ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [オリジナル]勇者・魔王 >  魔王「勇者が弱すぎる」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔王「勇者が弱すぎる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:20:29 ID:eqvzIa9T0
―魔王城―

魔王「よく来たな。勇者たちよ」ドンッ

女勇者「お前が魔王…ッ」

エルフ「あら、まぁ」

ダークエルフ「……」

ドワーフ「随分すんなり玉座まで来てしまったな」

魔王「……」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:21:40 ID:eqvzIa9T0
ダークエルフ「……極滅火炎呪文」ボワッ

エルフ「え、あれ、会話イベントキャンセルですかぁ? じゃあ私も、水の精よー」ザパーン

ドワーフ「ふぅ、……唸れ雷斧」ビリビリ

チュドーン

モクモク

ドワーフ「やったか?」

魔王「……はぁ」

女勇者「む、無傷……」

エルフ「あらあら、全力でしたのに」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:22:41 ID:eqvzIa9T0
魔王「言っておくが、アレだ、俺には超強いオートバリアがある。これを突破できるのはそういう能力を持った武器だけだ。……誰か持ってないのか?」

エルフ「あ、自分で解説した」

女勇者「みんな下がって! 私の聖属性と、この聖剣なら通るはず!」

ドワーフ「ふむ、そういう予言であったな」

魔王「そうか。じゃあそれ使え」

ダークエルフ「……サポートする。身体能力超強化呪文」ピロピロ

女勇者「ああああああ! 喰らえぇえええええ!」ピカー

魔王「……」

パキーン

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:23:48 ID:eqvzIa9T0
カランカラン

女勇者「……ッ! せ、聖剣が」

エルフ「魔王の肉体に弾かれて、…折れましたわ」

ドワーフ「な、なんという…」

ダークエルフ「……」ガタガタ

魔王「……」

シーン

女勇者(終わった……全部終わった…)

魔王「あー、そのなんだ、お前らのレベルはいくつだ?」

女勇者「え」

魔王「レベルだよ、レベル」

エルフ「全員Lv99ですわ」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:24:41 ID:eqvzIa9T0
魔王「……そうか、ビックリするくらい弱いな」

勇者一行「」

シーン

女勇者「ま、魔王!」

魔王「ん?」

女勇者「私は、…私はどうなってもいい。だから他のみんなは」

魔王「帰っていい」

女勇者「助け…え?」

魔王「もう帰っていいぞ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:25:41 ID:eqvzIa9T0
魔王「たった今、俺が創造した1000万体のゴーレム兵は全て破壊した。世界は平和になった。だからもう帰れ」

エルフ「なん…」

ドワーフ「だと……」

ダークエルフ「…」

女勇者「……そんなこと信用できるか!!」

魔王「ならどうする? 1000万の兵を操りつつ限界まで手加減した俺にかすり傷一つ付けられないお前らが、どうするというんだ」

女勇者「……」

ダークエルフ「…アナタはこれからどうする気?」

魔王「俺か? そーだな、俺は超強力な再生能力もあるから自殺も出来ないし、まぁ、どこかに身を潜めてひっそり暮らすさ」

ダークエルフ「…解せぬ」

ドワーフ「それではまるで、殺されるためにワシらを招いたようだの」

魔王「そうだな。第二希望だったが、それは叶わなかった」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:26:41 ID:eqvzIa9T0
女勇者「……ふざけるなッ!」

魔王「本気だ」

女勇者「自殺したい? そんなの勝手にしてろ! お前のせいで一体どれだけの血が流れたと思っている!?」

魔王「だから出来ないんだって、自殺」

エルフ「先ほど『ひっそり暮らす』と言っていましたわねぇ。最初からそうしていればよかったのでは?」

魔王「それも無理だったが、今なら出来るだろう」

エルフ「どういうことかしら?」

魔王「人間、エルフ、ダークエルフ、ドワーフが互いに手を取り、協力し、ここまで辿り着いた。それで十分だろ?」

勇者一行「…」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:27:42 ID:eqvzIa9T0
女勇者「……お前は、何者なんだ? どこから現れたんだ?」

魔王「俺は人間だ。別の世界のな」

エルフ「……人間が平行世界を超えてきたというのですか?」

魔王「そうらしい」

エルフ「らしいって…」

魔王「俺にそんな能力は無い。この星の神、或いは力なき者の願いといったところか。そういった力が俺を召喚したんだ。お前らに対する特効薬としてな」

女勇者「特効薬だって?」

魔王「最初は気付かなかった。ただ漠然と呼び出されて、状況も分からず彷徨っていた。だがそんな俺を助けてくれた女の子がいたんだ」

魔王「幼いエルフの女の子でな、ロリコンの俺は、あぁよく分からない世界だけどこの幼エルフを守って生きていこう、そう思ってたんだ」

エルフ「うわぁ…」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:28:48 ID:eqvzIa9T0
魔王「しかしそれは叶わなかった。弱かった俺は彼女を守れなかった。人間の歪んだ欲望の餌食になり、殺されてしまったんだ」

魔王「人間を恨んだよ。だからそこで俺は人間を辞めた。すると信じられないほどの力が湧いてきた。その町に居た人間を一瞬で皆殺しにするほどのな」

魔王「その時に気付いたんだ。これは誰かが仕組んだ運命なんだってな。かなりムカついたな。そいつを探しだしてぶち殺してやろうと思った」

魔王「だが世界中を探してもそんな奴は居なかった。代わりにこの世界の真実を見せつけられた」

魔王「人間はエルフの奴隷を売買し、エルフは縄張りに入った人間を無差別に殺す。ダークエルフは人間、エルフ相手に略奪を繰り返し、ドワーフはその全てに武器を売る。それがこの世界の姿だ」

魔王「一体どれだけの血が流れたか、と聞いたな勇者よ。…ハハ、俺などとてもお前らには及ばんよ」

魔王「魔王である俺が言うのも何だが、何度も地獄を見てきたよ。よくもまあ、あそこまで残虐になれるものかと怒りを通り越して感心すらしたぞ」

魔王「同じ言葉を話し、意思疎通が出来るというのに、世界の端から端まで悪意に満ち溢れていた」

魔王「お前らは等しく生きる価値がないと思った」

勇者一行「……」

魔王「だが一方で俺を助けてくれたあの子が居た世界でもある」

魔王「だから試してみたくなったんだ。お前らが共存の道を選ぶのか、滅びの道を選ぶのかな」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:30:11 ID:eqvzIa9T0
魔王「だからこの勝負はお前らの勝ちということだ」

女勇者「そんな……そんなのって……」

魔王「どうやらお前に神託を授けた神と、俺に力を与えた存在は違うモノらしいな。本来なら俺の役目はここで終わりなんだろうが、力が衰える気配すらない」

ダークエルフ「……ぐぬぬ」

ドワーフ「……なんと不器用で哀れな男よ。お前は弱い。心がな」

魔王「或いは、そうかもな」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:30:55 ID:eqvzIa9T0
ドワーフ「………………ん?」

ブオーン

ドワーフ「な、なんじゃ、あの異常な魔力の渦は」

ダークエルフ「……」

エルフ「なんという強力な術式ですの…」

ブオーンブオーン

エルフ「どんどん広がって行きますわ。あれは……ゲート? なのでしょうか?」

魔王「…………そういうことか」

女勇者「どういうことだ!? 何をする気だ?」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:31:40 ID:eqvzIa9T0
魔王「……クククク……ハハハハ! そうかそうか! どうやら次の世界が俺という魔王を待っているらしい!」

魔王「傑作じゃないか! 俺はまたあの地獄を見せられるのか!? また絶望し世界を焼きつくすのか!? 面白い筋書きを考えたものだなクソッタレ!! ハハハハハ!!!」

勇者一行「「「なんだって!」」」

魔王「……はぁ、ま、仕方ないか。何だかんだで結構殺したもんな俺。罰としちゃ妥当だわな」

女勇者「魔王…」

魔王「……と言うわけだ。長々と語って悪かったな。お前らは魔王を打ち倒した英雄として各々の種族を導いてゆくといいさ」

エルフ「……さよなら、ですわね」

ドワーフ「礼など言わんぞ。貴様は永遠に大罪人として歴史に刻んでやる。……じゃがその意志はワシらが引き継ぐと約束しよう」

ダークエルフ「……かっこつけんなバーカ」

女勇者「魔王!……私は、…私は!」

魔王「時間切れのようだ。じゃあな、お前ら。…………さよなら、幼エルフ」

バシュン

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:32:17 ID:eqvzIa9T0
―時空の狭間―

魔王「…………何してんのお前」

女勇者「ヒッグ…グスッ…さ、させないからな!」ダキツキ

魔王「殺しをか? 無理だよ。だってお前弱すぎるもん」

女勇者「違う! ぜ、絶望なんてさせない!…から…わ、私が付いているし!」

魔王「……はぁ? お前やっちまったな。多分もう二度と戻れねーぞバーカ」

女勇者「うぐ゙ぅ…バカじゃな゛い゛も゛ん゛! 勇゛者゛だも゛ん゛! うぇぇ、うぇえええ!」

魔王「あーあ、後悔しまくってるじゃん。ガキかよ」

女勇者「ガキじゃないし! 13歳だし!」

魔王(…ストラァァアアアイク!)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:32:49 ID:eqvzIa9T0
女勇者「……名前」

魔王「あ?」

女勇者「名前教えてよ! もう魔王になんかさせないから!」

魔王「あぁ…随分長い間使っていなかったな……いいか? 俺の名前は、」



魔王「>>1って言うんだ」





俺「……っは! ……なんだ夢か。vipにスレ立てよ」




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:33:13 ID:ejIg2Pdh0
ワロタ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 17:34:04 ID:88jA0Jah0
終わりアッサリしすぎわろた

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

新品価格
¥2,720から
(2013/11/16 20:53時点)


引用元: 魔王「勇者が弱すぎる」

[ 2013年11月16日 22:00 ] [オリジナル]勇者・魔王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。