ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [アイドルマスター]アイドルマスター >  真美「化学の実験したら」亜美「何か変な物出来た」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真美「化学の実験したら」亜美「何か変な物出来た」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 23:28:45 ID:/0NEYTfg0
真美「この七色に光る液体、どうする亜美?」

亜美「めっちゃ綺麗だし、捨てるの勿体ないよね」

真美「これ、飲めるのかな?」

亜美「…何入れて作ったんだっけ?」

真美「うーん、いっぱい入れすぎて覚えてないよ→」

亜美「そうだ!兄ちゃんたちをこっそり実験台にするのはどうかなー?」

真美「…んっふっふ~!賛成!」



事務所


亜美「さぁーて、まずは誰を実験台にしようかなー」

真美「じゃあ、>>4にしよう!」

亜美「らじゃー!」


真美、亜美、ニカッ、飛躍


4: ルース ◆KI1bHz2CMo 2013/12/07 23:29:23 ID:8YqtXe5O0
くっ

8: 代行サンクス 2013/12/07 23:35:37 ID:hue5gTMzP
真美「千早お姉ちゃんのペットボトルみっけ!」

亜美「とりあえず一滴だけ垂らしてみよ→」ポタリ

真美「そして冷蔵庫に戻ーす!」

亜美「さぁこい!千早おねえちゃん!」



数分後

千早「喉が渇いたわね…確か冷蔵庫に飲み物が」ガチャ

真美「来たよ、亜美!」コソコソ

亜美「飲め飲めー!」コソコソ

千早「…んぐっ、んぐ…」ゴクゴク

真美&亜美「飲んだぁー!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 23:40:22 ID:hue5gTMzP
千早「…ぐっ!?」ビクッ

真美「お!?」

千早「な、何か…体が…」ブルブル

亜美「…!」ゴクリ

千早「お、おおぉぉぉぉ!??」ギューン


千早はどうなったか>>13

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 23:42:03 ID:hr2FW4H00
感情に素直

例:高槻さんに直球

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/07 23:55:48 ID:hue5gTMzP
千早「…ふぅ」バタン

真美「あれ、普通だ」

亜美「今の叫び声は何だったのさ」

千早「さて、今日のレッスンは終了したから…」

真美「なーんだ、効果出てな」



千早「高槻さんをペロペロしに行きましょう」ガタッ

亜美「えっ」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:05:08 ID:PCacuyZFP
真美「ぺ、ペロペロ…」

千早「高槻さんペロペロが終わったら、次は春香チュッチュで…ンフンフ」ニヤニヤ

亜美「うわぁ…」

千早「そ、想像しただけでも…お、おほぅ」ニヤニヤ

真美(へ、変態だー!)

亜美(キャラ崩壊してるよー)



やよい「おはようございまーす!」ガチャ

千早「たきゃつきさん!!!!!」ヒュン

やよい「はわっ!?」

千早「どこでもいいから舐めさせて!!」ダラー

やよい「うえぇぇ!?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:12:15 ID:PCacuyZFP
千早「何でもするから!!!お願い!!!お願いぃぃ!!!」ドゲザー

やよい「そ、そんな事言われてもー…」

真美「…何かよく分かんないけど」

亜美「もう後戻りは出来そうにないね」




真美「次、行ってみよう!」

亜美「おっけー!」

真美「次は>>29の飲み物に…」ポタリ

亜美「今度も引っかかるかな?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:15:33 ID:xVe7tWSE0
貴音

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:22:12 ID:PCacuyZFP
亜美「それカップラーメンじゃん」

真美「お姫ちんじゃ、こんなの飲み物だよ」

亜美「…確かに」

真美「お、もうすぐ3分経つからお姫ちん戻ってくるよ!」ソソクサ



貴音「私とした事が…箸を給湯室に忘れてくるなんて」

貴音(…はっ、まさか誰かがつまみ食いを!?)

貴音「っ!…無事でしたか」ホッ

高根「冷めぬうちに…頂きます」ズズーッ

33: >>30 最後間違えた 2013/12/08 00:27:17 ID:PCacuyZFP
貴音「美味しゅうございました」

真美「…全部食べちゃったね」コソコソ

亜美「食べんの早過ぎっしょー」コソコソ

貴音「っ、な…何か今、体が」ブルッ

真美「来た来た!」コソコソ

貴音(まさか、私のいない間に誰かが毒を…!?)

貴音「あぁぁぁっ!!!??」ギューン




貴音はどうなったか>>37

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:27:59 ID:hkrYzrY60
響に直球

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:28:10 ID:gBSxo1xQ0
>>36

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:39:52 ID:PCacuyZFP
響「貴音!そんなに叫んでどうしたんだ!?」ダッ

貴音「…っ」フラッ

響「貴音ぇ!!!」

貴音「ひ、響…私はもう…」

響「しっかりしろ貴音ぇ!!」





貴音「ふんっ!」ブンッ

響「うわぁっ!」ヒョイ

貴音「それっ!!」ブンッ

響「ひ、人に向かって物投げちゃいけないんだぞ!!」

貴音「か、体が…勝手に…動くので、すっ!!」ブンッ

響「うぎゃー!!」ヒョイ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:46:41 ID:PCacuyZFP
真美「なんて美しい投球フォーム…」

亜美「…!?ひびきんがこっち来るよ!」

響「誰か助けてくれぇー!!」ダッ

貴音「だあっ!」ブンッ

真美「ひ、ひびきんこっち来ないでぇぇぇ!」

亜美「あだっ」ゴン




真美「さっきは酷い目にあったよ…」

亜美「頭いてー…」サスサス

真美「でもまだまだ行くよー!次は>>48!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:48:40 ID:/+2syONr0
春香

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 00:58:35 ID:PCacuyZFP
真美「次ははるるんだよ!」

亜美「あれ、飲み物無いけど…どうすんの?」

真美「飲み物は無くてもお菓子はある!という事で、はるるんのシュークリームに…」ポタリ

亜美「なるほど→」



春香「…あ、まだ残ってるー、良かったぁ」

春香(これ、自信作だったんだよねー!)

春香「あむっ」

真美「よし、食べた!」

春香(…あれ、いつもより美味しい)

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:02:50 ID:PCacuyZFP
春香「美味しかったけど、味見したときあんな味しなかった気が…」

春香「あうっ!?」ビクッ

春香(ま、まさかシュークリームの中に何か…!?)

春香「あうぅぅぅぅっ!!!?」ギューン

亜美(あの叫び声は一体何なんだろう…)


春香はどうなったか>>54

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:05:30 ID:ysnX8BTk0
宇宙の真理を知った

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:13:51 ID:PCacuyZFP
春香「…そうか」

春香「この脳内に映る、美しいビジョン…それは紛れもなく宇宙」

春香「何万、何億、何兆と輝く星…銀河…」

春香「見える、見えるぞ」



春香「…これが」





春香「            宇宙か           」カッ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:19:37 ID:PCacuyZFP
真美「…はるるん何言ってんの?」

春香「宇宙とは緻密な計算によって生み出され…」ブツブツ

亜美「何か受信してるよー…」

春香「それは偶然が重なって起きた奇跡であり…」ブツブツ




真美「付いていけない…」

亜美「何か後光差してたね」

真美「まぁマシな方かな、次は>>63に仕掛けちゃうよー」

亜美「いえっさー!」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:22:04 ID:oIaBceo70
誤って飲んでしまう

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:31:51 ID:PCacuyZFP
真美「んっふっふ~次は…このコップに、っと」

亜美「あ!真美危ないっ!」

真美「え」

ゴスッ

真美「わぷっ!」バシャ

響「ご、ごめん真美!自分、避けるのが精いっぱいでー!」ヒョイ

貴音「ふっ!」ブンッ

真美(ヤバっ…口に入ったの飲んじゃった!)

真美「うああっ…」ブルッ

亜美「まさか、飲んじゃったの!?」

真美「うああぁぁぁぁっ!!」ギューン



真美はどうなったか>>70

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 01:34:07 ID:ThsVL1Eai
えっち

75: 風呂行ってきます 2013/12/08 01:47:42 ID:PCacuyZFP
真美「何か、服がキツいよ」

亜美「おぉ~…めっちゃセクシーになったね、真美」

真美「えっ…うわっ、ほんとだ!おっぱいでっかくなってる!」

亜美「お尻も何かエロい形になってるし、身長も伸びたんじゃない?」

真美「んふふ、使って良かったよー」

亜美「いいなー…」

真美「亜美も使ってみれば?」

亜美「んー…まだいいや」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:27:40 ID:PCacuyZFP
真美「じゃあ次は誰にしようかぁ」

亜美(何か喋り方もセクシーになってる)

真美「>>86なんかいいんじゃなぁい?」

亜美「上手くいくかなー」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:30:53 ID:gBSxo1xQ0
小鳥

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:38:01 ID:PCacuyZFP
真美「じゃあ真美は隠れてるからよろしくねー」

亜美「まぁピヨちゃんならいけるっしょ」



小鳥「ぐーすかピヨー」zzz

亜美「寝てるし…」

亜美(…口開けながら寝てる、これはチャンスだね!)

亜美「そのまま口の中に…えいっ」ポター

小鳥「…あぐ!?」ガバッ

亜美「あ、起きた」

小鳥「い、今口の中に何か入れなかった!?」

亜美「入れたよーん」

小鳥(の、喉の奥が…熱い…!)

小鳥「あがぁぁぁぁ!??」ギューン



小鳥はどうなったか>>92

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:42:07 ID:uUf3S30B0
できる女になる

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 02:52:48 ID:PCacuyZFP
小鳥「…さて、仕事しないと」サッ

亜美「あれ?」

小鳥「何?亜美ちゃん、今仕事中なの、遊ぶのは後にしてね」ニコッ

亜美「どーしたのピヨちゃん…そんな急に真面目になって」

小鳥「真面目って、そりゃ社会人だし…お仕事が本業だから」カチャカチャ

亜美(何かりっちゃんみたいになった…)

小鳥「このペースで進めれば、残業しないでスムーズに帰れそうね」カチャカチャ



律子「…小鳥さん、どこか頭でも打ちました?」

小鳥「どうしたんですか律子さん、そんなに驚いて…」

律子(書類のミスも一切ないし、それどころか改良して読みやすくしているなんて…)

律子「いったい何が起きたの…?」

小鳥「もう、変な律子さん、疲れてたらお仕事変わりますよ?」

律子「えええっ!?」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:02:46 ID:PCacuyZFP
小鳥「律子さん達は、プロデュース業に専念してください、雑務は私がすべて引き受けますから」

律子「そこまでしなくても…」

小鳥「効率良く進めればすぐ終わる仕事ですし、簡単ですよ」

律子(いつもは私達が手伝って、やっと終わらせてる仕事なのに…)

律子「完璧すぎる…!」



亜美「何かつまんなくなったね」

真美「出来る女になったのにねぇ」

亜美「でもこれは当たりだね」

真美「>>101はどうなるかな」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:06:16 ID:gBSxo1xQ0
P

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:19:49 ID:PCacuyZFP
亜美「兄ちゃんにイタズラだー」

真美「でも最近イタズラしまくってるから、警戒されそうだね」

亜美「んー…あ、そうだ!真美、良い手があるよ…んっふっふ~」

真美「良い手?」


P「何だー真美、俺に用事って…」

真美「んふふ、来てくれたんだね」

P「あれ、なんか…あれ、目の錯覚か…?真美がセクシー美女に見えるんだが…」

真美「錯覚じゃないよぉ、ほらっ」ムギュ

P(うおぉぉ!?な、なんか柔らかいものが…!)

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:22:45 ID:PCacuyZFP
真美「兄ちゃん、これ…飲んでみてよ」

P「お、おう…頂きまーす…」ゴクゴク

真美(兄ちゃん流されやすいなぁ)

P「うごっ!?な、何か体が変…にっ!?」

P「ぐうぅぅぅぅっ!?」


Pはどうなったか>>107

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:27:07 ID:HAIV3hor0
地上最強の生物

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:35:28 ID:PCacuyZFP
Pだったもの「グオォォォォォォ…」

亜美「兄ちゃんが…化物になっちゃった…」

Pだったもの「グルルルルル…」

真美「おーよしよし…」ナデナデ

Pだったもの「クゥーン」

亜美「でも中身は兄ちゃんだね」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:46:39 ID:PCacuyZFP
真美「兄ちゃんどこに隠そうか…」

Pだったもの「ガウウ」

亜美「何か羽っぽいの生えてるし、飛んでみるのは?」

Pだったもの「ギュガガ」バサッバサッ

真美「おー飛んだ飛んだ」

Pだったもの「グァァァ!!」バサバサ

亜美(…何かRPGのゲームに出てくるラスボスみたい)

真美「アルテマとかマダンテとか使えそう…」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:51:58 ID:PCacuyZFP
春香「…世界の調和に大きな乱れを観測した…」ボソボソ

亜美「あ、やっぱり分かるんだ」

春香「乱れを戻すにはもう一つの強大な力を…」ボソボソ

真美「言わないとは思うけど、まだ皆には秘密にしてねーはるるん」



真美「バレるのも時間の問題だね」

亜美「ぱぱっとやっちゃおう」

真美「じゃー次は>>117だ→」

亜美「うい」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 03:57:11 ID:6/Fc1lRU0
あらあら

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 04:10:11 ID:PCacuyZFP
あずさ「あらあら真美ちゃん、ずいぶん大人になったわねぇ」

亜美「あずさお姉ちゃん!…いつからそこに?」

あずさ「プロデューサーさんに、何か不思議な物を飲ませた所あたりかしら」

真美「…み、皆にはまだ秘密にしておいて…」

あずさ「えぇ、もちろんよ」

真美「良かったぁー…」

あずさ「その代わり、私にその不思議な物を頂戴」

亜美「ええっ!?これ、欲しいの?」

あずさ「うふふ、何だか面白そうだなぁって」

真美「別に良いけど…どうなるか分かんないから、気をつけてね」

あずさ「…あら、意外と美味しい……わぁっ!?」

あずさ(な、何…この感覚…!?)

あずさ「きゃあああああっ!??」ギューン



あずささんはどうなったか>>122

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 04:18:37 ID:l/7r5elw0
嘔吐

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 04:25:30 ID:PCacuyZFP
あずさ「き、気持ち悪い…」

真美「あちゃー…あずさお姉ちゃんには合わなかったかぁ」

あずさ「うえっぷ…ご、ごめんねぇ」

亜美「この変なの、個人差激しいね」

あずさ「ごほっ…これ、何が入ってるの?」

真美「うーん…全部は覚えてないけど…サソリとか入れてたような…」

亜美「あやしく発行するキノコとかも入れたよねー」

あずさ「サ、サソ…うえっ…」ブルブル

亜美「ああぁ…再発しちゃったよー」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 04:33:40 ID:PCacuyZFP
真美「疲れたから一時休戦しよう、亜美」

亜美「そだねー」

真美「…にしてもあの液体凄いね」

亜美「作ってる時はもっと凄かったけどね」

真美「この虹色の液体、まだまだ遊べそうだね」

亜美「んっふっふ~!第二回戦が楽しみだよー!」




おわり

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/08 04:34:02 ID:FrY59/wX0
乙です

THE IDOLM@STER 双海亜美&真美つままれストラップ

新品価格
¥630から
(2013/12/9 20:25時点)


引用元: 真美「化学の実験したら」亜美「何か変な物出来た」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。