ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 カ行]艦隊これくしょん >  提督「……今日も鎮守府は静かだな」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

提督「……今日も鎮守府は静かだな」

※若干シリアス注意

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 22:51:05.40 ID:EZkaWVH+0


提督「……」カリカリ


提督「……」カリカリ


提督「……」カリカリ


提督「!……間違えた」


提督「…書き直すか」



猫吊るし


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 22:55:27.20 ID:EZkaWVH+0


提督「今日の書類は…」


提督「…交戦記録の整理と補給の確認か」


提督「………よしっ、艦娘達も頑張ってるんだ、俺も頑張らないと!」


提督「……」カリカリ


提督「……」カリカリ



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 22:58:14.03 ID:EZkaWVH+0


提督「……やっと書き終わった」


提督「腹減ったな、食堂にでも……外、暗いな……」


提督「もう深夜過ぎか…みんな寝てる……よな?」


提督「…おにぎりでも作るか」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:07:21.51 ID:EZkaWVH+0


提督「ご飯…は食べ切ったのか」


提督「新しく炊くか…?」


提督「いや、やめておこう。たかが俺一人のために火を起こすのはもったいない」


提督「……何か無いかな」


提督「お、蕎麦粉があるな…中力粉もあるし」


提督「久しぶりに蕎麦を打つか…親父の味には叶わないだろうけど」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:21:11.59 ID:EZkaWVH+0


提督「…まずは、ゆっくり均一に」


提督「……いい調子だ、うまく混ざってる」


提督「…水…水」


提督「……」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:24:42.04 ID:EZkaWVH+0


提督「出来た」ワーイ


提督「めんつゆ…めんつゆ……」


提督「切れかけてるな、上に頼んでおくか」


提督「……いただきます」


提督「……」ズルズル


提督「うまい」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:36:11.03 ID:EZkaWVH+0


猫吊るし「……」ジー


提督「お……エラー娘か」


猫吊るし「……」コクコク


猫吊るし「おなかへった」


提督「! ……お前喋れたのか」


猫吊るし「おなかへった」


提督「……蕎麦、食うか?」


猫吊るし「……」コクコク



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:42:43.54 ID:EZkaWVH+0


提督「……」ズルズル


猫吊るし「……」


提督「……」ズルズル


猫吊るし「…とどかない」


提督「……膝、乗るか?」


猫吊るし「……」コクコク


猫吊るし「……」タタタストン



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:45:58.82 ID:EZkaWVH+0


提督「……」


猫吊るし「……」ズルズル


提督「……」


猫吊るし「……」ズルズル


提督「…うまいか?」


猫吊るし「……」コクコク


提督「そっか」


提督「……お前は、いなくならないよな?」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:50:16.30 ID:EZkaWVH+0


猫吊るし「……?」


提督「……なんでもない、聞かなかった事にしてくれ」


猫吊るし「…ないてる?」


提督「泣いてなんかないさ、俺は平気だ」


猫吊るし「でも、つらそう」


提督「……大丈夫だ、俺は辛くなんかない」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/04(水) 23:56:22.30 ID:EZkaWVH+0


猫吊るし「……」ジャアネー


提督「おう、早く寝るんだぞ」


提督「……」


提督「人がいないとこうも静かなものなのか、ここは」


提督「…いや、ここもと言った方がいいのか」


提督「……今日も鎮守府は静かだな」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:00:59.69 ID:gb909pZT0


提督「……俺も寝るか」


提督「……」


提督「………寝れないな」


提督「寝れない夜、夜戦……そう言えば川内は夜戦が得意だったっけ?」


提督「……懐かしいな、あの頃が」


提督「……」


提督「何やってんだ俺は…兵器に感情移入なんかしてどうする」


提督「お国の為だ……」


提督「仕方が無い、事だったんだ」



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:07:22.18 ID:gb909pZT0


提督「分かってただろ」


提督「勝つ為なんだ、仕方が無い事だったんだ」


提督「どの道戦争が終わればあいつらは解体される運命だったんだ、だから気にしなくったって良いんだ」


提督「勝つ為なんだ、勝たなきゃ意味が無いんだよ」


提督「あいつらが言ってただろ…自分達は戦う為に、勝つ為に、生まれて来たのだと」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:10:17.12 ID:gb909pZT0


提督「マルゴマルマル、起床」


提督「……朝の見回りに行くか」


提督「…紅茶、入れてくか」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:12:09.40 ID:gb909pZT0


提督「……異常なし」


提督「……こっちも異常なし」


提督「……どこにも異常は無いな」


提督「ついでに人もいないけどな…なーんて」


提督「……」


提督「戻ろう」



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:15:41.63 ID:gb909pZT0


提督「ただいま」


提督「……晴天か」


提督「……視界良好、敵船の反応は無し」


提督「さて、書類を片付けるか」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:16:58.60 ID:gb909pZT0


提督「……」カリカリ


提督「……」カリカリ


提督「……」カリカリ


提督「……」


提督「……」 カリカリ




25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:20:28.66 ID:gb909pZT0


提督「……艦娘建造の依頼」


提督「……」


提督「受けるか…? 資材は有り余ってるし」


提督「……」


提督「後で考えるか」



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:25:29.63 ID:gb909pZT0


提督「……」カリカリ


提督「もう昼か、朝飯食い忘れたな」


提督「納豆かけご飯でも食うか、たしか納豆はあっただろ」


提督「紅茶……茶葉がもうすぐ無くなるな」


提督「昔飲んでた緑茶出すか…」


ーー「テートク、紅茶が飲みたいネー」ーー


提督「……紅茶の茶葉、買ってくるか」



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:32:43.11 ID:gb909pZT0


提督「……」モグモグ


提督「……」ズズー


提督「うん、納豆と紅茶を一緒に食うとまずい」


提督「……金剛はいつもこんなの食ってたのか」


提督「ごめんな、金剛。もっとうまいもの食わせてやれば良かったのに」


提督「……」


提督「冷めちまったな、紅茶」



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:37:08.96 ID:gb909pZT0


提督「沸かし直すか」


提督「……」


提督「……」


提督「沸いたかみたいだな」


提督「ポットに入れて…あつっ」パリーン


提督「!」


提督「……割れて…しまった」


提督「ごめん……ごめんなさい…」


提督「ごめんな、金剛……っ」



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 00:44:23.90 ID:gb909pZT0


提督「破片、片付けないと…」


提督「……」


提督「片付けるって、何のためにだ…?」


提督「俺以外、ここに人はいないんだ」


提督「……片付ける意味なんて無いじゃないか」



40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 01:13:29.70 ID:gb909pZT0


提督「……」


提督「……まだか」


提督「……」


提督「バケツ…使おうかな」


提督「いや、でも……」


提督「…書類整理するか」



41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 01:25:48.03 ID:gb909pZT0


提督「……」カリカリ


提督「……」カリカリ


提督「……」カリカリ


提督「……!」


提督「フタフタイチマル…時間だ」



42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 01:45:11.77 ID:gb909pZT0


元帥「すまない、少し遅れたか…いつもご苦労」


提督「……いえ、この程度どうってことありません」


元帥「君の下への指示はあいかわらず完璧だ…流石だな」


提督「お褒めに預かり恐縮です」


元帥「私も君を選んで正解だと思っている、周りからの評価も良い…鼻が高いよ」


提督「そうですか」



49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 22:37:56.07 ID:gb909pZT0


元帥「……そうだ一ついう事があった」


提督「……この書類は?」


元帥「艦娘解体の件だ皆にも伝えて置いてくれ」


提督「……」


元帥「この頃は深海棲艦達もあまり見かけなくなったしな…我々は少数の艦娘以外の解体を決定した」


元帥「個人で扱える兵器としてはあの武装は危険すぎる…それに、あの娘達にも死ぬまであんな事をさせるわけにはいかんだろう」



50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 22:43:00.07 ID:gb909pZT0


提督「そう、ですね…」


元帥「……そういえば君の艦隊は…」


提督「……話は済みましたよね、俺はここら辺で失礼させていただきます」


元帥「……すまない、配慮が足りなかった」


提督「良いんです、俺は…大丈夫ですから」


元帥「……行ったか」


元帥「私には、とても大丈夫そうには見えなかったのだがな…」



51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 22:45:21.48 ID:gb909pZT0


提督「……」


提督「……」


提督「……」


猫吊るし「……」ジー


提督「なんだ…? またエラー娘か」


猫吊るし「そばたべたい」


提督「俺はこれから元帥から預かった書類を整理せにゃならんのだが…」


猫吊るし「……」ジー



52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 22:47:51.11 ID:gb909pZT0


提督「……」


猫吊るし「……」ジー


提督「………」


猫吊るし「……」ジー


提督「…………」


猫吊るし「……おそば」ジー


提督「あー、もう分かったよ! 作ればいいんだろ、作れば!!」


猫吊るし「……」ワーイ


提督「はぁ……」



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 22:50:14.92 ID:gb909pZT0


提督「……そば粉、そば粉」


猫吊るし「わたしもてつだう」


提督「…別にいい、これ難しいから」


猫吊るし「たのしそう」


提督「楽しくなんか無いさ、料理を作るってのは楽しいことじゃない…寧ろ辛いことだ」


猫吊るし「?」



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 22:52:15.15 ID:gb909pZT0


提督「……」


猫吊るし「……」ジー


提督「………」


猫吊るし「……」ジー


提督「…………やるか?」


猫吊るし「!」コクコク



55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/05(木) 22:54:42.44 ID:bXRWs+Bb0


艦これはじめて3日目なんだが 
・・・すげえ心に刺さる




56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 22:56:40.08 ID:gb909pZT0


提督「力を入れて…こう、ぐっぐって……」


猫吊るし「……」


提督「おぉ、中々うまいな」


猫吊るし「……」


提督「……」


提督「(そう言えば前にも、こんな風に米の炊き方教えたっけ…)」


提督「(女なのに米の一つも炊けなきゃお嫁に行けないぞーなんて言ったら、提督が貰ってくれるなんて言われたんだっけ)」


提督「……」


猫吊るし「?」


提督「……別に…何でもない」



57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 23:05:33.91 ID:gb909pZT0


提督「よく言うだろ、飯を食べるっていうのはな…命を頂くって事なんだ」


提督「…誰かを犠牲にして、誰かの人生を奪って俺たちは生きてるのさ」


提督「食べ物を作るっていうのは奪った人生を自分が好きなように…食べやすいように変えるってことだ」


提督「精一杯生きてる奴を殺して、そしてその死体を綺麗に盛り付けて…弄んで……見た目が良く無くなったら捨てて」


提督「残酷な話だよな、よく考えると……食べる物を作るって事はさ」


猫吊るし「???」


提督「エラー娘には、少し難しかったか?」


猫吊るし「……」


提督「まあ、その内分かるさ」



58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/05(木) 23:14:58.04 ID:gb909pZT0


猫吊るし「……」


提督「なんだ、飽きたのか?」


猫吊るし「……」コクコク


提督「そうか、猫が暇そうにしてるから相手してやったらどうだ?」


提督「猫……か…」


提督「……昔さ」


提督「俺がまだ小さかった頃、俺は犬を飼ってたんだ…芝って名前でな……」


提督「俺はいつも芝と遊んでた、あいつは可愛くてさ…名前を呼ぶと直ぐに近寄って来て……顔を舐めてくれてさ………」


提督「そしたら俺はあいつのことを撫でて……楽しかったなぁ…あの頃は」


猫吊るし「……」


提督「……聞いて無い、か」



97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 00:53:31.16 ID:1rla2NKH0


猫吊るし「……」ヨシヨシ


提督「ほら、そろそろできるぞー」


猫吊るし「……」ヨシヨシ


提督「どんだけ夢中なんだよ…ざるはあるから…皿、皿どこいれたっけ……」


提督「どんぶりしか無い……これに盛るか」


提督「できたぞー」


猫吊るし「……」タタタストン


提督「お、おぉ…」


猫吊るし「?」


提督「……膝の上、定位置なんだな」


猫吊るし「……」コクコク



98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 00:58:29.86 ID:1rla2NKH0


提督「……いただきます」


猫吊るし「いただきます」


提督「……」ズルズル


猫吊るし「……」ズルズル


猫吊るし「おいしい」ホッコリ


提督「…うん、今日もうまく出来た」



100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 01:11:47.78 ID:1rla2NKH0


猫吊るし「……」ズルズル


提督「はは、そんなに急いで食べなくても…そばは逃げないぞ」


猫吊るし「……」ジー


提督「……なんだその疑いの目は」


猫吊るし「ほんと?」


提督「……本当だ、俺がお前に嘘ついた事あるか?」


猫吊るし「ある」


提督「…いつだよ」


猫吊るし「この前、提督辛いのに大丈夫って嘘ついた」


提督「……あれは別に、嘘なんかじゃ…」


猫吊るし「……うそつき」タタタ


提督「あ、どこ行くんだよ」


猫吊るし「うそつきは嫌い……でも提督は好き」


提督「行ってしまった……」


提督「……こんなにそば残して行きやがって…どうすんだよこれ…」



101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 01:20:07.66 ID:1rla2NKH0


ーーーアクセス開始ーーー


【エラー、エラー……】


【エラー、エラー、エラー、エラー、………】


【エラー、エラー、エラー、エラー、エラー、エラー、…………】


ーーーエラー発生のため、強制的にシステムを一部シャットダウンしますーーー



102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 01:24:02.74 ID:1rla2NKH0


提督「マルゴイチサン、起床」


提督「……食い過ぎで…胃が痛い、吐きそうだ」


提督「……あれ、俺いつの間に部屋に戻ったんだ…?」


提督「……」


提督「………まあいいか、そんな事より…早く、洗面所に…」



104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 01:33:43.87 ID:1rla2NKH0


提督「……」


提督「あいもかわらず……今日も、鎮守府は静かだな」


提督「……」


提督「………寂しいな」


提督「…おぇぇ、っ…ぅえぇぉぅぅ……」



119 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 13:41:46.24 ID:1rla2NKH0


提督「……」


提督「……」


提督「!」


提督「昨日割った…ティーセットが無い……!」


提督「どうしてだ…俺は片付けて無い…のに……」


提督「……もしかして…エラー娘か?」



120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 13:44:58.25 ID:1rla2NKH0


提督「……え、エラー娘?」


提督「エラー娘」


提督「エラー娘!」


提督「………い、いないのか?」


提督「誰もいないのに……ティーセットが……」


提督「ま、まさか……幽霊…」


提督「いやいやいやいや! そんなはず無い…きっと妖精さんが……」


がさごそ


提督「!?」


提督「……何の音だ?」



121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 13:48:30.56 ID:1rla2NKH0


提督「……本当に幽霊か?」


提督「そういえば前に…元帥がここには良く死んだ兵の霊が出るって言ってたような……」


提督「……」


提督「……幽霊、か…みんなどうしてるかな…」


提督「……」


提督「見回り行くか…さっきの音の正体も突き止めたいしな……」



122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 13:51:55.54 ID:1rla2NKH0


提督「……おーい、誰かいるのかー?」


提督「……」


提督「自分の声が反響するだけか……」


提督「異常なし…なのかこれは? 泥棒とか入ってたら洒落にならないぞ…」


提督「……」


提督「腹減ったし飯食いに食堂に行くか」



123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 13:57:01.40 ID:1rla2NKH0


提督「……」


提督「……」


提督「……」


提督「食料が減ってる……」


提督「泥棒か? でも泥棒にしては随分と変わった泥棒だな…料理をした形跡があるし……使った器具と食器も洗ってあるし……」


「……」


提督「!」


提督「誰だ!?」


提督「…………誰もいない…どういう事だ?」



124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 14:00:20.18 ID:1rla2NKH0


提督「気のせい、だよな……今の」


提督「とりあえず、部屋に戻って書類を…」


「……」


提督「……」


「……」


提督「(やっぱり視線を感じる…何なんだよ…)」


「……」



125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 14:10:49.75 ID:1rla2NKH0


提督「……(かなり単純な方法だけど…曲がり角で待ち伏せしてみるか)」


「……」 ササッ

提督「……(今だ!)」


「!」


提督「……捕まえた…さて、さっそくなんの目的でここに忍び込んだのか吐いてもr…………」



126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 14:15:08.30 ID:1rla2NKH0





提督「…………榛…名?」





129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/08(日) 14:28:13.62 ID:S3xioCQWo


榛名だと!?ガタッ



130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/08(日) 14:29:30.19 ID:lWVIcvPAO


榛名来た!
これで勝つる!




134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 14:49:01.31 ID:1rla2NKH0


榛名「はい、榛名です」


提督「……いや、でも…榛名は……この前…轟沈したはずじゃ」


榛名「?」


榛名「提督、何を言っているんですか?」


榛名「轟沈するも何も、榛名はここ最近出撃すらしてませんよ」


提督「……え?」



137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 15:01:14.59 ID:1rla2NKH0


榛名「そんな事より提督、私お腹が空きました」


提督「そんな事って…」


榛名「冷蔵庫の中の物も見ましたけど…そのまま食べられるような物はありませんでしたし」


榛名「一応味噌汁は作って置いたんですけど…提督分かりました?」


提督「……」


提督「(どういう事だ……榛名は、西方海域で……)」


提督「(はっ…もしかして幽霊!? 死ぬまでこき使った俺への怨念で……)」


榛名「……提督、聞いてますか?」


提督「は、はいっ! 聞いてます!」



143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 20:58:36.07 ID:1rla2NKH0


榛名「全く、無視するのは良く無いですよ」


提督「……あぁ」


提督「(見たところ…装備や改装状況はあの頃いた榛名と寸分の狂いも無く同じ)」


提督「(元帥からの計らいか……? にしては手が混み過ぎている…)」


提督「(恐らくあの大雑把な元帥の事だろう…戦艦を寄越すのなら装備は全て外すか適当な物を見繕って装備させるだろう)」


提督「(と言う事は……あいつら…部下からか?)」


提督「(いや、部下の中に榛名を所有している奴はいない……)」


提督「(と言う事は…こいつは……やっぱり幽霊…なのかな)」


提督「(………幽霊だとしても、また会えるのは嬉しい事だ。例えその理由が私怨であったとしても…)」



145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:02:54.85 ID:1rla2NKH0


榛名「今、お味噌汁よそりますからね」


提督「……あぁ」


榛名「ふふ、なんかこういうの夫婦みたいですよね…提督と私、二人で台所に立って」


提督「俺は机に座ってるから台所には立って無いぞ…」


榛名「提督、そう言う事は気にしちゃ駄目です」


提督「……そうか」



147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:07:18.44 ID:1rla2NKH0


提督「……」


榛名「……」


提督「味噌汁だけ…か?」


榛名「味噌汁だけ、です」


提督「そうか」


榛名「あ、提督…どこに行くんですか?」


提督「……確かここに…あったあった」


榛名「それ、何ですか?」


提督「提督特製そば、味は俺とエラー娘で保証済みだ」



148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:09:40.06 ID:1rla2NKH0


提督「めんつゆ…は無かったよな、確か」


榛名「あ、私持ってますよ」


提督「何故!?」


榛名「さぁ? 榛名にはさっぱりです」



149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:20:24.99 ID:1rla2NKH0


提督「………!?」


提督「手、火傷してる……もしかして、ティーセットの変わりに?」


提督「……おかしい、明らかに何かがおかしい」


提督「榛名は戻ってくるし…めんつゆは増えてるし……」


提督「金剛のティーセットは治ってるし…一体何だって言うんだ」



151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:27:56.89 ID:1rla2NKH0


提督「……いただきます」


榛名「いただきます!」


提督「……」ズルズル


榛名「……」


提督「……うん、うまい」


榛名「おいひいですね、これ!」


提督「……」


榛名「何ですか提督、私を見つめて」


提督「いや、そばすすらないんだなと思って」


榛名「跳ねて服にめんつゆが着くと面倒臭いですから」


提督「なるほどな」ズルズル



153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:34:52.93 ID:1rla2NKH0


提督「……ごちそうさまでした」


榛名「食べるの早いですね、提督は」


提督「別に早くは無いさ、すすって食べればこんなもんだろ」


提督「俺は先に戻って書類整理を済ませてくる、片付けまかせられるか?」


榛名「はい、任せられました」



154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:41:16.17 ID:1rla2NKH0


提督「……さて、やりますか」


猫吊るし「……」ジー


提督「…エラー娘か、何処から入ったんだ?」


猫吊るし「……そこ」


提督「あぁ、扉が開けっ放しだったのか


猫吊るし「……」コクコク


猫吊るし「…ねむい」


猫吊るし「……」タタタストン


猫吊るし「zzz…」


提督「……寝ちまった…余程疲れてたんだな」


提督「さて、やるか」



155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:43:48.22 ID:1rla2NKH0


提督「……」カリカリ


提督「……ごめんな、ちょっと横にずれてくれ」カリカリ


提督「……よし、あと少し」カリカリ


提督「!……間違えた」


提督「…書き直すか」


提督「……あれ? この感じ…前にも」



156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:46:06.08 ID:1rla2NKH0


猫吊るし「ふみゅ…」zzz…


提督「……なんだか俺も、眠く…」


提督「……zzzz」



158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 21:54:33.71 ID:1rla2NKH0



『芝! おいで!!』

ワン!

『えへへ、くすぐったいよ』

ワン、ワン!

『ふふ、芝ぁ~』

ーー

『芝、芝!』

くぅん…

『芝…この頃元気ないね……』

くぅん、くぅん…

『大丈夫、僕は芝と一緒だよ!』

ワン!

『あ、芝ちょっと元気になった! わーい!』

ーー

『……ごめん』

『ごめんな、芝…』

『俺の…俺の所為で……』

『ねえ、そろそろ帰って…』

『母さんは黙ってて!』

『……』

『芝、ごめん……ごめんな…』



163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 22:58:03.74 ID:1rla2NKH0


提督「……」


提督「!」


提督「しまった、寝てた! 今何時だ!」


提督「フタサンマルサン…起床」


提督「さっさと終わらせないと!」



164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:03:41.37 ID:1rla2NKH0


提督「……ってあれ…?」


提督「書類整理…終わってる……」


猫吊るし「やったよー」


提督「うわっ…びっくりした」


猫吊るし「たくさんがんばったよ」


提督「エラー娘がやってくれたのか…ありがとな」


猫吊るし「なでてくださーい!」


提督「はいはい、良く頑張りました」


猫吊るし「えへへ、てーとくのてはおおきいです!」


提督「なんか元気だな、寝て元気になったのか?」


猫吊るし「そうだよー」



165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:06:57.65 ID:1rla2NKH0


提督「それじゃ、寝ようかな…」


猫吊るし「てーとくのとなりはわたしのものでーす」


提督「はは、そうか」


提督「そういえば榛名はどうしてるんだろう…もう寝たのかな?」


猫吊るし「てーとくぅ~」


提督「……」


猫吊るし「て~とくぅ~」


提督「はいはい、分かったよ…添い寝すれば良いんだろ」


猫吊るし「いえっす!」



166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:09:43.51 ID:1rla2NKH0


提督「……」


猫吊るし「……」ジー


提督「……」


猫吊るし「……」ジー


提督「……なんだよ、じっと見てきて」


猫吊るし「な、なんでもないねー」


提督「……なんだか今日は変な事ばっかりだ」



167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:13:10.34 ID:1rla2NKH0


猫吊るし「へんなこと?」


提督「あぁ、この前まで誰もいなかったのに…榛名は何故か突然帰ってくるし、めんつゆ…はどうでもいいか……あと、金剛のティーセットが治ってたり…」


猫吊るし「……む」


提督「ん、どうした?」


猫吊るし「ふん」


提督「なんか今日のお前、おかしいぞ…」


猫吊るし「おかしくなんかないよ」



168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:17:04.34 ID:1rla2NKH0


猫吊るし「……てーとくは」


提督「ん?」


猫吊るし「てーとくはゆうれいとかしんじますか?」


提督「幽霊か……いたらいいと思うよ」


猫吊るし「あいまいなこたえですね…まあいいです、もしゆうれいがいてそれがなにかにひょういしてあらわれたらどうおもいますか?」


提督「……そう、だな…」


提督「分からないけど…多分、嬉しいんじゃないかな」



169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/08(日) 23:19:44.94 ID:1rla2NKH0


提督「……聞いてくれるか」


猫吊るし「なにをですか?」


提督「昨日の話の続き…」


猫吊るし「きのう?」


提督「……そういえば、お前は猫と遊んでて聞いてなかったんだっけ?」


提督「……俺の飼ってた犬、芝だけどさ」


提督「あいつを殺したのは俺なんだ」



170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:23:36.15 ID:1rla2NKH0


提督「……昔、家はすごく貧乏でさ」


提督「明日の飯どころか今日の飯にさえありつけなかったころ」


提督「……俺の家族は…俺は……芝を鍋にして食ったんだ」


猫吊るし「……」


提督「うまかったよ、芝は……空腹は最高の調味料って言うけどあれは本当だな…俺は鍋にされた芝を我先にと口にかきこんだ」



171 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:27:30.46 ID:1rla2NKH0


提督「鍋を食った次の日、俺は芝がいない事に気がついたんだ」


提督「俺はその日、一日中芝を探した続けた…でも、見つからなかった」


提督「見つかるわけ無いよな…だって芝は俺の腹の中にいるんだもんな」


提督「……ははは、笑っちまうだろ」


猫吊るし「……」



173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:39:52.96 ID:1rla2NKH0


提督「……俺は、あの時誓ったんだ」


提督「もう、俺の所為で誰も死なせないって…芝の墓の前で」


提督「……だけど、俺は馬鹿だから…また死なせちまった」


提督「榛名、比叡、鳥海、飛龍、夕張、加賀、隼鷹、暁、金剛、翔鶴、響、瑞鳳、吹雪、夕立、最上、長月、時雨、菊月……みんな、みんなみんな…俺が殺した」


提督「朝、榛名にあった時…俺の頭の中にあったのは再開の喜びとか…そんなことじゃない……あいつへの恐怖だった」


提督「あいつが…あいつを殺した俺を殺しに来たんじゃ無いかって……怖かった」


提督「怖くて怖くて…仕方無かった」


提督「……ははは、俺…何言ってるんだろ…ごめんな、こんな話聞かせて」


猫吊るし「……」



174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:46:45.67 ID:1rla2NKH0


提督「俺は、怖がりだから…」


提督「人がいると怖くて」


提督「人がいなくても怖くて」


提督「みんな怖くて」


提督「ごめんな……みんな…ごめん、俺の所為で…ごめん……ごめん…ごめんなさい…ごめんなさい、ごめんなさい……ごめ、んなさい」


猫吊るし「……」ぎゅ


提督「……ごめん、ごめんな…エラー娘」


猫吊るし「……エラー娘じゃないデース」


提督「……え?」


猫吊るし「……轟沈したと思った? 残念、幽霊として生きてた金剛デース!」


提督「……どういう…こと?」




175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:51:00.67 ID:1rla2NKH0


金剛?「……テートク、やっと本心を言ってくれましたネ」


提督「え…? え……?」


金剛?「全く、テートクは馬鹿デスネ…だから、金剛は幽霊としてrebornしたのネ」


提督「……?」


提督「どういうこと?」



176 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/08(日) 23:56:48.19 ID:1rla2NKH0


金剛?「……本来、轟沈した私達は海の底に行くはずだったのデス」


金剛?「しかし、私達はテートクへの思いによりエラーとして…ghostとして漂っていたら」


金剛?「この身体に…自然にみんな集まってしまったのデス」


提督「……じゃあなんで榛名は復活したの?」


金剛?「それは簡単デス」


提督「もしかして…」


金剛?「そう、バケツを使いマシタ!」



177 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/09(月) 00:03:12.19 ID:7ETqy62l0


提督「……なんだよ…なんだよそれ…」


提督「エラーとして生きてて…復活するなんて……」


提督「……よかった、本当に良かった」


金剛?「泣いてるんデスカ? テートク」


提督「へへっ…うれし涙って奴だよ……へへへ…」


提督「なんだよ……悲劇のヒロインぶってた俺が…馬鹿みたいじゃねぇかよ…」


金剛?「テートクはヒロインじゃないヨ」


提督「う、うっさい…」



178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/09(月) 00:12:45.27 ID:7ETqy62l0


金剛?「はー、バラしたら随分ラクになった」


提督「……で、他の艦娘達は?」


金剛?「ここにいるよ」


提督「……変わってもらう事って」


金剛?「無理」


提督「即答…ですか」


金剛?「今日は金剛dayネ! テートクは僕といちゃいちゃするべきだよ!」


提督「……あれ?」


金剛?「……何でもないヨ…私はもう疲れたから寝るね、おやすみ」


提督「お、おやすみ…」



182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/09(月) 00:18:31.08 ID:7ETqy62l0


提督「……」


提督「……」


提督「……寝た、か」


提督「月が…綺麗だな」


提督「芝とは何だったのか…」


提督「……というか今だにティーセットとめんつゆが何なのか分かってないじゃん…」


猫吊るし「……」zzz…


提督「……はぁ、明日から鎮守府も賑やかになるのか…」


提督「……じゃあ、最後に少しだけ静かな鎮守府を堪能しますか」


提督「……」


提督「……」


提督「……」


提督「……今日も鎮守府は静かだな」




おわり



185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 00:23:07.04 ID:RjFF0lGAO


おつです!

次回作いつか来ることを祈ってます
(これの続き……かな)





188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 00:33:16.81 ID:DtSiVT3D0


乙。
バケツってスゲー




191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/09(月) 00:49:20.26 ID:S4eSaaxx0


乙だわ
あれかと思ったわ、提督の事を思ってエラー娘が意図的にエラーを連発させて鯖の巻き戻しを行おうとするけど力不足で完全には巻き戻せなくて
大半の艦娘は魂だけしか還ってこれずにエラー娘の中に混ざりこんでて、艦を建造することで魂の器として復活できるんだけど外見と中身が一致してない事もあってどたばたしたりして
一部の艦娘は巻き戻しの時に何とか世界に着いて行って肉体に入り込む事はできたけどなんとそれが深海棲艦の肉体で
提督に会いたい抱きしめて欲しいと考えてもどう考えても諦めるべきでそれでもやっぱり遠くから一目だけでも提督を見ようと鎮守府に来るんだけど提督がその正体に気付いて


みたいな話だと思ったけどそんなことは無かったぜ、次も楽しみにしてます




195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/09(月) 01:37:57.96 ID:RjFF0lGAO


>>191
なにそれ
めっちゃ見たい!





艦隊これくしょん 艦これ 艦むす ストラップ 妖怪猫吊るし

新品価格
¥1,780から
(2013/12/9 02:34時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1386165065/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。