スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新田美波「すごく...キスしたい...」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 00:56:23.73 ID:NsL2/3B40


ガチャッ


美波「おはようございまーす」

ちひろ「おはようございます美波ちゃん」

美波「おはようございますちひろさん、今日もよろしくお願いします」ペコリッ

ちひろ「いえいえこちらこそ、待っててくださいね、今お茶を淹れますから」

美波「はい、ありがとうございます」

P「おはよう美波」

美波「はーい...っ!?」

P「な、なんだよ...そんなにびっくりする事はないだろ」

美波「す、すみません...」

P「どうした?具合でも悪いのか?」

美波「そ、そんなことありません!大丈夫です!」


新田美波

新田美波


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 01:24:42.83 ID:NsL2/3B40


P「でもなんだか息が荒いような....」

美波「き、気のせいです!気のせい!」

P「本当か?別に無理しなくても...」

美波「い、いえ!本当に大丈夫ですから!本当に!」ダダッ!

P「あっ、おいちょっと...」

ちひろ「あれ?美波ちゃん行っちゃったんですか?」

P「ええ、なんか急に....」

ちひろ「まさか変な事でもしたんじゃないでしょうね?」

P「まさか!そんなことするわけないでしょ!」

ちひろ「でもどうしたんでしょう美波ちゃん?病気でしょうか?顔が真っ赤でしたけど....」

P「うーん、あとでちょっと聞いてみないと...」





美波「はぁ....はぁ...」

美波「どうしよう.....理由がわからないけど.....」

美波「すっごく....キスしたい....」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 02:23:41.17 ID:NsL2/3B40


美波「Pさんを見てるだけで....」

美波「もう...たまらない....」

美波「キスしたいよぉ....」


------


P(なんかどう見ても美波の様子がおかしい....)

P(なんだろう?俺なにか嫌われるようなことしかな?)

P(これまで一生懸命プロデュースしてきたつもりなんだけどなぁ....)

P「コーヒーでも飲もうっと....」



ガチャッ



P「おおっ、美波」

美波「Pさん....」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 03:52:54.79 ID:NsL2/3B40


美波(どうしよう...目の前にPさんが....)

P「な、なあ美波?」

美波「は、はい?」

P「その...俺じゃまだまだ力不足かもしれないけどいちおうがんばってお前のことをプロデュースしてるつもりだ」

P「ここに来るまでいろいろ大変だったけど、何とか二人で乗り越えてきたよな」

P「泣いたり笑ったり、多くの時間を共有してきたはずだ」

美波「Pさん....」

P「だからさ....そうやって露骨に避けられると....傷つくっていうか....」

P「もし、なにか俺に気に入らないところがあるんだったら遠慮無く...」

美波「.....」プルプルプルプル...

P「美波?」

美波「もう.....ダメぇ....」


ダキッ!


P「ちょっ、美波....んんっ!?」

美波「ちゅうう.....んぅ...あむぅ....」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 10:18:55.20 ID:NsL2/3B40


P「み、美波....」

美波「ちゅう....ちゅうう....あんっ....」

P(な、なんなんだこれ....)

P(すごい積極的で....)

P(舌を....からめられて....)

P(頭が...クラクラする....)




美波「ぷはぁ....はぁ...はぁ....」

P「はぁ...美波、いったい....」

美波「....ゴメンなさいPさん...」

美波「でも...今日の私...おかしいんです...」

美波「Pさんの顔を見た途端に...身体に電気が走ったみたいになって...」

美波「もう....我慢できなくて....」

P「だ、だけど....んっ..」

美波「...んちゅっ..お願い....今だけでいいんです....」

美波「Pさんはなにもしなくていいですから....」

美波「キスさせて...ください....んんっ...」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 11:25:25.07 ID:NsL2/3B40


P(それから5分間、美波はずっと俺にキスしていた)

P(本来なら拒絶しなきゃいけない立場なのだが....)

P(その....眼を潤ませながらキスをねだってくる美波はなんだかとっても....エロくて...)

P(流されるままにキスをさせてしまった....)

P(事が終わると美波はすごく恥ずかしそうにしながら....)



美波「すみません....でも、ありがとうございます...」

美波「もう...大丈夫ですから....」



P(と言いながら顔を真っ赤にして走り去って行った....)

P(しかし、結論から言うと全然大丈夫じゃなかった)

P(その次の日に美波は....)



美波「Pさん...その...また....」



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 11:43:26.44 ID:NsL2/3B40


ちゅうっ...ちゅううう....



美波「ちゅぷっ....んんっ...」

P「美波...ここじゃ....事務所はまずいって....」

美波「もう少しだけ....あふっ....もう少しだけですから....」

P「誰か来たら.....」

美波「ちゅうう....はむっ....あっ....」

P「本当に....まずいから....なっ?」

美波「...はぁ....あんっ....」トローン

P(うわっ、糸引いてる...エロい....)

P「も、もういいか?」

美波「はい...ありがとうございます....」



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 12:51:06.29 ID:NsL2/3B40


ガチャッ


P「お疲れ美波、いいライブだったな!」

美波「は、はい...ありがとうございます...」

P「疲れただろ、なにか飲み物でも....」


ダキッ!


P「お、おい!ちょっとみな....んっ..」

美波「ちゅぷ....ちゅうう....」

P「こ、こら...まだ着替えてもないのに...」

美波「ゴメンなさい...でも....」

美波「身体が熱くて...それに....」

美波「歌ってる時からずっとPさんとのキスのことばかり頭に浮かんで.....」

P「ラ、ライブに集中しないとダメだろ!」

美波「はい、すみません....だけど....」

美波「ずっとしたかったんです....だからお願い....」

美波「いっぱいさせて....あむっ...」



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 16:06:55.55 ID:NsL2/3B40


-----


P「.....」カタカタカタ...

美波「.....」ペラッ

P「ちひろさん、この書類見てもらえますか?」

ちひろ「はいはーい、どれどれ?」

ちひろ「うん、パッと見たところ大丈夫みたいですね」

P「よし、これでようやく書類が一段落したぞ」

ちひろ「お疲れさまでした」

P「いやー、本当に疲れましたよ」トントン

ちひろ「じゃあがんばったプロデューサーさんにコーヒーをプレゼントしましょう」


美波「.....」チラッ


P「おっ、いいんですか?」

ちひろ「私だってたまにはそれくらいしますよ、ちょっと待っててくださいね」スタスタスタ...

P「はーい、おねがいしまーす」



美波「......」スクッ



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/25(月) 16:23:39.65 ID:NsL2/3B40


P「うーん...ようやくこれで...」ポキポキ...

美波「Pさん...」

P「....もしかして、またか?」

美波「はい...」

P「い、今はムリだ!すぐそこにちひろさんが.....」

美波「だ、大丈夫です....すぐに終わりますから....」

P「しかし...んっ....」

美波「ちゅる....んぅ...」

P(だ、ダメだ....突き放さないと....だが...)

美波「んっ...ふあっ!」


ちひろ「あれ?どうかしたんですかプロデューサーさん?」


P「ぷはっ....な、なんでもないです!」

ちひろ「本当ですか?なんか今変な声が聞こえましたけど...」

P「いえ、全然大丈夫ですから!」

ちひろ「ふーん、ならいいですけど、もう少しでできるから待っててくださいね」

P「は、はーい!ありがとうございます!」



美波「Pさん...もっとぉ...ちゅうう...」

P「み、美波...ダメだ...本当にバレる....」

美波「もう少しだけ....はむっ...んちゅぅ...」



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/25(月) 19:23:37.96 ID:IDF1KRtI0


なんだよこれ…(歓喜)




50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 00:11:18.87 ID:PhBjV7CS0


------


P(あの後なんとかバレずにごまかせたけど...)

P(美波のキスがだんだんとエスカレートしてるな....)

P(こんなことはやめさせないといけないのに....)

P(でも、美波とのキスはその...すごく気持ちよくて...)

P(どうしても流されてしまうんだよなぁ.....)

P(なんて意志の弱い奴なんだ俺は...)

P「はぁ...」

光「むっ!どうしたのプロデューサー」

P「光か、帰ってたのか....」

光「うん!今日は美波さんといっしょの仕事だったんだ!」

P「そうか、上手くいったか?」

美波「はい、無事に終わりました」



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 20:04:42.95 ID:PhBjV7CS0


光「それよりプロデューサー、なんだか疲れてるみたいだけどどうかしたの?」

P「えっ、そう見えるか?」

光「うん!なんていうか...なにか悩んでるみたい!」

P「まあ、悩みと言えなくもないけど....」チラッ

P(自分の担当するアイドルとキスしすぎて....なんて言えるわけないし...)

光「ねえプロデューサー、アタシでよければ相談してよ!困ってる人を見過ごさないのがヒーローなんだから!」

P「....ありがとう光、でも大丈夫だよ」ナデナデ

光「ホント!でも無理はしないでね!」

P「ああ、そうするよ」

光「ゼッタイだよ!おっ、電話だ!ちょっと外に出てくるね!」ガチャッ

P「光はいい子だなぁ...」


ダキッ


美波「....Pさん...あの...」モジモジ



55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 20:23:16.31 ID:PhBjV7CS0


ちゅううう....ちゅっ....



P「み、美波....」

美波「んっ...今日は...お仕事がんばりました...」

美波「だから....ゴホービ...ください...」

美波「ちゅぷっ....んんっ....」

P(今日は一段と...激しい....)

P「そ、外に光が...」

美波「わかってます....光ちゃんの電話が終わるまでにすませますから....」

美波「んぅ....ちゅうううう....ちゅっ...」

P「んんっ....」

P(身体をグイグイ押しつけてくる....)

P(マズイ....色々と...マズイ.....)



56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 20:58:10.91 ID:PhBjV7CS0


美波「あふっ.....んん~....」

P(舌が絡みついてきて....)

P(歯茎舐めまわされてる....)

美波「ぷはぁ....んっ....」

P(いったん離しても...)

美波「はむぅ....ちゅううぅ...」

P(すぐにまた唇を合わせる....)

P(美波...なんてエロい顔を....)

美波「あはぁ....Pさん....ちゅぷ....」


ドサッ


P(ソファーに押し倒された...)

P「美波...これ以上は....」

美波「お願い....もっと...してください....」



59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 21:15:45.76 ID:PhBjV7CS0


美波「んっ....んんっ....」

P(あのマジメな美波がこんな顔をして...)

P(馬乗りになって俺にキスの嵐を浴びせてくる....)

P(こんな...こんなの...)


コンコン!


P・美波「っ!?」ビクッ!

光『ねえプロデューサー、ちょっと麗奈に呼び出されちゃってさ、今から出かけてくるね!』

P「あ、ああ!わかった!」

光『うん!美波さんにもお疲れ様って言っておいてね!』

P「き、気をつけてな!」

光『はーい、じゃあ行ってきまーす!』



美波「光ちゃん...行っちゃいましたね....」

P「.....美波!」グイッ

美波「きゃっ....」


ドサッ...



60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 21:53:40.58 ID:PhBjV7CS0


P「美波...お、俺....」

美波「クスッ....」

P(な、なんて色っぽい顔で笑うんだ....)

美波「そういえば...ハロウィンの時に私ここで寝ちゃったんですよね....」

美波「あの時...お菓子を置いてくれたのってPさんですか?」

P「ああ...そうだよ」

美波「やっぱり....」

美波「イタズラしたいって....思いませんでしたか?」

P「そ、それは....」

美波「...今ならしてもいいですよ?」

P「し、してもいいって.....」



美波「イ・タ・ズ・ラ♡」



64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 22:17:48.61 ID:PhBjV7CS0


P「....み、美波!」

美波「あんっ....ちゅっ....」

P「美波...美波ぃ....」

美波「Pさんからキスしてくれるなんて....嬉しい♪」

P「...もう止まらないぞ、俺....」

美波「今なら私たちだけですから....」

美波「....Pさんが好きなようにしてください」スルッ...



美波「....メチャクチャに....してぇ....」



P「....っ!!」

P(も、もう我慢できない!)

美波「はやくぅ....」

P「わかった....脱がすぞ?」

美波「はい....」

P(もう....止まらない...)

P(このまま...最後まで....)


ガチャッ


小梅「...あ、あれ?」



67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 22:49:27.40 ID:PhBjV7CS0


美波「こ、小梅ちゃん....」

小梅「ど、どうも...」

P「あの小梅...こ、これはその....」

小梅「う、うん....わかってる...」

P「わ、わかってる?」

小梅「あ、あの子が言ってるの...」

小梅「美波さんに....よ、よくないのが...憑いてるんだって....」

P「よくないの?それって....」

小梅「それが憑いちゃうと....その...エッチな気分になっちゃうんだって....」

P「それが美波に取り憑いてるってことか?」

小梅「うん....そういうことです...」

P「な、なんとかならないか?その...このままじゃ色々と...」

小梅「あ、あの子が....なんとかしてみるって....」

小梅「だから...プロデューサーさん、美波さんを押さえてて?」

P「あ、ああ!頼むよ!」ギュッ

美波「あっ....」



68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 22:59:51.59 ID:PhBjV7CS0


------


小梅「うん...これで...だ、大丈夫みたい...」

P「本当か?ってことはこれで美波は...」

美波「....あら?」

P「美波、今どんな気分だ?」

美波「き...きゃあっ!ダメですPさん!だ、抱きしめるなんて....まだ早いですから!」

P「ああ、ゴメン!」

P「でもよかった....いつもの美波だ....」

小梅「も、元どおり....」

P「ありがとう小梅、すごく助かったよ」ナデナデ

小梅「お、お礼なら...あの子に...言ってあげて?」

P「あ、ああ....ありがとう...」

小梅「あ、あの子も...どういたしまして...だって」



69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 23:06:14.63 ID:PhBjV7CS0


------


P「......」

美波「.....」

P(き、気まずい....)

P「あ、あのさ美波...さっきのことなんだけど....」

美波「は、はい....」

P「その...悪いのが取り憑いてたらしいし、気にすることは....」

美波「む、無理ですそんなの....」

美波「あ、あんなにキスしたのに.....」

P「えっ?お前もしかして....」

美波「ぜ、全部覚えてます....」

美波「いっぱいいっぱい...キスしたこととか...」

美波「事務所のソファーで....し、しようとしたり....」

美波「っっ....////」カアァァァ

P「ご、ゴメン!自分のプロデュースするアイドルにあんなことを....」

P「あまつさえ自分から押し倒すなんて.....」

美波「は、恥ずかしいから言わないでください!」



70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 23:16:34.87 ID:PhBjV7CS0


P「本当にゴメン、このお詫びならなんでもするから....」

美波「なんでも...ですか?」

P「ああ、訴えるなりなんなり好きに....」

美波「じゃあ、顔を上げてもらますか?」

P「顔を?いったいなにを....」スッ


チュッ


P「み、美波....?」

美波「その....今回は私のせいでいっぱい迷惑をかけちゃいましたから....」

美波「お、お詫びのしるしです!受け取ってください!」

P「でも、それじゃあべこべじゃないか?本来なら俺がお詫びする側で....」

美波「い、いいんですこれで!あと....」

美波「Pさんとの...キスは....そんなにイヤじゃないですから....」



P「美波....」

美波「Pさん...」


小梅「プ、プロデューサーさん、美波さん....エッチなのは...いけないと思いますよ?」


P・美波「っ!?」ビクッ!!



73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 23:26:08.25 ID:PhBjV7CS0


小梅「ま、まだ悪いのが....憑いてるのかな?」

P「ち、違うぞ小梅!」

美波「そ、そうよ!もう何も...」

小梅「で、でもほら....手を繋いでるから...」


P・美波「あっ....」ギュッ


P「こ、これはだな...その...」

美波「これは私とPさんが仲良しだからです!」

P「み、美波!?」

小梅「な、仲良し...?」

美波「そ、そうです!今まで黙ってましたけど実はPさんは私とラブラブで、もうパパにも紹介してて....」

小梅「じゃあ....ふ、ふたりは恋人同士?」

美波「そ、その通りです!恋人同士です!」

P「こ、こら美波!なんでそんなウソを....」

美波「う、ウソじゃありません、その...いずれそうなる予定ですから....」

P「よ、予定って.....」

美波「あ、あんなキスをされたら...」

美波「もう....パパに会ってもらうしかないじゃないですか...」

P「そ、それは...」

美波「Pさん、私初めてだったんです...」

美波「だから.....」



美波「ちゃんと責任、取ってもらいますからね?」




おわり



79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [saga]:2013/11/26(火) 23:34:27.69 ID:PhBjV7CS0


P「ところで小梅、ひとつ聞きたいんだけど...」

小梅「な、なんですか?」

P「美波に憑いてたっていう悪いのっていうのはどうなったんだ?成仏したのか?」

小梅「ううん....あ、あの子は追い払っただけだって...言ってる....」

P「追い払った?じゃあまだどこかにいるかもしれないってことか」

小梅「うん....そういうこと....」

P「ひょっとしてその辺をさまよってて、またウチのアイドルに取り憑いたりしてな」

小梅「さ、さすがに....それはないかも....」

P「だよな、考えすぎか、それより夕飯まだだろ?一緒に食べに行こうか?」

小梅「う、うん....行きたい....」

P「じゃ、行くか」






文香「っ!?」

文香「今...なにか変な感じが....」

文香「身体に電気が走ったみたい....」

文香「....いったいなんだろう?」




ほんとにおわり



80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/26(火) 23:35:02.85 ID:r8FWqr5w0


文香だと……続編はよ!



82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/11/26(火) 23:36:07.83 ID:rGdgw04T0


言質取ったぞ、シリーズ化だな



THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 019 新田美波

新品価格
¥700から
(2013/12/3 23:26時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385308014
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。