ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [アイドルマスター]アイドルマスター >  P「真に監禁されてからというものの…」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

P「真に監禁されてからというものの…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:25:28 ID:BjDcTO7n0
真「まっこまっこりーん☆」

P(洗脳されそうでしにそう)


菊地真


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:28:48 ID:BjDcTO7n0
真「この新しいドレスはどうですか!?」

P「うーんとね…」

P「…その、ちょっと…」

真「ど・う・で・す・か・?」

P「うん!良く似合ってるぞ!!」

真「そうですよね!」

P(つらい)

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:33:06 ID:BjDcTO7n0
P「…なぁ、真…」

真「なんですか?」

P「その、さ。逃げないから縄をほどいてくれないか?」

真「嫌です」

P「…」

真「はい、あーん☆」

P「…あーん」

真「美味しいですか?」

P「…うん」

真「うふふっ」

P(うふふっておいおい…)

真「…何か言いました?」

P「気のせいだよははは!!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:44:47 ID:BjDcTO7n0
P「…ところで」

真「?」

P「なんで監禁なんか…したんだ?」

真「…プロデューサー、自分で考えてみてください」

P「と、言われてもなぁ…何か悪いことでもしたのか…?」

真「…逆ですよ」

P「…?」

真「…しばらくは考えてみてください」

P「…」

真「…分かったら解放しますよ。それまでは…ずっと、ボクと一緒です」

P「…」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:49:50 ID:BjDcTO7n0
P(…とりあえず、俺は真に何かした…というわけではないみたいだ)

P(さっき、真は逆とか言ってたな…)

P(…つまり何もしなかったからか?)

P(…なんだ?俺は何をしなかったからこうなった?)

真「プロデューサー、ご飯ですよ」

P「ん、あ、ああ…」

真「今日は和食を作ってみました!」

P「…あれ、どうしたんだ?その手の傷…」

真「あっ…ちょっと、包丁で」

P「大丈夫なのか?」

真「全然平気ですよ!」

P「そうか…ならいいんだが…」

真「じゃあ…はい、あーん」

P「あーん…」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:54:51 ID:BjDcTO7n0
真「どうですか?」

P「…うん。やっぱり美味いな」

真「本当ですか?」

P「ああ。嘘はつかないさ」

真「…へへっ///」

P「…ところで、さ。真」

真「なんですか?」

P「…俺、何をしなかったんだ?」

真「…それも自分で考えて下さい。プロデューサー」

P「…」

真「…ヒントは、ボクの言ったこと。ですよ」

P「…むぅ」

真「…とりあえず!まだ、1週間も経ってないんですからゆっくり考えてみてください」

P「…」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:00:53 ID:BjDcTO7n0
P(真が言ったこと、かぁ)

P(うーん…監禁する程な事って、なんだ?)

真「よいしょ…と」ドサッ

P「ん?」

真「あ、プロデューサー。これからはボクはプロデューサーの隣で寝ることにしましたから」

P「ちょ、おいおい…俺は縛られてるとはいえ、それは…」

真「プロデューサーとなら、構いませんから」

P「そ、そう…なのか?」

真「はい!」

P(うーむ…いいのか悪いのか…)

P(…良くはなさそうだな…)

真「さて…と。準備も出来ましたし、寝ましょうか、プロデューサー」

P「あ、ああ…」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:05:34 ID:BjDcTO7n0
P(…)

真「…スー…スー…」

P(アカン。寝れない)

P(隣って、本当に俺の隣かよ…)

真「…んん…ぅ…」ギュゥ

P(抱きしめはアカンっていやホンマに…)

P(いやいや自分のアイドルに欲情するわけにゃいかん…!!)

P(…それにしても、真って…いい匂い、するんだな…)

P(じゃないアカンってこれ。縛られていて良かったわ)

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:09:02 ID:BjDcTO7n0
真「ぷろ…でゅー…さぁ…」

P(…寝言かな?)

真「…すき…です……ずっと…ぷろ…でゅー…」

P「…」

P(…真)

真「…あ、あぁ…!ぷろでゅーさーが、おにぎりに、金色おにぎりに…!」

P(どんな夢見てるんだよおい)

P(…しかし、なぁ…)

P(…どうしたもんか)

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:20:14 ID:BjDcTO7n0
真「もう一週間も過ぎましたね」

P「もうそんなに経ったのか…」

真「…プロデューサー。分かりました?」

P「…」

真「…まぁ、分からないならここから出さないだけですから、考えて下さい」

P「…なぁ、真。縄はほどいてくれないか?」

真「でも…」

P「絶対に逃げない。だから…」

真「…分かりましたよ」

P「ふぅ…」

真「その代わり!ボクはここから出ません!」

P「…食べ物とかはどうするんだ?」

真「ここに持ち込めばいいだけですよ」

P「まぁ…そりゃそうだが」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:37:27 ID:BjDcTO7n0
P「カセットガスコンロに調理器具に食料やら水やら…でも少なくないか?」

真「無くなったら取りに行けばいいですし。部屋に鍵かけて」

P「まぁ…そうか」

真「さて、と。じゃあご飯作りますね」

P「…」

真「眠れない夜…この身を苛む煩悩…♪」

P「…しかし、さ」

真「っと…なんですか?」

P「いや、様になってるなぁ…とか」

真「そ、そうですか?」

P「本当だぞ?」

真「…も、もうっ…プロデューサーはすぐそうやって…」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:42:05 ID:BjDcTO7n0
P「…真」

真「次はなんですか?」

P「…正直さ、真がなんでこんな事したのか…分かってるんだ」

真「えっ…」

P「…真の気持ちだって分かってた」

P「だけどな…俺は立場上、アイドルに手を出すなんてことは…出来ない」

P「だから、曖昧なものにしてしまって…それで…」

真「…なーんだ。プロデューサー、分かってたんですね」

P「ああ」

真「…じゃあなんですぐに何も言わなかったんですか?」

P「…この生活も悪くないかな…なんて思ってるからか、な」

真「…それって?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:45:59 ID:BjDcTO7n0
P「…人目も気にせず、立場も気にせず…」

真「…?」

P「…真。どうして俺は大人しく監禁されてたと思う?」

真「どうしてって…」

P「普通なら、暴れたりするもんじゃないのか?」

真「言われてみると…そうですね」

P「…よっぽど相手を信頼してたり、してないとな」

真「…プロデューサー」

P「…つまり、だな。えぇと…」

真「…ボクはプロデューサーが好きです。それは、もう分かってますよね?」

P「…ああ」

真「じゃあ、プロデューサーはどうなんですか?」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:51:30 ID:BjDcTO7n0
P「…プロデューサーとしてはどうなのかは知らん」

P「だけどな…真のことは、最初会った時から気になってた」

P「それが…真をプロデュースする度に、段々とな…真の魅力にだな…」

P「…まぁぶっちゃけて言うと真のことを好きになってたんだよ!」

真「…他のアイドルと同じように?」

P「いや、真だけだ」

真「…本当ですか?」

P「本当だ!」

真「…プロデューサー!」

P「真…!!」

真「ボク…ボク、ずっと、ずっと…!」

P「…ごめんな、真…」

真「プロデューサー…!」

P「…ん?なんか、焦げた匂いが…するような…」

真「…え?…あ」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:57:36 ID:BjDcTO7n0
真「…ごめんなさい、プロデューサー」

P「いや、大丈夫だよ」

真「…でも、ボクが焦げてない方の魚もらっていいんですか?」

P「構わないさ」

真「…でも」

P「気にするなって。俺も悪かったしな…料理中にあんな話するなんて、な」

真「…でも、嬉しかったですよ?」

真「ボクと、プロデューサーは…両想いだって、分かって、えっと…」

P「…なぁ、真。提案があるんだ」

真「?」

P「もう1日か2日、俺を監禁してくれないか?」

真「え?」

P「…折角、両想いだって分かったのにさ。戻れば…立場上、表立って何かすることは出来ない」

真「…」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:03:22 ID:BjDcTO7n0
P「…どうだ?」

真「…もう、悪いプロデューサーですね」

P「ははは…いや、他のみんなにはすまないとは思うけど、な…」

真「…でも、嬉しいですよ。プロデューサー…」

P「真…」

真「…だけど、流石にこれ以上みんなに迷惑は…もう十分迷惑をかけてますし…」

P「…まぁ、な。無理と分かって言って見ただけだ」

真「…プロデューサー」

P「ん?」

真「…キスぐらいなら、出来ると…思いますよ!?」

P「お、おう!?、そ、そうだな!」

真「と、という、わけで!」

P「よ、よし!!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:05:09 ID:BjDcTO7n0
真「…」

P「…」

真「…えーっと…」

P「……真!」

真「は、はい!」

P「……好きだ、真」

真「……ボクも、です。プロデューサー」


チュ

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:09:29 ID:BjDcTO7n0
P「…思えば、そんな事もあったよな」

真「…懐かしいですね」

P「あの後、みんなから殺されかけたっけな…はは…」

真「死んでないし、まぁ、うん…大丈夫ですよプロデューサー!」

P「大丈夫だからここにいる」

真「…あ。そろそろ時間ですね」

P「おう!最後の…アイドルとしてのライブ、楽しんでこい!!」

真「はい!!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:16:12 ID:BjDcTO7n0
P「真、お疲れ」

真「あ、プロデューサー…」

P「…本当に、最高だった。最高のライブだったぞ」

真「…プロデューサー」

P「ん?」

真「…さみしい、です。アイドルとして…今までステージに立ってきて…それが、たった今、全部、終わったんですよね」

P「…そう、だな。俺も…さみしいさ」

真「…今まで、ありがとうございました。プロデューサー」

P「…今まで、お疲れ様、真」

P「真は、俺の知る中で…最高のアイドルだったぞ」

真「ありがとう、ございます…うっ…うう…!」

P「…今は泣いていいからな、真…」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:21:38 ID:BjDcTO7n0
P「もう大丈夫か?」

真「…はい、もう大丈夫です」

P「そっか…」

真「…プロデューサー。いえ、Pさん…」

真「…これからは、ボクと…ずっと一緒に、いて下さいね?」

P「…ああ。当たり前だ」

真「…Pさん!」

P「…真」

真「…Pさん、かぁ。なんか、変ですね」

P「すぐに慣れるさ。いつまでもプロデューサーじゃ変だしな」

真「…Pさん。好きです」

P「…俺も、好きだよ、真」



おわり

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:30:59 ID:sZeKRpLKO
素晴らしい乙

引用元: P「真に監禁されてからというものの…」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。