ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 ヤ行]遊戯王 >  遊星「新型エンジンが完成しない……」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遊星「新型エンジンが完成しない……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 19:40:44 ID:dGnHA30tO
ジャック「遊星、まだ新しいエンジンは完成しないのか!」

遊星「すまない、制御プログラムがうまくいかなくて……」カタカタ

ジャック「WRGPまでもう日がないんだぞ? 本当に間に合うのか?」

遊星「善処する……」カタカタ

ジャック「まったく、俺の準備は万全というのに肝心のマシンが出来ていないとどうにもならんではないか!」クドクド

遊星「……すまない」カタカタ

※細かい矛盾点はスルーで


遊星、アキ


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 19:43:41 ID:dGnHA30tO
ジャック「ふん……遊星、俺は少し出掛ける。帰ってきたら少しは進展がある事を願っているぞ?」

遊星「ああ……」カタカタ

ドアバタン

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 19:46:29 ID:dGnHA30tO
…………

クロウ「ただいまー。調子はどうだ、遊星~」

遊星「お帰り、クロウ。少しずつ進んではいるが……まだもうしばらくは時間がかかりそうだ」カタカタ

クロウ「そうか。ブルーノの奴は?」

遊星「部屋で寝てる。まだ熱が下がっていないらしい」

クロウ「ウチに来てからずっとハリキリ過ぎてたからな、あいつ」

遊星「ああ……だから俺だけでも頑張らないと」カタカタ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 19:49:33 ID:dGnHA30tO
クロウ「まあ遊星は天才だからな。きっとすげーエンジン作ってくれるって信じてるぜ」

遊星「善処する……」カタカタ

クロウ「ん、この机にあるのは開発の備品の領収書か?」

遊星「ああ……」カタカタ

クロウ「(ボソッ)今月もこんなに使ってんのか……仕方ねーけど」

遊星「…………」カタカタ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 19:53:00 ID:dGnHA30tO
クロウ「さて、飯も食ったしもうひと頑張りしてくるか。じゃあな、遊星」ノシ

遊星「ああ……」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星(そういえばもうそろそろ昼飯の時間か……)

遊星「…………」カタカタ

遊星(いや、特に空腹でもないからいいか……それよりエンジンの開発を急がないと)カタカタ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 19:56:00 ID:dGnHA30tO
…………

龍亞「遊星! 遊星いる?」

龍可「龍亞、そんな大声出さなくても聞こえるわよ……って、あれ?」

遊星「…………」カタカタ

龍亞「ねえ、遊星! 遊星ってば!!」

遊星「……龍亞と龍可か。どうしたんだ?」カタカタ

龍亞「もう、呼んだらちゃんと返事しなよ。後話する時はちゃんとこっち見てよ」ムクゥー

遊星「…………」カタカタ

遊星「すまない、少し集中し過ぎていた……」クルッ

龍可(遊星?)

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:01:01 ID:dGnHA30tO
遊星「Dボードの調子がおかしい?」

龍亞「うん、前にちょっと壁にぶつけちゃって……時々変な音するし、デュエルディスクとの接続も急に切れたりするんだ」

遊星「ふむ、どうやら故障しているみたいだな……」

龍亞「直せる?」

遊星「ああ、少し手間がかかりそうだが直せない事はない。だが今忙しいから……」

龍亞「よかった~。俺、明日クラスの奴らとこれで遊ぶ約束してたんだよね! 遊星なら一晩で直せるよね? ね?」

遊星「…………」

遊星「……善処する」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:05:23 ID:dGnHA30tO
龍可「ねえ、遊星。ちょっと疲れているみたいに見えるんだけど大丈夫? 忙しいなら無理に引き受けなくてもいいのよ?」

龍亞「何言ってんだよ、龍可。せっかく遊星が引き受けてくれたのに……」ブーブー

龍可「でも……」

遊星「俺なら大丈夫だ、龍可。それに子供は遠慮するもんじゃない」

龍亞「さすが遊星! 俺達のヒーローだね!!」

龍可(遊星の顔って……こんなに白かったけ?)

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:08:06 ID:dGnHA30tO
龍亞「じゃあ遊星! 明日、朝一取りに来るから!!」ノシ

龍可「またね、遊星」ノシ

遊星「ああ、気をつけてな」ノシ

遊星「…………」

遊星「……さてと」カタカタ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:10:58 ID:dGnHA30tO
…………

アキ「遊星の様子がおかしい?」

龍可『うん、遊星本人は大丈夫って言ってたんだけど……何だか凄く疲れてるみたいなの』←電話

アキ(そういえばエンジンの開発がうまくいってないってクロウがぼやいてたわね)

龍可『子供の私が言っても大丈夫しか言わないし……アキさん、様子を見に行ってあげてくれない?』

アキ「わかったわ。明日学校の帰りに寄ってみる」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:15:51 ID:dGnHA30tO
…………

クロウ「あれ、遊星。まだ起きてたのか?」

遊星「ああ……ブルーノは?」カタカタ

クロウ「風邪を拗らしたみたいでな……まだ熱が下がってないみたいだ」

クロウ「それよりお前、今日も徹夜する気か? 確か昨日もその前も徹夜してなかったか?」

遊星「ああ……」カタカタ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:18:04 ID:dGnHA30tO
クロウ「あんまり無理するなよ。お前まで倒れたら洒落にならないんだから」

遊星「(ボソッ)……仕方ないだろ。俺がやるしかないんだから」カタカタ

クロウ「ん、何か言ったか?」

遊星「いや、なんでもない」カタカタ

クロウ「そうか。じゃあ俺先に寝るけどお前もほどほどにしとけよ」

遊星「ああ、お休み……」カタカタ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:20:42 ID:dGnHA30tO
遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:21:44 ID:dGnHA30tO
遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカ

バン!!

遊星「…………」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:24:43 ID:dGnHA30tO
遊星「…………」

遊星「…………」

遊星「…………」カタ

遊星「…………」カタカタ

遊星「…………」カタカタ



チュンチュン

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:27:05 ID:dGnHA30tO
…………

アキ(思ったより学校が長引いてしまった。もう夕方だわ)

アキ(龍可の話だと大分疲れているみたいだけど……遊星、大丈夫かしら?)

アキ「遊星、私だけど?」コンコン

しーん

アキ(あれ、留守かしら?)

ガチャ

アキ(でも鍵は開いてるわね)

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:31:03 ID:dGnHA30tO
アキ「遊星ー。ジャックー。クロウー。ブルーノー」

アキ(誰も居ないのかしら……ん?)

遊星「…………」カタカタ

アキ「遊星? もう、居るなら返事くらいしてよ。誰も居ないのかと……」

遊星「…………」カタカタ

アキ「遊星?」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:34:24 ID:dGnHA30tO
アキ「ねえ、遊星。私の声聞こえ……!?」

遊星「……ん?」カタカタ

アキ「ど、どうしたの、遊星! その顔は!?」

遊星「アキか……すまない、気づかなくて」クルッ

アキ「そんな事どうでも良いわよ! それより顔! すごいやつれてるし、白いし、クマも酷いし……一瞬、新しいマーカーが刻まれてるのかと思ったわよ?」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:38:21 ID:dGnHA30tO
遊星「少し寝不足なだけだ。騒ぐほどの事じゃない」

アキ「とても少しってレベルに見えないんだけど……」

遊星「あ、そこの椅子にでも座っていてくれ。今アキの好きな紅茶を入れてやろう」ヨロヨロ

アキ「いいわよ、紅茶なんて……って、遊星! 何バイクのオイルをやかんに入れてるの? そんなもの火にかけちゃダメ!!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:43:19 ID:dGnHA30tO
アキ「はい、やかん置いて……お茶なら私が入れるから」

遊星「そうか……なら悪いが俺は作業に戻らせて貰う」

アキ「作業って……あら、この手付かずのサンドイッチは?」

遊星「ああ、クロウが朝食にって置いていってくれたんだ」カタカタ

アキ「朝食ってもう夕方なんだけど? まさかずっと作業していて何も食べてないなんて言うんじゃないでしょうね?」

遊星「食べてる時間が惜しい……そもそも食欲もないんだ」カタカタ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:45:36 ID:85VQYc6j0
遊星ェ‥

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:46:24 ID:dGnHA30tO
アキ(龍可の話以上だわ。このままだと倒れるのも時間の問題よ)

アキ「……ブルーノはまだ寝てるのよね? ジャックとクロウは?」

遊星「二人とも出掛けている。帰りは遅くなるそうだ」カタカタ

アキ(こんなになってる遊星を放っておくなんて……何考えてるのよ、あの二人は!)

アキ「遊星、すぐに作業をやめて。そして休んで」

遊星「なぜだ?」カタカタ

アキ「このままだとあなた倒れるわよ?」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:51:36 ID:dGnHA30tO
遊星「……悪いがそれは出来ない」カタカタ

アキ「なぜ?」

遊星「WRGPまで日が無いんだ。早くエンジンを開発しないと大会に間に合わなくなる」カタカタ

アキ「あなたが倒れたら元も子もないでしょ? ちゃんと食事をして、ゆっくり睡眠を取りなさい!」

遊星「そんな時間はない」カタカタ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:53:13 ID:dGnHA30tO
アキ「遊星、あなた死にたいの!? いい加減に……」

バン!!

アキ「!」ビクッ

遊星「ハァ……ハァ……」

アキ「ゆ、遊星?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:55:39 ID:dGnHA30tO
遊星「WRGPは……俺の、俺達の夢なんだ」

遊星「その夢を叶える為にはこのエンジンがどうしても必要なんだ」

遊星「そしてこのエンジンを作れるのは俺だけだ」

遊星「俺がやるしかないんだ」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 20:58:13 ID:dGnHA30tO
遊星「それに無理をしているのは俺だけじゃない」

遊星「クロウは資金を貯める為に朝から晩まで働き続けてる」

遊星「ジャックも大会まで少しでも強くなろうと毎日Dホイールのテクニックを磨いている」

遊星「そしてそんな仲間は、俺がエンジンを完成させる事を信じている」

遊星「俺はその想いに応えなきゃいけない……応えないといけないんだ」

アキ「…………」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:02:13 ID:dGnHA30tO
遊星「……今日はもう帰ってくれ、アキ」

アキ「それは私が居ると……作業の邪魔だから?」

遊星「……そうだ」

アキ「…………」

アキ「嫌よ」

アキ「帰ってたまるもんですか。あなたが休むまで、私は絶対に帰らないから」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:05:10 ID:Vsqjmmjv0
流石フラグが折れなかったヒロインは一味違う

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:07:48 ID:dGnHA30tO
遊星「アキ、いい加減に……」

アキ「遊星、私もあなたの仲間よ」

アキ「それを教えてくれたのはあなた。この腕にある痣は忌むべき印ではなく、私達の絆の証だと」

遊星「アキ……」

アキ「私には遊星の代わりにそのエンジンを完成させる事は出来ない。そんな知識も力もない」

アキ「だけど……」

…………

遊星『そうだ、俺には力などない』

遊星『誰かを助ける事など出来るはずもない。ただ、俺は……』

…………

アキ「それでも……傷ついていく貴方から目を逸らす事は出来ないのよ」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:10:26 ID:dGnHA30tO
遊星「アキ……」

ぎゅ……

遊星「!」

アキ「…………」

遊星「…………」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:13:49 ID:dGnHA30tO
アキ「…………」

遊星「…………」

遊星「……怖いんだ」

遊星「もし、みんなの……あいつらの期待に応えられなかったら」

遊星「もし俺のせいで、夢が潰れてしまったら……って」

遊星「俺はみんなが思うほど強くはないから……だから……俺は……」

アキ「大丈夫」

アキ「大丈夫だから、遊星……絶対、大丈夫だから」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:17:28 ID:dGnHA30tO
遊星(なんだろう……この感じ?)

遊星(なんだかとても安心する……)

遊星(これはずっと前に感じた事がある……安心感だ)

遊星(マーサの所に居た頃より……ずっと前に……)

遊星(俺の……記憶の……ずっと……向こ……)

遊星(…………)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:20:50 ID:dGnHA30tO
…………

遊星「すぅー……すぅー……」

アキ(よく寝てる……余程疲れてたのね)

アキ(それにしても話の流れでつい抱きしめちゃったけど、落ち着いて考えたら凄い事してしまったような……///)

アキ(でも離れようにもこの態勢じゃ……せっかく遊星もこんなに気持ち良く寝てるし)

アキ「…………」

アキ「ま、まあジャック達が帰るまではいいわよね、うん///」ギュ

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:25:09 ID:dGnHA30tO
アキ(遊星、貴方は私を何度も助けてくれた。だから貴方が苦しんでいるなら、私は何度でもあなたに手を差し延べる)

アキ(どんな時でも私達は側にいるから。大丈夫だからね、遊星)

数日後、遊星は復活したブルーノと共に無事新型エンジンのプログラムを完成させる。

しかしそれは何者かによって盗まれてしまうのだが、それはまた別のお話。







アキ「~♪」

遊星「Zzz……」

ブルーノ(熱下がったから降りて来たんだけど……出にくい)

おわり

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:28:03 ID:VTN4NYI80

まさかこんなまともな話になるとは正直予想してなかった

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:28:43 ID:dGnHA30tO
読んでくれた人、ありがとうございました。

遊戯王のSSは他に『遊馬「アストラルが居るせいで抜けない……」』や『遊星「よし、抜こう」』などを書いているのでもし読む機会があったらよろしくお願いします。では。

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/25 21:34:54 ID:anftDP050
他のヤツがロクでもなかった

遊戯王ゼアル OCG デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメント

新品価格
¥3,899から
(2013/11/26 15:22時点)


引用元: 遊星「新型エンジンが完成しない……」

[ 2013年11月27日 14:00 ] [二次創作 ヤ行]遊戯王 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。