ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [オリジナル]男・女 >  男「最近、変な声が聞こえ過ぎるんだけど」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「最近、変な声が聞こえ過ぎるんだけど」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:15:41 ID:73ab78p.
男「うっ、また聞こえるぞ…」


『ニンゲンサーン』『ダイスキダヨー』


男「なんだようるせぇよ…!」

男「…」じぃー

ネズミ『人間さん人間さん!起きたんだよ!おはようだよ!』

男(…ネズミが喋ってる)

ネズミ子供『ニンゲンサーン』
ネズミ子供『エヘヘー』
ネズミ子供『オキタンダヨ!』

男(そいつが連れてる子供も喋ってる!)



前作 男「最近、変な声が聞こえるんだけど」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 15:21:39 ID:tevKKQcM
これ前のも見たほうがええの?

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 15:27:21 ID:rC9B5yPg
>>45

前で出てくる登場人物が当然のように出るから
読んでくれたほうがわかりやすいと思う

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:21:47 ID:73ab78p.
男「うるせぇなオイ…また大家族で水槽から逃げ出しやがって…」ゴシゴシ

ネズミ『だってだって、真っ暗じゃないと逃げ出せれませんから!』

ネズミ子供『ニンゲンサンスキ』
ネズミ子供『ボクモスキ!』

男「…ありがとな、んで、なんだ用事でもあんのか」

ネズミ『あのだよ! なんで人間さんはぼくたちの声が聴こえるんだよ? って話だよぉ!』

男「前に言ったじゃねえか…」

ネズミ『ボクの子どもたちは知らないんだよ! 教えてよ人間さん!』

男「めんどくさい…」

男「あーもう、言ったら戻るか? じゃあ説明するけどさ…」

男「──突然、動物の声が聴こえるようになったんだよ」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:28:19 ID:73ab78p.
男「ただそれだけだ。うん、それだけ」

ネズミ『なるほどなんだよ! やっぱり人間さんは凄いんだよぉ!』

ネズミ子供『スゴインダヨー!』
ネズミ子供『ネー!スゴイネー!』

男「うん、俺凄いよね。よし戻ろうかお前ら、早く妹の部屋に戻ってくれ…」

ネズミ『わかりましたなんだよ! じゃあ戻るよ!』

ネズミ子供『ワーイ!』

男「……はぁ」

男(いっぱしに子供作りやがってからに。うるさくて堪らん…)

男(しかし幸せそうでよかったぜ。最初の頃は悲惨な感じだったからな)

男「ふわぁー…今何時だ? おう、まだ五時かよ…」

男(──動物の声が聞こえ始めて、数ヶ月が経とうとしていた)

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:36:13 ID:73ab78p.
男(まぁこれだけ経てば少しは慣れてきて、こう喧しくても、寝れることは寝れる)


『交尾したいよぉおおおおおおおおお!!!』ニャーン


男(…外で喚く発情している野生もうるさいのは煩い)

男(だけど人は慣れていく。突然動物の声が聞こえても、そうじゃなくても)

男(──起こる問題に対して、人は、どうにかなっていくものなんだ)

男「難しいことなんて無いんだぜ…むにゃ…」


次の日 日曜日

妹「兄ちゃん兄ちゃん! おっはー!」

男「…おう」

妹「まだ眠そうだね。日曜だからって早起きしなくたって良いのにさ」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:40:25 ID:73ab78p.
男「今日はあれだろ、お前の友達来るじゃねえか…だから早く起きた」

妹「おっ? あれあれーもしかして?」

男「…なんだよ、悪いか。逃げるんだよ…気まずいじゃん、だって」

妹「べっつに気にしなくてもいいのに。知らない相手じゃないでしょ」

男「…知ってるから気まずいんだろ」

妹「えっ? なになに?」

男「なんでもねーよ。ったく、じゃあ俺は朝飯食ってからゲーセンにでも…」

ピンポーン

男「……あれ?」

妹「誰だろこんな早くに? はいはーい、いま出まーす」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:45:06 ID:73ab78p.
男(悪い予感しかしない)

妹「わ! もう来たの? うんうん、いいよ。今家にいるの兄ちゃんだけだし」

男「っ……」ソソクサ

妹「あがってあがってー、あれ? 兄ちゃん何処行くの?」

男「うっ」

妹「ほら、もう来たんだって友ちゃん。久しぶりだし挨拶挨拶!」

男「……よぉ」くる


「──おはようございます、お兄さん」


妹友「そしてお久しぶりですね。本当に、お久しぶりですね」

男「そう、だな。お、おう……久しぶり」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:50:14 ID:73ab78p.

妹友「……」じぃー

男(くそ、逃げられなかったか…なんだよ見つめるなよそんな俺のことを!)

妹「だけど兄ちゃん、これから出かけるんだってさ。残念だけどね」

妹友「そうなんですか」

男「ま、まぁな。だから気兼ねなく二人で楽しんでてくれ…」

妹友「はい。言われなくてもそうしますから」

男「……そうですか」

妹「うっし。じゃあじゃあ早速だけど! 見ていく? あたしのかわいいペットさんを!」

妹友「うん!」

男(…相変わらず俺に対して厳しいようで、昔からそうなんだよなぁ。敵対視されてるっていうか)

男(まぁ年頃だし、知らない仲じゃないし、色々と複雑なんだろ。そうしておこう)

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:55:26 ID:73ab78p.
男「ふわぁー飯はマックで食うか…じゃあ着替えよ…」スタスタ

部屋

ネズミ『あ。人間さんだよ!』

男「……なんでいるんだよ」

ネズミ『えへへーちょっと人間さんとお話しがしたくって!』

男「はぁー…馬鹿かお前、今、妹の所に友達が来てるんだぞ…」

ネズミ『トモダチ? トモダチってなんなんだよ?』

男「……。俺とお前みたいな感じだ」

ネズミ『人間さんとぼく? …じゃあとってもイイことなんだよ!』

男「おう、だろ? そしてその友達がお前を見たがってる、今すぐに部屋に戻るんだ」

「兄ちゃーん! ピーナッツ居なくなったぁああああああ!!」

男「ほら、呼ばれてるぞ」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:00:30 ID:73ab78p.
ネズミ『ピーナッツ呼ばれてるんだよ! ぼく、ぼくのことなんだよ!』

男「知ってる。早く戻ってやれ、それとも俺が連れってやろうか?」

ネズミ『大丈夫なんだよ! 平気なんだよ! わーい! ぼくがピーナッツなんだよー!』シュタタタタ

男(アイツは毎回何処から俺の部屋に入ってくるんだ…)

コンコン

「すみません」

男「へ? あ、うん…どうぞ?」

妹友「失礼します。突然すみません」

男「…ど、どうした? こっちは妹の部屋じゃないぞ?」

妹友「知っています。元から彼女の部屋からコチラに来ましから」

男「……。で、なに?」

妹友「久しぶりにお会いしたので挨拶でも、と。今から出かけるんですよね」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:06:09 ID:73ab78p.

男「そ、そっか…別に挨拶なんていらないって」

妹友「そうはいかないですよ。なにせ久しぶりなんですから」

男(なんなんだこの娘は…)

妹友「…今」

男「な、なに?」

妹友「誰かと会話してませんでしたか」

男「えっ!? い、いや別に…っ?」

妹友「廊下まで聞こえてましたけど。お兄さんがしゃべっている声が」

男「き、聞き間違えじゃないか? お、おう」

妹友「へぇー聞き間違いですか、ふーん」

男(…まさかネズミと喋ってたなんて言えないわ…)

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:11:11 ID:73ab78p.
男「それで挨拶だけ? だったら俺着替えるから出て欲しいんだが…」

妹友「今日は妹さんのペットを見に来たんですけど」

男「…うん」

妹友「実は私もペットを買っているんです。かわいい九官鳥を」

男「九官鳥? へー珍しいな、名前はなんて言うんだ?」

妹友「きゅうちゃんですけど」

男「…それはそれは」

妹友「今、馬鹿にしましたか?」

男「してないしてない」

妹友「……」じぃー

男「そ、それで? きゅうちゃんがどうかしたのか?」

妹友「……別に、なにも」くる

男「へっ?」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:14:33 ID:73ab78p.
妹友「………」

男「……?」

妹友「やっぱり一度はっきりと言っておくべきだと思いますので、言っておきますね」

男「え?」

妹友「私、あなたのことが嫌いです。視界に入れたくないぐらいに、大っ嫌いです」

男「……」

妹友「ただそれだけですので。では、これで」きぃ

パタン

男「………………」


マック


男(なんなんだよアイツはぁ! お、俺だってお前のこと嫌いだぞ!?)バクバク

男「何考えてんだがわかんねぇし…ネチネチとした視線で俺を観察するし…!」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:20:52 ID:73ab78p.
男「…くそぅ、嫌いってなんだよ、知ってたよ最初からよ…」モグモグ

男(だけど面と向かって嫌いって言われると、堪えるんだな案外…)

男「はぁー……もうやだやだ」チラリ

カラス『よぉー人間人間! 今日も元気ぃー? チィース!』

男「…今は周りに人がいるから話しかけるな」

カラス『えー? なんだってー? ガラス越しじゃそっちの声聞こえないっすわー!』

男「………」

カラス『人間人間ー! おーーい!』


「あのカラス凄い鳴いてる」
「怒ってるの? なんかあそこの席の人にめちゃくちゃ見つめてるけど…」


男「…んだよまったく」ガタ

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:22:11 ID:73ab78p.
路地裏

カラス『よぉー久しぶりっす! 人間!』

男「用事はなんだよ」

カラス『いやっすね~、あの猫のおっさんがアンタのこと探してくれって頼まれて』

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:26:28 ID:73ab78p.
男「頼まれた? 猫のおっさんって……ああ、アイツか」

カラス『そうなんっすよーんで、ちょっくら来てもらってもいいっすか?』

男「…別に良いが、変な所連れて行くなよ」

カラス『大丈夫っす。すぐそこなんで、んじゃ──おーいお前らぁー!』


カラス『どうしたお前ぇー!』
カラス『おぅおぅおぅ!』
カラス『なんかようかぁー!』


男「うおおおっ!? い、いっぱい来やがった…!」

カラス『人間を猫のおっさん所連れて行くから! 道案内頼むぜ!』

男「は? 道案内って…」

カラス『あ。後はこいつらに任せれば大丈夫っす! 猫のおっさん、すぐどっかいっちまんうんで、これで探せるっす!』

男「…お、おう」

~~~

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:32:23 ID:73ab78p.
ギャーガァー! ガァー! カーカー!

男(カラスどもに引率されて来たものの…)

猫『ぐーぐー』

男「…おい、なに寝てやがるんだデブ猫」ぐいっ

猫『ふごっ?』

男「……」ぐにぐに

猫『んぐぐ…ぐっは! や、やめろ…! おれの毛並みは乱れやすいんだ…っ』

男「おいって」ぎゅっ

猫『ぎゃあああああ! しっぽぎゅってされたぁあああああ……お?』

男「やっと起きたか」

猫『こ、このガキ…! よくもおれのしっぽを! 敏感なんだぜしっぽはよぉ!』ペロペロ

男「はいはい、そうですか」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:38:15 ID:73ab78p.
猫『ったく、それでなんだ起こしてくれよってからに』

男「いや、お前のほうが用事があったんだろ?」

猫『え?』

男「帰るぞ」

猫『あー待て待て! ちょい待ち! 今思い出すから…えーと、何の用事があったんだっけか?』

男「おい。もうボケてきやがったのかお前…」

猫『んー、最近は平和すぎてなぁ。餌も食えるし、のんびりこうやって昼寝もできるしよぉ』

男「まぁ、それはいいことだけどな。よいしょっと」

猫『まぁーなんだすぐに想い出すだろ。おいおい、ガキ。それよりも聞かせろよ~?』

男「…なんだよ」

猫『あの嬢ちゃんのことだよ! 晴れてガキと……ペット飼い主の仲になった! あの嬢ちゃんだぜ!』

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:45:55 ID:73ab78p.
男「…まったく相変わらず変態だなお前」

猫『一般的興味と言え。猫界隈のな』

男「猫達興味津々なのかこの話題…!」

猫『なにせ面白いからなぁ。言葉がわかる人間が、人間を飼ってるぞって』

男「字面にすると凄い感じだなそれ…」

猫『んで、どうなんだ? おっちゃんも気になってんだよ、最近はあんま嬢ちゃんの所行ってないしな』

男「なんで? たまに餌貰ってたんだろ?」

猫『色々とあるんだぜ。猫にもよ、ふふっ』

男「ふーん、まぁ別になんにも変わってねえよ。あれから数ヶ月ぐらいしか立ってないし」

猫『スウカゲツ? また人間さんの時間の話しか…いい加減猫との会話にも慣れろよ、わかんねーだって、時間とか』

男「だーから、別に話するほど何もねーってこと」

猫『なんだつまらん…』

男「つまらん言うな」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 01:51:13 ID:73ab78p.
猫『いやまぁ何にもねえなら越したことはないな』

男「そうだな…ま、色々とあったけど平和ならそれでいい」

猫『そうそう、平和が一番だ』

男「……」

猫『……』

男「…あのよ」

猫『どうしたガキ』

男「っ……すまん、実はいっぱい相談したいことがある…!!」

猫『がはははは! やっぱな! やっぱな! 絶対にそうだと思ってたんだぜ!』

男(やっぱりカマかけてやがったかコイツ…!)

猫『くっく、だろーと思ったんだよ。あんな凄え嬢ちゃんをガキが扱えきれるとは想ってねえからよぉ!』

男「くそ、じゃあ最初から用事ってのは…!」

猫『ガキが上手く行ってるか聞くためだぜ。がはは、んだよ素直にきかせろって』

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:05:50 ID:73ab78p.
男「変に追い詰める感じで聞きやがって……」

猫『いーいから聞かせろってば。ん? どうなんだ?』

男「と、とにかく、なんだ……最近はうまく行ってる方だと思ってる、けど」

猫『あれから散歩も行ってんのかい。あの嬢ちゃんと』

男「……そこなんだよ…ッ!」

猫『へ?』

男「そう、その散歩だ…! あれから色々とあって、それでも……ほぼ毎日散歩してる…」

猫『ま、毎日? 毎日ってオイ…日が昇って、また沈んで、その繰り返しの中…ずっと?』

男「…うん、ずっと」

猫『嬢ちゃんに首輪つけて、それにリードをつけて、それをガキがもつのか?』

男「……うん」

猫『そ、それは……凄いな……おっちゃん、びっくりだぜ……』

男「…だろ…」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:11:47 ID:73ab78p.
猫『お、おう、なんだ……楽しそうでよかったじゃねえか』

男「た、楽しくなんかねえよ!?」

猫『…いや正直おっちゃんも引いちゃったけど、猫様でもその雰囲気、いいと思うぜ?』

男「…どこかいい雰囲気なんだよ…」

猫『まぁ見方によっちゃラブラブだよ、めちゃくちゃいい感じだって』

男「……」

猫『だけどよガキ。そうやって悩めるのも、あの嬢ちゃんの問題を解決できたから──だろ?』

男「…まぁな」

猫『自由にやりたいことが出来る。それがあの嬢ちゃんが望んでたことなんだ、それをガキが叶えてやってるんだ』

男「うん…」

猫『その仕様が例え難しくても、それをずっと叶えてやるのがガキの運命だぜ。頑張りな、おっちゃんも応援してやっから』

男「…おう、そうだな。やりたいようにやらせる、そしてもっと色んなことを見せてやるべきだよな」

猫『そうとも。くっく、ガキも大変だろうけどもなぁ』

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:17:06 ID:73ab78p.
男「んー、なんだ…お前に相談してすっきりってのも納得しづらいけど、うん、ありがとな」

猫『人間さんもままならねえなぁ。猫しか相談相手居ねえのかよ』

男「…こんな話し誰にしろってか」

猫『確かにな、がっはっは。さてさて、相談はそれだけかい? なんなら子作りの仕方もおまけしといてやるけど?』

男「やかましい」

猫『がははは!』

男(だけどまぁ、良いことなんだよな。こうやって悩みを相談できるってのは)

男(女さんも、ああやって自由に出来て。そしてそれに俺が手伝ってあげている…最高じゃねえか)

猫『ん、あれなんだガキ』

男「どうした?」

猫『ほらあそこだ、あそこ。あのカラスどもと居る鳥だよ』

男「…カラス? なんだよ急に」

カラス『よぉーテメーどこ巣出身だぁ?』
カラス『こっちは駅前巣だぞテメー!』

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:22:51 ID:73ab78p.
男「確かになにか居るな…鳥? 小さい鳥だな…」

猫『うるさくて堪らんぞ、なんとかしてやれガキ』

男「はぁ? 俺は別に何でも屋じゃねぞ…」

猫『いーいじゃねえか。とにかく止めてやれって』

男「ったく…おいお前ら何やってんだ」

カラス『よぉー人間! コイツよそ鳥なんすよ!』
カラス『俺らの縄張り入っちゃってんすよー!』

男「余所鳥?」

鳥「ヤダヤダー!」

男「なんだこの鳥。インコ? …つかあんまいじめてやるなって」

カラス『はぁ? だってめちゃくちゃ口悪いじゃないっすか!』

男「いや、だって…」

鳥「ガンバルガンバルー! ワタシガンバルー!」

男「…?」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:27:25 ID:73ab78p.
猫『ぐおっ、やかましいなこの鳥…どうしたガキ? お前、めちゃくちゃ馬鹿にされてるぞ』

男「へ? 馬鹿にされてる?」

猫『だからその鳥に馬鹿にされてるぞ。聞こえてねえのか?』

男「……」じっ

鳥「モットガンバラナクッチャー!」

男「…頑張れ言ってるけど?」

猫『はぁ? …おれの声、聞こえてるよな?』

男「お、おう」

猫『じゃあなんでそいつの声、聞こえないんだよ』

男「いやだから聞こえてるって。なに、ホントに馬鹿にされてんの俺?」

カラス『あっ! 人間にそこまで言うなよ! 傷つくだろー!』
カラス『そ、そこまで言うなんて……これじゃあ人間、泣いちまうよ…』

男「どんなこと言われてんの俺!?」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:35:19 ID:73ab78p.
鳥「にひひー!」

男「あれ? この鳥どこかで見たことあるような…ん、テレビかどっかで…」

猫『なんだとこの鳥! テメー今、おれのことボンレスハム言いやがったなぁ!』

鳥「カワイイカワイイ!」

猫『こ、こいつッ……愛しのキティちゃんに言われても許せねえことを……ッ!』シャー

男「そんな喧嘩越しになるなって……ああ! そうだコイツ九官鳥だ!」

猫『ハァハァ…九官鳥…?』

男「そうそう! 人の声とか、モノマネが凄えうまいんだよ。そんなのテレビでやってたわ」

猫『そうかい。よかったなわかって、じゃあ喰っていいか』

男「ま、待て! この鳥一般的に野生に居るわけねえんだよ、だからどっかのペットだ」

猫『知るかってんだ! このおれ様がここまでコケにされておいて…!』

男「だぁもう落ち着けって! 俺が少し話を聞くから、な?」

猫『……チッ』

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:41:03 ID:73ab78p.
猫『だけど聞けるのか。コイツの声わからねえんだろ?』

男「ま、まぁな。だけど集中して聞けば…なんとなく聞こえなくも…」

九官鳥『この人間マジでアホっぽいばい! 多分やけど、童貞じゃなかとな!?』

男「よし喰え」

猫『おう』

九官鳥『ぎゃー! 待って! ごめん許して!』

男「確かに糞鳥だったぜ…ああ、お前の言うとおりだったな」

猫『だろーが、んで喰っていいのか』

九官鳥『本当に許して! ちょっとした冗談やって!』

男「…冗談でも言っていいことと悪いことがある」

九官鳥『あ。やっぱ童貞やったん?』

男「…………」

九官鳥『冗談やっち。ったく、ニンゲンは冗談も通じんととかね…』

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:46:29 ID:73ab78p.
男「カラスども。今日の餌は栄養価満点だな」

九官鳥『ぎゃー食べないでー!』

男「じゃあ静かにしてろ。そしてこっちの質問に答えろ」

九官鳥『…なんばい?』

男「お前、誰かのペットか? それで逃げ出してきたのか?」

九官鳥『んでこと聞いてどうすっと』

男「この野獣どもに喰われたくないなら連れってやらんでもない」

九官鳥『はぁー? 別にうちなら逃げられるし、簡単やし?』

猫『……』ジリ…ジリ…

男「今にも飛びかからんとしている奴がいるが?」

九官鳥『うっ』

男「どうなんだ。はい、いいえ。で答えろ」

九官鳥『…助けてください』

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:52:26 ID:73ab78p.
~~~~

九官鳥『なはは! いやー困った困った、途中で迷子になったとよ!』

男「結局迷子かよ…」

九官鳥『オイが助けてくれんかったら、うち、くわれっとたなぁ!』

男「お前が喧嘩越しで行くからだろ」

九官鳥『それが喋る鳥の下がってもんばい。しかたなかと』

男(…やけに方言がキツイな、これって、九州の方か?)

九官鳥『ん、ニンゲン。そっちほうやね、そっちそっち』

男「あ、ああ。こっちね…」

九官鳥『それとニンゲン。なんでオイ言葉がわかるん? めっちゃはっきり聞こえるんやけど?』

男「色々とあるんだよ。お前だってちょっとは人間の言葉わかるだろ? そんな感じだ」

九官鳥『いやいや、わからんよ? ただうちは真似てるだけやけん、歌ってるだけの気分やから』

男「へぇー…そうなのか、じゃあさっき喋ってたのもただ、真似てるだけなのか」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 02:58:06 ID:73ab78p.
九官鳥『うちがしゃべるとニンゲン、めっちゃ喜ぶ。なんでかわからんけどな』

男「まぁわからんだろうな…」

九官鳥『だけどニンゲン。オイはすごいなぁ! もしかして鳥なんか? ニンゲンっぽいのに!』

男「舐めるな、人間様だよこっちは」

九官鳥『仲間やと思ったんけどなぁ。違うんか、そうかそうか!』

男「…つかなんで逃げ出したんだお前」

九官鳥『アホな飼い主が蓋開けっ放しにしとったと。だから外に出ただけとよ』

男「そりゃホントにアホだな…」

九官鳥『ずいぶん前からアホやなー思っとったけど、ここまでとは思わんかったばい…』

男「それで、どっちだ? こっちの道で良いのか?」

九官鳥『よかよ! もうすぐつくっち!』

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 14:21:50 ID:rC9B5yPg
~~~

九官鳥『ついたばい』

男「…やっぱりな」ボソ

九官鳥『どしたとね?』

男「いや、なんとなくそうじゃないかと思ってたんだよ…ああ、やっぱりなって」


男(ここ、妹友の家だコレ)


九官鳥『うちはここまででよかよ。オイもありがとさん』

男「…おう」

九官鳥『んじゃこれでなぁ! あんがとなぁニンゲン!』

男「もう家出なんてするんじゃないぞ」

九官鳥『わぁーとるばい! なはは! んじゃな!』バタバタ

男「……」

男(やっぱり妹友のペットだったか。九官鳥なんてそうそう飼ってる人いないだろうしな)

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 14:26:51 ID:rC9B5yPg
男「しっかりしてると思ってたんだがなぁ。九官鳥も言ってたが、アホなのかアイツは…」

男(まぁ俺の妹にも言えたことだけど。しょっちゅうピーナッツ逃がしてるし)

「──あっ…お兄さん…!」

男「うぇっ?」くるっ

妹友「はぁ…はぁ…ど、どうして私の家の前に居るんですか…!」

男「い、妹友…」

妹友「はぁ、ふぅ、……もしかしてストーカーなんですか?」

男「ばっバカ言え! んなわけあるか!」

妹友「そうですか。ならいいです、それよりも……」キョロキョロ

男「?」

妹友「…あの、突然ですけど、見ませんでしたか」

男「なにが…?」

妹友「その、えっと………さっき連絡があって、私のペットが…」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 14:34:20 ID:rC9B5yPg
男(あぁ。家族か誰かに連絡を貰ったのか、九官鳥逃げ出したぞって)

妹友「…いえ、忘れてください。なんでもないですから、貴方には何も関係ないことでしたし」

男「…あのなぁ」

妹友「今朝にも言いましたけど」

男「……。なんだよ」

妹友「私は貴方のことが大嫌いです。つまり、そういうことなので、早くどこかに消えてください」

男「……」

妹友「まぁ今回は私の方から話しかけてしまいましたが。ええ、それについては誤ります、ごめんなさい」ペコリ

妹友「しかし、私は一人になって考えなくちゃいけないことがあるんです。なので邪魔なんですよ、お兄さんは」

男「…わかったよ、そうだよな、お前は俺のこと大っ嫌いだもんな」

妹友「ご理解いただけてるようで幸いです」

男「はいはい。何をしたいか知らなねえけど、じゃあ頑張ってくださいな、俺はもう帰るからよ」フリフリ

妹友「………」

男「ああ、最後にひとつだけ。お前に言っておくことがあるぜ」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 14:39:04 ID:rC9B5yPg
妹友「…なんですか」

男「お前、ちゃんとカゴは閉めとけよ」

妹友「えっ」

男「それだけだ」

妹友「なん、でそれを……」

男「んだよ。俺と話したくないんだろ?」

妹友「っ……」

男「しっかりしてると思ってたけどさ。くっく、案外おっちょこちょいな所もあるんだな、お前って」

妹友「…ッ~~~…お兄さんには関係ないでしょう…!」

男「そうだな関係ないな」

妹友「だ、だったら早く帰ってください…! もう顔も見たくありません!」

男「はいはい。わーってるって」フリフリ

男(くっくっく、よっしゃ! いっちょ言ってやったぜ!)


バタバタバタ!!

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 14:44:40 ID:rC9B5yPg
男「ん、なんだ…?」

妹友「あ、きゅうちゃん!」

男「へ? きゅうちゃんって……」

九官鳥『よぉーニンゲン! ちょっち言い忘れとったことがあったとよ!』バタバタ

男「…おお」

妹友「よ、よかったぁ…さあおいできゅうちゃん…」

九官鳥『おっ? うちの飼い主やん。まぁいいけど、それよりも、ニンゲンニンゲン!』

妹友「きゅうちゃん…?」

男「な、なんだよ…あんまり俺に話しかけるなって…!」

九官鳥『どないしたんか?』

男「……俺が動物の声が聞こえるの、お前の飼い主知らねえんだよ」ボソボソ

九官鳥『そげんことなっとるとね。ほぁーめんどくさかなぁ』

妹友「……。どうしてお兄さんの側から離れないんですか、きゅうちゃん」

男「えっ!? わ、わからねえよそんなこと…!」

妹友「……」じぃー

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 14:51:29 ID:rC9B5yPg
九官鳥『それと用事なんだけどなぁ。うちの飼い主のことでちょっち相談したいことが…』

妹友「? え…ちょ、やめっ……きゅ、きゅうちゃん!?」

九官鳥『? なんやのやかましいな、なんでうちの飼い主怒ってるん?』

男「お前が俺にばっかり構ってるからだろ」

九官鳥『そうなんか。可愛い所もあったとね、うちの飼い主も』

妹友「だっ………だだだっ……!」

男「みたいだな。だから相談ってのも後で……うおっ!?」

妹友「だめぇー! だめだめ! 聞かないでください! だめだめ!!」

男「な、なんだよ!? どうした急に…!?」

妹友「その子が言ってることはっ……なんでもないんです、だから、違うんです!」

男「へ? なにいってんだおまえ…」

九官鳥『おお、飼い主顔真っ赤やね』

妹友「ぎゃあ───!!!!」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 14:58:38 ID:rC9B5yPg
男「はっ…! ま、まさかお前……!」

妹友「えっ!? あ、あわわわっ……ち、違います……そうじゃないんです……!」

男(動物の声が聴こえる、のか? まさか俺と同じ奴がいるなんて)

九官鳥『どうげんしたとね!? どうなっとるん!?』

妹友「や、やめてっ……この子はただ、真似をしているだけで……」

妹友「べ、別に私の本音だとかそんなんじゃ……違うんです、違うんです!」

男「? あれ、違うのか…?」

妹友「ち、違うんです! えっと、なんでちょっと残念そうなんですか…?」

男「いや………だって仲間だったら嬉しいなって」

妹友「え……仲間、ですか……?」

男「おう。俺だってもしそんな奴が居たら嬉しいし、色々と話し合えたらなぁ~って思ってさ」

妹友「……ほ、ほぉー…」

男(お前もなんでちょっと嬉しそうなんだ)

九官鳥『どうげんしたとね……うち、飼い主の言葉わからんとよ……』

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 15:06:55 ID:rC9B5yPg
男「なんかさ、お前の飼い主も動物の声がわかるかもって」

九官鳥『んなわけなかよ。毎日ウチ、飼い主にボケアホ間抜け言っとるけど、気づかんでニコヤカやし』

男「へ? そうなの?」

九官鳥『そうよ? やけん、うちの声が聴こえるって言うやったら……それはうちのモノマネに反応しとるんと思う』

妹友「……」ピク

男「モノマネ? ああ、お前の〝本当の声〟の方か。本音じゃなくって、鳥声のほうね……今なんて言ったんだ?」

九官鳥『ちょいまって。えーっとなぁ。こうかな、「ダイスキダヨーオニイサ」』

妹友「ぎぁああああああああ!!」ばしっ!

九官鳥『ぎゃああああああ痛かよぉおおおおおおお!!!』

男「うわあああ! な、なにやってんだお前!? 可哀想だろそんな掴み方は…!」

妹友「はぁっ…はぁっ…や、やっぱり忘れてください! 絶対絶対に忘れてくださぁ───いッ!!」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 15:16:40 ID:rC9B5yPg
男「わ、忘れろって…あんまり良く聞こえなかったんだが…?」

妹友「じゃ、じゃあそのまま記憶を忘却してください! 何もなかったと、貴方は黙っていてください!」

九官鳥『こ、こら…! やめろやめろー! 馬鹿飼い主ぃー! 動物虐待やろー!?』

妹友「ぎゃわあああ!!」ぎゅっ

九官鳥『ぐむむっ』

男「や、やめろって…死んじゃうぞ! それ以上はダメだ!」

妹友「い、いいんです! 私のペットなんですから! 離してください!」

男「苦しがってるじゃねえか! もう何も聞かないから! なっ!? 離してやってくれよ!」

妹友「だ、だって離したら喋られっ……うっ、あっ……いややっ! いややっていっとるやろ!!」

男「お、おおっ?」

妹友「なんでそげんウチを虐めることばっかすっとね!? いやや言っとるやろ! 離さんか…!」

男「お、おまっ、出てる出てる! 方言出てるから!」

妹「うっさかね…っ! ウチはどげんしたってよかろーもん!?」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 15:26:03 ID:rC9B5yPg
男「だぁーもうっ……お前ってやつは! 良いから聞け俺の話を!」

妹友「ひぅっ」

男「良いか妹友、お前がどんなことを……きゅうちゃんに教えてたのかは知らないけどな」

妹友「…なによ」

男「お前がそれをダメだという権利はないだろーが」

妹友「うっ…だ、だって…」

男(多分、俺の聞かれたくないことを教えちまったんだろうな。例えば…)

男(俺の悪口とかな! これだけ必死に止めやがるんだ、相当なことを言ってたに違いない…くそぅ…)

妹友「うちは…あんなこと言ってしまったんよ…やったらこげんこと…」

男「そうだな。あれだけ俺に言ってるんだ、それを上塗りさせることは……聞かせたくないかもしれない」

妹友「あっ……やっぱ聞こえとったんか…ううっ…」カァアア

男「おう」

妹友「う、うちはなっ……こんなんやけん、正直に本音話せんとよ……やけん、聞かれたくってな…」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 15:36:34 ID:rC9B5yPg
男「…それを真似されて、こんな状況でバレそうになっても、きゅうちゃんには罪はねーだろ」

妹友「…うん」コクリ

九官鳥『ぷはぁ』

男「うん。そうだぜ、離してやってくれ」

妹友「ごめんな…きゅうちゃん…」

九官鳥『ッ~~~!! ッ!! ッ!!?』(聞き取り不可能レベルの文句)

男「きゅ、きゅうちゃんも…許してくれてるってさ……」

妹友「うん…うん…」

男「…だけどよ、やっぱ俺はお前の口から聞きたい」

妹友「えっ?」

男「元からあれだけ言われてるけどさ、俺はよ、言いたいことがあるなら…ちゃんと言ったほうがいいと思うぜ」

妹友「お、お兄さん…」

男「だろ? 別にお前と俺は短くねーほどには付き合いがあるんだ。ちゃんと聞いてやるって」

男(どんな文句だって、悲しくなったって、聞いてやるぜ…!)

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:17:04 ID:E5fJGOow
妹友「……そ、そうなん?」

男「おう」

妹友「じゃあ…その、言ってもよかと?」

男「…おう?」

妹友「ウチがこんなこといって、あんちゃん……困らん?」

男「困るって言えば困るけどな……まぁでも、ちゃんと聞いてやるよ」

妹友「……」

男(さて…果たしてどんな暴言が飛び出してくる…)

妹友「あのな、ウチ、あんちゃんのこと…」ウルウル

男(って、あれ? なんだろこの雰囲気…妹友顔真っ赤だし、あれ? 文句言われるんじゃないのか?)

妹友「ずっとずっと…前からなっ……ウチ、ウチ…!」

男「っ……」ドキ


妹「おー! やっぱここに居たんだ、探したんだよー!」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:22:09 ID:A6qYuKqA
妹友「だっ………大っ嫌いだったんよ!!」

妹「へっ?」

妹友「もう顔をみとーないぐらい凄かくらい大っ嫌いで…ぇ!!」

妹友「もうっ…もうっ…死んじゃえ馬鹿がって思うぐらい死ね!!」

男「………」

妹友「はぁ…はぁ……あ、あれ?」

男「……ハイ、スミマセン」ぐすっ

妹友「あっ、ちがっ、こげんことっ……ちがうとよ…っ?」

男「死んだほうがいいんだよな俺…うんうん…ごめん…」

妹友「あ………」

男「…ほらきゅうちゃん、お前もそっち帰りな」

九官鳥『なんて言われたんか?』

男「ああ、思ってた通りのことを…言われたまでさ…」

すたすた

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:27:26 ID:rWSAAP7s
妹友「ま、まって…!」

妹(めっちゃ気まずい)

男「…もう顔合わせること無いけどよ、妹友」

男「元気でな。俺は別に…お前のこと嫌いじゃなかったぜ」

妹友「えっ、あっ…うっ…!」

男「…じゃあな」フリフリ

妹友「………あんちゃん………」


~~~~


男「ぐぉぉ……なんだっていうんだよぉぉお……!」

犬『最近はよく我に相談にくるな、人間』

男「聞いてくれよぉおお…めっちゃ傷ついてるんだよ俺ぇぇ…」

犬『ふっ。犬生とは傷ついて磨かれる。ようは傷だと思うのではなく、研磨だと思うが良い』

犬『見方を豊かにするためには、傷つくこともまた必要だということだ』

男「…そう思ってもいいもんなのか?」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:36:54 ID:lB45cACA
犬『左様。さすればまた、己の進化と教養を生むだろう』

男「……」

犬『素直になれぬ輩は、他犬よりも多くの物事を考えておるものだ』

男「多くのこと?」

犬『多大な悩みを抱えている。そしてそれを、処理しきれずに我を忘れてしまうことが多々ある』

犬『人間。お前は彼女に何を見た?』

男「え…」

犬『我は犬なり。そしてお前は人間なり。我と人間とでは見るものは違う、そして捉えるものも違う』

犬『考えるのだ。そして見つけ出せ、それがお前が望む答えになるだろう』

男「………」

犬『人とは難儀なものだ。餌を食い、寝て、そして生きる。単純なことをさも難解な風に捉える』

犬『ようは難しく捉え過ぎだ。人間、お前は彼女とどうなりたい?』

男「…仲良くなりたいけども」

犬『それでいい。見つけたではないか、相手への解決法を』

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:42:38 ID:LTqKs4J2
男「おう…」

犬『我は期待しておるぞ。人間が何時までも笑って過ごせることを』

男「…ありがとな、犬」

犬『うむ。では相談料として菓子をくれ』

男「くっく、持ってきてるよ安心しな」

犬『…左様か』フリフリフリ

男(めっちゃしっぽ嬉しそうだな)


次の日 放課後 中学校前


男「よぉ」

妹友「っ……お、お兄さん…!」

男「今、空いてるか?」

妹友「どうしてここに居るんですか…私を、まっていたんですか」

男「まぁな。ちょっと話でも、したいなってな」

妹友「…よくそんなこと言えますね。あれだけのことを私から言われておいて」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:47:32 ID:o6tSal/c
男「度胸があるのが取り柄なんだよ。それで、どうなんだ?」

妹友「…今は忙しいです。だから無理です」

男「……そっか、ならまた明日来るぜ」

妹友「こ、来ないでください。もう顔も見たくないと言ってるじゃあないですか」

男「……」

妹友「私は、嘘つきになりたくないんです。私は自分で言ったことには責任を持ちたい」

妹友「…それが私が唯一決めていることだから」

男「だから、あんまり素直に語らないのか?」

妹友「……」

男「そっか、そう思ってんなら仕方ないな。おう、だったらあんまり問い詰めるようなこと……しないでおくぜ」

くる

妹友「…あ…」

男「だけどな、妹友」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:51:10 ID:uXTllrow
男「俺はそういうの、あんまり好きじゃない」

男「俺は素直が一番だって思う。なんだって、やりたいって思うことも……大切なんだって」

妹友「……」

男「確かにお前は俺のこと嫌いなのかもしれないよ。けどさ、だから俺も思ってるんだ」

男「──お前と仲良くなりたいって、そう思いたいって、大切なんだからって」

妹友「大切…」

男「おう。だって嫌だろ、妹の友達と不仲なんて」

妹友「…そう、ですけど」

男「まぁちょっとばかし我儘だけどな。俺の我儘、けど、それに付き合ってもらわなくてもいい」

妹友「……」

男「何時かは……仲良くなれるって、俺は信じてるからさ」

妹友「っ……お兄さん…!」

男「…おう?」

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 16:55:45 ID:WwTRiCJw
妹友「私は、私は……っ」

男「ん、どうした」

妹友「っ……貴方と…悪い関係に……じゃなくて、私は……っ」ぎゅっ

男「……」

妹友「私は──駄目な子なんです……私の問題も解決しないで……」

男「…え」

妹友「やっぱり言えません、ごめんなさい…忘れてください、私のことなんて」すっ

男「ちょ、待ってくれ。今何を言いかけたんだ?」

妹友「なんでもありません」

男「いやいや! な、なんかあったのか…? さっきの雰囲気、単純な感じじゃ…」

妹友「ッ……なんでもないんです! だから、もう私のことは放って置いてください!」

男「っ……」

妹友「私はただっ……なにも出来ない馬鹿な子なんです! なにもはっきりと言えない! 自分で自分を制御できない、馬鹿な子なんです…!」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:00:09 ID:E5fJGOow
男「お、落ち着けって…」

妹友「もう放っておいてください!! もうっ…もうっ…忘れてください…私のことなんて…嫌いだって想ってください…」

妹友「いいじゃないですか、仲良くなれなくたって、あなたは貴方で幸せに………」

男「お前……」


「ガンバラナクッチャー!ガンバラナクッチャー!」


妹友「っ……!」

男「え、この声は」


「ワタシカワイイ!ダカラガンバル!」


男「お前どうしてここに…」


「ガンバルガンバル! にひー! …タスケテ!」

「ガンバルガンバル!タスケテ!モウヤダヨコンナノ!」

「──ダレカワタシヲタスケテ」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:05:44 ID:WVDIMPHE
男「…助けて?」

妹友「あ……やめて……」

九官鳥「ミンナナカヨクシテヨ!ナカヨクナッテ!カゾクシアワアセ!」

九官鳥「ヤダヤダ!ヤダヨヤダヨ!」

妹友「やめ、やめてよっ! きゅうちゃんやめて…!!」

男「…お、おい。そいつ何言ってるんだ、もしかしてお前の…」

妹友「なにも関係ないですっ! だ、だから…!」


九官鳥「──タスケテ、オニイサン、ダイスキナオニイサン」


男「…聞かせろ妹友」

妹友「うっ…あっ……」

男「お前、なにがあった? いい加減黙ってちゃ何もわからねーんだ……コイツは何を言っているんだ?」

妹友「な、なにも…」

男「いいからきかせろ本音を!!」

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:09:44 ID:kCJwMKOY
妹友「なっ……なにを言えばいいんですか!? あなたには何も関係ないじゃないですか!!」

男「ああ、なにも関係ねぇな! けどな、俺はコイツの声が聞こえたぞ! このきゅうちゃんの声ってやつを!!」

男「俺にそれを聞き逃せってか? バカ言うな、俺がんなこと出来るわけねえだろ!!」

妹友「なにを…っ」

男「それはお前の本音ってやつじゃねぇのかよ!!」

妹友「っ……」

男「助けてってなんだよ。お前は俺との問題以外に、何を抱えてやがるんだよ……」

男「…もしかしてそれが俺と仲良く出来ない、理由でもあんのか?」

妹友「そ、それは…!」

男「あるんだな」

妹友「っ……」

男「──言ってくれ、お願いだから、教えてくれ」

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:18:21 ID:HGmpv3iY
妹友「どうして、言わなくちゃいけないんですか……っ」

男「俺はお前と仲良くなりたいからだ!」

妹友「…っ…」

男「なにか悪いこと言ったか、俺は? 俺は俺で本音を言っただけだぜ」

妹友「……っ」

男「だからお前も言ってくれよ。何を隠してるんだ」


妹友「……私は…何もありません…」
九官鳥『家族の仲が悪いんよ』

妹友「なにも悩みなんて、大変なことなんてこれっぽっちもないんです…」
九官鳥『何時も喧嘩ばっかりしよって、皿もいっぱい割れよってね』

妹友「だから、なにも貴方に話すことなんて……ありません」
九官鳥『ウチが頑張っても、誰も気にせんと。だからもう……オイに助けてほしかったい』



妹友「あなたの顔なんて……見たくないんです…!」
九官鳥『助けて、お願いやけん、もうオイしか頼める人……おらんとよ…』

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:25:36 ID:vi9D.iM2
男「───……」

妹友「もう、いいですか…私早く家に帰らなくちゃいけないんで…」

男「…そっか、そうだったんだな」

妹友「…え…?」

男「お前の本音、ちゃんと聞こえたよ──俺の耳にちゃんと届いた」

妹友「なにを…」

男「お前の悩みが、その素直になれないってことが──家族の問題なら」

妹友「っ…!?」

男「……俺にできることがあったら教えてくれ」

妹友「なん、でそのことを……私言ってないのに……」

男「いや、聞こえたんだ。俺には聞こえるんだ、お前の本音ってやつを」

男「──お前の本音は、ちゃんと俺に届いてるぜ」

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:30:37 ID:en3wQiRI
自宅 部屋

男「…家族が不仲、か」

男(確かにいまさらだけど、色々と不審な点はあったんだよな)

男「この前家に遊びに来た時、予定よりも早く着てたよな…それって、」

男(なにか家であったのかって、思うし)

男「九官鳥が出ていったって時も、どうしてアイツだけが探してたんだ?」

男(…家の窓は開いてた。家には誰か居たはずだ、探しにも行かずに…)

男「色々と問題はあるんだろうけど……助けて、か」

男「……俺もなんで、あんなに聞きたがったんだろ、アイツの本音を」

ネズミ『人間さーん! どうもだよぉ!』

ネズミ子供『ドウモダヨ!』
ネズミ子供『ワーイ!』
ネズミ子供『ニンゲンサーン!』

男「よお。お前らか」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:34:14 ID:5oP6uxws
男「まーた大家族で逃げ出しやがって…」

ネズミ『エヘヘー!』

男「…お前らは幸せそうだな」

ネズミ『うん! 幸せだよ! こーんなにも子どもたちに恵まれて! これからもっと増えるよ!』

男「お、恐ろしいことを言うな…」

ネズミ『そうなの? だってだって、子供は増えたらいいものなんだよ! そしてぼくも幸せなんだよ!』

男「…おう、そっか」

ネズミ『家族は何時だって仲良くなんだよ! そしたら子供とも、子供出来ちゃうんだよ!』

男「うん。そこら辺はわからねーな!」

ネズミ『そうなんだよ?』

男「ネズミ算式はちょっとな…」

ネズミ『そうなんだよー……だけど、幸せな家族はいいもんなんだよ!』

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:40:08 ID:5oP6uxws
ネズミ子『ニンゲンサーン!』
ネズミ子供『ボクラシアワセー!』
ネズミ子供『ニンゲンサンモシアワセー?』


男「……」コショコショ

男(家族は幸せになるべき。本当に単純なことだよな、それって)

男(不仲であるべきことじゃないよな、勿論、仲良くあるべきものなんだ)

男「っ……あれ、なんだ──今、なにか思い出しそうになった」

男「だいぶ前に……確か同じようなことを考えたことが……」



『うちはね、しょうらい幸せなかぞくつくるんよ!』

『おう、そっか。がんばれよ』

『それでね、かわいいかわいい…きゅうかんちょうを、かうの!』

『へぇー九官鳥ね。なんで九官鳥?』

『ものまねがトクイ言っとったけん、いーっぱい幸せなことばおしえっとよ!』

『そっか。そりゃ楽しみだな』

『うん! たのしみばい!』

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:43:30 ID:5oP6uxws
男「………ああ、そっか」

男(ずっと前に、妹友と話したんだっけ)

男「幸せになって、九官鳥に……幸せな言葉を教えるって」

男「忘れてたぜ。そんな昔のこと…くそっ……」

男「くそっ……じゃあどうして、アイツは幸せになってねぇんだよ…!」

男「駄目じゃねえかそんなの、あっちゃいけねーことじゃねえかっ」

男「…馬鹿か俺は、本当に、馬鹿だな」


ネズミ『あ! おねえちゃん!』


男「…へ? おねえちゃん、って誰───」


女「迎えに来た」フンスー

男「…ここ二階ですけど、それに窓から何入ってきてんの!?」

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:47:28 ID:5oP6uxws
女「…あなたが時間通りにこないから、迎えに来たの」

男「えっ? もうそんな時間だった…?」

女「わたしとの散歩。もう嫌になった?」

男「な、なってないなってない! 俺、めちゃくちゃ楽しみだったばい!」

女「ばい?」

男「いや! なんでもない!」

女「そう。じゃあ行くから……」

女「……これ持ってにゃん?」

男(そっとリードを渡された…)

中央公園

女「♪」たったった

男「お、おいって。あんまり走るなって…」

女「にゃーん」

男「…ったく」

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:52:23 ID:5oP6uxws
女「今日も楽しいわん」

男「…そうですか」

女「あなたも楽しい?」

男「た、楽しいよ?」

女「そう。……えへへ~」ニヨニヨ

男(嬉しそうだなぁ)

女「実は今日はお客さん様も連れてきてるの」ずぃ

猫『おれ様だ』

男「ぎゃあー!! 何時からいたんだお前!!」

猫『ずっとだよ。ガキが鼻の下伸ばして嬢ちゃんのケツを眺めてる時からずっとだ』

男「な、眺めてなんかいねーよ!」

女「なんて言ってるの?」

男「ま、またセクハラってるよ…このデブ猫は」

猫『事実だろーが!』

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:55:18 ID:5oP6uxws
女「ふーん、にゃんにゃん?」

猫『おっほ。やっぱ嬢ちゃんの撫で方わかってるわー! 気持ちい…ぐへへ…』

男「……はぁ」

女「あ。ため息」

男「えっ?」

女「ため息は、幸せを逃すって、おねえちゃん言ってた」

男「おう。そっか、すまん…思わずやっちまったぜ」

猫『こんだけ幸せなら、少しは吐き出したほうがいいんじゃねえの?』

男「…うっせ」

女「なにか悩み事?」

男「いや、別に。大したこと……じゃねえよ、うん、女さんが気にすることじゃない」

女「…また女さんって呼んでる」

猫『ありゃま。本当だぜ』

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:58:16 ID:5oP6uxws
男「だ、だって……」

猫『てめーもいい加減慣れろよな。ほんっと、嬢ちゃんが可愛そうだぜ』

男「うっ」

女「どうして、呼び捨てしてくれないの……」コテン

男「…急に呼び捨てって、やりにくいじゃん?」

女「わたしは呼んで欲しい。あなたに、女って」

男「……」

猫『一回呼んでみればいいだろ。それで嬢ちゃんも納得するだろーぜ』

男「だぁーもう…わかった………お、女…?」

女「!」ぴくっ

男「…女」

女「…にひぃ~」ニコニコ

男(くそ、かわいい…!)

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 18:01:04 ID:5oP6uxws
女「じゃあ、わたしも呼んでみるね」

男「お、おう?」

女「…ご主人様?」

男「なんでそうなる!? 呼べよ普通に!」

女「にゃーんっ」ぎゅうっ

男「うおおっ!?」

女「…わたしは幸せだよ、男くん」

男「な、なんだよ急に…」

女「こうやって貴方に飼われてること、それがなによりも幸せで堪らないの」すっ

ちゅっ ちゅっ

男「ちょ、おまっ、やめろって…!」

猫『おっほー嬢ちゃんだいたーん!』

女「だから、あなたも幸せでいてね?」ちゅっ

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 18:05:13 ID:yZXiiArY
男「……うん…っ…」

女「ふふっ」ニコリ

猫『あ。嬢ちゃんそろそろ膝の上からどいてやってくれ、コイツ勃──』

男「だぁーまってろい! デブネコ!」

女「あれ、なにかお尻に…」

男「きゃー!! やめ、やめて!!」

猫『そろそろ、おっちゃん何処か行こか?』

男「変な気遣いするんじゃねえ! い、良いからちょっとどいてくれ…!」

女「?」ストン

男「はぁ……はぁ……ちょっとひとつ言わせてくれないか」

女「どうしたの」

男「俺は、またな……誰かの悩みを解決させてやりたいんだ」

女「お人好しだね」

猫『まったくだぜ』

男「う、うっせ。だけどな、その問題は……ちょっと大きくて、俺にもどうにか出来るかわからねーんだよ」

73: ていせい 2013/11/25(月) 18:10:20 ID:yZXiiArY
女「そうなの?」

猫『またガキはとんでもねえことに首突っ込むな…変態だろお前』

男「……その問題は、少しだけ、お前の時と似てるんだ」

女「……」

男「家族っていうのかな。そういったことで、悩んじまってる奴が居て…」

男「…それをどうにかしたいって、思ってるわけなんだよ…だけど、俺にできるかなってさ」

女「うん」

男「どう思う? お前は、俺に……」


女「──出来るよ、あなたになら」


男「えっ?」

女「あなたになら、絶対にできる。それは一番わたしには分かる、あなたは必ず成功させるって」

女「だって、わたしが──救われたのだから。わたしがわからなくて、どうするの?」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 18:15:52 ID:yZXiiArY
男「…おう」

女「貴方は大きな世界を持ってる。その悩んでる人が、家族で悩んでる人が、もし大変なら」

女「──あなたの大きさで包んであげて。貴方の優しさで、守ってあげて」

男「……」コクリ

女「わたしは貴方のペット。貴方のおおきい囲いに入り込んだ──一匹の動物」

女「そこは広々としてて、楽しくて、自由で、それでいて……ドキドキする」

ぎゅっ

女「そんな場所に、貴方の自由な空間に──入れてあげてね」

男「…おう、わかった」

女「うんっ」

猫『…よくわからねえが、良いこと言われたみたいだな、ガキ』

男「…おう」

女「でもね」

男「おう?」

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 18:21:40 ID:yZXiiArY
女「わたしは一匹の動物だから。縄張りも、欲望も…人一倍あるから」

女「──上手く扱ってくれないと、その子、噛んじゃうかも?」

男「き、肝に銘じておきます…!」

女「わんわん」

猫『…おいおい、これがどっちが飼い主かわかったもんじゃねーな。ガキ、ガハハハ』

男(本当だぜ…)


~~~~


男「よぉ。夜遅くにすまんな」

犬『構わん。我もまた今、たまたま起きたところだ』

男「そっか、じゃあ手短に相談しとくぜ」

犬『なにかな』

男「…本音を言いたがらねえ奴には、どうしたらいい?」

犬『時に自分の意見を悪だと決めつける輩がいる。ただし、それは悪いことだとは言わん』

犬『それぞれ言葉というものは、捉えようによっては、悪にも正義にもなるからだ』

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 18:35:09 ID:yZXiiArY
犬『己自身が悪だと思うのであれば、悪だ。正義だと思うのであれば正義であり、決めつけることは出来ぬ』

男「………」

犬『本音、とは。まさしくどちらにでも成りうる危ういものだ。嘘に隠さず、吐露すれば劇薬になり得る』

犬『…しかしまた、最大の効力を発揮する特効薬にもなり得よう』

男「なるほどな。本音ってもんは難しいんだな、扱い方が」

犬『それは違う』

男「えっ?」

犬『言ったであろう。難しく考えることが正しいのではない』

犬『簡単でよいのだ。実にしんぷるに突き進んでよいのだ』

犬『本音とは、いわばコップ一杯に入れらた水から──こぼれ落ちた雫』

犬『しかしそれは元より水であって、なにも変わることはない』

犬『当然なのだ。そう、それは──当然なのだと、こぼれ落ちて当然なのだとな』

男「…それを、そいつにわからせればいいんだな?」

犬『左様。頑張り給え、人間』

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:25:35 ID:vTvaWhLM
~~

男「今回もまったくもってわからなかったぜ!」

男「犬が言ってくれてることはすげーいいことなんだって思うけどさ…」

男(でも、やれることはやりきろう。俺にできることがあれば、やってやるんだ)

男「よし…頑張るぜ…!」

男(俺は絶対にアイツを…助けてやるんだ、そう求められちまったんだからな…)


後日 マック


男「よく来てくれた」

妹友「…だってあなたが来いと言いますから」

男「おう。だから感謝してる、馬鹿げたことだって無視されると思ってたし」

妹友「別にそこまで思ったりしません。素直に感謝は…してます」

男「そっか、なら良かったぜ。じゃあ早速ながら本題に入るぞ」

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:30:03 ID:H.dAu4dw
~~~~

妹友「素直に話してみる、ですか?」

男「そうだ。お前の本音を、つまり言いたいことを家族に言ってやるんだ」

妹友「…そんなの」

男「何も変わらないってか? 違うって、多分、お前本音で家族と会話したことないだろ?」

妹友「………」

男「どうなんだ」

妹友「…わかりません、確かに言われれば本音で喋りあったことも無い、とも言えますし」

妹友「そうじゃないとも言えます。わかりませんよ、そんなこと…」

男「じゃあ、家族は好きか」

妹友「…好きですよ」

男「そのことを、親に伝えたことは?」

妹友「……ない、ですけど。お兄さんもあるんですか、好きだってことを伝えたことは」

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:35:14 ID:9aj/lcCo
男「えっ? えーっと、うん、ないかも…」

妹友「言いづらいですよね、そういうのって」

男「…確かにな、けど、この状況を打破するためには…」

妹友「お兄さん。少し良いですか」

男「…どうした?」

妹友「私、別に助けて欲しいなんて思ってませんよ?」

男「おい…」

妹友「最初からそう思ってますけどね。何処をどう知ったのかはわかりませんけど」

妹友「──私はあんな家族でも十分、充実していると想ってます」

妹友「一般的には悪く見えるかもしれません。けどですね、私は満足なんですよ」

妹友「だから、変に頑張らなくてもいいんです。放っておいても良いんですよ」

男「……」

妹友「私はそれを、貴方に伝えにきました。だから、こういったこと、ウレシイですけど、やめにしてくれませんか」

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:44:55 ID:sOG49JXE
妹友「だからもう金輪際──」

男「…幸せな言葉を教えたい」

妹友「…なんですかそれ」

男「昔によ、お前が俺に言ってくれたんだ。九官鳥に幸せの言葉を教えたいって」

妹友「へーえ、よく覚えてましたね。忘れてしまいましたよ、そんな昔のこと」

男「お前はさ、幸せな家族を作って。それから飼ってる九官鳥に、色々と言葉を教えたかったんだろ?」

妹友「…それが何ですか」

男「素敵だって思う。そういった夢を俺は考えたこともなかった」

妹友「……」

男「けどよ、今はその飼っている九官鳥は……幸せの言葉は憶えてない」

男「お前の苦悩やら嘆きやら、そんなんばっかりじゃねえか」

妹友「………」

男「なぁ。今回のこと、本当に何もしなくていいのか?」

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:49:09 ID:vFxtF7L2
妹友「…良いんです、大丈夫ですって」

男「それが本音か?」

妹友「はい。私の本音ですよ、ちゃんとした私の言葉です」

男「…責任が持てる事実なのか」

妹友「そうですよ」

男「もし、仮にだ」

妹友「……」

男「それが嘘だった場合。おい、テメー覚えておけよ」

妹友「…嘘じゃないですよ」

男「そっか、そっかそっか。そうなんだな──」すっ

九官鳥『やっはろー』

男「──じゃあ一つ一つ聞いて行ってやろうじゃねえか、えぇ?」

82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:54:25 ID:nlA3d4FA
妹友「えっ!? なんで、きゅうちゃんがここに……!」

男「質問一つ目だ。お前は母親とは仲は良いか」

妹友「なっ…べ、別に悪くなんか……」

九官鳥『たまーにご飯、つくってくれちょらんばい』

男「ちょらんばい…? つまりは、仲良くないなテメー!」

妹友「は、はぁ?」

男「つ、次だ! 父親とはどうだ!?」

妹友「だから別に悪く無いって…!」

九官鳥『もっそい悪かよ。たまにびんたされとるの、みたことあるけん…』

男「なっ……お前、暴力振るわれたこともあるのか…?」

妹友「っ…!」びく

男「……そして最後に、お前はそんな家族と仲直りしたいか」

妹友「……。仲直りもなにも、悪くなんかありません」

九官鳥『助けてほしかとよ。うちの飼い主は、オイにしかた頼めんとよ』

九官鳥『みんなで仲良くしたいって。望んちょっとやけん』

83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:01:31 ID:kDbtmdo.
男「…やっぱ嘘じゃねえか」

妹友「…意味がわかりません!私の何を…わかってるとでもいうんですか…!」

男「ああ、総何度も同じことを言わせるなよ。お前の本音、ちゃんとわかったんだ」

男「俺には聞こえてるんだぜ。助けて欲しいって言葉を、お前が……ちゃんと残してる大切な思いを」

男「なぁきゅうちゃん。教えてやれ、お前の本音ってやつを──」

男「──コイツの本音ってやつを、自分自身に、教えてやってくれ」

妹友「きゅうちゃん…?」

九官鳥「ガンバレガンバレー」

男「……『何をそこまで意固地になっちょっとね。アホな飼い主』」

妹友「……え…」

九官鳥「カワイイカワイイ」

男「『ウチはね、ずっと見てたから知っとるんよ。アンポンタンなオイを、ずっとずっと見てた』」

妹友「お、お兄さん何を言ってるんですか……?」

九官鳥「ダイスキダイスキ! チョーダイスキ!」


男「『──よく泣かずに頑張ったね。ほんと、凄かよ。飼い主さん』」

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:07:40 ID:3n/3Mwe2
妹友「え……あ……?」

九官鳥「『ずっとずっと、飼い主さんはしあわせになりたいって言っとったよね』」

九官鳥「『こんな仲の悪い家族は嫌だって、もっと皆仲良くなろうって、言っちょったよね』」

九官鳥「『ウチもそう思うんよ。だって、飼い主さんが悲しんでる所、みたくないんよ』」

九官鳥「『昔みたいに、あの公園で……楽しくピクニック行きたかとよね』」

妹友「っ……そ、そのこと…どうして……」

九官鳥「『もういいとばい。飼い主さん、もう、もう、頑張らなくたっていいとよ』」

九官鳥「『これからは自分の幸せ考えて良かって。な?』」

妹友「きゅう…ちゃん……」

九官鳥「『うちはわかっとるよ。オイの馬鹿な所、おっちょこちょいな所───』」


九官鳥「『──なによりも家族を愛しとる所、知っとるよ』」

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:14:16 ID:vQ.JUUD.
妹友「うっ、あっ…なんで、どうして…私は……うちは…!」ポロ

ポロポロ…

妹友「もっと頑張らんばいけんとにっ…ぐすん…どげんしてそんなこと言うと…っ?」

男「自分で本音を重く見過ぎてるんだよ、お前は」

妹友「だ、だって私がわがままを言っても…っ」

男「それがどうしてわがままになるんだ? 違うだろ、本音はただの……思いだ」

男「何も変わらない。お前の意思であって、間違ったことでも、凄すぎることでもねーんだよ」

男「──我慢から零れ出てるものも、ただの思いだ」

妹友「思い…?」

男「そう、お前が本音を大きい物だって思うんだったら。それはただの勘違いだ」

男「本音はただの言葉だよ。お前にとっての、本当の言葉」


九官鳥「『──助けてというのは、正しいこと』」

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:19:19 ID:9X0fBFBA
男「そのことを、この九官鳥は──きゅうちゃんは知っているんだ」

男「お前の本音をコイツは覚えている。だから、こうやってお前にわからせてあげられるんだ」

男「自分はこれだけ悲しんでるって。それを置くに仕舞いこんでても、ダメだってことを」

妹友「本音をわからせる…」

男「…ああ、ちゃんと聞いてやれ」

男「もう一度、自分と向き合え。そして考えろ」

男「……お前のこと心配してんのは、俺だけじゃないんだぜ」

九官鳥「ガンバレー!ガンバレー!」

男「…な?」

妹友「ひっぐっ…ぐしゅっ……あぁっ……きゅうちゃん…! きゅうちゃん!」ぎゅっ

九官鳥「カワイイカワイイ!」

妹友「ごめん、ごめんねっ…ウチ…そうよね、悲しいんよねっ…!」

妹友「もっと幸せを考えなくちゃっ…いけんとよねっ…」

87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:29:02 ID:kDbtmdo.
男「……」

妹友「うあああっ…! あぁあぁっ…きゅうちゃ、きゅうちゃん…!」

九官鳥『…なはは、ほんっとうちの飼い主はおバカさんたい』

男「…だな。こんなひと目の在るところで泣きやがって」

男「だけど、悪いことなんてこれっぽっちもない。それが、大切な本音なんだ」

妹友「ああぁぁっ…ひっぐ…ぐしゅっ…」

九官鳥『さてさて、にひひ、これからどうすっとかね?』

男「決まってんだろ? …騒ぎに行くんだよ、たーんとな」


男「くっく、さぁ行くか──本音とやらを語りによ!」


~~~~


九官鳥『ウチを飼ってくれた日。それはもう忘れられんたい』

男「覚えてんのか。鳥のくせに」

九官鳥『そうよ。案外覚えとるもんよ、あの日は…そりゃもう幸せだったばい』

88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:33:41 ID:g4wI0urY
男「……」

九官鳥『みーんな笑顔で、笑ってて、ウチの言葉に爆笑しとったよ。なはは。今でも思いだして笑えるね』

男「なんか、幸せそうだな。そういった雰囲気」

九官鳥『あったりまえやん。やけど、やっぱ今はそうでもなかとよね』

男「…おう」

九官鳥『なぁオイはどうしてそこまで、やってくれたん? うちの飼い主さんの為に、自分の秘密までバラして』

男「別に。理由なんてねえよ、けど、コレしか無いだろうなって」

男「一番アイツを理解できているのは、お前だって思っただけだ。俺にどうにか出来るって、思わなかっただけだ」

九官鳥『ほぇー案外考えとるんやね。真っ直ぐ馬鹿やと思ってたわ、すまんなあ』

男「…俺もそう思ってたよ。けど、教えてくれた奴が居たんだ」


「貴方は大きな世界を持ってる。その悩んでる人が、家族で悩んでる人が、もし大変なら」
「──あなたの大きさで包んであげて。貴方の優しさで、守ってあげて」


男「俺にできることは、ただ、守ってやるだけなんだって」

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:43:23 ID:19I41Aoo
男「アイツの本音ってやつを大切にするだけだ。その手段として、お前を使わせてもらったんだよ」

九官鳥『ほうほう。よくわからんけど、ウチは役に立ったとことやね?』

男「ああ、十分だぜ」

じゃり

男「──さて、来たみたいだな」

九官鳥『なはは。ちょっち楽しくなってきたばい! どげんことなるとかね!?』

男「はぁ? んだよ、幸せなことに決まってんだろ」

九官鳥『よく言うなぁーニンゲン!頑張らなくちゃいけんのは、うちのほうばい!』

男「じゃあ頑張れよ。幸せにしたいんだろ」


「あの、お兄さん…」じゃり


男「おう、待ってたぜ…ここの公園はほんと人気だなぁ」

妹友「え、なにがですか?」

男「いいや、気にしなくていい。それで、どうだった?」

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:47:22 ID:246fsRj2
妹友「…とりあず思ってたこと、言いました」

男「おう」

妹友「だけど、本当に伝わったのかは……わかりません」

男「…うん、だよな」

妹友「私にはやっぱり、かわれないと思うんです。だけど、だけど……っ」

男「どうした」

妹友「私は! うちは……諦め、ません」

妹友「やっぱり愛してるから、大好きだから、やっぱり……私の両親だから」

男「……」

妹友「もっと…もっと本音で…やっていきたいと、思います」

男「…おう、その意気だぜ」

妹友「は、はい! えっと、それとなんですが……そろそろ来ると思いますけど」

男「ん、ああ両親か。よく呼べたなぁ」

91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:50:26 ID:F.5A/awg
妹友「絶対に来て、って言ったら……来ると言ってましたので」

男「そうか。良くやった妹友」

妹友「それで、なにをするんですか?」

男「別に俺は何もしねえよ。ただ、コイツがな」ひょい

九官鳥「カーカー!」

男「…色々と言いたいことあるんだってよ」

妹友「えっ? きゅうちゃんが…」

男「お? そうこうしてるうちに、あれがお前の両親? あっちから歩いてきてるのって」

妹友「…そうですね」

男「じゃあ後は頼んだぜ、きゅうちゃん」

妹友「えっ、ちょ、何処に行くんですか!?」

男「またあとでくるってー! じゃあなー!」たったった

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:54:29 ID:vJnILagk
妹友「なにを…」

「妹友。どうしたこんな所に呼んで」
「もう帰りましょう。時間も遅いし…」

妹友「あ、うん。そうだけど…」


「オカーサン……オトーサン……」


妹友「…え」


「オかーサン…おとーサン……にひひっ…キョウはぴくにっくだねっ!」


「こ、これは…」
「きゅうちゃん…?」


「たのしいねっ! おべんとう、おいしいねっ! おとうさん! あっちでなわとびしよう!」

「おかーさんお弁当美味しい! 美味しいよ! もっとたべたい! おとーさん! おかーさん!」


九官鳥「ダイスキ! みんなだいすきだよ! みんなみんな、だいすきだよ!」

93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:59:34 ID:CI3FzQ9I
「これっ…まさか…」
「あっ…うそ、そんなこと……」

妹友「これって……昔にピクニック来た時の……」


九官鳥「もっと遊んでよおとーさん! あっちにいっぱいあるよ! 楽しいよ!」


「わ、私は……そうだ、昔はもっと……」


九官鳥「おかーさん! お弁当、私もつくればよかったね!」


「っ…わたしは…!」


九官鳥「だけどね、がんばらなくっちゃ、わたしはもっとがんばらなくっちゃ!」

九官鳥「みんなえがおにしなくちゃ! もっとかわいくなって、みんなみんなげんきにしなくちゃ!」


妹友「………」

ポロポロ…

妹友「ひっぐ…あぁ……きゅうちゃん…!」

94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:05:50 ID:TS0UFIcQ

男「……頑張れ、頑張るんだきゅうちゃん」

男(お前の出来る限りの真似を、歌を、伝えてやるんだ)

男「それは、お前にしか出来ないことなんだ。お前の意思で、伝えてやるんだ」


九官鳥『ばかやろー! もっと幸せになれってんだぁああああああああ!!!』


男「…ああ、そうだぜ。お前の言うとおりだぜ」

男「幸せになりやがれってんだ。くっく、あははは!!」




私には見えた気がした。この夕暮れに赤く沈む公園の景色が、
ほんの一瞬だけ──あの春一色の記憶へと戻ったのだと。


妹友「おとーさん、おかーさん…」


口に頬張った、玉子焼きに味。
両手にもった縄跳びの硬い感触。

私は忘れることは出来ない。
いや、忘れてはいけなかったこと。

95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:10:22 ID:ESMNNmSM
妹友「もっと仲良くしようよ…っ」


今やっと思い出すことが出来た。
私が本当に望んでいた景色がここにあるのだと。

───私の願いが、今、見えたのだと。

妹友「私っ…もっといい子になるから! だから、お父さんお母さん! もっと…仲良くなってよ!」

妹友「昔みたいにっ…楽しくピクニック行けるみたいに! もっと笑って、楽しそうに…!」

妹友「私はやだよ! こんなの、やだ……やだばい!! もっと幸せに生きたんよ!!」

妹友「だからっ…だからっ……」


妹友「私は……幸せになりたい……」




~~~~~
~~~
~~

96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:14:54 ID:hPXDoNec
猫『ふわぁ~』

男「お。こりゃ雨が降るな」

猫『顔洗ったらだ馬鹿。んなこともしらねーのかよ』

男「うるせ」

猫『今日はどうした。また暇そうだなぁ』

男「なんか家に妹の友達着てるんだよ。気まずくてな」

猫『人間さんのクセにチキンってか、がはは』

男「…ホントにお前は口が減らないよな、ったく」

猫『ふわぁーにしても、眠いねぇ。おいガキ、ちょっと膝かせよ、寝るから』

男「はぁ?」

猫『いいだろ別に。喜べ、猫さまが膝の上に寝てやるんだぞ、幸せもんだぞ』

男「何言ってんだコイツ…」

97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:18:19 ID:5uKaxIpI
猫『よっこらせっと』

男「あーもう邪魔くせえ…」

猫『ふんふーん。おっ? オイみてみろ、あの鳥っこ』

男「なんだよ、また何か見つけたのか?」

猫『きゅうかんちょう、だったか? またカラスどもにいびられてるぜ』

男「へ?」


カラス「ぎゃーぎゃー!」

九官鳥『うるせぇー! ダマッチョルバイ!』

男「…何やってんだアイツは」すっ

猫『あ痛! 急に落とすなよガキ!』

男「はいはい。ごめんごめん」

九官鳥『ここいらの鳥は礼儀ってのをしらんばい!! …お、ニンゲン。おっすー』

98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:21:15 ID:lHF/lr8I
男「また逃げ出したのかよ…」

九官鳥『いや、今回はちゃうんよ。ちゃんと飼い主おるよ』

男「へ?」

「あ、ここに居たんですね」

男「…お前」

妹友「ど、どうも。お久しぶり、なんですかねこれって…」

男「まぁそうなるな。三週間ぐらいあってなかったし」

妹友「あの、えっと、今回のことは本当に…」

男「いや、何回礼を言うつもりだよ。別にいいって」

妹友「でも…」

男「メールでも電話でも。直接でも何回も言われれば、こっちも迷惑だぜ」

妹友「…そうですか」

男「ん。それで、最近どうだ?」

99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:24:45 ID:.XxuTG.2
妹友「…何もいうことありませんね。えっと、大丈夫だってことです!」

男「おお、そうかそうか。ならよしだ」

妹友「……あの」

男「うん?」

妹友「もう一回だけ、聞かせて欲しいんですけど……きゅうちゃんの声、聞こえるんですよね?」

男「え、あ、まぁーな。おう、なんとなくだけどな」

妹友「じゃあ一度だけ。一度だけでいいですから、なんて返事したか教えてくれませんか」

男「返事? 別にイイケド」

妹友「きゅうちゃん」

九官鳥『おっ?』

妹友「その、ありがと。本当に感謝してるから……本当に本当に」

九官鳥『なはは。ほんっとこの飼い主はアホよなぁ』

九官鳥『──よかよ、オイが笑ってれば、なによりも幸せたい』

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:28:11 ID:a7ULTpbI
妹友「今、なんてイイました?」

男「…お前が笑ってれば、オイは幸せだってよ」

妹友「…はい! ありがとうございます!」ペコリ

男「よかったじゃねーか、なぁ?」

猫『おれに降るなよ。今回はノータッチだぜ、おっちゃんは』

男「いじけてんのか?」

妹友「えっと、その…最後に一つだけいいですか」

男「おう? どうした?」

妹友「……」

男「?」

妹友「私は、素直に言葉を言うのが……苦手です」

男「…ん」

妹友「だから、こうするしかなくって、その、えっと……ううっ…」

101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:51:45 ID:7sDbJBv6
男「お、おう?」

妹友「っ…やっぱり後は頼んだっち! きゅうちゃん!」ダダダダダ

男「ちょ、お前何処行くんだよ!?」

九官鳥『しっかたねーなーぁ、ニンゲン! よーく聞いとくんよ! 一度しかいわんけんな!』

男「お、おお」


九官鳥「──お兄さんのことなんて大っ嫌いです!! もう付き合いたくなんかありません!!」


男「……え?」

猫『ほぅ』

男「い、いまのって……どっちだ!? どっちが正しいんだ!?本音どっち!?」

猫『こりゃ嬢ちゃんに喰われるな…クワバラクワバラ……ッ!? ッ!? ……!!』びくぅ

九官鳥『なははー! んじゃまったなー!』

男「おぃいいいいいい!!」

102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:52:58 ID:7sDbJBv6
男「なにがどうなってやがるんだ…」

「にゃーん」

男「…おい、こんな時に猫のモノマネなんてやめろよ。ちゃんと聞こえるよに言えって」

「にゃん?」

男「こ、こっちはどうしようかテンパッてんだぞ!? からかうのもやめろデブ猫───」


女「にゃんにゃん」


男「──………」

女「…」

男「何時からそこにいたんですか」

女「…さっきから」

男「っ…っ……っ」ダラダラダラダラ

103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:53:50 ID:7sDbJBv6
女「あーここに美味しそうなぁ──」

女「──お肉があるなぁって」

男「ま、待ってくれ! 違う! そうじゃないんだ女!!」

女「がおー」


ぱくり


男「ぎゃあああ! やめてぇええええ!!」

女「はむはむ」

男「おっおっ…おふぅ!」

猫『…こりゃまた大変だねぇ、まったく』

猫『ふわぁーあ。眠いったらありゃしねーわ』

104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:55:22 ID:7sDbJBv6
ということで終わり

特別に続いたお話しなので続くは不明
とりあえず、数日置いて書く気起きなかったら落とそうと思いまふ


ではではノシ

105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 22:17:00 ID:q42f0UiM
乙!これ面白いから続き書いてほしい

108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 10:02:06 ID:XEAiFdz.
すげー面白いやんこれ!

109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 11:31:40 ID:xgbZ4olQ
小春日和の今日此の頃。
吐く息も白くなり、朝夕一際冷え込むようになりました。


男「………」

ペンギン『やべぇうめぇ魚うめぇ』グェグェグェ

キリン『あぁあぁぁああぁぁああ首凝るわぁぁああぁぁあああ』

ゾウ『オラ……なんで生きているんだっけ……ワカラン……リンゴ美味しいムシャムシャ』


今日は動物園に来ていて、
寒さにも負けず様々な動物たちは、思い思いに生きているようです。

やはりといいますか、なんとも動物の声が聴こえる俺にとって、
そんな一変した世界に心踊ることと──


女「ご主人様。あっちにライオンがいるの」

妹友「お兄さん。こっちにはカバが居るみたいですよ?」


──なるわけにもいかなそうです。

110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 11:34:14 ID:xgbZ4olQ
数日前 夜の公園

男「……………」

女「……………」

男「あの、ですね、えっとぉ~」

女「もう一度だけ言うからね」

男「ハイ」

女「あの彼女とはまだ会ってるの?」

男「な、なんで? 別に気にすることじゃ…」

女「これはただの世間話だよ」

男「…そ、そうだな、そうだけどさ! もう何それ!?」

男「ハッキリ言うけど…妹友とは変な関係じゃないって…!」

女「…妹友?」

猫『あ。やべぇ』

111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 11:34:59 ID:xgbZ4olQ
男「え? なに、俺なんか悪いこと言った?」

女「…………」じぃー

猫『おいおい、嬢ちゃんの前で呼び捨てにするなよ、他の女のことをよぉ…』

男「あ」

女「…わたしだって、まだ、そんなに呼び捨てされたこと無いのに…」

男「ま、待て。違うんだ、そいつとは長い付き合いだからさ…!」

猫『なぜ墓穴を掘るようなことを言うんだ…』

男「おぉぉ…っ?」

女「それは、わたしよりも長い付き合いなの?」

男「お、おう。まぁ数年ぐらい関係はあるな…ていうか幼馴染レベルというか…」

女「……そうなんだ」シュン

猫『ガキ…』

男「本当に待ってくれ! あのなぁ! 違うんだって、本当に!」

112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 11:35:49 ID:xgbZ4olQ
猫『おっちゃん。わかるぞ、嬢ちゃんの声わかんねーけどこの状況ははっきり分かんべ』

猫『ガキ。いい加減にハッキリ言わねぇと……嬢ちゃんマジで逃げ出すぞ』

男「ッ…」

猫『お前の手から離れて、手綱を引き千切ってな』

男「それは…」

猫『良いのかよ人間さん。おまえはそれで良いのかって聞いてんだ、おれ様は』

男「……」

猫『嬢ちゃんだっていっぱしの女なんだぜ? ペットだか飼い主だが言ってるけども』

猫『──自分が大事にしてるモンを取られるかけてるってことに、女として嫉妬してんだ』

男「…お、おう」

猫『わかってるならハッキリ言ってやれ。オレの大事な奴はお前だけだって、な』

113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 11:36:36 ID:xgbZ4olQ
男「は、はっきりと…!」

猫『ああ、そうだぜ。ハッキリと言うんだ! ほら言っちまえ!』

男「お、おぉぅ! 言ってやるぜ! あのな! お、女!」

女「わかった」コクリ

男「俺はお前のことを、えっ?」

女「最初からこうすれば良かったんだよね」

男「な、なにが?」

女「あのね、男くん」

男「は、はい…?」

猫『…なんか嫌な予感するぞ、おっちゃん。声わかんねーけど』

男(実に俺もだ)

女「──会わせて、彼女に。その貴方の妹友さんに」

女「会わせて」

117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:13:04 ID:3GWlqlLs
次の日 マック

男「ということなんです…」

妹友「いきなりなんですかお兄さん」

男「いやさ、わかるだろ。というかわかってください…!」

妹友「……」じぃー

男「な、なんだよ」

妹友「はぁーあ。知らなかったなぁ……お兄さんに彼女、居たなんて」

男「お、おう? まぁな、というか別にお前に言うことでもないかなぁって…」

妹友「………」

男「な、なんだよ?」

妹友「本気で言ってます? それ?」

118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:13:44 ID:3GWlqlLs
男「…………オ、オウ」

妹友「私、曲がりなりにも──こ、告白ッ! こくはくっ……してるんですけど…っ?」

男(顔が真っ赤だ…)

妹友「だからってその、なんていうか、お兄さんが悪いってことじゃないんですけど…でも、」

男「…そうだな、確かに言い方が悪かったぜ。すまん、無神経だった」

妹友「…。お兄さんは」

男「は、はい!」

妹友「…私の事嫌いですか?」

男「き、嫌いじゃねえよ?」

妹友「じゃ、じゃあ……しゅ、しゅき……好き、ですかっ?」

男「…友達としてっ?」

119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:14:32 ID:3GWlqlLs
妹友「…そうですよね、わかってました」ジュルルル

男「おう…」

妹友「それじゃ私、振られちゃったってことなんですね、これって」

男「ま、まぁそうなるかも……しれん」

妹友「そうですか……まぁ大丈夫です。平気ですからそんな顔しないでください」コトリ

男「なんか、すまん。こう……上手く言えないけどよ」

妹友「ですから大丈夫です。私は子供じゃないんですから。言ったでしょう? 自分の言ったことには責任を持ちたいって」

妹友「私はこれで良し。と判断したんですよ」

男「…わかった」

男(これでよかったんだよな、な? そうだよな、だけどえらくこう……)

妹友「…わかりました。じゃあその彼女さんと会えばいいんですね」

男「お、おう。えっ!? いいの? 会ってくれるのか…?」

120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:15:38 ID:3GWlqlLs
妹友「あちらが会いたいと仰るのなら。私だって、このままでいいとは思ってませんし」

男「……そりゃありがたいが、えっとなぁ」

妹友「もしかして、振った相手に頼みにくいとかですか?」

男「勿論それもあるけども。それ以外に色々と問題があるっていうか…」

男(女さ、ゴホン、女のほうがどう出るかイマイチ把握できてないのがなぁ…)

男(もしかしたら妹友を悲しませることを言うかもしれん。いや、アイツに限ってそんなことは…)

妹友「なにが心配なのか分かりませんけど、とにかく───」

妹友「──私は別にお兄さんの彼女とあっても構いませんってことです」

男「………。強いな、お前」

妹友「え?」

男「あ、いいや。なんでもない……ただ、無理してるんだったら」

121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:16:30 ID:3GWlqlLs
妹友「無理なんて、してませんよ。そんな馬鹿なことはもうとっくに…やめてます」

男「…おう、そっか」

妹友「私は私でやりたいことを、思うことを、したいことをやってるだけですよ」

妹友「だからお兄さん。是非とも会わせてください、彼女さんに」

男「…助かる。ホントマジで感謝するわ」

妹友「ふふふ。だーいじょうぶですよ、にしても、えらく尻に惹かれてますねお兄さん」

男「ま、まぁな。俺も驚いてるよ…」

妹友「可愛い方なんですか」

男「か、可愛いと思うけどっ?」

妹友「へぇーえ…」

男「そんなに詮索するなよ…恥ずかしいだろ…」

122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:17:37 ID:3GWlqlLs
妹友「…噂はやっぱりほんとうだったんだ…」ボソリ

男「えっ? なんか言ったか?」

妹友「い、いえいえっ! なんでもないんです、ただ…ちょっと覚悟を決めたっていうか」

男「覚悟? お、おう。そりゃありがたい…」

妹友「え、えーと…それじゃあ私はこれから用事があるので、日程決まり次第教えて下さい」

男「わかった。んじゃ…ありがとな妹友」

妹友「……っ……」

男「ん?」

妹友「…で、ではこれで!」

たたたーっ!

男「…どうしたんだいアイツ? いや、まぁ、俺が振っちまった後だしな…うん…」

123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:18:29 ID:3GWlqlLs
帰り道

男「……」スタスタ

男「はぁーあ……」

男「……」ピタリ

男「……モテ期か」ボソリ

猫『自分で言ってちゃ世話ねーな』

男「どぅあっ!? な、猫!?」

猫『よぅ。良く会うなガキ、昨日ぶりか。おれ様は今から餌場巡りだぜ』

男「そ、そうか…つか立ち聞きすんじゃねえよ、びっくりすんだろ」

猫『したくてしてんじゃねえっつのよ。おまえさんこそ、一人でブツブツ面白いこといってんじゃねえ』

男「お、面白いこととはなんだ! これはなぁ! い、一男子高校生としてな…!」

猫『あーわかるわかる。おっちゃんもわかるよ、猫だし、モテ期とか敏感だし、雌の発情期とかチョー気になるし』

男(なんか言い方がムカつく…)

124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:20:26 ID:3GWlqlLs
猫『けどよぉガキ、まぁガキはガキだからわっかんねーと思うけどよ』

男「…なんだよ」

猫『経験数として、ちっとガキよりも上級猫として一つ助言しておいてやる』

猫『──モテるってことは決して良いことだらけじゃねえぞってな、がはは』

男「…猫のくせして、人間様に言うじゃねえか」

猫『まぁ聞いておけって。あのなぁガキ、お前は女ってもんをわかっちゃいねーよ』

猫『何時だって可愛くて、綺麗で、胸をキュンキュンさせてくれる存在……だけじゃねえんだ』

猫『一度覚悟を決めたら、女は時に牙を剥く。爪を立てて、相手の喉仏に噛み付くことすら──躊躇しねぇ』

男「そりゃ猫の場合だろーが」

猫『おやおやぁ? でもよぉ、よく人間様の中でも言うらしいじゃねえか〝猫をかぶる〟ってよぉ?』

男「う、うるせぇな。違うって、アイツらはそんな野蛮な奴らじゃない、きちんと物事考えられる奴らなんだよ」

125: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:21:32 ID:3GWlqlLs
猫『おやまぁこりゃ──随分と甘く見てやがんだな、生き方ってもんを』

男「甘く見てない」

猫『まぁいいぜ。おれだってとやかく言うつもりはねぇ、ただ、嬢ちゃんだけは悲しませるなよ』

猫『──ただまぁ、くっく、この状況でつらい目に会うのは──どっちだろうなぁ、えぇ? がはは!』

シュタタ

猫『おいガキ。おれは応援してやらねぇが、その状況には同情してやらんでもない』

男「…なんだよその言い方は」

猫『答えは一つだ。より良い運命ってやつはよ、絶対的に──一つだけって決まってやがるんだぜ』

男「……おう?」

猫『イタズラに答えは転がってる。おまえさんが一番ってモンを見つけて、ちゃんと納得しやがれよ』

猫『じゃねえと運命様に見限られちまうからな、んじゃな。ガキ』

126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:23:05 ID:3GWlqlLs
男「お、おい! 待てって、言いたいことだけ言いやがって…!」

男(…。何にも起きないよな、いや、本当にお話して綺麗さっぱり終われるよな?)


当日 動物園

男「そうしてこうなった、と…」

女「ご主人様」

男「…世間一般様居るところでそう呼ぶのやめような…!」

女「いや」フルフル

男「えっ!? いやっておまえ…!」

妹友「…」じぃー

男「ほ、ほら! 世間様じゃなくても俺の知り合いに聞かれてるよ!」

女「…ごしゅじんさまぁ~」ぐいぐいっ

男「おまっ! か、顔を押し付けてくるなって…っ」

妹友「ぐぬぬっ」ギリリッ

男「ちょ、本当に怒らないでください! マジで迷惑なのわかってるし、やめさせるからよっ?」

127: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:24:01 ID:3GWlqlLs
妹友「うらやましぃっ…私だって、私だって…」

男「何いってんのお前!?」

妹友「はっ!? な、なんでもないばいっ! 聞き間違いやけん絶対!!」

男「き、聞こえてましたけど…?」

妹友「うッ…きゃ……うぅぅうう…っ」プッシュー

女「にへへぇ」

男「…お前もそろそろいい加減にしろって」ストン

女「にゃあっ」ゴス

男「なんなんだよ、ほんとーに何だよお前ら! 俺等って話をしにきたんじゃねーの!?」

女「違うよ」

妹友「ち、違いますけど…」

男「えっ、違うの!?」

128: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:24:57 ID:3GWlqlLs
女「わたしは最初から話し合うつもりなんて無い」

妹友「…やっぱりそういうことなんですね」

男(いったい何が始まろうとしてるんだコレは…)

妹友「知ってますよ、貴女のこと。私の中学でも伝説はいくつか届いてますし」

男「で、伝説!? なにそれ初耳!!」

妹友「告白された回数がゆうに三桁超えている──から始まり」

妹友「嫌われ者の教師を無言で泣かせ、近所の不良を目先一つで飼いならし」

妹友「誰とも関係を作ることもなく、それを周りに孤独だと思わせず──優雅に佇む貴女を何時しか…」

妹友「人は『黒姫』と呼び始めた」

男「…なにその恥ずかしい名前」

女「フフ…懐かしい名前、確かにそんな風に呼ばれていた──時期もあったの」

男「ノリが良いなお前も!」

妹友「そして、そんな黒姫が……最近では変わってしまったと!」

129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:26:40 ID:3GWlqlLs
妹友「一度も感情を表すことのなかった彼女が、何時しか微笑むようになり──」

妹友「──それが一人の人間にだけ向けられていると噂になっていたんです!!」

女「それがあなた」ぎゅっ

男「…なんとなく流れでわかってた…うん…」

妹友「直ぐにお兄さんのことだって分かりましたよ…そんな人、そんなことになるように出来る人、あなたしか居ないって!」

男「え、じゃあお前…俺がその…」

妹友「……ええ、知ってましたですっ…彼女が居るってこと、知ってて告白……しました」

男「お前…」

妹友「だ、だって、言ったじゃないですか! 私は……私は無理をすることをやめたって」

妹友「例え馬鹿げたことでも、きちんと本音を伝えなくちゃって…」

男「…おう」

妹友「だから私は! 私は…後悔しないためにここにいます! ちゃんとぶつかって、この関係が壊れてでも…!」

130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:27:36 ID:3GWlqlLs
妹友「──私は絶対に…納得するまで諦めないって!!」

女「だと思った」

妹友「え…?」

女「匂いがするの、あなたからは。一匹の……獰猛な動物の匂いが」

女「男くんが、あたなの話をするたびに。あなたの想いが濃く感じた」

女「あなたは一匹の動物。もしかしたら、今までは…なにかの悩みに首を押さえつけられていたのかもしれない」

妹友「………」

女「だけど今は違う。あなたは自由な野良。何処にでも駆けていけて、どこまでも行けることが出来る」

妹友「…ええ、そうですよ」

女「うん。だからわたしは迎えうつ」

妹友「…私は覚悟を決めたら強いですよ」

女「わたしも強いの。だって、わたしはリードに繋がれてるから」ぎゅっ

131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 01:29:03 ID:3GWlqlLs
男「おお…っ?!」

女「わたしは、あなた以上に何処までも行ける。この人に連れられて、色んな世界を見て回れる」

妹友「…ッ…」

女「だから、だからね──」


女「──奪えるものなら奪えばいい」


男「……おぉ…」

妹友「いっ……ぁっ……ぐぅううっ……わ、わかりましたよ! ぜぇーたっい! 奪ってみせますから!」

女「待ってる」コクリ

妹友「ま、待っちょるばい!? こげんあっぱさかこといっとっても…!」

女「あっぱさか?」

妹友「っ……見くびんなってことばい!!」

男(もうやだ帰りたい…色々と頭の整理をしたい…)

135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 11:41:15 ID:jyqfrp6k
動物園 レストラン

男「ジュルルルル」

女「このカレーおいしぃ」

妹友「もぐもぐ」

男「…ぷはぁ、とりあえずお前らは何がしたいんだ?」

女「どういうこと?」

妹友「?」

男「そ、その…つまりは喧嘩を始めたいってことで…捉えてもいいの?」

女「喧嘩。それは少し、違う」

妹友「…喧嘩はいやです」

男「じゃなんだよ…俺にはよくわからん…」

女「ぶっちゃければあなたの取り合い」

妹友「…しょ、しょうですね…」

136: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 11:46:14 ID:jyqfrp6k
男(本当にぶっちゃけられた…)

女「だから今日は彼女に会いたかった。確認のために──勝負のために」

妹友「ま、負けません! 絶対に…っ!」

男「…あのよ」

女「なに?」

男「今回のこと。はっきりいって、俺のせいだって思ってる」

男「俺がハッキリと言わないからこうなってんだろ? はっきり…お前のことを好きだって」

男「──お前が一番だって言わなかったから」

女「…」

男「俺がちゃんと言えばこんなことにならなかったはずだ。お前を不安にさせなきゃ、こういったことには…」

妹友「……ジュルル…」

男「だったら、言わせてくれ。俺にはもう気持ちは決まってんだ」

137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 11:51:23 ID:jyqfrp6k
男「俺にとっての一番は女、お前だってことを──」

女「わたしはペット」

男「──……え?」

女「そしてあなたはご主人様。これは、わたしが貴方に望んだ関係」

男「た、確かにあの時はそう言ってたけども…」

女「だからそれ以上、なにかを望めるとは思っていないの」

男「…どういう意味だ?」

女「そういう意味なの」

男「……。お前はペットだから、俺の彼女だとか付き合うとか駄目、そう言ってんのか?」

女「そう」コクリ

男「お前…」

女「なにか、間違ったことをいってる? わたしはなにも…間違ったことを言ってるつもりはない」

138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 11:57:56 ID:jyqfrp6k
男「んなの、人としての考えでは赤点だろ。お前は本当に動物のつもりか?」

女「…」

男「あーもう、よくわからん…お前はなに、俺のこと好きじゃねえのかよ…?」

女「…」チラリ

妹友「っ?」ビクッ

女「…スキ、だけど…」ボソボソ

妹友「………」

女「わたしは…ホントウに…」

妹友「……。お兄さん少し席を外しもらっても良いですか」

男「へっ? お、俺が外すの…?」

女「っ!」びくん

妹友「はい。お願いします、私ちょっと……この人とお話しがしたいんです」

139: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:02:07 ID:jyqfrp6k
女「……」

妹友「別にお兄さんが心配するようなことにはなりませんから。大丈夫です」

男「いや、でもよ…」

妹友「お願いします」じっ

男「……」チラリ

女「……」

男「…わかった。喧嘩はするなよ、本当に」ガタ

妹友「はい」

男「じゃあ…話しが終わったら店出てこい。店前で待ってるから」

妹友「…ありがとうございます」

~~~

男「……本当に出てきちまってよかったのか?」

男(わからん。けど、えらく真面目な表情してたしな…妹友のやつ)

140: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:06:59 ID:jyqfrp6k
男「はぁー…マジで猫の言うとおりだったぜ…」

男(女性ってのは何考えてんたが、わからねえ…普通に好きだ付き合うだじゃ駄目なのか…?)

男「うぅむ…」


『うぅむ…』


男「…んあ?」

『女性とはわからんものだ…うぅむ…どうしたらいいものか…』

男(変な声が聴こえるな。動物か?)スタスタ

男「えーっと、名前は…トラ?」

虎『ぬぉっ!? な、なんだ!? お主の声がわかるぞ!? …何者だ?』

男「怖っ!?」

虎『うわぁあああ! また聞こえたぞ!! くわばらくわばら…!!』

141: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:12:45 ID:jyqfrp6k
男「あ、いや。すまん、驚かせるつもりはなかったんだ…聞こえてるか?」

虎『お、おおう…なぜお主は檻の外にいるのだ? 拙者と同じ…仲間ではないのか?』

男「…色々とわけがあってな」

虎『そうか。虎生にも…色々とある。うぅむ、深い』

男(なんか変なやつだなコイツ。いや、変じゃない動物なんて居なかったけども)

虎『…それでどの様な要件だ』

男「へ?」

虎『拙者に声をかけたということは、何かしらの理由があるということだろう?』

男「お、おお…別にただ、お前の独り言が聞こえてただけっつーか…」

虎『独り言? ああ、拙者の独り言か──ふふ、聞きたいか?』

男「いや別にききた」

虎『聞いて驚け。拙者は恋をしておるのだよ…長年の間、ずっとな』

男「……おう」

142: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:23:51 ID:jyqfrp6k
虎『叶わぬ恋というのかな。ただ拙者は望まれれぬ恋などに興味は無い』

虎『必ず成就させてみせると──拙者は意気込んでいるのだ』

男「…叶わぬ恋ってなんだ?」

虎『見てみるがいい。そっちだ、その檻の向こうにいる女性だ──』

男「──ああ、あれか…」

男(少し離れた所に、もう一個の虎の檻があるな。雌なのかあれは)

虎『拙者とは遠くはなれておる。時折、檻が開き面会することも多々あるのだが…』

虎『…それでも言葉を交わすことは出来ぬのだ』

男「なんで?」

虎『生きた場所が違うというのかな。生まれついて覚える知識というものに差があるのだ』

男「……ああ、お前ら出身が違うのか」

虎『おお、そのようなものだ。同じ生き物であっても、生を受けた存在であっても』

虎『分かり合えぬことがある。そして、伝わらない思いというものがあるのだ』

143: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:28:27 ID:jyqfrp6k
男「……なんでだよ、伝えればいいじゃねーか」

虎『クカカ。そうだろう? 拙者も同じ思いだ、お主とな』

男「何時かは伝えるんだろ? その思いってやつをよ」

虎『勿論だ』

男「…じゃあ伝えてきてやろうか」

虎『おっ? お主、今なんと?』

男「お前がタイミングを測ってるなら、俺が伝えてきてやるよ」

男「俺なら言葉も通じるし、檻に入ってるわけでもない。だったら簡単だろ?」

虎『…優しいのだなお主』

男「いい迷惑だったら、やめとくよ。どうだ、どうする?」

虎『いや…ありがたい。既に拙者の思いは固まっておる。あとは…どのような手段でも伝えるだけだったのだ』

144: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:34:47 ID:jyqfrp6k
男「じゃあいいのか?」

虎『宜しく頼む。拙者の思い一つ端的に──『好きだ』と伝えてくれ』

男「わかった。任せろ」

虎『うぅむ』

男「……」くるっ

男(そう、だなよな。ホントに伝えるってことは大切なんだよ)

男(例え遠くても、近くても、自分の思いってやつに嘘をついちゃ駄目なんだ)

男(──伝えてからこそ、何かが始まるってもんだろ)

男「よぉ、聞こえるかアンタ」

トラ『…なぁーにアンタ。ウチになんかよぉ? ふふ、面白い人間ね…?』

男「一つ、アンタに伝えたいことがあるんだ。今は質問はしないでくれ」

トラ『…。りょーかい、それでなぁに?』

145: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:41:00 ID:jyqfrp6k
男「あそこの虎から…アンタに伝言だ」

トラ『へーぇ…なにかしら?』

男「アンタのこと。ずっと前から好き、だそうだ」

トラ『……』

男「ただそれだけを伝えに来た。そして、その気持を───」

トラ『…ふっふ、くくくっ…』

男「な、なんだよ…?」

トラ『キャハハハハ!! な、なにそれ…っ…ふふふ!! アハハハ!!』

男「な、なんで笑うんだ!? テメー…ッ!」

トラ『あらあらあら……ふふ、笑っちゃうわよぉーだって、だって、クフフ』

男「あの虎の思いを馬鹿にしてんのか…!?」

トラ『馬鹿にする? うーうん、違うのよぉ? 聞いてね可愛い可愛い人間さん』

トラ『あなた勘違いしてるわよぉ? あの虎が好きなのは、ウチじゃーない』

146: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:44:35 ID:jyqfrp6k
男「は…? だ、だってアイツは確かに…」

トラ『ここの檻のことを言ってたのかしらぁ? うんうん、じゃあ後ろ見てみなさい。ウチの後ろよ』

男「後ろって…」

トラ『そろそろまた──餌の交換で来るはずだからねぇ…ふふふ』

きぃー…ガチャン


「ほらーメイちゃん。ご飯の時間だよ~」


男「え?」

トラ『これがアイツの──本命の相手よ。アイツが好きで好きで堪らない…』


飼育員「たーんとお食べー」


男「…嘘だろ…オイ…」

トラ『──叶わぬ恋の相手、よ』

147: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:55:20 ID:jyqfrp6k
男「っ……人間…?」

トラ『だから言ってやりなさい。あの馬鹿虎に、ウチが代わりに答えを用意しておくわん』

トラ『いい加減みっともないことやってないで、はやくウチと──交尾しろってねぇ?』

男「うぇ?!」

トラ『そっちのほうが、この人間も喜ぶわよって。フフフ、じゃあよろしくねぇ…かわいい人間さん』

男「……お、おおう…」

~~~

虎『ど、どどどどうであったか!?』

男「…お前」

虎『…? どうしたのだ、伝えることが出来なかったのか?』

男「つ、伝えられるわけねーだろ!? な、なんだよ好きな相手って…人間かよ!?」

虎『言わなかったか?』

男「い、言ってねーよ! いや、俺の勘違いってやつかもしれねーけどさ!」

148: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:02:43 ID:jyqfrp6k
虎『…ふむ。なんにせよ、やはり否定されてしまうのか…』

男「お前っ……本当にあの飼育員さんが好きなのか…?」

虎『うぅむ。愛しておるな』

男「…お、おおっ…」

虎『拙者は正直者だ。自分でいうのもなんだがな、絶対に嘘はつかんのだ』

虎『あの人間を愛しておる。生まれが違えど、生き物として違えど──』

虎『──子を作りたいと願っておるのだ』

男「……そう、なのか」

虎『堪らんだろう。あの引き締まったヒップ、着衣を引き裂いて、舐めまわしたい』

男「オイ」

虎『おっと、失礼した。何分性としてな…クカカ』

男「…だけど、言ってたぞ。あの檻にいるトラが」

149: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:10:19 ID:jyqfrp6k
虎『なにっ? あやつの言葉など聞くな……不愉快で耳が腐るぞ』

男「…結構厳しいこと言ってたぞ。馬鹿虎って」

虎『フン』

男「お前とアイツ、そういった仲なのか?」

虎『…長年の付き合いではある。とはいっても、生まれは違うのだがな』

男「こ、子作りしろって…言ってたぞ?」

虎『御免被る。拙者はあの人間と子を作るのだ…アイツとは無理なのだ』

男「無理ってお前……嫌でもわかってんだろ? 人間と虎じゃ…」

虎『言ってたであろう。拙者は、叶わぬ恋など望まぬ』

虎『──絶対に実らせてみせるのだと』

男「…お前」

虎『お主には感謝しておる。気持ちを伝える手立てを手伝ってくれた』

150: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 14:59:12 ID:jyqfrp6k
虎『だが、拙者の思いを否定するのであれば──……去ってくれ』

男「…俺は別に否定なんてしねぇよ」

虎『ほぅ』

男「良いじゃねえか。例え人間と動物、そこに恋愛やら好きやら……そんなのを馬鹿にしたりはしない」

男「お前の気持ちは上等だよ。かっこいいし、素敵だなって…思う」

虎『……』

男「けどよ、やっぱ難しいだろ。そういうのって、やっぱしさ」

虎『だろうな』

男「応援、っていうのもあれだけど。頑張ってくれとしか、俺には……言えない」

虎『うぅむ。言われなくても頑張るのだ、拙者は元よりそのつもりなのだから』

虎『お主、拙者の話を聞いてくれ感謝する』

男「おう」

虎『近いうちにまた逢おうではないか。その時になれば、クカカ、また状況も変わっておろう』

151: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:04:34 ID:jyqfrp6k
~~~

男「…人間を好きになった虎か」

男(本当に動物ってのはいろんな事を考えるよな。好きになったり、嫌いになったり)

男(自分がやりたいってことに──素直に向かっていく、人よりも正直者だ)

男「…アイツは何時、正直になれるんだろうか」

「──お兄さん、ここに居たんですね」

男「おっ? おお、妹友か」

妹友「探したんですよ。店前で、と言ったのは貴方じゃないですか」

男「す、すまんな。ちょっと野暮用があって…えっと、それで?」

妹友「あ、はい。話は終わりました」

女「…終ったの」コクリ

男「…おう、どうなったんだ一体」

152: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:08:20 ID:jyqfrp6k
妹友「ゴホン! えーっと、つまりは簡単に言うと──私達、友達になりました!」

女「…なったの」コクリ

男「はい?」

妹友「これもまた簡単に言いますけど、お兄さん。私諦めませんからね」

男「…どうしてそうなったのかをまず教えろ!」

女「えへへ」テレテレ

男「なぜ照れてんだ!」

妹友「あれ、分かりませんか? まぁそうですね…」

女「…この人には伝えなくてもいいって思う」

妹友「そうですか? そうかもしれませんね…ということで秘密です、お兄さん」

男「ひ、秘密…!?」

女「秘密です」

153: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:13:51 ID:jyqfrp6k
男「いや、ホントに教えてください…! なんで秘密なんだ!? 俺って部外者じゃないよな!?」

女「…あの、ね」

男「なんだよ…?」

女「わたしは自信がなかったの…色々と、いっぱい、自信がなくって…」

男「…おう」

女「これが本当に正しいのかなって、今はこうなってるけど、これが…」

女「同じように求める人と出会ったら、悪いことじゃないのかなって…わたしだけってのは駄目じゃないのかなって」

男「…どういう意味だよ」

女「……」じぃー

男「?」

女「わたしはあなたが──好き…です…」

男「お、おおっ?」

女「う、うん……そう、だから……えっと…その………ごめんなさいっ…!」ダダダダダ

154: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:19:49 ID:jyqfrp6k
男「えっええぇぇええ!! なんで逃げる!?」

妹友「あーあ。お兄さんが問いただすことするからじゃないですか」

男「お、俺が悪いの?」

妹友「はっきり言いますけど、お兄さん。女さんから好きって言われたこと、あります?」

男「………」

妹友「無いですよね。今のが初めてですよね」

男「…かもしれない」

妹友「あの人って多分、人との付き合い方が……苦手なんだと思います」

妹友「だから動物だとか、縄張りだとか、そういった言い方をして誤魔化してたんでしょうけど…」

妹友「…もっと言いたいんだと思いますよ。好きだってことを、お兄さんに」

男「…そ、そうなのか」

妹友「私のことも、どうも苦手だったみたいですね。だから言ってあげたんです、さっき──」

妹友「──私は貴女と一緒で、同じ仲間です。だから友達になりましょうって」

155: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:25:07 ID:RsxuuQow
男「同じ仲間?」

妹友「何も変わらない同じ人間だってことですよ。同じ人を好きになって、同じことを思ってる」

妹友「不安なんでしょうね…人を好きになるのが初めてのことだから、慣れてそうな私が正しいじゃないかって…」

男「…すまん、意味がわからん」

妹友「ようは、どちらが──本当に正しいのか、決めようって話です。お兄さん」ぎゅっ

男「おおっ?」

妹友「私はお兄さんが……す、好きです。だって、ずっとずっと貴方を見ていたから…」

妹友「私が小さい時から、良いところや悪いところ。全部、見てきて…そう言ってるんです」

男「…あ、ありがとう…?」

妹友「例え沢山の距離が開いてたとしても、それでも、私は満足する結果を追い求めます」

妹友「──覚悟しておいてください、お兄さん?」にこ

男「………え、えぇ…」

156: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:33:54 ID:RsxuuQow
~~~~

男「…ということがあったんです…」

犬『ほぅ。些か話を変えてすまないが、その虎。元気にしていたか』

男「え? 知り合いなの…!?」

犬『昔にな。くっく、楽しいやつだった…己の生き様を高らかに語る姿は、今でも忘れぬ』

男「お前、一体何者だよ……」

犬『我は犬なり。それ以上でもそれ以下でもない』

男「…なんかさ、みーんなそれぞれ考えてて。それが俺にはよくわからねえんだ」

犬『だからこそ、世界とは面白い』

男「お前はそう言えるかもしれないけどよ…俺には大変なことなんだぜ」

犬『…己が見える景色が広がり、そして捉える幅も大きければ、悩みもまた大きくなろう』

犬『人間。悩め、苦悩するのだ。そして──導き出した答えは、武器となる』

男「武器?」

157: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:44:29 ID:RsxuuQow
犬『左様。武器とは傷つけるものだけではない。そして、この武器は悩み抜き続けるモノでしか持ち得ることは出来ぬ』

男「…つまり?」

犬『慣れだ。慣れという武器は、なによりも強い』

犬『他犬に思いを伝えることもできよう。種族の幅をも飛び越えよう』

犬『己が紡ぎだす思いに──純粋に慣れることが出来る輩は、強いのだ』

男「慣れることがうまいやつは…凄いのか」

犬『人間もまたそうであろう。我々の言葉を聞き、それでもまた正常でいられる』

男「…そっか、これもまた慣れなのか」

犬『単純ではないのだ。悩み、考え、思考する。それが慣れという武器を作る手段だ』

犬『あのおなごは、その武器を持ち得てないのだろう』

犬『──だから他の武器におそれを抱く。見たこともない強さに、牙を向くことしか出来ぬ』

男「……おう」

犬『おなごはいい友をもったようだぞ、人間。感謝するのだな』

158: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:49:54 ID:RsxuuQow
~~~

男(つまりは──アイツは好きだってことに慣れてないんだな)

男(それで妹友が怖いと。好きだって言える慣れに、武器に、怖がってたんだ)

男(…気づいてやれば良かったな)

男「今まで独りぼっちだったんだ。黒姫なんて言われるぐらいに、誰とも接してなかったんだ…」

男「…俺がどうにか出来る問題じゃねーよな、これって」

男(俺がどれだけ好きだ好きだ言っても、アイツが納得しないなら、それまでだ)

男「…というかどんだけアイツの事、好きなんだよ俺」

男(なんか…妹友に申し訳なくなってきた…いろんな意味で…)

カラス『よぉ人間!』

男「うぉっ!? な、なんだカラスか…どうした?」

カラス『きゅうにすまねえっす。あの犬から伝言だぜ!』

159: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:54:09 ID:RsxuuQow
男「伝言? なんでさっき言わなかったんだアイツは…」

カラス『しらねーっすよ。それよりも伝えてもいいっすか?』

男「おう。なんだよ」

カラス『えーっと、なんか犬のじっさんが言うにはぁ』


『人間。武器とはまさに猛犬の象徴である。しかし、それが正義と限られることではない──』


カラス『だそうっすよ?』

男「…なんだそれ?」

カラス『わかんね。その後、じっさん家の中に入っちまったし』

男「おう。そっか……わざわざすまねーな」

カラス『おうよー! んじゃまったな人間ー!』バサバサ

男「…正義と限られることでない、か」

男(意味がまったくわからん)

160: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:58:30 ID:RsxuuQow
次の日 朝

妹「うわぁー…今日学校あるのかなこれって……」

男「んあ? どうした朝から…ふわぁ…」

妹「ほらほら、見てよ兄ちゃん。これこれ」

男「なんだよ…」


『速報です。動物園の虎が逃げ出したということで───』


男「…は?」

妹「昨日兄ちゃんが行ってた動物園じゃない? ていうか、どうしてあたしも連れってくれなかったの!」

男「うそ、だろ、えっ?」


『詳細は近隣の森へと逃げ出した模様。地域の住民の方は───』


男「ッ…!」ダダダ

妹「ちょ、兄ちゃんどこいくの!?」

161: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 16:03:43 ID:RsxuuQow
~~~

prrrr ガチャ

男「…妹友かっ!? お前大丈夫か!?」ダダダダ

妹友「はぇ…だればい…こんな朝早く…ふぇえ…」

男「寝ぼけてんじゃねぇ! お前、動物園近くだろ!?」

妹友「そうやけど……なぁに…あんちゃん、ウチ眠かとよ…」

男「だぁーもう! 良いから早くニュース見ろニュースを!!」

妹友「にゅーす…? うん、うん……きゃあああああああ!?」

男「わかったか…はぁ…はぁ…」

妹友「な、なんですかこれ!? に、逃げ出したって…あわわわわわ…!」

男「とにかく落ち着け! 今からそっちに俺が向かってるから!」

妹友「だ、駄目ですよ! 危ないじゃないですか!」

男「馬鹿かお前は! 俺なら大丈夫だろ!」

162: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 16:07:33 ID:RsxuuQow
妹友「あ。そうでしたね………って、駄目ですよ虎ですよ虎ぁ!? お兄さんがどうにか出来る問題じゃないですって!!」

男「……いや、多分、その虎知り合いだ…」

妹友「えっ!? …マジです?」

男「お、おう。だから今そっちに走って向かてる……お前は外にでるなよ!? いいな!?」

妹友「は、はいっ!」

ピッ

男「ふぅーこれでよし、後は──」

男「──こうするしかない、よな」


すぅううううううはぁあああ…


男「俺の声が聴こえる奴らは聞けぇ──!! 」



ネズミ『あん、ピーナッツの飼い主じゃん』ヒョコ

カラス『どしたー人間?』バサバサ

野良猫『おやまぁーデブちゃん所のぉー』シュタタ

163: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 16:18:16 ID:RsxuuQow
男「よし。よく集まったな、お前らに頼みがある。そして仲間にも伝えるんだ」

男「黄色くて、シマシマの、そしてとてつもなくデカイ動物を見かけたら──教えろ」

ネズミ『なんだよそれ。まぁいいけども』

カラス『黄色ね。はいよー』

野良猫『あらあらまぁまぁそうなのねぇ、わかったわぁ』

男「頼む。後は…自力で探すしかねえな」

男「ほんっと何やってんだよあの虎は…っ!」

ダダダ

~~~~~

世界はまあるいと、誰かが言っていた。
どこまでも続いているのでなく、何処かでまた元の場所に戻る道になるのだと。

初めて聞いた時は、そんな馬鹿なと否定はした。
けれどそうなのかもと、今ではそう思ってしまう。

どのような道を進もうとも。
いずれ元の場所に戻される。いつだってそうだ、世界に自由はない。

「………」

何時だって世界は窮屈で仕方無い。

164: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 16:39:33 ID:RsxuuQow
「……ガルル…」

自分がどうなろうと構わない。
気に入られなかったのなら、何時か見た他の動物同様に。

何かに撃たれて死ぬだけだ。
血を流して、何も見えなくなって、そのまま──

「…ガウ…」

それでもいいと思った。
それでアイツが良くなるのであれば。

単純に答えをみつけられるのであれば。


「──そうじゃねえだろ!!」


声が聞こえた気がした。
振り向く、するとそこには──見覚えのある顔があった。


「お前は……そうすることがいいことだって思ってんのか…!」

165: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 16:46:48 ID:RsxuuQow
「ガルル…」

この人間は何を言っているのだろうか。
わからなくて、そしてとても怒っていて、気分が沈んでいく。
台無しにされた気分だった。

「…お前はわかってると思ってたのによ。どうしてだ、どうして逃げ出したんだ」

どうして。
理由なんて一つしか無い。

「…振られたのか」

そう、それしかない。
振られてしまったのだ。アイツには──恋人がいた。

「…グルル」

だから逃げ出したのだ。
以前から企てていた手段を使って。

「以前から? 以前からって…」

傍観だけでは何も始まらない。
なにか手段を作らなければ、思いは伝わらない。

166: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 16:53:59 ID:RsxuuQow
「…ガフ」

全ては誰かの為だった。
そのために準備をしていた、なのに、今はこうやって違った形で使用してしまっている。

「…お前は」

弱いのだろうか。
いけないことだとはわかっていた。けれど、それでも。

──こうするしか方法はない。

「違う…そうじゃないだろ、なんでお前はそうも…!」

「俺が知っているお前は…もっと賢そうだったぞ、なのに…」

人間は悲しそうだった。
この話は人間にも伝わるのかと、少し意外だった。

「…お前がなんでここまでするのか、わっかねーよ…けど、それでも!」

「あの虎の為にだってことはわかる!!」


『──そうね、確かにあの馬鹿虎のためよ』

167: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 16:58:45 ID:RsxuuQow
『ウチはそれでも、やっぱり──報われて欲しかったのよ』

『あの馬鹿虎に、幸せに、アンタなんか絶対に報われないって思ってても…』

トラ『ウチは幸せになって欲しかった。アイツに』

男「……っ…」

トラ『ほんっと馬鹿よね、アイツって。もう死にたくて死にたくてたまらないらしいわ』

トラ『本気で、本気で好きなのねって思った。たった一回の失恋に、アイツはもうボロボロ』

トラ『…ほんっと馬鹿なんだから』

男「お前は…一体何がしたいんだ」

トラ『逃げ出して? ふふふ、そうね。これってただの…罪滅ぼし』

トラ『あの飼育員に恋人がいるって教えたの、ウチだもの』

男「えっ…」

トラ『昨日のよる。何度目かの──繁殖対面だったとき』

トラ『相変わらずぶすっとしてたわ。なーんにもウチに興味示さないの』

168: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:04:10 ID:RsxuuQow
トラ『これだけ毛並み良くしたのに、何度も何度も毛づくろいして、気に入られるようにしたけど』

トラ『ふふ。やっぱり伝わらないわよね、馬鹿な男ってのには…だから怒っちゃったのよ』

トラ『──あの人間には恋人がいるわよって、ぱぱーっと言っちゃったの』

男「……」

トラ『そしたら、もう──想像はつくわよね? 酷かったわぁ、暴れて、鳴いて、転がって』

男「…そう、なのか」

トラ『馬鹿みたい。ほんっと馬鹿みたい、しあわせになりたいのなら──もっと良い答えを見つければよかったのに』

トラ『こうなる運命ってのは、わかってたはずなのに。わかってた、わかってたのにね……』

男「……」

トラ『ウチはどうなると思う? こうやって檻から逃げ出して、それから、どうなると思うかしら?』

男「…良いことにはならないと思う」

トラ『でしょう? みたことあるわ、なにかこう長い黒いやつで……殺されちゃうの』

169: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:13:29 ID:RsxuuQow
男「こ、殺されるまではならねえって…!」

トラ『ううん。十分よ、殺されて当然のことしてるつもりだし』

男「お、お前…今からでも戻ろうって! まだ間に合うから!」

トラ『…優しいのねかわいい人間さん。でもね、戻っても仕方無いじゃない』

トラ『壊してしまった世界は──もう元に戻らない』

トラ『世界は本当に狭いのよ。ちっさくて、あの檻ぐらいしかないの』

トラ『…そんなの耐えられない。ウチがやってしまったことを、ずっとずっと…』

トラ『あの檻の中で悔やみ続けるなんて。無理なの…』

男「む、むりだなんて…」

トラ『クスクス。かわいい人間さん』

170: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:22:42 ID:RsxuuQow
トラ『見てたわよ? あなた、素敵な女の子を二人も連れているのね』

男「お、おおっ?」

トラ『声はわからないけれど、それでも、二人共あなたのこと──好きだってわかったわぁ』

男「…そう、みたいだよ」

トラ『ふふっ、それに対して人間さん。あなた、すっごく──後悔してるでしょう?』

男「……」

トラ『なんでもっとしっかりしなかったのかって。自分がはっきり言えば、こうも面倒くさいことにならなかったって』

男「…ああ」

トラ『けどね、仕方ないわよ。そういうのって、ホントに女の子って強いから』

トラ『いち早く慣れることをオススメするわ。頑固者にはならないこと、これお姉さんからの助言ね』

男「…ありがと、いや! 違う違う! なんで俺がこうも言われなくちゃいけないんだよ!?」

トラ『あらあら。元気ねぇかわいい人間さん』

171: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:34:39 ID:RsxuuQow
男「お、俺のことはどうだっていいだろ!? 今はお前のことだよ!」

トラ『…』

男「お前があの虎に罪滅ぼしがしたいっていうんだったら…もっと、イイ風にやろうぜ!」

男「こんな、死んでなんかじゃアイツも…なにも浮かばれないだろ…!」

トラ『大丈夫よ。アイツはウチになんの興味もないし、死んだって何も思わないからねぇ』

男「んなこと…!」

トラ『かわいい人間さん。今日はウチを探しに来てくれてありがとうね』

男「っ…」

トラ『だけど、ここまでよ? もうウチに構わないで、もっと自分のことを大切にしないさいな』

トラ『これからもっと大変なことになるんだから。二人共…大切にしてあげてね』

男(…ダメだ、コイツはもう諦めてる…っ)

男(逃げ出している時点で、もう覚悟を決めてやがるんだ。すでにこの状況に…慣れはじめてる…っ)

172: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:38:02 ID:RsxuuQow
トラ『ほら、早くしないと噛み付いちゃうわよ』

男「お前は…っ」

トラ『なぁに?』

男(っ……なんで、そうも簡単に出来るんだよ…自分の命だぞ、大切な思いだぞ!)

男「なのにっ…どうして…っ」


「───伝えるのが怖いからだよ」


男「…え?」


「───慣れないことをしようとすれば、やっぱり怖いんだもの」


「───だったら逃げ出したくなるのも、わかる」


トラ『あなたは…』


女「そう思うの、男君」

173: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:41:49 ID:RsxuuQow
男「お前どうしてここが…! いや、なんでここに居るんだ!?」

女「妹友ちゃんから聞いたの。あとは……匂いで追ってきて」

男「匂い!?」

女「そんなことよりも、ねぇ、聞かせて」

男「え、な、なんだよ?」

女「このトラさんは困ってるんだよね」

男「え、まぁ、そうだけど……わかるのか?」

女「うん」コクリ

女「…私と同じような感じがする。わたしと同じで、怖がってるんだと思う」

トラ『な、なにを言ってるの? この女の子は…』

男「…お前が困ってんだろ、って聞いてる」

トラ『えっと…』

174: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:45:43 ID:RsxuuQow
女「伝えることはとっても怖いこと」ずぃ

トラ『…あの、ちょっと、言葉がわからないんだけど』

男「あ、あーっと……『伝えることはとっても怖いこと』」

女「『あなたがもし、伝えることが怖いのなら──ホントにわかるよ』」

トラ『……』

女「『でもね、ちょっとだけわかってきた気がするの。違いは無いんだって』」

トラ『違い…?』

女「『どんなに怖くても、自分を誤魔化そうとしても、結局は──やりたいことは一つだけ』」

女「『──その人と仲良くなりたい、ただそれだけなの』」すっ

男「って、待て女! そんなに近づくなっ!」

女「大丈夫…」

ぎゅっ

トラ『あっ……』

175: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:49:50 ID:RsxuuQow
女「どれだけ我慢しても、寂しいよね。もっとくっつき合って、仲良くしたいよね」ナデナデ

トラ『……』

女「わかるよ、その気持。とってもわかる……だから慣れよう?」

トラ『あなた…』

女「わたしも頑張るから。あなたも頑張ろう、もっと気持ちを出せるように……頑張ろうよ」

女「…怖いなら、わたしが友達になるから」

トラ『……っ……』

男「えっと、通訳するとだな…」

トラ『…いいわ。大丈夫、伝わったから』

男「おう?」

トラ『ウチは本当はもっと…アイツと仲良くなりたい、子作りだって、なんだって、いっぱいしてあげたい』

トラ『あんな人間よりも、ウチを見て欲しい…』

トラ『…駄目よね、こういうのは…そうよね…そうでしょ?』

女「…うん」コクリ

176: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 17:54:36 ID:RsxuuQow
男「……わかるのか言葉が」

女「ううん、わからない。けど、納得してもらったのかなって」

男「…。ああ、してるよちゃんとな」

女「そっか、そうなんだね……きゃああ!?」

男「ど、どうした!?」

女「あ、あれ……!」フルフル

男「あれって…うぉおおお!?」


虎『どこだぁあああああああああああああああああ!!!!!!』ダッシダッシダッシダッシ


トラ『きゃあああ!?』

男「お、おまっ! なにお前まで逃げ出しちゃってんの!?」

虎『なんだぅ!? お? お主か…うぅむ、すまない驚かせてしまったか』

男「驚くわッ!」

トラ『あ、あんた…なんでここに…』

177: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:01:54 ID:RsxuuQow
虎『うぅむ? やっと見つけたぞ馬鹿トラめッ! なにを逃げ出しておるのだ!?』

男「お前もな…」

女「静かに」

トラ『だ、だって…いられないじゃない…もう…アンタを傷つけて…っ』

虎『傷つけて? フン、バカ言え! あの程度で傷つく奴があるか!!』

トラ『アンタ昨日…』

虎『…確かにな、確かに拙者は酷い有様だった。それはもう夢に出てしまうぐらいに』

虎『しかしそれが何故、お前の罪になる。お前はただ、拙者に教えてくれただけであろうに』

トラ『っ……』

虎『さあ帰るぞ。なに、怖がることはない。丁寧懇切に謝れば、許してもらえる』

トラ『うちっ…うちは…!』

虎『言うな』

トラ『え…?』

虎『…聞きたくないのだ。お前から、謝罪の言葉などな』

虎『──お前は強くて、賢い女だろう?』

178: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:06:57 ID:RsxuuQow
トラ『っ……よくいうわぁ馬鹿虎の変態のクセに! はぁん!』

虎『フン。お前こそ口が減らんクソ女だ』

男「お、おまえら…」

女「…もう大丈夫みたいだね」

男「なにが大丈夫なんだよ!? すっごいことなってるぞ!? 二匹逃げ出しちゃってるから!」

女「ううん、悪いことにはならないの。きっとこの後は幸せなことが待ってるはず」

虎『…昨日はすまなかった』ペロ

トラ『あん! ほんとうよ、よくも引っ掻いてくれたわよね…!』

男「…ほ、本当に大丈夫なのか? 平気なのかこれって?」

女「へいき」コクリ

男「っ…お前が言うのなら信じるけど、まぁちょっと最後ぐらいは…おーい誰か居るかー?」

カラス『おれいっすよーん』

男「すまねぇ。ちょっとこいつらを動物園まで道案内してやってくれ、できれば人間に見つからんように!」

179: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:10:10 ID:RsxuuQow
女(男くんの慣れ方も凄いと思うけど…)

虎『すまぬなお主。世話を掛けた』

トラ『…また動物園にいらっしゃいな』

男「あったりまえだろ。つか、ちゃんと仲良くやれよな」

虎『ああ、では参ろうか』

トラ『…はいはい』


スタスタ


男「…あー心配だ…なにか問題になるんじゃないかこれって…」

チョンチョン

男「おう、どうした女──」

女「んっ」ちゅっ

男「むぐっ!?」

女「…えへへ、初めて口にしちゃった…」ニヨニヨ

男「お、お前…」

180: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:13:29 ID:RsxuuQow
女「わたしはね、きっと、男君と……恋人になりたいんだって思うの」

男「そりゃ…まぁ、うん」

女「けれどそんな自分が凄く、不自然で。人と人が付き合うってのが、自分に当てはめれなくて」

女「…あなたと付き合える自分が想像できない」

男「おう…」

女「けれど、わたしは頑張るよ?」

男「……」

女「いつかは絶対に、あなたと付き合えるんだって──そう本当に望めるように」

女「だからわたしは、あなたの側から離れない。だから、妹友ちゃんにも負けない」

女「──絶対に、にゃん!」


~~~~


妹友『はぁー大変でしたねぇ本当に』

男「いやマジで大変だったわ…」

181: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:19:30 ID:RsxuuQow
妹友『まあでも良かったじゃないですか。どうやら処分は軽く…済んだみたいですし』

男「そうだな。虎が二匹逃げ出したっていうのに、十分過ぎるもんだよな」

男(あの後、二匹のトラは無事に檻へと戻り)

男(その際、誰の目にもつくことなく──いつの間にか檻に居たと言われている)

男(二人仲良く寄り添いながら、互いの毛並みをづくろいながら)

男(…幸せそうに、たまには本気めいたじゃれ合いを見せながら)

妹友『担当していた飼育員さん。まぁ辞めたらしいそうですけど、調度良く結婚が決まってたらしいですよ』

男「知り合いだったのか?」

妹友『そんな感じです。ですけど、今回のことは本気でびっくりしてるそうで…』

妹友『最後の最後に、奇跡に立ち会えてよかったと言ってました』

男「…どうも逃げ出したきっかけって、檻の老朽化だったらしいな」

妹友『責任と取らされなくてよかったと言ってましたよ。ええ、本当に』

182: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:23:37 ID:RsxuuQow
妹友『今回もまた、お兄さんの活躍で功を奏したんです?』

男「いいや、違う。俺はなにもしてないよ、女が全部解決してくれた」

妹友『ほぅ…そうなんですか』

男「…その、なんだ。これからも頼む、アイツの事」

妹友『いいんですか? 私、何時だってお兄さんのこと奪う気で居ますよ?』

男「そ、それについては俺はノータッチだ! …無責任だとか言うんじゃねえよ…っ?」

妹友『良い判断だと言っておきますよ。これって、もうお兄さんだけがどうにか出来る問題じゃないですし』

妹友『──女さんのことを考えるなら、褒めたいぐらいですって』

男「…おう、そっか」

妹友『それじゃあもう切りますね。明日また、お会いしましょう』

男「おう。おやすみ妹友」

妹友『おやすみなさい。ああ、それと──』

妹友『──大好きですよ、あんちゃん』

ぴっ

183: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:30:53 ID:RsxuuQow
男「あ、あいつはまた…変なタイミングで言いやがって…っ」

男「…はぁーあ」パタリ

男(俺はやっぱりまだ、無責任だと思っている。こんな状況、許されるわけがないって)

男(けれど、アイツはそれを望んでる。自分のためだと、自分を自分で認められるようになる為だと…)

男「…今思ったけど、あんまりアイツの事知れてないな、俺って」

男「俺もまた…慣れないと駄目なんだろうな、武器ってのを持たなくちゃあな」

男(誰かのために、他の人のために、自分を投げ打ってでも──動けるような、そんな武器を)

男「さて、寝るか……ふわぁーあ」

184: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:32:45 ID:RsxuuQow
ということで終わり
楽しみしててくれた人、ありがとでした

このスレは一度落としますゆえに
続きがある際はまた、お読み頂けたら幸いです


ではではノシ

185: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 19:41:02 ID:kr8/L8rI

次を楽しみに待ってるよ

ドクター・ドリトル [DVD]

新品価格
¥900から
(2013/12/1 09:33時点)


引用元: 男「最近、変な声が聞こえ過ぎるんだけど」

[ 2013年12月01日 09:35 ] [オリジナル]男・女 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。