ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]Steins;Gate >  岡部「何でこうなった……」ラボメン「………………」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岡部「何でこうなった……」ラボメン「………………」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:14:59 ID:zDI51qlI
ディバゲでシュタゲコラボの二度目がやけに早いから妄想してみた。

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:18:27 ID:zDI51qlI
岡部(誰も話さない……当然かまさかこんなことになるとはな)

岡部「な……なぁ指圧師その……あれだ……元気だせよ!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 08:53:01 ID:gmF8zb6U
まさかディバゲネタとは!今ハマってるお(・ω・)


ラボメン、シュタインズゲート、抱き1


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:21:53 ID:zDI51qlI
萌郁「…………」

萌郁「」ジワァ

岡部「あーもう泣くな!!
くそ!どうしてこうなった!?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:30:37 ID:uhmDamXg
- 秋の始まる位-

ダル「オカリンオカリーン!」

岡部「どうしたダルそんなに慌てて新作エロゲが大安売りでもしてたのか?」

ダル「ちげーよ僕達ラボメンがガンホーのゲームとコラボするんだ!」

岡部「ガンホーって言うとパズドラか?別に出たくないんだが 」

ダル「誰もパズドラだなんて言ってないだろ」

ダル「ディバインゲートってガンホーとアクワイアの作った新作スマホ用ゲームだよ!」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:32:11 ID:dxHNosEw
そんなのあんのか

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:39:57 ID:Ly2LfTCQ
岡部「アクワイア?聞いたことないな」

ダル「オカリンあんましゲームやんないしね」

ダル「有名な奴だと侍道とか勇者のくせになまいきだ、を作った会社だお」

岡部「どっちも知らん」

岡部「それよりどんなゲームなんだ?そのディバインゲートというのは」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:46:06 ID:uhmDamXg
ダル「さあ?僕もやってないし」

ダル「サービス開始したばかりで知名度低くて情報は少ないし」

ダル「まぁ実際にやってみるのが一番いんじゃね?」

岡部「なるほど一理あるな……よし。ラボメンを全員集めろ」

ダル「なんでさ」

岡部「サンプルは多い方が良いに決まってるだろう?フゥーハッハッハ」

ダル「出たよ鳳凰院」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/24(日) 23:55:59 ID:SpdvMYKA
- 一時間後位-

岡部「よし全員揃ったか?」

まゆり「フェリスちゃんはバイトで行けないって言ってたよー?」

岡部「フッ……フェイリスめ、戦いを前にしてにg「黙れ厨二病」

紅莉栖「それより急に呼び出して何の用事?」

紅莉栖「こっちは忙しいのに無理して来てるんだから変なことだったら承知しないわよ」

岡部「そうなのか助手ゥ~?にしてては一番始めにラボに来たのはお前だったじゃないか 」

岡部「そもそもなんでまだ日本に居るんだ?休暇は夏休みが終わるまでではなかったのか?」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:00:03 ID:omHsevZ2
紅莉栖「ぅ……うるさい!!べ……別にあんたと離れるのが嫌で休暇延長してもらったんじゃないからな!!」

紅莉栖「たまたま休暇が延長してだから仕方なく来てやってるだけなんだからな!!」

岡部「そ……そうかそれはよかったな」

岡部(何言ってんだこいつ)

ダル(ツンデレ乙)

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:07:24 ID:rzPQyw36
岡部「あーゴホン……それで諸君に集まってもらったのは他ではない」

岡部「貴様らにはこれをやってもらう!」ホワイトボードタタク

ルカ「でばいんげーと?」

岡部「ディバインゲートだ」

紅莉栖「何よゲームやらせるためにわざわざ呼び出したの?」

岡部「確かにやらせはする」

岡部「しかしこのゲームをやらねばならぬ理由がある!」

紅莉栖「厨二乙」

岡部「けして厨二病などではない!!俺達はこのゲームに登場するのだぞ!」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:20:43 ID:As1yXdfY
まゆり「まゆしぃ達がゲームにでるのー?」

ルカ「えっとそんなぁ……恥ずかしいです

萌郁「…………」カチカチカチ

岡部「メール?」ピロピロピロリン

ねぇゲームってどういうこと?どんなゲーム(°°)?まさかエッチなやつじゃないよね(>_<)だったらお姉さん怒っちゃうぞ∈(°△°)ホワチャー

岡部「別にエッチなやつじゃないから安心しろ」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 00:43:08 ID:bIPH7WCo
岡部「いわゆるソーシャルゲームという奴だ……ただまだどんなゲームかはわからない」

岡部「だからこそ俺達が実際にプレイしなければならないのである!」

紅莉栖「なるほど一理ある」

ルカ「ホントにやってみないとわからないことってありますからね」

紅莉栖「まぁ……やってみても良いんじゃない?どうまゆりは」

まゆり「まゆしぃはねぇ既にやってるのです」

岡部「なに!?」

紅莉栖「あれ?これやる意味ないんじゃない?」

まゆり「でもねぇまゆしぃは皆にもやってほしいなっておもうんだ」

岡部「そ……そうだぞクリスティーナ!やらなければわからないこともあるんだぞ!」

紅莉栖「ハイハイわかったわかった」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:18:03 ID:SnPc/mWw
岡部「ならば早速インストールだ」

ダル「おk」

ルカ「わかりました」

萌郁「……岡部君」ツンツン

岡部「ん?どうした指圧師?」

萌郁「……スマホ……持ってない」

岡部「……なん……だと」

ダル「あ、大丈夫うちにタブレットあるからそれ使っていいよ」

岡部「……だそうだ。貸してもらえ」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:52:58 ID:M0ekDn5E
萌郁「……ありがとう」

紅莉栖「あれ?」

岡部「今度は何だ?」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:54:08 ID:M0ekDn5E
紅莉栖「そのディバインゲートが見つからないんだけど?」

紅莉栖「ホントにあるの?」

ダル「あ、牧瀬氏それiPhone?」

紅莉栖「そうだけど?」

ダル「iOS版はまだサービス開始してないお」

紅莉栖「え?」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 17:54:53 ID:M0ekDn5E
ダル「だから牧瀬氏はやらなくてもいいお」

岡部「……そうだなできないものは仕方がない」

岡部「助手も乗り気ではなかったようだs紅莉栖「ちょっと待った!」

紅莉栖「Androidならできるのよね!?」

紅莉栖「ホテルにタブレットあるからとってくる!」ダダダダダ

岡部「……なんだやりたかったんじゃないか」

ダル「そこは言わない方がいいと思われる」

(※iOS版はもうやれるようになってます)

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:00:50 ID:vuFjCyQU
岡部「オペレーション・ロキ発動!!」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 19:05:07 ID:vuFjCyQU
- インストールした後-

まゆり「つまりね同じ色のパネルを揃えて相手に攻撃するんだよー」

岡部「なるほど、思考よりは反射を求められる……ということか」

ルカ「このチュートリアル解りづらいです……」

萌郁「……不親切

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:19:54 ID:2NB5IUAE
岡部「全員チュートリアルを終えたようだな」

ダル「次はレアスクラッチだお」

紅莉栖「パズドラのレアガチャみたいなものね」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:30:22 ID:mZI6ptG.
ダル「カモン!!強いやつ!!」ポチッ バシッ キラリーン

ドリルアーム ☆3

ダル「ロボットだお!かっこいいお!」

岡部「いやそれ☆3って弱いんじゃ」

ダル「それは言わない約束だお」

ルカ「いいの来たらうれしいです」ポチッ バシッ キラリーン

ルカ「あっ……金色です」

ワルキューレ ☆4

ルカ「わぁ……かわいいのがきましたよ岡部さん!」

ダル「そっちのがいいお!ルカ氏交換して下さいお願いします」

ルカ「え……嫌ですよう」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:38:54 ID:Ka7VDn7.
岡部「お前たちうるさいぞ!今からこの鳳凰院凶真がこのスクラッチを引くのだ」

岡部「唸れ!!我が封印されし右腕よ!!」ポチッ バシッ キラリーン

萌郁「……虹色」

ウロボロス ☆5

岡部「フゥーハッハッハ見たか貴様ら!これが鳳凰院凶真の力だ!」

まゆり「でもねぇオカリン。これあまり強くないやつだよー」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 20:50:40 ID:/K7F5cKg
最初のスクラッチからは闇光無は出なゲフンゲフン

貴重な、というか唯一のディバゲSSだし支援せざるを得ない

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:11:49 ID:Hp3Rvvzs
岡部「……何」

まゆり「一番強いのはねー私の持ってるウンディーネちゃんみたいな☆5の精霊なんだよ」

まゆり「他にはー?ほら!萌郁さんがいま当てた子とか」

岡部「なに!?見せてみろ指圧師!」

萌郁「……これ」

シルフ ☆5

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:21:42 ID:kQgtLQyI
萌郁「……」カチカチカチ

岡部「」ピロピロピロリン

へぇーこれ強いやつなのね(゜ロ゜)そんなのがいきなり当たるなんて私って実は運良い!?(^^)v岡部くんもレアなやつなんでしょ?まぁ私には及ばないけど(°∀°)ニヤッ

岡部「」イラッ★

岡部「……おい指圧師……調子にのr紅莉栖「着いたー!!」

岡部「お、おお紅莉栖早かったな」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 21:39:23 ID:yxR5ehW6
紅莉栖「全速力で来たしねって……今名前で呼んだ?」

岡部「知るか!それより早くしろもう全員始めたぞ」

紅莉栖「えぇー始めちゃったの?待っててくれれば良いのに」

岡部「つべこべ言うな!」

ダル(ごまかしたな)

ルカ(ごまかしましたね)

まゆり「ごまかすのはだめだよオカリン?」

岡部「なななな何がだ何もごまかしてなどおらんぞ?!」

萌郁「……ごまかしダメゼッタイ」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 23:29:10 ID:1fCrhrG2
- 紅莉栖のチュートリアルが終わって-

紅莉栖「次はスクラッチを引けば良いのね」

紅莉栖「ここよっ!!」ポチッ バシッ キラリーン
(※実際はどこを押しても変わりません)

岡部「ふふっどうだ紅莉栖良いのはでたか?」

岡部「所詮貴様のことだからしょうm紅莉栖「虹色キターー!!」

岡部「な……何どうせお前も俺とおnまゆり「オオーすごーいイフリートだよー妖精さんだよー」

岡部「」

ダル「ドンマイ」

岡部「うるしゃい!!」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/25(月) 23:34:46 ID:1fCrhrG2
そんなこんなでディバゲを始めたラボメン達は、まゆりに勧められて既に始めていたフェイリスを加え、様々な困難を乗り越え強くなって行った。
そしてシュタインズゲートコラボの始まる前日-

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 06:01:07 ID:Cd/uN2IQ
岡部「食らえ!!ヴァニティバースト!」ズダン ブワン クエストクリア

ダル「……多分オカリン位だおウロボロスで無理矢理進めてるのは」


まゆり「オカリンも精霊さん使えば良いのに」

岡部「フッ、精霊?笑止。」

岡部「真の強者は何を使おうと勝利するのだよ!」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 19:59:02 ID:oWqyC05Q
紅莉栖「それよりも明日からね、シュタゲコラボ」

フェイリス「楽しみだニャン♪」

ダル「それよりさーオカリン」

ダル「何で事前に情報見るのはダメなんだお?」

岡部「それはもちろん期待を限界まで溜め込むことによって普段よりも高いパフォーマンスを発揮するためだ」

ダル「いやそんな準備いらんでしょ」

岡部「それよりコラボ開始は明日の午前11時。」

岡部「平日の昼間だからラボに集まることこそ出来ないが各員入念な準備の上で望むこと。いいな」

紅莉栖「ハイハイわかったわよ」

ダル「オーキードーキー!」

ルカ「が……がんばります」

まゆり「まゆしぃはフルパワーでがんばるのです

フェイリス「私のウィルウィスプが火を噴くニャー」

萌郁「……了解」

岡部「では各員明日に備えて本日は解散!」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 20:00:02 ID:oWqyC05Q
- そして冒頭にもどる-

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 20:04:44 ID:oWqyC05Q
岡部(俺達はコラボ開始と共に戦いへと身を投じていった)

岡部(次々と現れる自分達の姿に歓喜し感動した)

岡部(その興奮も冷める頃合い俺達は気付いた)

岡部(何かが足りない)

岡部(そう……それは……)

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 20:11:02 ID:YU3JJnGs
岡部「何で……萌郁がいないんだ……」

岡部(萌郁がいない)

岡部(そのことに気付いた俺達はその意味を分かっていなかった)

岡部(初めは俺やダルと同じ様にゲリラボスとしての登場なのだと思った)

岡部(しかし俺達と違いいつまでたっても出ることのない萌郁に痺れを切らし)

岡部(俺はネットでの調査を命じた)

岡部(その結果が……)

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 20:16:31 ID:dmUvYzxY
ルカ「……ありえません」

まゆり「ひどいよ……こんなのってないよ」

紅莉栖「何で萌郁さんだけコラボに出られないのよ!!」

岡部(萌郁のみコラボに出ていないということだ)

ダル「ありえないお!ラボメンを一人だけハブるなんて!絶許だお!」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/26(火) 21:00:38 ID:UqCdJTZo
萌郁「……仕方ないのよ」

萌郁「……私に需要なんて……」

岡部「ふざけるな!!」

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 21:16:03 ID:3nYLKnKA
岡部「こんな理不尽が!!あってたまるか!!」

岡部「俺達は仲間だ!!」

岡部「それを一人だけ訳のわからん理由で虐げることなど」

岡部「俺は認めん!!」

紅莉栖「でもそんなこと言ってもどうしようも……」

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 21:25:25 ID:ivlHdMrY
岡部「……Dメールを使う」

ラボメン勢「……!」

ダル「確かにそれなら」

ルカ「今を変えられます!」

紅莉栖「でも誰にメールを送るの?」

紅莉栖「私達に送っても意味が無いのよ」

岡部「ダル!ガンホーとアクワイアのお偉いさんのメアドを調べられるか?」

紅莉栖「なるほどそれならコラボの内容を変えることも可能かもも……?!」

ダル「オーキードーキー!」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 21:35:25 ID:sA.1spV6
- 一時間後位-

ダル「イェェエス!」

岡部「出来たか!」

ダル「まさにパーペキ!これがガンホーでこっちがアクワイアね」

紅莉栖「電話レンジも準備できてるわよ」

萌郁「……岡部くん」

萌郁「……ありがとう」

岡部「礼などいらん」

岡部「お前はラボメンだ」

岡部「これぐらいやるのは当たり前だ」

ダル「オカリンそろそろ行くよ」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 21:48:48 ID:Lzq01XzQ
岡部「送る文面は『シュタゲコラボに萌郁がいないと失敗』でいいな?」

紅莉栖「問題無いわ」

ダル「送信時間は約2ヶ月前の1500時間前」

紅莉栖「つまり1500秒に設定ね」

岡部「……よし」

岡部「では行くぞ……D メール送信!」ピ

皆「……………………………………………」

紅莉栖「……変わったの?」

岡部「ぬゎーぜ何も起きん!何がダメなのだ!!」

まゆり「あのねオカリン」

岡部「どうしたまゆり」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 21:50:01 ID:Lzq01XzQ
まゆり「コラボの内容考える人は一番偉い人じゃないと思うのです」

岡部「……あ」

萌郁「……それもそう」

フェイリス「凶真の早とちりニャン」

岡部「くっ……ダル!」

ダル「もうやってるお」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 21:54:04 ID:Lzq01XzQ
- 30分後-

ダル「楽勝だったお」

ダル「テキトーにコラボの内容を考えてそうな奴のを無差別に集めてきたお」

岡部「よし次こそは成功させる」

岡部「D メール送信!」

グニャーン

ギューン シュピーン

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/27(水) 22:01:00 ID:oDdtHYfc
岡部「……んっと」

岡部「これだけは何度やっても慣れんな」

岡部「世界線は変動した……」

岡部「ダル!ディバゲのシュタゲコラボはどうなった?」

ダル「オカリン?ディバゲとかコラボとかなにいきなり意味わからんこと言い出すの?いつものことだが」

岡部「……は?」

岡部(なんだこの口振りはまるでディバゲのことを知らないような……)

岡部(まさか!)

岡部「紅莉栖!!」

紅莉栖「なにyって今名前で呼ばなk」

岡部「ディバインゲートという言葉に聞き覚えはないか?」

紅莉栖「なにそれ新手の厨2病?」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 18:35:28 ID:DKSdkaPs
紅莉栖「ねぇそれよr」

岡部「まゆりはどこにいる?」

ダル「まゆ氏ならバイトじゃね?」

岡部「そうか……少し出掛けてくる」

紅莉栖「ちょっと岡部ー!」

紅莉栖「……むぅ」

ダル「どwんwまwいwwww」

紅莉栖「うっさい!」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 18:40:32 ID:E1A6IyWk
岡部(紅莉栖達はディバゲを知らなかった)

岡部(これはディバゲをやっていないということに直結している)

岡部(問題はやらないのかやれないのかということだ)

岡部(バタフライエフェクトによってディバインゲート自体がなくなっている可能性もあるのだ)

岡部「着いたか」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 19:44:45 ID:DKSdkaPs
- メイクイーン・ニャンニャン-

岡部「まゆりは居るか?」

まゆり「あ、オカリン」

フェイリス「どうしたのニャ凶真?」

岡部「ディバインゲートという言葉に聞き覚えはないか?」

まゆり「ディバインゲート?まゆりが今やってるゲームのことー?」

岡部「……!そうか」

フェイリス「凶真は何か頼むのかニャ?」

岡部「いや少し急ぐからな。すまん」

フェイリス「またきてニャ」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 19:50:56 ID:DKSdkaPs
岡部「今戻った」

紅莉栖「あ!岡部!さっきのh」

岡部「すまない後でいいか?」

岡部「ダル!ガンホーとアクワイアにハッキングをかけてくれないか?」

ダル「は?!オカリンいきなり何を言い出すの?」

岡部「……頼む」

ダル「……後でメイクイーン・ニャンニャンで何か奢れよな」

ダル「それで何を調べるんだ」

岡部「ディバインゲートというゲームがある」

岡部「それについて調べればおそらく……」

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/28(木) 20:13:16 ID:qZtjoyl.
ダル「わかったお」

紅莉栖「調べてどうするのよ?」

岡部「調べれば分かる」

紅莉栖「あとさっきn」

岡部「さぁーて!俺も少しやることがあるからなぁ!」スタスタスタ

紅莉栖「」

紅莉栖「グスン」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 13:26:33 ID:NuFdi5VU
岡部(俺のスマホの中にはディバゲはインストールされていなかった)

岡部(アンインストールされた形跡も無いようだ)

岡部(攻略サイトにも変わりはない)

岡部(俺達のコラボが無くなっているということ以外)

岡部(まだ確定はしていないがおそらくあのDメールによって変わったことは)

岡部(シュタゲコラボが無くなったということだ)

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 13:32:05 ID:p4aOfB..
岡部(俺のスマホにディバゲが入っていないのもダルと紅莉栖がディバゲを知らないのもこれが原因だろう)

岡部(俺達はシュタゲコラボが行われるからディバゲを始めたのだ)

岡部(シュタゲコラボが『無くなった』のなら始めていないのもおかしくはない)

岡部(問題はなぜ無くなったのかということ)

岡部(これが分からなければ萌郁をコラボに出すことはおそらくできない)

岡部(原因を突き止めなければ……!)

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 22:14:10 ID:FpKuIQjI
ダル「なんぞこれ!」

紅莉栖「どうしたの橋田?」

ダル「ディバインゲートについて漁ってたらこんなのが出てきたお」

っ『ディバゲ×シュタゲコラボについて』

紅莉栖「……!これは」

岡部(コラボ自体は存在していたのか)

ダル「でもこれ廃案になってるお」

紅莉栖「どうして?」

岡部「ダル調べられるか?」

ダル「ちょいまち……よし」

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 22:09:16 ID:R1YSH9Rg
『ディバゲ×シュタゲコラボレーションについて』

今回ガンホー×アクワイアき共同制作である『ディバインゲート』の企画の一つとして11月28日発売予定の『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』から STEINS;GATEとのコラボレーションを発案した。
当初前記の『線形拘束のフェノグラム』の発売予定日である11月28日から開始を予定していたが急遽前倒しに開始する事に決定した。
今回登場するキャラクターは劇中に登場する『ラボメン』、また道中の敵ユニット、進化素材としてマスコット的キャラクターの『うーぱ』とする。
しかし一つのダンジョンないで出現させられるステージは5つの為、ステージでのボスの選定を行うことになる。

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 22:20:16 ID:R1YSH9Rg
ステージでのボスは女性キャラにすることにしたが女性キャラは計六名。その為唯一劇中でヒールとし登場し、また 『STEINS;GATE』本編において個別エンディングのない『桐生萌郁』をステージボスで登場させないことが決定する。
その為ゲリラボスとしての出現を予定していたが一名のみ女性キャラだということに対する否定意見が多数存在したため『桐生萌郁』の実装を見送ることが確定する
が、開発スタッフの1人がそれを断固として拒否。それに追随する者も現れ内部分裂の状態となってしまう。
その為今回の『ディバゲ×シュタゲコラボ』の企画を凍結することが本日決定した。

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:36:02 ID:IMpb1XG.
紅莉栖「長い三行で」

岡部「萌郁出さない
萌郁必要
内部分裂」

紅莉栖「把握」

ダル「でも何でオカリンはディバゲを調べさせたんだ?」

ダル「コラボが企画されてたことを知ってたのかお?」

岡部「……お前たちには話しておくべきだな」

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:41:28 ID:zv5lgQEw
俺は話した。自分が別の世界線から来たことを。そこではディバゲ×シュタゲコラボが行われていたことを。……そして萌郁がそのコラボに
出られなかったことを。

紅莉栖「それでDメールで過去改変使用としたわけね」

岡部「結果は見事に失敗したがな」

ダル「次はどうするつもりなんだお」

岡部「まずは送信したDメールをキャンセルし元の世界線へ戻る」

岡部「その上で他のスタッフに同じ内容のDメールを送る……しらみつぶしにだ」

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 22:48:24 ID:0EtztmHc
ダル「……オカリン」

紅莉栖「…………」

岡部「ふっ……そんな顔をするな」

岡部「必ず野望は達成してみせる!」

岡部「なぜならこの私は!鳳凰院凶真なのだからな!!フッーハッハッハッ!」

紅莉栖「……岡部」

紅莉栖「無茶はしないで」

岡部「……紅莉栖」

紅莉栖「あと私のこと名前で呼んだ件にt」

岡部「さぁダル!早速準備だ!」

紅莉栖「……チッ」

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 21:10:16 ID:2xkeWQr6
ダル「で、どこにDメールを送るんだお?」

岡部「え?お前が調べてたじゃないか」

ダル「それは他の世界線の僕だお」

岡部「あ、そうだった」

岡部「送信履歴にのってるはず……」

紅莉栖「いやこの世界線では送ってないからないでしょ?」

岡部「」

岡部「そうだった……どうすれば」

ダル「仕方ないしもっかいハッキングするお」

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 21:18:25 ID:12r5itQo
- 一時間後-

ダル「これで準備完了だお」

岡部「……すまんな 」

ダル「気にすんなよ相棒」キリッ

紅莉栖「岡部……」

岡部「どうした紅莉栖」

紅莉栖「向こうの私も名前で呼んであげて欲しい」

岡部「………………」

紅莉栖「……よし!じゃあ行っといで!」

岡部「…………あぁ」

ダル「じゃあ、Dメール……」

岡部「送信!」

グニャーン

ギューン シュピーン

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 21:24:45 ID:VgeJIe.U
岡部「……っ

岡部(俺は戻ってこれたのか?)

岡部「紅莉栖ディバゲについてはどうなっている」

紅莉栖「いやだからDメール送るために頑張ってるんじゃないって」

紅莉栖「いいいい今名前でよばなかった?」

岡部「悪いか?」

紅莉栖「べべべ、別に悪くないけど……」

紅莉栖「いきなり言われると心の準備というか……///」

岡部「紅莉栖、話がある」

紅莉栖「話って……?」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 21:28:35 ID:VgeJIe.U
紅莉栖(!!!)

紅莉栖(まさか告白!)

紅莉栖(いいいいいやまさかそんなはずは……)

紅莉栖(でも名前で呼ばれたばかりだし……)

紅莉栖(今日どんなパンツだったっけ?)

岡部「実は俺は他の世界線へと行ってきたんだ」

紅莉栖「よろしくお願いします……///」

岡部「え?」

紅莉栖「え?」

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 21:33:34 ID:wZBmlryM
岡部「どうした助手よ何か顔も赤いし」

紅莉栖「え……?」シュン

紅莉栖(分かってたもん告白じゃないってわかってもん)

紅莉栖(てか何でパンツ何か気にしてんのよ私はHENTAIか!)

岡部「おーいクリスティーナ~?」

紅莉栖「ティーナってつけるな!」

紅莉栖「そんなことより他の世界線ってどういうこと?」

岡部「それはな……」

カクカクシガジカ

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 21:40:35 ID:1rnNR6C6
紅莉栖「なるほどコラボ自体がなくなってしまったと」

岡部「あぁ……」

紅莉栖「それだとしらみつぶしにしても成功する可能性は低そうね」

岡部「何故だ?」

紅莉栖「賛同者はかなりいたみたいでしょう、内部分裂する程には」

岡部「ああ」

紅莉栖「そこで賛同した人に送ったところで結末は同じになる可能性が高いわ」

岡部「……反対した者に送れば」

紅莉栖「そんな人に送ったところで無視されるのがオチでしょうね」

紅莉栖「もっと確実な方法を模索するべきね」

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 21:46:46 ID:yBV6Ozwo
岡部「一体どうすれば」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「ねえ?確かコラボは元々もっと遅い時期に行われるはずだったのよね?」

岡部「線形拘束のフェノグラムVITA版発売に合わせる予定だったらしい」

紅莉栖「……萌郁さんを出せるかもしれない」

岡部「何だと」

紅莉栖「確実とは言えない……それでも可能性はある」

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 22:47:14 ID:.BIxvq9g
紅莉栖「もう一度コラボを開催させる」

紅莉栖「今度は線形拘束のフェノグラムが発売される時に」

岡部「そんなことは可能なのか?」

紅莉栖「可能性は低いと思う」

紅莉栖「それでもしらみつぶしにやってみるよりは……」

岡部「分かったやってみよう」

紅莉栖「自分で言っといて何だけど本当に良いの」

紅莉栖「成功しない確率のほうが高いと思うわよ」

岡部「俺はなんだってやってみせるさ」

岡部「それにお前のことは信じてるしな紅莉栖」

紅莉栖「……バカ」

岡部「失敗してもタイムリープマシンがあるしな」

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/02(月) 22:54:12 ID:.BIxvq9g
岡部「で?」

紅莉栖「……で?」

岡部「いやだからどうすればもう一度コラボが行われるんだ?」

紅莉栖「……それは今から考える」

岡部「……天才じゃなかったのか?」

紅莉栖「うるさい黙れ」

岡部「全くそんなんだからhHENTAI しょj」

紅莉栖「それ以上言うなら脳に電極ぶっ刺すわよ」

岡部「ワークリスサンハカシコイナー」

紅莉栖「とりあえず皆もよびましょう?」

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/03(火) 18:26:19 ID:pdGAq/us
-30分後-

岡部「と、いう訳で」

岡部「お前たちにはもう一度コラボを起こす方法を考えてもらいたい」

ダル「そんなの簡単だお」

紅莉栖「……一応聞いといてあげるけど」

ダル「お偉いさんの子供を人質にとってコラボを開催して桐生氏を追加して身代金払えば解放してやるっていってやればよくね?」

紅莉栖「は・し・だ」

紅莉栖「なんボルト位流されたい?」ニコォ

ダル「むしろご褒美です」キリッ

まゆり「でもどうするの?」

82: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 09:05:06 ID:e6oxnLNo
岡部「考え方を変えるべきかもな」

ルカ「?」

岡部「俺達は今運営にコラボを無理矢理やらせるようとしている」

岡部「向こうが自発的にもう一度コラボを開催させることはできないのか?」

紅莉栖「それには向こうがどうしたらコラボをやりたくなるかを考えるべきね」

フェイリス「たくさん儲かればもう一度やるんじゃない?」

岡部「いや俺達のコラボは開催期間が長い」

岡部「粘れば割りと楽に全てのユニットを揃えることができる」

岡部「チップを使わずともな」

83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 09:11:43 ID:YVnLNhIE
まゆり「シュタインズゲートのほうが売れるかもよ」

岡部「いやそれもないだろう」

岡部「いくら>>1がこのコラボでシュタゲを買ったといっても」

岡部「ディバゲ自体は百万ダウンロードを突破したばかり」

岡部「しかもその全員が継続してディバゲをプレイしている訳ではない」

岡部「そしてその中の何人がコラボによってシュタゲを買うのかはわからない……」

岡部「しかしそこまでの販促効果が得られる訳ではないと思う」

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 20:40:31 ID:e1oyJ0e.
ダル「逆に評判が悪ければ……」

紅莉栖「評判が悪いものを繰り返してやるか?」

岡部「……いやそれは妙案かもしれん」

ダル「え?」

紅莉栖「そうかしら?」

岡部「確かに評判が悪ければ繰り返してやるとは思えん」

岡部「しかしもう一度やることでそれが覆るならどうだ?」

紅莉栖「どういうことよ」

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 20:53:13 ID:Sok8WWwo
岡部「2ちゃんや攻略サイトの掲示板で書き込むんだ

岡部「『桐生萌郁を追加してもう一度やれば良いコラボなのに』ってな」

紅莉栖「そんなんで本当にできるの?」

岡部「向こうもユーザーの意見は重視するはずだ

岡部「ましてやディバゲは発展途上だ」

岡部「それとも他に案があるのか?」

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/04(水) 22:45:36 ID:EZX3pAA.
岡部「失敗してもタイムリープマシンを使えば良いしな」

紅莉栖「……分かったやってみましょう」

岡部「……よし全員作戦開始だ」

88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/05(木) 20:49:42 ID:Ipkxsz62
それから俺達は3週間の間ひたすらに書き込んでいった。『桐生萌郁を登場させろ』と。ネラーである俺やダル、紅莉栖はもちろんのことこういうことに慣れていないであろうまゆりやルカ子も頑張ってくれた。
フェイリスは何故か手慣れていたがどうしてだろうな。
そして当事者である萌郁も自らの登場を願った。もちろんメールでのテンションでだ。
そして3週間後-

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/05(木) 22:36:21 ID:agGOtXi6
紅莉栖「……コラボ終わったわね」

岡部「……あぁ」

紅莉栖「どうなったのかしら」

岡部「さぁな」

岡部「やれることはやった。後は待つだけさ」

紅莉栖「少し寝るわお休み」

岡部「お休み」

萌郁「……岡部くん」

岡部「どうした指圧師」

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/05(木) 22:38:32 ID:agGOtXi6
萌郁「……もし……失敗しても……大丈夫だから」

萌郁「だから……過去に戻るのはやめて」

萌郁「私……岡部くんに無茶は……してほしくない」

岡部「……」

岡部「ありがとうな萌郁」

岡部「でも大丈夫だ」

岡部「絶対に成功しているさ」

岡部「お前だけ出ることのできないなんてことあり得ないしな」

91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/05(木) 22:41:52 ID:agGOtXi6
岡部「だから安心しろ」

岡部「こちとら狂気のマァァッドスァイウェンティストなんだからな!!」

萌郁「フフッ」

萌郁「……分かった」

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 06:38:14 ID:wP1.XKBE
- しばらくして-

ダル「オカリンオカリ~ン!!」

岡部「どうしたダルよそんなに慌てて」

紅莉栖「なんかあったの?」

ダル「シュタゲコラボの復活が決定したお!」

ダル「桐生氏も登場するみたいだお!」

ラボメン一同「………………」

ダル「皆?」

岡部「……それは本当か?」

ダル「マジだ」


岡部「……ハハハっ……やったんだな俺達」

紅莉栖「よっしゃあ!!」

\ワーイワーイ/

93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 06:42:57 ID:LI93xJXA
岡部「それでいつから何だ?」

ダル「やっぱり11月28日からみたいだお」

岡部「よしお前達!」

岡部「今回も平日だから全員集まることはできない」

岡部「」かし各々全力でこれに取りかかること!いいな!

ラボメン一同「おー!」

94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 06:46:21 ID:eqKS3bRU
こうして俺達は再びのシュタゲコラボに身を投じた。前回のコラボで取り逃した者(主に紅莉栖)や萌郁をを入手するために皆全力をつくしている。
そしてコラボが始まり数日後。

95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 06:50:55 ID:1wlvTd0g
岡部「……」ポチッ ペラッ

岡部「」ウーパウーパメタルウーパ

岡部「ぬわぁーぜ指圧師がでないのだ!!」

紅莉栖「あんたまだ萌郁さんとれてないの?」

岡部「うるさい!これでも全力で回してるんだ!」

岡部「もし出てきて落ちなければリトライだってするつもりだ!

岡部「だが出なければ何もできないではないか!」

96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 08:25:16 ID:cLCCEzhQ
紅莉栖「ゴホン……それより岡部」

岡部「どうした?クリスティーナ」

紅莉栖「私、というより私達から頼みがあるんだけど」

岡部「私達?」

フェイリス「そうにゃ」

まゆり「そうだよオカリン」

ルカ子「ごめんなさいおk……凶真さん」

97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 09:53:56 ID:T4IC/612
紅莉栖「知ってる岡部?私達が何て呼ばれてるか」

岡部「は?」

紅莉栖「産廃よ産廃!」

紅莉栖「いくら私達が使えないからって酷すぎるわよ」

岡部「そ……それがどうした」

岡部「何か頼みがあるんじゃないのか?」

紅莉栖「そうそうそれで岡部になのみたいのはね」

紅莉栖「私達が産廃って呼ばれないようにして欲しいの」

98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 10:00:09 ID:0uoX6Xx6
岡部「……」イヤナヨカン

紅莉栖「だからさ岡部Dメールでちゃちゃっと改h」

岡部「断る」

紅莉栖「なんでよ!」

岡部「うるさい!出られただけでよかったと思え!」

キョウマノケチー ゴメンナサイワタシハトメタンデスケド ナニヨージブンハツヨイカラッテ

岡部「残念だったな産廃ガールズ」

紅莉栖「よし潰す」

99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 10:05:27 ID:xAl5A3aA
マテオカベー キサマニツカマルホドマヌケデハナイワー

ギャーギャードタドタ

萌郁「……」ポチポチ

ピッ

岡部「ちょっ待て椅子はやめろやめてください」ピロピロリン

岡部「ん?」

萌郁「……岡部くん」

パカッ

──ありがとう

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/06(金) 10:05:57 ID:xAl5A3aA
終わり

103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/07(土) 02:05:10 ID:qp0EnS9.
お疲れ様ッス!確かにこれでディバゲ人口が増えたら嬉しいッスね!
次はディバゲキャラのSSですね←えっ?

104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/07(土) 02:11:51 ID:NiVf.iVE
紅莉栖は神級ボスにルカ子は王エッグに使えるが、フェイリスとまゆし~は・・・(´・ω・`)

「STEINS;GATE」オーディオシリーズ ☆ラボメンナンバー005☆桐生萌郁

新品価格
¥1,364から
(2013/12/7 17:43時点)


引用元: 岡部「何でこうなった……」ラボメン「………………」

[ 2013年12月07日 18:00 ] [二次創作 サ行]Steins;Gate | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。