えていた犬を離した

犬はうまく着地し、そしてすぐ女性に飛び掛かった

山田 「あっ、きゃっ!?」ドテン

倒れた女性にのし掛かり、露になった胸にしゃぶりついた

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 18:48:23 ID:yFqTKolLO
山田 「きゃ...ぁ...ゃ、やめてぇ...」

女性は犬を引き離そうとするが、犬が手で胸にしがみつき、全く離れない

犬はズゥズゥ音をたて吸い始める

山田 「ひゃっ...あぁ...//すっちゃ...だめぇ...//」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 18:58:05 ID:yFqTKolLO
犬はお構いなしに吸い続ける

山田 「ら...らめぇ...ち、ちく...び...ぁん...はぁ...よわいっ...んです...ぁっ!!」

コリコリと硬くなったちくび

犬はハァハァと吐息を漏らし、更に激しく攻めていく

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 19:03:01 ID:lBwLAIKm0
獣姦ktkr

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 19:04:34 ID:S9RuniR50
人間としての自我を失いつつあるんじゃないのか、これ

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 19:05:26 ID:yFqTKolLO
生徒A 「山田先生が・・・//」

生徒B 「犬に・・・//」

生徒C 「襲われてるよぉ~//」

千冬 「//」プシュー

その場にいる全員が顔を赤らめそれをただ見ていた

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 19:17:42 ID:yFqTKolLO
犬は腰を振り始めた

棒はどこにも入ってはおらず、犬のものとは思えない大きさの一物をブンブン振っていた

山田 「ぁっ...ああん...も、もう...ひゃ...だ...だめぇえ!!」

一夏 「うぉおおおおお、で、でr...」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 19:32:38 ID:yFqTKolLO
┣¨力¨ーン

教室中にもの凄い音が響いた

それは黒のスーツの女性が放った渾身の一撃のパンチの音だった

犬は床に倒れて動かない

それが犬に放たれたものだということは言うまでもない

千冬 「はぁ・・・」

黒のスーツの女性は生徒の方を向き

千冬 「いいか、お前たちは何も見なかった、わかったな」ギロ

女生徒 「はい!私たちは何も見てません」

126: 腹いてぇ・・・待たせたな 2012/02/17 20:11:09 ID:yFqTKolLO
黒スーツの女性は昇天してしまった女性を壁に寄り掛からせた

女性の服は破けてはいたが、汚れてるところはなかった

千冬 「こいつの処理をして来る、大人しくまっていろ」

誰もがそれの意味を理解したが、口には出さなかった

そして犬を片手で抱えて教室から出ていった

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 20:19:34 ID:yFqTKolLO
黒スーツの女性はIS学園の地下のある部屋に来ていた

犬を放り投げ、ガチャンと鍵をした

一夏 「・・・ぅ」

千冬 「気が付いたか・・・」

一夏 「ここは・・・どこだ・・・」

千冬 「とりあえず今はそこに入っていろ」

千冬 「あとでまた戻ってくる、それまでに覚悟を決めておけ」

そう言い残し女性は部屋を出ていった

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 20:26:48 ID:yFqTKolLO
一夏 「・・・」

女性が言ったことがいまいち理解できずにいたが、何があったのかを思い出していき理解した、この後自分は殺されるということを

一夏 (ここは牢屋か・・・なんでIS学園にこんなのが・・・)

一夏 (まぁいいか・・・なんか色々疲れたなぁ)

いつの間にか犬は寝ていた

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 20:42:31 ID:yFqTKolLO
一夏 (IS学園に入ってから色々なことがあったなぁ・・・)

一夏 (クラス代表を決めるのにセシリアと戦ったな・・・)

一夏 (鈴が転校してきて、クラス対抗戦で戦って、俺が怪我をして・・・)

一夏 (シャルが女の子だったのはびっくりしたなぁ・・・)

一夏 (ラウラは強かったな・・・嫁って誰があんな知識を・・・)

一夏 (色々あったけど楽しかったな・・・)

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 20:44:46 ID:wgHydKp60
なに良い話みたいにまとめようとしてんだよ

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 20:47:18 ID:yFqTKolLO
・・・・・・・・・・・・ドゴ・・・

・・・・・・・・ドゴ・・・ドゴ・・・
一夏 (・・・なにか・・・きこえる・・・)

一夏 (・・・なんだろう・・・死神が近づいて来る音とか・・・ハハッ・・・)

・・・・・・ドゴドゴ・・・ドゴドゴ・・・

一夏 (・・・だんだん大きく・・・なってるような・・・)

ドゴドカドゴドゴゴゴゴ!!

一夏 「な、なんの音だ!?」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 20:56:19 ID:yFqTKolLO
床が揺れはじめる

一夏 「おわおわ」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

音が激しくなっていく

そして犬が立っている床にヒビが入っていく

ドガーンと、床から何かが突き出てきた

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 21:08:06 ID:yFqTKolLO
犬はギリギリ突き出てきた物体を後ろにとんでかわした

一夏 「な、なんだこれ・・・」ブルブル

その物体はオレンジ色で長さ3メートルほど、細い3角柱のような形で例えるなら

一夏 「にんじんみたいだな・・・」

するとその物体が割れた

そして中から

束 「じゃーん♪侵入成功ー♪」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 21:17:18 ID:yFqTKolLO
束 「いやーうまくいくもんだねー♪」

束 「今度は下から送り込んでみるのもいいかもねー♪」

一夏 (IS創設者にして天才の束さんだ!)

一夏 (もしかしたらこの体を直してくれるかもしれない!)

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 21:25:47 ID:yFqTKolLO
一夏 「束さん!」

束 「あれれ?こんな所にワンちゃんがいるよ」

一夏 「俺です!一夏です!」

束 「えーと、ちょっと待ってねー♪」

そう言い頭に付いている兎の耳のどこかを押し

束 「はーいこれでオッケー♪束さんがなんでも聞いて上げるよー♪」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 21:38:02 ID:yFqTKolLO
一夏 「俺は織斑一夏です!助けて下さい!」

束 「えー!?いっくんなのー!?」

彼女は動物の言葉を理解出来るようになった

一夏 「かくかくしかじかで~」

束 「ふんふん、大変だったねーいっくん」ナデナデ

一夏 「なんとかなりませんか!?このままだと俺、千冬姉に殺されちゃいます!」

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 21:51:25 ID:yFqTKolLO
束 「大丈夫だよいっくん♪この天才束さん任せなさい」

一夏 「ほ、本当ですか!?」
束 「うん本当だよ♪私がいっくんを>>165すればいいんだよ♪」

1:元の体に戻す

2:ペットにする

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 21:52:29 ID:RdkNYyy20
2

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 22:05:05 ID:fbER4KB30
よくやった

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 22:03:18 ID:yFqTKolLO
一夏 「・・・へ?すみません、今なんて言いました?」

束 「いっくんを私のペットにするって言ったの♪」

一夏 「いや、それは・・・何の冗談で・・・」

束 「冗談じゃないよー、束さんは大まじめだよー」
束 「私のペットになればいっくんは助かるんだよー」

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 22:12:59 ID:yFqTKolLO
一夏 「どういうことですか・・・?」

束 「私がここから連れ出してー、ちーちゃんに見つからない所で私と一緒に暮らすってこと♪」

一夏 「でもそれは・・・」

束 「いっくんは私のことが嫌いなのー?束さん悲しくて泣いちゃうよーしくしく」

一夏 「あぁもう、泣かないで下さいよ、別に俺は束さんのこと嫌いじゃないですよ」

177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 22:25:22 ID:yFqTKolLO
束 「・・・ほんと?」グズン

一夏 「本当です」

束 「やったー♪じゃあ決定だねー♪」ケローン

そう言い、犬をだきかかえる

一夏 「あれ・・・?泣いてな・・・」

にんじんに乗り込む束

その時部屋の扉が開き

千冬 「覚悟はできたかアホ犬・・・なっ、束!?」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 22:35:09 ID:yFqTKolLO
千冬 「な、なんだこれは・・・説明しろ、束!!」

束 「やっほー♪ちーちゃん♪」

束 「えっとねー、私ちょっとここに用があったんだけどねー」

束 「この子をもらっていくことにしたからねー、そっちはもういいの♪」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 22:47:27 ID:yFqTKolLO
千冬 「全然わからん、なぜそいつを連れていく?そいつは危険だ」

束 「えぇー!?わかんないの?ちーちゃんは鈍感だなー」

束 「大丈夫♪安心してちーちゃん、いっくんは私がちゃんと世話するから♪」

するとにんじんが元の形に戻り、束が中に消えていく

千冬 「おい待て!一夏を知っているのか!?」

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 22:59:07 ID:yFqTKolLO
千冬は駆け出し、牢屋の鍵を開けようとする

千冬 「くそっ、待たんか!」ガチャガチャ

ゴゴゴゴゴ

にんじんは音をたて下に沈んでいく

千冬 「開いた!たばねぇ!!」

にんじんをつかもうとしたが、すでに遅く、床に吸い込まれ終わっていた

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:08:39 ID:yFqTKolLO
千冬 「・・・」

あいた穴を見つめる千冬

穴に入っていけばまだ追い付くかもしれないが、危険が大きいと考え、それはしなかった

千冬 「一夏を知ってる風な言い草だったが・・・」

独り立ち尽くしついた

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:15:42 ID:yFqTKolLO
束 「これで安心だね、いっくん♪」

一夏 「はい・・・ありがとうございます、・・・あの、聞いていいですか?」

束 「ん?何かな、いっくん?」

一夏 「束さんは本当は何をしに来たんですか?」

束 「あー実はねー、ある女の子を懲らしめに来たんだー」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:26:12 ID:yFqTKolLO
一夏 「え・・・懲らしめに、ですか?」

束 「うん♪その子はねーいっくんにちょっかいを出してたんだよー」

一夏 「俺にちょっかいを出してた子?」

束 「いっくんは気付いてなかったよ」

束 「いっくんがね、寝ている間にやられていたからねー」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:27:47 ID:SAmBQxXE0
イカ臭かったのはまさか・・・

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:28:16 ID:t1giVfaF0
まさかの伏線回収wwww

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:28:51 ID:fbER4KB30
この1できるな

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:31:21 ID:yFqTKolLO
一夏 「寝ている間・・・ラウラのことですか?」

束 「違うよいっくん、これを見て」

束の手元にディスプレイが表示された

一夏 「これは・・・俺の部屋」

束 「いっくんは最近何か悩みがあったでしょ?」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/17 23:45:52 ID:yFqTKolLO
一夏 「悩み・・・」

一夏は息子が立たなくなっていたことを思い出した

一夏 「それがどう関係あるんです?」

息子が立たないのは、女の子に慣れてしまったという理由からであった

束 「ほら、来たよ」

一夏は映像を見た

部屋で寝ている一夏の姿

そして誰かが入ってきた

一夏 「・・・ッ」

驚愕した

一夏 「・・・シャル」

224: ほしゅありがとう 2012/02/18 00:44:14 ID:vDtS+h8dO
映像には一夏の部屋に忍び込むシャルが映し出されていた

一夏 「シャルのやつ、何をして・・・」

寝ている一夏にそっと近づいていく

そしてゆっくり一夏のパンツをずらしていく

一夏 「えっ?えっ?」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 00:59:30 ID:vDtS+h8dO
シャルは一夏の一物をしごき始めた

映像 「ふふっ、一夏のおち○ぽかわいいよぉ」

次に胸で一夏のをはさんむ

映像 「大きくなってきたよ、気持ちいいんだね一夏ぁ、ぼくも気持ちいいよ」

口に入れはじめる

そして一夏のから白い液が飛び出す

映像 「ふふっ、たーくさん出たよ、一夏ぁ」

液を全て飲み干し、パンツをはかせなおして部屋から出ていく

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 01:08:23 ID:vDtS+h8dO
束 「この子は前からよくこういうことをしていたよ」

束 「最近はひどかったよ、限界まで搾り取っていたからね」

束 「いっくんがかわいそうでね、もう見てられなかった」

束 「ごめんねいっくん、もっと早く来ればよかったね」

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 01:20:40 ID:vDtS+h8dO
俺の息子が立たなくなった本当の理由は

シャルが夜な夜な俺の部屋に来て、俺から精液を搾り出していたからだった

だから朝シャルに会ったとき、イカ臭かったのだ

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 01:32:41 ID:vDtS+h8dO
一夏 「束さん・・・」

束 「でももう大丈夫だよいっくん♪」

束 「私が守ってあげるからね♪」ギュウ

暖かく強く抱きしめられた

一夏 「束さん、ありがとうございます、俺なんかを心配してくれて」

一夏 「俺は束さんとずっとに一緒にいますよ、俺が束さんを守ります」

束 「え、いっくん・・・それって・・・」

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 01:48:52 ID:vDtS+h8dO
束 「ふふっ・・・犬の姿でそんなこと言われてもなー」

一夏 「あ、・・・それじゃあ元に戻してくださいよ」

束 「えー!?それじゃあつまんないよー」

一夏 「じゃあどうするんです俺は・・・?」

束 「しばらくは犬のままってことねー♪」



にんじんは幸せな二人を闇を突き進んで運んでいった

251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 02:03:58 ID:vDtS+h8dO
織斑一夏が失踪してからIS学園はしばらくの間ゴタゴタしていた

世界で唯一ISを使える男がいなったので騒がれていた

真相を知る者はおらず、謎だけが残った

世間では死んだことになってしまった

学園で彼を知るものは皆元気をなくした

織斑千冬は彼を探しに旅にでたらしい

255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 02:21:46 ID:vDtS+h8dO
とある草原

「ほらー、とってこーい♪」

女性はなにかを放り投げた

それに向かって何かが走っていく

高くジャンプし、空中で口でキャッチした

そして女性の元へ駆け寄る

258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 02:32:45 ID:vDtS+h8dO
犬は口にくわえたにんじんを差し出した

「うんうん、いい子だねー♪束さんは嬉しいよ♪」ナデナデ

「いっくんはどう?楽しい?」

女性は犬に問いかける

犬が数回声を出す

「も、もう、いっくんたらー//」


それは
とても幸せそうな光景だった


おわれ

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 02:34:36 ID:Tz3LnOK60
そういや精力剤を束さんが作ったという可能性も…

まあいいやおつ

266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/18 03:02:15 ID:yvebwMLI0
>>260
むしろ完全に束の策略ではないのか

引用元: 一夏 「朝起きたら犬になってた」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)