ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [オリジナル]男・女 >  男「最近、変な声が聞こえるんだけど」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「最近、変な声が聞こえるんだけど」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 10:55:08 ID:NH92AjCR0
男(意味がわからんぞ…どうして部屋にひとりぼっちなのに、声が聞こえんだ)


『ダヨネーソウダヨネー』『サイキンサー』


男「…しかも何か会話してるし」

男「何処だ…? どのへんから聞こえてくるんだ…?」ガサゴソ

男「………」ピタリ

ネズミ「きゃー! 人間よー!」

ネズミ「逃げろ逃げろー!」

男「…え?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 10:59:17 ID:NH92AjCR0
男「なに、これ。嘘だろ、オイ」

ネズミ『こっちだよ! こっちに逃げるんだよ!』ダダダ

男「……ネズミ喋っちゃってるじゃん!」


「ぎゃぁあああああ!! ネズミだぁああああああ!!」


男「うおっ!?」

妹「兄ちゃん! ね、ネズミが現れたですよ!! こーんなちっこいの! しかもいっぱい!!」

男「お、おお……ちょ、待ってくれ! 妹よ! な、なにかこいつら喋ってなかった…?」

妹「へ? しゃぶる?」

男「変な聞き間違いをするな。違う、そうじゃなくて…こう…会話してなかったか?」

妹「……してなかったけど、確認する?」ひょい

ネズミ『ぎゃああああ! この人間に捕まってるよぉおお!!』

男「ぎゃあああああ!! なに捕まえてんのお前ぇええ!」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:04:04 ID:P8UQN/lI0
妹「いやだって、捕まえなきゃ退治できないじゃん?」

男「男らしすぎる! ま、まあ都合いいけども…」

ネズミ『やだよぉおお!! 死にたくないよぉおお!!』ジタバタ

男「ほら、めっちゃ喋ってるよね?」

妹「………」

男「あれ? …聞こえない感じ?」

妹「うーんと、えいっ」ピン!

ネズミ『うっ…頭がよぉ…』

男「なにやってんの!? か、可哀想だろ!?」

妹「だ、だって…痛めつければ兄ちゃんが言ってるみたいに言葉しゃべるかなって…」

男「酷いことするなよ…! な、なにやってんだお前…!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:07:55 ID:F9UMNr620
妹「やっぱ何も聞こえないよ? 兄ちゃん、本当に聞こえたの?」

ネズミ『………』

男「今は聞こえないな…多分、痛くてしゃべる気にもならないんだろ」

妹「ふーん」

男(いや待てよ、もしかしてこの声って…俺だけにしか聞こえてなかったりするのか?)

男「なんだよそれ…」

母「ねぇーアンタ達。さっきから何やってんの?」

男「おおう、お袋。実はさ、さっき──なにやってんのそれ?!」

母「え? …ネズミ退治だけど?」ずいっ

男「ひぃいいいい!! ね、ネズミっ……半分こじゃねえか……!」

ネズミ『ぎゃあああああ! ネズミさんがよぉおおおお!!!』

妹「あわわ! きゅ、急に暴れ始めたよこの子…!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:13:21 ID:P8UQN/lI0
男「そりゃ暴れるよ! お仲間さんが無残な死に方だったら、恐怖でガクブルだよ!!」

ネズミ『おいおいおい…なんて姿なんだよぉ…ねずみさん…ねずみさんよぉ…』

男「くっ…そうだよなぁ…仲間がこんな惨たらしい死体になって戻ってきちまったら…!」

母「何いってんのこの子」

妹「なんかネズミの声が聞えるんだって」

男「こ、このネズミ殺し!! ネズミでなし!!」

母「あんまり意味わからないこと言わないでちょうだい…あ、お父さん」

父「何やってんだお前ら。ちょっとは静かに──おおおおお!? か、母さんネズミ凄いことになってるぞ!?」

母「うん。さっきやったところ」

父「ひぃぃいいい! ち、近づけるなっ! ちょ、やめ、オイ!! ホントやめて!!」

男「…ところで、どうするんだそのネズミ」

妹「飼おっかな?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:21:52 ID:21ccMxmM0
次の日 学校

男「…」


カラス『なぁーお前さぁ、今日はどのへんでご飯食うのぉ?』

カラス『あ、俺ぇ? そだなぁーとりあえず、近所の生ごみあさってみんよぉ!』


男「……っ」

男(──ネズミだけじゃねぇ! か、カラスの声もっ…聞こえてやがる!)

男(窓から見える二匹のカラスの声が…バッチリ日本語で…!)

男「しかも…なんで若者風なんだしゃべり方…」

男(ぐぁー何なんだよこれって、俺の頭おかしくなっちまったのか?)

男「……動物の声、聞こえてるのかな俺って…」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:26:59 ID:tmekgS5C0
男(唐突すぎるだろ…なんの脈絡もなく、どうして声が聞えるように…)

カラス『ぎぁー! なんか黒いのきた!』

カラス『逃げろ逃げろ! 逃げろ逃げろぉ!』

男「…ん?」

男(なんだいきなりどうした……あれ、あの女子生徒って確か…)


女「………」


男(…学校で有名な無口な子じゃん。あんな場所でなにやってんだ)

女「……」ひょい

男「あれ、なんか拾った? んー、なんだあれ……猫?」

女「……」なでなで

男(動物好きなのか。あんま表情出さない感じだけど…)

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:31:48 ID:tmekgS5C0
女「……にゃー」

猫『えっへっへっ…嬢ちゃん、いーい胸してんじゃねえかぁ…』

男「……」

女「にゃんにゃん」

猫『おっ? なんだその声は、発情してんのか? おーよしよし、じゃあいっちょおっちゃんが一発決めてやろうじゃねえか』

男「……」ガタタ!

~~~

女「……」なでなで

猫『おっ? おっおっ? な、なかなかやるじゃねえか…そ、そんなところ撫でるなん、おっほ!』

男「やめろやめろー! この汚ったねぇセクハラ親父猫!!」

女「!」びくぅ!

猫『な、なんだ! なんだこの人間!!』

男「はぁ…はぁ…! お、おいお前…とりあえずその猫から離れろ…!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:37:38 ID:Xkb3yUhB0
女「………」

男「その、なんだ……説明は難しいが、とにかく! その猫は危険なんだ!」

女「?」

猫『な、なにを言ってやがるんだこのばか人間が…お、おれがセクハラだと! バカ言え!』

男「っ……」

猫『もうちょっとセクハラって言葉を調べてから出直して来いアホが!!』

男「……セクハラ以外になにがあるってんだよ!」

猫『はぁ~ん? お前みたいなガキに、わかったようなコト言われる筋合いなんてねぇーんだよボケェ!』

男「なんだとゴラッ…!」

女「…」じぃー

男「テメェはとっととそこら辺のメス猫とッ……あ、えっと、あは、あはは!」

女「…」じぃーー

猫『このクソ生意気なッ……あれ? まてよ、お前どうしておれの声…それにお前の声がわかるんだ…?』

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:42:09 ID:Qgkmn3Ce0
男「………」

女「…貴方のペット?」

男&猫(喋った!!?)

男「ち、違う…そんなデブ猫俺のペットのなわけ無いだろ…」

猫『デブ猫言うなゴラ』

女「…そう」すっ

猫『えー? もうおしまいかよぉ~嬢ちゃん、今日はしっぽのとぅけ根トゥントゥンしてくれてないよぉ?』

男「お前はちょっと黙っとけ」

女「……」すたすた

男「って、待ってくれ! ちょ、何も言わずに去ろうとしないでくれ!」

女「なに」

男「えっと、その、あの~」

猫『おいガキ。ナンパならもうちっとマシな言い方あるもんだぜ』

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:45:20 ID:E+E3Cnt80
男「うるせぇーな…っ」

猫『うへへへ』

女「…それで、なに」

男「いやっ…えっと、今日のこと……誰かに言わないでくれたら嬉しいなって…」

女「……」

男「ほ、ほら! 猫と喋ってるとか……変だろ? なっ?」

女「…わかった」コクリ

男「お、おおう」

女「じゃあ」

スタスタ

男「……はぁ~何言ってんだろ、俺」

猫『おいガキ』

男「なんだよデブ猫」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:50:20 ID:fnzJpvTQ0
猫『ほぉーやっぱ聞こえてるんだなぁ。人間のくせして、猫様の声が聞こえんのかい』とてとて

男「……」

猫『今更なしにしようってのも無理な話だぞ』

男「…なんだよ、なんなんだよ…!」

猫『ガハハハ! こりゃ長生きしてみるもんだな! いやぁーガキよぉ、お前はアイツの事好きなのか?』

男「は?」

猫『あの嬢ちゃんだって。変にかまってやってよ、そうかそうか…』

男「おい、変な勘違いをするなよ。俺はただ、変態猫からの危機を助けてやっただけだっ」

猫『変態いうな! これは野良猫としてのサガなんだぜ!』

男「変態じゃねえか…」

猫『猫はそんなもんだ。人間がわかってねえだけでな、それよりも…なぁ、ちょっと話を聞いてくれよガキ』

男「…なんでだよ、俺はもう教室に戻る」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:53:51 ID:nqpPkT1f0
猫『なぁー悪いことは言わねぇ。ちっとはおっちゃんの話を聞いておくもんだぜ』

男「……一分だけだ」

猫『いっぷん? ちょいまち、人間さんのそういった、なんだ、じかん? みたいなのは猫にはわかんねぇんだよ』

男「……。ちょっとだけ聞いてやるって言ってんだよ」

猫『なるほどなぁ。おう、じゃあ聞いてくれよガキ』

男「大した話じゃなかったら怒るぞ」

猫『そんときは逃げるだけだ。舐めんなよ猫の脚力』

男「…話ってなんだ」

猫『おうよ。何時かはどうにかしたいって、おもってたんだけどよぉ…まあこれも運命ってやつかね』


猫『──あの嬢ちゃん、そろそろジサツするぞ』

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 11:59:44 ID:WI/Rt0AN0
男「…は? ジサツ…って、お前……」

猫『このジサツ、って言葉はおれが偶然知った言葉だ。まぁ知っている奴はそう居ねぇだろな』

猫『人間さんってのは、自分で自分の命ってやつを、なくしたり出来るんだろ?』

男「お、おい! まてよ、なんだよジサツって…それって……!?」

猫『そのまんまの意味じゃねーの? ガキ、わかんだろ?』

男「自殺、なのか?」

猫『おお、発音はそんな感じなのか。自殺、ねぇ』

男「いくら猫だって、んな冗談許されねえぞ!?」

猫『猫でもわかるよそれぐらい。おれら猫ってのは、自分から死ぬって、わからねーもんだからな』

猫『どんな惨めな生きたかでも、どんな可哀想な状況でも、おれら猫は必死に生き抜くからなぁ』

男「っ……なんで、わかったんだよ…あの子が自殺するって…」

猫『……最初は遊んでるのかと思ってたんだよ。ロープを首にかけて、飼い犬ごっとみたいにな』

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 12:04:15 ID:Xkb3yUhB0
男「それって……」

猫『ああ、首吊りってやつだろ? みたことあるよ、沢山な』

男「……」

猫『野良やってっと、いっぱい見るんだよ。そういった自殺する人間さんってやつをよぉ』

男「…そうか」

猫『だけどなぁ、まさかあの嬢ちゃんが…そんな首吊りってやつをやるつもりなんて、これっぽっちも思わなくてよぉ』

男「…やってたのか、首吊り…」

猫『何度かな。だけど、途中で諦めて止めるんだぜ』

男「……」

猫『あの嬢ちゃんにはえらく世話になっててな。食事もらったりよ、撫でてもらったり、部屋に泊めてもらったりよ』

猫『だけどなぁ、そんな嬢ちゃんが居なくなっちまうってのは。いささか猫であるおれでも、可哀想になっちまうんだぜ』

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 12:08:27 ID:Ryi7uUhC0
男「いなくなる…」

猫『こんなこと野良のおれにはどうしようも出来ねぇ。慰めるにも言葉は通じねえし、あっちの言葉もわかんねぇ』

男「……」

猫『なぁガキ。お前はこの事実を知って、おうおう、あの嬢ちゃんを放っておけるかい?』

男「…それはっ…」

猫『このままだと、死んじゃうんだぜ嬢ちゃん』

男「ッ……!」

猫『おまえが信じるか信じないか。それはおれにはどうでもいい、元からそうなるもんだって思ったからよ』

猫『あの嬢ちゃんが死ぬってのは、おれだけがしってる現実ってやつだからな』

男「だけど! 俺が……俺が知っちまったじゃねえか…っ」

猫『猫の言葉を聞いてただな。くっく、おいおい、人間様ってのはどうにもままならないなぁ』

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:06:42 ID:3oOJ5wNz0
猫『おい、ガキ。それでおまえさんはどうするんだい?』

男「どうするって、そりゃ…」

猫『このデブ猫いうことを、一から十まで信用すんのか?』

男「……」

猫『おれはどっちだって良いんだぜ。ただ、おまえには話が通じるから話しているだけなんだ』

男「…まずは俺が確かめる」

猫『お?』

男「確かにお前の言うとおり、たかが猫が言ってることだ。信用も出来ない」

男「…けれど、放っても置けない」

猫『ガハハ! さてはガキ、お人好しってやつだな?』

男「うっせ」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:10:53 ID:3oOJ5wNz0
猫『いやこの場合だと、お猫好しってやつか。こりゃまた面倒くせぇなぁ!』

男「…自殺だなんて、そう簡単に…ハイそうですかって聞き入れられるかよ」

猫『期待してるぜ。なんせ、おれの数少ない食事をくれる人間様なんだからよぉ』

男(…とんでもねえことに巻き込まれちまったな。俺がどうにか出来るのかって、そんなのわからん)

男(問題自体が俺に解決できるものなのか?)

男「…自殺か」

~~~

男(とりあえず放課後になったが、あの女の後をつけてみよう)すっ

女「……」スタスタ

男「…どう見ても俺、不審者だよな」

猫『だなぁ』

男「うおおっ!? ね、猫!?」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:13:49 ID:3oOJ5wNz0
猫『おぅ。さっきぶりだな!』

男「…なんだよ、付いてきたのか」

猫『おっちゃんは心配なんだよ。あんま頼りにならねえ奴に頼んじまったってな』

男「なんだその言い草は…」

猫『いいじゃん、ちょっとぐらい付き合わせろって。おっ? そうこういってるうちに、どっか行っちまったぜ?』

男「えっ? マジかよ! ……見失っちまっった…」

猫『ばかだなーおまえー』

男「うるせ! くそ、何処に言ったんだアイツ…」

猫『聞いてみればいいじゃね?』

男「…誰にだよ」

猫『ほれ。あそこに居る犬に』

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:18:16 ID:3oOJ5wNz0
男「犬にって…あの犬?」

犬『……』

猫『おう。あの人間さんに家畜のように飼われてる、哀れな生き物によぉ』

男「なんかペットに恨みでもあるのかよお前……だ、だけど聞いてみろってさ…」

犬『……』ぴく

男(…犬種は、ラブラドールって奴か)

男「あのよ、そこの犬……ちょっと俺の話し聞いてくれるか」

犬『ほぅ』

男「…なんだよ」

犬『人間。貴様の声がわかるぞ、音でもなく、音程でもなく、我と同じ仲間と同様に聞こえるぞ』

猫『なんだこのしゃべり方…』

男「そ、そっか。そんな人間も居るんだぜたまには…」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:23:24 ID:3oOJ5wNz0
犬『左様か。ならば聞くこととはなんだ、我の耳は遠い……出来れば大きな声で頼む』

男「お、おう。あのな、さっきここを通った女の子のことなんだが…」

猫『耳が遠いんじゃ、目も見えてないんじゃね?』

男「うっさいな、ちょっと黙っとけ」

犬『おなご、か。ふむ、見たといえば見たな。見てないとも言えぬが』

猫『あーだめだこりゃ。ボケちゃってるよ。おっちゃんでもわかる、このジジ犬もうだめだ』

男「……髪が真っ黒で、こう、ぼんやりしてる感じの子なんだが」

犬『ああ、なるほど。我にたまに菓子をくれる人間か!』

男「菓子?」

犬『うむ。しょっぱくて、辛くて、犬の我には少し塩分がきつすぎるのだがな…欲望には勝てん。甘じて食べておる』

猫『その気持わかるわー』

男(もうやだこの会話)

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:27:24 ID:3oOJ5wNz0
男「その女の子なんだが、えーっと、どこにいったか分かるか?」

犬『探しておるのか? なるほどな、では早めに見つけてくれ』

男「え、どうして?」

犬『我は犬だ。人間とは違って、また異なった観点で物事を見つめることが出来る』

猫『早く本題に移れよ』

男「だぁーもうお前は黙っとけよっ」

犬『その人間。悲しんでおるぞ』

男「えっ?」

犬『顔がいつも泣いておるのだ。我に菓子をくれる時も、くれぬ時も…』

犬『…この道を通るとき、おなごは何時も悲しんだ匂いを発しておる』

男「そんなの、わかる……もんなのか」

犬『我は犬なり。ただ、それだけはわかるのだ』

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:31:17 ID:3oOJ5wNz0
男「………」

猫『テキトーなこと言ってんじゃねぇぞアホ犬』

犬『我は本当のことを言ったまでだ』

男「…そっか、ありがとな」ポンポン

犬『お役に立てたのなら、幸いだ』

猫『立ってないよな。何処に向かったのか、これぽっちも教えてくれなかったよな』

犬『ぐーぐー』

猫『おぉいい!!』

男「……。今日はもういいや、また明日に探そう」

猫『そんなんで大丈夫なのかよ? 嬢ちゃん、ぽっくり逝っちまうぜ?』

男「だ、大丈夫だ。ちゃんと探すし、明日には……」

男「……明日には、ちゃんと頑張る」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:33:44 ID:3oOJ5wNz0
自宅

男「…悲しんだ顔している、か」

男(あの犬が言っていたこと、それに猫が言っていた…自殺の事)

男「はぁー……俺は、どうしたら良いんだよ……」

男(俺なんかが何か、出来るとでもいうのか? 自殺だぞ、自殺……)

カリカリカリカリ

男「…んな重い悩みなんて…俺にどうにか……ん?」

ネズミ『美味しいよぉ美味しいよぉ』

男「…なにやってんの、お前」

ネズミ『あー! にんげんさんだよ! にんげんさんにんげんさだよぉ!』

男「お、おう…お前、まさか妹が飼ってる奴か?」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:37:52 ID:3oOJ5wNz0
ネズミ『どうもだよ! 人間さん、どうもだよお!』

男「…逃げ出したのか」

ネズミ『逃げ出した? なにいっているの人間さん、ぼくはぼくで、生きてるだけだよ?』

男「ま、まあそう感じるよな…」

ネズミ『人間さん人間さん。どうもぼくを助けてくれて、ありがとだよ!』

男「助け? いや、俺は別になにも…」

ネズミ『ぼくの仲間は半分こ、それに散り散りになっちゃって、ぼくだけが残ったんだよ』

ネズミ『それを助けてくれたのは、人間さん。あなただよ?』

男「…妹に水槽とか餌を用意したのは俺だけどさ」

ネズミ『ありがとだよ! ぼく、あのおうち広くて落ち着かないけれど、とっても暖かくて居心地いいんだよ!』

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:41:38 ID:3oOJ5wNz0
男「…そっか」

ネズミ『人間さん。なにか困ってるの?』

男「えっ?」

ネズミ『困ってる顔をしてるんだよ。ぼくはそれがとっても気になるんだよ』

男「…ネズミのくせして、人の顔色伺えるのか」

ネズミ『ぼくたちネズミは、人間さんの顔色伺って行きていけるから!』

男(なんという事実)

ネズミ『それで、困ってるの? 困っちゃってるの?』

男「まぁな。だけどネズミに心配されるほど、やわじゃないぜ俺は」

ネズミ『そうなんだねぇ。人間さんは強いんだよ、かっこいいんだよ!』

男「おう。そうだぜ、だからお前も…あんま妹に心配させるな。脱走なんかするんじゃないぞ」すっ

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:44:27 ID:3oOJ5wNz0
ネズミ『妹? あのぼくに餌をくれる優しい人間さん?』

男「そうとも。俺に感謝するだけじゃなくって、アイツにも感謝しとけよ」

ネズミ『人間さんが言うならそうするよ! だから、人間さん! たまにぼくにかまってね!』とててっ

男「…わかった。じゃあ水槽に戻すぞ」

ネズミ『うんだよ!』

男「……」

男(動物ってのは、こうも簡単に……感謝っていうか、助けられたって思うんだな)

男「俺は別に大したことなんて、してないのに」

男「…………」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:46:55 ID:3oOJ5wNz0
男「動物か。人間だって、ネズミと同じ……動物なんだよな」

男「たかが言葉が通じないってだけで、たかが…会話ができないってだけで」

男「悩んでることも、考えてることも、人間とそう変わりない──」

男「───………」

男「そっか、会話か……」


次の日 昼休み


男「よお」

女「……」

男「ちょっといいか」

女「……」すっ

男「ま、待ってくれ!」がしっ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:50:45 ID:3oOJ5wNz0
女「……」

女「なに」

男「えっとだなぁ…その…唐突にすまん! ちょっと一緒にごはん食べようぜ!?」

女「……」

男「っ…っ…!」

女「いい」コクリ

男(あ、良いんだ…! よ、よかったぁ!)

~~~

男(屋上か…あれ? 確か一般生徒立入禁止じゃなかったか?)

女「もっくもっく」

男「お、おお……カレーかよ…学校でカレーかよ…」

女「……」コクリ

男「…美味しそうだな、いや、匂いがきつそうだけども」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:52:55 ID:3oOJ5wNz0
女「たべる?」

男「…少しだけ」

女「はい」すっ

男(えっ!? ちょ、直接!?)

女「たべないの?」

男「待ってくれ、ちょっと箸とか用意するから…!」

女「……」

男「お、お待たせ……じゃその頂きます…」

女「……」

男「美味しいな…」

女「そう」もぐもぐ

男(…待て! 確かに順調だが、なにかがおかしい! 乗せられるなペースを!)

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:55:43 ID:3oOJ5wNz0
男「そのよ、あのさ、女さん?」

女「なに」

男「……その、悩みとかある?」

女「?」

男(ぐぁー! もっと上手い聞き方ねぇーのかよ俺には!)

女「悩み?」

男「そ、そうだぜぇ…っ? なんか悩みとかないのかなーって、さ…」

女「……」

女「…教師も同じようなこと、聞いてきた」

男「え、あ、えっと…」

女「悩みがあるのかと、貴方と同じように」

男「…そっか、そうなのか」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 15:57:55 ID:3oOJ5wNz0
女「そんなこと聞いてどうするの?」

男「えっ!? いや、その~どうするんだろ…?」

女「…そんなことしって、どうするの」

男「ワカリマセン…」

女「わたしは別に、悩んでなんかいない」

男「………」

女「こんな私がいる理由が必要なの?」

男「えっ?」

女「悩んでなきゃ、闇を抱えてなきゃ、こんな私がいちゃ駄目なの?」

男「えっと……」

女「…………」

すっ

女「ごちそうさま」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:01:26 ID:3oOJ5wNz0
男「あ! も、もう食べちまったのか……!」

女「…」コクリ

すたすた

男「ちょ、待ってくれ! 女さん! 最後に1つだけ聞かせてくれ!」

女「……」

男「あの、そのっ……あんたは、えっと」

女「……」

男「…っ……ね、猫の…動物の声は聞こえたり出来るか!?」

女「……出来ない」

男「そ、そうか! やっぱりな!」

女「それがどうしたの?」

男「えっ!? えっと、あのっ! 実はだな! 俺は……俺は聞こえるんだ!!動物の声が!!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:04:13 ID:3oOJ5wNz0
女「動物の声が?」くるり

男「そ、そうだ! 聞こえちまうんだぜ!? どうだ凄くないか!?」

女「すごい」コクリ

男「だろ! だからさ、だからってなんだよ…そうじゃなくって…あの時の猫のこと覚えてるか!?」

女「デブ猫?」

男「そうデブ猫! その時、あの猫が言いやがったんだ…その、お前が……」

女「……」

男「……じ、じさ……」

女「……」

男「自殺…を……」

女「……」

男(は、はっきりと言え男! がんばれよ、ここで言わなくちゃ何時聞けるんだ!?)

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:07:22 ID:3oOJ5wNz0
男「ゴクリ……あの猫から聞いたんだ、お前がいつもやってることを……」

女「私が?」

男「お、おう。そのことを聞いて、俺は……お前に確かめたくなって、だな」

女「何を確かめるの」

男「……本当に、そのつもりがあるのかって」

女「……」

男「ほ、本当に……お前がその気があるのか、なんて聞きたくて」

女「…私には」

男「っ…」

女「──私には、ある。そのつもりが、あるの」

男「ッ…!じゃ、じゃあお前は…!」

女「私にはそうなる覚悟がある」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:10:35 ID:3oOJ5wNz0
男「そうなる覚悟って……ち、違うだろ!? んな馬鹿な話があるかよ!?」

女「どうして貴方が決めつけられるの?」

男「だ、だってそれは!」

女「悪いこと?」

男「当たり前だろ! 悪いことだなんて、んなこと聞かなくても分かることじゃねえか…!」

女「…私には悪いことだなんて、思わない」

女「新しい自分に生まれ変わること。それが大切なんだって、思うから」

男「新しい自分…!?」

女「…」コクリ

男「んなっ……んなこと、俺が許さねえ!」

女「っ…」びくぅ!

男「馬鹿言うんじゃねぇ! お前が考えてることはただのガキ以下の考え方だ!」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:14:52 ID:3oOJ5wNz0
男「そんなこと考えてるやつを放って置けるかよ! ああ、なんとでも思いやがれ! お人好しだよ俺は!」

女「な、なに…」

男「許さねえぞ、俺は絶対に…そんな簡単に無くしちまっていいもんなのかよ、テメーの命ってやつをよ!」

女「私は…ただ…」

男「俺はな、命を大切にしやがらねえ奴は大っ嫌いなんだ。どんなちいせえ命でも、頑張って生きてるんだよ、努力してんだよ!」

男「だけど現実はそう甘くないよなっ? 仕方なく殺しちまうことも、当たり前のように過ぎてくことも……簡単に見過ごせる!」

男「だけどっ……俺にはもう、安易に見過ごすことができなくなっちまってる…!」

女「……」

男「…お前が新しい自分ってのになりたいんなら、手伝ってやる」

女「えっ?」

がしっ

男「お前が望む限りのことをやってやる。だから、俺にまかせろ。というか任せてくれ!」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:18:04 ID:3oOJ5wNz0
女「なにを…」

男「俺にはお前の声が聞こえてるぞ」

女「っ…!」

男「…周りはどうだか知らねえ。けどな! こうやってお前と会話出来ている!」

男「なら、会話しようぜ…もっと楽しんで生きようぜ…なっ?」

女「……」

男「どうだ、どう思った? 俺の言葉は…お前に伝わってくれたか?」

女「…私は自由になりたかった」

男「おう」

女「こんな場所がいやで、生きているところが不便で、なにもかも…無くしたかった」

女「その願いを……貴方は叶えてくれるの?」

女「望んでも……いいの?」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:20:33 ID:3oOJ5wNz0
男「っ……お、おう! 頑張らせていただくぜ!?」

女「………」


女「──ありがと」にこっ


男「………お、おう…っ…」

女「…じゃあ貴方にだけ見せる」すっ

男「え、お、おう?」

女「これは誰にも見えたことはない事」

男(え、なんだ…マフラーを解いて…)

チャリ…

女「……見て」

男「………なんで首輪してんの?」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:23:10 ID:3oOJ5wNz0
女「最近買ったの。お小遣いをためて」

男「……え?」

女「他にもいっぱいある。素敵な配色のやつとか、あとはロープのやつとか」

男「え、え、待って、え、ちょ、なにそれ」

女「私はずっと動物になりかった」

男「────」

女「こんな人間世界が窮屈で、退屈で、つまらなくて」

女「──動物みたいに自由に暮らしたかった」

男「…なに、いってるんですか、女さん」

女「けれど、認めてもいいんだよね」

女「──あなたがそう言ってくれたから」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:24:48 ID:tbZ1LIU4i
あかん

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:26:04 ID:3oOJ5wNz0
男「………」

女「今晩九時に中央公園に来て」すっ

女「──首輪をつけて、待ってるから」ふりふり


きぃ パタン


男「………」

男「え、えー……」


~~~


猫『ぎゃーはっははははははは!!! な、なにそれ!? がははははは!!』

男「……何笑ってんだこの早とちりデブ猫!! お前のせいだなぁ!? お前の…!」

猫『なん、なんだそれ、マジかよ嬢ちゃん……こりゃたまげた根性持ってやがったわ…!』

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:30:27 ID:3oOJ5wNz0
男「じ、じじじ自殺も何も関係ねぇーじゃねえか!!」

猫『だなぁ、いやーよかったぜ。マジで、おっちゃんマジで安心したわ』

男「更なる問題が山積みだよこっちは!!」

猫『いーいじゃねえか。おいおい、めでたくペット購入おめでとう』

男「このっ…!」むぎゅっ

猫『ぎゃー! 急にしっぽつかむんじゃねー!』

男「はぁ…はぁ…で、でも……よかったのかこれで…?」

猫『ペロペロ…んあ?』

男「…確かに自殺じゃなくてよかったよ、お前が見てた首吊りってのも、その……首輪だったみたいだし」

猫『んだなぁ。しっかしまぁ、お前もよく頑張ったよ。嬢ちゃんもそうだが、ガキも大した根性じゃねえか』

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:33:56 ID:3oOJ5wNz0
男「……」

猫『それで、コンバンくじ? だったか? そんときどーんな格好で現れるんだろうなぁ、嬢ちゃんってば』

男「…うっ」

猫『裸だったりして』

男「や、やめろよ…そういうこと言うのやめろ…」

猫『だって動物になりたいんだろ? じゃあ服を着てるのおかしいじゃねーか、だろ?』

男「……」

猫『おーおー興奮しとるなぁー』

男「だぁーもう! ふざけるなよデブ猫!?」

猫『ふざけてねえって。猫さんも真面目に考えてるよ』

男「…ったく」

猫『んで、行くのか?』

男「行くよ。行くに決まってるだろ、あそこまでのこと言っちまったんだし…」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:36:49 ID:3oOJ5wNz0
猫『ガハハ、こりゃ面白くなってきたなぁガキ』

男「…こっちはちっとも面白く無い」

猫『いいじゃねえか。楽しもうぜ今をよぉ、だってよ、おれの声が聞こえなかったら…』

猫『…あの嬢ちゃんは、もっとヤバイやつに唆されていたのかもしれないんだぜ?』

男「うっ」

猫『猫のおれからみても分かるぜ。ああいった人間さんってやつは、脆いもんだ』

猫『どこぞの馬の骨とも知らねえ奴が…あの可愛らしい嬢ちゃんを飼っちまうこともありえた話だろう』

男「………」

猫『ここはひとつ、頑張ってみようとは思わねえかい。ガキよぉ』

男「…わ、わかった。頑張ってみる」

猫『おう、頑張れ』

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:42:48 ID:3oOJ5wNz0
中央公園 

男「っ…っ……」そわそわ

男(そ、そろそろ九時だよな。うん、時間は待ち合わせ通り…)

男「本当に、来るのか?」

女「来てる」

男「ぎゃー!!」

女「こんばんわ」コクリ

男「はぁっ…はぁっ…び、びっくりさせんじゃねえ!」

女「ごめんなさい」

男「いや、別にっ………いいんだが、その、えっと~」

女「とりあえず」

男「えっ?」

女「はい、リード」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:45:04 ID:3oOJ5wNz0
男「……」

女「……」シュルシュル…

男「あの、」

女「ここにつけて。この首輪に」くいっ

男「えっ!?」

女「はやく」

男「お、おおっ…」

カチャ

女「んっ」ぴくっ

男(なにこれ! はわわっ! なにこれ!?)

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:47:33 ID:3oOJ5wNz0
女「…どう?」

男「どう、って!? …その、びっくりです…!」

女「そう」

男(んー!? どうしたらいいの俺ってば!?)

女「さんぽ」

ちゃりちゃり…

女「いこっか?」

男「散歩ですか!? どこにですか!?」

女「…そこらへんを」

女「ぐるーってな感じで」

男「…あ、はい…」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:49:39 ID:3oOJ5wNz0
女「……」てくてく

男「……」すたすた


ちゃり ちゃり…


男(首輪をつなぐ金具の音が、夜の公園に鳴り響く…)

女「やっぱり」

男「な、なにっ? どうしたっ?」

女「…四つん這いになったほうがいいかな?」

男「えっ!? だ、だめだだめだ! それはだめだ!」

女「だって、動物っぽくない…」

男「そりゃー……そうだけども……」

女「よいしょ」

男「…本当にやるのか…っ?」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:51:54 ID:3oOJ5wNz0
女「うん」

すたすた…

男(なんだよこの光景…俺は何をしているんだ…俺は一体なにを彼女にさせているんだ…)

女「あ…」ぶるるっ

男「え、なにっ?」

女「……」

男「…な、なんですか?」

女「マーキングを…」

男「女子トイレに行って来ぉおおおおい!!!」

~~~~

男「はぁーあ……」

男(疲れた、疲れちゃったよ俺…たかが数分歩いただけでこの疲れよう…)

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:54:25 ID:3oOJ5wNz0
男「動物になりたいだなんて、何言ってんだあの子、いやマジで」

男(自由になりたいって、窮屈だから、退屈だからって…)

男「…だから動物になりたいって、思えるかフツー?」

女「ただいま」

男「お、おう。ちゃんと手を洗ったか」

女「ううん」フルフル

男「…なんでだよ」

女「どうせ四つん這いになるし、汚れるから」

男「なるほど。って、違う!」

女「……動物は手を洗わない」ブッスー

男「そりゃそうだけども!」

女「……手伝ってくれるんじゃなかったの」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 16:57:27 ID:3oOJ5wNz0
男「ま、まあそう言ったけどさ」

女「じゃあどうしてこうじゃない、ああじゃない、なんて言うの」

男「……だって」

女「私は動物になりたいの」

女「…動物になって、自由に生きたい。だからこうやってなる準備をしている」

男「…思うんだけど、でも、これって動物じゃなくってペットの練習じゃ…」

女「えっ」

男「と、思ったんだけど。準備運動的には成功してると思う、大丈夫だ!」

女「…そっか」

男(よからぬ助言をしてしまうところだった!)

女「…何時になったら私は動物になることができるんだろう」

男「…。あのさ、どうして動物に……そんなにもなりたいんだよ、お前って」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:02:02 ID:3oOJ5wNz0
女「自由になりたいから」

男「その自由って……なんなんだ? 動物になれば、ちゃんと自由になれるのか?」

女「…なれると、おもう」

男「自信なさ気だなぁ。いやま、自信あっても困るけど」

女「……」

男「俺もさ自由になったらいいなって、思うよ。あんなことも出来るんじゃないかって、いっぱい遊べるんじゃないかって」

男「でも…お前が考えてる自由ってのは、よくわからん。元々何考えてんだが、よくわからないし」

女「…私はつまらない」

男「…」

女「こんな私はつまらない。こんな世界で生きていくのに、なにも出来ない」

男(見方によっちゃ、面白いんだけどな。十分)

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:05:20 ID:3oOJ5wNz0
女「だから動物になるの。こうやって、首輪をつけて」

女「私は私で無くなる。人として完璧じゃ、なくなる」

男「人として?」

女「あなたはどう思う? 人は完璧だって、思う?」

男「…難しい質問だな」

女「私は思わない。人は完璧であろうと努力するけど、私は絶対に叶わないと思ってる」

女「──何処かで自分の弱さを忘れてない限り」

男「…なんかあんのか、色々と」

女「……」

男「はぁーあ、わっかんねーよ俺には……ちっともわからん」

男「けどさ、単純に悩みがあるんならそれは───」


グルルルルル


男「っ…なんだ…?」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:08:41 ID:3oOJ5wNz0
野犬『おい、こっちに人間がいるぜ…』

野犬『マジかよ、こんな時間にいるなんてなぁ…』

男「なんだこいつら…」

女「っ…」ぎゅうううっ

男「心配すんな。大丈夫だって…」

女「こ、怖い」


野犬『どうする? 人間だぜ、返り討ちにあったら…』

野犬『こっちは十匹以上いるんだぜ? 大丈夫だろ、平気平気』


男「十匹以上居るのか…」

女「じゅう…ひき…っ?」

男「ああ、みたいだな…どうも俺達の事狙ってるみたいだ」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:11:35 ID:3oOJ5wNz0
女「うそ…」ぎゅっ

男「なんだやけに俺冷静だな、声が聞えるからか? いや、待て! 女さん…掴んでる所申し訳ないんだが…!」

女「…?」

男「えっと、その! やけに腕に露骨な感触といいますかっ……えっと、コートの下……」

女「なにもきてないけど?」

男「馬鹿がお前は!!」


野犬『な、なんだ!? 声が聞こえたぞ!?』

野犬『に、人間の言葉分かるぞ!? なんだなんだ!?』


男「や、やべっ…興奮させちまったかっ?」

女「…興奮してるの?」

男「ああ、そうみたいだ…やべぇなどうする…!」

女「…」ドキドキ

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:15:08 ID:3oOJ5wNz0
男(俺にできることなんて、たかが動物の声が聞えるだけだしな…!)

女「興奮…どうして…私が着てないから…」

男「くそっ…仕方ねぇ…」

男「おい、ちょっと聞いてくれ」


野犬『なんだ、話しかけてきたぞ』

野犬『なんだなんだ』


女「…?」

男「あのよ、そんな張り切ってもらっても困るんだ」

男「こっちは大した準備も揃ってない。明日にまた良いもん持ってきてやるからさ、ここは一つ見逃してくれないか」

野犬『見逃す? ははっ、馬鹿言うんじゃねーよ』

野犬『こっちは腹が減ってしかたねーんだぜ』

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:19:14 ID:3oOJ5wNz0
女「見逃す…私の身体が見たいって、こと…?」

男「ちっ、まともにわかってくれねーことはわかってんよ」

女「だ、だって……そんなこと急に言われても……」

野犬『もうやっちまおうぜ! 腹が減った!』

野犬『そうだそうだ! やっちまおうぜ!!』

男「……仕方ねえな」

男(これはあんまり出したくなかったんだが……もうやるしかねえ!!)

男「じゃあこれでも──喰らえ!!!」

ブン!!

野犬『な、なんだ!? なにか投げてきたぞ!?』

野犬『これ…ドックフードだ! 美味しいやつだよ兄貴!!』

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:23:33 ID:3oOJ5wNz0
男「これでも食ってろ野犬共!! たんまり持ってきてあるぜ!? 頂けいやしんぼめ!!」

野犬『やべぇええええうめぇええよこれぇえええええ』

野犬『おいしぃよぉ……あにきっ…生まれてきてよかったなぁ……っ』

男(今回の為に、なにか必要になるかと想って買ってた奴…なんだけど、まさかこう役に立つとは)

男(……あんまりしたくねんだよ、無責任っていうか、野生の動物に餌やるのって、好きじゃないんだよ)

男「いいか、お前らよく聞け。確かに野生で生きるのは辛いことだ、大変なことだ!」

男「だけどな、こうやって人様に迷惑かけるのはやっちゃ行けねぇーことだ! わかるか!?」

野犬『すまねぇあんちゃん! 俺等が間違ってた!』

野犬『人間ってやつも、悪い奴ばっかじゃねーんだな!』

男「それは違う!」

野犬『えっ…?』

男「お前らの考えは間違ってない。人間は悪い奴ばっかりだ、俺も悪いやつだ!!」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:27:15 ID:3oOJ5wNz0
男「お前らは生きていくのに餌を求める。明日は喰えないかもしれない、だけど今回食えたのは俺のおかげだ!」

男「だけどな……だけど、それは今日だけだ。お前らにあげられるのは、今日だけなんだ」

男「そんな奴はいいやつとは言わねえんだよ…」

野犬『あんちゃん…』

野犬『…いや、間違っちゃいねえ。俺らは生きていくのに飯を食う。だけど、あんちゃんは今日だけだ』

男「……」

野犬『だけど…いいじゃねえか』

男「えっ?」

野犬『今日は食えた。明日はわからねえ、けどな、今日は生きれたんだ。餌を食えて』

野犬『そんとき一瞬を生きられたのは、あんちゃん。あんたのおかげだぜ!』

男「お前ら……」

野犬『ありがとよあんちゃん! また暇があったら餌持ってきてくれ!』

野犬『おう! 今度娘に合わせてやっからよ!!』

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:32:59 ID:3oOJ5wNz0
男「………」

男「…なんだよ、以外にいい奴らだったじゃねえか」

女「…あの」

男「おおうっ!? あ……えっとだなぁ!」

女「私が今日も生きられたのは…」

男「え?」

女「…あなたのおかげ?」

男「んっ!?」

男(なんだこの感じ……まさか女さんに言ったと思われてるのかっ?)

男「そ、そうだぜ!」

男(乗るっきゃ無い! この流れに!)

女「……」

男「お前は動物になりたいのかもしれない、けどな、俺にも…限界はある」

女「うん…」

男「…お前がどれだけ動物として生きたいのかはわからん。けどな、野生で生きるのは難しいことなんだ」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:36:48 ID:3oOJ5wNz0
女「人に頼ってちゃ、ダメ」

男「そ、そうだ! 頼り続けてちゃ、なにも変わりはしねえんだ!」

男「まずは自分でよーく考えるんだ! 何をすればいいのか、何をどうすれば答えを見つけられるのか!」

男「…だけど迷ったら俺に頼ってくれ。できる限り、俺に出来ることならやるからよ」

女「……」

ひょい

女「…うん」ぱくり

男「なぜドックフードを食う…」

女「私はこの味を忘れない。あなたの言葉も忘れない」

女「こんなにも私のことを真面目に考えてくれた、あなたのことを」

男「……」

女「がんばる、がばらせて…私に」

男「おう、頑張れ!」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:49:20 ID:3oOJ5wNz0
~~~

男「…今日はもう帰ろう」

女「うん」

男「あと、それと、あんまその格好……するなよな、風邪引くぞ」

女「え、あ、うんっ」

男「どうした?」

女「…興奮させちゃうから、だよね」

男「?」

女「やっぱり、ご主人様って呼んだほうがいいの?」

男「何を言ってんの女さん!?」


~~~

猫『いやぁーあのガキも頑張るねぇ』

猫『くっく、色々と問題はありそうなもんだけど……やっぱ運命ってのは残酷だぜ』

しゅた

猫『──はてさて、これからどうなるのかな』

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:53:46 ID:3oOJ5wNz0
~~

女「…ただいま」ガチャ

姉「……」

女「あ…」

姉「何処に行ってたの」

女「…か、買い物に」

姉「こんな時間に買い物?」

女「……」

姉「嘘言ってるとお母さんに言いつけるけど」

女「だ、だめっ」

姉「……ねぇアンタ」

女「っ……」

姉「わかってんの。本当に、アンタが何をどう考えてるのかは知らないわよ」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 17:57:48 ID:3oOJ5wNz0
姉「だけどね、お母さんを困らせるようなことさせないでよ」

女「……」

姉「アンタは期待されてるの。アタシと違って、出来損ないのアタシとは違って…ね」

女「…そんなこと」

姉「そんなこと? 今、そんなこととか言った!?」

女「ひっ…あっ……うっ……」

姉「アンタは何も分かってないわよッ! 何もかも優遇されてるクセに! それなのにッ!!」

女「ごめ、ごめんな……さい…」

姉「チッ…もう早く戻りなさい…ッ…」

女「………」

~~~

女「……私はただ自由になりたいだけなのに」

女(お母さんのことも。お姉ちゃんのことも、全部全部私に関係のないことなのに…)

「にゃーん」

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:00:29 ID:3oOJ5wNz0
女「あ…デブ猫さん…」

猫「にゃーん」

女「…あなたは良いね。自由で、こうやって夜でも歩き回れる」

女「誰にも邪魔されずに、一人で頑張って生きれる」

猫「ゴロロロロ」

女「………私は…」

ちゃり

女「何時自由になれるんだろう…」

猫「………」


~~~~


男「なぁネズミよぉ」

ネズミ『なんですか人間さん!』

男「…お前は何時からネズミなんだ」

ネズミ『最近は妹さんにピーナッツ呼ばれてますが!』

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:04:59 ID:3oOJ5wNz0
男「変な名前だな…」

ネズミ『気に入ってるよ! ぼく、名前だなんて素敵だと思うよ!』

男「そっか」

ネズミ『えっと、何時からネズミでしたかって…ですよね!』

ネズミ『気づいたらネズミだよ! 気づいたら餌だけをかんがえてて、あとはメスのことだけだよ!』

男「流石ネズミ…」

ネズミ『えへへ』

男「…そっかでも、気づいたらネズミなんだよな」

男(俺らだって気づいたら人間なんだ。そうやって十数年生きてきて、今でもこうやって人間のままなんだよな)

男(今更、人間から動物に変わることなんて無理なんだ。そんなの、どんなに望んだって叶うはずがない)

男「そんな当たり前なことを、気づかせないとな。アイツにも…」

男「…わかりたくないって思ってるかもだけどな」

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:08:17 ID:3oOJ5wNz0
次の日 昼休み

男「やっぱここにいたか」

女「あ…」

男「よお昨日ぶりだな」

女「…」コクリ

男「隣で食べてもいいか」

女「うん」

男「……なぁ女さん、やっぱ今でも変わんねえか」

女「?」

男「その動物になりたいっての。自由になりたいなら、動物になるってのさ」

女「…どうしてそんなこと聞くの」

男「……変えてやりたいなって、思って」

女「え?」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:12:29 ID:3oOJ5wNz0
男「もっと色んなこと…考えさてやりたいなって、よ」

女「……」

男「よくわかんねえけどさ、こう一つのことだけを考えるのって疲れないか?」

男「これだけが答え、みたいな。そんな風に単純に考えてると、周りが見えてないっていうか…」

女「…だって動物は自由だから」

男「ま、そうだけども。もっと色んな自由があるって思うんだよ」

女「例えば?」

男「うーん、そうだなぁ。単純に言えば、友達作るとか」

女「…友達?」

男「おうよ。友達だ友達、そうすれば多方に見方が変わると思うんだ」

男「好きな生き方とか、なってみたい職業とか。結構面白いもんだぜ、他人と関わるもの」

女「……」

男「つまり、俺が言いたいのはよ。お前だけの考えで、そうやって答えを見つけるのは駄目じゃねえのかって…」

男「…俺は思うんだ」

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:15:42 ID:3oOJ5wNz0
女「……」

男「昨日も言ったけど、やっぱその手段として…俺も手伝ってやろうかなって」

女「…今の私は駄目だってこと?」

男「駄目ってことはねえと思うけど……良くはないだろ?」

女「……」

男「動物になりたいって。人間の中ではおかしなことじゃねえか、駄目なことじゃねえか」

女「……おかしいこと」

男「…おう」

女「私が動物になりたいって、思うことはだめなこと…」

男「……」

女「じゃあ何時私は自由になれるの?」

男「それを探すんじゃねえか。一緒に」

女「だから何時」

男「…それはちょっとわからん。見つけるにも時間はかかるだろうし」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:18:13 ID:3oOJ5wNz0
女「それじゃあ……遅い、だめ」

男「駄目って…」

女「私は早く自由になりたい。こんな生活が嫌で、退屈で、だから動物になろうと決めた」

女「…それが悪いことだなんて、思わない」

男「っ…でもよ! それじゃあお前は何時…!」

がたた!

女「もう戻る」

すたすた

男「お、おいって! 最後まで聞いてくれ! お前はなんでそうも……!!」


バタン!


男「…っ……なんでお前は…」

男「それを…悩みとして受け入れてないんだよ…」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:24:10 ID:3oOJ5wNz0
~~~

犬『おお、どうした人間』

男「おう、ご相談にきたぜ犬さん…」

犬『我が人間に助言できることなどあるかな』

男「…俺よりは年食ってるだろ?」

犬『フッフッフ、確かにな』

男「なぁ犬さん。俺はどうしたらいい、意固地になってる奴に、どうやって言い聞かせたらいいんだ」

犬『…時には頑固なまでに自分を正義だと決めつける輩がいる』

男「おう…」

犬『それが生き方であったり、それが死に様であったりと。まぁ色々とある』

犬『しかしだ、それが本当に正しいのかと判断できるのは……自分ではない、他犬だ』

男「…そんなもんか」

犬『そのようなものだ。逆を言えば、幾らか武勇伝と語られようとも、惨めな死に方であれば惨めなままだ』

犬『ようは決め付けることなど出来ぬということだ。心のもちようであり、単純に割り切れぬものが……そうやって悩み続ける』

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:33:23 ID:3oOJ5wNz0
男「割り切れない奴が…」

犬『左様』。

男「じゃあさ、自分でその悩みってのが……悩みだと判断ついてない奴はどうしたらいいんだ?」

犬『つまり?』

男「それが当たり前だって思ってる奴。例えば、自分が変わらなくちゃって当たり前に思ってる奴」

犬『つまるところ、悩みを放棄している輩だな。…わからせないとダメだ』

男「わからせるって、なにをだよ?」

犬『世界だ』

男「…世界?」

犬『井の中の蛙。己の世界がここまでだと決めつけている輩には、見せつけねばならぬ』

犬『──多大なる世界の大きさを。我とて見ることが出来なかった、世界の広さを』

男「……」

犬『悩みを当然だと思っている輩は。小さな世界でしか物事を見てしかおらん』

犬『…わからせてやるのだ、その価値観の違いを』

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:37:59 ID:ih+LUel60
~~~~

男「壮大すぎて意味がわからないかった…」

男(だが、なんとなく…わかったきがする。やっぱりアイツは小さいんだ)

男(一つのことしか考えてない。それを否定してくれる人間が、今の今まで居なかったんだ)

男「…それを俺ができたら良いんだけどな」

男「あーあ、なにをそんなに…頑張っちゃってるのかねぇ俺ってば」

男「……好きなのか、俺って」

男「えー!? うそうそ! そ、そんなわけ……えー? マジかよ…!?」

男(確かに顔は可愛いけどさ、だけど何考えてるのかわかんねぇしさ、でもでも!)

男「う~ん……」

『な…なにをそんなに……げほっごほっ…考えてるんだ…ガキ…』

男「うぉおお!? な、ななな! なんでもねえよ!」

猫『ああ、そうかい…いてて…』

男「って猫!? ど、どうしたお前!?」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:42:24 ID:ih+LUel60
猫『ざまーねぇな…くっく…若いころなら、ひょい避けれたものを…!』

男「ま、まさか交通事故に…!?」

猫『いや、違う。おたまが頭にな…』

男「は? …おたま?」

猫『ああ、あのご飯におみそしるかけるとき…使う…奴だ…』

男「なんだ心配してそんした」

猫『おおぉおおい! けっこう重症なんだぜこっちは!?』

男「んだよ…」

猫『人間さんと猫様を同一に考えるんじゃねえってことだ! おれにとっちゃ、残り少ない寿命を減らされた気分なんだぜ!』

男「そうですか」

猫『…まぁいいよ、それよりも、そんなことよりもガキ…こっちが本題だ、心して聞け』

男「どうした?」

猫『──嬢ちゃんが、家出した。しかも全裸で』

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:48:11 ID:ih+LUel60
~~~

男「アイツッ…何処に行ったんだよ…!!」

男(馬鹿じゃねえのかオイ! ぜ、全裸って……それだけで捕まっちまうぞ!!)

だだだだだだ


回想


猫『今日のことだ。おれがいつも通り夕方過ぎに飯を貰いに行った所…見つかっちまってな』

猫『あの嬢ちゃんの姉ちゃんだと思う。そいつに叫ばれてしまってよ、こっちもびっくりしちまって』

猫『思わず駆け回っちまったんだ。それから……』

男「それから…?」

猫『多分、風呂あがりだったんだろうな。嬢ちゃんがおれの姿を見て駆けつけてきて』

猫『庇おうとシてくれたんだと思う。けど、姉ちゃんが投げたおたまが…ゴッツーン! あたっちまってな』

猫『それが大層、ショックだったみたいださ。嬢ちゃん、なんか姉ちゃんに叫んで…コート羽織って出て行っちまった』

男「っ……とりあえず、なにも着てないってことはないんだなっ?」

猫『心配するところはそこじゃねえだろガキ』

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:52:03 ID:ih+LUel60
回想終わり

男「本当になにやってんだっ…」

男(だけど俺が探して、見つけて、どうするんだ?)

男「っ……考えても仕方ねぇよ! 探すしかねえ!」


中央公園 夜


女「はぁ…はぁ…」

女「もうっ……やだ、やだやだ…こんなのやだよ…っ」

女「どうして…皆同じことしか言ってくれないの…私を否定するの…!」

女「私はただ自由になりたいだけなのに…全てが嫌で…だから…!」


「見つけたわよッ」


女「っ……!」

姉「帰るわよッ! はやく!」ぐいっ

女「や、やだ! 離して…!」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:54:54 ID:ih+LUel60
姉「わがまま言うな! アンタはどうしてアタシを困らせるようなことばっかりするのよッ!」

女「私は…ただ…!」

姉「アンタはねぇ! お母さんとアタシのいうことを聞いてれば、それだけでいいの!!」

女「っ…っ…!」

姉「アンタは期待されてるじゃないッ! どうしてそれに答えようとしないのよッ!」

女「私は……私で、やりたいことがあるの…っ!」

姉「はぁ?」

女「だから、私は……言うこと聞きたく、ない……の」

姉「……あっそ」

ぱっ

姉「あのさアンタ。アンタって、友達の一人も居ないでしょ」

女「……!」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 18:59:16 ID:ih+LUel60
姉「わかるよアンタそれっぽいもん。一人で、自分だけで物事を考えてる」

女「……」

姉「笑えるわ。人っ子一人友達もできないで……やりたいことやる?」

姉「そんな度胸もねーくせして、なにいっちょまえに語ってんだよ!!」

女「っ……だって、だって…!」

姉「だってもクソもねえ! アンタは未熟なのよっ……なーんもかんも、人で出来ない馬鹿な子なのよ!」

姉「だけどねぇ、アンタは期待されてるじゃない! 一人で何も出来ないくせに! だけど期待だけはされてる!」

姉「…ほんっと……ムカつくのよ…!」ぐいっ

女「きゃあ!?」

姉「アンタは何も変われない」

女「あ…」

姉「アンタはずっとそのままよ、ずっとずっと…お母さんとアタシに飼われ続ける、ペットなのよ!!」

女「ペット……?」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:03:51 ID:ih+LUel60
姉「そう、ペット。優秀なペット。世間様に見せつけるだけの……可愛い可愛いペット」

女「………」

姉「今回のことお母さんに伝えるから。それと、あの野良猫のこともね」

女「だ、だめ…」

姉「なにか文句あるわけ」

女「……な、ないです……」

姉「そうよね。あるわけないものね、アンタが…ご主人に歯向かうことなんて出来るわけ無いものね」

女「……っ……」

姉「さっさと帰るわよ」

女「………」


(──私はペット。そうだったんだ、動物になりたいって思ってたのに)

(──もうずっと前から動物だったんだ。飼われて、順応に慕うペットだったんだ)

(──そっか、そうだったんだ。望まなくても、私は動物だった。自由になれない、ただペット)

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:07:30 ID:ih+LUel60
女「私は──ただのペット……」


にゃーん…


女「……っ?」

女「猫…さん…?」

猫「ごろろ」

女「どうしてここに…」


姉「──な、なによこれ…ッ!」

女「えっ?」


猫「にゃおーん!」



カーカー!! カー!! 

チュウチュウ!! わんわん!! 

ぐるるるるる!! にゃーん!!

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:11:31 ID:ih+LUel60
猫「にゃおーん」

女「なにこれ…周りに動物が…」

姉「ち、近寄るんじゃないわよ!!」


グルルルル!!


姉「ひいいっ!」


ニャンニャンバウングルルルカァカァニャンチュウ
ニャンニャンバウングルルルカァカァニャンチュウ
ニャンニャンバウングルルルカァカァニャンチュウ
ニャンニャンバウングルルルカァカァニャンチュウ
ニャンニャンバウングルルルカァカァニャンチュウ


女「これは…」

野犬『わぉーん!!』


「…ありがとな、探してくれ」

じゃり…

「やっと見つけることが出来た。ああ、本当に」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:16:22 ID:ih+LUel60
女「あ……この声は……」

「探したんだぞ女さん」

猫「にゃあ」

「…お前もありがとな」ナデナデ

姉「あ、アンタ誰よ…!!」

「俺? 俺は……そうだな、こう言っておくか」


男「──そいつの飼い主さんだ!」


女「…え…」

男「離してもらおうか、その手を。俺はそいつにリードを付けに来たんだ」チャリ

姉「は、はぁ? あんた馬鹿なんじゃ──」


野犬『ワンワン!!』

野犬『グルルルルル』

姉「ひっ」

男「やめろお前ら。そいつは敵じゃない」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:19:03 ID:ih+LUel60
野犬『きゅーん』

野犬『へっへっ…』

姉「…!?」

男「大事な奴のお姉さんだ。お前らにも兄妹はいるだろ?」

野犬『ワゥーン!』

カラス『かぁ~! カァー!』

男「…はっは、多すぎてわからねえってか」

姉「に、逃げるわよ…!」

女「えっ…」

姉「はやく! 急いで!」ぐいっ

男「……塞いでくれ」すっ


チューチューチュー


姉「きゃあ!? ね、ネズミがいっぱい……!?」

男「ありがとなピーナッツ。あとで沢山あげるからよ」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:23:50 ID:ih+LUel60
姉(な、なんなのよコイツ…!? 突然暗闇から動物を引き連れて…!?)

姉「あ、あんた…!」

男「誤解しないでくれ。ただ、俺はそいつに話があっただけだから」

女「……え」

男「なぁ女さん」

女「あ、うん…!」

男「俺はもっと色んな世界を見て欲しい」

女「…世界…?」

男「ああ、そうだぜ。お前はもっと見るべきだ、小さい世界であがくんじゃなくって、もっと広い世界に踏み出すべきだ!」

男「──世界にはもっと凄いことがあるぜ?」

女「でも、そんなこと…」

男「わからない、か? くっく、なら見えてやるよ。その世界の広さの──断片ってやつを!」

男「さあお前ら!! 今日も生き抜くためにも! 踊れ! 歌え!!」

男「──今夜はパーッと餌をくれてやるぜ!!」

187: 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:15) 2013/11/20 19:28:47 ID:q/e0e0O10
男さん…///

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:32:37 ID:kAXUtXg/i
男KAKEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:34:19 ID:ih+LUel60
パラパラパラ…

女「……───」

薄暗い公園。
灯となるのは小さい街頭が一つだけで。
その地面に伸びる光の中を、きらめくドックフードが──視界に降り注いだ。


男「にゃー! にゃー!」

猫『ガハハハ! あまぎぃいいいいごぇえええええええええ!!』

カラス『パイ、パパパイ、パイパイパイパイ間違いない!』

野犬『加えるマイセン!』

野犬『マイハ────トッ!!!』

多くの影が賑やかに歌い、踊り、統率の取れてない声が鳴り響く。
時折走り回り、または羽ばたきながら、それでも声は鳴り止まない。


男「さあ歌え女さん!!」

女「っ……」

男「お前は見ている世界はおおきいぞ!!」

──そんな陽気な雰囲気に、私は自然に、

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:37:59 ID:ih+LUel60
女「にゃあ…ぐす…♪」

男「…うん!」

女「にゃあ…にゃあ…わんわん…!」

女「──わぅーん!」


カラス『おー? 上手いじゃん姉ちゃん、すっげーじゃん?』

野犬『いやー歌うって久しぶりすぎて疲れるぜ!』

野犬『だなぁ兄貴! ドックフードも最高だぜ!』

猫『…猫にはドックフードはいらんぞガキ』

男「いーじゃねえか。食ってみろ」

猫『ハン。別に食いたかないね、それよりも嬢ちゃんから貰うねこまんまのほうが最高だ』

男「……」

猫『なぁガキ。あの嬢ちゃんの声、おまえには聞こえるか?』

男「ああ、聞こえるよ」

猫『…がはは、そだよなぁ。なんせ動物の声だもんなぁ』

男「……」

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:41:57 ID:ih+LUel60
女「ひっぐ…ぐしゅっ…えへへ……にゃーん!」

男「俺には聞こえてるよ。ちゃんとな、アイツの声も……本音も聞こえてる」

猫『そうかい。ならよしだ、うんうん』

男「…今はこの流れに乗ろうぜデブ猫」

猫『しょうがない。おれの十八番の歌、きかせてやんよガキ!』


姉「………」

女「……お姉ちゃん」

姉「あ、あんた……それにこれって……」

女「お姉ちゃんの言うとおりだった。私はただ、自分の中でしか考えられてなかった」

姉「……」

女「こんなにも世界は凄いのに…私は小さな世界だけで、落ち込んでたんだね」

女「だから言わせて、あのね、お姉ちゃん」

女「──私は私の世界で生きるの。だから、お姉ちゃんやお母さんの」

女「ペットなんかじゃない」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:44:45 ID:ih+LUel60
姉「っ………!」

女「だからね、お姉ちゃんも…」すっ

姉「え…」

女「もっと見ようよ。色んな世界を!」

姉「ま、待って…私猫アレルギーで…」

女「…探しに来てくれて、ありがと」

姉「あ……うん……」

猫『なんだこの姉ちゃん。おれのこと見つめて、好きなのかぁ? ぅーん?』

姉「ぎぁああああ! 猫ぉおおおおお!!」

猫『がははは!』

男「お。以外に行けるじゃねえかドックフード…」

野犬『だろあんちゃん!』

野犬『イケるだろ!?』

女「…ふふふ、本当に凄いなぁ…」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:47:38 ID:ih+LUel60
次の日 昼休み 屋上

女「昨日はごめんなさい」

男「ああ、本当だぜ」

女「…心配かけて」

男「おう。もうあんなことするんじゃないぞ、まったく」

女「……」

男「それで、そのなんだ。色々と片付いたのか?」

女「うんっ」

男「…そっか」

女「頑張った、と思ってるよ。今まで思ってたこと全部言ったんだ」

男「おう」

女「そしたらね、ごめんなさい。だって、あなたにそんな風に思わせてたなんて…言ってた」

男「…良かったじゃねえか」

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:50:37 ID:ih+LUel60
女「…うん」

男「けっこう世界……広がったか?」

女「…広がったよ、あなたのおかげで。色んなことが見えた」

男「そっか、そりゃ良かった」

女「本当に動物の声が聞えるんだね」

男「え? あ、うん…そうだな、理由はわからないんだけども」

女「……」

男「…ま、そのうちわかっていくさ。世界はなんせ広いんだからよ!」

女「……」シュルシュル

男(お。今俺ってかっこいいこと言った? ウフフ)

女「……」チャリ

男「……ん?」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:53:08 ID:ih+LUel60
女「……」チラ

男「あの、女さん? えっとどうして…」

女「…にゃん」

男「へっ?」

女「今、なんて言ったかわかるよね?」

男「……」

女「えへへ」によによ

男「いや、だって、その首輪……」

女「わんわん」すっ

男「なんでリード渡すんですか!?」

女「わぅん?」コテン

男「おっ…おおっ…?」

女「……」じぃー

男(なんだよその目! なにも変わってないんじゃ、だけど、なんとなく分かる──)

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:55:10 ID:ih+LUel60
女「にゃぉーん」

男「っ……」

カチャ

女「…私はあなたのペットです」

男「うっ!?」

女「いっぱいいっぱい世界を……見せて、にゃん?」

男「……が、頑張る!」



猫『おーおー、頑張るねぇガキ』

猫『くっく、こりゃまた色々と──』



『──運命様ってのもいたずら好きなもんだ』

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:55:46 ID:ih+LUel60
ということでおわり
ご支援ありがとわんわん


質問あったら訊く
なかったら落としてくれたら

ではではノシ

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 19:59:14 ID:XU3RevTz0
にゃあ
いい話だった
おつ

224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 20:14:35 ID:LpPn0zKR0
楽しませてもらいました!
ありがとうございます!

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 20:16:35 ID:2qam8vHxi
おつおつ
おもしろかった

獣医ドリトル 1 ビッグコミックス

新品価格
¥530から
(2013/11/21 05:12時点)


引用元: 男「最近、変な声が聞こえるんだけど」

[ 2013年11月22日 01:00 ] [オリジナル]男・女 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。