ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]進撃の巨人 >  クリスタ「ずるい」ベルトルト「知らない」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスタ「ずるい」ベルトルト「知らない」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:16:26 ID:HH7lzVVg
※ベルユミが出てきますがどちらかと言えばユミクリ・ベルアニです
※ギャラ崩壊注意


ゴソゴソ...

ベルトルト「……ん、うーん……」

フーヤットデキタ

ベルトルト(……?誰の声だろう……)

ベルトルト「」パチリ

クリスタ「あ、ベルトルト起きた?」

ベルトルト「あれ、クリスタなんでこんな所に……」

ベルトルト(取り敢えず、体を起こそ……)ガッチリ

ベルトルト「あれ……?」


クリスタ


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:17:09 ID:HH7lzVVg
ベルトルト「あれ、なんで僕縛られてるんだろう……?」

クリスタ「それね、スッゴく苦労したんだ
噂通り、本当に寝相悪いんだね」

クリスタ「亀甲縛りって言うんだって 因みに本で読んで実戦しました!」エヘン

ベルトルト「そ、そんな本どこで……?」

クリスタ「なんか、図書室の禁書の所にあったんだって。
ミーナが言ってた」

ベルトルト(訓練兵団って怖い)

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:17:52 ID:HH7lzVVg
ベルトルト「後ろの方にも縄があるけど、寝ている僕を持ち上げて結んだの?」

クリスタ「まっさかぁ!
私はベルトルトみたいな男の子一人持ち上げるほど力持ちじゃないよ」

ベルトルト「じゃあどうやって……?」

クリスタ「ベルトルトがころころ寝転がるのを使って」ニコニコ

ベルトルト(本当に僕って寝相悪いんだなあ……)

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:18:21 ID:HH7lzVVg
ベルトルト「で、僕を縛り上げて何をするつもりなんだ」

ベルトルト(まさか、クリスタに僕は巨人だとバレたのか……?
いや、だったら僕じゃなくても同性のアニや、クリスタにベタ惚れのライナーに聞けばいい)

ベルトルト(それに僕はちゃんと静かに暮らしていた。名前を覚えられない程度には地味に過ごした筈だ!)

クリスタ「だってベルトルト……」

ベルトルト「」ゴクリ




クリスタ「ずるい!!」

ベルトルト「……へ?」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:19:05 ID:HH7lzVVg
クリスタ「最近ベルユミが流行っててずるい」

ベルトルト「そんな事言われても……」

クリスタ「良作ばかりでぐうの音も出ない
だからこうやって腹いせに縛った」

クリスタ「ずるい」

クリスタ「ベルトルトずるい」

ベルトルト「……」ハァ

ベルトルト(なんだそんな事か……
でも暫く解いてくれなさそうだなあ……)

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:19:29 ID:HH7lzVVg
クリスタ「読んでみたら、危うくハマる所だった」

ベルトルト「知らないよ」

クリスタ「ノーマルラブとガールズラブだったらノーマルラブの方が受けがいいもんね……」

クリスタ「やっぱりベルトルトもそう思う?」

ベルトルト「ノーコメントで」

クリスタ「こんな所で黙秘権を使うなんてずるい」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:20:04 ID:HH7lzVVg
クリスタ「ベルトルトだけユミルからあだ名呼びでずるい」

ベルトルト「長いからじゃないかな……」

クリスタ「でもベルトルトとベルトルさんだったらベルトルさんの方が長いじゃない」

ベルトルト「彼女の気まぐれだよ(多分)」

クリスタ「それでもずるい」

クリスタ「私だってクリスタんとかクリスタっちとか呼ばれたい」

ベルトルト「その呼び方はユミルの性格に合わないね……」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:20:52 ID:y8bUu1Tk
クリスタ「ベルトルトだけずるい」

クリスタ「身長がちょっと私より45cmくらい高いからってずるい」

ベルトルト「45cmって結構変わるよね」

クリスタ「……背が高くてずるい」

クリスタ「私にも10cm分けて欲しい」

クリスタ「……ううん、10cmじゃなくてもっと欲しいかな
175cmになりたいから27cmほど欲しい」

ベルトルト「そうしたら僕が小さくなるよ」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:21:30 ID:HH7lzVVg
ベルトルト「でもなんで175cm?」

クリスタ「ユミルよりも身長が高くなりたい。 そしてユミルを守りたい」

ベルトルト「成る程。 でもユミルより身長が高くなったら、彼女に頭なでなでして貰えないよ」

クリスタ「あっ……」

クリスタ「」ウーン

ベルトルト「それにクリスタ、君はその身長で十分だよ。
今の君が一番いい。」

クリスタ「ベルトルト……」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:22:03 ID:y8bUu1Tk
クリスタ「そうやって甘い言葉をかけてユミルを誘うんでしょ?」

ベルトルト「そんなつもりはないよ……」

ベルトルト(それに170もあるクリスタってなんか嫌だしなあ)

クリスタ「私はそんな言葉には騙されない」

ベルトルト「騙すつもりは無いってば」

クリスタ「そうやって逃げようとしてずるい」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:22:52 ID:HH7lzVVg
クリスタ「そうだ!」

ベルトルト「」ギクッ

クリスタ「今ベルトルトは動けないから、刀でベルトルトの身長を削いでもぎとったらいいんだ!」

ベルトルト「いやいやいや」

ベルトルト「でもそうやってもクリスタの身長は大きくはならないよ…」

クリスタ「のーぷろぶれむ
削いだら気がすむような気がする」

ベルトルト「まってまってまって」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:23:38 ID:HH7lzVVg
クリスタ「今ならミカサの気持ちが解る気がする!」

ベルトルト「そ、そう……」

クリスタ「ついでに項も削ごうかな」

ベルトルト「えっ」

ベルトルト「そ、それだけは勘弁を……(本当に死ぬ)」

クリスタ「冷静を装って自分の身が危なくなったら命を乞うなんてずるい」

ベルトルト「いや誰だってそうするよ」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:24:20 ID:HH7lzVVg
クリスタ「そういえば」

ベルトルト「何?」

クリスタ「ベルトルトが立体起動の訓練の時、擦り傷作ったでしょ?」

ベルトルト「うん」

クリスタ「前、私見たんだよ。
次の日、その擦り傷はすっかり綺麗に治ってたのを……」

ベルトルト「」ギクッ

クリスタ「だから私気がついたんだ…」

ベルトルト「なななな何をかな?」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:25:21 ID:HH7lzVVg
クリスタ「ユミルの怪我も1日で治っていたよ」

ベルトルト「なんだって!?」

クリスタ「その時、ユミルは『魔法を使ったんだ』って言ってたけど……」

ベルトルト(僕だけじゃないじゃん
じゃなくて……)

ベルトルト「それは本当の事?」

クリスタ「そうだよ
もしかして、ユミルも魔法じゃなくてそういう体質なのかな…」

ベルトルト「多分…」

ベルトルト(確信は無い。けれど……いやそんな筈は……)

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:26:53 ID:HH7lzVVg
クリスタ「ずるい」

ベルトルト「ふぁっ!?」

クリスタ「こんな所がお揃いとかずるい
私だってそんな体質になりたい」

ベルトルト「こればっかりは……」

クリスタ「だからベルトルトの皮を削ぐ!」

ベルトルト「なんでそうなるの」

クリスタ「身に纏って治癒能力を身につける」

ベルトルト「無理だよ」

クリスタ「仕方ないから項を削ぐね」

ベルトルト「いやいやいや」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:28:15 ID:HH7lzVVg
クリスタ「項をすぱんと削ぐだけだから。ね?」

ベルトルト「そういう意味じゃないから」

クリスタ「一瞬ちくっとするだけだから」

ベルトルト「注射じゃあるまいし……」

クリスタ「治癒できる体質なんでしょ?」

ベルトルト「そうだけど、やっぱりね……」

クリスタ「ベルトルトってなんだか巨人みたい」

ベルトルト「!!?」ビクッ

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:29:02 ID:HH7lzVVg
ベルトルト「そ、そんな訳ないよ
それにこんな小さな巨人がいるわけないじゃないか」ヒヤアセ

クリスタ「1.9m級……。確かにそれもそうだね……」

クリスタ「でも、それが仮の姿で、巨人になるには変身が必要だったりして」

ベルトルト「」ギクッ

ベルトルト「だったら今頃巨人になってこの縄から脱出するよ」

クリスタ「うーん……
だけど、私に隠したくて巨人になってないのかも……」

ベルトルト「」ギクギクッ

ベルトルト(女の勘って怖い)

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:30:03 ID:HH7lzVVg
ベルトルト(し、仕方ない。話題を変えよう!!)

ベルトルト「じ、実はクリスタ」

クリスタ「なあに?」

ベルトルト「僕には好きな人がいるんだ」

クリスタ「ユミルじゃないの?」

ベルトルト「ユミルじゃなくて」

クリスタ「ユミルじゃなくて」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:31:12 ID:HH7lzVVg
クリスタ「うーん……
ベルトルトの好きな人かあ……」ナヤミ

ベルトルト(よ、よし話題が逸れた!! ナイス僕!!)

クリスタ「成績が良くてー…」

ベルトルト「うん」

クリスタ「金髪でー…」

ベルトルト「うん?」

クリスタ「背が小さいでしょ?」

ベルトルト「」

ベルトルト(女の勘って怖い)

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:32:19 ID:HH7lzVVg
クリスタ「えっ?図星!!?」

ベルトルト「いや、あの、その……」ヒヤアセ

クリスタ「ま、まさかベルトルト……」

ベルトルト「ま、待ってクリスタ……」



クリスタ「アルミンが好きだったなんて!!」


ベルトルト「えっ?」

クリスタ「えっ?」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:33:15 ID:HH7lzVVg
クリスタ「金髪だし、身長低いし!ベルトルトに比べたらだけど」

ベルトルト「僕から見たら大抵皆身長低いよ……」

クリスタ「座学だけだったら成績優秀だし」

ベルトルト「ま、まあ確かに……
でも、アルミンっていう決定打は?」

クリスタ「ベルトルトとアルレルトって似てるから、そうなのかなーって」

ベルトルト「なんか……あやふやな理由だね……」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:34:20 ID:HH7lzVVg
クリスタ「違うの?」

ベルトルト「違うよ……」

クリスタ「じゃあ……もしかして……」

ベルトルト(『もしかして私』とか言うんだろうか…
身長低いし金髪だし……)

クリスタ「やっぱりユミル……?」

ベルトルト「なんでそうなるのかな」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:35:12 ID:HH7lzVVg
クリスタ「やっぱりユミルなんでしょ!!」

ベルトルト「金髪とか身長低いとか何処に行ったの……?」

クリスタ「いや、アルミンじゃなかったらユミルしか思いつかなかったから……」

クリスタ「この期に及んで言い訳なんてずるい」

ベルトルト「……」

クリスタ「項削いでやる」

ベルトルト「まってまってまって」

クリスタ「問答無用」チャキッ

ベルトルト「うわーっ!!それミカサミカサ!!」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:36:20 ID:HH7lzVVg
ワーワー
バッタンバッタン

ユミル「クリスタ!!」バアン

クリスタ「ユミル……!」パアァア

ベルトルト(取り敢えず助かった)

ライナー「ベルトルト、お前こんな所にいたのか……」

ベルトルト「ライナー……、僕危うく死んじゃう所だったよ……」

ライナー「そ、そうか……」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:37:26 ID:HH7lzVVg
ユミル「大丈夫かクリスタ、怪我してないか?ベルトルさんに嫌な事されてないか?」

ベルトルト「ねえユミル、僕のこの状況を見て欲しいんだけど」

クリスタ「うん、私逃げたから大丈夫だよ……」

ベルトルト「おーい逃げたのは僕だよー」

ユミル「そうか……
なにはともあれお前が無事で良かった……」

クリスタ「ユミルっ……!」

ベルトルト「……」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:38:06 ID:HH7lzVVg
ライナー「ベルトルト」

ベルトルト「何?」

ライナー「俺、お前とかなりの年数つきあって来たが
まさかそんな趣味があったとは……」

ベルトルト「ないよないない、全然無い」

ライナー「ほら、あれだろ……
クリスタにやって欲しいと脅迫か何かしたんだろ……?」

ベルトルト「違うよ僕が一方的にやられたんだ」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:39:11 ID:HH7lzVVg
ライナー「……クリスタがか?」

ベルトルト「他に誰が居るんだ……」

ライナー「そうか。変な風に見てすまん」

ベルトルト「いや、いいよ……」

ライナー「全く羨ましい」ボソッ

ベルトルト「」

ベルトルト(こっちの身にもなってみてよ……)

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:39:54 ID:HH7lzVVg
クリスタ「」ジー

ユミル「どうしたクリスタ」

クリスタ(金髪で、成績優秀で、身長低い……)ジー

クリスタ「ねえベルトルト」

ベルトルト「何?」

クリスタ「ベルトルトが好きな人ってまさか……」

ベルトルト「うわっ、待ってってばクリスタ!!駄目だってこんな所で!!」



クリスタ「ライナー……?」

ベルトルト「えっ」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:40:36 ID:HH7lzVVg
ベルトルト「な、なんで……?」

ベルトルト(確かに友達としては好きだけど)

クリスタ「だって成績も次点だし、金髪だし
それにベルトルトから見たら身長低いし……」

ベルトルト「だから僕から見たら誰だって身長低いってば!!」

ユミル「そうか、ベルトルさん、だからいつもライナーと一緒に……」

ベルトルト「違うよ!!」

ライナー「お前、そうだったのか…… 俺はてっきり……
その、すまん……」

ベルトルト「やめてライナーそんな目で見ないで」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:41:56 ID:HH7lzVVg
ユミル「ほらクリスタ、私達は邪魔だから帰るぞ」

クリスタ「うん。ごめんなさいベルトルト、私勘違いして」

ベルトルト「うん今凄く勘違いしてる」

ユミル「じゃあなベルトルさんにライナー いいランデブーを」

ベルトルト「ランデブーってなんだランデブーって」

クリスタ「大丈夫、ベルトルトなら!!」

ベルトルト「何が!!?」

トコトコトコ...


ライナー「……」

ベルトルト「なんか、うん、ごめん……」

ライナー「おう…… まさかお前こっちだったんだな……」

ベルトルト「違うってば!!」

終わり

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:43:14 ID:HH7lzVVg
短いですがここまで
コメント有難うございました

因みに自分はベルユミもベルアニもユミクリも好きだよ!!

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 23:11:17 ID:r7n2cm3w
乙 俺も好きだよ!

進撃の巨人 デカキーホルダー クリスタ


引用元: クリスタ「ずるい」ベルトルト「知らない」

[ 2013年11月10日 10:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(1)
乙! 俺も好き!
ベルトルト「皆の視線が痛い…」
とか言ってそう(後から)
[ 2013/11/10 19:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。