FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 タ行]To LOVEる >  結城リト「病み病みヤンデレーくん?」ララ「そうだよっ!」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結城リト「病み病みヤンデレーくん?」ララ「そうだよっ!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 19:54:38 ID:yuY9z2z00
リト「なんだよそれ?」

ララ「これを使うと、安価でヤンデレになっちゃう機械なんだよ!」

リト「ヤンデレ?ヤンデレって何だ?」

ララ「あっ!」ポロッ

ぽちっ

>>5

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 19:55:43 ID:PVYFXTqg0
籾岡


籾岡


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 19:58:08 ID:yuY9z2z00
リト「おいララ!」

ララ「えへへ、スイッチ押しちゃった・・・」

リト「なにやってるんだよぉ」

ララ「ごめんね。今スイッチを解除する方法考えてくるからー!」ヒューン

リト「ったくもう。」
リト「・・・って、今から考えるのか!?」

ピンポーン

リト「ん?誰か来たのかな?」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 19:59:22 ID:yuY9z2z00
ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポンピンポーン

リト「はいはい今出るよ・・・」

リト「誰だよまったく」

ガチャ

籾岡「よ、結城!」

リト「籾岡・・・?」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:02:08 ID:yuY9z2z00
リト「どうしたんだよ籾岡。俺になんか用事か?ウチに来たりなんかしてさ」

籾岡「んー、なんて言うかさ。結城ってララちーとか、その妹ちゃんたちといっしょに暮らしてるんだよなぁ・・・」
籾岡「とか思ってさ」

リト「はい?」

籾岡「いや、そう考えたら、いてもたってもいられなくてさ。結城の家を見に来たんだよ」

リト「??」
リト(籾岡は何を言ってるんだ?)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:07:38 ID:yuY9z2z00
籾岡「とりあえず上がらせてよ」

リト「ん。ああ、悪い。お茶でも出すよ」

籾岡「サンキュー♪おっ邪魔しまーす!」

リト(籾岡、さっき俺やララがいっしょに暮らしてるのを見にきたとか言ってたな・・・)

リト(大方、俺やララの生活を変な風に誤解してるに違いない!)

リト(つーか、そっち方面で俺をからかいに来たのかー!?)


籾岡「・・・・・・。」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:13:46 ID:yuY9z2z00
リト「はい、お茶」

籾岡「わざわざいいのにー。それより結城」

リト「な、なんだよ・・・」

籾岡「結城の部屋上がっていい?」

リト「は?なんで俺の部屋に・・・」

籾岡「なんでも何も、結城の部屋に行かないと来た意味ないじゃん」

リト「・・・そもそも籾岡は何をしに来たんふぁよ?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:15:34 ID:yuY9z2z00
籾岡「結城の生態調査?」

リト「・・・俺はいたって普通の地球人なのになー」

籾岡「ま、いいじゃんいいじゃん。部屋入れてよー。ベッドの下は見ないであげるからさ♪」

リト「な、何もねーよ!」

リト(やっぱり籾岡は俺の事を誤解してるー!)

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:17:22 ID:yuY9z2z00
リト(俺とララたちの生活に、やましい事なんて無いのになー)

リト(・・・。)

リト(モモがベッドに潜り混んできたり、ララが風呂上りに全裸でうろついたり・・・)

リト(い、いかん!)

リト(これじゃあ籾岡の誤解を深めるだけじゃないのかー!?)あたふた

籾岡「・・・。」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:19:05 ID:yuY9z2z00
ララ「リト~?」

リト「ら、ララ!?」

ララ「リトー、ヤンデレーくんの解除キーが見つからないよ~」

リト「いや、ララ。今はそれどこじゃなくてだな!」

籾岡「やっほーララちー!」

ララ「あ、リサだー!」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:22:30 ID:yuY9z2z00
籾岡「おお、今日もララちぃは特盛ですなぁ」もみもみ

ララ「あんっ///もう、リサったらやめてよ~」

籾岡「ほほーう?やはりララちぃの巨乳は大きさハリ柔らかさ、すべてダントツだねぇ~」もみもみもみもみ

ララ「んんっ///あんっ、リサってばぁ・・・///」ひくひくんっ

リト「はわわわわっ///」かぁぁ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:24:37 ID:yuY9z2z00
リト「な、何をやってんだよ籾岡ー!///」

籾岡「何ってー。ララちぃの巨乳をマッサージして・・・」もみもみ

ララ「あんっ///ああっ///」ビクンビクン

リト「やめろぉー!///」ドキドキ

籾岡「ちぇー。仕方ないなぁ」パッ

ララ「ハァハァ・・・///」ビクビク

リト「・・・まったく///」ドキドキ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:25:20 ID:yuY9z2z00
籾岡「・・・チッ。本当にデカいなぁ・・・」ぼそっ

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:27:32 ID:yuY9z2z00
リト「ん?何か言ったか籾岡?」

籾岡「んーん。何も言ってないよー?」

リト「そうか?なら気のせいかな」

籾岡「なーに結城?ついに私の声の幻聴が聞こえるくらい私を意識しちゃってるとか?」ニヤニヤ

リト「そ、そんなわけねーだろっ!///」

籾岡「だよね~♪」ニヤニヤ

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:28:03 ID:yuY9z2z00
籾岡「・・・だよね」ぼそっ

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:29:54 ID:yuY9z2z00
籾岡「ところで結城」

リト「なんだ?」

籾岡「さっきララちぃが言ってた、ナントカくんって何?ララちぃの新しい発明?」

リト「ああ。よくわかんないけど、ララが作った機械らしい」

籾岡「へぇ・・・」

籾岡「エッチな道具?」

リト「なっ!?///」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:35:27 ID:yuY9z2z00
リト「違うっ!ララがそんなもん発明するかよ!」

籾岡「・・・それは言い切れないっしょ?」

リト「・・・いや、それは、そうだけどさ・・・」

籾岡「・・・て言うか、今までのもわざとだったりして?」

リト「へっ?」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:37:51 ID:yuY9z2z00
籾岡「今までの発明も、ララちぃがわざとエッチな使い方して、結城を困らせてたのかもよ?」

リト「いやぁ、ララに限ってそれは無いだろ~」

籾岡「そっかなー?女の子ってあんがいわかんないもんだよー?」

リト「ララがかぁ?」

籾岡「うんうん」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:38:21 ID:yuY9z2z00
籾岡「・・・そうやってカマトトぶって取り入ったんだろ?あの女・・・」ぼそっ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:43:26 ID:yuY9z2z00
リト「ま、ララがいくら天才って言ってもあの性格だからな~」

籾岡「またまたー。あの性格で巨乳なとこが可愛いんじゃん!」

リト「きょ、巨乳は関係ないだろ!?///」かぁぁ

籾岡「あははっ!結城紅くなってる!やらしい事考えた?」ニヤニヤ

リト「ち、ちげーよ!///」ドキドキ

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:44:41 ID:yuY9z2z00
籾岡「あー、やっぱり結城からかうの楽しいわ。けっこう可愛いトコあるし?」

リト「可愛いとか言うなー!」

籾岡「いやいや。結城は可愛いよ。マジ可愛い。本当。抑えたんないくらい可愛いよ。結城は」

リト「も、籾岡・・・?」

籾岡「あっ・・・」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:46:41 ID:yuY9z2z00
籾岡「じょ、冗談だよ結城!なに?本気にした!?」

リト「え?ああ、いや、様子がおかしく見えたから・・・」

籾岡「またまたー。私がおかしいわけないじゃん。普通だよ。普通」

リト「そうか?」

リト「なんだか顔も赤いし、熱でもあるんじゃないのか?」スッ

ぴとっ

籾岡「~~~~っ!!!///」かぁぁぁぁ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:49:17 ID:yuY9z2z00
籾岡「なっ!なななっ、何してんの!?///」かぁぁぁ

リト「いや、熱があるんじゃないかと思ってさ」なでなで

リト「・・・どうした籾岡?おデコ手で触っただけだろ?」

籾岡「あ、うん?え?ああ、そうだよね・・・おデコ、触られただけなのにね」ドキドキ

リト「うーん、やっぱり熱っぽいな」

籾岡「・・・そりゃそうでしょうよ」ぼそ

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 20:52:50 ID:yuY9z2z00
リト「ちょっと寝て行くか?」

籾岡「・・・へっ!?」ドキッ

リト「熱あるんだろ?少し寝た方がいいんじゃないか?」

籾岡「ね、寝る!?寝るって・・・どこで!?」

リト「どこでって言われると、この部屋くらいしかないけどさ」

籾岡「えと、つまりは・・・?」

リト「俺のベッドだな」

籾岡「・・・・・・うっは!」ゾクゾクっ

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 21:00:10 ID:yuY9z2z00
リト「いや、もちろん俺は部屋から出ていくぞ!?」あたふた

リト「へ、変な意味じゃないからな!?」あたふた

籾岡「・・・へぇ?」

籾岡「結城、変な意味って、どんな意味?」ニヤ

リト「はあっ!?///」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 21:10:07 ID:yuY9z2z00
リト「ど、どんなもこんなもねーよ!///」

籾岡「そうなの?」じっ

籾岡「結城は・・・私をベッドに寝るように勧めてさ。いや、結城なら、普通に純粋に善意でそう言ったんだろうけど」

籾岡「でも、言ったあとに考えたんだよね?想像したんだよね?」

籾岡「私と・・・そういう事するの」

リト「そ、そういう事、って・・・///」かぁぁ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 21:18:52 ID:yuY9z2z00
籾岡「結城は、普段はララちぃと寝てるの?」

リト「そんなわけねーだろ!誤解だ!!」

リト「ふ、普段に一人だよ!」

籾岡「そうなんだ?・・・ちょっと安心かな?」

リト「安心?」

籾岡「ううん。なんでもない」

リト「まあ、一人って言っても起きたらたまにモモやララが布団の中に・・・って!」

リト「い、今の無し!朝起きても俺一人!間違いなく一人!!」あたふた

籾岡「・・・・・・ふぅん?」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 21:39:32 ID:yuY9z2z00
籾岡「そっかぁ」

籾岡「あいつら、結城にそんなことしてるんだぁ・・・」

リト「ち、違うぞ籾岡?ララたちはわざとじゃなくてだな・・・」

籾岡「ねえ結城」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 21:45:27 ID:yuY9z2z00
籾岡「やっぱり私、具合悪いっぽいわ」

リト「なっ!?だ、大丈夫なのかよ!?」

籾岡「大したことないよ。でも、結城のベッドかしてよ」

リト「ああ、もちろんいいぞ。使ってくれ」

籾岡「それとさ。恥ずかしいから、ララちぃ達には、私が結城のベッドで寝てるなんてナイショにしててくれない?」

リト「そりゃあ、もちろん構わないぞ」

籾岡「うん。ありがと結城」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 21:51:32 ID:yuY9z2z00
籾岡「もしも・・・ララちぃとか、妹ちゃんがベッドに潜りこんで来るようだったらさ」

籾岡「私がきちんと『説明』しておくから・・・」

籾岡「だから、結城は何も心配しなくていいからね!」にやぁ

リト「ああ。ゆっくり休めよ籾岡」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:00:33 ID:yuY9z2z00



籾岡(あー、これが結城がいつも使ってるベッドかぁ)

籾岡(・・・結城の匂いがする)くんかくんか

籾岡(でも、いつもはこのベッドに邪魔者が侵入して来るんだよね?)ギリッ

籾岡(今夜現れたら、その時は・・・)

>>77

1、ララが寝ぼけてやって来る
2、モモがベッドに潜りこんで来る
3、誰も来ないで朝を迎える

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:01:53 ID:KDZnrXL80
3

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:05:02 ID:CftKB7Zk0
>>77
紳士だな

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:11:50 ID:yuY9z2z00
チュンチュンチュンチュン



籾岡「なーんだ」

籾岡「結城のヤツ。毎朝女の子が布団に潜りこんで来るみたいな口ぶりだったくせに」

籾岡「何も起こらなかったじゃん」

籾岡「・・・あんがいアイツもモテないのかな?」

籾岡「・・・そんなわけないか」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:14:05 ID:N3gF3AtF0
リトはどこで寝たんですかね

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:19:15 ID:yuY9z2z00
籾岡「・・・着替えるか」シュルッ

籾岡「うーん、結城が、私がいるから部屋に近づかないようにみんなに言ったとか?」パサッ

籾岡「いや、それこそ無いなぁ」シュル

籾岡「私がナイショにして欲しい、って言ったら、結城はそうしてくれるもんね」

籾岡「結城は・・・私に絶対嘘ついたりしもん」パサッ

籾岡「だから、これはたまたま・・・」シュルッ

ガチャ

リト「籾岡~。大丈夫かー?」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:25:04 ID:yuY9z2z00
籾岡「ちょっ!?結城!?」

リト「うわっ!?///ご、ごめん籾岡!」サッ

籾岡「・・・ったくもう。結城は本当にそうなんだからっ!」シュルッ

リト「えっと、あの・・・ごめん・・・」しゅん

籾岡「もういいよ。・・・結城なら、別に///」

リト「えっ?」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:26:48 ID:yuY9z2z00
籾岡「何でもない!」

籾岡「それよりも、何のよう?」

リト「えっ?ああ・・・」

リト「熱はもう下がったかなと思ってさ」

籾岡「・・・下がるわけないよ」

籾岡「むしろ、上がってるかもしんない」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:30:02 ID:yuY9z2z00
リト「それってマズイんじゃないのか!?」

籾岡「・・・マズイかもね」

籾岡「でも、今は平気」

リト「大丈夫なのか?」

籾岡「うーん、どうだろ?」

籾岡「・・・結城が膝枕してくれたら治るかも」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:34:51 ID:yuY9z2z00
リト「はぁ!?///」

籾岡「結城、膝枕して!」

リト「な、何で俺がそんな事・・・」

籾岡「何?嫌なの?」

籾岡「ララちぃと妹ちゃんたちが裸でベッドに入り込むのはいいけど」

籾岡「わけに膝枕するのは嫌なわけ?」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:37:13 ID:yuY9z2z00
リト「そういうわけじゃないけど・・・」

籾岡「じゃあ膝枕してよ」

籾岡「そうすれば、治るかもしんないじゃん」

リト「・・・ううっ、なんだか籾岡にからかわれてる気がする・・・」

リト「そんなに言うならいいよ。ほら」

リト「・・・膝枕。好きにしろよ///」

籾岡「おぅふ!」ワクワク

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:39:53 ID:yuY9z2z00
籾岡「ホントにしてくれるんだ?」

リト「今回だけだからな!///」かぁぁ

籾岡「・・・結城のそういうとこ、好き」

リト「は、はぁ!?///」

籾岡「甘えれば、とことん甘えさせてくれるところ。好きかもしんない」ぎゅっ

リト「・・・おいおい」

籾岡「・・・ふぅ。いいきもちー」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:41:56 ID:yuY9z2z00
ゴロゴロ

籾岡「あぁ、結城の膝枕マジいいわー」すりすり

リト「ううっ///」ドキドキドキドキ

籾岡「・・・具合悪いのも、治っちゃったかも」

リト「えっ?本当か?」

籾岡「・・・うん。これ以上は、いいや」

籾岡「大丈夫だから」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:43:30 ID:yuY9z2z00
籾岡「もう、これ以上結城に迷惑かけらんないし」

リト「・・・迷惑だなんて、思ってないぞ?」

籾岡「そう言うと思ったよ」クスっ

リト「な?なんだよ・・・」

籾岡「結城はいっつもそうだもんね」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:45:31 ID:yuY9z2z00
籾岡「いっつも周りのことばっかり」

籾岡「自分を見てないし」

籾岡「・・・自分を見てる人の事だって、見えてないし」

リト「そりゃあ、俺は鈍いのかもしれないけどさぁ」

籾岡「ううん。いいんだよ結城は。鈍いまんまで」

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:47:53 ID:yuY9z2z00
籾岡「私は、今のままの結城でいて欲しいと思うし」

籾岡「・・・今のままの結城が好きだし」ぼそ

籾岡「あんまり派手な事しないでよー?」

籾岡「女の子へのセクハラも控えること!」

リト「セクハラなんてした覚えねーよ!!///」

籾岡「無自覚なのも含めてだよ!」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:50:59 ID:yuY9z2z00
籾岡「・・・ま、セクハラがしたくなったら私に言いなよ///」

リト「・・・え?」

籾岡「少しくらいなら、ガマンしてやらなくもないし、ね?」

リト「何を言ってんだよ、籾岡」

籾岡「ごめん。忘れて?」

リト「忘れろったって///」

籾岡「忘れて!」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:52:17 ID:yuY9z2z00
籾岡「忘れるのが無理なら・・・そうだなあ」

リト「?」

籾岡「そのまま、頭を撫でて///」

リト「えっ?」

籾岡「いいからっ///」かぁぁ

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:53:45 ID:yuY9z2z00
リト「・・・撫でるだけでいいのか?///」

籾岡「いいよ、もう、それだけで///」

リト「・・・こうか?///」

なでなで

籾岡「・・・んっ///」びくっ

リト「///」なでなで

籾岡「・・・そのまま、ずっと・・・///」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:55:12 ID:yuY9z2z00
リト「えっ?今、なんて・・・?」

籾岡「・・・ううん。何でもない」

籾岡「・・・私、帰るね」

リト「えっ?」

籾岡「ララちぃによろしく。そんじゃ」

ダッ

リト「お、おい籾岡!」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:56:56 ID:yuY9z2z00
籾岡(いいよ、私は主役になれなくて、脇役で)

籾岡(でも、本命を諦めたりはしない・・・)

籾岡「ずーっと、横から見ててあげるからね、結城!」


終わり

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:57:42 ID:m0WLDh+K0
ヤンデレ度が低い!

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 22:58:38 ID:QxpBqsXS0
なんかスゲー健全だったんですけど

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17 23:02:37 ID:3Nm3q1dY0
籾岡が可愛いだけだった
いやむしろGJ

引用元: 結城リト「病み病みヤンデレーくん?」ララ「そうだよっ!」

[ 2013年10月19日 00:00 ] [二次創作 タ行]To LOVEる | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。