ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 マ行]魔法少女まどかマギカ >  ゆま「なぎさちゃん、ちゅーしてもいい?」なぎさ「もちろんなのです♪」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆま「なぎさちゃん、ちゅーしてもいい?」なぎさ「もちろんなのです♪」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:19:05.51 ID:DGQqMWel0


◇マミさんち

マミ「……え?」

ゆま「えへへ、嬉しいな。じゃあ早速……」

なぎさ「ちゅー♪なのです」

マミ「ままま、待って! ちょっと、ちゅーってどういうこと?」

ゆま「?」

なぎさ「どうしたのです、マミ?」



マミ、アップ、光


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:19:41.39 ID:DGQqMWel0


マミ「な、なんでいきなり私の家でちゅ、ちゅーだなんて」

ゆま「マミが紅茶を淹れてる間たいくつだったから、ちゅーしてようかなって」

マミ「というか、女の子同士なのにどうしてちゅーしようとしてるの?」

なぎさ「ちゅーくらい魔法少女なら普通なのだそうですよ?」

なぎさ「さやかも良く杏子にちゅーしてあげてるって聞いたのです!」

マミ「え、ええっ……!? そうなの!?」



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:20:14.22 ID:DGQqMWel0


マミ「そ、そんなの初耳なんだけど……」

ゆま「あ、マミも知らなかったんだ?」

なぎさ「実はなぎさ達も最近杏子から聞いて、ちゅーするようになったのです」

ゆま「えへへ、初めてのときはとってもドキドキしたよね」

なぎさ「なぎさは今でもドキドキするのですよ? えへへ……」

ゆま「なぎさちゃん……うふふっ♪」

マミ「お願い待って、二人だけの世界に入らないで……」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:21:09.55 ID:DGQqMWel0


マミ「えと……その、もう少し詳しく話を聞いてもいいかしら」

ゆま「うん、いいけど」

なぎさ「何が聞きたいのです?」

マミ「ええと、そうね……なんで二人は、ちゅ、ちゅーをしようだなんて思ったの?」

なぎさ「今言ったけど、杏子とさやかがしてるって話を聞いたのがきっかけだったのです」

ゆま「うん。それで、なぎさちゃんがわたしを誘ってね……」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:21:35.67 ID:DGQqMWel0










6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:22:37.25 ID:DGQqMWel0


◇数日前 ゆまの家

なぎさ「ゆまにお願いがあるのです」

ゆま「お願い? なーに?」

なぎさ「なぎさに……ちゅーの魔法を教えてほしいのです!」

ゆま「ええっ!? ちゅーの魔法!?」

なぎさ「はいなのです!」



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:23:07.23 ID:DGQqMWel0


なぎさ「杏子が言ってたのです、疲れたときはさやかにちゅーの魔法をしてもらってるって」

ゆま「きょ、キョーコがそんなことを……!?」

なぎさ「そうなのです、とっても気持ち良くて元気が出るって言ってたのです」

ゆま「気持ち良くっ!? そ、それってつまり……!? あわわ……」

なぎさ「?」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:23:40.33 ID:DGQqMWel0


ゆま「えと、そ、それで……どうしてなぎさちゃんはちゅーの魔法を覚えたいの……?」

なぎさ「あ……そ、それは、その」

なぎさ「い……一番の友達の、ゆまを元気にしてあげたいから、なのです……」

ゆま「私の、ため……?」

なぎさ「は、はいなのです……えへへ」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:25:08.80 ID:DGQqMWel0


ゆま「そ、それは、その、気持ちは嬉しいけど」

ゆま「でも、ゆまでいいの? わ、私なんかにちゅーを……」

なぎさ「ゆまのためだからこそ、なのです」

なぎさ「だってなぎさはゆまのことが大好きですから!」

ゆま「なぎさちゃん……」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:27:45.35 ID:DGQqMWel0


ゆま「そ、そこまで言ってくれるなら……うん」

ゆま「わかったよ、私が教えてあげる……ちゅ、ちゅーの魔法を」

なぎさ「あ……ありがとうなのですっ!」

ゆま「でも、えっと……ヘタクソだったらゴメンね?」

なぎさ「杏子は『ゆまならきっと上手に教えてくれるぞ』って言ってたのですよ?」

ゆま「ええっ!?」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:28:15.30 ID:DGQqMWel0


なぎさ「『ゆまもちゅーの魔法は得意なんだぞ』って……」

ゆま「なっ、ななな……?! もおっ、キョーコったら適当なこと言って!!」

なぎさ「嘘なのです?」

ゆま「嘘だよそんなのっ、だ、だってゆま、そんなのしたことないんだから……!」

なぎさ「初めてなのです?」

ゆま「う、うん……」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:29:13.65 ID:DGQqMWel0


ゆま「だから、その、うまくできるか分かんなくて……」

なぎさ「大丈夫なのです! だって……」

なぎさ「な、なぎさも、初めてなのですから……」

ゆま「なぎさちゃんも……?」

ゆま「……え、えへへ。じゃあ、初めて同士なんだね……」

なぎさ「は、はい……えへへっ……」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:30:05.10 ID:DGQqMWel0


ゆま「……こほん、それじゃあ、えっと……」

ゆま「早速……ちゅ、ちゅー……しよっか?」

なぎさ「お願い……するのです」

ゆま「最初だし、ほっぺからにしよっか」

なぎさ「ほっぺなのですね。わかったのです」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:32:03.57 ID:DGQqMWel0


ゆま(正直なところ、ちゅーの魔法がなんなのかよくわかってないんだけど……)

ゆま(とりあえず、傷を治すときみたいに魔力を込めて……き、気持ち良くしてあげれば良いよね……?)

ゆま「い、いくよ……」

なぎさ「っ……」

……ちゅっ

なぎさ「ふあっ……」



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:33:01.26 ID:DGQqMWel0


ゆま「ど、どうかな……?」

なぎさ「あふっ……き、気持ち良かったのです」

なぎさ「身体が温かくなって、ドキドキして……すごかったのです」

ゆま「えへへ……良かった、喜んでもらえて」

なぎさ「コツはなんとなくわかったですから……こ、今度は、なぎさがちゅーするのです」

ゆま「う……うん。お願い……するね……」

なぎさ「い、いくのですよ……」

……ちゅっ



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:34:22.13 ID:DGQqMWel0











17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:35:05.61 ID:DGQqMWel0


◇マミさんち

ゆま「……という感じで、お互いにちゅーするようになったんだよ」

なぎさ「ちょ、ちょっと恥ずかしいのです……」

マミ「う、ううう……///」

ゆま「……マミ?」

マミ「そ、そんなのダメよ! イケないことだわ!」

なぎさ「ええっ?!」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:36:17.47 ID:DGQqMWel0


マミ「もっとこう、ごっこ遊び的なものかと思ってたけど、魔法で気持ち良く、だなんて……」

マミ「貴女たちはまだ子供なのに、そんな、え、えっちいことしちゃダメよ!」

ゆま「え、えっちくなんてないよ! 気持ち良くちゅーしてるだけだよ」

なぎさ「そうなのです! へ、変なこと言わないでほしいのです!」

マミ「ダメなものはダメです! えっちいの禁止!」

ゆま「そんなぁ……」

なぎさ「むむむー……」



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:36:47.88 ID:DGQqMWel0


なぎさ「……あ、分かったのです!」

マミ「わ、分かってくれたのね、良かっ……」

なぎさ「マミにもちゅーの魔法を体験してみて貰えばいいのです! そうすれば……」

ゆま「そっか! ちゅーの気持ち良さを分かって貰えばいいんだね!」

マミ「え……えええっ!?」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:37:17.90 ID:DGQqMWel0


ゆま「そうと決まれば……」

なぎさ「えへへ、覚悟するのですよマミ……」

マミ「ちょ、ちょっと待って、わ、私は、ダメ、あっ……!!」

ゆま「ちゅー♪」

なぎさ「ちゅーなのです♪」

マミ「ひゃっ、ふぁぁあ……!」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:38:28.67 ID:DGQqMWel0










22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:39:05.28 ID:DGQqMWel0


◇さやかの家

杏子「さやかー、なんか疲れちまったんだけどー」

さやか「はいはい、またアレね」

杏子「おー、頼むよ」

さやか「仕方がないなあ……ほれ」

パァァ...

杏子「あー、気持ちいいー。サンキューな」

さやか「どーいたしましてー」

杏子「やっぱ良いもんだなー、治癒の魔法って!」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:40:26.97 ID:DGQqMWel0


おしまい。



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:41:01.26 ID:DGQqMWel0


まどか「ほ、ほむらちゃんにちゅーして欲しいの!」

ほむら「治癒……? ごめんなさい、私は治癒は苦手なの」

まどか「えっ……」

ほむら「治癒なら美樹さんや巴さんのほうが得意だから、彼女たちに頼んで頂戴」

まどか「そ、そんなのヤダ! 私はほむらちゃんにちゅーしてほしいの!」

ほむら「そう……。でも、頼って貰えるのは嬉しいけれど、私は……」

ほむら「……! そっか、そういうことなら私が巴さんに治癒を教えて貰えばいいんだわ」

まどか「えっ……」

ほむら「ちょっと巴さんと練習してくるから、 まどかを治癒するのはまた今度ね」

まどか「だ、ダメぇ! そんなのもっとダメだよぉ!!」



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/12/15(日) 09:41:31.77 ID:DGQqMWel0


おしまい。



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/15(日) 10:00:01.56 ID:SVO2FjHQ0


乙です。エロ可愛かった。
幼女二人に開発されちゃったマミさんはどうなったのか……




28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/15(日) 11:02:54.83 ID:OGXkYpK90



俺も疲れてるからちゆーして欲しい





魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ (1/8スケール PVC塗装済み完成品)

新品価格
¥6,240から
(2013/12/15 18:35時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387066745/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。