スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マルコ「蚊帳の外」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 18:41:33 ID:GpvFKZtY
アニメ派ネタバレあり

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 18:42:11 ID:GpvFKZtY
マルコ「誰もいないと暇だなー」

マルコ「おかげでのんびりできていいけど」ノビー

サシャ「あれ?マルコ?こんなところでどうしたんですか?」

マルコ「あぁ、サシャ。ま、見ての通りだよ」

サシャ「あー…」

マルコ「サシャはどうしたの?…ってなんとなく察しはつくけど」

サシャ「む!失礼ですね!…でも多分想像通りです…隣いいですか?」

マルコ「どうぞ」

サシャ「それじゃ失礼して」ストン


マルコ、アルミン


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 18:42:47 ID:GpvFKZtY
マルコ「…」

サシャ「…」

マルコ「…暇だね…」

サシャ「…ですね…」

マルコ「今頃皆それぞれ頑張ってるのかな…」

サシャ「でしょうねー…」

マルコ「普段は気にならないけどこういうときふと寂しさを思い出すよね…」

サシャ「皆いいですよねー…」

マルコ「ねー…」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 18:43:35 ID:GpvFKZtY
サシャ「…マルコはまだいいですよ…」

マルコ「?なにが?」

サシャ「…男子にはまだ仲間がいるじゃないですか…」

マルコ「あぁー…」

サシャ「女子は私だけですよ…」

マルコ「…えーと…」

コニー「あ゛ー暇だー」ガチャ

アルミン「せっかくの休みなのにね…あれ?マルコとサシャ?」

サシャ「噂をすればですよ」

コニー「?」

アルミン「なにが?」

マルコ「まぁ…」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 19:02:54 ID:rM8VvjmE
アルミン「…あ、なるほど」

コニー「え?なにがだ?」

アルミン「僕たち四人の共通点だよ」

コニー「えーっと…?」

マルコ「ヒント、今日皆はどこへ何しに行ったか」

コニー「…あぁ、そういうことか」

サシャ「折角ですから皆でお話でもしませんか?」

アルミン「賛成ー」

マルコ「お菓子あるから皆で食べよう」ゴソゴソ

サシャ「やったー!」バッ

コニー「おい!全部食うなよ!?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 19:03:40 ID:rM8VvjmE
アルミン「…にしても珍しい組合せだよね」ムシャムシャ

マルコ「この4人ってあんまりないかもね」ムシャムシャ

サシャ「たまたま座学上位の二人と下位の二人ってのが面白いですよね」ムシャムシャムシャムシャムシャムシャ

コニー「おい、食うの少し遠慮しろよ…」

サシャ「私とコニーは結構一緒にいますけど、二人はそれぞれ違いますもんね」

アルミン「確かにねー。いつもエレンとミカサといるから…」

マルコ「僕もだいたいジャンといるしなー」

コニー「今日は別だけどな」

マルコ「まぁしょうがないよ」

アルミン「うん、しょうがない」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 20:32:22 ID:ErSn51Zo
サシャ「そういえば二人は親友としてみてあの三角関係どう思います?」

マルコ「うーん…ジャンには頑張って欲しいけどかなり難易度高いと思うよ」

アルミン「僕としてもミカサには頑張って欲しいけどエレンがなぁ…」

コニー「ミカサってなんであんなにエレンが好きなんだ?昔からか?」

アルミン「まぁ…家族みたいなものだし…いろいろあって…」

サシャ「入る隙がないのが分かりますよねー」

マルコ「ジャン…応援したいんだけどなー」

アルミン「僕側だとあんまり応援してもらいたくないんだけどね」ハハ

コニー「保護者は大変だな」

マルコ「あはは…保護者かぁ」

サシャ「的確だと思いますよー」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 20:33:08 ID:ErSn51Zo
アルミン「うーん…どっちかと言うと僕は保護されてるんだけど…」フクザツ

コニー「まぁアルミンはあの二人のストッパーみたいになってるからな」

サシャ「精神的にはアルミンが保護者じゃないですかね?」

アルミン「そうかなぁ」

コニー「マルコは言うまでもないけどな」

アルミン「それは分かる」

マルコ「ジャンは危なっかしいからなぁ…」

サシャ「完全に保護者ですね」

アルミン「なんかマルコっていいお父さんになりそう」

サシャ「あ!分かります!休みの日とかは子どもと仲良く遊んでそうです」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 20:33:54 ID:ErSn51Zo
ジャン「お父さーん!寝てないで遊んでー!」

マルコ「はいはい。なにがしたい?」

ジャン「うーん…巨人ごっこ!」

マルコ「よーし、じゃあお父さんが巨人をやるぞー」ガオー

ジャン「かかってきやがれ!ズバー!」

マルコ「うわーやられた」バタン

ジャン「よっしゃあ!討伐数100!」

マルコ「すごいすごい」

ジャン「次は憲兵団ごっこしよー!」

マルコ「分かった分かった」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 20:34:39 ID:ErSn51Zo
アルミン「ぷ…くくっ…なんでジャン…」プルプル

コニー「意外とすんなり想像できたのが嫌だわ」

サシャ「えー?だってマルコはジャンの保護者ですし」

アルミン「だからってあのジャンが…ブフッ…純粋無垢な子どもって…」プルプル

コニー「ズバー!」

アルミン「や、やめっぶふぉ」

マルコ「アルミン、ツボにはまんないで、なんか複雑」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 23:08:38 ID:vtu78A1k
マルコ「…さて、そろそろ本題に入ろうか」

アルミン「…そうだね」

コニー「あぁ…」

サシャ「はい…」

マルコ「まずアルミン。今日エレンとミカサはなにをしている?」

アルミン「ジャンがミカサをデートに誘ったはいいけどなぜかエレンもついてったパターンです」

サシャ「どっちかというとミカサがエレンを連れてった感じでしたけどね」

マルコ「次、コニー。ライナーはどこへ行った?」

コニー「クリスタを誘ったはいいけどユミル同伴で買い物へ行きました」

マルコ「次、サシャ。アニはどうしてる?」

サシャ「ベルトルトの自主練に付き合わされてます」

マルコ「なるほど。さてここから導き出せる答えは何かな?」

アルミン「それは…」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 23:09:33 ID:vtu78A1k
マルコ「ここにいる僕達だけ予定がない!」

コニー「誘われても誘ってもいない!」

アルミン「恋愛沙汰に!」

サシャ「無関係!」

コニー「要するに!」

アルミン「僕たち!」

サシャ「私たちは!」

マルコ「蚊帳の外!」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 23:24:35 ID:bK7QgCq6
4人「…」

スッ

アルミン「…なんか、大声で言うことじゃなかったね…」

マルコ「ごめん…熱くなっちゃって…」

コニー「いや…ノッた俺達も俺達だし…」

サシャ「なんかひどく空しいです…」

アルミン「うん…」

コニー「あーあ、恋愛ってそんなに楽しいのかねー」

サシャ「うーん…どうなんでしょうね…」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 23:25:20 ID:bK7QgCq6
マルコ「二人は初恋まだなの?」

コニー「あーそうかも。あんま人を好きになるとか分かんねぇ」

アルミン「サシャは?」

サシャ「え?そんな…恥ずかしいです…」イヤイヤ

マルコ「え、なにその反応!気になる」

コニー「どーせ俺達が聞いても分かんないだろ?言えよー」

サシャ「うーん…絶対秘密ですよ…?」

アルミン「もちろんだよ!」

サシャ「えっと…その…」モジモジ

コニー「ほらほら」

サシャ「…小さいころはお父さんと結婚したかったです…」

マルコ「それ初恋違う」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 23:44:57 ID:9TwcKb9.
コニー「そういうマルコとアルミンはどうなんだよ?」

サシャ「聞いてくるってことはあるんですよね…?」ジー

マルコ「そりゃあ…なくはないけど…」

コニー「マルコ!マルコ!マルコ!マルコ!」パンパン

マルコ「言うから!言うからコール止めて!」

アルミン「なんか意外だなぁ」

サシャ「なんとなく恋愛はどうでもよさそうなイメージがありました」

アルミン「そうそう。女の子と仲良くなっても『君とはずっと友達だから!』っていいそう」

コニー「うわ、マルコひどいな」

マルコ「無いから。そういうの無いから止めて」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/08(金) 23:45:45 ID:9TwcKb9.
サシャ「ということでどうぞ!」

マルコ「えーと…大した話じゃないんだけど…」

コニー「おう」

マルコ「家が近くてよく面倒見てくれるお姉さんがいたんだ」

アルミン「うんうん」

マルコ「…優しくて大好きだったんだけど、お姉さんには恋人がいてね…」

サシャ「oh…」

マルコ「結局そのまま結婚して僕の初恋は終わりだったよ」

アルミン「なんとも淡い思い出だね…」

サシャ「初恋は実らないっていいますもんねー…」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 11:52:34 ID:NnrS6Xns
マルコ「僕の話はこんなところかな。なんかそんなに面白くなくてごめん」

サシャ「いやいや、なんかマルコらしくていい話だと思いましたよ」

コニー「まぁ、マルコならそのうちいい人が現れるさ」

マルコ「はは、ありがとう」

アルミン「…ところで皆は恋人にするならどんな人がいいの?」

コニー「おい」

アルミン「うん?」

コニー「しれっと話題変えようとするなよ」

サシャ「…」ジー

マルコ「…」ジー

アルミン「う…」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 11:53:38 ID:NnrS6Xns
マルコ「僕だって言ったんだからアルミンだけ逃げるのは不公平だ」

サシャ「私だって恥ずかしい思いして告白したんですからね!」

コニー「お前のはちょっと違うけどな」

アルミン「えー…勘弁してよ…」

コニー「アルミン!アルミン!アルミン!アルミン!」パンパン

サシャ「アルミン!アルミン!アルミン!アルミン!」パンパン

マルコ「アルミン!アルミン!アルミン!アルミン!」パンパン

アルミン「止めて!分かったから止めて!」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 11:55:47 ID:NnrS6Xns
アルミン「あー…絶対に誰にも言わないでよ…」

マルコ「もちろん」

アルミン「絶対だよ…言ったら本気で怒るからね…」

コニー「いいから早く言えよ」

アルミン「一応言っとくけど、まだ小さかった頃の話だからね…」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 11:56:43 ID:NnrS6Xns
アルミン「………だよ…」

マルコ「うん?なんだって?」

アルミン「……サ…だよ…」

コニー「サ?」

マルコ「もっとはっきり言わなきゃ分かんないよ」

アルミン「う…」

サシャ「ほら!勇気をだして!」

アルミン「…ミカサ…だよ!」

マルコ「…」

コニー「…」

サシャ「…」

マルコニサシャ「えぇ!?」ガタッ

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 11:57:17 ID:NnrS6Xns
アルミン「あぁ!もう!絶対そういう反応されるから言いたくなかったのに…」

マルコ「いや…なんか予想外で…」

コニー「なんか悪いな…」

アルミン「いや、今は恋愛感情は全く持ってないからね?本当に友人としか見てないから」

サシャ「ちなみにどういった経緯で…?」

アルミン「エレンが遊びにミカサを連れて来たのが初対面だったんだけど…」

マルコ「ふむふむ」

アルミン「ほら、ミカサは美人だからやっぱり一目惚れ?みたいのしちゃって…」

サシャ「あー確かに分かりますよ」

アルミン「でもずっと一緒にいるうちに僕やエレンなんかよりずっと強いことが分かってなんか…ね…」

コニー「あぁー…」

アルミン「それにエレン一筋なのはその頃から一緒だから自然にそういう気持ちは消えていったよ」

サシャ「なんか切ないですね」

アルミン「でも恋愛的に好きだったのは一目惚れした最初のうちだけだったし、失恋というよりあるべきところに落ち着いたって感じかも」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:14:15 ID:TvjP4sK2
アルミン「ここだけの話だからね?昔のことだし」

マルコ「分かってるよ」

コニー「はぁー…で、いまお前達好きなやつはいるのか?」

アルミン「まぁ…いたらこんなところにいないだろうね」

マルコ「僕も今はいないなー…」

サシャ「そういえば女子の中で恋してるのってミカサだけなんですよね」

アルミン「クリスタとユミルは?」

サシャ「まぁあの二人はいろいろ例外として…」

コニー「ミカサ、あんなに強いのにな」

サシャ「首席なのに一番乙女してるミカサ可愛いです」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:14:59 ID:TvjP4sK2
サシャ「今女子の間で占いが流行ってるんですけど」

コニー「女ってそういうの好きだよなー」

サシャ「ミカサ、恋愛占いに一喜一憂してるんですよ」

マルコ「え、それは意外だな」

サシャ「一見気にしてないように見えるんですけどちゃっかりラッキーアイテム持ち歩いてたり」

マルコ「それは可愛い」

アルミン「結構女の子だからね、ミカサは」

コニー「他の奴らはどうなんだ?」

サシャ「まぁアニなんかは全く興味なさそうですね」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:15:38 ID:TvjP4sK2
コニー「いま思ったんだけど上位生って誰も付き合ってないよな」

マルコ「皆一方通行だからなぁ…」

アルミン「一見皆モテそうなんだけどね」

サシャ「一途か鈍感か興味ないかですもんね…」

コニー「そのどれにも含まれない俺達」

マルコ「心えぐられるから止めて」

サシャ「男子のが恋してる率高いですよね」

アルミン「3人かー」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:16:46 ID:TvjP4sK2
サシャ「正直、最近までベルトルトとアニはこっち側だと思ってました」

コニー「あんまり接点ないはずなのになんでベルトルトはアニが好きなんだ?」

アルミン「話してるところもほとんど見たことないしね」

マルコ「でもあのチラ見はねー…」

サシャ「確実ですね」

コニー「だな」

アルミン「やっぱり一目惚れなのかなー」

マルコ「アニ美人だしね」

サシャ「あの二人はよく分かりませんね」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:43:46 ID:XY/08me6
マルコ「ジャンはさっき話題にしたからいいとして…後はライナーか」

アルミン「ライナーも頑張るよねー」

コニー「たださえハードル高い上にユミルまでついてるのにな」

サシャ「でもクリスタなら分からなくもないですよ」

アルミン「神様」

サシャ「天使」

マルコ「女神」

コニー「クリスタすげぇ」

アルミン「まぁクリスタだし」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:44:25 ID:XY/08me6
マルコ「でもクリスタが誰かと付き合ったら暴動が起きそうだよな」

アルミン「男子は大抵クリスタ好きだからね」

コニー「だなー」

サシャ「え?じゃあ皆さんも…?私だけやっぱり仲間外れ…?」

アルミン「違う違う。大抵はアイドル的な好きだから」

マルコ「なんだかんだで高嶺の花だし」

サシャ「なんだー」ホッ

コニー「見てるだけで癒しだよ」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:44:56 ID:XY/08me6
サシャ「あーあ、どっかに素敵な人いないですかねー」

アルミン「白馬に乗った王子様とか?」

サシャ「白馬も捨てがたいですけど、どちらかというと立派な牛に乗ってきてほしいです。できれば黒毛」

マルコ「王子様がオマケか」

サシャ「美味しいものお腹いっぱい食べさせてくれる人がいたら私その人に一生ついていきますね」

コニー「ここまでくると清々しいな」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:45:26 ID:XY/08me6
アルミン「もし同期の中で選ぶとしたら誰がいいの?」

サシャ「うーん…マルコですかね」

マルコ「その心は」

サシャ「パンをよくくれるので」

コニー「ぶれないな」

マルコ「あまりに予想通りだった」

サシャ「そういう皆さんはどうなんですか?」

マルコ「クリスタ」

アルミン「クリスタ」

コニー「クリスタ」

サシャ「ぶれないですね」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 14:59:38 ID:h8yIB5TI
コニー「皆さっさと告白してつきあっちまえばいいのにな」

サシャ「…エレン…私はあなたが好き」

マルコ「はぁ?なに言ってるんだミカサ。 俺達家族だろ?」

アルミン「…アニ、僕は、君が好きだ」

サシャ「そういうの興味ないから」

マルコ「ミカサ、俺と付き合ってくれ!」

サシャ「ごめんなさい。私にはエレンが…」

マルコ「クリスタ!愛してる!」

アルミン「ごめんなさい。ユミルが駄目っていうから…」

コニー「こいつぁひでぇや」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 15:24:28 ID:R2k7CqdA
この4人面白いな

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 15:33:06 ID:thFXOmLY
アルミン「本人達もシミュレーション済みだろうね」

コニー「これは悪いこと言ったぜ…」

マルコ「なんだかんだで皆のこと応援してるよ、僕は」

サシャ「私もですよ」

アルミン「いっそのこと僕たちが手伝えばいいんじゃないかな?」

コニー「お?」

アルミン「ひとつだけ確かなのはこの状況を正しく把握してるのは僕たちだけってことだ」

コニー「でも全員くっつけるのは無理だろ?マルコ、アルミン。ミカサはどっちと付き合えばいい?」

アルミン「エレン」

マルコ「ジャン」

サシャ「静観の方向でいきましょう」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 16:05:29 ID:Xc7mr0mw
サシャ「話戻りますけど私、アニは仲間だと思ってたんですよ」

アルミン「まさかだったけどね」

サシャ「女子が集まるとやっぱり恋ばなになるんですけど…」

マルコ「…うん」

サシャ「…正直、疎外感ハンパないです…」

コニー「うわぁ」

サシャ「でもアニがいるって思って勝手に親近感持ってたんです」

マルコ「苦労してるね…」

サシャ「周りのピンクオーラについてけなくて辛いです」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 16:06:33 ID:Xc7mr0mw
マルコ「その点僕達は一応恵まれてるのかもな…」

アルミン「まぁ女子ほど恋ばなしないしね」

コニー「どっちかというと下ネタのが圧倒的に多いしな」

アルミン「そうそう」

マルコ「エロ本の回し読みとかね」

サシャ「さらっとその話題が出てくるところに私が女として認識されてないのがよく分かりますね」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:37:24 ID:wlZlrMMY
サシャ「だいたい皆美人だから羨ましいんですよねー」

マルコ「サシャも十分可愛いよ」

サシャ「いつもなら喜ぶところなんでしょうけど下ネタのくだりのせいで複雑です」

アルミン「それはごめん」

コニー「なーんか皆苦労してるとこ見ると恋愛って面倒そうだな」

アルミン「その面倒も引っくるめて恋愛の醍醐味じゃない?」

マルコ「ジャンもブツブツ言いながら今日出掛けて行ったけど嬉しそうだったしね」

サシャ「いいなー私も恋してみたいです」

アルミン「例えばどんな人がいい?」

サシャ「牛に乗った王子様ですかね」

コニー「もうお前牛と結婚しろよ」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:38:20 ID:wlZlrMMY
コニー「…もう夕方だな…」

マルコ「果たして今日一日で進展のあった者はいるのだろうか」

アルミン「まぁお邪魔が入らなかったベルトルトが一番順調だったんじゃない?」

サシャ「でもベルトルト奥手そうですしねー…」

コニー「普通に訓練して終わったに賭けるわ」

マルコ「本人は裏でこんなこと言われてるなんて思わないだろうね」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/09(土) 22:39:24 ID:wlZlrMMY
アルミン「しかしよりによってこのメンバーで恋愛談義するとはね…」

コニー「縁がないのにな…」

サシャ「まぁ…お互い頑張りましょう…」

マルコ「うん…」

アルミン「今度皆で遊び行こうよ。またこうして話したいし」

コニー「賛成。今日留守番だった分パーっと発散しようぜ」

サシャ「恋愛できない愚痴なんて他の人とは話せませんしね」

マルコ「皆の恋愛関係とかもね」

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 04:44:29 ID:Wwemlqsk
アルミン「次の休日って全員空いてる?」

マルコ「大丈夫だよ」

サシャ「私も空いてます」

コニー「俺も」

アルミン「じゃ、またそのときにどっか行こう」

コニー「おうよ」

バタバタ バタン

エレン「おい!アルミン!」

ジャン「マルコ!聞いてくれ!」

アルミン「うわ、おかえり。どうしたの?」

マルコ「なに?」

サシャ「保護され者がきましたね」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 04:45:05 ID:Wwemlqsk
エレン「アルミン!ジャンが…!」

ジャン「バーカ!あれはお前が悪いだろ!?ミカサとイチャイチャしやがって!」

エレン「はぁ!?」

マルコ「あーはいはい」ガタン

アルミン「みんな、行こうか」ガタン

コニー「だな」ガタン

サシャ「はい」ガタン

エレン「え」

ジャン「え」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 04:45:36 ID:Wwemlqsk
ジャン「お、おい、どこへ行くんだよ?」

コニー「俺達はな、同盟を組んだんだ」

エレン「?」

サシャ「ま、二人には関係ないですよ」

マルコ「僕は一応ジャンの味方だけど、今日のところは他を当たってね」

アルミン「エレンもね」

エレン「え」

ジャン「え」

マルコ「僕はジャンを応援してます」

アルミン「僕はミカサを応援してます」

コニー「じゃあな」

ジャン「なんだ…その生温い声援は…」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 04:46:11 ID:Wwemlqsk
ソレデ ドコ ニイク?
オイシイ オミセ シッテマスヨ
イインジャナイカ?

ワイワイ
キャッキャッ

エレン「…」

ジャン「…」

エレン「一見和気あいあいとしてるのになんであんなに負のオーラが出てるんだ…」

ジャン「さぁ…」

エレン「…」

ジャン「…」

エレン「あのさ…なんか知らないけと悪かったよ…」

ジャン「あぁ…俺も大人げなかったな…すまない…」

エレン「なんか親友が遠くに行ってしまった気がする…」

ジャン「俺もだ…」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 04:46:57 ID:Wwemlqsk
エレン「…」

ジャン「…」

エレン「なんかあの生温いノリさ…」

ジャン「あぁ…」

エレジャン「すげぇ怖かったな…」

おわり

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/10(日) 08:41:49 ID:txRqHMzM
乙乙
この同盟の結束固そうだww

figma 進撃の巨人 エレン・イェーガー (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)


引用元: マルコ「蚊帳の外」

[ 2013年11月10日 17:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。