FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [二次創作 ラ行]ローゼンメイデン >  翠星石 「金色の窓ですよ」
スポンサードリンク

翠星石 「金色の窓ですよ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 00:21:36 ID:uRRAKVZG0
ローゼンの世界 深夜

翠星石は今日もあんまり眠れませんでした

翠星石 「ああう… あんまり眠くないですう…
    しんくぅ…」

真紅 「なあに… まだ夜中なのだわ…」

翠星石 「本読んでえ しんくぅ」

真紅 「ええ… 折角眠るところだったのに…
   はあ 仕方ないのだわ…」ごそ

真紅は積んである本の中から
一冊を取って開きました

翠星石 「何が出るかなっ ですぅ!」わくわく

真紅 「ええっと… こほん…なのだわ
   これはビアールという人が書いた童話なのだけれど…」


ローゼン、真紅、雛苺、翠星石、背景黄色


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 00:32:29 ID:uRRAKVZG0
***金色の窓***

蒼星石の家は農家でした
あまり裕福ではなかったので
蒼星石は毎日お父さんのお手伝いをしていました

農家は日曜日でも休めないですから、
毎日夕方に少しだけ時間を貰って、
好きな事をして遊んでいました

蒼星石 「今日は丘の上に行ってみようかな…」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 00:40:06 ID:uRRAKVZG0
遠くの山はオレンジ色に染まり、
影になった丘がずっと続いていました

するといくつもの丘を越えたずっと向こうに
キラキラと金色に輝いている窓がついた家が見えました

蒼星石 「あの金色の窓は何なのだろうか?」

その窓は夕焼けの空の中に
まるで宝石を散りばめて作ったように
美しく輝いていました

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 00:44:12 ID:uRRAKVZG0
蒼星石 「きっとあれはお城か何かなのかもしれないな
    どんな人が住んでいるんだろう

    何処かの王様だろうか それともお姫さま
    そうだ きっと綺麗な服を着た
    素敵なお姫さまだろうな…」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 00:44:57 ID:uRRAKVZG0
20131008220613d12.jpg

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 00:48:54 ID:uRRAKVZG0
その次の日も また次の日も
夕方になると丘に登って金色の窓を眺めました

蒼星石 「きっとこんなふうなかわいいお姫様だろうな…」

いつしか蒼星石はあの窓のあるお城へ行ってみたいと
思うようになりました…

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 00:56:05 ID:uRRAKVZG0
ある日の事 お父さんは朝ごはんの時に言いました

結菱かずは 「ちょうど畑仕事の区切りがついた…
      今日は一日、おまえの好きな事をして遊んで来るといい…」

蒼星石 「ほんと、何をしてもいいの…?」

かずは 「いいとも だがこの一日は神様が下さった、ありがたい一日だ
    何か良いことをして過ごしなさい…」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:06:36 ID:uRRAKVZG0
蒼星石 「よし 今日こそあのお城へ行ってやろう」

蒼星石はパンを貰って、家を出ました

空は晴れ渡って、どこまでも澄みきった秋の終わりの空気が広がっていました
低い丘を二つ越えるともうお昼でした

蒼星石 「ここらへんでお弁当でも食べよう
    お姫様は今頃どんなお昼ごはんをたべているのだろう」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:07:17 ID:uRRAKVZG0
20131008220614f1a.jpg

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:09:05 ID:uRRAKVZG0
201310082206168ac.jpg

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:12:01 ID:uRRAKVZG0
201310082206177b5.jpg

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:17:00 ID:uRRAKVZG0
そして、とうとう目指すお城の立っている丘の麓までたどりつきました

蒼星石 「あれっ」

蒼星石はびっくりして立ちすくみました
こうして良く見ると、それはお城でも何でもなく
ただのお百姓さんの家でした

蒼星石 「変だなあ でも確かにこの家に違いない…」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:25:38 ID:uRRAKVZG0
蒼星石は丘を駆け登り、家の前に着きました
蒼星石の家と同じように、貧しそうな古ぼけた家に過ぎなかったのでした

窓にはただのガラスがはまっているだけで
金などはどこにも施されていません

蒼星石 「あのキラキラと輝いていた、金色の光は
    いったいなんだったのだろう…」しょぼん…

蒼星石は内心がっかりして
少し悲しくなりました

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:29:54 ID:uRRAKVZG0
そのときでした どこかから声がしました

翠星石 「だ… だれ…?」

家の戸が半分開いて、中からかわいらしい女の子が
すこしこわがっている様な顔をして覗いていました

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:31:03 ID:uRRAKVZG0
2013100822061888f.jpg

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:35:26 ID:uRRAKVZG0
蒼星石 「僕は蒼星石 君はこの家に住んでいるのかい」

翠星石 「そ そうですぅ…」

女の子は外へ出てきました
粗末な服を着ていましたが、緑と赤の色違いの瞳と長いまつ毛の、
それはそれはかわいらしい女の子でした

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:37:48 ID:uRRAKVZG0
201310082209476c1.jpg

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:44:28 ID:uRRAKVZG0
蒼星石はさっそく金色の窓の事をきいてみました

蒼星石 「僕はきっとお城に違いないと思ったんだ
    確かめようと思って、朝からここまで歩いて来たんだよ」

すると女の子が言いました

翠星石 「え…? 金色のまど…?
     それって翠星石も毎日見てるですよ
     ほら あれですぅ…」

蒼星石 「えっ どこに…」

翠星石 「こっちですぅ!」

女の子は蒼星石の手をとって小高い丘の上につれてきました

いくつもの丘を越えたその向こうに、キラキラと金色に輝く窓が見えたのでした

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:47:17 ID:uRRAKVZG0
蒼星石はびっくりしました

蒼星石 「あれは… 僕の家だ…」

しずんでゆく夕日を浴びて、古い貧しい蒼星石の家は
まるでお城のように、美しく輝いていたのでした

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:50:11 ID:uRRAKVZG0
蒼星石は、ポケットにもう何年も大切に持っている、
宝物の小さな石を女の子にあげました

翠星石 「うわあ… ふしぎですぅ…
    しましまもようですぅ」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:56:43 ID:uRRAKVZG0
女の子は走って家の中に入ると
大きなりんごを一つ持ってきて蒼星石にくれました

翠星石 「その… おかえしですう!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 01:57:36 ID:uRRAKVZG0
   ρ
  /⌒⌒\
 | (゚Д゚)  りんごって、こんなのかい?
 |(ノ  |
  \__/  それちゃーあうですぅ!
   ∪∪

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 02:04:32 ID:uRRAKVZG0
***

真紅 「…そうして二人は友達になりました
    これでお終いなのだわ どうだった…? 翠星石…」

翠星石 「むむ… 蒼星石ぃ…」むぐむぐ

真紅 「あら… もう眠っていたのだわ
    おやすみなさい 翠星石 おしまいだわ」

おわり

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 02:17:34 ID:Kg8yWlDt0
良かったよ、乙
可愛い

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/07 02:23:08 ID:Yzt2g/i90
かわいかった

引用元: 翠星石 「金色の窓ですよ」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)