スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

P「なぁなぁ」

1 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:09:02.75 ID:PaWsU04AO


短編集です

いつも通りゆっくりのんびりな投下ペースですが、お付き合い頂けると幸いです

ちなみに、モバマスのアイドルは765プロ所属という設定です

それでは、よろしくお願いします



2 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:11:27.13 ID:PaWsU04AO


【結婚・春香の場合】

――765プロ事務所

P「なぁなぁ春香」チョンチョン

春香「はい?どうしました?あっ、さっきのクッキーならもうありませんよ?ふふっ。プロデューサーさんったら、美味しい美味しいって言ってみ~んな食べちゃうんですもん、私ちょっとビックリしちゃいました!あっ、でもまた作ってきてあげますからね?」クスクス

P「…」


春香「それで?私に何か用ですか?」ニコニコ

P(これは…マズいか?)

春香「?」ニコニコ

P(えぇい!やってやる!)

P「春香っ!」グイッ

春香「きゃっ!」グイッ

春香「えっ?あの…ぷ…ぷろ…ぷろでゅーさー…さん?」ドキドキ、ドキドキ

P「春香…」

春香「は、はぃ…」ドキドキ



アイマス、全員、笑顔


4 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:18:24.52 ID:PaWsU04AO


P「結婚しよう」キリッ

春香「…」

P(さぁ、どうくる?)

春香「……」

P「…」ドキドキ

春香「プロデューサーさん」

P「な、なんだ?」

春香「子どもは何人ぐらいがいいですか?」

P「えっ?」

春香「あっ!私から先に言った方がいいですよね!えへへ…私はですね~、二人がいいです!えっ?なんでかって?私、お兄ちゃんが欲しかったんですよ!だから、かな?私の子どもは、絶対お兄ちゃんを作ってあげようって思って、女のコを後に作ろうって決めてたんです!あっ、でもでも!!娘が産まれたからといって、私や長男のコト忘れちゃ…」スッ

春香「めっ!」ピシッ

春香「ですよ?」クスクス

P(デコピンした後、春香はスキップしてどこかに行ってしまった…)



5 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:22:39.41 ID:PaWsU04AO


【結婚・美希の場合】

P「なぁなぁ美希」クイクイ、クイクイ

美希「んー?なに?ミキ、今忙しいの~」ピコピコ

P「ゲームやってるだけじゃないか」

美希「それでも忙しいの!」

P「…美希」グイッ

美希「きゃんっ><」

P「いいから…聞いてくれ」

美希「は…はにぃ?」ドキドキ

P「美希…」

美希「な、なに?」ドキドキ

P「結婚しよう」

美希「ッ!?」

P「結婚しよう」キリッ

美希「…」

P(さぁ、どうくる?いつものように抱き着いてくるか?)

美希「…」ポロッ...

P「!?」



6 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:25:51.72 ID:PaWsU04AO


美希「うぅっ…ふぇっ…」ポロッ...ポロッ...

P「みっ、美希!?なんで泣き出すんだ!?」アタフタ、アタフタ

美希「ふえぇぇえん…はにぃが…はにぃがやっと言ってくれたの~(´;ω;`)」グスッ...グスッ...

P「なっ?なっ?とりあえず泣き止もうな?」

美希「ふえぇぇえん…うれしぃの…」グスッ、グスッ

P(思ったより乙女チックな反応な美希かわいい)



7 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:32:46.63 ID:PaWsU04AO


【ナデナデ・伊織の場合】

P「なぁなぁ伊織」トントン

伊織「ん?なによ?」

P「伊織、最近よく頑張ってるよな」

伊織「はぁ?いきなり何よ…?」ジトッ

P「いやいや、俺はお前のプロデューサーだぞ?お前の事はちゃんと見てる」

伊織「」キュン

P「だから、な?」

伊織「な、なに?」

P「ご褒美をやろう」

伊織「ごほうびぃ~?」

伊織「はっ!アンタに私を満足させる事が出来るのかしら?」クスクス

P「伊織…」ギュッ

伊織「あっ…」ピクン

P「よく、頑張ったな…」ナテナデ、ナテナデ、

伊織「あふっ…」



8 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:38:25.55 ID:PaWsU04AO


P「そろそろお前も…俺の手から離れるべきなんだろうなぁ…」ナテナデ、ナテナデ、

伊織「えっ?あの…アンタ、それって…」ドキッ

P「あぁ、俺以外のプロデュースもひつy…」

伊織「ふざけないで」

P「えっ?」

伊織「いい?私はね?そ、その…あの…」ドキドキ

P「?」

伊織「あっ、あんたとだから頑張れるのよ!だっ、だから私にも撫でさせなさい!」ガバッ

P「おわっ!」ステン

伊織「ふっ…ふふふ…よくも私をあんなになでなでしてくれたわね?」

伊織「にひっ!覚悟なさい?私もアンタにたっくさんなでなでして、もうさっきみたいなこと言えないくらい骨抜きにしちゃうんだから!」

P(顔を赤くして撫でようとしてくる伊織かわいい)



9 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/20(日) 01:44:47.69 ID:PaWsU04AO


【お茶・雪歩の場合】

P「…」ズズズ...

雪歩「…」ズズズ...

P「…」ズズズ...

雪歩「あちっ><」

P「大丈夫か?ほら、俺のお茶は温めだから、こっち飲みな?」ナテナデ、

雪歩「はい…ありがとうございますぅ…」

雪歩「…(プロデューサーと関節キス…プロデューサーと関節キス…)」ドキドキ

P「どうした?飲まないのか?」

雪歩「えへへ…もうちょっと温くしてから飲みます…」

P「おっ、雪歩のお茶、茶柱が立ってるぞ?何かイイコトあるんじゃないか?」

雪歩「えへへ…もうありました///」ボソッ

P「ん?何か言ったか?」

雪歩「ふふっ。何でもないですよ~だ」クスクス

P「なんだ?雪歩にしては珍しい言い方だな」ニヤニヤ

雪歩「///」ズズ...

雪歩「ふふっ。おいしっ♪」



19 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 00:47:38.52 ID:L67tlGlAO


【充電・貴音の場合】

P「なぁなぁ貴音?」

貴音「なんでしょう、あなた様」チョコン

P「なんで俺の膝の上に座ってるんだ?」

貴音「はて、これは可笑しな事をおっしゃる」クスッ

P「は?」

貴音「わたくしも、あいどるとはいえ一人の乙女。ああも他の娘たちと仲が良いと、嫉妬の一つもしてしまいます」ムスッ

P「…あー、その事か」

貴音「ふふっ。それにしても…」スリスリ

P「うん?」

貴音「充電…とは、上手く例えたものです」クスクス

貴音「わたくしの中の…そうですね、きらりのいうところの…あなた様ぱわー☆が、みるみると充電されていきます」スリスリ



20 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 00:51:40.77 ID:L67tlGlAO


P「…きらりから聞いたのか…」

貴音「ところで、あなた様?」チラッ

P「ん?なんだ?」

貴音「重たい…でしょうか?」

P「…」

貴音「…」ドキドキ...

P「いや、重くないかな。ただ…」

貴音「ただ?」ドキッ

P「あったかい。それに、お前もそういうところはやっぱり気にするんだな」ニヤニヤ、ニヤニヤ

貴音「~///」

貴音「ッ!ッ!」ペシッ、ペシッ、

P「はっはっはっ。可愛いやつめ」ナテナデ、ナテナデ、

貴音「もぅっ!」プイッ

貴音「~///」モゾモゾ、モゾモゾ

P「ッ!」ピクン

P「…」モゾモゾ

貴音「…ッ!」ピクッ

貴音「…」

貴音「ふふっ…」クスッ

貴音「あ・な・た・さ・ま?」ニヤニヤ

P「ッ!な、なんだ?」ドキッ



21 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 00:56:58.05 ID:L67tlGlAO


貴音「なにやら、硬いものがわたくしのお尻に当たっているのですが…?」クスクス

P「あー、いや、これはだな?そう!ケイタイ!ケイタイが入ってるんだ!」

貴音「ふふっ。あなた様のでんわは、すまーとふぉんなのでは?」クスクス

P「いや~、スマホは使い辛くてな?普通のケイタイと二台持ちしてるんだよ!ホントだからな!?」

貴音「あなた様?」クスッ

貴音「ふふっ。慌てなくとも良いのですよ?」

P「…へっ?」

貴音「わたくしは…構わないのですから」クスッ

P「…」

貴音(申し上げて…しまいました…///)チラッ

P「…」

貴音「…///」ドキドキ

P「…えっ?どういう意味だ?」

貴音「はぁ…」

貴音「…えぃ」ムギュッ

P「ちょっ!貴音!向き合ったままでくっつくな!当たる!当たってるから!」

貴音「あなた様は、まっこといけずです!」ムギュッ



22 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 01:01:18.35 ID:L67tlGlAO


【充電・春香の場合】

P「なぁなぁ春香」

春香「はい?私のプロデューサーさん?どうしましたか?」ニコニコ、ニコニコ

P「…お前も誰かから聞いたのか?」

春香「何をです~?ふふっ。ほっこりします」スリスリ、スリスリ

P「その…充電…」

春香「いえ、私は誰からも聞いてませんよ?」スリスリ

春香「ただ…」チラッ

P「ただ?」

春香「えへへ…ず~っと見てましたから///」モジモジ...

P「えっ?」

春香「皆がですね?プロデューサーさんにこうやってぎゅ~ってくっついてるのを見てですね?」

春香「えへへ…///」ギュッ

春香「いいなぁ…私もプロデューサーさんに充電されたいなぁ…って、ず~っと思ってたんです」モジモジ

P「そうか…」

春香「えへへ…だからガマン出来なくなっちゃって」

春香「…めいわく…でしたか?」チラッ

P「…そんなことはないさ。お前は俺の大事な担当アイドルだからな、こんなことぐらいお安い御用さ」ナテナデ、ナテナデ、



23 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 01:03:56.57 ID:L67tlGlAO


春香「ゃんっ///」ピクンッ

P「ははっ。可愛い声だな、頭なでなでしただけだぞ?」ナテナデ、ナテナデ、

春香「んっ…あふっ…もぅっ!プロデューサーさん?」ムスッ

P「んー?なんだー?」ナテナデ、

春香「そうやってですね?カンタンに女のコをなでなでしちゃダメなんですよ?(`・ω・´)」プンスコ

春香「女のコは…勘違い…しちゃうんですから…」

P「勘違い?何を?」ナテナデ、

春香「むぅ~!プロデューサーさん?分かってやってますね~?」ペシッ、

P「はっはっは」ナテナデ、

春香「…」

春香「…いいです」ボソッ

P「うん?」

春香「プロデューサーさん!」グイッ



24 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 01:09:55.52 ID:L67tlGlAO


P「おわっ!いきなり押すなって!ソファじゃなかったら転んでたぞ?」

春香「プロデューサーさん!」ズイッ

P「は、春香?」ドキドキ

春香(うぅっ…プロデューサーさんの顔が近いよぅ…で、でも!)

春香「プロデューサーさん!」

P「はっ、はいっ!」


春香「勘違いしちゃった女のコの想いの強さ…」スッ

春香「思い知らせてあげちゃいますっ!」チュッ

P「はっ、はるか!いまきっ!きす!キスしたろ!?」

春香「はい!しちゃいました!いいですか?プロデューサーさん!」

P「…」ドキドキ

春香「勘違いしちゃった女のコって…と~っても怖くて可愛くて…強いんですからね?」クスッ

春香「責任…とってくださいね?」チュッ

P「ま、また!」

春香「えへへ…///」



25 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 01:13:08.54 ID:L67tlGlAO


【充電・律子の場合】

P「なぁなぁ律子?」

律子「なんです?まだ私のお説教は終わってはいませんよ?いいですか?プロデューサー!貴方はアイドルのプロデューサーなんです!ゴシップ記事の怖さは、誰よりも知ってますよね?」

P「は、はい…」

律子「その貴方が!いくら事務所の中でとはいえ、アイドルを膝の上に座らせるなんて、何を考えているんですか!」

P「いや、あの…律子さん?」

律子「あのもあなもありません!まったく…私が外回りから帰ってきたから良かったものの、あのままだったら最悪ゴシップ記者に写真撮られてましたよ?今ここでプロデューサーがいなくなったら、私は誰を目標にしてプロデュース業を続けていけばいいんですか!」プンスコ



26 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 01:16:30.46 ID:L67tlGlAO


P「律子…」

律子「って、わっ、私のコトなんかどうだっていいんです!今は、プロデューサーの【充電】とやらについて、お説教しなければいけませんからね!」

P「あの…律子さん?」

律子「はぁ…さっきからなんです?言いたい事があるなら、言ってもいいですよ?」ハァ...

P「じゃあ言わせてもらうな?」

律子「なんです?」

P「なんで俺の膝の上に座ってるの?」

律子「?」チョコン

P「いや、なんで『当たり前の事を聞くんですか?』みたいな顔しても通じないから」

P(可愛いけど)

律子「はぁ…いいですか?プロデューサー」

P「あぃ」

律子「プロデューサーとアイドルでは、ゴシップになります。それは分かりますね?」

P「うん」

律子「なら、同僚ならばどうでしょう」クスッ

P「同僚…?」



27 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/25(金) 01:22:56.62 ID:L67tlGlAO


律子「そう。同僚です」フフン

P「どういう意味だ?」

律子「いいですか?プロデューサー。今の私の立場は、何ですか?」

P「プロデューサーだな。【元】アイドルの…」

P「はっ!そういう事か!」キュピーン

律子「ふふっ。気付きましたね?」クスッ

律子「そうです!今の私はプロデューサー。しかも【元アイドル】ですから、ゴシップ記事にはなりません!」

律子「一粒で二度美味しくはありませんか?」

P「言われてみれば…」

律子「だから、ですよ。だから私がアイドルたちに代わって、プロデューサーの膝の上に座り、私の中のプロデューサーパワーを充電してるんです」

律子「プロデューサーは、女の子に座ってもらえて幸せ」

律子「私は、プロデューサーに甘える理由が出来て幸せ」

律子「だから…です」チラッ

P「はぁ…」

律子「…呆れられちゃい…ました?」ショボン

P「…」ナテナデ、

律子「ッ!」

P「ほら、もっとくっつけ」ギュッ

律子「あっ…」グイッ

律子「…」

律子「うんっ!」ムギュッ



36 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/26(土) 00:17:29.26 ID:7TSVDkhAO


【充電・あずささんの場合】

P「なぁなぁ、あずささん?」

あずさ「うふふ。やっとプロデューサーさん、私に敬語を使わなくなってきましたね。まだ少し敬語ですけど」クスクス

P「え、えぇまぁ…なんだかんだで付き合いも長いですし…って、そんな事よりですね?」

あずさ「?」キョトン

あずさ「なんですか?」

P「いや…なんで俺の膝の上に頭を乗せてるのかな~って思いまして」

あずさ「うふふ。プロデューサーさん?」

P「なんです?」

あずさ「そんなことより、また、昔に戻っちゃいましたよ?」

P「昔?」

あずさ「…分からないんですか?」

P「え、えぇ…」

あずさ「むぅ~!さっきまでは『なぁなぁ』とかって言ってくれて、いい感じだったのに…」ムスッ

P「あっ…そういう事ですか」

あずさ「ほらまた」

P「…」

P「あ~、あずささん?」

あずさ「ぷぃっ」プイッ

P「…」

P「…あずさ?」

あずさ「ふふっ。何ですか?プロデューサーさん」ニコニコ

P「何で、俺の膝の上に頭を乗せてるのかな~って」



37 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/26(土) 00:20:23.33 ID:7TSVDkhAO


あずさ「あらあら、若い10代の娘たちには【充電】させてあげて、私みたいな20代には、【充電】させてくれないんですか?」クスクス

P「…なるほど」

あずさ「はぁ…プロデューサーさんの膝枕って、癖になってしまいそう…」ウットリ...

P「…」

あずさ「…」

あずさ「…待ってるんだけどな…」ボソッ

P「えっ?」

あずさ「うふふ。何でもないですよ~だ」クスッ

あずさ「…」

P「…」

あずさ「…」チラッ

P「…」ナテナデ、

あずさ「あっ…」ピクン

P「あずささあずさ「あずさ!」

P「…あずさの髪は柔らかくて、撫でてて気持ちが良いな」ナテナデ、

あずさ「うふふ。そうですか?」

P「ずっと撫でていたいくらいだ」ナテナデ、

あずさ「…いいですよ?」ボソッ

P「えっ?」

あずさ「ふふっ。何でもありません」

P「?」

あずさ「あの…プロデューサーさん?」

P「なんでs…」

あずさ「むぅ…」ジトッ

P「…なんだ?」

あずさ「さっき、敬語を使った罰です!私が満足するまで、膝枕していてください!」



38 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/26(土) 00:21:41.81 ID:7TSVDkhAO


P「ははっ。お安い御用さ」

あずさ「なでなでも…です///」

P「わかったわかった」ナテナデ、ナテナデ、

あずさ「うふふ…しゃーわせ…」

あずさ「んぅ…」zzz...

P「寝ちゃった…か」

あずさ「んっ…」スリスリ

あずさ(しあわせ…)



39 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/26(土) 00:24:28.34 ID:7TSVDkhAO


【充電・小鳥さんの場合】

P「なぁなぁ小鳥?」

小鳥「はい?どうかしましたか?」

P「何で俺は小鳥にあすなろ抱きをしてるんだ?」

小鳥「プロデューサーさんから言い出したんじゃないですか。私を労ってくれるって」

P「いや、確かに言いはしたけど…」

小鳥「それに…」

P「それに?」

小鳥「プロデューサーさんも、いい感じに敬語使ってませんし」クスクス

P「小鳥が言い出したんだろ?今日は敬語を使ったら、俺とお喋りしてくれないって。実際、小鳥に敬語を使わないなんて、違和感ありまくりなんだからな?」

小鳥「むぅ~!だって…」

P「だって?」

小鳥「他人行儀みたいで…イヤ…なんです」チラッ

P「小鳥…」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「…」ジッ...

小鳥「…」ジッ...

P・小鳥「「ぷっ!」」

P「あはは!たまにはこうやって敬語を使わないのもいいかもな」

小鳥「でしょでしょ??私たち、恋人同士みたいですよね!私、ドラマみたいな恋愛に憧れてたんです」

P「そうなんだ?」



40 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/26(土) 00:27:13.70 ID:7TSVDkhAO


小鳥「はい。いつか私も素敵な恋をして、自分の子どもに『ママはこんなに素敵な恋をしたんだよ?』って、自慢しちゃうのが夢なんです」

P「小鳥…」

小鳥「でも、ふふっ」クスッ

P「なんだよ?」

小鳥「今はこうやって…プロデューサーさんにあすなろ抱きをしてもらって…私の中のプロデューサーさん愛を充電するのが最優先です」ギュッ

P「あ…」ギュッ

小鳥「ふふっ。プロデューサーさんのて…おっきぃです」

小鳥「ねっ?もう少しだけ…充電させてもらってもいいですか?」

P「…好きなだけ、すればいいさ」

小鳥「はい…」

小鳥(今は…こうやってる事がしあわせ)

小鳥(でも…)

小鳥「でも、諦めませんからね?プロデューサーさん」

P「うん?何を?」

小鳥「ふふっ。ないしょっ」クスクス



47 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:25:10.18 ID:TIskivMAO


【充電・やよいの場合】

P「なぁなぁ、やよい?」

やよい「はい?どうかしましたか?プロデューサー」ナテナデ、ナテナデ、

P「なんで俺は、やよいに抱き締められて頭なでなでされてるんだ?」

やよい「あっ…イヤでしたか?」ショボン

P「い、いや!そんなことはないぞ!むしろ気持ちがいいぐらいだ」

やよい「えへへ…それなら良かったですー」ナテナデ、

P「そ、それでな?」

やよい「はい?」

P「その…なんでかなーって」

やよい「…///」モジモジ

やよい「えへへ~。充電です!///」

P「充電?」

やよい「はい!」

やよい「プロデューサー、みんなのコト充電してくれてますよね?」

P「やよいも知ってたのか…」

やよい「えへへ…伊織ちゃんから聞いたんです。それでですね?みんなの為にプロデューサーは充電してくれてますけど…」チラッ

P「?」

やよい「プロデューサーの分は…充電しなくていいのかな~って」

P「…」

やよい「だから、私がプロデューサーのゲンキを充電しちゃうんです!今の私はプロデューサーの充電器なんです!」

やよい「むぎゅーってくっつけば、私のゲンキをプロデューサーに分けてあげられるかなーって思って…」



48 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:27:47.71 ID:TIskivMAO


やよい「えへへ…私のゲンキ…伝わってますか?」スリスリ

P「やよい…」グスッ...

やよい「私はお姉ちゃんなんですよ?弟や妹たちにもゲンキを分けてるんです。だから、プロデューサーにも私のゲンキ、あげたいんです」ムギュー

P「…」グスン

やよい「わわっ!プロデューサー!?なんで泣いちゃってるんですか!?ギュッてし過ぎちゃいましたか!?いっ、痛かったですか!?」アタフタ、アタフタ

P「やよいはいい子だなぁ…」ナテナデ、ナテナデ、

やよい「わわわっ!プロデューサー!…ダメですよ?」ツンツン

P「えっ?」

やよい「今の私は、プロデューサーのお姉ちゃんなんです。だから、弟はいっぱいお姉ちゃんに甘えないとダメなんです」クスクス

P「そっか…そうだよな…」ムギュ

やよい「はい!だから、今はい~っぱい私に…」ンー

やよい「甘えてね?P」チュッ



49 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:29:50.50 ID:TIskivMAO


【充電・亜美の場合】

P「なぁなぁ亜美?」

亜美「ん→?兄(C)どったの→?」グイグイ、グイグイ

P「なんで亜美は、俺のお腹に顔を押し付けてるんだ?」

亜美「そこに兄(C)がいるから!」

P「そうか」

亜美「うん!兄(C)のお腹ってさ→、な→んかイイ匂いがするんだよね。落ち着くんだ→」

P「そうか」

亜美「そうそう!だから兄(C)は、おとなしく亜美に顔を押し付けられなさ→い!」

P「落ち着くんならちかたないね」

亜美「ちかたないね!」

P(亜美のちっちゃなお鼻がコリコリ当たって気持ち良くなってきた)

亜美「♪」

亜美(んっふっふ→!みんなには負けないもんね→!)

亜美「じゅ→でん♪じゅ→でん♪」



50 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:31:12.13 ID:TIskivMAO


【充電・真美の場合】

P「なっ…なぁなぁ…真美?」

真美「なっ…なに?///」グイッ...グイッ...

P「その…なんだ?お腹に当たってる…んだが…」

真美「…///」

真美「いっ…言わないでよ…真美だって、はっ…恥ずかしいんだから///」

P「…はっ、恥ずかしいなら止めればいいんじゃないか?」

真美「それはイヤ!真美も兄(C)で充電するの!」

P「そっ…そっか…」

真美「う、うん…」ダキッ

真美(兄(C)…あったかいなぁ…えへへ…落ち着く…///)

P(し、思春期って難しい…)



51 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:32:42.17 ID:TIskivMAO


【新婚生活・貴音の場合】

P「なぁなぁ貴音」

貴音「なんでしょう、あなた様」

P「そのあなた様って呼び方な?そろそろ変えてみないか?」

貴音「…はて、何故その様な事を?」

P「いやぁ…もう何年も聞いてきたからマンネリというか何というか…」

貴音「ふふっ。可笑しな事をおっしゃるのですね、あなた様」クスクス

P「だってそうだろ?俺たち、結婚したんだぞ?もう担当アイドルでも、恋人でもないんだ」

貴音「…ふむ。それは一理ありますね」

P「だろ?」

貴音「ならば、一時の間だけでも変えてみましょうか」

P「頼むよ」

貴音「…では」スゥ...

P「…」ドキドキ



52 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:33:13.50 ID:TIskivMAO


貴音「ぱぱ様」クスクス



53 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:35:23.66 ID:TIskivMAO


P「ぱっ!?」

貴音「ふふっ。何を慌てているのです?ぱぱ様は、この娘の父なのです。父ならば、ぱぱ、というのも間違いではないでしょう?」サスサス

P「そっ…それはそうだが…」

貴音「ふふっ。ぱぱ様♪」ギュッ

P「ちょっ!?貴音!?」

貴音「ぱぱ様…お慕い申しております…」

P「…」

貴音「ふふっ。ぱぱ様?どうなさったのです?」クスクス

P「…今まで通りでいいです…当面の間は」

貴音「…ふふっ」

貴音「あなた様は、相も変わらず照れ屋さんですね」ナテナデ、

P「…貴音のソレは、桁違いなんだよ…」

貴音「ふふっ。ですが、もう少しで…まことのぱぱ様になられるのですから、慣れてくださいませね?」クスッ

P「…そうだな。がんばるよ」

貴音「あなた様とわたくしと…そしてこの娘で…」

貴音「しあわせになりましょうね?」



54 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:36:40.46 ID:TIskivMAO


【新婚生活・千早の場合】

千早「プロデューサー、起きてください。朝ですよ?」ユサユサ

P「…」

千早「プロデューサー?早く起きないと、収録に間に合わなくなりますよ?」ユサユサ、ユサユサ

P「……」

千早「…プロデューサー?」ユサユサ、ユサユサ、ユサユサ

P「………」

千早「…えっ?」

P「…」

千早「はぁ…そういう事、しちゃうんですね」

P「…」

千早「起きないのなら仕方がありませんね。今日はおはようのちゅーは無しにしましょう」

P「おはよう、千早」

千早「…」

P「…」



55 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:38:40.30 ID:TIskivMAO


P「……怒ってる?」

千早「…」ムスッ

P「ですよねー…」

千早「やっていい冗談と、やってはいけない冗談ぐらい…分かりますよね?」

P「…ごめんなさい」

千早「反省、してますか?」チラッ

P「はい。ごめんなさい」

千早「…て」ボソッ

P「へっ?」

千早「ぎゅって…してください」グスッ...

P「…ごめんな」ギュッ

千早「恐かったんですからね?また、大切な人を失ったかと思って…恐かった…です」グスッ、グスッ

P「…」グイッ

千早「あっ…」トスン...

P「愛してる」

千早「…」

千早「…ばか」



56 : ◆ycDKV.3ZYU :2013/10/31(木) 00:39:57.25 ID:TIskivMAO


千早「もっと強く…ぎゅって抱き締めてくれなくちゃ…許してあげません…」

P「千早…」ムギュッ

千早「んっ…」チュッ

千早「ふふっ…私たち、ずっとラブラブですね」

P「そんなの、当たり前だって」

千早「…はい!」



終わり


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/31(木) 04:59:20.48 ID:g69etYigo


お砂糖が湧いて出てくる・・・

乙したー




59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/31(木) 23:04:28.14 ID:TynZFovEo


はちみつががががががが
ハニーィ





THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!(Blu-rayBOX)(完全初回生産限定)(BD3枚組)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382198942/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。