FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 ア行]暁の護衛 >  ツキ「海斗、海斗、乳首が取れてます」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツキ「海斗、海斗、乳首が取れてます」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:26:09 ID:cMbHByIA0

海斗「あ?それ俺のじゃねえよ」

ツキ「嘘はあかんで~」

海斗「エセ関西弁はやめろ。てかちゃんと付いてるぞほら」パッ

ツキ「・・・///」ポッ

海斗「いや照れんなよ」

ツキ「相変わらず紫芋みたいな汚い色ですね」

海斗「ひでぇなおい。どこからどう見ても綺麗なエメラルドグリーンだろ」

ツキ「貴方はピッ○ロですか」



暁の護衛、三人




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:30:21 ID:cMbHByIA0

海斗「それはともかく、お前の乳首って小さいのな」

ツキ「失礼な、わたしのではないです」

海斗「じゃあちゃんと付いてるか見せてみろよ」

ツキ「はい」ポロン

海斗「・・・」

ツキ「・・・」

海斗「す、すみません・・・」

ツキ「うむり」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:36:43 ID:cMbHByIA0

ツキ「ということで、この乳首は海斗に差し上げます」ポイ

海斗「いや要らねえよこんなもん」パシン


『あああああああぁぁぁあああああ!?』


ツキ「・・・」

海斗「・・・」

ツキ「・・・今のは何でしょうか?」

海斗「・・・奇声だな」

ツキ「奇声ですね」

海斗「・・・この乳首を叩いたら聞こえたよな?」

ツキ「はい」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:39:51 ID:AOqSFVbK0

暁の護衛とかレアすぎた


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:42:10 ID:cMbHByIA0

海斗「・・・・・・」ナデナデ


『ふぉっ!?』


海斗「・・・」

ツキ「・・・」

海斗「・・・」ポイ

ツキ「・・・」スパンッ


『ぬわあああああああぁぁあああああ!?』


海斗「・・・」

ツキ「・・・」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:48:02 ID:cMbHByIA0

海斗「・・・ツキ、これは倉屋敷の新商品とかではないよな?」

ツキ「違う、廊下に落ちてた」

海斗「そうか・・・ということはだ」

ツキ「はい」

海斗「この乳首が誰の物であるかを知る必要が出てきた訳だ」

ツキ「うむり」

海斗「久々に名探偵ツキの出番だな」

ツキ「えへへ~」クネクネ

海斗「クネクネすんな」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:53:38 ID:cMbHByIA0

海斗「では名探偵ツキよ、後は任せたぞ」

ツキ「ちょい待ち、海斗も来る」

海斗「俺?俺はいいよ別に」

ツキ「名探偵に助手は付き物でありますぞ」

海斗「面倒だな」

ツキ「後で本屋に出掛ける予定だったけど、また今度にしようかなぁ~」

海斗「ほら早く来いよ、落とし主が逃げちまうぞ」

ツキ「相変わらず現金な」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 00:58:07 ID:cMbHByIA0

-----------廊下------------

海斗「勢いで廊下に出ては見たものの・・・手掛かりは」

ツキ「叫び声が聞こえた」

海斗「ああ、そうだったな」

ツキ「でも気が動転して誰の声なのかわからなかった」

海斗「うむ・・・よし、まずは聞き込み調査だな」

ツキ「誰にするか?」

海斗「そうだな・・・>>12辺りでどうだ?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:00:25 ID:cMbHByIA0

海斗「ほうでどうだ」

ツキ「誰ですかその気の抜けたような名前の持ち主は。真面目にやる」

海斗「わかったよ。じゃあ>>15な」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:02:57 ID:IWEe5SJo0

杏子


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:06:27 ID:cMbHByIA0

海斗「杏子でどうだ?」

ツキ「・・・」

海斗「なんだよ、不満か?」

ツキ「いえ、別に。では行きましょうおっぱい星人」

海斗「別におっぱいは関係ねえよ」

ツキ「下の穴があればいいか?」

海斗「・・・」

ツキ「図星か」

海斗「おら行くぞ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:14:32 ID:cMbHByIA0

海斗「さて、まずは雷太に電話だな」

ツキ「?」

海斗「杏子は黒堂の所で働いているらしい」

ツキ「ああ」

海斗「よし・・・」ピポパポ

海斗「ほい」ヒョイ

ツキ「えっ」パシ

雷太『もしもし海斗君?どうしたの突然?』

ツキ「あ、その」

雷太『ん?この声は・・・まさかメイドのツキちゃん!?』

ツキ「はい、そうです」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:21:02 ID:cMbHByIA0

雷太『デュフフ、嬉しいなぁ!朝一番からツキちゃんの声が聞けるなんて!ハァハァ』

ツキ「いえ、その・・・」

雷太『今どこにいるの!?ツキちゃん直々のお誘い電話を断るわけにはいかないからねぇデュフフ』

ツキ「あ、ええと、二階堂邸近くまでお願いしま」

雷太『待っててねツキちゃん!三分でいくよ!』プツン

ツキ「・・・」ピッ

海斗「どうだった?」

ツキ「三分でここにくるそうです」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:26:19 ID:cMbHByIA0

海斗「杏子は来るって?」

ツキ「いえ、雷太様お一人で」

海斗「は?」

??「・・・ゃーん!!」ドドドド

海斗「・・・」

ツキ「・・・」

雷太「ツキちゃあああああん!お待たせ!!」キキィー

海斗「うら!」ゲシッ

雷太「痛い!?でも感じちゃう!!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:32:02 ID:cMbHByIA0

雷太「ひどいや海斗君!突然蹴るなんて!」

海斗「すまん、八つ当たりだ」

雷太「まったく・・・あ、ツキちゃん!?」

ツキ「おはようございます」

雷太「お、おはようツキちゃん!今日も可愛いなぁ」デュフフ

ツキ「いえ、それほどでも」

雷太「それで、僕に何か用かい?」

海斗「ああ、実はだな・・・」カクカクシカジカ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:36:58 ID:cMbHByIA0

雷太「・・・なるほど、つまりその乳首の落とし主を探していると」

海斗「ああ。で、まずは杏子を調べてみようという事になってだな」

雷太「ふうん・・・なぁんだ、ツキちゃんからデートのお誘いかと思ったのに」

海斗「まあまあ、そう言うなって。この依頼が解決したらいくらでもツキを貸してやるよ」

雷太「本当!?」クルッ

ツキ「・・・///」ポッ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:41:01 ID:cMbHByIA0

雷太「ツキちゃん!ツキちゃん!ツキちゃん!ツキちゃぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ツキちゃんツキちゃんツキちゃんぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!ツキちゃんのふじ色の髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
目の前のツキちゃん可愛いよおおおぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!」

海斗「・・・」

ツキ「・・・」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:45:04 ID:cMbHByIA0

雷太「ふぅ・・・今日はもう一日賢者モードだね」

海斗「そうか」

雷太「とりあえず、あのおっぱい女連れてくればいいんでしょ?」

ツキ「よろしくお願いします」

雷太「よーし、待っててねツキちゃん!いってくるよ!」ドドドド

海斗「お前、あの雷太に好かれてんだな」

ツキ「正直、けっこう辛いです」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 01:51:35 ID:cMbHByIA0

FILE No.1:Anzu

杏子「どうしたの海斗?いきなりあたしを呼び出すなんて」

海斗「ああ、ちょっと大切な用があってな」

杏子「ふ、ふーん、大切な用があるんだ」モジモジ

海斗「ああそうだ」

杏子「で、用って?」

海斗「おっぱいを揉ませてくれ」

杏子「オラァ!」ドスッ

ツキ「おお~、ぼでーぶろーが決まりましたな」

雷太「見てる僕まで痛くなってきたよ・・・」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:00:45 ID:cMbHByIA0

海斗「相変わらず冗談通じねえなぁ」

杏子「いきなりあんなこと言われたら誰だってきれるよ!」

海斗「悪かったよ。で、本題だが・・・」



杏子「・・・海斗、正気?」

海斗「失礼な、俺はいつだって糞真面目聖人君子だろ」

杏子「誰彼構わずレ○プするあんたがどのツラ下げて言うのよ?」

海斗「・・・」

杏子「で、その乳首ってどこにあるの?」

海斗「ああ、ツキが持ってる」

ツキ「じゃじゃーん、こちらです」ヒョイ

杏子「・・・マジ?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:08:02 ID:cMbHByIA0

杏子「・・・結構小さくて可愛い感じだね」

海斗「だろ?流石にお前みたいな乳輪大納言の乳首じゃあないとは思ったんーーー」

杏子「じゃあ何故あたしを呼んだんだ?」

海斗「ひ、ひいまひぇん」

杏子「ていうか、乳首が落ちてるってどういうことよ?俄かには信じがたいものなんだけど・・・」

雷太「二次元ならあり得なくも無いでしょ」

杏子「黙れ豚、ここは現実世界だ」

雷太「リアルなんて嫌いだ!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:15:21 ID:cMbHByIA0

杏子「とにかく、それあたしのじゃないよ!」

海斗「みたいだな。わざわざ済まなかった」

杏子「まったく・・・ま、まあでも海斗に呼ばれたのは悪くないかな・・・」チラ

海斗「・・・」

杏子「あ、あたし帰る!ほら豚行くよ!」

雷太「ええ!?まだツキちゃんとそんなに喋ってないのに!?」

杏子「いいからはやくこい!」

雷太「じ、じゃあ一つだけ!これ終わったら帰るよ!」

杏子「あ?なによ?」

雷太「・・・その乳首、ちょっと舐めてもいいかい?」

杏子「うら!」ゲシッ

雷太「あひんっ!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:18:45 ID:cMbHByIA0

海斗「さてツキよ、杏子ではなかったわけだが」

ツキ「あんさん、わかってやったでしょ」

海斗「・・・次いくぞ次。>>46だ」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:19:15 ID:IWEe5SJo0

親父


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:25:34 ID:cMbHByIA0

FILE No.2:Masaki


海斗「というわけで、禁止区域まできたわけだが」

ツキ「はい」

海斗「俺は正直一刻も早く帰りたい。帰っていいか?」

ツキ「安価は絶対。忘れたか?」

海斗「ですよねー」

ツキ「海斗のお父さんはまだ生きてるか?」

海斗「さあな・・・麗華奪還の時に見たっきりだ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:26:52 ID:cMbHByIA0

海斗「ん?あいつは・・・>>54だな」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:28:34 ID:mywWZrtq0

海斗を掘ったホモ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:32:11 ID:cMbHByIA0

海斗「緒方か。あいつまだ生きてたんだな・・・」

緒方「ん?おお、海斗じゃあねえか。ずいぶん大きくなったもんだなあ。主にアソコがな!」ズンズン

海斗「ツキ、逃げるぞ」

ツキ「え?」

海斗「早くこい!どうなっても知らんぞ!」

ツキ「??」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:38:58 ID:cMbHByIA0

海斗「ふぅ・・・撒いたか」

ツキ「海斗、さっきの人は?」

海斗「突貫工事でちょっと尻合ってな」

ツキ「??」

海斗「まあ気にすんな。今やることは親父をーーー」

??「ほう・・・随分と悠長なものだな海斗。この俺に背中を向けるとはな」

海斗「・・・親父か」

雅樹「それだけの殺気を蒔いていれば誰かは直ぐに検討がつく。・・・何をしにきた?」

海斗「・・・親父に用があってな」

雅樹「ほう・・・」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:46:41 ID:cMbHByIA0

海斗「・・・元気にしてるみたいだな」

雅樹「本題を言え。貴様の与太話に付き合うほど暇ではない」

海斗「・・・」

雅樹「・・・」

海斗「親父・・・」

雅樹「・・・」

海斗「乳首を見せてくれ」

雅樹「・・・それだけか?」

海斗「ああ・・・」

雅樹「・・・」ピラッ

海斗「・・・」

雅樹「・・・」

海斗「・・・帰るわ」ザッ

雅樹「・・・あいつに宜しく伝えてくれ」

海斗「・・・ああ」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:53:42 ID:cMbHByIA0

海斗「親父のでもなかったか・・・」

ツキ「とんだ茶番でしたね」

海斗「うるせえよ」

ツキ「禁止区域はもうお腹いっぱい。というか来た意味がわかりません」

海斗「・・・」

ツキ「次は私が決める。とりあえず二階堂邸に戻る」

海斗「・・・」

ツキ「まだ親子の感傷に浸ってるか・・・」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 02:59:58 ID:cMbHByIA0

海斗「・・・」

ツキ「・・・えい」ピュー

海斗「熱っ!?」

ツキ「ピューっとな」ピュー

海斗「熱っ!?あち!?あつ!?やめろこ熱ぅ!!??」

ツキ「えへ~」

海斗「おまっマジで殺す気かよ!?」

ツキ「上を向く。俯いた海斗はあんまり見たくない」

海斗「ツキ・・・」

ツキ「あ、手がすべりんこ」ピュー

海斗「犯すぞお前」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:04:23 ID:cMbHByIA0

ツキ「さて、二階堂邸に着いた。安価出しますかね」

海斗「というか叫び声が聞こえたのは家の中だよな」

ツキ「家から飛び出しまくった海斗が言いますか」

海斗「あれはほんのジョークだ」

ツキ「笑えないんですがそれは」

海斗「おら早く安価だせや」

ツキ「仕方ないですね・・・じゃあ>>74で」


74: ふぇぇ紳士 ◆Gzzr1HcUEI 2013/03/05 03:05:01 ID:DWZbDkZ40



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:07:31 ID:cMbHByIA0

海斗「・・・」

ツキ「・・・私の意思ではないです」

海斗「また外に出るのかよ」

ツキ「安価は絶対」

海斗「ったく・・・あいつに電話してくる」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:13:15 ID:cMbHByIA0

朱美『もしもーし、朝霧くん?久しぶりね~』

海斗「ああ。今大丈夫か?」

朱美『え~、デートのお誘い?どうしよっかな~』

海斗「受話器にまで殺気を送り込んでくるような奴と誰がデートするかよ」

朱美『あ、ばれちゃった?うふふ、愛しの朝霧くんからの電話だったからついつい♪』

海斗「・・・」

朱美『も~冗談よ冗談♪それで?用事ってなあに?』


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:19:45 ID:cMbHByIA0

海斗「実はだな・・・」



朱美『・・・ええと』

海斗「・・・」

朱美『朝霧くんってやっぱりロリコン?』

海斗「やっぱりってなんだやっぱりって」

朱美『いきなり絆の乳首を見せろなんて言われたら・・・ねぇ』

海斗「・・・」

朱美『ま、いいわ。絆も“お父さん"に会いたがってるみたいだし』

海斗「・・・」

朱美『いつものところに来て。じゃあそゆことで宜しくね~♪』プツン

海斗「・・・なんだかなぁ」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:23:03 ID:cMbHByIA0

ツキ「首尾はどうか?」

海斗「今から来いだとさ」

ツキ「うむり。ではれっつごー」

海斗「以外とノリノリなのなお前」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:35:20 ID:cMbHByIA0

カランカラン

海斗「ういっす」

朱美「あら、早かったわね」

風子「ほんと、久しぶりね」

絆「あっ、かーくんです!!」ダッ

海斗「よう」

絆「お久しぶりです」ダキッ

海斗「おっと、子供は元気だねぇ」

絆「最近あんまり来てくれないからさみしかったです」ギュッ

海斗「・・・よし、抱っこしてやろう」

絆「え!?い、いいですよ!恥ずかしいですよ!」

海斗「遠慮するなって、おら!」ブオッ

絆「ひゃあ!?」ポロリ

海斗「(・・・違うか)」チラッ


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:41:21 ID:cMbHByIA0

ツキ「なんという早業・・・」

岡崎「抱っこに見せかけてその風圧で絆様のお乳首を顕現させ、僅かコンマ二秒の間に見入るとは・・・やはりあの男、只者ではないな」

ツキ「・・・」

岡崎「いいものを見せてもらった」ザッ

ツキ「(誰だろう・・・)」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:48:48 ID:cMbHByIA0

海斗「お、もうこんな時間か・・・」チラ

ツキ「・・・」コクリ

絆「もう帰るんですか・・・?」

海斗「仕事があるからな。近いうちにまたくるさ」

絆「・・・絶対ですよ?」

海斗「ああ、絶対だ」ナデナデ

絆「それならいいです」ニコッ

海斗「んじゃ、またくるわ」

朱美「また来てね~お父さん♪」

風子「待ってるわよお父さん」

海斗「・・・」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:52:25 ID:cMbHByIA0

海斗「さてツキよ」

ツキ「何か?」

海斗「そろそろ二階堂邸でゆっくりしたいものだな」

ツキ「うむり。それじゃあ安価だす。次のターゲットは>>91


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 03:56:09 ID:cMbHByIA0

海斗「・・・」

ツキ「えっへん」

海斗「・・・」

ツキ「安価は絶対。はい」

海斗「安価は絶対」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:01:22 ID:cMbHByIA0

海斗「さて、敵のアジトに到着したぞ」

ツキ「おー」

海斗「ターゲットは楓だが、これ以上禁止区域に入ることはしたくない」

ツキ「うむり」

海斗「というわけで、ついでに舞の乳首も見ようと思う。異論は?」

ツキ「ないです」

海斗「よし行くか」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:11:03 ID:cMbHByIA0

海斗「とか言ってる間に見つけたぜ」

楓「・・・」

ツキ「それで、鬼畜外道性犯罪者の海斗様的にはどういった攻めをご所望で?」

海斗「その呼び名はやめろ。・・・まあ普通に声かけるか」

海斗「よう、久しぶりだな」

楓「・・・だれ?」

海斗「冗談きついぜ。このハンサムフェイスを忘れるはずがない」

ツキ「うわぁ・・・」

楓「・・・海斗」

海斗「やっと思い出したかよ」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:19:35 ID:cMbHByIA0

楓「・・・何か用?」

海斗「そうだ、お前と舞に用があってな」

楓「・・・そう。用件は?」

海斗「乳首を見せてくちょっと待て刀は鞘に戻せ、な?」

楓「・・・笑えない冗談は好きじゃない」

海斗「冗談なんかじゃねえよ。実はカクカクシカジカでな・・・」

楓「・・・確認をとってくる」

海斗「誰にだよ?・・・ああ、父親か」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:27:30 ID:cMbHByIA0

相馬「テメェ、楓の乳首を見たら殺すッ!」

海斗「ほらな、こうなるだろうよ・・・」

相馬「ん?お前は・・・朝霧海斗か」

海斗「気づいてなかったのかよ」

相馬「元気そうで何よりだ。そちらのお嬢さんは?」

ツキ「海斗の保護者のツキです。ぺこり」

海斗「嘘つくなよ」

相馬「フフフ、面白いお嬢さんだ」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:34:04 ID:cMbHByIA0

相馬「楓、ツキくんに見せてあげなさい。それなら大丈夫だろう」

楓「しかし・・・」

相馬「確認するだけなら問題なかろう?」

楓「・・・わかりました」

ツキ「ではでは、失礼します」サワッ

楓「ンッ・・・」

ツキ「ほほー、これは敏感ですなぁ」

海斗「おっさんかよお前は」

ツキ「・・・うむ、異常なし」

海斗「そうか・・・」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:39:57 ID:cMbHByIA0

海斗「んじゃ、舞を探しにいくわ。面倒かけて悪かったな」

相馬「また会う日が来たら、その時は手合わせを願おう」

楓「・・・私ももっと鍛えておく」

海斗「そうかい。楽しみにしてるぜ」ナデナデ

楓「・・・」テレッ

相馬「テメェ、楓に手を出したら殺すッ!」

海斗「どっちだよ・・・」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:47:56 ID:cMbHByIA0

ツキ「次のターゲットもロリですか?」

海斗「もうロリは居ねえよ・・・と信じたい」

ツキ「あ、前方に人影を発見」

海斗「おいおい、一発かよ・・・」

舞「何、アンタ戻ってきたの?物好きねぇ」

海斗「お前に用事があってな」

舞「用?アンタがアタシに?・・・フフフ、冗談キツイわね」

海斗「冗談を言ったつもりはないんだが」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 04:54:38 ID:cMbHByIA0

舞「まあいいわ。で、その用事って何?内容次第では殺すけど」

海斗「おいおい、物騒だな」

舞「フフフ・・・アンタを殺すのは絶頂モノの快楽だと思うんだけど」

海斗「とりあえず聞けよ。単刀直入に言うが、お前の乳首が見たい」

舞「いいわよ」

海斗「やけにあっさりだな」

舞「その代わりアンタの乳首をちょうだい?」

海斗「・・・」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:03:42 ID:cMbHByIA0

舞「winwinの等価交換だと思うけど」

海斗「俺のメリットがない気がするが」

舞「あるわよ。アンタの切り取った乳首をアタシの舌の上で転がしながら食べてあげる」

ツキ「・・・」

海斗「・・・狂った女だな本当に」

舞「アンタに言われたくないわよ」

海斗「はぁ・・・ほらよ」ポロリ

舞「美味しそうじゃない」

海斗「好きにしろよ」

ツキ「海斗・・・」

海斗「心配すんなって」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:12:33 ID:cMbHByIA0

舞「・・・」

海斗「・・・」

舞「・・・ククク・・・冗談よ」

海斗「・・・」

舞「切り取って食べるのは勘弁してあげる」

海斗「・・・そうか」

舞「その代わり」スッ

海斗「?」

舞「あ~ん」コリッ

海斗「・・・」

舞「ん・・・ちゅ・・・」

ツキ「・・・」

舞「・・・プハァ・・・これで等価交換成立ね」

海斗「・・・お前本当に血好きだな」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:16:41 ID:cMbHByIA0

舞「で、これでいいの?」ポロリ

海斗「・・・ああ、充分だ」

舞「そう。じゃあアタシは戻るわ」

海斗「面倒かけて悪かったな」

舞「次会ったら喉元掻っ切るから」

海斗「・・・」


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:20:10 ID:cMbHByIA0

ツキ「よっ、色男」

海斗「・・・もう絶対に禁止区域にはいかねえぞ」

ツキ「安価は絶対」

海斗「流石にもう見るやつは居ないしな」

ツキ「ではターゲットは>>114で」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:20:59 ID:kCjPzK3o0

そん


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:22:22 ID:cMbHByIA0

海斗「ついに大本命が来たな」

ツキ「長かったですな」

海斗「さっさと乳首付けて終わらせるぞ」

ツキ「ほいさ」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:33:02 ID:cMbHByIA0

海斗「さて、尊の部屋の前だ」

ツキ「突撃の用意は整っておりますぞ」

海斗「よし、行くぞ」

ツキ「うむり」

海斗「コングラッチュレーション尊!」ガチャン

尊「ん?海斗とツキか・・・ノックもしないで勝手に入るのは余り感心しないな」

海斗「堅いこと言うなって。それより尊、お前今日大変だったんじゃないか?」

尊「何がだ?」

海斗「何がって・・・ツキ、説明してやれ」

ツキ「あいあいさー。実はカクカクシカジカで・・・」

尊「な、なんだってーーーー!?」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:43:15 ID:cMbHByIA0

海斗「あれ、もしかして外した?」

ツキ「うーむ、これは限りなく白い」

海斗「尊、ちょっといいか?」

尊「な、なんだ海斗。そんなに僕に近寄るな」

海斗「まあまあ、大人しくして ろ よっと!」バッ

尊「のわっ!?」ポロリ


ニャー


海斗「・・・」

ツキ「・・・ブフッ・・・」

尊「・・・」

海斗「ツキ、ちゃんと可愛らしいのが付いてたな」

ツキ「ですね」

尊「やめろおおおおおおおおおおおお」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:51:27 ID:cMbHByIA0

海斗「そろそろ泣き止めよ尊、悪かったって」

尊「僕は許さないぞ絶対にだ!」

ツキ「うーむ、結局宮川様の乳首はちゃんと有りましたしね」

海斗「だなぁ・・・また振り出しか」

尊「まったく・・・おい海斗、ちょっとその落ちてた物を見せてくれないか?」

海斗「おう。これがそのブツだ」ヒョイ

尊「ばんなそかな・・・こんなことがあっていいのか・・・」

ツキ「因みに、摘まんだり弾いたりすると奇声が聞こえます」

海斗「ちょっとやってみろよ」

尊「わ、わかった・・・」ツマム

『おおおおおおぉぉおおおおおお!?』

尊「・・・」

海斗「な?」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 05:58:16 ID:cMbHByIA0

尊「これは・・・いやしかし・・・」

海斗「なあ尊、もしその乳首が麗華のだったらどうするよ」

尊「な!?麗華お嬢様の・・・乳首・・・この淡い桃色の突起・・・そこから階下に広がる麗しの乳輪・・・麗華お嬢様の高貴な・・・ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ」

『おほおおおおおおおおおおおおおお』

海斗「・・・」

ツキ「これは引きますで~」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 06:04:03 ID:cMbHByIA0

尊「ハアッハアッ・・・僕とした事が取り乱してしまった・・・」

海斗「しかし、尊のお陰で大分的が絞られてきたな」

尊「どういうことだい?」
ツキ「うむり。あのような奇声を発することができるのは女性では不可能ですね。サ○ウ○キさんくらい」

海斗「こらこら」

尊「おええええええええええええええ」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 06:07:19 ID:cMbHByIA0

尊「しかし、男か・・・」

海斗「男ねぇ・・・」

ツキ「残る男は・・・」







海斗・尊・ツキ「あっ・・・」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 06:14:30 ID:cMbHByIA0

~書斎~


源蔵「ぬおおおおおおおおおおおおおお」

麗華「お父様しっかりして!!一体何があったの!?」

源蔵「と、突然胸部に鋭い痛みがおほおおおおおおおおおおおおおおおお」

麗華「お父様!?」

彩「どうしたんですか!?」ガチャン

麗華「彩!救急車を呼んでちょうだい!」

彩「は、はいぃ~!!」ダダ

麗華「お父様!もう少しの辛抱よ!!」

源蔵「だ、誰かっ 早く私の乳首を返してくれええええええええええええええ」



おわり


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 06:19:50 ID:jzeI3HlN0

(取れた乳首と本体の感覚が繋がっていることについては誰もつっこまないのか…)


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/05 06:45:12 ID:6wzPzx4r0

おつ

>>131
え、おまえ繋がってないの?


引用元: ツキ「海斗、海斗、乳首が取れてます」

[ 2013年03月09日 04:41 ] [二次創作 ア行]暁の護衛 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。