ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 マ行]魔法少女まどかマギカ >  まどか「杏子ちゃんが太った…」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まどか「杏子ちゃんが太った…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:22:15 ID:j3OMo74HI
マミルーム



マミ「今日のおやつは特製ピーチパイよ!」

杏子「おー!いっただっきまーす!」ガツガツ

マミ「こーら!ガッツかないのっ!」

杏子「だって美味ぇんだもん…モグモグおかわり!」

マミ「もぉ…佐倉さんってば」

ほむら「少しは遠慮という言葉を覚えなさい。佐倉杏子」

まどか「うぇひひ」


佐倉杏子


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:24:41 ID:j3OMo74HI
さやか「杏子、そんなに食べたら夕飯入らなくなるよ?」

杏子「ひゃいふぉーふはほ!」ゴックン

杏子「さやかん家の飯美味ぇからな!別腹別腹!」ニシシ

マミ「…佐倉さんって、相変わらず凄い食欲よね。太らないのかしら?」

杏子「ふふん!あたしは食っても太らないからな。寧ろマミやさやかに肉の付け方を教えて貰いたいくらいさ」

マミさやか「 」ピシッ

マミ「…そそそそそう。でででも、気を付けた方が良いわよ!け、健康にもよよ良くないし!」カタカタカタ

まどか「マミさん、落ち着いて!」

さやか「むっかぁ~!馬鹿にしやがって!!いつか泣きを見たって知らないんだからね!」

杏子「へーへー」ムシャムシャ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:26:36 ID:j3OMo74HI
杏子「……というのが、約二ヶ月前、か…」

杏子「…服がキツい」

杏子「もしかして太った…?…いやまさか…ははは」

杏子「…」ハハハ

杏子「……今日から早弁辞めようかな…」

さやか「杏子ー」ガチャ

杏子「!」ビクゥ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:27:39 ID:PdWPKPMJi
あんこちゃんは太ってもかわいい

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:29:06 ID:j3OMo74HI
さやか「あ、まだ着替え中だった?…って、どしたの?」

杏子「なっ何でもねぇよ!!つか、勝手に入ってくんじゃねぇ!」

さやか「えー?別にそんなの慣れっこじゃん…」

さやか「って、そうじゃなくて。そろそろ行かないと遅刻だよって言いに来たんだった!」

杏子「お?やっべぇ!急ぐぞ!」


トタトタトタ


さや母「あ、待って二人共お弁当!」

さやか「おっとと!…って、お母さん?何か杏子の多くない?」

さや母「いつも早弁してお昼はパンだって聞いたから、杏子ちゃんの分多目にしてみたの♪」


杏子「 」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:31:04 ID:j3OMo74HI
学校



杏子「…」

杏子(くそ…っ!結局誘惑に負けて早弁しちまった……昼飯は抜くか?いや、でもまだ弁当あるし…)グゥー


杏子(…食いもんは無駄に出来ねぇよな)

マミ「あら?佐倉さん今日はちゃんとお弁当なのね。珍しく早弁しなかったのかしら」フフ

さやか「違うんですよマミさん。うちのお母さん、杏子がいっぱい食べるからって早弁用のお弁当まで用意しててさぁ」

まどか「今持ってるのは二個目なんだよね」ウェヒヒ

ほむら「その恐ろしい程の食欲、分けて欲しいくらいだわ」

マミ「でも、そんなに食べて太らないなんて、羨ましいわ」

杏子「!」ドキーン

杏子「はは…まぁね」ダラダラ



杏子(…まぁ次体育だし、これくらい平気だよな…?)

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:35:38 ID:j3OMo74HI
放課後



マミ「あ、そうそう!美味しいお茶が手に入ったの!今からうちに来ない?」

さやか「マミさんのお誘いとあっちゃあ、行くっきゃないでしょう!ね、まどか?」

まどか「てぃひひ。うん、お邪魔しようかな。ほむらちゃんも行くでしょう?」

ほむら「えぇ。まどかが行くなら」ファサッ

杏子「 」

さやか「杏子はー?って、決まってるかぁ!どうせ来るでしょ?」ハハハ

杏子「あ!…あたしは、止めとこっかなぁ」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:36:37 ID:j3OMo74HI
さやか「え?何か用事?」

杏子「えーと…まぁ、そんなとこ?」

マミ「そう…残念だわ。せっかく佐倉さんの好きなアップルパイも用意してたんだけど…」

杏子「え」

マミ「でも仕方ないわよね。佐倉さんの分はキュゥべえに…」

杏子「やっ…やっぱりあたしも行く!」

マミ「え?」


ほむら「…用事は平気なのかしら?」

杏子「あー…別に、今日じゃなくっても…良いかなー?…なんて」ハハ

マミさやほむまど「?」



杏子(…体育で身体動かしたし、大丈夫だよな)

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:39:47 ID:j3OMo74HI
ミキハウス



杏子(…ちくしょう!マミの奴菓子作りばっかりどんどんどんどん上達しやがって…!)

杏子(結局3切れも美味しく頂いちまったじゃねぇか!)

杏子「…うぅっ。心なしかウエストが苦しい気がする…夕飯はちょっと控えよう」



キョウコチャーンオユウハンヨー!オリテラッシャイ!

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:42:20 ID:j3OMo74HI
食卓


杏子「…ナンテコッタイ」

さやか「うわ!いくらなんでも作り過ぎだってお母さん」

さや母「だってー、杏子ちゃんたくさん食べるでしょう?お母さん作りがいあるんだもの」ニコニコ

杏子「…あ、はは。いただきまーす…」

杏子(…う、美味しい)モグ…

さやか「?…杏子?」

さや母「…あ、もしかして美味しくなかった…?」

杏子「え!?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:44:39 ID:j3OMo74HI
さやか「いや、いつもみたいにガッツかないからさ…」

さやか「あ!さては、マミさんのアップルパイでお腹いっぱいなんでしょ!だから言ったのに」

杏子「ち!ちげーよ!!ちょっと考え事してたんだって!」

杏子「おばさん!これ超美味ぇよ!」ガツガツガツ

さや母「ふふふ♪まだまだたくさんあるからね。杏子ちゃんがうちに来てくれて良かったわ~」

杏子「あ///」

杏子(…やっぱりおばさんの飯は残せねぇ)


さやか「…?」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:47:18 ID:j3OMo74HI
杏子「…言われるままにご飯を5回もおかわりしてしまった」

杏子「…」チラッ

杏子「ひ、久しぶりに計ってみるか…」オソルオソル


カタタ


杏子「…どういうことだおい」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:52:54 ID:j3OMo74HI
杏子(…確か最後に計ったのが、学校の健康診断の時で…3ヶ月前か…)

杏子(…3ヶ月でこんなに増えるもんなのか!?…計る習慣なんてないから分かんねぇ)

コンコン
さやか「杏子、お風呂上がったー?」

杏子「!」ビクッ

杏子「お、おう!」

さやか「?」

さやか「冷蔵庫にプリンあるから、お風呂上がりに食べたら?」

杏子「!…い、いらない!さやか食えよ」

さやか「え?あんたが食べ物拒否するなんて…熱でもある?」

杏子「と…とにかくいらないってば!」
バタン


さやか「杏子…?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:55:49 ID:j3OMo74HI
杏子「……さて、と」

杏子「…逆に、今までは何で太らなかったか考えよう」

杏子「魔女退治は今までと対して変わらねぇし…他に」


杏子(うーん…うーん…思い出せー…!)

杏子(今までの生活は…)
ーー

ホワンホン

「こらー!食い逃げ待てー!」
杏子「うわ!逃げろ!」ダッシュ

「こらー!万引き待てー!」
杏子「うわ!逃げろ!」ダッシュダッシュ

「こらー!中学生がこんな時間に何してる待てー!」
杏子「うわ!逃げろ!」ダッシュダッシュダッシュ


ホワンホン

杏子「…」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 16:58:01 ID:j3OMo74HI
杏子「魔女退治と合わせると、結構運動してたんだな…」

杏子「確かに、行く宛てがなく昼夜問わず色んな所歩き回ってたし…」

杏子「さやかの家に居候してからというもの、体育以外昼間は座りっぱなし…」

杏子「飯だって、あの頃は一食にあれだけっていっても、今考えりゃ食えない時の方が多かった気もしてきた…」


杏子「それが今じゃ、毎日3食ガッツリ……あたし達ってそういう仕組みだったんだね…」

杏子「あたしって、ほんとバカ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:00:13 ID:j3OMo74HI
杏子「…おばさんに頼んで飯の量減らして貰うか?いや、そしたら確実に理由を聞かれる」

杏子「ダイエットなんて皆に知られてみろ…きっと」


ホワンホワン

さやか「ほーら!やっぱり言ったじゃん!」プークスクス

マミ「これであなたも教えてあげる側ねぇ!肉の つ・け・か・た!」プークスクス

ホワンホワン


杏子「ぜってぇ言えねぇ!!」

杏子「…腹が痛い事にするか?いや、ずっとは無理だし、第一おばさんに心配かけちまう…駄目だ」

杏子「…うぅ。どうすれば」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:03:36 ID:j3OMo74HI
学校



杏子「…結局今日も早弁用の弁当を貰ってしまった」

杏子「スカートがキツい…」

杏子「……腹は、そんなに出てねぇよな?」サスサス

まどか「杏子ちゃん?」

杏子「うわぁっ!」ドキーン

まどか「ごごごめん!驚かせちゃったね」ティヒヒ

まどか「大丈夫?お腹でも痛い?」

杏子「(腹の肉気にしてんの見られた!?)い、いやー!…ちょっと気分悪かったっていうか…もう良くなったから平気平気!」ダラダラ

まどか「そう…なの?」

杏子「ああ!この事他の奴には言うなよ?心配かけちまうから」

まどか「う?うん」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:05:52 ID:j3OMo74HI
放課後



マミ「佐倉さん、ごめんなさい。今日は用事があって…お茶会はなしね」

杏子「え?いや、気にすんなよ(逆に助かったー!)」

さやか「あ!私も寄らなきゃ行けない所あるから、杏子先帰ってて!」

杏子「お?あぁ分かった」

まどか「じゃあ、私達はこっちだから」

杏子「おー!じゃあな!まどか!ほむら!」

ほむら「えぇ。また明日」ファサッ


杏子「…ふぅ」

杏子「ダイエットがてら散歩でもして帰るか…」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:08:47 ID:j3OMo74HI
マミルーム


まどか「…杏子ちゃん抜きで集まるなんて、ちょっと杏子ちゃんに悪いかなって思ってしまうのでした」ウェヒヒ

マミ「そうだけど…。でも、佐倉さんの事でお話しがあるんでしょう?なら、仕方ないわ」

さやか「はは…」

ほむら「それで?美樹さやか、相談って?」

さやか「うん…。最近、杏子の奴おかしくない?」

まどか「うぇひ?そうかな…?」

マミ「別に、いつも通りだと思うけど…」

さやか「うーん…。何か、無理にそう振舞ってるように見えるっていうか…」

ほむら「…確かに、最近の佐倉杏子は時々上の空って感じね」

ほむら「…四六時中一緒にいる貴女が言うなら間違いないんじゃないかしら」

さやか「やっぱり、何か悩みでもあるのかなぁ?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:12:36 ID:j3OMo74HI
まどか「あ!」

マミさやほむ「?」

ほむら「まどか?どうかしたの?」

まどか「え、あ、えっとね…(あぁ、でも言うなって言われてるんだった)」アセアセ

マミ「鹿目さん?美樹さんは真面目にら佐倉さんを心配してるのよ?何か気付いた事があるなら言って頂戴」

まどか「(…ごめん杏子ちゃん)えっと…関係ない事かもですが、今日体調が悪いって…」

さやか「そうなの?…変な物でも食べたか~?」

まどか「私も、最初はそう思ったんだけど…お腹抑えてたし。でも、ちょっと気分が悪いだけで、もう大丈夫だって…」

マミさやほむ「…」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:13:22 ID:j3OMo74HI
まどか「本当は、皆に心配するから言わないでって言われてたんだけど…」ウェヒ…


さやか「ちょ、ちょっと待って…」

マミ「お腹を抑え」

ほむら「気分が悪く」

さやか「皆に言うな…って」ハッ



ほむら「…ま、ままままさか!!」

マミ「ええええ!そそそんな!?」

さやか「あわわわわわ」ブクブクブク

まどか「さ、さやかちゃん!!」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:16:16 ID:j3OMo74HI
マミ「そそそそれで…ああ相手は…?」

さやまどほむ「…」ワカンナイ

マミ「クラスの子かしら…?」

まどか「あ!」

さやか「まだ何かあるの!?」

まどか「…いや、えっと…最近杏子ちゃん、中沢君とよく話すよねって…」

ほむら「確かに、ゲームとかお菓子の新商品なんかの話題で盛り上がっていたわ…!」

マミさやまどほむ「…」

マミさやまどほむ「なーかーざーわー!!」



中沢「へっくしゅん!」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:17:23 ID:xSE46rcI0
中沢君は犠牲になるのか

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:18:17 ID:j3OMo74HI
マミ「とにかく!その中沢君とやらをとっちめましょう!」

さやか「私、杏子に電話してみる」

プルルル…プルルル…

さやか「…出ない」

さやか「そうだ家に…プルルル…あ、お母さん?杏子は…え?まだ帰ってない?うん、うん分かった」

さやか「…杏子、学校出てから結構経つよね?」

マミ「ま、まさか…。佐倉さん、誰にも言えずに一人で思い詰めてるんじゃ…」

まどか「そんな!」

ほむら「お、落ち着いて!とりあえず、佐倉杏子と中沢君を探しましょう!」

マミさやまど「うん!」

マミ「キュゥべえ、佐倉さんを見つけたらテレパシーお願い!」

QB「分かったよ」キュップイ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:24:25 ID:j3OMo74HI
学校


上条「でさ、志筑さんにするかさやかにするか…」
中沢「どっちでも良いんじゃないかと」

まどか「あ!中沢君だよ!」

中沢「え?」



さやか「スクワルタトーレ!」ドゴォ

中沢「ひでぶ!」ズサァッ
上条「中沢ー!?」


さやか「あんたって、ほんとバカ!!」
まどか「酷いよ!こんなのあんまりだよぉ!!」
マミ「死ぬしかないじゃない!」
ほむら「リリース!!」

バキバキドカバキドンパチドドンパ

中沢「うわあああ!!」

上条「…」ガクガク

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:26:19 ID:j3OMo74HI
QB「おーい!杏子が見つかったよ!」


マミさやまどほむ「キュゥべえ!」

マミ「早く行きましょう!」
さやか「はい!」





ほむら「…目に焼き付けておきなさい。女を敵に回すって、そういう事よ」ファサッ

まどか「クラスの皆には、内緒だよっ!」タタタッ



上条「あわわわ…」ガクブル

中沢「…僕が何をしたと言うんだ」ポクチーン

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:26:51 ID:d/6FEeYVi
ひどすぎワロタ

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:27:41 ID:xSE46rcI0
こんなの絶対おかしいよ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:28:25 ID:j3OMo74HI
杏子「…ふぅー!そろそろ帰るか」



マミ「あ!佐倉さんよ!」

さやか「杏子ー!」
まどか「杏子ちゃーん!」タタタッ

杏子「ん?」


さやか「…もぅ!心配したんだから!」

マミ「もっと私達を頼ってくれても良いんじゃない?」

ほむら「でも、無事で安心したわ」ファサ

まどか「杏子ちゃぁん…良かったぁ」グスッ

杏子「…お前ら」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:31:00 ID:j3OMo74HI
杏子「何の事だ?てか、用事あったんじゃなかったのかよ?」

さやか「え?何の事って…だって、あんた最近何か隠してるっぽかったし…」

杏子「えぇ!?」ドッキーン

まどか「皆杏子ちゃんを心配してたんだよ?…今日の用事も、本当はその事で…」ゴニョゴニョ

杏子「…え」

杏子(…皆、そんなに心配して)

杏子「…やっぱり、ちゃんと言わねぇとな」フッ

さやか「うん…。話してよ。何だって聞くよ」

杏子「さやか…」

杏子「あの…その……な?」モジモジ

さやか「うん」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:34:06 ID:j3OMo74HI
杏子「…実は」コソッ

さやか「え」

さやか「太ったぁ?」

マミまどほむ「えー!?」

杏子「しーっ!しーっ!声でけぇよバカ///」

さやか「…それだけ」ガクゥ

マミ「もう…そんな事気にしてたの?」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:35:32 ID:j3OMo74HI
杏子「な!マミだっていっつも気にしてるじゃんかよ!」

マミ「だからこそ、よ?佐倉さん。同じ悩みを持ってるんだもの。ちょっとくらい力になれるかもしれないじゃない」

さやか「そーそー!お母さんにはご飯の量減らしてって言っとくわ!」

ほむら「…心配して損したわ」

まどか「ほむらちゃん」ウェヒヒ

杏子「皆…悪かったよ。前にマミとさやかにあんな事言った手前言い出せなくなっちまって…」

さやか「あんな事?」

杏子「…肉のつけ方がどうとかって」ゴニョゴニョ

マミ「あら、嫌ねぇ。佐倉さんが本気で言ったんじゃないって分かってるもの。一々気にしないわよ」クスクス

杏子「マミ…本当、悪かったよ」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:37:06 ID:j3OMo74HI
まどか「あれ?」

ほむら「どうかしたの?」

まどか「うん。杏子ちゃん、背伸びたんじゃない?」

杏子「そうかぁ?」

ほむら「そういえば、そうね」

まどか「もしかして、生活が改善されて成長期が一気に来たんじゃない?」

杏子「え!…てことは、体重が増えたり服がキツくなったのも…」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:38:02 ID:j3OMo74HI
さやか「どりゃっ!うーん、この辺は成長期まだ来てないみたいだど?」モミモミ

杏子「おいこら!どこ触ってやがる///」

まどか「うぇひひ」

ほむら「でも良かったじゃない。太った訳じゃなくて」ジト

まどか「ほむらちゃん…大丈夫。私達もこれからだよ」ウェヒヒ

マミ「もう!油断は大敵なんだからね?」

杏子「…肝に銘じるよ」

マミ「ふふふっ!それにしても、佐倉さんもそういう事気にするようになるなんて"普通の女の子の生活"に馴染んできたんじゃない?」


杏子「あ…」

杏子「あぁ!」


~おわり~

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:39:26 ID:j3OMo74HI
おまけ

まどか「んー?何か忘れてるような…」

ほむら「そういえば…」

さやか「え?何を…」

マミ「えーと…」


マミさやまどほむ「あ!(…中沢君、ごめんなさい)」


中沢「へっくしょん」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:39:39 ID:eT2OrRiU0
中沢くん…

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:40:04 ID:d/6FEeYVi
乙面白かった

グッバイ中沢

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:40:37 ID:j3OMo74HI
おまけ②

上条「…もう女の人はこりごりだよ」ガクガク

中沢「…僕もさ」

上条中沢「…」

上条「…僕、どうかな?」

中沢「…どっちでも、良いかと///」


本当におわり

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 17:43:45 ID:s6nAF6ZX0
まさかのホモエンド

figma 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 佐倉杏子 私服ver. (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

新品価格
¥2,489から
(2013/12/9 23:54時点)


引用元: まどか「杏子ちゃんが太った…」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。