FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [アイドルマスター]アイドルマスター >  P「アイドルたちが職業体験?」社長「うむ」
スポンサードリンク

P「アイドルたちが職業体験?」社長「うむ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:29:21 ID:5Dp3BLG00
ある日

社長「ティンと来た!アイドルたちに職業体験をやらせてみよう!」

P「何ですかいきなり」

社長「自分で言うのもなんだが、765プロといえば今ではそこそこ有名だろう?そこのアイドルが職業体験でいろいろな仕事場に出向けば、営業にもなるし向こうの仕事も注目されて両方得じゃないか」

社長「それに、あの子たちの多くはまだ社会を知らない。アイドルの世界だけではなく、一般の世界もここらで体験させておくのがいいのではないかね?」

P「たしかにそう言われればそうかもしれませんね」

社長「うむ!ではあとは頼んだよ君!私はちょっと出張に行ってくる!」

P「えっ、そこまで言って丸投げですか!社長!社長ー!」


アイマス、全員、笑顔


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:31:07 ID:5Dp3BLG00
―――――――――――――――――――――――――――――――

P「ということなんですよ」

小鳥「あらあら・・・で、名簿を用意していると・・・あら、律子さんもやるんですか?」

P「ええ、律子は厳密にはアイドルじゃありませんけど、この業界の事しか知りませんし、この際息抜きもかねてもらおうかと」

小鳥「なるほど・・・で、皆さん何をやるんですか?」

P「何をやるかはクジで決めます。それよりも今回は行き先をいろんなところにしようと思いまして。まあ半分旅行みたいなもんですよ」

小鳥「なるほどー、では皆さん何処に行くんですか?」

P「それは!」

P「これで決めます!」ドン!

そのときPの取り出したものは!

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:32:46 ID:5Dp3BLG00
小鳥「こっ、これは・・・ダーツで行き先を決めるあの地図・・・!」

P「はい、日本版も世界版もあるので日本中でも世界中でもどこでも対応します!各々期限は最高で一週間!」

P「その場所には本来ないはずの仕事だって無理やりやらせます!ただしアイドル的にNGなのは禁止!具体的には身体を売るとかそういうの!」

小鳥「ノリノリですねプロデューサーさん!じゃあまずは春香ちゃんからですね!渾身の第一投は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>7

お仕事>>11

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:33:37 ID:+sBzgqOA0
ドモホルンリンクルの一滴を見る仕事

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:34:53 ID:ci9r9IJ00
プーチンの暗殺

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:34:55 ID:y1QiwCZs0
SDガンダムの組み立て

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:35:28 ID:K7yH1w+r0
>>7がすでに仕事内容な件

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:38:07 ID:5Dp3BLG00
行き先 『ドモホルンリンクルの一滴を見る仕事場』

仕事 『SDガンダムの組み立て』

P「暗殺はNGですから!たとえアイドルじゃなくても!」

小鳥「よって次のSDガンダムの組み立て・・・これプラモでいいんですよね?」

P「一滴を見る仕事をしている人の隣でガンプラを作り続けるアイドル・・・シュールですね」

小鳥「それでは春香ちゃん、いってらっしゃい!」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:41:23 ID:5Dp3BLG00
ピチョン

見てる人「・・・・・・・・・・・・」

春香「えーっと、右腕、右腕ーっと・・・」

ピチョン

見てる人「・・・・・・・・・・・・・」

春香「あれっ、ニッパーどこ置いたっけ・・・あーあったあった」パチン

ピチョン

見てる人「・・・・・・・・・・・・・」

春香「あっ、右足と左足逆にしちゃった・・・」キュポッ

ピチョン

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:44:58 ID:5Dp3BLG00
一週間後

春香「天海春香、帰還ですよ帰還!」

P「おかえり春香、どうだった職業体験は?」

春香「はい!4日目にキレられかけました!プラモの破片飛ばすんじゃねえ!って!」

小鳥「完全に邪魔しに行ったようなものだものね」

春香「というわけで、破片の入った美容液を買い取らされました!小鳥さんどうぞ!」

小鳥「使っていいものか複雑だわ・・・」


春香編  工場の機械:組み立てに一時間 春香のプラモ:組み立てに二時間   終わり

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:46:05 ID:qz4auVr50
終わった……

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:47:34 ID:5Dp3BLG00
P「楽しかった・・・のかな?互いに益を生まない仕事だった気がする。というか行き先が地名じゃない時点でもう・・・」

小鳥「こ、これからですよ!我が765プロの底力を見せましょう!」


小鳥「では次は千早ちゃんですね!渾身の第二投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>29

お仕事>>34

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:48:41 ID:ci9r9IJ00
ロシア

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:49:19 ID:Oz14UBMb0
カニ漁

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:52:53 ID:5Dp3BLG00
行き先 『ロシア』

仕事 『カニ漁』

P「下手したら死にます」

小鳥「生きて帰るほうが難しいレベルです」

P「この効果でロシアのカニ漁志願者が増えたら騙したみたいで気分がよくない」

小鳥「稼ぎはいいんですよ、命と引き換えなだけにね・・・」

P「とはいいつつコールお願いします」

小鳥「それでは千早ちゃん、いってらっしゃい!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/12 23:56:45 ID:5Dp3BLG00
ロシアどっかの海上

乗組員A『引き揚げろ!もたもたすんな!』

乗組員B『波が来るぞ!気をつけろ!』

乗組員C『うわああああああああ』

乗組員A『くそっ!Cが流されやがった!』

乗組員B『んなもん気にしてる暇があったら網上げろってんだ!』

千早「・・・くっ!」

ザパーン

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:00:02 ID:u79ia4lB0
ザパーン

乗組員D『お、おい見ろよあの女・・・』

乗組員E『あ?あのジャパンからきたアイドルか?』

乗組員D『あの細腕で、波にさらわれることなく引き上げてやがる・・・!』

千早「かに~を~~あみ~か~ら~~むし~り~と~る~~!」

乗組員A『なんか歌ってやがるぞしかも!』

乗組員B『日本語だ・・・だが、あの歌を聞くと力が出てくる!いくぞ野郎ども!』

千早「うで~に~~しぶ~き~の~きば~が~た~~つ~~!」


一応説明しよう!千早は抵抗が少ないボディをしているため、風も波もすり抜けるのだ!あずさなら即死だぞ!

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:04:05 ID:u79ia4lB0
一週間後

千早「ただいま戻りました」

P「おかえり千早、どうだった職業体験は?」

千早「はい、歌の力で乗り切りました」

小鳥「歌?カニ漁に行ってたと思ったんだけど・・・」

千早「お別れのときは屈強な男性たちに泣かれてしまいました」

P「お、その勢いで求婚とかされちゃったり?なんちゃってな」

千早「・・・その男性方はグラマラスな女性しか興味がないと・・・くっ!」


千早編   千早の蟹工船聞いてみたい 終わり

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:05:41 ID:u79ia4lB0
P「なんか思ってたより平和だな」

小鳥「どんなの想像したんですかプロデューサーさんは・・・それにカニ漁は平和じゃないですからね」

P「まさに千早じゃなければ死んでた」


小鳥「では次は雪歩ちゃんですね!渾身の第三投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>56

お仕事>>60

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:06:43 ID:ZWGi0r1B0
961

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:07:18 ID:5fimuX610
受付嬢

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:09:56 ID:u79ia4lB0
行き先 『961』

仕事 『受付嬢』

P「お仕事としてはこれ以上ないほど普通だけど」

小鳥「961プロにわざわざ出向くなんて・・・しかも男性が苦手な雪歩ちゃんが受付なんて」

P「だが仕事がマトモな以上断る理由なし」

小鳥「それでは雪歩ちゃん、いってらっしゃい!」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:14:46 ID:u79ia4lB0
雪歩「は、萩原雪歩ですぅ!きょ、今日からお願いしますぅ!」

黒井「ふん、あの弱小プロのアイドルどもの職業体験を受けねばならんとはな!まったく高木も迷惑なことをしてくれるもんだ」

黒井「精々一流のプロダクションの受付のなんたるかを目の当たりにして、少しでも学び取り自分の糧とするんだな!」

黒井「わからないことがあればこの内線で私のところにつながるからすぐに聞け!・・・どうせ内線の使い方もわからんだろうから今のうちに教えておいてやろう」

雪歩「あ、ありがとうござ・・・ひぅっ、あのあのあのできれば紙に書いてそこにおいておいてくださると・・・」

黒井「ふん、そういえば貴様は男性恐怖症だったな、そんなことで社会でやっていけると思っているのか!あとで女性スタッフをよこしてやる」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:15:35 ID:LH3WYgZK0
黒ちゃんツンデレなの

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:22:05 ID:u79ia4lB0
冬馬「あれ?お前・・・」

雪歩「ひっ!あ、あの、おかえりなさいませ・・・」

北斗「チャオ☆アイドル姿もいいけど、受付の制服も似合ってるよ☆」

翔太「あーそういえば職業体験だっけ?大丈夫?クロちゃんに無理難題とか言われてない?」

雪歩「い・・・いえ・・・むしろ丁寧にしてくださっているというか・・・」

冬馬「へぇ・・・黒井のおっさんがねぇ・・・俺たちには結構厳しいんだけどな・・・」

北斗「あれも大人の優しさと厳しさってやつだよ冬馬☆」

黒井「おい臨時受付嬢、セレブな私は間違えてお茶の缶を二つ買ってしまったので貴様にやろう・・・と、帰っていたのかお前たち」

北斗「ほら、大人の優しさだろう?」

冬馬「優しすぎんだろ!」

翔太「クロちゃん僕たちのはー?」

黒井「お前らは稼いでいるだろう、自分で買え」

北斗「ほら、あれが大人の厳しさだよ」

冬馬「ただのえこひいきじゃねーの?」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:28:04 ID:u79ia4lB0
一週間後

雪歩「ただいま帰りましたぁ」

P「おかえり雪歩、どうだった職業体験は?」

雪歩「はい、すごく親切にしていただいて、すごく勉強になりました!あとお土産ももらいました!」

小鳥「961まんじゅう?温泉でもやってたかしらあそこ・・・」

雪歩「あの、私これから少しでも男性が平気になるよう頑張りますから、これからもお願いします!」

P「お、おう・・・なんか大成功みたいでよかった」




黒井「おい萩原雪歩・・・は、そうか、職業体験は終わりだったな・・・ふん、張り合いが足りん・・・」

翔太「なんかクロちゃんしょげてない?」

北斗「あれも大人だからさ☆」

冬馬「大人って便利な言葉だな」


雪歩編      黒井社長も天使の前ではただのいい人   終わり

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:30:41 ID:u79ia4lB0
P「一皮むけたようですごくよかったな」

小鳥「なんだかこの企画は成功しそうな気がしますよ!」


小鳥「では次は美希ちゃんですね!渾身の第四投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>81

お仕事>>86

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:31:28 ID:m9M/ScoY0
東京地下鉄幻の路線

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:32:20 ID:bkJkiWcZ0
きさらぎ駅と千早駅を結ぶ工事

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:37:35 ID:u79ia4lB0
行き先 『東京地下鉄幻の路線』

仕事 『きさらぎ駅と千早駅を結ぶ工事』

P「きさらぎ駅って都市伝説じゃないですか!調べちゃったよ怖い!」

小鳥「だけどただの工事ならアイドルのやる仕事じゃないわけじゃないですからね・・・」

P「その前に仕事先が幻の路線ってだけでもう霧の中ですよ」


小鳥「それでは美希ちゃん、いってらっしゃい!」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:42:18 ID:u79ia4lB0
六日後

P「美希との連絡は取れてない代わりに」

小鳥「一本のビデオテープが送られてきました」

P「怖い怖い怖い怖い」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美希「ミキねー、今東京メトロの幻の路線に来てるのー」

美希「なんちゃって!本当は路線じゃないの!車両の保守用?とかそういうのなの!」

美希「で、千早さんと同じ名前の千早駅は福岡にあるのが分かってるんだけど、きさらぎ駅はみつからなかったの・・・」

美希「だからとりあえずここから千早駅まで掘って、それから考えるの!」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:47:22 ID:u79ia4lB0
P「そしてしばらく工事してる風景が・・・なんですかこの掘削スピード」

小鳥「美希ちゃん曰く、『岩盤を崩すのは炊きたての米を握るよりたやすきこと』だそうですが」

P「格闘家か何かかあいつは。で、4日後ですね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美希「千早駅まで貫通したの!」

美希「じゃあ今からきさらぎ駅を探す旅に出るの!といっても3日だけだけどね!」

美希「期限までには戻ると思うから待っててねハニー!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小鳥「・・・あら、ここまで?」

P「怖い怖い怖い怖い」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:51:25 ID:u79ia4lB0
小鳥「もしこのまま帰ってこなかったら・・・」

P「や、やめましょうよ音無さん・・・」

小鳥「もー、冗談ですよプロデューサーさん!それにほら、この消印見たらちゃんと無事だってわかるじゃないですか」

P「昨日で千葉・・・?なんで千葉?」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:56:11 ID:u79ia4lB0
翌日

美希「たっだいまーなの!」

P「みきいいいいいいいいいいいい」

美希「わっ、な、なに?抱き着かれて嬉しいけど!」

小鳥「色々あったのよ・・・美希ちゃんは凄く楽しんでたのかしら、そのハハッなヘアバンド的に考えて」

美希「うん、どうしてもきさらぎ駅が見つからなくて・・・最後の手段に出たの」

P「最後の手段?」

美希「ずばり!なければ作ればいいの!似た駅名をちょっといじらせてもらったの!」

小鳥「あらこの写真は・・・」

P「これ木更津駅・・・あっ、ふりがなのところいじって『づ』を『ぎ』に変えてる・・・」

美希「あとでたっぷり怒られたけど、これで達成なの!で、ハニーはなんで心配してたの?」

P「ああ、まあ都市伝説が・・・」

美希「変なハニー!」


美希編   代わりに地下を猛スピードで掘り進む等身大金髪毛虫という都市伝説が生まれました  終わり

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 00:59:22 ID:u79ia4lB0
P「こわかったああああああああ」

小鳥「いまさらですが、掘削作業って本当にアイドルの仕事だったんですかね?一日現場所長とかならまだしも」


小鳥「では次は響ちゃんですね!渾身の第五投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>109

お仕事>>114

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:00:51 ID:1ZM3MHBE0
アマゾン川

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:01:13 ID:xeB88yWR0
密猟

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:01:20 ID:jSKVhyPPi
枕営業

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:01:48 ID:ZWGi0r1B0
密漁wwww

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:03:15 ID:1ZM3MHBE0
stでも枕営業w

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:04:00 ID:u79ia4lB0
行き先 『アマゾン川』

仕事 『』

P「密漁ダメ絶対!シャレになりません!」

小鳥「枕営業はもっとNG!」

P「仕事は>>122にやり直しです!」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:05:01 ID:x9VfmJKOi
密漁業者のハント

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:07:02 ID:u79ia4lB0
行き先 『アマゾン川』

仕事 『密漁業者のハント』

P「これはこれで危険ですよ」

小鳥「ま、まあ、マスコット的な活躍を期待しましょう・・・」


小鳥「それでは響ちゃん、いってらっしゃい!」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:10:34 ID:u79ia4lB0
アマゾンのどこか

密漁業者A『おい、あっちにゾウがいた、仕留めるぞ』

密漁業者B『へっへっへ、弾丸数発でぼろもうけできるんだからやめらんねえよなぁ』

ハム蔵『ジュイッ』

密漁業者A『おいなんだそのネズミは』

密漁業者B『ああ、なんか知らんが車に入ってた。かわいいだろ?よく聞くと鳴き声もジャパンのアイドルのハルカにそっくりなんだ』

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:15:02 ID:u79ia4lB0
ハム蔵『ジュイジュイッ』

密漁業者A『おいなんか馬と話してないか?』

密漁業者B『おいおいそんなわけないだろ』

アマゾン馬『ヒヒーン』

アマゾン鳥『クワックワッ』

アマゾン象『!パオーン!』

密漁業者B『おいこっちに気付いたぞ!』

密漁業者A『い、いまそいつら伝言ゲームやってなかったか?』

密漁業者B『そんなわけあるか!ってなんだこりゃ!』

密漁業者A『シット!ジャガーに囲まれてやがる!』

?「大人しくお縄につくさお前らー!」

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:19:13 ID:u79ia4lB0
一週間後

響「たっだいまー!」

P「おかえり響ー、どうだった職業体験は」

小鳥「といっても本部から出ないようお願いしてたから、何もなかったとは思うけどね」

響「え?あ、そ、そうさー!もう自分退屈でしょうがなかったぞ!」

TV『最近、アマゾンの密漁業者が立て続けに捕まっています。業者はみな、ポニーテールのアジア人にやられたと証言しており・・・』


響編    名前付けてもジャガ○系ばかりで誰が誰だか本人以外にわからないよ   終わり

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:20:58 ID:u79ia4lB0
P「テレビで言ってたのってひょっとして・・・」

小鳥「ま、まさか・・・でもありえますね・・・見なかったことにしましょう」


小鳥「では次はあずささんですね!渾身の第六投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>137

お仕事>>144

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:22:28 ID:5fimuX610
京都

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:23:27 ID:rcnqvldJ0
渡月橋で生八つ橋売り

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:26:05 ID:u79ia4lB0
行き先 『京都』

仕事 『渡月橋で生八つ橋売り』

P「普通だ」

小鳥「普通ですね」

P「これでいいんでs」

小鳥「つまらないですね」

P「あ゛?」

小鳥「テヘピヨ」


小鳥「それではあずささん、いってらっしゃい!」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:31:05 ID:u79ia4lB0
あずさ「生八つ橋どうですか~?おいしいですよ~?」

学生「ください!」
サラリーマン「ください!」
主婦「ください!」
おばあちゃん「ください!」
子ども「ください!」
石油王「クダサイ」
銀髪「6箱ほどくださいませ」
犬「わんわん!」
黒井「ふん、セレブな私の舌に合うか試してやろう!あと765プロの荻原雪歩に一箱送っておけ!」



P「アニメみたいになってる・・・いやこれはもっとひどい・・・」


あずさ「あ、あらあら~?売り切れてしまいました~・・・え、在庫ももうないのですか?」

完売御礼初日終了!

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:36:32 ID:u79ia4lB0
あずさ「お恥ずかしながら、初日で戻ってまいりました~」

P「いや凄かったですよ色々と」

小鳥「八つ橋業界の株価上がってますよ・・・なんなんですかこれ・・・」


その後八つ橋ブームは京都の観光業、ひいては日本にさらなる利益をもたらしたのだが

それはまた別のお話


あずさ編   これが・・・女神力・・・! 終わり

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:38:56 ID:u79ia4lB0
小鳥「うちの店にも三浦あずさを!と電話がひっきりなしです」

P「うちのアイドルを看板扱いしないでもらいたいですね」キリッ



小鳥「では次は伊織ちゃんですね!渾身の第七投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>167

お仕事>>173

167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:40:06 ID:o8HZQC6li
シチリア島

173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:40:59 ID:tHhy7FEg0
うどん作り

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:44:12 ID:u79ia4lB0
行き先 『シチリア島』

仕事 『うどん作り』


P「うどんを作ったことあるんですか伊織は」

小鳥「シチリア島に行ったことはあると思いますけど・・・というか、イタリアでうどんて」

P「ピザとパスタがあるんですから、間を取ってうどんもありですよきっと」


小鳥「それでは伊織ちゃん、いってらっしゃい!」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:50:22 ID:u79ia4lB0
伊織「はーい、伊織ちゃんでーす!私は今シチリア島にいまーす!」

伊織「蒼い海青い空そして白い粉!」

伊織「・・・・・・税関通るの大変だったんだからーー!!」ダカラー ダカラー


~回想~

調べる人『へいへいお嬢ちゃん、このバッグちょっと調べていいかな?』

伊織『好きにしなさいよ、あやしいものなんか入ってないわ』

調べる人『おいおい・・・白い粉だらけじゃねえか・・・ペロッ・・・これは・・・青酸カリ!?』

伊織『はぁ!?』

周りの人『やべえ!このガキ青酸カリ持ち込みやがった!逃げろー!』

ワーワーキャーキャー

調べる人『なーんて、イタリアンジョーク・・・あれ?みんなは?』

伊織『あ・ん・た・ねぇ・・・・・・』ゴゴゴゴゴゴ

調べる人『マンマミーヤ!』

~回想終わり~

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:55:15 ID:u79ia4lB0
伊織「はあ、まあ過ぎたことはしょうがないわ、とりあえず始めましょう」

伊織「・・・・・・」キョロキョロ

伊織「みなせいおりのー、でちょーん!お料理さしすせそー!」

伊織「・・・・・・///」

手打ちうどんの作り方
・材料を混ぜます
・親の敵とばかりに踏みます
・伸ばします
・疲れたのでコーヒーを入れます
・砂糖と塩を入れ間違えます
・捨てるのも面倒なのでさっきのやつにあげます
・うどんを切って出来上がり!

調べる人『ブホゥ!ゲハッ!ガハッ!』

・仕返しも完了!

191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 01:58:57 ID:u79ia4lB0
五日後

伊織「ただいまー」

P「おかえり伊織、職業体験どうだった?」

伊織「まあまあ好評だったわ、まあ箸が使えないからみんなフォークで食べてたけど」

小鳥「そのへんはまあしょうがないわよね」

伊織「それより、本場のオレンジジュースは最高だったわね。お土産にいっぱい買ってきちゃった」




伊織編   現地ではUDONガールと呼ばれてました  終わり

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:00:54 ID:u79ia4lB0
小鳥「伊織ちゃんも逞しくなりましたね」

P「社会を知ったような顔してましたからね、何かあったんでしょうか」


小鳥「では次はやよいちゃんですね!渾身の第八投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>197

お仕事>>203

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:02:00 ID:Tx1DLgBD0
青函トンネル

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:03:37 ID:HJIK22we0
売り子

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:07:36 ID:u79ia4lB0
行き先 『青函トンネル』

仕事 『売り子』


P「色々不安ですね」

小鳥「海底でなに売るんですか?」

P「まあそこは、現地で決めてもらいましょう。青函トンネルアピールなんて他と比べればいくらかアイドルらしいですから」


小鳥「それではやよいちゃん、いってらっしゃい!」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:12:07 ID:u79ia4lB0
やよい「えーもやしーもやしいかがですかー」

やよい「もやしーおいしいですよー」

やよい「・・・はぁ、全然売れないですー」

やよい「ううん、伊織ちゃんだって頑張ってうどん作ったんだから、私も頑張らないと!」

やよい「でも列車内でもやしはさすがに売れないですー!うっうー・・・」

ズガーン!

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:17:25 ID:u79ia4lB0
客A「たいへんだ!落盤事故で前後が埋まっちまった!」

客B「なんてこった!このままじゃ海水が流れ込んで死ぬか、そうでなくても飢えて死んじまう!」

やよい「うっうー!そんなときはもやしですー!もやしには100グラムあたり94グラムもの水分が含まれていて、ものによっては血糖値を抑制する効果もあるんですよー!」

客A「俺に売ってくれ!」

客B「俺にもだ!」

やよい「こ、こんなときにお金はもらえません!みなさんでわけあって食べてください!」



やよい「しかしこのままではここから出られません・・・どうしましょう・・・」

ズガーン!

客A「うわぁ!でかい金色の毛虫が地面から出て来た!」

やよい「金色?ひょっとして・・・」



美希「あれ?ここどこなの?」

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:22:13 ID:u79ia4lB0
一週間後

やよい「ただいま帰りましたー!」ガルーン

P「よかった無事で・・・心配したぞやよい!」

小鳥「ほら、テレビでやってるわ事故の事」

TV(キャスター)『つまり、この事故で全員が無事だったのはもやしのおかげであるということですか?』

TV(有識者)『ええ、もやしにはうんたらかんたら栄養素がどうのこうのダイエットにもなんとかかんとか』

やよい「うっうー!もやしの素晴らしさが伝わってよかったですー!」

もやしは人気食材になってしまい、しばらく値段が少し上がってしまった

だが高槻家の家の近くのスーパーは値段据え置きにしてくれましたとさ



やよい編   ちーたんがいないと物足りない  終わり

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:23:27 ID:u79ia4lB0
小鳥「美希ちゃんまだ掘ってたんですか」

P「日本メトロを作り上げると息巻いてましたよ」


小鳥「では次は真美ちゃんですね!渾身の第九投目は!?」

ウ‐ウ‐ウヨ‐ヨ‐ヨウ‐ウイェ‐イ

行き先>>222

お仕事>>227

222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:24:22 ID:dJOB2xz90
876プロ

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:25:57 ID:5fimuX610
涼を男としてプロデュース

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:27:21 ID:u79ia4lB0
行き先 『876プロ』

仕事 『涼を男としてプロデュース』


P「律子が聞いたら怒りませんか」

小鳥「むしろ笑うかもしれませんね」


小鳥「それでは真美ちゃん、いってらっしゃい!」

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:33:43 ID:u79ia4lB0
真美「こんちゃーす、765プロから出前どぅえーっす!」

涼「あ、こんにちわ真美ちゃん、出前じゃなくて職業体験だよね?」

真美「もー、ノリが悪いな涼ちん、これじゃあはりあいがないってもんだYO!」

涼「」ピクッ

真美「あー涼ちんこのメガネ誰のー?」

涼「」ピクピクッ

236: 実は876はキャラが掴めてない 2013/10/13 02:36:37 ID:u79ia4lB0
真美「ぷふっ、なーんてね!真美、ちゃんと涼ちんが男だって知ってるよん」

涼「えっ、そ、そうなの?」

真美「そして聞いて驚くなかれ、この真美が涼ちんを男としてプロデュースすることに決まったのだ!」

涼「お、男として?本当に!やった!」

真美(だが男っぽい仕事を取るとは誰も言っていない・・・んっふっふー)

238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:40:00 ID:u79ia4lB0
涼「ま、真美ちゃんなにこれ!」

真美「何って水着っしょ、着たことあるでしょ?」

涼「だって、今日僕は男のアイドルとして紹介されるのにこれ・・・女物じゃないか!」

真美「そう!涼ちんは今日かられっきとした”女装アイドル”としての道を歩み出すのDa!」

涼「結局そうなるのか!ぎゃおおおおん!」

真美(ごめんね涼ちん、真美のじつりきでは涼ちんを男として売り出すプランなんて思いつかなかったんだよ・・・可愛いし!)

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:43:25 ID:u79ia4lB0
一週間後

真美「たっだいまー!」

P「おかえり真美、職業体験どうだった?」

真美「んっふっふー、最高でしたぞ!」

小鳥「来ちゃったわね、女装男子ブーム・・・いいわ!すごくいい!」

P「律子泣いてたぞ・・・笑いすぎで」

小鳥「この勢いで次はBLを世間に認めさせるのよ!世界は薔薇で満ちている・・・」

P「音無さんはトリップしちゃったしな」



真美編    こんなにかわいい子が女の子なわけ  終わり

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:45:49 ID:u79ia4lB0
P「残り四人ですか」

小鳥「亜美ちゃん、真ちゃん、貴音ちゃん、そして律子さんですね」

P「ということは続きは・・・」

小鳥「番組の後半で!」

つづく

241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:48:25 ID:u79ia4lB0
果たして何人がアイドルらしく仕事をしたのだろうか
安価協力感謝
春香大迷惑
小鳥さんの事務員って天職ですね

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:53:55 ID:UvDdXI5R0
おつ

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/13 02:55:38 ID:pS8bftq/0

安価SSとは思えぬテンポの良さだった

引用元: P「アイドルたちが職業体験?」社長「うむ」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)