ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [オリジナル]男・女 >  男「この嘘つきめ!」 女「ふっふっふ」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「この嘘つきめ!」 女「ふっふっふ」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:19:39.34 ID:5hAWueB00


男「……今さらなんだけどさ」

女「うん」

男「お前って嘘つきだよな」

女「毎日が4月1日だからね」

男「あんまりやり過ぎると友達いなくなるぞ?」

女「キミがいてくれればそれでいいよ」ニコニコ

男「……」






女「まぁ嘘だけど」

男「…………あぁ知ってたとも!」




4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:26:07.60 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「……」ファーア

女「寝不足?」

男「あぁ」

女「ところで欠伸ってなんで移るか知ってる?」

男「いや。知らん」

女「私も知らないんだよね」

男「でもホラ、欠伸が移る人って心が優しいって言うよな」

女「ふぁーあ……そういえば昨日は夜更かししちゃったんだよねーつらいわー」

男「昨日LI○Eで『もう寝るわ』っつって早々と切り上げたの何処のどいつだコラ」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:29:55.52 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「宿題やった?」

女「まぁ一応は」

男「見せて下さい……」

女「どうしようかなぁ」

男「オナシャス!土下座までならするから!」

女「……別にそこまでしないでもいいよ。そうだなぁ、それじゃあ今日のお昼はキミの奢りでどう?」

男「任せとけ!」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:32:50.98 ID:5hAWueB00



  ◆昼休み◆



男「……ほい。餡パンと牛乳」ポイ

女「ありがと」

男「じゃあノート借りるぞ」

女「うん。いただきます」

男「えーっと……」ペラペラ

女「……」モグモグ

男「……」ペラペラ

女「……」チュー

男「……」ペラペラ

女「ごちそうさま」

男「……」ペラペラ



男「……」



男「……なぁ」

女「どうかした?」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:37:19.58 ID:5hAWueB00



男「……全ページ真っ白なんですが」

女「だろうねぇ」

男「宿題は?」

女「やってないよ?」

男「……ごめんちょっと耳に夢と希望が詰まってて聞こえなかったからもう一回言ってくれるかな」

女「宿題なんてやってないよ」

男「」

女「さっきのは嘘だよ」

男「ハハハそういえばお前嘘つきだったなぁ……」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:40:31.51 ID:5hAWueB00



男「マジでそういう誰も得しない嘘つくの止めろよ。お前も先生に怒られるんだかんな?」

女「私は得したけどね」

男「え?」

女「餡パンと牛乳」

男「そういやそれも俺の金じゃねーか!」

女「美味しかったよ?」

男「そういう事じゃねーんだよなぁ」

女「まぁそれも嘘だけどね」

男「あぁもう面倒くせー!!」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:49:15.29 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「お前、狼少年って知ってる?」

女「知らないよ」

男「えっマジで?」

女「まぁ嘘だけど」

男「……なんかもうその時点でお前>>>狼少年だわ」

女「やった!勝った!」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:53:57.90 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「お前ピノキオ知ってる?」

女「それくらいは流石に」

男「……嘘つくと鼻が伸びるんだぜ」

女「それは男性の場合。女性の場合は別の箇所が伸びるんだよ」

男「そうなの? どこが伸びんの?」

女「……」







女「…………へんたい」ボソッ

男「えっ」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 20:57:52.06 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「最近寒くなってきたな」

女「そうだねぇ。今朝なんて少し雪降ってたもん」

男「マジで?」

女「嘘」

男「言っとくけど判断付きにくい上にだからどうって訳でもない嘘って出来損ないだかんな」

女「じゃあもっとマシな嘘つかせてくれないと」

男「……なんでお前ってそう主導権握るの巧いの?」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 21:01:10.71 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



女「ねぇねぇ」

男「おう」

女「キミの住所って○○区××町△丁目□番地で合ってる?」

男「そうだけど」

女「……そう」

男「どうかしたのか?」

女「いや、その……」

男「えっ? 何? 何かあったのか?」

女「……」





女「……爆発するなんてお気の毒に……」タッ


男「えっちょっ待って!待ってくれ!嘘だと言って!!」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 21:05:58.46 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「お前って好きな人いる?」

女「いないよ」

男「ふーん」

女「………嘘だよ」

男「お、おう。そうなのか」

女「うん」

男「……」



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 21:11:12.01 ID:5hAWueB00



女「……それも嘘だよ」

男「なんだよそれ……」ハハッ

女「……」

男「……」

女「それも嘘」

男「おい」

女「……ふふっ。それも嘘」

男「ったく……」






女「……まぁ、それもまた嘘なんだけどね」


男「あれ? 今どっちだ!?」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 21:18:57.91 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「次の授業なんだっけ?」

女「科学だね」

男「……」

女「どうかした?」

男「いや、嘘つかないのかなーって思って」

女「……なに? キミ知ってて聞いたの?」

男「うん」





女「……最低」ボソッ

男「うん!?」



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:17:00.64 ID:5hAWueB00



 ◆期末試験◆



男「……」ブツブツ

女「気合い入ってるねぇ」

男「たりめーだ」

女「いやー私は全然勉強してないよー」

男「……」

女「教科書持って帰ってすらいないわー」

男「……」

女「マジやべーわー」

男「……」

女「……」






女「ね、ねぇちょっとホントにどうしよう……」

男「嘘じゃねーのかよ!!」



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:23:33.45 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男(……ここんとこ特にアイツに振り回されてばかりだ。たまにはやり返してやらないとな)ニヤリ



女「おはよう」テクテク



男(よし来た!見てろよ……?)




男「――おう。今日も可愛いな」

女「ウェフッ」




男(えっなに今の声)



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:26:26.45 ID:5hAWueB00



女「か、かかっ、かわいっ……て、まぁ、うん。そういうのも最近は……こう、あまりアレだけど……」


男(なにいってだ)


女「……で、でもやっぱりキミがそうなら……ねえ?」


男(よし……この辺でネタばらしすっか)





男「――嘘だよ。おはよう」


女「……え?」


男「なんだよその顔。普段嘘ついてるのに嘘つかれるのには弱いのか?」ハハッ


女「……」



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:29:00.53 ID:5hAWueB00



  ◆一時間後◆



女「……」

男「……あの」

女「なに」

男「ごめん」

女「怒ってないよ」

男「……」

女「だって普段キミにしてる事をされただけだし怒る筋合いも権利もこれっぽっちもないから安心して」

男「……それ、嘘ですよね」

女「怒ってないよ」

男(やっぱ嘘だ……怒ってるやんけ……どうしよう……)



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:33:16.90 ID:5hAWueB00



男「……ホラ、あれだ」

女「……」

男「ホントは可愛いっていうより綺麗系だって事を言いたかった訳であって……」

女「フホゥ」

男(えっなに今の声)

女「……ゴホンッ。……ま、まぁ知ってたよ。キミは優しいからね」

男(なんか知らんけど説得成功した!)

女「とは言えこれでも結構傷ついたんだよ?」

男「え? やっぱ傷ついたの?」

女「あっ……」

男「……」





女「……う、嘘だから」

男「ソウデスカ」



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:37:21.27 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「ちょっと拗ねた感じで俯いて『嘘つき』って言ってみてくんない?」

女「? いいけど……」

男「……」ドキドキ




女「……嘘つき」プイッ




男「イイネ!」

女「……え? それだけ?」

男「うん」

女「……」



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 23:41:52.22 ID:5hAWueB00



  ◆  ◆  ◆



男「普段すげー頻度で嘘をついてる女。毎日がエイプリルフールとか言ってたが、本当に4月1日になったらどうなるんだろうか」


男「単純に嘘が倍になるのかな? まぁいいや。試してみよう」




男「……うーっす。おはよー」

女「あぁ、おはよう」



男(見た感じは変わりないみたいだ)



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 20:56:14.45 ID:VTLVccyC0



男「なぁなぁ」

女「うん」

男「宿題やった?」

女「やったよ」

男「……見せてくんない?」

女「はい」スッ

男「アッハイ。ドウモ」



男(今回は本当にやってある……いや、待て。まだ油断はできない)

男(思いもよらぬところでトラップが仕掛けてあるもんだ)



39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:01:04.19 ID:VTLVccyC0



女「ねぇ」

男「んー?」カキカキ

女「何か飲む?」

男「えっ」

女「?」

男「……今なんて?」

女「いや、何か飲む?って聞いたんだけど……宿題写すので忙しそうだったから」

男「いいの?」

女「じゃなきゃそもそも提案しないよ」

男「そりゃそーだ。じゃあコーラで」



女「……何も入れないから安心して」ニコ

男「語るに落ちてるんだよなぁ……」



40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:05:37.40 ID:VTLVccyC0



  ◆五分後◆



女「はい」

男「サンキュー」カキカキ

女「早く飲みなよ。ね?」

男「待ってもうすぐ終わるから」カキカキ

女「早く。ほら早く」

男「……」

女「どうかした?」

男「……なんか入れたろ」

女「キミへの親愛しか入ってないけど」

男「嘘つけ」

女「今日は嘘つかないよ?」

男「嘘つけ!」



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:14:11.06 ID:VTLVccyC0



男(―――と、こんな感じで取り立てていつもと変わらないやりとりをしてる訳だ)



女「ねぇ」

男「ん?」

女「キミは好きな人いる?」

男「随分いきなりだな……まぁ、気になる奴はいるけど」

女「奇遇だね。私も喋ってると楽しくてどうしても嘘ついちゃうような人がいるよ」

男「……それも嘘ってオチか」

女「今日は嘘つかないよ?」

男「ごめんちょっとゲシュタルト崩壊してきた!」



42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:17:33.32 ID:VTLVccyC0



男(――なんとなく物足りなさを感じつつも、いつの間にか放課後になってました)



女「帰ろうか」

男「そうだな」

女「今日は夜から雨が降るらしいから早く帰らないと悲惨な事になるかもね」

男「マジで?」

女「だから今日は嘘つかないってば」

男「お、おう。信じよう」



43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:21:20.69 ID:VTLVccyC0



  ◆  ◆  ◆



ドザァァァァァァァ……



男「何コレェ……」

女「だから言ったじゃない」

男「雨ってこんな音すんの? ヤバくない?」

女「ちょっとゆっくり歩き過ぎたねぇ」

男「こんな公園で立ち往生か……進退窮まったな」

女「まぁまぁ。屋根があるだけ感謝しないと」

男「…それもそうか」



44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:27:52.42 ID:pZg93OA40



  ◆  ◆  ◆


ドザァァァァァァァ…



男「……暇だな」

女「そうだねぇ」

男「……」

女「……」

男「……お前ってさ」

女「うん」

男「なんでそんなに嘘つくんだ?」

女「うーん……性分かな?」

男「どーせそれも嘘だろ」

女「……今日は嘘つかないよ」



45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:31:55.84 ID:pZg93OA40



女「……キミは嘘つきは嫌い?」

男「あんまり好きじゃないな」

女「そっか」

男「だからさ、お前もあんまり嘘つくなよ」

女「嘘つくのはキミにだけだよ」

男「えっもしかしてそれ特別扱いしてるつもり?」

女「もちろん。私はキミが好きだからね」

男「嘘つくのは俺にだけ→つまり今の台詞も嘘。はい論破ァ!!」

女「……本当なんだけどなぁ」



46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:37:46.59 ID:pZg93OA40



  ◆  ◆  ◆


ドザァァァァァァァ…



男「ヤバイよ止まないよどうすんのコレ」

女「キミが上半身裸になれば雨足弱まったりしないかな」

男「そんな能力あったら学生やってねーよ」

女「じゃあ何をやってたの? 私の旦那さんとか?」

男「よくもまぁそんなに与太話がポンポン出てくること」

女「今日は本音しか言ってないんだけどねぇ」

男「いよいよ嘘の定義が分からなくなってきたぜぇ……」



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 21:44:06.62 ID:pZg93OA40



  ◆  ◆  ◆


サァァァァァ…



女「微妙に弱まってきたね」

男「そうだな」

女「……ところでさ」

男「おう」

女「雨の日ってテンション上がらない?」

男「うーん。確かに分からなくもないな」

女「私、雨が降ると積極的になれるんだ」

男「そうなの……か?」

女「うん。例えばいきなりキミに抱きついたり」

男「」



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 23:41:47.39 ID:pZg93OA40



女「……」ジリ…ジリ…

男「ちょっ!待て待て待て!」

女「どうかした?」

男「いや……えっ、嘘だよな?」

女「嘘じゃないよ」

男「おぅふ…」

女「さっきから言ってるけど今日は一回も嘘ついてないよ。エイプリルフールだし」

男「なにいってだこいつ」

女「何より私はキミが好きだからね」

男「」



52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 23:46:08.68 ID:pZg93OA40



女「……キミは言ったよね」ジリジリ…

男「な、何を…」

女「『気になる奴がいる』って」

男「……言ったかもな」

女「もしも、もしもだよ? もしもそれが私の事だったら……」ジリ…

男「だったら……?」





女「……私は、凄く、嬉しい」

男「うs――」

女「嘘じゃないよ」ニコ



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 23:53:56.78 ID:pZg93OA40



男「ッ……」

女「どうなのかな」

男「……」

女「……」

男「……いや、なんか、ごめん」

女「?」

男「俺が好きなのは……お前じゃ…ないんだ」

女「……」






女「…………えっ? 今の流れで?」

男「えっ」



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/26(火) 23:58:49.50 ID:pZg93OA40



女「……」


女「えーっと……」


女「……うん」


女「……うん。そっか」


女「取りあえず、分かったよ」


男「なんか……ごめんな」


女「なんでキミが謝るの?」


男「いや、その……」


女「気を遣わないでも私は大丈夫だよ」


男「……でも」


女「言ったよね? 今日は嘘つかないって」


男「……」


女「だから……大丈夫」ニコッ



55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:02:30.97 ID:01NXXdWn0



男「……」

女「……」

男「雨止んだし……お、送るよ」

女「遠慮しとくよ」

男「え――」

女「少し放っておいてくれないかな」

男「……!」

女「ごめん。でも―――」





女「――今は、あんまり優しくしないでくれるとありがたいんだ」



56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:06:07.72 ID:01NXXdWn0



女「だから今日は一人で帰るよ」

男「……」

女「じゃあね」

男「あ、あぁ…」

女「……」クルッ



女「……」テク…テク…



女(……なんか釈然としないけど、あっさり振られちゃったな)テク…テク…



女(……)テク…テク…



女(まぁそれもそうか。こんな嘘ばっかりついてる女なんて)テク…テク…



女(でも……好きなのは本当だったのにな)テク…テク…



57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:09:48.12 ID:01NXXdWn0



女(……)



女(……グスッ…)



女(……ふぅ……っ、あぁぁぁ……)ポロポロ



女(あぁぁぁぁ……っ!)ポロポロ



女(ううぅっ……馬鹿だ私……なんで今になって……)グスッ



女(……止まれ……!止まれ……!涙なんて見せたくn)ポロポロ






男「―――なーんつってな!!」






女(――え?)ピタッ



58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:12:54.97 ID:01NXXdWn0



男「今のはぜーんぶ嘘でーっす☆」


女「……」


女「え?」


女「へ?」


女「は?」


男「全部嘘でーっす☆俺もお前の事が好きでーっす☆」


女「」


男「やっと驚いた顔したな。それでこそやり甲斐があったってもんだぜ」


女「」



59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:16:04.32 ID:01NXXdWn0



女「……ぜんぶ、嘘……?」


男「おう。ぜーんぶ嘘」


女「……うそ……」


男「そう嘘。大体俺、親しい女友達なんてお前しかいないし」


女「……」


男「お前としか関わりないし」


女「……」


男「そういう訳で全部嘘です(笑)」


女「……」


男「やっと主導権握れました(笑)」



60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:19:31.62 ID:01NXXdWn0



女「……ねぇ」


男「どうした?」


女「……どうしても言いたいから一言だけ言わせて」


男「いいよ?」


女「……」スーッ









女「――こ、この嘘つきっ!!」


男「はっはっは」




61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:22:23.95 ID:01NXXdWn0


以上で終了です。
読んでくれた皆さんありがとうございました!



66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/27(水) 01:06:06.64 ID:rVH2zT/Qo




青春しやがって……




68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/27(水) 10:52:51.99 ID:wsjIJ3Lvo


清々しいな
乙乙




69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/27(水) 21:44:54.27 ID:D5/3d8+Go


乙です
最高でした




64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/27(水) 00:41:42.71 ID:6rMf39y0o


こんな純粋な時代が欲しかった




嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

新品価格
¥578から
(2013/11/28 12:52時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385378107/
[ 2013年11月28日 17:00 ] [オリジナル]男・女 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。