ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]進撃の巨人 >  クリスタ「私達」ベルトルト「良いことし隊!」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスタ「私達」ベルトルト「良いことし隊!」

※若干シリアス注意

1: じょうじ 2013/11/11(月) 20:07:44 ID:hfuwO8EQ

ベルトルト「僕達」クリスタ「良いことし隊!」の続編です

ベルトルトとクリスタが『良いこと』をするお話です
キャラ崩壊注意です

2: じょうじ 2013/11/11(月) 20:08:57 ID:hfuwO8EQ

スタスタ

ベルトルト「…ん?あれは…クリスタか」チラ

ヨイショ  ヨイショ

ベルトルト(一人で水汲みしてるけど、このパターンだと…)


クリスタ「あっ!」ガッ

バタンッ! バシャアァァ


ベルトルト「はぁ……そうなるよね」


クリスタ「…また、ドジしちゃった」シュン

ベルトルト「やあ、三回目だね」ヨイショ


クリスタ、コニー、進撃


3: じょうじ 2013/11/11(月) 20:10:19 ID:hfuwO8EQ

クリスタ「ベルトルト!?…何かごめんね いつもベルトルトに迷惑かけて」

ベルトルト「気にしなくていいよ それに元隊長が困っていたら隊員が助けるのは当たり前でしょ?」

クリスタ「隊長……気に入ってたのになぁ」

ベルトルト「訓練中に僕に隊長って呼ばせたクリスタが悪いんでしょ?そのせいで教官に怒られたし」

クリスタ「ごめんね…」シュン

ベルトルト「いや、クリスタを責めてるわけじゃないよ」アセアセ

クリスタ「でも、私のせいで隊長が使えなくなっちゃったし、ベルトルトも悲しいでしょ?」

ベルトルト(僕はむしろ嬉しいんだけど…)

4: じょうじ 2013/11/11(月) 20:10:56 ID:hfuwO8EQ

コマッタナ…


クリスタ「!」ピコーン!

クリスタ「何処かから私を呼ぶ声がする!」

ベルトルト「いや、あそこにいるマルコが言ってたし、クリスタは呼んでなかったよ?」

クリスタ「そうね、間違っちゃったみたい……私達『良いことし隊』を呼ぶ声がする!!」

ベルトルト「………うん、そうだね 僕にもそう聞こえたよ」

マルコ「ベルトルトも結構、開き直ってるね」

クリスタ「マルコ!?いつの間に!?」

マルコ「あんな大きな声で喋ってたら、誰でも気づくよ それより、僕も水汲み手伝うよ」

クリスタ「え!?そんな悪いよ!」アセアセ

ベルトルト「ほら、またクリスタの悪いクセだよ こういう時は素直に手伝ってもらうんだよ」

クリスタ「…うん!ありがとね、マルコ」ニコ

マルコ(この笑顔、癒されるなぁ)

5: じょうじ 2013/11/11(月) 20:11:48 ID:hfuwO8EQ

ヨイショ ヨイショ

ベルトルト「ふぅー…これで最後だね」ザアァァ

マルコ「やっぱり三人だと早く終わるなぁ」

クリスタ「マルコにベルトルト、本当に手伝ってくれてありがとね」

マルコ「困った時はお互い様でしょ?」

ベルトルト「…そういえば、マルコはさっき“困ったな”て言ってたけど、何か悩み事でもあるの?」

マルコ「…実は今日、僕は調理当番なんだけど、他の当番の人がほとんど駄目になってしまって…」

クリスタ「この間の風邪の影響?」

マルコ「うん あの集団感染のおかげでまだ寝込んでいる人が多くてね あと昨日の訓練で怪我をした人もいて…」

6: じょうじ 2013/11/11(月) 20:14:03 ID:hfuwO8EQ

ベルトルト「マルコ以外は誰もいないの?」

マルコ「ハンナがいるけど…僕とハンナだけじゃ訓練兵全員の分を作るのは正直きつくてね 猫の手も借りたい状況なんだ」

クリスタ「…ならここに二匹の猫がいるから、その四つの手を借りていいよ」ニコ

マルコ「クリスタ・・・」

ベルトルト「そうだよ、マルコ 僕達の手でよければいつでも借すよ 何故なら…」

クリスタ「私達!」

ベルトルト「良いことし隊!」


どんっ!!


マルコ「えっ!?」

クリスタ「どうしたの?」

マルコ「…いや、今変な音が聞こえなかった?“どんっ!!”って…」

ベルトルト「別に何も聞こえなかったけど…」

マルコ(…空耳かな?)

7: じょうじ 2013/11/11(月) 20:17:32 ID:hfuwO8EQ

調理室


ハンナ「え!?クリスタとベルトルトが手伝ってくれるの!?」

クリスタ「うん!もちろんだよ、ハンナ!」E:スコティッシュフォールド(黄)

ベルトルト「朝食はいつもの野菜スープとパンだけでいいんだよね?」E:ロシアンブルー

ハンナ「う、うん……」

ハンナ(マルコ!何で二人は平然と猫耳を着けてるの!?)コソコソ

ベルトルト「………」

マルコ(…僕が猫の手も借りたいって言ったらこうなったんだよ)コソコソ

ベルトルト(ちなみに僕は反対したからね クリスタが満面の笑みで渡してきたから、仕方なくしているんだよ)コソコソ

ハンナ・マルコ(…ご苦労様です)

8: じょうじ 2013/11/11(月) 20:18:53 ID:hfuwO8EQ

クリスタ「?何をみんなで話しているの?」

ハンナ「い、いや、クリスタの猫耳がとても似合ってて可愛いなぁって話をしてたんだよ!」

クリスタ「そ、そうかな//この猫耳はユミルがプレゼントしてくれたんだけど、着ける機会があまりなくて困ってたんだよ 
マルコとの会話で思い出して着けてみたんだけど…あと2つほどあるからハンナとマルコも着ける?」

ハンナ・マルコ「結構です」

クリスタ「そう…」シュン

ハンナ・マルコ「あっ」

マルコ「い、嫌ってわけじゃないんだよ、クリスタ!ほら、僕達は猫の手を借りる側だから、猫じゃないほうがいいんじゃないかな」アセアセ

ハンナ「そ、そうよ!それに私はそういうのはフランツの前だけでやりたいと思ってるから、今度借りてもいい?」アセアセ

ベルトルト「さりげなく大胆発言だね」

クリスタ「そうことならしょうがないか…じゃあハンナ、今度かしてあげるね!」ニコ

ハンナ(本当の猫みたいに可愛い…抱きしめたい)

9: じょうじ 2013/11/11(月) 20:19:26 ID:hfuwO8EQ

クリスタ「さあ、気をとりなおしてみんなで美味しい朝食を作ろう!」オーッ!

ベルトルト「オー」

クリスタ「……」チラ チラ

ハンナ(…これって私達もやらないといけないの?)コソコソ

ベルトルト(うん ごめんね、少しだけクリスタに付き合ってあげて)コソコソ

ハンナ・マルコ「…オー」

マルコ(ベルトルトの苦労が少しだけわかった気がする…)

クリスタ「じゃあ、ベルトルト!何から始める?」

ハンナ(そこはベルトルトに聞くんだ…)

ベルトルト「まずは野菜の皮むきからだね クリスタは人参を、僕はジャガイモをむくから、ハンナ達は玉ねぎをお願いね」

ハンナ・マルコ「は、はい!」

10: じょうじ 2013/11/11(月) 20:20:11 ID:hfuwO8EQ

__________
___________________
__________


クリスタ「時間短縮の為、今回の調理シーンはカットしました!では、出来上がったものがこちらです!」ジャジャーン!

ベルトルト「だから誰に説明してるの?」

ハンナ「二人とも、本当にありがとね!じゃあ、私達は配膳してくるよ」

クリスタ「何を言ってるの!もちろん、配膳も手伝うよ!」

マルコ「…猫耳のままで?」

クリスタ「うん!」

ベルトルト「それはやめたほうがいいと思うんだけど……」

15: じょうじ 2013/11/12(火) 20:30:21 ID:QXJ3zV0M

食堂


テンシガネコニ…  イイ…スゴクイイ!!
クリスタ、チョーカワイイ!  ベルトルトモカワイイカモ//

ハンナ「…全然私達のとこに来ないね」

マルコ「ほとんど女子も男子もクリスタのとこにしか行ってないからね…いや、一部の女子はベルトルトのとこにも行ってるか」

クリスタ「ちょっと待っててね」E:スコティッシュフォールド(黄)

ライナー(ね、猫耳のクリスタが配膳をしてるだと!?)

クリスタ「はい、ライナー!残さず食べてね」ニコ

ライナー「」ガハッ

クリスタ「ライナー?」

ベルトルト(立ったまま気絶してるよ…)E:ロシアンブルー

ライナー「」チーン

16: じょうじ 2013/11/12(火) 20:36:27 ID:QXJ3zV0M

ベルトルト「…クリスタは気にしなくていいから続けてて」

ベルトルト(とりあえず僕達がいつも座ってるとこに置いておくか…)ズルズル

ザッ

ユミル「ク、クリスタ!?何でそれを今着けてんだ!?」

クリスタ「あっ、ユミル!せっかく貰ったから着けてみたの!似合ってる?」

ユミル「もちろんだ!パーフェクトに可愛いぜ!」グッ b

クリスタ「ユミル、ありがとにゃ!」ニコ

ユミル「」グハッ

クリスタ「少し恥ずかしいけど語尾を猫っぽくしてみたにゃ!……ユミル?」

ユミル「」チーン

ベルトルト「戻ってきてみれば君もか……クリスタは気にしないで ユミルも僕が運んどくから」ズルズル

クリスタ「どうしたんだろ?二人とも…心配だにゃ」

マルコ(無自覚でやってるとこが怖ろしい……)

17: じょうじ 2013/11/12(火) 20:38:02 ID:QXJ3zV0M

ベルトルト(とりあえず二人は運んだけど…やっぱり猫耳は恥ずかしいなぁ)

ベルトルト「はい 熱いから気をつけてね」つスープ

女子訓練兵「あ、ありがとね、ベルトルト//」タタタタッ

アノシンチョウニ、アノミミ!ハンソクダヨネ//

マルコ(ベルトルトも女子から人気だなぁ…僕も猫耳、着ければよかった)ハァ…

ハンナ(猫耳か……フランツは喜んでくれるかしら そしてそのまま…///)キャッ

ベルトルト「はい、ミーナ」つスープ

ミーナ「ありがと、ベルトルト その猫耳、とっても似合ってるよ」フフフ

ベルトルト「ははは…そういってもらえて嬉しいよ……」

アニ「……」ジー

ベルトルト「あっ、アニ おはよう」

アニ(何やってんの、コイツは……)

18: じょうじ 2013/11/12(火) 20:39:36 ID:QXJ3zV0M

ベルトルト「今、スープをよそうからちょっと待っててね」

アニ(…ベルトルト、あんたも兵士になったのかい?)コソコソ

ベルトルト(大丈夫だよ、僕は戦士のままだ…ちゃんと使命は忘れてないよ)コソコソ

アニ(ならいいけど…でも、気をつけるんだよ いざって時に困るのはあんただから)コソコソ

ベルトルト(それはわかってるよ この選択が僕を一番苦しめる事になっているってことぐらい……)

アニ(……あとその猫耳、結構似合ってるよ)クスッ

ベルトルト「えっ!?///」ドキッ

アニ「…ほら、早くしてよ スープが冷めちゃうでしょ」

ベルトルト「ご、ごめん!はい、お待たせ」つスープ

アニ「ありがと」スタスタ

ベルトルト(アニから似合ってるって言ってもらえたし、久々にアニの笑った顔も見れた///……コレ着けてて良かったかも)

19: じょうじ 2013/11/12(火) 20:41:33 ID:QXJ3zV0M

クリスタ「ふぅ、やっと皆の分を配り終わったね」
※猫耳は外しました

マルコ「本当に二人ともありがとう」

ベルトルト「いいよ、今回は僕も良いことがあったからね」

ハンナ「良いこと?」

ベルトルト「あっ!何でもないよ、気にしないで//」アセアセ

クリスタ「また困ったことがあったら私達『良いことし隊』に言ってね」

マルコ「ははは、頼もしいね そのかわり、二人が困った時は僕達に言ってよね いつでも助けになるからさ」

ハンナ「そうよ、クリスタ 恋の相談ならいつでも聞いたあげるからね」フフフ

クリスタ「こ、恋の相談!?//」カァー

ハンナ「あらあら、顔が真っ赤だよ 誰か好きな人でもいるの?」ニヤニヤ

クリスタ「い、いないよ!//ベルトルト!早くユミル達と朝ごはんを食べましょ!」トテトテ


その日の朝食は皆(ほとんどの男子達)、いつもより数倍美味しく感じたらしい
そして、一部の女子からベルトルトの人気が高まったと言う噂も…

22: じょうじ 2013/11/13(水) 23:54:43 ID:fvwakhXc

数日後


座学 


メガネ教官「―――である為、ここはこのようになっている」

アルミン(なるほど…)カキカキ

ミカサ「……」カキカキ

ミカサ「……」チラ


エレン(う~ん…よくわかんねぇな とりあえず黒板の文字を写せばいいや)カキカキ


ミカサ(今日もエレンは私達と距離を置いて授業を受けている……)シュン

23: じょうじ 2013/11/13(水) 23:55:58 ID:fvwakhXc

スタスタ


クリスタ「午前の座学の内容…わかった?」

ベルトルト「うん…」

クリスタ(私は全然わからなかったんだけど…後でユミル……いや、ベルトルトに教えてもらおうかな)

ベルトルト「はぁ……」

クリスタ「…どうしたの?何か悩み事でもあるの?」

ベルトルト「いや、別に何でもないよ…」

ベルトルト(最近、一部の男子から冷たい視線を向けられているんだよなぁ まっ、どうでもいいけど…)


ガチャ


クリスタ「あっ、コニーにミカサだ!」

ベルトルト「珍しい組み合わせだなぁ それよりも……ミカサが凄く落ち込んでいるように見えるけど…」

24: じょうじ 2013/11/13(水) 23:56:46 ID:fvwakhXc

クリスタ「…ここは私達『良いことし隊』の出番ね さあ、行くよ!ベルトルト!」テクテク

ベルトルト「了解です…」トボトボ


コニー「ミカサ、元気をだせってば…」

ミカサ(エレンが…エレンが…)ドヨーン…

クリスタ「コニー、何でミカサはこんなに落ち込んでいるの?」

コニー「知らん!」

ベルトルト「…じゃあ何で君はミカサと一緒にいたの?」

コニー「たまたまこの状態のミカサを見かけてな 苦しんでいる仲間を放っておくことなんかできないだろ?」

クリスタ「コニー…」

ベルトルト「君は仲間思いなんだね」

コニー「おう!」

25: じょうじ 2013/11/13(水) 23:57:18 ID:fvwakhXc

クリスタ「それでミカサ、何でそんなに落ち込んでいるの?」

ミカサ「…落ち込んでなどいない それに、貴方たちには関係の無いことだから…」

クリスタ「関係無くない!ミカサが落ち込んでいれば、私も悲しいもん!」

コニー「そうだぞ!俺達仲間だろ!」

ベルトルト「二人の言うとおりだよ、ミカサ 僕達に協力できることがあったら何でもするから、とりあえず話してみなよ」

ミカサ「皆……ありがとう」

クリスタ「じゃあミカサ、話してくれる?」

ミカサ「うん 実は………」

ベルトルト「実は?」

ミカサ「エレンが最近、私と一緒に訓練をしてくれないの…」

ベルトルト(さすがミカサだ まったくブレないね)

26: じょうじ 2013/11/13(水) 23:58:21 ID:fvwakhXc

クリスタ「……それはエレンがミカサを避けているってわけなの?」

ミカサ「ううん、エレンはそんな酷いことしない!」ブンブン

コニー「確かに、飯の時はいつもどおり三人で食べてるしな」

ミカサ「その通り 今朝もエレンとアルミンと一緒に食べた」

ベルトルト「訓練の時だけってこと?」

ミカサ「うん……午前の座学の時もアルミンと私から遠ざかって授業を受けていた」

ベルトルト「アルミンも避けてるの?」

ミカサ「アルミンは座学の時だけで、他の訓練は一緒にやってる でも……私は全ての訓練を拒否される」ドヨーン…

ベルトルト(う~ん…何となく理由はわかったかも でも、これはエレン、ミカサ、アルミンの三人の問題なんだよなぁ)

27: じょうじ 2013/11/13(水) 23:59:22 ID:fvwakhXc

クリスタ「じゃあ午後の対人格闘訓練で、私達がエレンと組ましてあげる!」

ベルトルト「え!?ちょっと待って!これはデリケートな問題だから僕達がかかわらないほうが…」

クリスタ「何でよ!ミカサが苦しんでんだよ!」

ミカサ「…ベルトルトは私を助けてくれないの?」シュン

コニー「ベルトルト、見損なったぜ!」

クリスタ「そうよ!私達は仲間でしょ!」

ベルトルト「くっ……わかったよ 僕も協力するよ」ショウガナイナ…

ベルトルト「で、作戦はあるの?」

クリスタ「もちろん!」

コニー「無いよ!」

ベルトルト(なら威張らないでよ……この二人といるのは疲れるなぁ)

クリスタ「だからベルトルトが考えてね」ニコ

ベルトルト「……そうですよね わかったましたよ」ハァ…

28: じょうじ 2013/11/14(木) 00:03:43 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「じゃあ、僕一人だけだと(精神的に)キツイから、もう一人ぐらい(しっかりとした)協力者を頼もう…ユミルあたりでいいかな」

クリスタ「!!ユミルは駄目!」

ベルトルト「え?どうして?」

クリスタ「そ、それは……」アセアセ

ベルトルト(よくわからないけどユミルと何かあったのかな?)

ベルトルト「……わかったよ じゃあライナーに頼むよ」

ベルトルト(本当は兵士のライナーに頼みたくなかったんだけどなぁ…この作戦だと彼が一番、得をするしね)

30: じょうじ 2013/11/14(木) 00:05:07 ID:gzS/S3lM

対人格闘訓練


エレン「アニ、今日も頼むな!」

アニ「アンタも飽きないね いいよ、付き合ってあげる」

ベルトルト「待って!」

エレン「うおぉ!?ベルトルト、どうした急に?」

ベルトルト「今日はアニと組むのは僕に譲ってくれないかい?」

エレン「は?やだよ」

ベルトルト「そこを何とか頼むよ いつも同じ人とやるより色んな人と戦ったほうが君の為にもなると思うし」

エレン「…わかったよ、今日は譲るよ じゃあ俺は別の人を探すわ」スタスタ

ベルトルト「ありがと、エレン」

ベルトルト(よし!これで一つの難関を突破したぞ!)グッ

31: じょうじ 2013/11/14(木) 00:05:56 ID:gzS/S3lM

アニ「……どういう風の吹き回しか知らないけど、そんなに私とやれて嬉しいのかい?」

ベルトルト「も、もちろん嬉しいよ//」

ベルトルト(これぐらい僕も得をしていいよね?)

アニ「…じゃあ、久々に本気を出すかな」

ベルトルト「えっ!?」

アニ「アンタなら手加減をする必要なんてないしね…」ポキポキ

ベルトルト「で、でも、怪我をすると色々とマズイし……」ダラダラ

アニ「心配いらないよ ちゃんとバレないようにするからさ!」ダッ

ベルトルト「ひいぃ!?」


バキッ ドカッ シュッ グルン
ホラ、ツギイクヨ!
イヤァァァァ ヤメテェェェェ

エレン「激しくやってんなぁ……」

ミカサ「エレン…余ってるのなら私と組んで欲しい」

32: じょうじ 2013/11/14(木) 00:06:53 ID:gzS/S3lM

エレン「ミカサか………いや、別の人と組むよ」

ミカサ「そう…」シュン

クリスタ「ちょっとエレン!どうしてミカサと組んであげないの!」

エレン「…クリスタには関係ないだろ」

クリスタ「関係あるもん!」プンプン!

ライナー「まあまあ、落ち着けクリスタ」

エレン「…ライナー、俺と組んでくれないか?」

ライナー「悪いな、今俺はクリスタと組んでんだ だから無理だ」

エレン「そうか、じゃあ他の人と…」

ライナー「エレン 今日はミカサと組んでやってくれないか?ミカサもよく組んでいる俺やクリスタが空いてないから余ってるんだよ」

エレン「でも…」

ライナー「それにいつまでも喋っていると、あそこでコニー達を怒っている教官がこっちに来るぞ」

33: じょうじ 2013/11/14(木) 00:07:50 ID:gzS/S3lM

エレン「……わかったよ じゃあミカサ、やるぞ」

ミカサ「うん……」

ライナー(やっぱりいつもと違うな……)

クリスタ「ありがと、ライナー じゃあ私達も始めましょう 身長差があっても負けないんだからね!」ニコ

ライナー(……その笑顔にノックダウンです)ホッコリ


食堂


ミカサ(エレンは私なんて……)ドヨーーン…

アルミン「ミカサ、大丈夫?」

ミカサ「アルミン……私はもう生きてる意味なんてあるのだろうか」ズーーン…

アルミン「相当深刻だね…」

ベルトルト「…やっぱり作戦失敗か」ボロボロ

ライナー「何でお前はそんなにボロボロなんだ?」

ベルトルト「気にしないでよ…」

34: じょうじ 2013/11/14(木) 00:08:44 ID:gzS/S3lM

コニー「それより俺は何もしてなかったんだけど…」

ベルトルト「そんなことないよ いつも通り、サシャと組んでくれたおかげで教官を引き付けておけたよ ありがとね、コニー」

コニー「そうか!俺は役にたったのか!」

クリスタ「でも、何でエレンはあそこまでミカサを拒絶してたのかな?」

ベルトルト「それはだいたいわかってるんだけど…」

ミカサ「それは何!?」ガタッ

ベルトルト「そ、それは僕がミカサ達に直接言っても悪化するだけだと思うんだ」アセアセ

ライナー「じゃあどうすればいいんだ?」

ベルトルト「本当は自分達で解決したほうが良さそうなんだけど……僕が夕飯の後にでもエレンと話してみるよ」

ミカサ「ベルトルト!」ギュッ

ベルトルト「な、何だいミカサ」

ミカサ「もう今の現状が耐えられないの お願い、私を助けて」ウル…

ベルトルト「ミカサ……」テガイタイヨ…

サシャ(今のうちにベルトルトの夕飯を少し拝借します!)パクッ

35: じょうじ 2013/11/14(木) 00:09:42 ID:gzS/S3lM


ジャン「ベルトルトの野郎、ミカサと手を繋ぎやがって……絶対にゆるさねぇ!」ギリッ

マルコ(どちらかと言うとミカサがベルトルトの手を握り潰してるように見えるんだけど……サシャにパン、食べられてるし)

エレン「それにしてもあそこは珍しいメンバーで食べてんな」モグモグ

フランツ「こっちも十分珍しいメンバーだと思うんだけど……ね、ハンナ」ニコ

ハンナ「そうだね、フランツ」ニコ

ユミル「……」

サシャ(ユミルも何故かセミの抜け殻のようになってますね……つまり、パンは頂いてもよろしいと言うことですか!)パクッ

サシャ(~~~♪)モグモグ



ミーナ「サシャがさりげなく皆の夕飯を盗んで食べてんだけど…」

アニ「じゃあ食べられないように早く食べないとね」モグモグ

36: じょうじ 2013/11/14(木) 00:10:30 ID:gzS/S3lM

図書室


エレン(う~ん…やっぱり午前の授業は難しかったなぁ 見直ししても全然わからん
やっぱりアルミンに……いや、駄目だ!俺一人で解決しなくちゃいけないんだ!)

ベルトルト「やあ、エレン」

エレン「ベルトルトか…もう直ぐ就寝時間だぞ、こんなとこで何やってんだ?」

ベルトルト「いや、君もでしょ?それに僕は君と話がしたくて来たんだよ」

エレン「俺と話を?」

ベルトルト「うん ミカサとアルミンを避ける理由についてね」

エレン「!!べ、別に避けてなんていないだろ!」アセアセ

ベルトルト「僕にまで嘘つかなくていいよ 大体予想がついてるし」

エレン「……」

ベルトルト「…そんなに君は弱くないと思うよ?」

エレン「はぁ……本当にそう思うのか?俺はアイツらと違って秀でるものが何も無い だからこそ、俺はアイツらに負けないように人一倍努力をしなくちゃならないんだ」

37: じょうじ 2013/11/14(木) 00:11:36 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「だからって避ける必要はないじゃないか…」

エレン「避けてるわけじゃないんだよ ただ、アイツらには俺の弱みを見せたくないだけなんだ………俺のただの強がりなんだよ」

ベルトルト「…君は自分の評価を低くしすぎだよ 僕は君のことを高く評価しているんだよ」

エレン「買いかぶりだよ…お前の方が順位も上だろ?」

ベルトルト「誰も順位の話なんてしてない 僕は君の持つ強い意志を評価…いや、羨ましくすら思っているんだ」

エレン「強い意志…」

ベルトルト「君は…巨人の脅威を知っているにもかかわらず、折れない心を持ち、巨人に立ち向かおうとしている 自分自身の夢のために…
それは誰にでもできることではない……現に僕は巨人に立ち向かおうなんてこれっぽちも思っていないよ」

エレン「………」

ベルトルト「だからもっと自身を持ってよ」

エレン「お前のおかげで少しは自身がついたよ…ありがとな、ベルトルト」

ベルトルト「なら…」

エレン「それでも俺は、アイツらを頼るのはよくないと思うんだ 俺は自分一人で生きていけるようになりたいんだ」

38: じょうじ 2013/11/14(木) 00:12:14 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「…君も頑固だね」

エレン「…よく言われる」

ベルトルト「じゃあもうちょっとだけ言っていい?」

エレン「ああ…」

ベルトルト「君は何で対人格闘の際にアニに訓練を頼んでいるの?」

エレン「そりゃあ強くなる為だ」

ベルトルト「ミカサは駄目なのに、アニは頼っていいの?」

エレン「!!ミ、ミカサとアニは違うだろ!」アセアセ

ベルトルト「両方とも強い女性という点では一緒だよ?」

エレン「で、でも、やっぱりミカサやアルミンだけは俺にとって特別だから」アセアセ

ベルトルト「特別だからこそ頼るべきなんだよ」

エレン「特別だからこそ…」

ベルトルト「そう…例えば僕は、(アニと)ライナーがいないと生きていけない自身がある!」エッヘン!

エレン「威張って言うことかよ…」

39: じょうじ 2013/11/14(木) 00:14:30 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「同じように彼らも君がいないと生きていけないんだよ」

エレン「だから俺はそれが嫌なんだよ アイツらにはアイツらの未来(みち)があるだろ?それを進んで欲しいんだよ……俺と一緒にいると早死にしちまうからさ」

ベルトルト「そこが君が勘違いしているところだよ 君も彼らがいないと生きていけないんだ」

エレン「別にそんなことは………」

ベルトルト「…まず君は目的地を決める存在なんだ だから君が目指す場所に彼らもついていく 
そして、そうだな…アルミンはその場所へたどり着く為の最短ルートの道を決める存在なんだよ エレンの頭じゃ決められないでしょ?」

エレン「意外と毒舌だな」

ベルトルト「そしてミカサはその道の障害を振り払う存在だ 君だけじゃ途中で死んじゃうかもしれないからね」

エレン「どうせ俺はミカサより弱いですよ………」イジイジ

ベルトルト「君ら三人は誰が欠けても前には進めない だからこそ協力して一歩づつ、未来(みち)を進んで行くしかないんだ」

40: じょうじ 2013/11/14(木) 00:15:45 ID:gzS/S3lM

エレン「でも、もし俺が間違った目的地を選んでしまったら…」

ベルトルト「そしたらアルミンが間違いを正し、ミカサが力尽くで君を連れて行くよ」

エレン「…それじゃ俺、必要なくねぇか?」

ベルトルト「エレンがいないとミカサは立ち止まってしまうし、アルミンだって間違った道を選んでしまうよ」

エレン「………」

ベルトルト「もし、彼らを危険な場所に導いてしまうのが怖いのなら、君自身がもっと強くなって、彼らを守るしかないだろ?その為にも彼らをもっと頼っていいんだよ もちろん僕やライナー達もね」ニコ

エレン「………ありがとな、ベルトルト」

ベルトルト「わかってくれた?」

エレン「ああ…アイツらには悪いことしたかな」

ミカサ「ううん、そんなことない」ブンブン!

エレン「でもよ……」

アルミン「そうやって直ぐに自分のせいにするのは、エレンの悪いクセだよ」

エレン「わかったよ………ってお前ら!!いつから聞いてたんだよ!?」

41: じょうじ 2013/11/14(木) 00:17:09 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「はぁ……二人きりで話すって言ったのに…」

ライナー「まさか、お前が俺のことをそんな風に見てたなんて…」

ベルトルト「ライナー!?君も聞いてたの!?」

ライナー「おう!俺もお前がいないと生きていけないぞ!」ダキッ

ベルトルト「抱きつかないでよ!むさ苦しいし、またホモだって言われるよ!!」ジタバタ

コニー「ベルトルトとライナーはやっぱりホモだったのか……」

ベルトルト「違うからね!!」

エレン「はははは……本当にありがとな、ベルトルト それからごめんな、アルミン、ミカサ」

アルミン「だから謝らないでよ」

ミカサ「エレン…今度からは私達をもっと頼ってほしい」

エレン「おう!お前らも俺を頼ってくれよ!」

42: じょうじ 2013/11/14(木) 00:18:38 ID:gzS/S3lM

エレン「それとさっそく悪いんだが…今日の午前の座学、ほとんどわからなかったんだけど…」チラ

ミカサ「あっ……私もエレンに避けられていると思ってあまり聞いてなかった…」チラ

エレン・ミカサ「アルミン、教えて下さい」ペコ

アルミン「もちろんいいよ じゃあ今日は遅いから明日の昼休みでいい?」

エレン「おう、これで百人力だぜ!」

コニー「………」チラ

クリスタ「………」チラ

ベルトルト「……わかったよ 明日でいいなら二人にも僕が教えるよ」

コニー・クリスタ「やったー!」

エレン「じゃあそろそろ戻ろうぜ 教官に怒られちゃうからな」

スタスタ

ライナー「…ん?ベルトルト、行かないのか?」

43: じょうじ 2013/11/14(木) 00:21:46 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「…これでエレンやミカサ達はもっと強くなる それは僕達にとって良くないことだ…」

ライナー「そうだな……」

ベルトルト「………できれば彼らには、これからも生きてて欲しい そう思うのはいけないことなのかな…?」

ライナー「そんなことないさ 俺だってここにいる皆には生きてて欲しいと思う…」

ベルトルト「でも、もう後戻りはしないんでしょ?」

ライナー「ああ…どんなことがあっても必ず故郷に帰る それが俺の決めた目的地だから…」

ベルトルト「……僕やアニも君についてくよ じゃないと君は横道にそれちゃうからね」フフフ

ライナー「…そんなに俺は頼りないか?」

ベルトルト「う~ん…そうだね 結構頼りないね」

ライナー「ひでぇ!?」

ベルトルト「さあ、僕達も宿舎に戻ろう」

ライナー「どうせ俺は頼りないですよ………」イジイジ

ベルトルト(ふふふ、反応がエレンとまったく一緒だよ……いつも頼りにしてるよ、ライナー)


次の日の朝、ジャンから理由のない言葉攻めを受けたベルトルトであったが、ジャンはミカサから理由のある軽蔑を受けた為、事なきを得た

48: じょうじ 2013/11/14(木) 20:21:50 ID:gzS/S3lM

数日後


ガチャ

ユミル「おう、来たな」

ベルトルト「ユミル、僕に用って何?」

ユミル「まあいいから、ここに座れよ」ポンポン

ベルトルト「…じゃあ失礼するよ」スッ

ベルトルト「で、何か話でもあるの?」

ユミル「この間の礼だよ ホラ」つコーヒー

ベルトルト「この間?」アリガトウ

ユミル「ホラ、風邪で寝込んだ時に色々と迷惑かけたろ?」ミルク イレルカ?

ベルトルト「ああ、あれか でもそれって相当前だよね?」ウン

49: じょうじ 2013/11/14(木) 20:22:29 ID:gzS/S3lM

ユミル「いやぁ、あの後お前がクリスタとつるむようになったろ?それでムカついたからお礼はいいかな~て思ってたんだけどさ」ホラ、ノメヨ

ベルトルト(そもそも君が脅したからいけないんだと思うんだけど……あっ、これ凄く美味しい)ズズズズ

ユミル「その後、一時的にクリスタと話さなくなっただろ?」ワタシモ ノムカナ

ベルトルト「…うん」ズズズズ

ユミル「その時もムカついて、お前を殺してやろうと思ったが踏みとどまってやったんだぞ?ありがたく思えよ」ズズズズ

ベルトルト「…うん?」

ベルトルト(今、ナチュラルに殺すって言ってたよね?)

ユミル「それで落ち着いた今、お礼をしようと思ったんだ ハチミツ代も返そうと思ってな」ゴソゴソ

ベルトルト「それはいらないってクリスタにも言ったんだけど…」

50: じょうじ 2013/11/14(木) 20:23:17 ID:gzS/S3lM

ユミル「まあ、私が借りを作りたくないだけだ……一応、コレを受け取ってくれよ」つお金

ベルトルト「…わかったよ」チャリン

ユミル「……今、受け取ったな」

ベルトルト「……確かに受け取ったけど」イヤナヨカン…

ユミル「私はそのお金がハチミツ代とは言ってない」

ベルトルト「で、でも!」

ユミル「言ってない」

ベルトルト「」

ベルトルト「……はぁ、わかったよ で、僕は何をすればいいの?」

51: じょうじ 2013/11/14(木) 20:24:11 ID:gzS/S3lM

ユミル「話が早くて助かるぜ 実は…最近、クリスタが私を避けるんだ」

ベルトルト「今度はクリスタか……でもこの間のエレンの件もあるから、理由も無しにクリスタがユミルを避けるとは思えないけど……喧嘩でもしたの?」

ユミル「いや、突然食事も隣じゃなくて前に座るし、夜も絡もうとすると直ぐに寝るんだ…だから仲の良いお前が少し探ってくれないか?」

ベルトルト(そういえばこの間もユミルには協力しないように言ってたっけ…)

ベルトルト「…それぐらいなら別にお金を渡してまで頼むことじゃないでしょ」

ユミル「まあ、それはハチミツ代ってことで」

ベルトルト「さっきのやりとりは何だったの!?」

ユミル「これで一安心だ じゃあ頼んだぞ、彼氏君」

ベルトルト「……え?誰が彼氏?」

ユミル「お前が」

ベルトルト「……誰の?」

ユミル「クリスタの」

ベルトルト「」

52: じょうじ 2013/11/14(木) 20:25:01 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「違うよ!僕達は付き合ってない!」

ユミル「知ってるよ」

ベルトルト「じゃあ何でそんなこと言ったんだい!?」

ユミル「女子の間で噂になってんだよ、お前とクリスタが付き合ってるって」

ベルトルト(どうして!?確かに最近は良く一緒にいたけれども、いきなりそんな噂が流れるなんて…)アセアセ

ベルトルト「ユ、ユミルは嫌じゃないの?そんな噂が流れてて」

ユミル「嫌も何も私が噂を流した張本人だ」

ベルトルト「」

ベルトルト「W…Why?」

ユミル「A.クリスタの周りを飛ぶ虫がうざいから、お前はその虫除けだ」

ベルトルト「oh…」

53: じょうじ 2013/11/14(木) 20:25:38 ID:gzS/S3lM

ユミル「このあいだの猫耳で、より虫がたかってきたからな 女子に“あの猫耳は私がベルトルさんとクリスタの付き合った記念にプレゼントしたんだ”って言ったら、直ぐに男子にも広がったよ」

ベルトルト「…どうりで最近男子から、まるで生ゴミを見るような目で僕は見られていたのか」

ユミル「男子もひでぇことすんな」

ベルトルト「君の方が酷いことしてるよ!!」

ユミル「だって、手頃な男子がベルトルさんしかいなかったんだよ~」

ベルトルト「手頃って……」

ユミル「お前はクリスタとは別に好きな奴がいるだろ?だから本気で好きにならないで終わると思ってな」

ベルトルト「え!?何でそれを!?べ、別に僕はアァアアニの事は好きじゃないよ!?//」アセアセ

ユミル「珍しく焦り過ぎてボロが出てるぞ 誰もアニなんて言ってないだろ?」

ベルトルト「あっ///」

54: じょうじ 2013/11/14(木) 20:26:19 ID:gzS/S3lM

ユミル「まっ、アニだってわかってたけどな」ケラケラ

ベルトルト「…どうして?」

ユミル「お前…本気でそれを言ってんのか?アニの事を見過ぎだ あれじゃ私でなくとも気づくぞ」

ベルトルト「~~~///」カァー

ユミル「そんなに顔真っ赤にして…お前は乙女か!」

ベルトルト「で、でも!もし、僕がアニに告白したら///クリスタとの噂は嘘だってバレちゃうだろ?」

ユミル「…ベルトルさんは告白なんてしないだろ?」

ベルトルト「……どうしてそう思うんだい?」

ユミル「お前は今まで常に他人と距離を置いて生活してきた 最近はよくクリスタと一緒にいることで皆との距離が縮まってきたが、本当はそれすらも嫌なんじゃないのか?」

ユミル(正確に言うと逆に感じるんだけど…何故、距離を置きたいのかまではわからねぇが、皆と仲良くしたいのがベルトルさんの本音だろうな)

ベルトルト「………」

55: じょうじ 2013/11/14(木) 20:26:52 ID:gzS/S3lM

ユミル「どうだ?私の観察眼もなかなかのものだろ?」

ベルトルト「…じゃあ、何故君はクリスタに執着しているんだい?」

ユミル「はぁ?」

ユミル「そりゃあ…私がクリスタを愛しているからに決まってんだろ?」

ベルトルト「違うよ 君は確かにクリスタのことは好きなんだと思う けどそれは恋愛感情じゃない…それぐらい僕にもわかるよ しいて言うなら母親みたいなものなのかな?
おそらく君は、クリスタにどこか自分との共通点を見つけているんじゃないか?それで君は彼女を守る事で、自分自身を守っているんだ」

ユミル「……勝手な推測だな」

ベルトルト「…確かにこれはただの推測でしかない でも、君は確実にクリスタを上位10位に入れようとしている 訓練中の君を見ていればわかるよ これは紛れもない事実でしょ?」

ユミル「…ベルトルさんは私のストーカーかよ」

ベルトルト「君だって僕のストーカーじゃないか…」

ユミル「……」

ベルトルト「……」

56: じょうじ 2013/11/14(木) 20:27:51 ID:gzS/S3lM

ユミル「やめだやめ!もうお前のことなんて詮索しねぇよ、めんどくさい」

ベルトルト「そうしてくれると嬉しいよ…」

ユミル「じゃあ今の話は無かったことで」

ベルトルト「それは無理でしょ」

ユミル「…へぇ~、私にそういうこと言っていいのかい?ベルトルさんがアニのことを好きだって言いふらそうかな~」ニヤリ

ベルトルト「ちょっ!?それはやめてよ!!」

ユミル「冗談だよ そのかわりちゃんとクリスタのこと、頼むぞ」

ベルトルト「それは…嘘で付き合えってこと?」

ユミル「そっちは別に今までどうりでいい それだけで効果があるからな
まあお前らは、恋人ってよりも兄と妹みたいな関係だけどな いや、父と娘か?」

ベルトルト「…どっちでもいいよ 今更放っておくのも無理だし」

ユミル「助かるよ これでクリスタが野獣に襲われることは無いだろう」

ベルトルト「野獣って…仲間にそんな酷いことをするような人は、ここにはいないでしょ?」

ユミル「いや!何を言ってやがるんだ!!あのクリスタの可愛さにやられてしまったら、性欲の溜まった野獣は我慢などできずに………」

57: じょうじ 2013/11/14(木) 20:28:24 ID:gzS/S3lM

__
_____
__________
_______________


ベルトルト「クリスタ……君にお願いがあるんだ」

クリスタ「なあに?私にできることなら何でもするよ」ニコ

ベルトルト「何でも?じゃあ…」ガバッ

クリスタ「きゃあ!」ドサッ


チュゥゥ


クリスタ「ん~~~!?///」


彼は彼女をベッドに押し倒した そして、そのまま熱い口付けをした

58: じょうじ 2013/11/14(木) 20:29:37 ID:gzS/S3lM

ベルトルト「んっ……んちゅ、………ちゅぱ…」


彼は彼女の小さくて可愛らしい唇だけでは飽きたらず、口の中へと舌を侵入させて、彼女を貪り始めた
最初は抵抗しようとした彼女も、しだいに自分の舌を絡ませていき、お互いの唾液を交換し味わった


クリスタ「ん…ちゅ……むちゅっ……んっ………ぷはぁ!」

クリスタ「はぁ…はぁ//……べ…ベルトルト?」トローン

ベルトルト「…僕のお願い、それは………君を抱かせてほしいんだ」

クリスタ「……もう//順番が逆でしょ…」スル…


彼女はそう言うと服を脱ぎ、生まれたままの姿になった
透き通るような白い砂浜、発展途上の二つの山、そして木々がまったく生えていないにもかかわらず、まだ誰にも荒らされていないオアシス
彼女の姿は、それはそれは美しい大自然だった

59: じょうじ 2013/11/14(木) 20:30:28 ID:gzS/S3lM

クリスタ「…少しでもベルトルトの役に立てるなら私……頑張るよ」

クリスタ「……で、でも//」モジモジ

ベルトルト「でも?」

クリスタ「私、初めてだから、その………優しくいっぱい愛してね///」ニコ

ベルトルト「」プツンッ


山とオアシスを隠していた両手をゆっくりと広げながら、頬を染めて言った彼女の一言は、彼の理性という名の壁を無常にも崩壊させt―ベルトルト「てない!!」

ユミル「何だよ これからいいとこなのに…」

ベルトルト「やめなさい!女の子がこういう話をしちゃ駄目だよ!!全然野獣じゃないし、それになんで相手が僕なの!?」

ユミル「こっから野獣モードに入るんだよ それに本当は私で妄想したかったんだけど、それをお前に話すのも私が恥ずかしいし」

ベルトルト「話さないという選択肢は無いの!?」

ユミル「No」

ベルトルト「Noと言える素晴らしさ!!」

60: じょうじ 2013/11/14(木) 20:31:27 ID:gzS/S3lM

ユミル「かと言って他の男子はレッドカードで一発退場だし、ベルトルさんはギリギリオフサイドだったから誤審したんだよ」

ベルトルト「審判!もっと集中して!!」

ユミル「でも、本当にこういうお願いされたらアイツは断らないかもしれないだろ?」

ベルトルト「そこまで彼女は馬鹿じゃ………クリスタは相当のお馬鹿だったね」

ユミル「馬鹿じゃない!頭の中が子供のままなだけだ!!
…そんな無知な彼女に彼は、じゃあ僕がこの棒を使って優しく教えてあg―ベルトルト「げない!!」

ベルトルト「同じツッコミを短時間で2回もさせないで!!」

ユミル「まあ結構楽しめたし、そろそろベルトルさんをからかうのもやめるか」

ベルトルト「ぜひ、そうしてください!」

61: じょうじ 2013/11/14(木) 20:32:27 ID:gzS/S3lM

ユミル「じゃあ、クリスタが私を避けている件、上手く探ってくれよー」スタスタ

ベルトルト「はいはい、了解ですよ……」

ユミル「あと最後に、お前の推測は間違ってるからな」

ベルトルト「…どの辺が間違ってるの?」

ユミル「私は本当にクリスタを愛してるぞ!て言うか既に私の嫁だからな!!
だから、間違っても手を出すなよ~」フリフリ


バタンッ


ベルトルト(なら噂なんて流さないでよ…はぁ、もの凄く疲れた……)

65: じょうじ 2013/11/19(火) 22:43:37 ID:Ue.Ew7d.

翌日


ベルトルト(今日は久々の休日だ こういう日は図書室で、のんびりと読書に限るね!)スタスタ


ガチャ


ベルトルト(あっ…)


ピョン  ピョン


ベルトルト(またですか……椅子を使うなりすればいいのに)

ベルトルト「はぁ……彼女が散らかす前に本を取ってあげなくちゃ」スタスタ

クリスタ「あ…あとちょっと…」ピョン  ピョン

ヒョイ

クリスタ「あ」

ベルトルト「この本であってる?」つ本

クリスタ「うん!ありがとね、ベルトルト」

66: じょうじ 2013/11/19(火) 22:44:14 ID:Ue.Ew7d.

ベルトルト「…でも、何でこんな本を読もうとしてたの?」

クリスタ「…ベルトルトなら話しても大丈夫かな 実は…」


カクカク  シカジカ


ベルトルト「なるほど…だからユミルを避けていたのか」

クリスタ「え!?」ギクッ

クリスタ「…やっぱり避けているってわかった?」

ベルトルト「うん それにユミルからも相談されてたし」

クリスタ「そうなんだ……悪い事しちゃったな」

ベルトルト「別に避けなくてもいいんじゃない?」

クリスタ「私は顔に出やすいし、やっぱり驚かせたいじゃない!」

ベルトルト「でも、相当落ち込んでいたよ?」

クリスタ「…それは」

67: じょうじ 2013/11/19(火) 22:44:49 ID:Ue.Ew7d.

ベルトルト「まぁ明日になれば終わるからいいけど…今日はユミルに会わないようにしないとね」

クリスタ「今日は私が一人で街に出かけるって言ってあるから大丈夫だよ」

ベルトルト「じゃあクリスタは今から買い物?」

クリスタ「うん!」

ベルトルト「そうか……気をつけて行ってk―クリスタ「じゃあ、ベルトルト 行きましょう!」

ベルトルト「………」

クリスタ「ん?」ニコ

ベルトルト「……ううん、何でもないよ」

ベルトルト(せっかくの休日が……)シュン

68: じょうじ 2013/11/19(火) 22:45:53 ID:Ue.Ew7d.

食堂


ガチャ


ユミル(やっぱりクリスタはいないか…)キョロキョロ

ユミル「はぁ~…クリスタのいない休日なんて、スープが無いスープみたいなもんだぜ」

ジャン「それじゃ空の皿じゃねぇか もう少し良い例えがあるだろ」

ユミル「なんだよ、ミカサに嫌われたジャンかよ」

ジャン「もうそのことは忘れてくれ!」

ユミル「ミカサの為に色々としてくれたベルトルさんを、勘違いとはいえあそこまで罵ったからな ま、嫌われて当然だ」

ジャン「そうだよ、俺が全面的に悪かったんだ……」イジイジ

69: じょうじ 2013/11/19(火) 22:46:32 ID:Ue.Ew7d.

ユミル「ベルトルさんは許してくれたのか?」

ジャン「アイツは許してくれるばかりか、ミカサにフォローをいれてくれたんだ そのおかげで何とかミカサとも会話できるようになった……アイツには本当に感謝してるよ」

ユミル「ベルトルさんもお人好しだなぁ」

ジャン「それで今日の休日に何か奢ってやろと思ったんだが…ベルトルトを見てないか?」

ユミル「知らん」

サシャ「ご主人さm…じゃなくてベルトルトならさっき、私に朝食をくれた後、クリスタと一緒に街に出かけましたよ?」モグモグ

ユミル「それは本当か!?」

サシャ「はい、本当ですよ デートですかね?」モグモグ

ユミル(昨日の件で探りを入れてくれているのか?)

ジャン(やっぱりクリスタとベルトルトは付き合ってんのか…)

ユミル(…一応、ベルトルさんが手を出さないか監視する為にも尾行するかな)

70: じょうじ 2013/11/19(火) 22:47:30 ID:Ue.Ew7d.




ユミル「…で、何でお前もついて来るんだよ」

ジャン「いいじゃねぇか、尾行と言えば俺だろ?」

ユミル「…なるほど、お前は根っからの馬なんだな」

ジャン「誰が馬だ!野次馬と掛けるな!」

ユミル「騒ぐなよ、ベルトルさんは勘が鋭いから気づかれるぞ」ドウドウ

ジャン(そ、そうだな じゃあ、気づかれないように一定の距離を保って行くぞ)コソコソ

ユミル(おう)コソコソ


スタスタ


ジャン「おっ、露店で何か買うみたいだぞ」

ユミル「…アクセサリーか」

71: じょうじ 2013/11/19(火) 22:48:26 ID:Ue.Ew7d.

クリスタ「ねぇ、ベルトルト これなんか似合うかな」

ベルトルト「う~ん…少し地味じゃない?」

ベルトルト「このハートのやつなんかどう?」

クリスタ「あっ、凄く可愛い!じゃあそれにする!すいません、これを二つください」



ジャン「ハートのネックレスを二つ買ったぞ、ペアルックか……いいなぁ、俺もミカサと…」

ユミル「それはお前が人間になるぐらい無いから安心しろ」

ジャン「元々人間だ!いい加減、馬ネタやめろ!!」

ユミル(それよりもベルトルさん、まさか本当にクリスタと……)

72: じょうじ 2013/11/19(火) 22:49:04 ID:Ue.Ew7d.

スタスタ



ジャン「服屋に入ってったぞ…さすがにあの小さい店ん中まではつけられねぇか」

ユミル「そうだな…」

ジャン「…今のうちに昼飯を買ってくるが、お前は何がいい?」

ユミル「は?何だ、奢ってくれるのか?」

ジャン「お前朝飯食って無かったろ?それぐらい出してやるよ」

ユミル「…お前は本当にジャンか?馬の皮を被った馬じゃねぇのか?」

ジャン「どういうことだよ!?結局、俺は馬じゃねぇか!まだ馬ネタを引っ張るのかよ!?」

ユミル「悪い悪い…じゃあ私は一番高いやつでいいからな」

ジャン「がめつ!?この流れでよく言えるな!ったく、適当に買ってくるからな」スタスタ

73: じょうじ 2013/11/19(火) 22:49:56 ID:Ue.Ew7d.


アリガトウゴザイマシタ!



クリスタ「へへ~、いいの買っちゃった♪」

ベルトルト「…本当にそれ着るの?」

クリスタ「うん!」

ベルトルト(ライナーに見せたら、また気絶するだろうなぁ…)

ベルトルト「じゃあ最後に本屋に行こうか」

クリスタ「え?ベルトルトも何か買うの?」

ベルトルト「うん、せっかくだしね じゃあ荷物は僕が持つよ」

74: じょうじ 2013/11/19(火) 22:50:55 ID:Ue.Ew7d.

ジャン「…なるほど、ああいう気遣いが大切だよな」モグモグ

ユミル「まあ、お前も気遣いだけはできるみたいだから心配いらないさ」モグモグ

ジャン「そ、そうか!」

ユミル「ミカサ以外だったら簡単に彼女を作れるんじゃないのか?」

ジャン「何を言ってんだ!俺はミカサ一筋だ!!」ドヤッ

ユミル(何だかコイツが可哀想になってきたな…元からだけど)



本屋


ベルトルト(う~ん…これでいいかな)

クリスタ(このファッション雑誌も買っちゃおうかな…)



ユミル(何でベルトルさんは女子が読むような本のとこにいんだ?)

75: じょうじ 2013/11/19(火) 22:51:46 ID:Ue.Ew7d.

ジャン「そういやベルトルトは本が好きだったな 何か買ってってやるか」

ユミル「…!」

ユミル「私はアイツが好きそうな本を知ってるぞ」ニヤニヤ

ジャン「ほんとか、どういうのだ?」

ユミル「それは――」




アリガトウゴザイマシタ!




ベルトルト「これで買い物は終了だね」

クリスタ「うん!じゃあ宿舎に戻ったら訓練だね」

ベルトルト「ええ~、本当にやるの?」

クリスタ「もちろん!」

ベルトルト「…わかったよ お風呂の後でいいよね?体を綺麗にしてからじゃないと悪いし」

クリスタ「そうだね、じゃあお風呂の後に倉庫に集合でお願いね」

76: じょうじ 2013/11/19(火) 22:52:42 ID:Ue.Ew7d.

ジャン「……今、もの凄い会話が聞こえてきたんだが…」

ユミル「うそ……だろ…?」

ジャン(体を綺麗にしてから、夜の倉庫で男女がひっそりと訓練……つまり、ヤることは一つ!……羨ましい!!)

ユミル(まさか本当にそんな関係にまでなってしまったのか!?)

夜   倉庫裏


ジャン「よお、またあったな」

ユミル「…何故、当たり前のようにお前はいるんだ?」

ジャン「男だからだ!」ドヤッ

ユミル「わかりやすい説明ありがとうございます」

ジャン「しょうがねぇだろ ここの生活じゃおかずも少ないし、溜まってんだよ」

ユミル「女の前で何を言ってんだ、お前は」

77: じょうじ 2013/11/19(火) 22:53:33 ID:Ue.Ew7d.

ユミル「………私を襲うなよ?」

ジャン「仲間にそんな酷いことするかよ 俺はお互いに同意がねぇとヤらねぇよ」

ユミル「じゃあミカサが好きな限り、お前は一生童貞のままだな」

ジャン「ひでぇ!?」

ユミル(少しからかってやるか…)

ユミル「なぁ、ジャン……もし、私がお前とならヤってもいいって言ったら…どうする?」

ジャン「えっ!?」ドキッ

ユミル(お?意外な反応だな お前みたいなブスと誰がヤるか!みたいなこと言われると思ったんだが…)

ジャン「そ、そういう冗談はやめろよ!お前だって良く見りゃ綺麗なんだからさ、その気になるだろ//」

ユミル「!!」ドキッ

ユミル「な、何言ってんだよバカ!私のどこが綺麗なんだよ//」アセアセ

ユミル(あぶねー、一瞬落ちかけたよ)

ジャン「お前のほうが何言ってんだよ 俺は正直者だから嘘は言わねぇよ」

ユミル(つ、つまり私のことを本当に綺麗だと思ってんのか、コイツは//)ドキドキ

78: じょうじ 2013/11/19(火) 22:54:54 ID:Ue.Ew7d.

ジャン(俺は何言ってんだ…俺は…俺は今でもミカサが好きだ!だが…今日、一日中一緒にいたからかな…今はコイツが凄く綺麗で可愛く見える//)ドキドキ

ユミル「ほ、本当に私は綺麗なのか?//」

ジャン「あ、ああ!凄く綺麗で可愛いよ!」

ユミル「えっ、可愛い?//」ドキッ

ジャン「やべっ、つい本音が…」

ユミル「本音ってお前…///」

ジャン「す、すまん///」

ユミル(ヤバイ!このままじゃコイツに本気になっちまう!確かに少しぐらい優しくて、顔も少しぐらいまあまあだが、あのジャンだぞ!?それでいいのか、私は!?)ドキドキ

ジャン(心臓が破裂しそうなんだけど!……俺には今何をするべきかがわかる それは…)ドキドキ

ジャン「ユ、ユミル//」ス…

79: じょうじ 2013/11/19(火) 22:55:46 ID:Ue.Ew7d.

ユミル「えっ!?//ちょっ、待…!?」


そして二人はゆっくりと顔を、お互いに吐息が掛かるぐらい近づけた


ジャン(それは…キスだ//)

ユミル(あぁ…もういいや…コイツでもいい)


イターーーイッ!


ジャン・ユミ「はっ!?」バッ

ユミル「今の声はクリスタ!?」

ジャン「もう始まっちまったのか!?」

ユミル「あの野郎…クリスタの純潔を!!クリスタ、今行くぞ!」ダッ

ジャン「待てよ!」ガシッ

ユミル「何故だ!?早くしないとクリスタが!」ジタバタ

ジャン「あの二人は合意のもとでやってんだろ?だったら邪魔をしないで見守ってやれよ」

ユミル「くっ…」

80: じょうじ 2013/11/19(火) 22:56:29 ID:Ue.Ew7d.

倉庫の中


クリスタ「や、やっぱり私が!」

ベルトルト「さっきそれで失敗したんでしょ?ほらほら我慢、我慢」グッ

クリスタ「痛ッ!?」

ベルトルト「ごめんね でも、初めは痛いかもしれないけど、馴れてくると気持ち良くなるみたいだよ」

ユミル「……」

ジャン「……」

クリスタ「それにしても痛すぎるよ!」

ベルトルト「僕も初めてだからね、力加減がわからないんだよ それよりちゃんと見て覚えないと」

クリスタ「そ、そうよね 私、頑張る!」

81: じょうじ 2013/11/19(火) 22:57:08 ID:Ue.Ew7d.

ベルトルト「じゃあ少し強くするよ」グッ

クリスタ「~~~~!?」

ベルトルト「どう、気持ちいい?」

クリスタ「全然気持ちよくないよ!」

ジャン「……」

ユミル「……お前ら何やってんだ?」

ベル・クリ「えっ!?」クルッ

クリスタ「ど、どうしてユミルとジャンがここに!?」アセアセ

ベルトルト「……バレちゃったみたいだね」

クリスタ「ユミル!これには深いわけが!」

ユミル「どんなわけか知らんが、何でお前らは……」





ユミル「足ツボマッサージをしてんだ?」

82: じょうじ 2013/11/19(火) 22:57:45 ID:Ue.Ew7d.

クリスタ「こ、これはその…」アセアセ

ベルトルト「クリスタ…もう本当のこと言った方がいいよ」

クリスタ「うん…わかった ユミル……」

ユミル「何だ?」

クリスタ「一日早いけどお誕生日おめでとう!!」ハッピー!

ベルトルト「おめでとう!」バースディ!

ユミル「……はあ?」

クリスタ「明日はユミルの誕生日でしょ?」

ユミル「そういやそうだったな…すっかり忘れてた」

ジャン「それで何で足ツボに繋がるんだ?」

クリスタ「最近、ユミルが疲れた~ってよく言っていたから、図書室で疲れがとれる方法を調べて、足ツボが良く効くらしいから押したあげようと思ったんだよ!」

ベルトルト「最初はクリスタが僕にやってくれてたんだけど、クリスタじゃ押す力が弱すぎて効かなかったんだ」

クリスタ「そ、そんなことないもん!ベルトルトが鈍感なだけだもん!」プンプン

83: じょうじ 2013/11/19(火) 22:58:28 ID:Ue.Ew7d.

ユミル「じゃあ、あのネックレスも私にか?」

クリスタ「え?何でユミルが知ってるの?」

ユミル「」ギクッ

ユミル「な、何でもない!今のは忘れてくれ!」アセアセ

ベルトルト「…ジャン、また尾行してたのかい?しかもユミルと一緒に」

ジャン「す、すまねぇ、つい出来心で…」シュン

ユミル「反省してます」シュン

クリスタ「もう…せっかく明日、驚かせようと思ってたのに…」

ユミル「ご、ごめんよ、クリスタ」

クリスタ「ユミルなんか、許してあげ……」

ユミル「あげ…?」

クリスタ「るーーー!」ダキッ

ユミル「クリスタ!」パアァ

84: じょうじ 2013/11/19(火) 22:59:06 ID:Ue.Ew7d.

クリスタ「今までユミルのこと避けててごめんね!私もさみしかったんだよ!」

ユミル「そうだよな!さすがは私の嫁だ!」ギュウゥゥゥ

ベルトルト「…僕達、邪魔者だね」

ジャン「そうだな…」

クリスタ「…そういえば、何でジャンとユミルが一緒にいたの?」

ジャン・ユミ「」ギクッ

ベルトルト「確かにどちらかと言うと仲が悪いと思ってたんだけど…」

ユミル「そ、そのとおりだぜ 私とジャンはめっちゃ仲が悪いんだぞ!」アセアセ

ジャン「そうだ、お前らの跡をつけたのも、さっきのも、たまたまなんだよ!」アセアセ

クリスタ「さっき?」

ジャン「やっべ!」

ユミル「バカ野郎!何言ってんだよ、お前は!これだから馬は嫌なんだよ」

ジャン「何だと!お前だってさっきはその気だったじゃねぇか!」

ユミル「う、うるせぇ!雰囲気に騙されただけだ!」

85: じょうじ 2013/11/19(火) 23:00:17 ID:Ue.Ew7d.

ベルトルト(なんとなくわかったかも…)

クリスタ「??」

ジャン「と、とりあえずもう戻ろうぜ 教官にバレたらヤバイだろ?」

ユミル「そうだな!クリスタ、行くぞ!」

ジャン「待てよ、外は結構暗いから送るよ」

ユミル「…なに優しくしてんだよ」

ジャン「お前が言ったんだろ、気遣いだけはできるって」

ユミル「そういや言ったな…」

ジャン「……ミカサ以外だったら簡単に彼女を作れるとも」

ユミル「テ、テメェ!//」

ジャン「はっ!すまない、今のは失言だった//」

ベルトルト(…いつまでイチャついてるの?早く行くよ)ボソッ

ジャン・ユミ「イチャついてねぇよ!!」

クリスタ「??」

89: じょうじ 2013/11/20(水) 20:59:08 ID:WuFM33UQ

翌日   食堂


ライナー「お、おはよう!クリスタ!」

クリスタ「おはよう ベルトルト、ライナー」ニコ

ライナー(相変わらず可愛いなぁ…)ホッコリ

ベルトルト「おはよう クリスタ、ユミル」

ユミル「なに平然とこっちに座ってんだよ」モグモグ

ベルトルト「いいじゃないか…それにそれを言うなら」チラ

ジャン「…何だよ」モグモグ

ベルトルト「いや、別に何でもないよ」

ライナー「…珍しいな、マルコとジャンがこっちで食べるなんて」

ジャン「たまたま他の席が空いてなかったんだよ!」

ベルトルト「結構、空いてるけどね」

マルコ「そういうことにしといてあげてよ」モグモグ

90: じょうじ 2013/11/20(水) 20:59:47 ID:WuFM33UQ

ベルトルト(それより、クリスタ 昨日の服は女子寮だけで着るんでしょ?)コソコソ

クリスタ(うん!ユミルにはまだ内緒にしててね)コソコソ

ベルトルト(これでライナーが気絶することは無さそうだ…良かった)


これから訓練を始める!
―――――――――――――――――――
今日の訓練はこれで終了だ!


食堂


ライナー「今日もキツかったなぁ」

ベルトルト「そうだね それより…」ゴソゴソ

ベルトルト「はい、ユミル 改めて誕生日おめでとう」

ユミル「おう、悪いな」

ライナー「お前、誕生日だったのか…悪いな、知らなくて俺は何も用意してなかったよ」

91: じょうじ 2013/11/20(水) 21:00:33 ID:WuFM33UQ

ユミル「いいって、そういうのあんまり好きじゃないんだよ…って何だこの本は!?」

ベルトルト「何だって…『女性らしい仕草 ベスト100』だよ」

ユミル「ふ~ん…いらん、返す」つ本

ベルトルト「当商品は返却不可となっております」

ユミル「じゃあ後で捨てるわ、ありがとな」

ベルトルト「プレゼントしたかいがあったよ」

クリスタ「ちょっとユミル!せっかくベルトルトが買ってくれたんだから大事にしなくちゃダメでしょ!」

ユミル「でも、私が女性らしくって…絶対バカにしてんだろ?」

ベルトルト「そんな事ないよ、僕は君にもっと女性らしくなって欲しいから買ったんだよ それに…」

ベルトルト(今の君にこそ必要なんじゃないの?)ボソッ

ユミル「テメェ!?」

92: じょうじ 2013/11/20(水) 21:01:08 ID:WuFM33UQ

クリスタ「どうしたの、ユミル?」

ユミル「いや、何でも…」チラ




ミカサ「エレン、もっとお行儀良く食べなさい」

エレン「食べてるだろ!一々うるせぇよ!」

アルミン「まあまあ」ハハハ

ジャン(エレンの野郎…ミカサにべったりしやがって)ギリッ



ユミル「」イラッ

ユミル「ベルトルさん…」

ベルトルト「はい、何でしょう?」

ユミル「ありがたく使わせてもらうよ」

ベルトルト「ありがたき幸せです」サッ

ライナー「最近、お前のキャラがわからなくなってきたぞ」

93: じょうじ 2013/11/20(水) 21:01:48 ID:WuFM33UQ

ベルトルト「他の人からは何か貰ってないの?」

ユミル「ああ、これから同室の奴らが祝ってくれるらしいんだが…正直めんどくさくてな」ボリボリ

ベルトルト(恥ずかしいんだ…)

ライナー(恥ずかしいんだな…)

クリスタ「じゃあ私は準備があるから、サシャ達と先に帰るね」

ベルトルト「クリスタ、頑張ってね」

クリスタ「うん!」テクテク


ミンナー!ソロソロ、ジュンビシヨウ!


ユミル「はぁー…それまで暇だな」

ベルトルト「…じゃあ、あそこで暇そうな人達を呼んでくるよ」

94: じょうじ 2013/11/20(水) 21:02:50 ID:WuFM33UQ

ユミル「!?待て!アイツは呼ぶなよ!」

ライナー「アイツ?」

ベルトルト「…アイツって誰?」

ユミル(白々しい奴め!)ギリッ

ベルトルト(これでこの間の仕返しぐらいは出来たかな…まっ、ジャンは連れてくるけどね)スタスタ



コニー「おう、ブス 誕生日なんだってな、おめでとう」

ユミル「ありがとな、バカ」

ジャン(そんなにブスじゃねぇだろ…)イラッ

マルコ「ごめんね、何も用意してなくて」

アルミン「僕達はミカサから聞いてたから用意してたよ はい!」

エレン「この前、ミカサの誕生日もあったからな 予算的にそれぐらいしか買えなかったよ」

エレン(本当は別のにも金を出したんだけどな)

95: じょうじ 2013/11/20(水) 21:03:51 ID:WuFM33UQ

ユミル「おっ、クッキーか!気が利くじゃねぇか…どっかの誰かさんみたいに、嫌味ったらしい本じゃなくて助かるぜ」

ベルトルト「すいませんね どっかの誰かさんで」

ジャン「あの時のか…どんな本をあげたんだ?」

ベルトルト「それはね『女性らしいs―ユミル「ファッション雑誌だ!」

ジャン「へ、へぇ~…そうか」

ユミル(いい加減にしろ!)ギロッ

ベルトルト(さすがにこれ以上は後が怖いな…)リョウカイデス

ジャン「…じゃあ、今度その雑誌の中に気に入ったのがあったら買ってやるよ」

ユミル「ほ、本当か!?」

ジャン「ああ、誕生日が過ぎちまうが、それで許してくれ」

エレン「ほう…あのジャンが」

アルミン「珍しいね」

ジャン「う、うるせぇ!もう直ぐ卒業だろ?最後ぐらい、いい思い出を…」

96: じょうじ 2013/11/20(水) 21:04:36 ID:WuFM33UQ

コニー「…何でいい思い出がユミルへの誕生日プレゼントなんだ?」

ジャン「そ、それはユミルにとって、いい思い出になればなぁ~って思っただけだ!」

ベルトルト(その言い訳もキツイと思うけど…)

エレン・コニー「へぇ~お前って意外といい奴だな」

ベルトルト(納得しちゃったよ、この二人)

ユミル「…そういや、ジャン あの土産はベルトルトにあげたのか?」

ジャン「あっ、すっかり忘れてた」

ベルトルト「土産?何で僕に?」

ジャン「この間、俺が悪いのにミカサをフォローしてくれたろ?そのお詫びだ
……後で渡すな、ベルトルト」ニヤニヤ

ユミル「絶対気に入るぞ」ニヤニヤ

ベルトルト(うわぁ…凄く悪い顔をしてるよ、二人とも こういうとこは似ているなぁ…)

97: じょうじ 2013/11/20(水) 21:05:17 ID:WuFM33UQ

ザッ

ハンナ「ユミル、準備が出来たから来ていいよ」

ユミル「やっとか、じゃあ行くな 色々とありがとな」

ベルトルト「そうだ、一つだけ警告しておくよ」

ユミル「何だ?」

ベルトルト「クリスタを襲わないようにね」

ユミル「はあ?言われなくても襲わねぇよ…愛し合うかも知れないがな」スタスタ

ライナー「…そんなに危険なのか?」

ベルトルト「君は大丈夫だよ 襲う前に気絶するから…」

ライナー「ふっふっふ、それもまた一興だ」

ベルトルト「ひくわー…」

ジャン「じゃあ俺達も戻るか」

98: じょうじ 2013/11/20(水) 21:06:18 ID:WuFM33UQ

女子宿舎


ハンナ「さあ、ユミル 入って!」

ユミル「なんでこんな大々的にやるんだよ」

ハンナ「この部屋のメンバーで卒業までに誕生日を迎えるのが、あなたしかいなかったのよ」

ユミル「つまり、誰でも良かったと」

ハンナ「それは違うわ、誰でもいいわけじゃない みんなユミルが好きだから祝ってくれるのよ」

ユミル「…よくそんな恥ずかしい台詞が言えるな さすがは人妻」

ハンナ「ちょっとやめてよ、まだ私達は熱々でラブラブの夫婦になってないよ//」テレ

ユミル「」イラッ

ユミル「すまん、もう入っていいか?」

ハンナ「え?ああ、いいよ じゃあ開けるね」


ガチャ


一同「ユミル、誕生日おめでとう!」ハッピーバースディ!

99: じょうじ 2013/11/20(水) 21:07:18 ID:WuFM33UQ

ユミル「うおっ!?大きな声出しやがって、ビックリするだろ」

サシャ「ユミルらしい反応ですね」

アニ「可愛げがまったく無いね」

ユミル「お前に言われてたくねーよ…それより、クリスタは?」キョロキョロ

クリスタ「ユミル!」

ユミル(後ろ!?ドアに隠れてたのか!)クルッ

ユミル「なっ!?」


そこにはメイド服を着たクリスタがいた


クリスタ「お誕生日おめでとうございます、ユミル様!」ペコ

ユミル「」

クリスタ「今日は…って言っても少しの間だけだけど、私はユミル様のメイドです!精一杯、ご奉仕させていただきますね!」

ミーナ「クリスタ、ノリノリだね」

100: じょうじ 2013/11/20(水) 21:07:51 ID:WuFM33UQ

クリスタ「ユミル様?聞いてますか?」

ミカサ「…ユミル、起きないとクリスタのメイド姿が見れなくて勿体ない」ユサユサ

ユミル「ガハッ!」

サシャ「息を吹き返しました!」

ユミル「あぶねぇ…死ぬとこだったぜ」ハァ ハァ

ミーナ「じゃあとりあえず私とハンナからのプレゼント、手作りケーキだよ」

ユミル「おおっ、クリームケーキか!砂糖が高いのに悪いな」

ハンナ「頑張って作ったから絶対美味しいよ!」

ユミル「じゃあさっそくいただくわ」

サシャ「待ってください!ここで私のプレゼントを渡します!」

ユミル「何だ、食いもんか?」

サシャ「何で食べ物って決めつけるんですか!コレですよ、イチゴです!」

アニ「食べ物じゃん」

ユミル「めっちゃ大量にあるな」

104: じょうじ 2013/11/20(水) 23:14:31 ID:WuFM33UQ

サシャ「このイチゴをミーナ達のケーキに乗せて完成です!」ヒョイ

ミーナ「実は既に中にもイチゴが入ってるのよ」

ユミル「じゃあこれはショートケーキなのか」

サシャ「余ったイチゴは後でジャムにして渡しますね」

ユミル「至れり尽くせりだな 三人とも、ありがとな」

ハンナ「初めてユミルからお礼を言われたかも…」

ミーナ「明日は雪かな?」

ユミル「ひでぇな」

クリスタ「さあ、ユミル様 どうぞ」ニコ

ユミル(くっ…耐えるんだ、私!ここで気絶しては勿体なすぎる!)

ユミル「ク、クリスタ!様を付けるのはやめてくれ いつも通りで呼んでくれよ、そっちの方が嬉しいからさ」

クリスタ「気に入ってたのに……わかったよ、ユミル」シュン

ユミル(うっ、少し罪悪感が…)

105: じょうじ 2013/11/20(水) 23:15:37 ID:WuFM33UQ

クリスタ「…!」ピコーン!

クリスタ「じゃあ私が食べさせてあげるよ!はい、あーん」つケーキ

ユミル「」

アニ「…ミカサ」

ミカサ「御意」サッ

ユミル「」パカッ

ハンナ(後ろから無理矢理口を開けたよ…)

クリスタ「どう、美味しい?」

ミカサ「」クイクイ

ユミル「」コクコク

サシャ「」ブファ

サシャ「やめてください、ミカサ!面白すぎます!」ハハハ!

アニ(やらせといてあれだけど、めっちゃ面白い…)プルプル

106: じょうじ 2013/11/20(水) 23:17:56 ID:WuFM33UQ

ミカサ(でもこれだと、せっかくミーナ達が作ってくれたケーキを味わえない 何かいい手はないだろうか……そうだ!)

ミカサ(ユミル…大変!クリスタに危険が!)ボソッ

ユミル「クリスタ!?」ガバッ

クリスタ「なあに?ユミル」

ユミル「ん?んっ?私は何をしてたんだ?それに口の中が甘い…」モグモグ

ミカサ「無事生還しました」バッ

アニ「ご苦労」

ミーナ「じゃあ今度はアニ達のプレゼントをあげなよ」

アニ「そうだね 私からはこれ」

ユミル「髪留めか」

アニ「一応アンタに合いそうなシンプルなヤツにしたんだけど…」

ユミル(…意外と私を見てくれてんのか)

ユミル「サンキューな、ありがたく使わせてもらうよ」

アニ「そう…」

107: じょうじ 2013/11/20(水) 23:18:29 ID:WuFM33UQ

ミカサ「私からはこれ」

ユミル「香水か!?高かったんじゃないのか?」

ミカサ「エレンとアルミンも少し出してくれた」

ユミル「でもさっきアイツらからクッキーを貰ったぞ?」

ミカサ「それはこの間のお礼に、ベルトルトにあげようとしたんだけど、ベルトルトがユミルにあげてと言っていたから」

ユミル(ヤバイ…アイツ、めっちゃいい奴じゃん)

クリスタ「その香水はどんな香りなの?」

ミカサ「ユミルは大人らしい女性なのでバラが似合うと思って」

ユミル「バラか…使う機会が少ないと思うけど、ありがとなミカサ」

ミカサ「どういたしまして」

108: じょうじ 2013/11/20(水) 23:19:38 ID:WuFM33UQ

クリスタ「じゃあ最後に私から…まずはお洋服!カワイイ系とカッコイイ系をプレゼント!」

ユミル「おう、サンキュー クリスタが選んでくれたヤツなら何でも着るぜ!」

クリスタ「そしてもう知ってるけど、ハートのネックレス!」

ミーナ「あっ、凄く可愛い!」

クリスタ「へへへ~、いつまでも一緒にいられるようにって思って、私とペアルックなんだよ」ニコ

ユミル「クリスタ…」

クリスタ「気に入ってくれた?」

ユミル「ありがとな!一生大事にするよ!」ダキッ

クリスタ「ちょっとユミル~!苦しいよ~!」

サシャ「で、では!みなさんで残りのケーキを分けましょう!」ジュルリ

ミーナ「でもこれは全部、ユミルの分だよ」

サシャ「そ、そんな~!?」ガーン

ユミル「ガハハハハ!いいって、私一人で食えないし、お前らが作ってくれたんだろ?それにこんな時間にこれを全部食べたら太っちまうよ」

アニ「アンタが体型を気にするなんて…もしかして、男でもできた?」

ユミル「」ギクッ

109: じょうじ 2013/11/20(水) 23:21:42 ID:WuFM33UQ

ユミル「そ、そんなわけないだろ!私にはクリスタがいるからな!」ギュウゥゥ

クリスタ「く~る~し~い~!!」ジタバタ

アニ(ごまかそうとしてるな…)

アニ「…付き合ってはいないけど好きな奴ができたとか?」

ユミル「」ギクギクッ

ユミル(何なんだよ!お前の勘の鋭さは!!)

クリスタ「そうなの?ユミル」ワクワク

ユミル「ち、違う!!」

ミーナ「この反応…いるな いや、いるね!」

ミカサ「これだけでは不確か サシャ、お願い」

サシャ「任せてください!」モグモグ

サシャ「………」クンクン

サシャ「これは…いますね!そんな匂いがしました!」

ミカサ「これで証拠は揃った」

ユミル「証拠不十分だ!!」

110: じょうじ 2013/11/20(水) 23:23:37 ID:WuFM33UQ

ミカサ「…では、最終手段を使うしかない」ポキポキ

ユミル「力づく!?」

アニ「私も手を貸すよ」ポキポキ

ミーナ「でました!対人格闘最強二人組み!」

ミカサ「では…こちょこちょの刑を開始する」

ユミル「ひ、ひいぃぃ!?」


ヤメローー!!イイデハナイカ、イイデハナイカ
コチョコチョ コチョコチョ
ガハハハハハハハハ!!



その頃、男子宿舎では…



ジャン「…あれ?ベルトルトは?」

エレン「さっきアルミンと一緒にフランツに本を借りに行ったぞ」

111: じょうじ 2013/11/20(水) 23:24:56 ID:WuFM33UQ

ジャン「何だよ、せっかくプレゼントを用意してたのに…いや、向こうの部屋で渡すのも面白いな」

エレン「何だ、何か悪さでもすんのか?」

ジャン「いや、とても良いことをするんだ…」ニヤリ

エレン「??」


スタスタ


アルミン「ごめんね、まだ使ってたんでしょ?」

フランツ「いいよ、ちょうど煮詰まってたとこだったし それにアルミンとベルトルトから教わりながら課題ができるからラッキーだよ」

ベルトルト「今度の課題はあの文献が無いとキツイのに、気づいてる人が少なすぎるよ」

アルミン「フランツの前は誰が借りてたの?」

フランツ「マルコだけだよ 彼は一応、他の人にも伝えたんだけど、まだまだ期日には遠かったから誰もやらないんだよ」

アルミン「…期日まじかで文献の取り合いになるね 後でミカサ達にも見せていい?」

フランツ「もちろんいいよ その時にハンナにも一緒に教えてあげてもらっていい?」

112: じょうじ 2013/11/20(水) 23:26:04 ID:WuFM33UQ

ベルトルト「それは君がやりなよ 僕達がフォローするからさ」

アルミン「そうだね、その方がハンナも喜ぶよ」

フランツ「二人とも……お似合い夫婦だなんて言わないでよ//」テレ

ベルトルト「一言も言ってないからね」


クリスタハ、メガミダヨナー
ベルトルトガイナケレバ オレノナンダケドナー


アルミン「…凄く入りづらいね」

ベルトルト「…そうだね」

フランツ「じゃ、じゃあ僕が一人で取ってくるよ」

113: じょうじ 2013/11/20(水) 23:27:18 ID:WuFM33UQ

ガチャ


フランツ(早く文献を持って出なくちゃ…)

訓練兵A「なあ、クリスタならさ お願いすればヤらしてくれそうじゃね?」

訓練兵B「確かに、いつも俺達の為にやってくれるからご奉仕もしてくれるな、きっと」

フランツ「オイ、お前ら!それは彼女に失礼だろ!」

訓練兵C「うるせぇよ!彼女持ちには俺達の気持ちなんてわからねぇんだよ!」

訓練兵D「…決めた!俺は卒業するまでにクリスタとヤる!この間の訓練でも俺を助けてくれたし、俺ならいける!」

訓練兵B「助けてくれたって…それはブスの方だろ?」

訓練兵D「途中まではクリスタが助けてくれてたんだよ!」

114: じょうじ 2013/11/20(水) 23:28:15 ID:WuFM33UQ

訓練兵A「…なあ、その時俺も混ぜてくれないか?」

訓練兵D「ええ~…本当は一人でヤりたいが二人以上なら暴れても無理矢理できるか」

訓練兵B「じゃあ俺も!」

訓練兵C「俺は口でしてもらうかな…」

フランツ「オイ!いい加減にしr―ガチャ

ベルトルト「フランツ…早く行こうよ」

訓練兵D「ベ、ベルトルト…!?」

フランツ「ベルトルト…」

ベルトルト「どうしたの?僕に気にせず話を続けてよ」

訓練兵B「こ、これは俺達の妄想であって、本当にやろうとしてたわけじゃないんだぞ?」アセアセ

115: じょうじ 2013/11/20(水) 23:29:37 ID:WuFM33UQ

訓練兵A「そ、そうだぜ!それにこういう妄想なら、お前と同部屋のジャンだってするだろ?」

ベルトルト「…確かに彼はたまに変態的な考えをする時がある でも、彼は決して君達みたいに仲間を傷つけるようなことはしないよ」

訓練兵D「お、俺達だって誰も傷つけてないだろ!」

ベルトルト「そうだったね、今のは謝るよ ごめん」

フランツ「ベルトルト、もう行こうよ」

ベルトルト「うん…あと最後に一つ言っておくよ」

訓練兵A「な、何だよ」

ベルトルト「今後、もし彼女に手を出したら…」








ベルトルト「殺すからね」ニコ

116: じょうじ 2013/11/20(水) 23:30:20 ID:WuFM33UQ

バタン


訓練兵A「い…今の目はマジだったぞ」ガクガク

訓練兵C「も、もうクリスタに近づくのはやめようぜ!」ブルブル

訓練兵D「う…うぅ…おえぇぇぇぇぇぇ」ベチャベチャ

訓練兵B「おい!吐きやがったぞ!?大丈夫か!?」



ベルトルト「……」

フランツ「…ごめんね、ベルトルト」

ベルトルト「フランツが謝ることじゃないよ…」

ジャン「…何かごめんな」

ベルトルト「ジャンが謝ることでもないよ…」

117: じょうじ 2013/11/20(水) 23:32:04 ID:WuFM33UQ

フランツ「ていうかジャンとエレンも来てたんだ よく我慢できたね」

エレン「ああ、最低な会話が聞こえてきたから、殴って黙らせようとしたんだけど、ベルトルトが止めたんだよ」

ベルトルト「暴力じゃ何も解決しないからね…それにこれは僕の問題だったから…」

フランツ「…この雰囲気じゃ勉強会も無理そうだから、今度にしようか」

アルミン「そうだね、ミカサ達も呼んで食堂でやろう」

フランツ「じゃあ僕はアイツらを叱ってくるよ」

ジャン「ほどほどにしろよ」

フランツ「エレンとジャンじゃないんだから、暴力は振るわないよ あんな奴らでも仲間だからね」

エレン「…俺はそんなにケンカっぱやいイメージがあるのか?」

アルミン「イメージも何もそのまんまだよ」クス

ジャン「コイツはいいが俺は違うだろ?」

エレン「テメェ…ケンカ売ってんのか?」

ジャン「そうやって直ぐに熱くなるから言われるんだよ!」

ベルトルト「君もエレン限定だけど、直ぐに熱くなるよ」

118: じょうじ 2013/11/20(水) 23:32:49 ID:WuFM33UQ

フランツ「つまり二人は相思相愛だね!」

エレン・ジャン「誰が相思相愛だ!!」


スタスタ


アルミン「…そういえばエレンとジャンは何しにあの部屋に?」

ジャン「!!い、いや、別に何でもねぇよ たまたま通りかかっただけだ」アセアセ

エレン「何で嘘つくんだよ ベルトルトに何か渡そうとしてたろ?」

ジャン(バカ野郎!さっきの流れからだと渡しづらいんだよ!!)

ベルトルト「…そういえば、さっき言ってたね」

エレン「今、渡しちまえよ」

ジャン(コイツ、何で俺を死に急がせるんだ!?)

ジャン「あ、後で部屋で渡すよ!」

ベルトルト「もう部屋に着いたよ」ガチャ

ジャン「」

119: じょうじ 2013/11/20(水) 23:34:00 ID:WuFM33UQ

ベルトルト達の部屋


ベルトルト「で、何を僕にくれるの?嫌な予感しかしないから、正直いらないんだけど…」

ジャン「ちょ、ちょっとした冗談もいれてあるんだぞ?あと、俺を怒るなよ?」

ベルトルト「わかったから何?」

ジャン(やっぱりさっきの一件で少しキレてるよ…)

ジャン「こ…この本だ」

ベルトルト「こ、これは…!?」


『金髪少女兵団 ~ロリコンの、ロリコンによる、ロリコンの為のエロ本~』


ベルトルト「」

エレン「うわぁ…」

アルミン「最低…」

120: じょうじ 2013/11/20(水) 23:34:53 ID:WuFM33UQ

ジャン(予想通り、ひかれたー ユミルが選んだって言えねー)

アルミン「さっきの流れからこれは無いね」

ジャン「仰るとおりです」

エレン「おっ、何かメモ紙が挟んであるぞ」


『精々はげめよ、ベルトルさん だが、抜きすぎには注意しろよ!  byユミル』


ベルトルト「」

エレン「アイツも共犯かよ」

ジャン「いつ挟んだんだよ 俺の気遣い無駄じゃねぇか」

エレン「でも、何で金髪少女なんだ?ベルトルトの趣味なのか?」

アルミン「君はそれを本気で言ってるの?さっきは何を聞いてたの?」

ジャン「ベルトルト…すまねぇ 嫌だったら俺が持っておくよ」

ベルトルト「ジャン……ありがたく貰っておくよ」

アルミン「貰うの!?」

ジャン(やっぱり気に入ったのか…)

121: じょうじ 2013/11/20(水) 23:35:50 ID:WuFM33UQ

ベルトルトの秘蔵本が増えた頃、女子宿舎では…


クリスタ「えい!」グッ

クリスタ「どう?気持ちいい?」

ユミル(力が弱くてまったく効いてないけど最高だ…)ホッコリ

クリスタ「ユミル?」

ユミル「あ、ああ!疲れが一気に吹き飛んだぜ!」

クリスタ「本当に!」パアァ

ハンナ「あーあ、ユミルの恋バナ聞きたかったなぁ」

アニ「まさか、教官がくるとは…不覚」

ユミル「あれだけ騒げば、教官が来るのは当たり前だろ!!」

サシャ「それにしてもミカサ!さっきは酷かったじゃないですか!」モグモグ

ミカサ「ごめん 教官の魔の手から逃れるには貴方の力が必要だった」

サシャ「だからってまた放屁で誤魔化すのは無茶ですよ!」

ミーナ「信じて帰ったけどね」

122: じょうじ 2013/11/20(水) 23:36:51 ID:WuFM33UQ

クリスタ「とりあえず足ツボマッサージはこれでお終いね」

ユミル「ええ~もう少し頼むよ~」

クリスタ「じゃあ他に何かしてあげるよ 何がいい?」

ユミル「そうだな……膝枕で耳かきなんてどうだ?」

アニ「欲望に忠実だね」

クリスタ「それぐらいなら任せてよ!」ガサガサ

クリスタ「では、この耳かきでユミルを気持ちよくしてあげる!」シャキーン!

ユミル「ぜひ、お願いします!」ジュルリ

ミカサ「涎は拭いたほうがいいと思う」つハンカチ

ユミル「おっと、すまないな 無条件反射で出ちまった」ゴシゴシ

サシャ「無条件反射って何ですか?」モグモグ

ハンナ「サシャ、いい加減食べるのやめなよ 太るよ」

123: じょうじ 2013/11/20(水) 23:37:44 ID:WuFM33UQ

ミカサ「無条件反射とは頭で考えずに体が動いてしまうこと 先天的に備わった反射のことを言う
それに対して、訓練や経験などによって体に覚えさせた反射を条件反射と言う」

サシャ「??」

ミカサ「…サシャ、私は今、クッキーを持っている」

サシャ「!!」ジュルリ

ミカサ「これが無条件反射 クッキーと聞いて、意識せずに唾液が出る」

ミーナ「なるほど ていうか、まだ食べるの?」

ミカサ「サシャ…」サッ

サシャ「わん!」サッ

ミカサ「このお手が条件反射 お手をすればクッキーが貰えると、今までの経験から判断し、手を出した」

ハンナ「なるほど ていうか、サシャは犬なの?」

124: じょうじ 2013/11/20(水) 23:40:09 ID:WuFM33UQ

サシャ「ミカサ!クッキーは!?」

ミカサ「もう夜も遅い ので、明日までお預け」

サシャ「そ、そんなぁ~…」ガクッ

アニ「…アンタのは条件反射でしょ?」

ユミル「いや、私のクリスタ愛は生まれ持って備わったものだぜ!」クワッ

クリスタ「ちょっとユミル!動いたら危ないでしょ!」ホジホジ

ユミル「す、すまん」

クリスタ「~~~~♪」ホジホジ

ユミル(ああ…幸せだ……)ホッコリ


その後、反対の耳を掃除してもらう時に、クリスタのパンチラを見たユミルが暴走し、クリスタに襲い掛かったがミカサによって鎮圧された 
色々と問題もあったが、彼女らにとってこの日は、卒業前のいい思い出となって記憶に残るだろう

126: じょうじ 2013/11/21(木) 00:00:35 ID:Lg96Vbks

そして月日が流れ、彼らに別れの時がせまった


解散式後  夜

物陰


ベルトルト「…最終確認をするよ 明日、僕らはまた大量殺人鬼となる」

アニ「………」

ライナー「……ああ」

ベルトルト「ここにいる仲m…訓練兵も大勢死ぬだろう……それでもできる?」

ライナー「もちろんだ…」

アニ「……そういうアンタはできるの?仲良くしてたクリスタ達を…自分の手で殺せるの?」

ベルトルト「殺せるよ…躊躇なくね」

アニ「そうかい……アンタは強いんだね」

アニ(……私は今の自分の問いに答えられるのだろうか…)

ライナー「…じゃあそろそろ戻るか」

127: じょうじ 2013/11/21(木) 00:01:38 ID:Lg96Vbks

スタスタ


ベルトルト(ん?あそこに座ってるのは…クリスタ)

ライナー「どうした、ベルトルト?」

ベルトルト「…ライナー、先に戻ってて 僕は少し夜風に当たってくるよ」

ライナー「…そうか、消灯時間には戻ってこいよ」

ベルトルト「うん…」



クリスタ(はぁ……ここにいる皆ともお別れか)

ベルトルト「やあ、クリスタ こんなとこで何してるの?」

クリスタ「ベルトルト…星を見ながら、少しだけ考え事してたの」

ベルトルト「そうなんだ……僕達『良いことし隊』も今日で解散だね」

クリスタ「そうだね…さみしいなぁ」

128: じょうじ 2013/11/21(木) 00:03:27 ID:Lg96Vbks

ベルトルト「…ありがとね、僕を『良いことし隊』に入れてくれて」

クリスタ「迷惑じゃなかった?」

ベルトルト「最初は正直迷惑だったかな」

クリスタ「ごめん…」

ベルトルト「でも今は良かったと思ってるよ クリスタのおかげで皆とも仲良くなれたしね」

クリスタ「なら、良かった!」

ベルトルト「『良いことし隊』自体が、クリスタが僕にしてくれた『良いこと』だったんだよ…本当にありがとね」

クリスタ「ううん、私もベルトルトと一緒にいれて楽しかったよ」ニコ

ベルトルト「……ねぇ、クリスタはどこの兵団に志願するの?」

129: じょうじ 2013/11/21(木) 00:04:33 ID:Lg96Vbks

クリスタ「……正直、まだ決めてないの」

ベルトルト「…嘘だね 調査兵団にしようとしてるでしょ?」

クリスタ「やめてよ…ベルトルトは直ぐにそうやって人の心を読むんだから」

ベルトルト「だって『良いこと』をして、他の人達から『良い人』だと思われながら死にたいと、まだ思ってるでしょ?」

クリスタ「うん……やっぱり駄目かな?」

ベルトルト「駄目じゃないよ、僕は君を止めない それは君が選んだ生き方であり、死に方であるからね」

クリスタ「ありがと、ベルトルト……ベルトルトはもう、死にたいと思わなくなったの?」

ベルトルト「…うん 自分なりに結論を出したからね」

クリスタ「どんな結論なの?」

130: じょうじ 2013/11/21(木) 00:06:01 ID:Lg96Vbks

ベルトルト「それは…内緒かな」

クリスタ「ええーいいでしょ、ちょっとぐらい」

ベルトルト「う~ん…極端に言えば僕の場合、生きてる方が苦しむから簡単に死んじゃいけないんだ だから僕はもっと、限界まで苦しむ為にも長く生きてないといけないんだ」

クリスタ「う~ん…よくわからないけど、もしその苦しみから逃げ出したくなったら死ぬ前に私に会いに来てね その苦しみを少しでも取ってあげるから!」

ベルトルト「……じゃあ、クリスタも僕が会いに行くまで死なないでよね」

クリスタ「わ、私は死んでもいいんだよ!」

ベルトルト「じゃあ僕も死んでもいいんだよね?」

クリスタ「むむ~~!」キッ

ベルトルト「そんな顔しても駄目だよ 僕が会いに行くまで絶対に死なないでね、約束だよ それが僕にとって『良いこと』だからね」ニコ

クリスタ「…私、そんなに待てないよ?」

ベルトルト「君は本当にネガティブだね」

クリスタ「エッヘン!」ドヤッ

ベルトルト「いや、褒めてないからね」

131: じょうじ 2013/11/21(木) 00:11:04 ID:Lg96Vbks

クリスタ「じゃあ、ベルトルト また明日ね」フリフリ

ベルトルト「おやすみ、クリスタ」

ベルトルト(………ごめんね、クリスタ)


そして翌日、彼はまた戦士となった…


トロスト区 壁外


ベルトルト(僕は今から『悪いこと』をする これによって彼らは命を落とすだろう…
悲しくない…と言えば嘘になる 皆には生きてて欲しいのが本音だ でも、僕は…皆を殺す そして、苦しみながら生きていくんだ 
そう……皆と過ごした楽しい日々を忘れない為…それを壊した自分を憎む為にも……)

…でも、最後に一つだけわがままを言うなら……



いつまでもクリスタと『良いこと』をしていたかった



ガリッ


~Fin~

133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/21(木) 01:27:47 ID:9C4obi7o
おつでした!!

あれ、おかしいな。
癒されながら読んでたはずなのに、目から汗が……

134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/21(木) 03:11:49 ID:mIQ5S32Y
乙!ジャンユミ好きだったから嬉しいよ!ありがとう!

進撃の巨人 ランチョンマット F

新品価格
¥660から
(2013/11/21 22:28時点)


引用元: クリスタ「私達」ベルトルト「良いことし隊!」

[ 2013年11月22日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。