ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 マ行]みなみけ >  夏奈「アキラの妹のトウマちゃんだ。」 冬馬「初めまして藤岡さん。」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏奈「アキラの妹のトウマちゃんだ。」 冬馬「初めまして藤岡さん。」

1 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:16:12.58 ID:zeRAZ6p40


このssはみなみけ三姉妹の平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。
また、過去に書いたみなみけssもあるので、良かったら読んでみやがって下さい。

ハルオ『ん?』保坂『む?』藤岡『え?』マコト『へ?』

藤岡『‥‥』 春香『‥‥』

保坂「行くぞ、アツコ!」 アツコ「は、はい。」




4 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:39:44.85 ID:xV6SMu5R0


高校

速水「保坂ー」

保坂「ん?なんだ、速水か…」

速水「なんだとは失礼ね。あれ、保坂何を読んでいるの?」

保坂「ん?これか?これは…っておい…」

ヒョイ

速水「ふーん、三国志か…保坂、三国志なんて興味あったの?」

保坂「…三国志はいいぞ…速水…あの時代を生きた男達の熱き思いが伝わってくる。」

速水「へぇ、私は興味ないわね。」



藤岡、冬馬、みなみけ


11 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:48:29.95 ID:xV6SMu5R0


保坂「そうか、それは残念だ。おれがあの時代に生きていれば、天下は変わっていただろう…しかし、それでは南春香には出会えない…そう、南春香に出逢うために三国時代ではなく、この時代に生まれてきた男、それが保坂だ。」

速水「ふーん。」

保坂「ところで速水、おれに何か用か?」



5 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:41:17.95 ID:xV6SMu5R0


速水「あぁ、そうだった。今回の私たちは三国志演技でいう呉よ。」

保坂「…どういう意味だ?」

速水「あまり出番がないってこと。」

保坂「速水、三国志を知ってい
るじゃないか。」



6 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:42:34.12 ID:xV6SMu5R0


速水「えっ知らないわよ。」

保坂「いや、知っている。」

速水「知らないって。しつこい男は嫌われるよ、保坂。」

保坂「むむむ」

速水「何がむむむだ!」

保坂「やはり知っているじゃないか。」



7 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:43:18.49 ID:xV6SMu5R0


中学 休み時間

藤岡「アキラは三国志好き?」

アキラ「三国志ですか?好きですよ。」

藤岡「じゃぁ、どこの国が一番好き?」

アキラ「そうですね…おれは魏ですね。曹操が好きなんですよ。」



8 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:44:05.54 ID:xV6SMu5R0


藤岡「『治世の能臣 乱世の英雄』うん、曹操も良いよね。」

アキラ「藤岡さんはどこの国が好きなんですか?」

藤岡「おれはミーハーだけど、蜀かな。三兄弟が好きなんだ。」

アキラ「桃園の誓いですか。」



9 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:44:43.67 ID:xV6SMu5R0


藤岡「そうそう、やっぱり兄弟っていいよね。おれも兄弟が欲しくなるよ。」

アキラ「藤岡さんは兄弟いないんですか?」

藤岡「その辺は、原作で触れてないから内緒にしておこう。」

アキラ「そうですね。」

藤岡「そういえば、アキラって兄弟はいるの?」



10 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:45:52.01 ID:xV6SMu5R0


アキラ「はい。兄が二人と妹が一人います。」?

藤岡「そうなんだ。妹がいるのは意外だね。」

アキラ「良く言われますね。まぁ妹と言っても、うちのトウマは少し男勝りなところがありましてね。兄共々気苦労が絶えませんよ。」




12 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:50:14.77 ID:xV6SMu5R0


藤岡「へー、妹の名前トウマっていうんだ?」

アキラ「はい。それが何か?」

藤岡「いや、おれの知り合いにもトウマって子がいるんだけど、その子は男の子だからさ。」

アキラ「あー、トウマって名前は女でも男でも使えますからね。まぁ、おれの名前もどっちでも使えるんですけどね。考えてみれば、うちの家族は全員そうですね。」



13 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:51:21.95 ID:xV6SMu5R0


藤岡「へー、そうなんだ。妹さんは小学生かな?」

アキラ「はい、小学生です。よく夏奈さんの家に遊びに行ってますよ。」

藤岡「南の家に?」

アキラ「はい。あの、藤岡さん、どうかしましたか?」

藤岡「い、いやなんでもないよ。(トウマなんていう女の子来てたかな?)」



14 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:52:21.74 ID:xV6SMu5R0


公園 サッカー場

藤岡「ねぇ、トウマ。」

トウマ「ん、どうした藤岡?」

藤岡「今日学校で話してたんだけど、南の家で、トウマっていう女の子見たことある?」

トウマ「えっ!?ど、どういう意味だ?」



15 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:53:53.28 ID:xV6SMu5R0


藤岡「いや、おれの知り合いにアキラって奴がいるんだけど、そいつの妹がトウマって名前らしくて、よく南の家に行ってるって言うんだけど、おれ会ったことがないからさ。トウマなら知ってるかなって思って。」

トウマ「えっと…まぁ…知ってるには知ってるよ。同じ名前だし…」



16 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:54:52.00 ID:xV6SMu5R0


藤岡「やっぱりトウマは知ってるのか。どんな子… 」

トウマ「藤岡!」

藤岡「ん、どうしたトウマ?」

トウマ「おれ急に用事思い出したから、今日は帰るな。ごめん。じゃぁな!」

シュー スタスタ

藤岡「あっ…トウマ?」



17 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:56:18.64 ID:xV6SMu5R0


南家

冬馬「夏奈!大変だ!夏奈!」

夏奈「おぉ冬馬。どうしたこんな時間に。」

冬馬「とにかく大変なんだ!」

カクカク シカジカ



18 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:57:14.89 ID:xV6SMu5R0


夏奈「なるほど。アキラが自分の妹は良くうちに来るって藤岡に言っちゃったわけか。」

冬馬「そうなんだよ。そもそもアキラと藤岡が知り合いなのも知らなかったし。」

夏奈「あぁ、そういえばお前には言ってなかったな。」



19 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:58:07.90 ID:xV6SMu5R0


冬馬「うん。まぁ今はそれは置いといて…どうしよう夏奈!藤岡に女だってバレちゃうよ!」

夏奈「まぁ慌てるなトウマ。藤岡は今、我が家にお前の他にもう一人トウマという名の女の子が出入りしていると思っているわけだろ?」

冬馬「あぁ、そうだな。」

夏奈「ならば、その思いこみを現実にしてやればいい。」



20 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga ]:2013/11/08(金) 21:59:27.98 ID:xV6SMu5R0


冬馬「えっ現実にするって…どうやって?」

夏奈「それは…」

冬馬「それは…?」

夏奈「トウマ!女装しなさい!」

冬馬「えっ!?」



21 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:19:48.21 ID:xV6SMu5R0


翌日 南家


夏奈「つまり、トウマ…お前はアキラの妹であるトウマを演じればいい。」

冬馬「演じる?演じるって、実際おれはアキラの妹のトウマなんだから、全部事実だろ。」

夏奈「そう!全部事実!だけど、今のトウマは藤岡には男だと思われている。」

冬馬「う、うん。そうだな。」



22 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:20:39.48 ID:xV6SMu5R0


夏奈「だから、女装して今のトウマではない、アキラの妹のトウマという子がいると藤岡に確信させればいい。」

冬馬「な、なるほど。」

夏奈「というわけで、早速ですが、トウマ。今日は女装の先生に来ていただきました。マコちゃんです。」

マコ「えへへ、よろしく。」

冬馬「よろしくお願いします…っておかしいだろ!」



23 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:23:29.24 ID:xV6SMu5R0


夏奈「何もおかしくないよ!」

冬馬「いやいや、そもそもおれは女なんだから、女装っていう言葉自体まちがってるだろ。しかも、なんで女のおれが、男のマコトに女装の仕方を学ぶんだよ。」

夏奈「トウマ…良く考えてみろ…お前はうちでは男か女か?」

冬馬「まぁ、千秋の弟ってことになってるから…男だな。」

夏奈「そうだ、お前は男だ。ならば、男が女の格好をするんだから女装で間違ってない。」



24 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:24:48.50 ID:xV6SMu5R0


冬馬「うーん、確かにそうかもしれない。」

夏奈「つまり、本当は女だが、訳あって男を装っているやつが、訳あって女を装うわけだ。」

冬馬「もう訳あり過ぎて意味が分からないな。」

夏奈「ごちゃごちゃ言ってないで、先生、トウマに女装の極意を1つ教えてあげてください。」

マコ「えっ、えっと…女装とは…女になりきることです。」



25 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:25:28.15 ID:xV6SMu5R0


夏奈「おぉ、さすが先生、奥が深い。」

冬馬「そうか?当たり前のことを言っただけな気がするぞ。」

夏奈「こら、そこ!先生に失礼じゃないか!一見、当たり前のことのように聞こえるがこれがなかなか難しい。そうですよね先生?」

マコ「えっと…うん。そうだぞトウマ。」

冬馬「絶対今考えただろ。しかもマコト、お前さりげなく偉そうだぞ。」



26 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:27:09.76 ID:xV6SMu5R0


夏奈「おい、トウマ、先生に向かってなんという言葉遣い。」

冬馬「いや、だってマコトから学ぶことなんて…」

夏奈「考えてみなさいよ。お前は藤岡からどう思われている?」

冬馬「えっ、男だと思われてるよ。」



27 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:27:41.76 ID:xV6SMu5R0


夏奈「だろ?だが、マコちゃんは藤岡からどう思われている?」

冬馬「女だと…ハッ!」

夏奈「気がついたか?そう、お前は藤岡から女だと思われる点でマコちゃんに負けている!」

冬馬「そうか…先生!おれに女装の極意を教えて下さい。」

マコ「お、おう任せろトウマ!」



28 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:32:19.48 ID:xV6SMu5R0


夏奈「という訳で、さっそくトウマを女の子にします。」

冬馬「具体的には何をするんだ?」

夏奈「まずは、服を女の子らしいものにします。ほら、先生、早く用意して。」

マコ「お、おう。」

ササ

マコ「用意しました。」



29 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:33:11.27 ID:xV6SMu5R0


夏奈「よし、先生ご苦労。さて、ここに千秋の服と私の昔の服を用意した。」

冬馬「あれ?春香のは?」

夏奈「春香のを着たいか?」

冬馬「えっ?なんかあるの?」

夏奈「春香の服を着てもいいが、胸の辺りが愉快なことになるぞ。それでも着たいか?」



30 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:33:41.30 ID:xV6SMu5R0


冬馬「…千秋と夏奈のでいい。」

夏奈「よし、それじゃ早速着替えてみろ。」

冬馬「…」

マコ「ん、どうした冬馬?」

冬馬「お前は出ていけー!」



31 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:34:16.94 ID:xV6SMu5R0


マコ「は、はい、すいません。」

メーイクアップ

夏奈「先生もういいよー」

ガラガラ

マコ「おぉ、トウマ女っぽく見える。」

冬馬「当たり前だろ、女なんだから。でも、なんかこの服、ふりふりしてて着にくいなぁ。」



32 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:43:16.71 ID:xV6SMu5R0


夏奈「まぁ冬馬は普段こういう服着ないからね。少ししたら慣れるよ。」

冬馬「うーん、そうかな?」

夏奈「他の服も着てみる?」

冬馬「あぁ、そうだな。」

千秋「おい。私の服を着て何をやっている?」



33 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:44:11.52 ID:xV6SMu5R0


マコ「あっ千秋。」

夏奈「おぉ千秋、実はな… 」

カクカクシカジカ

千秋「なるほど。そういうことなら私も協力しよう。」

夏奈「じゃぁ次はこれなんてどうだ?」



34 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:45:38.32 ID:xV6SMu5R0


千秋「うん、そっちの方がトウマには良いかもしれん。」

マコ「じゃぁおれは…」

千秋「おい、マコちゃん。何故部屋から出ようとする?」

マコ「えっ…だって…」

千秋「女どう…」

夏奈「千秋、ちょっと来なさい。」



35 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:46:37.41 ID:xV6SMu5R0


千秋「む、なんだ夏奈偉そうに。まぁ、いいだろう。」

夏奈「マコちゃんはトウマのことを男だと思ってるだろ(思ってるとみんなが思ってる)。」コショコショ

千秋「えっ!?そうだったっけ?」コショコショ

夏奈「一応原作だと、その辺は触れられてないが(まぁお互い正体知ってるから触れる必要もないんだけど)、このssではそう言うことにしておこう。」コショコショ



36 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:47:33.78 ID:xV6SMu5R0


千秋「えっ?原作?SS?それは、なんの話だ?」コショコショ

夏奈「千秋…今それが重要か?今重要なのはマコちゃんはトウマのことを男だと思っているということだ(そう千秋に思わせること)。」コショコショ

千秋「む、そうだな。マコちゃんがトウマを男だと思っているならあの反応も理解できる。しかし、それならば教えてあげればいいんじゃないか?」コショコショ

夏奈「それだとマコちゃんが混乱しちゃうでしょうよ。今まで男だと思ってた子が本当は女だったなんて。」コショコショ



37 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:48:23.26 ID:xV6SMu5R0


千秋「そうだな。 ハ〇ヒの佐〇木くらい驚きだな。」コショコショ

夏奈「いやいや、 はが〇いの幸〇くらい …」コショコショ

千秋「いやいやいや、I〇のシャ〇ロットくらい…」コショコショ

夏奈「いや、お前、I〇出てないだろ。」コショコショ

千秋「出てるってなんだ。出てるか出てないかがそんなに重要か?」



38 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:49:16.75 ID:xV6SMu5R0


夏奈「そういう流れだったでしょうよ?しかも、軽く流したけど、佐〇木はまだアニメ出てないでしょ。」

千秋「いやいや、それを言うなら幸〇だってどうなのだ?あんな後付けみたいな設定で。」

夏奈「な、なにをー。だいたいあんたは主人公じゃないでしょうが。」

千秋「ふっ、夏奈…お前も残念なやつだ。確かにみなみけのお前は人気があるだろう。しかし、はが〇いのお前に需要があるのか?圧倒的に嫌われてるのに気がついていないのか?それに引き換え私は、どう考えても一番人気。映画まであるくらいだ。」



39 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:50:13.09 ID:xV6SMu5R0


夏奈「あ、あんなのはエ〇ァのパクりじゃないさ。どこの綾〇よ。こっちは、I〇も2期を絶賛放映中。 なのにそっちは原作ストックあんなにあるのに…ププ…残念だな千秋。」

千秋「つ、つーかこれからっしょ!」

冬馬「お、おい千秋、夏奈…(途中から全然コショコショじゃなくなってたけど…)」

夏奈「あ、あぁ。」

千秋「と、とにかくマコちゃんがトウマを男だと思ってるなら私たちもそれに乗ってやろう。」コショコショ

マコ「…?」

夏奈「わるいわるい!さぁ、トウマが着替えるんだったね。じゃぁ私たちは外で待ってるから着替えたら言ってちょうだい。」

冬馬「わ、分かった。」



40 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:50:46.18 ID:xV6SMu5R0


メイクアップ

冬馬「もういいぞ。」

夏奈「どれどれ…おぉ、さっきより良いじゃない。」

千秋「うん、これならどこからどう見ても女だな。」

冬馬「そうか?それならいいんだけど。」

夏奈「しかし、なにか足りない気がするな…」



41 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:55:46.22 ID:xV6SMu5R0


千秋「そうか?私には女に見えるが?」

夏奈「いや、確かに女に見えるんだけど、女かと言われたら、100%女だとは断言しにくいような…」

千秋「うん、そう言われればそうだな。だが、何故だろう?」

冬馬「お前ら言いたい放題だな。」

マコ「言葉遣いじゃないかな?」



42 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:57:40.24 ID:xV6SMu5R0


夏奈「おぉ!そうだ!言葉遣いだ!やるな先生!」

冬馬「夏奈、さっきから先生のことを先生と思ってないだろ。」

千秋「さすがマコちゃんだ。そこは盲点だった。トウマは言葉遣いが女らしくない。」

冬馬「いや、千秋には言われなたくないな。」



43 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:58:37.52 ID:xV6SMu5R0


マコ「うん、トウマは女なのに言葉遣いが男っぽいんだよな。」

冬馬「それ言っちゃったらお前がおれを女だって知ってることばれるぞ。」

千秋「ん?どうしたトウマ?」

冬馬「良かったな、千秋の耳は都合の悪いことは聞こえないようになってるみたいだ。」

夏奈「さっきからトウマ、一人で何をブツブツ言ってるのよ?」

冬馬「あーうん。ごめん。」



44 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 22:59:52.30 ID:xV6SMu5R0


千秋「とりあえず、トウマは言葉遣いを改めろ。」

冬馬「お、おう。」

千秋「バカヤロー!」

冬馬「えぇ!?」

千秋「言葉遣いを改めろって言っただろ。」

冬馬「じゃぁ何て言えば良いんだよ?」



45 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:00:31.73 ID:xV6SMu5R0


マコ「と、とりあえず丁寧な感じで話してればいいんじゃないか?」

冬馬「丁寧か…?『分かりました。』こんな感じか?」

千秋「まぁいいだろう。」

夏奈「言葉遣いはそれでいいな。あとは…」

冬馬「まだあるのか?」



46 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:01:20.07 ID:xV6SMu5R0


夏奈「そうだ、人形だ!人形を持っていれば女の子らしさがアップする。トウマ、前に作った藤岡2号を持ってきなさい。」

冬馬「あ、あぁあれか…よし、分かった。」

夏奈「よし、これで完璧だ。あとは明日藤岡を呼び出せば…」

冬馬「え、えぇ…明日か…」

千秋「トウマ、善は急げと言うだろ。」

冬馬「そうか…よし、頑張るぞ!」



47 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:05:37.05 ID:xV6SMu5R0


翌日 南家

冬馬「か、夏奈…これで本当に大丈夫か?」

夏奈「大丈夫。どっからどう見てもお前はアキラの妹のトウマちゃんだ。」

冬馬「トウマ…ちゃん?なんだよ夏奈気持ち悪いな。」

夏奈「よく考えろトウマ、男のお前がトウマと呼ばれているなら、アキラの妹のトウマはトウマちゃんと呼ばれているのが自然だろ?」



48 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:06:40.58 ID:xV6SMu5R0


冬馬「た、確かに…」

マコ「よろしくな、トウマちゃん。」

冬馬「お、おう。よろしく…マコ…ちゃん。」

千秋「おいトウマ、言葉遣いには気を付けろと昨日あれほど言っただろ。」

冬馬「あ、あぁ、そうでしたね。」



49 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:07:37.65 ID:xV6SMu5R0


千秋「夏奈、藤岡はいつ来るんだ?」

夏奈「今日学校で呼んでおいたから…そろそ…」

ピンポーン

冬馬「き、来た。」

夏奈「よし、千秋、トウマ、マコちゃん、準備しろ。」



50 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:08:39.07 ID:xV6SMu5R0


ガラガラ

藤岡「お邪魔します。こんにちは、南、千秋ちゃん、マコちゃん…あと、えっと…?」

夏奈「あーそういえば、藤岡は会うの初めてだったか?」

藤岡「あー、うん、そうだね。」

夏奈「アキラの妹のトウマちゃんだ。」

冬馬「初めまして藤岡さん。」



51 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:10:48.22 ID:xV6SMu5R0


藤岡「あぁ!初めまして。トウマちゃんのことは前にアキラから聞いてたんだよ。」

冬馬「そうですか。ふつつかものの兄がお世話になっております。私も藤岡さんのことは千秋さんや夏奈さんから伺ってますよ。」

藤岡「いやいや、お世話なんて…というか、アキラが言っていた印象とだいぶ違うんだね。」

夏奈「えっ?アキラは何て言ってたの?」



52 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:11:32.58 ID:xV6SMu5R0


藤岡「たしか、男勝りな性格って…だから、トウマが実は女で、アキラの妹なんじゃないかって思っちゃったよ。あっ、トウマっていうのはトウマちゃんのことじゃなくて…」

冬馬「トウマ君のことなら存じております。 確かにトウマ君とは名前が一緒ですが、あまり間違えられたことはないですね。」

藤岡「そ、そうだよね。ごめんごめん、アキラの奴が男勝りとか言ったのは、ただの謙遜だったんだね。だってこんなに女の子らしくて可愛いんだもん。」



53 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:12:11.30 ID:xV6SMu5R0


冬馬「か、可愛い…//お、ではなく、私が?」

藤岡「うん。トウマちゃんが。」

冬馬「そ、そんな…可愛いだなんて…照れてしまいます…」

千秋「…」



54 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:12:59.43 ID:xV6SMu5R0


冬馬「で、ですが私なんかより千秋さんのほうが…あら?千秋さんいずこへ?」

千秋「私は用を思い出したので部屋にいる。」

ガタン

冬馬「えっ?千秋さん?」

マコ「ち、千秋!」

藤岡「ど、どうしたんだろ千秋ちゃん…」



55 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:13:53.66 ID:xV6SMu5R0


夏奈「ほっといていいぞ。姫はちょっとご機嫌ななめになっただけだから。」

藤岡「そうなの…?ト、トウマちゃんは千秋ちゃん達と同じ学校なのかな?」

冬馬「は…」

夏奈「待て、トウマ。」コショコショ

冬馬「どうしました夏奈さん?」コショコショ



56 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:14:32.25 ID:xV6SMu5R0


夏奈「バカ、今はトウマでいいんだよ。それよりも、千秋達と同じ学校ということにするのはまずいぞ。」コショコショ

冬馬「えっ?なんでだ?」コショコショ

夏奈「ひょっとしたら、藤岡が内田達にトウマちゃんについて聞くかもしれないだろ。」コショコショ

冬馬「そうか、そうなると、ひょっとしたら藤岡にバレるかもしれないな。」コショコショ

夏奈「そうだ。だからひょっとしないように学校は違うことにしておけ。」コショコショ

冬馬「よし、分かった。」コショコショ



57 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:24:05.46 ID:xV6SMu5R0


藤岡「み、南…?」

夏奈「あぁ、わるいわるい。ちょっとトウマちゃんとガールズトークをね。で、なんだっけ?」

マコ「トウマちゃんが千秋達と同じ学校かって話だぞ、夏奈。」

冬馬「あぁ、千秋達とは…」

夏奈(トウマノ アシ パンチ)



58 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:26:39.22 ID:xV6SMu5R0


冬馬「痛ッ…えっと…千秋さん達とは残念ながら違う学校なんです。」

藤岡「そうなんだ。じゃぁどうやって仲良くなったの?」

冬馬「そ、それは…」

夏奈「考えてみろ藤岡、アキラと私は仲が良い、藤岡は知らないけど、アキラの兄と春香も仲が良い、それならばアキラの妹と千秋の仲が良いのも当然じゃないか?」



59 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:31:04.88 ID:xV6SMu5R0


藤岡「そっか、そうだよね。」

冬馬(本当はおれと千秋が最初に仲良くなって、アキラとナツキはその後なんだけど…藤岡はそれを知らないから問題ないか。)

ピンポーン

夏奈 冬馬 マコ「!?」



60 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:34:53.04 ID:xV6SMu5R0


藤岡「あれ?誰か来たみたいだよ?」

夏奈「あ、あぁ…」

夏奈(やばいな…)

冬馬(今、他の誰かが来たら…)

マコ(冬馬の変装がバレる…かも…)

夏奈(誰が来た?)

冬馬(頼む…)

マコ(空気が読める人…)

ガラガラ



61 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:38:20.68 ID:xV6SMu5R0


内田「夏奈ちゃん、お邪魔します!」

夏奈「う、内田か。」

内田「あっ、こんにちは、藤岡君、マコちゃん…と…」

冬馬(や、やばい…)

夏奈(バレたか…)



62 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:39:49.01 ID:xV6SMu5R0


内田「トウマちゃん。」

冬馬「えっ?…あっ…」

千秋「(ピース)」

夏奈(千秋ナイスプレイ。)

千秋(それほどでもあるよ。)



63 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:40:25.58 ID:xV6SMu5R0


冬馬「お久し振りです、内田さん。」

マコ「よ、よう内田!」

藤岡「こんにちは。」

内田「あれ?もうおやつ食べちゃったの?」

夏奈「内田、お前はうちをお菓子屋さんか何かと勘違いしてないか?」



64 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:42:28.52 ID:xV6SMu5R0


内田「そ、そんなことないよ。千秋の家は千秋の家だよ。それよりも、何話してたの?」

夏奈「あぁ、藤岡とトウマちゃんが初めて会ったから、お互いに紹介をな…」

プルルルル プルルルル

千秋「電話か?春香姉様からかもしれない。私が出よう。…もしもし…」



65 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:45:23.33 ID:xV6SMu5R0


内田「へ、へぇ…藤岡君も、トウマちゃんも良く来るのに会ったことないなんて意外だなぁ。(棒)」

藤岡「そうなんだよ。トウマちゃんはだいたいみんなと会ってるのかな?」

冬馬「そ、そうですね。え、えーと、どうでしたかね、夏奈さん?」

夏奈「ま、まぁ会ってる人もいれば会ってない人もいるんじゃないかなぁ。」

藤岡「そうなんだ、この家は人がいっぱい来るからね。」



66 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:46:40.08 ID:xV6SMu5R0


夏奈「そうだ。うちは来るものを拒まずだからな。」

千秋「おい、夏奈。」

夏奈「どうした千秋?」

千秋「私は春香姉様の買い物の手伝いをしてくる。後は頼んだぞ。」

夏奈「あぁ分かったよ。いってらっしゃい。」

スタスタ ガチャ



67 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:49:54.85 ID:xV6SMu5R0


夏奈「さて、なんの話だったかな?」

内田「夏奈ちゃん、話は一区切りついたところだと思うよ。」

夏奈「ん?そうだったか?」

藤岡「そういえば、トウマちゃんのお兄さんってアキラ以外に二人いるんだよね?」

冬馬「はい。先程話に出ましたが、ナツキという二番目の兄は春香さんと仲良くしていただいてるようです。一番上の兄は…特に誰とも繋がりはありませんね。おそらく。」



68 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:55:12.83 ID:xV6SMu5R0


夏奈「私も、ナツキってのには会ったことあるけど、一番上の…えっと…」

冬馬「ハルオです。」

夏奈「そう、そのハルオってのには会ったことないな。今度連れてきなよ。」

冬馬「はい、兄に伝えておきます。」

藤岡「おれはアキラにしか会ったことないな…こん」

ピンポーン



69 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:55:54.49 ID:xV6SMu5R0


夏奈 冬馬 内田 マコ「!?」

藤岡「あっ、おれが出るよ。」

夏奈「ふ、藤岡…行っちゃった…」

冬馬「おい夏奈、さっきみたいに説明できないとヤバイんじゃないか?」



70 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/08(金) 23:58:10.61 ID:xV6SMu5R0


内田「夏奈ちゃん…」

マコ「大丈夫なのか、夏奈?」

夏奈「冬馬の変装は完璧なはずだ。マコちゃんだって今までバレてないんだから、誰が来ても大丈夫だ。」

内田「あっ来たよ…」

ガラガラ

藤岡「連れてきたよ。」



71 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:00:12.79 ID:NVWHLOsa0


吉野「おじゃまします。」ニコニコ

内田(げぇ、吉野!?)

冬馬(よ、吉野だ…)

マコ(吉野が出たぞー!)

吉野「あれ?みんなどうしたの?まるで、 虎牢関で呂布に出会ったみたいな顔してるけど? あっでも内田は、赤壁逃亡中に関羽に出会ったみたいな顔してるね?」



72 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:04:32.26 ID:NVWHLOsa0


藤岡「えっ呂布?関羽?」

夏奈「よ、吉野、来ていきなりそのボケはツッコミずらいぞ。」

吉野「アハハ、そうだね、ごめん夏奈ちゃん…ところで…なんでトウ」

内田「あれ!?吉野は会うの初めてだっけ!?」

マコ「そ、そういえばそうだったな!」

夏奈「吉野、こちらトウマちゃんだ。」

冬馬「トウマです。よろしくお願い致します。」



73 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY[saga]:2013/11/09(土) 00:06:25.60 ID:NVWHLOsa0


吉野「…吉野です。よろしくね。」ニコニコ

藤岡「吉野さんも初めて会ったんだ。トウマちゃんは良く来てるらしいんだけど、実はおれも今日初めて会ったんだよ。」

吉野「へぇ、トウマちゃん良く来るんだ?」

冬馬「は、はい。まぁ…」



74 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:07:49.39 ID:NVWHLOsa0


吉野「トウマちゃんは小学生なの?」

冬馬「はい。皆さんとは違う学校ですが。」

吉野「そっか…じゃぁ千秋達とはどうやって知り合ったの?」

冬馬「そ、それは、兄が夏奈さんと仲が良いので、そこから(さっき藤岡にも同じ質問されたのに…吉野からの質問は同じ質問とは思えない恐ろしさを感じる… これが難考不惑の吉野嬢… )」



75 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:08:22.01 ID:NVWHLOsa0


吉野「へぇ、あれ?その人形って前にトウマが作った人形だよね?なんでトウマちゃんが持ってるの?」

冬馬「えっと…それは…」

夏奈「前にトウマちゃんがトウマの持ってる人形を見て、欲しくなったから作ってもらったんだよ。な、トウマちゃん?」

冬馬「は、はい。このつぶらな瞳が可愛くて…」



76 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:08:57.11 ID:NVWHLOsa0


吉野「あぁ、そうだったんだ。私はてっきりトウマが変装してるのかと思ったよ。」

冬馬「ヒッ…」

夏奈(落ち着け、これは吉野の罠だ。)

吉野「どうしたの夏奈ちゃん?私のことを孔明でも見るような顔で見てるけど。」



77 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:11:06.16 ID:NVWHLOsa0


夏奈「こ、孔明!?な、なんのことだかさっぱり分からないな。」

藤岡「ハハハ、確かに名前は同じだけど、トウマは男の子でトウマちゃんは女の子なんだから、そんなことを言ったら失礼だよ。」

吉野「あっ、そうだよね…ごめんねトウマちゃん。」

冬馬「いえ、同じ名前だから間違えられても仕方ないですよね。」



78 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:12:05.99 ID:NVWHLOsa0


内田「そ、そういえば吉野。宿題やった?」

吉野「あぁ、うん。やってきたよ。」

内田「あっ、じゃぁあの難しいところ見せてよ。」

マコ「あっ、おれも!」

冬馬「あっ…お…」



79 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:16:32.44 ID:NVWHLOsa0


吉野「えっ?なんで中学生のマコちゃんと、他の学校のトウマちゃんが反応するのかな?」

マコ「あっ、いや、ほら、難しい問題ってどんなのかなって思って。ほら、おれには父親譲りの知的欲求があるから。」

吉野「そっか。トウマちゃんは?」

冬馬「私は…他の学校は今どの辺まで進んでるのか気になったので…」



80 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:20:56.96 ID:NVWHLOsa0


吉野「ふーん。まぁいいや、はい、これが宿題だよ。」

内田「わーい、ありがとう吉野。」

カキカキ メモメモ



81 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:22:02.01 ID:NVWHLOsa0


吉野「なんでマコちゃんとトウマちゃんまでメモしてるのかな?」

マコ「いや、後で解いてみようかなって、ほら、おれには母親譲りの向上心があるから。」

冬馬「わ、私も、後で解いてみようかなって…」

吉野「そっか、そういえば、トウマちゃんとマコちゃんってどこの学校に通ってるの?」

冬馬 マコ「えっ…」

冬馬 マコ「…」



82 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:22:55.56 ID:NVWHLOsa0


吉野「あれ?なんで黙っちゃうの?自分の通ってる学校だよね?」

マコ「えーっと、おれは…まぁ…あっちの方の…」

冬馬「わ、私はそっちの方の…」

吉野「あっちとかそっちとかって表現なんだ。面白いね。」



83 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:23:40.50 ID:NVWHLOsa0


夏奈「まぁまぁ吉野、学校なんてどうでもいいじゃないか。」

内田「そ、そうだよ吉野、学校なんて関係なく二人とも友達だよ。」

吉野「うん、そうだね。それにしてもやっぱり夏奈ちゃんの家はおもしろいね。」

夏奈「ん?どうしてだ?」



84 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:24:21.97 ID:NVWHLOsa0


吉野「だって、マコト君と似てるマコちゃんがいたり、トウマと同じ名前のトウマちゃんがいたりして…そういえばトウマは今日どうしたんだろうね?」ニコニコ

夏奈(これは…)

内田(完全に気がついてる…)

マコ(ブルブル)

冬馬(ブルブル)



85 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:24:51.76 ID:NVWHLOsa0


藤岡「そういえばトウマ来てないね。」

内田(誰か…)

夏奈(吉野に勝てるやつは…)

冬馬 マコ(いないの?)

吉野「…?」

ガラガラ



86 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:25:44.63 ID:NVWHLOsa0


千秋(ここにいるぞー!バカヤロー!)

千秋「おい、吉野。」

吉野「あっ千秋おかえり。」

千秋「あ、あぁただいま。それで吉野よ。何度も言っているがマコちゃんとあのバカヤローを一緒にするな。マコちゃんに失礼だ。それと、トウマとトウマちゃんを一緒にするのもやめろ。トウマちゃんはトウマの何倍も可愛いんだからな。あとトウマなら今日は来ないぞ。さっき外で会った時に言っていた。なんでも藤岡とサッカーの約束をしたらしい。」



87 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:27:03.00 ID:NVWHLOsa0


藤岡「あれ?そうだったっけ!?」

千秋「うむ、だから藤岡早く行ってやれ。」

藤岡「そうだね。じゃぁ南、おれはこれで。」

夏奈「あぁ、またな。」

春香「あら、藤岡くん。」

藤岡「あっ春香さん、おじゃましました。」

バタン



88 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:28:04.14 ID:NVWHLOsa0


春香「あれ?トウマなんでそんな格好してるの?」

冬馬「はぁぁぉ…疲れた…」

吉野「…」

内田「吉野、春香ちゃん、これはね…」

カクカク シカジカ



89 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:29:01.42 ID:NVWHLOsa0


春香「あぁ、そういうことだったんの。」

吉野「私全然気がつかなかったよ。」ニコニコ

夏奈 冬馬 内田 マコ(絶対嘘だ。)



90 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:30:27.18 ID:NVWHLOsa0


春香「なら、トウマは早く藤岡君のところに行ったほうがいいんじゃないの?」

冬馬「あっそうだな、じゃぁ行ってくるよ。千秋、夏奈今日はサンキュー。」

バタン

春香「さて、早速夕飯の準備をしましょうか。」



91 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:31:30.41 ID:NVWHLOsa0


千秋「はい、春香姉様。私もお手伝いします。」

内田「あっ私もー!」

夏奈「なんだ内田、お前図々しくもうちで食べていくつもりか?」

内田「だって、おやつ食べてないもん。」



92 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:32:57.00 ID:NVWHLOsa0


春香「夏奈はお風呂掃除の当番でしょ?」

夏奈「ちぇっ、覚えてたか、まぁ全部うまくいったし、仕方ない。」

スタスタ

マコ「…」

吉野「…」



93 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:33:41.65 ID:NVWHLOsa0


マコ「あの、よし…」

吉野「マコちゃんは、トウマみたいに私に言うことないのかな?」ニコニコ

マコ(おれだけうまくいってない…)



94 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:34:35.45 ID:NVWHLOsa0


翌日 中学


藤岡「そういえば、昨日トウマちゃんに会ったよ。」

アキラ「そうですか。トウマは迷惑をかけませんでしたか?」

藤岡「迷惑だなんてとんでもない。すごい女の子らしくて可愛い妹さんじゃないか。」



95 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:35:01.83 ID:NVWHLOsa0


アキラ「えっ?トウマがですか?」

藤岡「全くアキラは謙遜しちゃって。」

アキラ「はぁ…(本当にうちのトウマだったのかな?)」



96 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:35:36.50 ID:NVWHLOsa0


高校

速水「保坂ー」

保坂「ん?なんだ、また速水か…」

速水「相変わらず失礼ね。」

保坂「それで、何か用か?」



97 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:36:46.47 ID:NVWHLOsa0


速水「『ここにいるぞー!』って何?」

保坂「お前も少しは三国志に興味をもったみないだな。いいだろう、説明しよう。『ここにいるぞー!』とは裏切り者の魏延が『わしを殺せるものがあるか』と言ったときに、馬岱が『ここにいるぞー!』と言って魏延を斬ったことによる名言だ。そしてこれは全て亡き孔明の仕掛けた策だったのだ。つまり孔明の罠だ。」



98 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:37:37.04 ID:NVWHLOsa0


速水「ふーん、でもそれって三国志演技の話だよね?」

保坂「やはり、速水は三国志を知っているじゃないか。」

速水「知らないわ。」

保坂「…そうか。それならそういうことにしておこう。」

速水「むむむ」

保坂「何がむむむだ。」

速水「保坂にはめられた…これが保坂の罠なのね。」



99 :せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY [saga]:2013/11/09(土) 00:39:55.87 ID:NVWHLOsa0


保坂「あぁ、今日も空は青く澄みわたっている。南春香、君は今何をしているだろう?愛し愛される人を探してはいないか?この世界中のどこに自分を一番愛してくれる人がいるのかと…ならばおれはこう叫ぼう…『ここにいるぞー!』アハハアハハアハハハハ」






終わりです。



100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/09(土) 00:50:32.43 ID:VefH9avDO


乙。今回も吉野嬢にはゾクゾクさせてもらった。



103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/11/09(土) 03:39:15.15 ID:3p3PP57v0


乙。
今回も面白かったぞバカヤロー!




みなみけ ただいま ラバーストラップ 冬馬

新品価格
¥840から
(2013/12/6 17:51時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1383912972/
[ 2013年12月06日 18:00 ] [二次創作 マ行]みなみけ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。