FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [二次創作 サ行]涼宮ハルヒの憂鬱 >  佐々木「キョン、僕は・・・」
スポンサードリンク

佐々木「キョン、僕は・・・」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 19:53:42 ID:FS+nnHng0
佐々木「僕は今お腹がすいている」

キョン「出会い頭に何を言っているんだお前は」

佐々木「ふふ、久しぶりの再会を懐かしむ間も与えずすまなかったね」

キョン「珍しいな。お前が一人でこんなとこにいるなんて」

佐々木「おや、僕が街を一人歩きしているのがそんなに珍しいかい?」

キョン「や、なんというか…そういうイメージがなかったものでな」

佐々木「くくっ…そうかい。ところでキョン。僕は今お腹がすいている」

キョン「…それはさっき聞いたが」

佐々木「…わざとやっているのかい?」

キョン「ん…?なにがだ?」

佐々木「ふふ、まぁいい…キョン、ちょうどいいところにカフェがあるね。一緒にお昼にしないかい?」


佐々木、ハルヒ、H、制服


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 19:58:22 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕はこのゴルゴンゾーラのパスタにしようと思うのだけれど」

キョン「そうか…じゃあ俺もそれで」

佐々木「食べたいのかい?」

キョン「ん、いや…食いたいものはいっぱいあるが選びきらなくてな。なんでもいいかと思って」

佐々木「ふふ、ダメだよキョン。いま君が一番食べたいと思ったものを素直に選べばいいんだ」

キョン「うーん…でもゴルゴンゾーラのパスタも魅力的だからな…」

佐々木「何を言っているんだい?食べたければ僕が分けてあげるよ」

キョン「そ、そうか。悪いな」

佐々木「いいさ。遠慮する必要はないよ」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:02:31 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン。僕はこのパスタにして正解だったようだ」

キョン「そうか。確かに写真からして美味しそうだったしな」

佐々木「ここのパスタは逸品だよ…キョン、君も一口どうだい?」

キョン「くれるのか?じゃあありがたくいただこうかな」

佐々木「どうぞ。…ほら」スッ

キョン「…なんだ、そのスプーンは」

佐々木「おや、見てわからないかい?あーんだよ、あーん」

キョン「お、お前なぁ…」

佐々木「くくっ、照れているのかい?」

キョン「べっ、別に…」パクッ

佐々木「…どうだい?」

キョン「あぁ、うまいよ。とてもな」

佐々木「顔、赤いよ」

キョン「赤くない!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:07:44 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕はそろそろデザートにいこうと思うのだけれど」

キョン「お前よく食べるなぁ…」

佐々木「ふふ、デザートは別腹だよ…あ、店員さん…この日替わりパフェをひとつ」

店員「本日レディースデーとなっておりまして、カップルでご来店のお客様にサービスでお二つスプーンを用意しているのですが…」

佐々木「…だってさ、キョン。君もどうだい?日替わりパフェ」

キョン「お、おい、」

佐々木「スプーン二つお願いします」

店員「かしこまりました」

佐々木「カップルだってさ、キョン」

キョン「……」

佐々木「おや、どうしたんだい?」

キョン「佐々木、今日は元気だな…」

佐々木「ふふ、君といると元気にもなるさ。色々な意味でね」

キョン「意味深な発言はやめろ」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:12:13 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕は幸せ者だとつくづく思うよ」

キョン「どうした急に…まぁ、俺の目から見てもお前は幸せ者だと思うがな」

佐々木「そうかい?では君の視点から僕がどう幸せなのか聞きたいね」

キョン「そ、そう言われるとな…なんか恥ずかしいだろ」

佐々木「おや、そうかい?まぁ君に薄幸そうだと思われるよりマシかな…どうだい、パフェのお味は」

キョン「甘ったるくてよく分からん」

佐々木「僕と過ごす時間のせいかい?」

キョン「…何を言っているんだお前は」

佐々木「ふふ、からかっているわけではないよ」

キョン「……」

佐々木「顔赤いよ」

キョン「赤くない!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:17:51 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕は…僕が幸せだと思うのは…」

キョン「…ん?なんだ?」

佐々木「いや、なんでもないよ」

キョン「…変なやつだな」

佐々木「今に始まった話じゃないだろう?」

キョン「そういえば俺の周りには変人しかいないんだったな」

佐々木「ふふ、そうさ…僕含め、ね。羨ましいよ」

キョン「代われるなら代わってやるよ…俺が何人いても持たん」

佐々木「遠慮しておくよ…君のその不思議な体験は君でしかできないことだと思うからね」

キョン「…俺は巻き込まれてるだけさ」

佐々木「だからこそ、だよ」

キョン「…お前なら、難なくこなす気がするがな」

佐々木「ふふ、買いかぶりすぎだよ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:25:03 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕は今日用事があるんだった」

キョン「ん、そうなのか。いいのかこんなところでボーッとしてても」

佐々木「いや、ただの買い物だから大丈夫さ。君とゆっくり話せる機会もなかなかないしね」

キョン「連絡してくれればいつでも会いに行くぞ?」

佐々木「ふふ、嬉しいよ…まぁ、気持ちだけ受け取っておくよ。君も色々と忙しくだろうからね」

キョン「SOS団か?…そうだな、まぁ前よりはマシになったがな」

佐々木「そうなのかい?じゃあ君とも約束しやすくなるのかな」

キョン「ハルヒのやつが当日になにも言わなければな。…ん、すまん電話だ…」

佐々木「あぁ、構わないよ」

キョン「って、佐々木?なんでお前電話を…」

佐々木「あぁ、君を予約しようと思ってね。連絡しているんだ」

キョン「俺なら目の前にいるだろ…」

佐々木「おや、そうだったね。失敬。…キョン。今日は君を独り占めしてもいいかい?」

キョン「なっ…お、お前なぁ」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:30:17 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕は今日デパートで生活用品を買いに行く予定なんだ」

キョン「生活用品?なんでまた…」

佐々木「来月あたりから下宿することにしてね。その準備さ」

キョン「下宿って…お前の高校ってそんなに遠かったか?」

佐々木「いや、そうでもないよ。…ただ、一人暮らしというものを体験してみたくてね」

キョン「そ、そうか…親御さんもよく許可してくれたな…」

佐々木「まぁね。説得には色々と苦労があったんだが…まぁそれはいい」

キョン「それにしても、下宿なぁ…どうしてまた」

佐々木「言っただろう?一人暮らしを体験したい、ただそれだけさ。他に理由は…、ないよ」

キョン「そうか。で?何が必要なんだ?」

佐々木「とりあえず…」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:34:38 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、歯ブラシは二つ必要だね」

キョン「ん?一人暮らしなのに二ついるのか?」

佐々木「ふふ、来客用というものが必要だろう?」

キョン「そうか…誰かを招く予定でもあるのか?」

佐々木「いや。もしもの時のためさ。…引っ越すということも、君にしか話していない」

キョン「そ、そうか」

佐々木「ふふ、君と僕だけの秘密だよ」

キョン「む…よかったのか?そんな大事なこと俺に話して」

佐々木「君にしか話すつもりはなかったよ。…まぁ、橘さんたちにはすぐバレるだろうけどね」

キョン「あいつらか…まだ関わってんのか?」

佐々木「いや。向こうから接触してくることはほとんどないよ。あの一件以来ね」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:37:40 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕は一人暮らしに必要なものがどれだけあるのか知らないんだが…」

キョン「ん、どうした?」

佐々木「コレは、必要だと思うかい?」

キョン「ん…なっ!お、お前なぁ」

佐々木「いや、もしもの時のために、さ」

キョン「ゴムってお前な…そういう相手がいるのか?」

佐々木「まさか。いないさ」

キョン「…じゃあ要らないと思うぞ」

佐々木「おや、いまホッとしたかい?」

キョン「バ、バカいうな」

佐々木「くく、君をからかうのは相変わらず面白いね」

キョン「勘弁してくれ…」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:41:42 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕はこの公園がお気に入りなんだ」

キョン「ほう…いいところじゃないか。よくこんなところ見つけたな」

佐々木「ここ、借りる予定の宿の近くなんだ。最近見つけてね」

キョン「そうか…夕日が綺麗だな」

佐々木「絶好のスポットだろう?秘密の場所なんだ」

キョン「いいのか?俺なんかに教えて」

佐々木「ふふ…」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:50:37 ID:FS+nnHng0
佐々木「綺麗だろう?」

キョン「…いいところだな」

佐々木「思い出に残りそうだ…」

キョン「確かにここは秘密にしたくなる場所だな」

佐々木「……」

キョン「……」

佐々木「キョン。」

キョン「…ん?」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:54:09 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕と住まないかい?」

キョン「…え?」

佐々木「……僕は、割と真剣だよ」

キョン「佐々木、お前なにを…」

佐々木「ふふ、急に言われても君も困るだろうからね。まぁ返事は後日でいいよ」

キョン「お、おう…」

佐々木「さて、と…そろそろ帰ろうじゃないか」

キョン「…そうだな」

佐々木「……キョン。僕は…」

キョン「ん?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 20:57:36 ID:FS+nnHng0
佐々木「キョン、僕は君が好きだよ」

キョン「……え?」

佐々木「ふふ…これは冗談じゃないよ」

キョン「お、おい、佐々木…」

佐々木「さて…返事は後日。よろしく頼むよ。じゃあ、キョン。またね」

キョン「さ、佐々木…」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 21:01:47 ID:FS+nnHng0
キョン「…佐々木!」

佐々木「……」

キョン「佐々木…その話、前向きに考えさせてくれ。親にも言ってみる」

佐々木「…一緒に住もうという話かい?」

キョン「…あぁ」

佐々木「ふふ、そうか…歯ブラシを二つ買っておいて正解だったね」

キョン「お、お前まさかそのために…」

佐々木「さぁ?どうだろうね。…さて、買い足すものが出来てしまったね」

キョン「え?まだなんか必要なのか?」

佐々木「いや、ちょっとゴムをね…」

キョン「…?! お、お前っ」

佐々木「ふふ…僕はただ"ゴム"と言っただけだが?」

キョン「なっ……」

佐々木「顔、赤いよ」

キョン「あ、赤くない!」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 21:02:46 ID:FS+nnHng0
おわれ

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/27 21:19:58 ID:mBDn8NdkO
こっからだろうが

涼宮ハルヒの憂鬱 (17) (カドカワコミックス・エース)


引用元: 佐々木「キョン、僕は・・・」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)