ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [オリジナル]男・女 >  男「安価で無人島をサバイバル」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「安価で無人島をサバイバル」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:30:49 ID:VnYrqaCE
男「とは言ったものの…>>9しか持って来てないんだよな…」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:50:24 ID:QFJt7Ats
鉄串

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:58:16 ID:VnYrqaCE
男「鉄串・・・カキでもあればこれであけて食べるんだけどな・・・」

男「食料をとるか、水を手に入れるか、はたまた寝床か・・・」

男「何をしよう」

>>11

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:59:07 ID:gX2djHp.
寝床

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 14:07:04 ID:VnYrqaCE
男「寝床だな・・・その辺に偶然転がっていた丸太を使うか」ヨイショ

男「ヒモはツタを使って・・・」ギュッ

男「屋根は枝で骨組みを作ってその上に葉っぱを被せる・・・と」パサ

男「できた!俺様の部屋だ!」バアーン

男「・・・中にインテリアとか欲しいな、>>14でも置こう」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:03:00 ID:wa0Bf56U
駆逐艦<電>

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 20:28:07 ID:TxhnG3NA
>>13 なのです!

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 23:08:30 ID:VnYrqaCE
男「どっかにないかなあ・・・ガサガサ」

男「うおッ、難破船がある!」

男「・・・日本海軍の吹雪型駆逐艦、電か?こんなのがあるんだったらこれに住めばよかったな・・・」

男「でも中はゴキブリとかで一杯なのかもな・・・」ゾク

男「中にある銃とか火薬とかもらっていこう」ゴソゴソ

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 23:18:39 ID:VnYrqaCE
戦艦内部・・・ カタンカタン

男「うわッ!?」バキッ

男「老朽化がかなり進んでるな・・・」パラ…

男「お、銃みーっけ・・・うへ、そばに骸骨が転がってやがる・・・」

男「んー・・・弾丸も火薬もそばにあるな、使えるぞこれは」ガシャッ

男「・・・お?これは>>17じゃあないか」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 23:37:16 ID:6xgAJpjY
包丁

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 23:48:46 ID:VnYrqaCE
男「包丁か・・・和包丁だな、料理に便利だ」

男「いざというときは鉄串と一緒に武器として使える・・・」 パキ>

?「しまっ・・・」

男「!だッ、誰だ!」

?「ぐッ・・・」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 23:50:10 ID:VnYrqaCE
?(奴は銃を持っている・・・正直にしゃべった方がいいな)

?「あー・・・警戒しないでほしい」

男「・・・」ジャキ

?(・・・まあ無理な話か)

?「>>20という者だ」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 23:51:18 ID:bvwrS5QA
スネーク

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 23:58:38 ID:VnYrqaCE
男「スネーク・・・だと?」

スネーク「ああ・・・職業は傭兵だ」

男「なんと・・・それは心強い。私はここでサバイバルをしているのだが、よかったら一緒に」ス

スネーク「いいだろう」ガシイ

男「ところで・・・なぜこの無人島に?そしてなぜこの戦艦に?」

無人島に来た理由>>22
戦艦に潜入した理由>>24

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 03:52:43 ID:RAmiaw2s
人間を動物に変えてしまう兵器を壊しに

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 10:40:55 ID:RAmiaw2s
生物兵器を乗せて行方不明になった戦艦に似ている

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 10:45:49 ID:v.kjYU9Y
スネーク「人間を動物に変える兵器を破壊しに来たのだ」

男「何・・・?そんなものがこの島にはあるのか!」

スネーク「そして、この戦艦が発生した生物兵器を乗せて行方不明になった戦艦に似ていたから調べていた」

スネーク「まあ全く違ったがな」

男「待て・・・するとスネーク、お前は誰かの命令できたのか?」

スネーク「ああ」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 10:49:24 ID:v.kjYU9Y
男「ということは無線機を持っているな?」

スネーク「・・・そうだが、救助隊を呼ぶのは無理だ。兵器を破壊し、行方不明の戦艦を発見してからならできるが」

男「じゃあ兵器の破壊を急ごう・・・どこにあるかわかるのか?」

スネーク「2日前に来たばかりでな、探索はほとんどやっていないに等しい」

男「じゃあ探そう。俺はここから西をやるから、そっちは東を頼む」

スネーク「いいだろう」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:11:38 ID:v.kjYU9Y
数分後・・・

男「さて・・・そう簡単に見つかるかな」ガサガサ

男(兵器があるということは・・・そばに基地もあるんじゃあないか?)

男(基地があれば捨てられた食料や水が残されているかもしれない)

男「下手に動物を仕留めるとまずい・・・元人間かもしれないしな」

男「お・・・あんなところに滝が」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:15:07 ID:v.kjYU9Y
ザアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

男「」ゴク ゴク ゴク ゴク ゴク ゴク

男「ぷはあ・・・ちょうどのどが渇いてたんだ」

男「ん?滝の裏側にスペースがあるな・・・」

男「こ、これは>>29!?」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:21:35 ID:RAmiaw2s
魔法陣

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:25:19 ID:v.kjYU9Y
男「なんでこんな中2的なものが・・・」

男(・・・兵器を作った連中は、科学ではなく魔術を使うのか・・・?)

男「よくわからんな」

男「適当に呪文を唱えよう」

男「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。おごれる者も久しからず・・・ん?」コオオオオオオオオオオオオオオオオオ

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:30:14 ID:v.kjYU9Y
男「光ってる!?」コオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

ズズズズズ…

男「なッ・・・何か出てきた!」

ズズズズズ

ズズズズ…

シュウン

男「こ・・・これは>>33!どうなっているんだ!」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 12:03:11 ID:nCr5wqvQ
カズヒラ

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 12:12:07 ID:v.kjYU9Y
カズヒラ「こ・・・ここは!?」

男「カ・・・カズヒラ・ミラー!」

カズヒラ「!なぜ貴様私の名を!」

カズヒラ(ロシア潜入の任務中に・・・こいつはロシア軍か!?)

カズヒラ(いや・・・それにしてはマヌケな恰好だ。それにロシアほど寒くない・・・)

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 12:16:40 ID:v.kjYU9Y
男「・・・お前もこの兵器を破壊するのか?」

カズヒラ「・・・!それはスネークの任務のはず!なぜ貴様がそれを知っている!」

男「さっきスネークと会った。それで一緒に兵器を破壊しようとなって・・・今スネークは東を探索している」

カズヒラ「そうか・・・」

男「よかったら一緒に兵器を破壊しt」

カズヒラ「いいだろう。力を貸してやる」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 12:20:02 ID:v.kjYU9Y
3時間後

男「・・・」ガサガサ

カズヒラ「見つからないな」ガサ

男「・・・こんなときに石仮面でもあれば人間をやめてもっと速く探せるのに・・・」

カズヒラ「何の話だ貴様」

男「もしくは白い生物が「僕と契約して」とか言って来れば・・・」

カズヒラ「現実逃避するんじゃない」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 12:24:35 ID:v.kjYU9Y
男「お?」ガサ

カズヒラ「どうした」

男「草むらに変なものが・・・」カン カン

カズヒラ「でかいな・・・金属でできているぞ」ゴンゴン

男「もしかしたら・・・>>40じゃないかな」

カズヒラ「・・・なるほど?」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 12:28:35 ID:z2alAyQE
UFO

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 12:36:27 ID:v.kjYU9Y
カズヒラ「UFOか・・・道理で見たことのない金属なわけだ」

男「墜落したのか?それとも安置されているのか・・・」

カズヒラ「墜落したなら、兵器を作った連中が撃墜したのかもしれんな」

男「安置したのであれば、兵器を作ったのはUFOに乗っていた宇宙人・・・」

男「このUFOの持ち主は被害者なのか加害者なのか・・・どっちだ?」

>>43
被害者なら①、加害者なら②、その他なら③

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 19:02:17 ID:pllpF5vQ

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 22:13:06 ID:BLDhaS2o
カズヒラ「これは・・・着陸した跡ではないな。間違いなく撃墜されている」

カズヒラ「外殻にも穴が開けられているし」

男「・・・一応中を見てみるか」

カズヒラ「そうだな」

男「うわ・・・懐中電灯ある?」ガコン

カズヒラ「ん」スッ

男「ども」パシ

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 22:17:23 ID:BLDhaS2o
カズヒラ「うへえ・・・宇宙人の科学って感じだな」シャッ シャッ

男「銃みたいなのもあるが・・・」ガコッ

カズヒラ「人間の銃よりも強いかもしれない・・・最悪鈍器にはなるから持っていこう」

男「ああ・・・にしても全く理解できない機械だな」

カズヒラ「感覚がおかしくなりそうだ・・・早く出よう」

男「おう」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 22:19:51 ID:BLDhaS2o
カズヒラ「さて・・・どうする?」

男「何を」

カズヒラ「このUFOだよ」コンコン

カズヒラ「今後宇宙人の科学技術を使って悪さをする人間が出るかもしれないし・・・逆にこの技術を使って医療やITが進歩したりするかもしれない」

男「・・・ふむ」

カズヒラ「爆破処理するか、どうするかだ」

男「・・・>>48でいいんじゃあないか?」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 22:24:09 ID:pgyj8Obw
研究用の少量のサンプルを確保して爆破

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 23:03:27 ID:BLDhaS2o
カズヒラ「サンプルか・・・このあたりにある通信機器のようなものでいいか」カシャッ

男「ああ・・・金属片なんかも意味があるかもしれない」バキ

カズヒラ「よし・・・じゃあ爆弾をここに取り付けて・・・」カタッ

ピッ ピッ ピッ

カズヒラ「出るぞ!」ダッ ピッ ピッ

男「ああ!」ダッ ピッ ピッ

ピッ

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 23:05:56 ID:BLDhaS2o
カチッ

ドグォォォォォォォォォオオオオオオオオオオオン

男「うおッ・・・」パラ… コン

カズヒラ「ふう・・・」メラメラ ボオオオオオ…

男「宇宙人の技術か・・・一回スネークと合流して、話し合うか」

カズヒラ「そうだな」

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 19:25:43 ID:VH.QSnsk
一方、男が滝を発見したころ(>>27)のスネーク

スネーク「ぬう・・・」ガサ ガサ

スネーク「やはり機械らしき物はないな」

スネーク「泉でもあれば水を・・・」ザクッ

スネーク「ッ!?」ガサ

スネーク「・・・足をケガしたのか・・・なぜだ?」

理由>>52

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 19:29:36 ID:WLZdlNQo
胸に付けていたナイフが落ちたから

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 20:11:08 ID:VH.QSnsk
スネーク「む・・・胸のナイフがない」

スネーク「ナイフが落ちて足を切ったのか・・・」ス

ズボ…

スネーク「ナイフの土はいいとして・・・止血しなければ・・・」

スネーク「急がなくては・・・血の匂いを嗅ぎ付けて動物が寄ってくるやも知れぬ・・・」

カサ

パキッ

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 20:16:04 ID:VH.QSnsk
スネーク「ッ!」バッ

カサッ

カサカサ

シン…

スネーク「・・・」

スネーク「動物か・・・?用心していかなくては」ガサ

ガサガサ…

ガサッ

クンクン

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 20:20:07 ID:VH.QSnsk
スネーク「土や血がついている分殺傷能力は上がるな・・・」ガサガサ

スネーク「!」ガサッ

スネーク「小川か・・・水筒に水をくむとするか」ガサ

スネーク「どれ・・・」コポポ

スネーク「ん?>>57が流れてくる」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/10(火) 23:16:51 ID:X0patAvw
宝箱

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 20:34:33 ID:TXiKF/9I
スネーク「宝箱・・・」

スネーク(金貨や銀貨はあってもここじゃあな・・・まあ箱は使えるか)ジャブジャブ

スネーク「よッ・・・やはり空ではなかったか」ジャバアッ

スネーク「ふう」ゴトッ

スネーク「ここで開けるか・・・男と一緒に開けるか・・・どうするかな」

>>59

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 21:59:02 ID:5KdHuphk
空けちまいな

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 22:13:58 ID:TXiKF/9I
スネーク「ここで開けよう」ス

スネーク「ナイフで・・・」カチャカチャ

カチャ キッ

ガチャッ

スネーク「開いた・・・」キイ

スネーク「なるほど、重いと思ったら>>61が入っていたのか・・・」

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 22:20:07 ID:5KdHuphk
デイビー・クロケット

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 12:30:34 ID:uNvGRPtc
スネーク「弾も装備されている・・・」ガシャッ

スネーク「核爆弾か・・・この島の兵器を壊すにはうってつけかもしれないな・・・」

スネーク「それにしてもよくできた宝箱だ、水が一滴たりとも入っていない」コンコン

スネーク「火薬数十トンの爆発にも耐えうるやもしれんな・・・」ガコッ カチャカチャ

スネーク「ぐ・・・さすがに重い・・・これを持って歩き回るのは骨が折れるな」

スネーク「どうするか・・・」

>>63
ある程度探索を続けるor切り上げて男と合流

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 13:51:55 ID:O2USvP/2
ある程度探索(笑)を続ける

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 14:01:21 ID:uNvGRPtc
スネーク「もう少し続けよう・・・」ガコッ

スネーク(それにしてもなぜ核爆弾が・・・上流に基地があるということか)

スネーク(すると・・・次の探索では上流を狙うべきだな・・・向こうは男が向かった方向だが・・・)

スネーク(あの男、山よりも向こうに行ったか?それなら基地は見つけていないはず・・・明日は山周辺を・・・)

スネーク「ん?」

スネーク(ツタに>>66がからまっている・・・)

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 14:06:24 ID:R.B9JCfQ
イワン・ライデノヴィッチ・ライコフ少佐

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 16:02:37 ID:uNvGRPtc
スネーク「ライコフか・・・」

スネーク「こいつには股間を握られたことがあったな・・・蹴っておくか」

ライコフ「・・・」

スネーク「まあいいか・・・今は兵器の破壊が先決だ・・・こいつも仲間に引き入れるか」グイイ

ライコフ「ぅ・・・」

スネーク「寝てろ」ボグッ

ライコフ「」ゴトッ

スネーク「結構な収穫だったな・・・さて、男と合流しよう」

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 16:32:24 ID:uNvGRPtc
数時間後・・・

スネーク「おお、来たか」

男「ああ・・・ところで、この男を知っているか?」

カズヒラ「よっ」

スネーク「・・・!カズヒラ!」ガタッ

スネーク「そうだ、こっちも拾い物がある」グイ

スネーク「ライコフだ。今は眠らせてある・・・この島にいる間は仲間にしてもいいか?」

カズヒラ「いいぞ」

スネーク「さて・・・実はまだあるんだ」

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 16:39:12 ID:uNvGRPtc
スネーク「この宝箱と・・・中のデイビー・クロケット。核爆弾だ」ガチャリ

カズヒラ「ほう・・・兵器破壊にいいかもしれんな、UFOを撃ち落とす連中だし」

スネーク「UFO?」

男「撃墜されやUFOを見つけた・・・中にある銃と金属板、それと通信機器を持ってきた。UFOは爆破しておいたぞ」

スネーク「なるほど、あの爆音はUFOだったのか」

男「あと・・・魔法陣を見つけた。道具や味方を増やすのに役立つだろう」

カズヒラ「俺も魔法陣から召喚されたそうだ」

スネーク「へえ・・・」

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 16:42:55 ID:uNvGRPtc
スネーク「起きろ」ドガッ

ライコフ「ぐッ・・・ここは!?」ガバッ

男「実はカクカクシカジカで」

ライコフ「なるほどマルマルクマクマか」

ライコフ「で・・・その間お前たちは仲間?」

カズヒラ「ああ」

ライコフ「なるほど」

スネーク「もう日が暮れてきている・・・寝るぞ」

男「そういえばここに来てから何も食べてないな・・・」

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 16:59:40 ID:uNvGRPtc
男の部屋

スネーク「丁度2人分しかベッドがない・・・」

男「いや、こういう島って女か友人が登場するだろ!?だから2人分しか・・・」

カズヒラ「大丈夫だ、立って寝れるから」

ライコフ「ああ」

スネーク「zzz・・・」

男「」

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 17:28:01 ID:uNvGRPtc
男「クソ・・・なんなんだよもう・・・」

ガサッ

パキパキ

男「ん?」

ガサ… ガサ…

男「・・・?」

男「」ガシャッ

ダッ

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 17:33:32 ID:uNvGRPtc
男「」ズザザッ

グルルルルル… ガルル…

男「・・・」

ジャキッ

男(旧日本軍の銃で倒せるか・・・?)

???「ガルゥゥゥゥアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーッ!!!」バッ

男「こ・・・この動物はッ!>>75かッ!」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 17:36:49 ID:R.B9JCfQ
ドラゴン

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 18:42:57 ID:A4g.rkDE

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 19:06:49 ID:uNvGRPtc
ドラゴン「KUAAAAAAAAAAAAAAAAA・・・」ズン ズン

男「うッ・・・」

男「足が恐怖心でッ!動かねえ!」

ドラゴン「」ズウン…

男「・・・」ゴクリ

ドラゴン「」クンクン フキュウウウウウウウウ…

男「・・・?」

ドラゴン「GUAAAAAA・・・」プイ

男「?」

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 19:11:56 ID:uNvGRPtc
ズン ズン

男「・・・助かっ・・・た?」

男「!まずい!向こうは俺の部屋だッ!」

ジャコオ

男「スネークやカズヒラ達に手を出させるわけにはいかないッ!」

ドン ドン ドン

ドラゴン「・・・」

ギロ

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 19:16:11 ID:uNvGRPtc
ドラゴン「KUAAAAAA・・・」

男「ッ!」

ドラゴン「」バサア

男「羽ッ!?」

ドラゴン「GUAAAAAAA・・・」バサバサバサ

ドラゴンの攻撃>>79

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 19:17:42 ID:A4g.rkDE
火を吹きながらの突撃

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 19:21:26 ID:uNvGRPtc
カアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア…

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

男「ひッ・・・火!まずい!鉄砲が暴発する!」ダダダ

ドラゴン「」ギュン

男「不味い・・・追いつかれるッ!」

男「スネークッ!出てこい!」

ダダダダダダダ

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 19:26:31 ID:uNvGRPtc
スネークウウウウウウウウウウウウウウウウ!

スネーク「・・・ん・・・?」パチ

スネーク「」バッ

スネーク「おいカズヒラ」トントン

カズヒラ「・・・ん?」パチ

スネーク「外に出るぞ、男が外に出て何か叫んでる」

カズヒラ「は・・・?」

スネーク「ライコフを起こしておいてくれ・・・俺は先に道具を持って出る」

>>83
何を持って出る?

83: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 19:33:40 ID:A4g.rkDE
デイビー・クロケット
5分たったので連投

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:19:22 ID:uNvGRPtc
ガシャッ

スネーク「・・・」ダッ

スネーク「なッ・・・何だこれは・・・!」

ドラゴン「」ピクッ

ギュン

スネーク「口から炎を吐く鳥・・・!?くッ」ガチャガチャ

ジャコン

スネーク「・・・!」

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:22:05 ID:uNvGRPtc
ガコン

スネーク「チッ!」ドン

ギュオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

ドラゴン「!」

カッ

バグォォォオオオオオオオオオオン

スネーク「ぐおおおおおおおッ!!!」ビュオオオオオオオオオオオオオオオオオ

男「ぐッ・・・!」ギュオオオオオオオオオオオオオオオオ

オオオオオオオオオオオオオオオ…

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:28:09 ID:uNvGRPtc
オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ…

メラメラ パキパキ

ライコフ「く・・・」メラメラ

男「俺の部屋が・・・」メラメラ

スネーク「爆弾の威力は核爆弾としては最小だったが・・・木でできた小屋を燃やすくらいはわけなかったということか・・・」パキパキ

カズヒラ「・・・で、どうする?寝床は燃えちまった。一応武器や道具は持ち出せたが・・・1番威力のデカいデイビー・クロケットをつかっちまったぞ」

男「・・・兵器を作った連中はおそらく高確率でUFOの技術を盗んでいる・・・核爆弾以外で壊せるかどうか」

男(いや・・・それよりも)

87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:32:59 ID:uNvGRPtc
男(生物に変える兵器・・・俺は地球上に存在する生物に変える兵器だと思っていたが)

男(さっきのドラゴン・・・兵器とは、『空想上の生物』に変化させるんじゃねえのか!?)

男(すると、ケルベロスとかいった西洋の怪物に、龍みたいな東洋の怪物とか・・・ヤバい生物ばっかなんじゃねえのか?)

男(そんな兵器があるこの島で・・・俺は鉄串だけで生き延びようとしていたのか)

男(笑えてくる)

メラメラ… パキパキ

88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:53:23 ID:uNvGRPtc
翌日・・・

スネーク「今日は山の探索・・・山の東側の探索をする」

男「ああ・・・行動範囲が狭いから4人一緒に探索した方がいいな」

カズヒラ「そうだな。そうしよう」

男「その前に・・・魔法陣に寄っていいか?そこで1個道具を手に入れたい」

ライコフ「いいぞ」

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:57:24 ID:uNvGRPtc
魔法陣・・・

サアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア

スネーク「滝の裏にこんなものがねえ・・・」

男「よし・・・寿限無寿限無五香の擦り切れ・・・」コオオオオオオオオオオオオオ

コオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

カズヒラ「さて・・・何が出るかな?」ズズズズズ

ズズッ

ライコフ「これは・・・>>90!」

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 20:59:13 ID:R.B9JCfQ
ジェノサイドキャノン(EDF)

91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 21:15:22 ID:uNvGRPtc
男「ジェ、ジェノサイドキャノンッ!?」ドオーン

スネーク「でッ・・・でかいッ!空中要塞かッ!」

男「しかし・・・あれに乗る方法がないぞ・・・」

ライコフ「魔法陣でヘリでも出せばいいだろう、魔法陣よりも大きいものも出せるようだし」

カズヒラ「そうだな・・・」

カズヒラ「寿限無寿限無(ry」コオオオオオオオオオオオ

ズズ…

男「出たッ!>>92だッ!」

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 21:16:54 ID:A4g.rkDE
飛行装置と軽機関銃+大量の弾薬

93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 21:19:47 ID:uNvGRPtc
スネーク「ほう・・・飛行装置と軽機関銃・・・それに大量の弾薬」

スネーク「どうやら・・・魔法陣からは複数の物も出るようだな」

男「よし、じゃあライコフは軽機関銃を、カズヒラは弾薬を持ってくれ」

ライコフ「ああ」ジャコッ

カズヒラ「ふう」ドサッ

男「行くぞッ!」カチッ

ドシュシュシュシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

94: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 21:24:18 ID:uNvGRPtc
ストトトッ

ガチャッ

男「入るぞ」クイッ

シババババッ

ストトトトッ

カズヒラ「・・・これが操縦席か」ドサドサ

スネーク「よし・・・じゃあ上空から探すとしよう」

オオ…ン…

95: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 21:28:08 ID:uNvGRPtc
シュッ…

シュバッ

ライコフ「ん?」

男「どうした」

ライコフ「何か窓にいたような・・・」

男「何・・・」

ガアッシャアアアアアン

全員「!?」

>>97
侵入した生物(空想動物でも化石動物でもどうぞ。ただし飛行系で)

97: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 21:30:35 ID:R.B9JCfQ
巨大なカマキリ

99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 22:13:38 ID:uNvGRPtc
カマキリ「キシャアアアアアアアアアアアアアアアア・・・」バババババババババ

男「カマキリ・・・!3mはあるぞ!」ジャカッ

男「」ドン ドン ドン

ビシュッ ブシュッ ビチャアッ

カマキリ「ギョアシャアアアアアアアアアアアアーーーーーッ!」バッ

男「まずい!昆虫だから銃撃にも耐えられるのかッ!」

ライコフ「くッ」ジャカッ

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

カマキリ「ギュエ…」ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 22:16:12 ID:uNvGRPtc
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ドドドドドドドドドッ

ライコフ「・・・」カチカチ

ライコフ「ひとまずこれくらいか?」ポイ ガシャッ

カズヒラ「これでも弾薬の1/3しか使ってないのか・・・」

ライコフ「はは、ありがたいな」

101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 22:19:24 ID:uNvGRPtc
ライコフ「さて・・・見つかったか?」

スネーク「見つけたら既に伝えている」クイクイ タタタッ

ウーン… ナイナア… キチモミツカラントハ…

カマキリ「」ギギギ…

男「ッ!?」バッ

カマキリ「ギョ…」ギギギ

スネーク「くッ・・・なんとう耐久力!」

男「鉄串だッ!」ブン

カマキリ「ギェ」ドスドスドスッ

バタ

102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/14(土) 22:22:22 ID:uNvGRPtc
シィーン…

スネーク「・・・死んだか?」バン

ズキュン

カマキリ「」

カズヒラ「死んだな・・・」

男「わァァが鉄串の命中精度はァァア世界一ィィィイイイイイ!!!」

3人「は?」

男「あ・・・なんかスマン」

104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 08:46:20 ID:6RwrBzG6
スネーク「み・・・見つけたぞ!」ガタ

3人「何!?」バッ

スネーク「あの白い砲台・・・あれじゃないか!?」

男「よし・・・ジェノサイドキャノンで早く破壊しよう」

ライコフ「標準をあわせて・・・ッ!?」ガタ

カズヒラ「どうした!」

ライコフ「大量の>>106が・・・!」

飛行生物でもロボットでも可

106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 15:18:18 ID:4relsPns
ガンダム

107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 15:41:31 ID:6RwrBzG6
男「ガンダム!?」ガタッ

男(兵器が作り出すのは生物のはず・・・ということはこいつらは兵器を守る役割か!)

男(しかしこれはまずい・・・!ジェノサイドキャノンでは狙えない・・・!)

男「船内に使える武器はないか!?」

スネーク「探してみる!」ダッ

カズヒラ「急げ!」

ウィー

ガシャッ

3人「!」

108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 15:44:07 ID:6RwrBzG6
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド

ドガアアアアアアン ズガアアアアアアン ボガアアアアアアアアン

男「うッ・・・」キキッ

カズヒラ「このままじゃ落ちる・・・!」ズルズル

男「どうすれば・・・!」

>>110
①スネークを信じる ②武器を使う ③いっそのこと墜落する ④自爆

110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 16:20:27 ID:ZsR63/mU
1

111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 17:01:08 ID:6RwrBzG6
男「スネークを信じる!」

ライコフ「しかし・・・!」ボグオオオオオン

男「味方は見捨てられない」

スネーク「くッ・・・」ドサッ

カズヒラ「スネーク!」

スネーク「>>112を見つけたぞ!」

112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 17:03:55 ID:ZsR63/mU
デイビー・クロケット三個と無反動砲10個

113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 17:15:18 ID:6RwrBzG6
カズヒラ「ほう・・・」ピク

カズヒラ「壁はガンダムの砲撃で壊れている・・・命中させやすいぞ!」

ライコフ「それも無反動砲・・・いける!」

男「よし、俺が船を維持するから、発射を頼む!」

3人「ああ!」ガコッ

114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/15(日) 17:18:15 ID:6RwrBzG6
ドン

ヒュオン

ガンダム「」ドグアアアアアアアアアン

ライコフ「よし!」ドン

ドグオオオオン バグオオオン ズガアアアアン ドゴオオオン

男(ガンダムは全部で9機・・・いけるか!)

ズダアアアアン ボガアアアン

カズヒラ「残りは2機!」

115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 16:25:43 ID:TE72sVcI
ガンダム「」ガチャッ

スネーク「ハアッ!」カチ ドオン

ガンダム「」ドガアアアアアアン

カズヒラ「オルァーーーッ!」カチャッ

ガンダム「」バグオオオオオオオン

男「よしッ!」

男(損壊が小さくてよかった・・・なんとか低空飛行はできる!)

116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 16:37:23 ID:TE72sVcI
ウオオ…ン…

男「ハア・・・ないか?」

ライコフ「ん・・・おいアレ!」

男「え?」

ライコフ「あの白い奴・・・兵器じゃないのか!?」

スネーク「本当だ・・・」ガタ

男「よし・・・じゃあ発射するぞ!」

3人「ああ」

117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 16:43:35 ID:TE72sVcI
カチッ

カッ

ズドォォォォオオオオオオオオン

オオ…ン…

シュウウウ…

スネーク「終わった・・・」ドサ

男「後は戦艦を探すんだな?」

スネーク「ああ・・・」

118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 16:49:26 ID:TE72sVcI
男「よっ・・・と」ウィィィ…

ズウウ…ン…

男「着陸成功・・・と」

カズヒラ「じゃ、スネーク。本部に通信」クイ

スネーク「ああ・・・」ピッピッ

スネーク「もしもし・・・」カチャ

男(基地も一緒に爆破した・・・終わった・・・)

119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 16:55:10 ID:TE72sVcI
男は無事救出され、日本へ帰還することができた

この島の存在は当局によって抹消され、地図も書き換えられることとなった

そして、スネーク達は特別にそれぞれの任務へ戻り

男は幸せに余生を過ごした



121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/17(火) 20:03:21 ID:AEKajek2

面白かった

メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版

新品価格
¥2,427から
(2013/12/18 11:32時点)


引用元: 男「安価で無人島をサバイバル」

[ 2013年12月18日 11:33 ] [オリジナル]男・女 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。