スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モバP「机の下の乃々」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 17:32:34.90 ID:JA12jxIA0


モバP(以下 P)「それじゃ、明日はよろしくな」


岡崎泰葉「はい、わかりました。あの…Pさんはこの後、用事ありますか?」


P「あぁ、仕事がまだ残っているんだ。すまないが送ってやることはできない…」

泰葉「そうですか…残念です。Pさん、あまり無理しないでくださいね?昨日も遅くまで…」

P「最近調子いいからな。まぁ、それでも無理はしないようにするよ。それじゃ、気を付けてかえれよ」

泰葉「はい、お疲れ様でした。おやすみなさい、Pさん」

P「お疲れ様。おやすみ、泰葉」


バタン


森久保乃々

森久保乃々


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 17:33:27.72 ID:JA12jxIA0


P「さて、それじゃ机に戻って書類を…あっ」


森久保乃々(under the Pの机)「…………」


P(…最近、気になっていることがある。それは、机の下の乃々だ)

(前までは、仕事が嫌な時に俺の机の下に逃げ込むことがあった。けど、最近はそれ以外、仕事も特にない時に俺の机の下にいることがある。輝子もそうなんだが、あいつの場合キノコを栽培するためだったりする)

(しかし、乃々は何故俺の机の下にいるのかがわからない。逃げ場としてでなく、何故俺の机の下にいるのか)

(今も、机の下には乃々がいる。あいつは何を思ってそこにいるのだろうか。そして、気になることはそれだけではない)



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 17:34:06.40 ID:JA12jxIA0


P「さーて…そろそろ椅子に座って仕事するか…」

乃々「!?」

P(もう一つの気になること、それは俺が気づかず椅子に座った時どんな反応をするか)

乃々「……」

P(この答えは、少しは驚いたが特に何も言わない。そして、その場合、最大の疑問が生まれる……このままでも問題ないということなのだろうか…本当に、問題ないのだろうか…)



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 17:34:42.61 ID:JA12jxIA0



P(乃々の目の前に、俺の股間があってもっ!!)



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/25(水) 17:36:27.41 ID:RRH44uOM0


早苗さーん、こっちです(予約



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 17:46:38.18 ID:JA12jxIA0


P(俺は足を広いて、椅子の前方に座っている。机の下の乃々からすれば、眼前に俺の股間があるようなものだ。ズボンをはいてるから気にならないのか?本当に気にならないのか? 俺にはとても耐えられるような状況ではない…)

乃々「……」

P(わからない……乃々が、わからない…)


千川ちひろ「ただいまもどりました」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 17:47:25.78 ID:JA12jxIA0


P「あっ、ちひろさん。おかえりなさい」

ちひろ「ただいまです。Pさん、まだ仕事残っていたんですか?」

P「はい…」

ちひろ「明日は泰葉ちゃんと朝から仕事なんですよね?残りは私がやっておきますので早く帰って休んだらどうですか?」

P「えっ…でも…」

ちひろ「最近いろいろあってPさんも大変でしたから。気づかなくても疲れは溜まっているものです。今日は休んでください」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 17:47:53.51 ID:JA12jxIA0


P「…そうですね。それではお言葉に甘えさせてもらいます。お願いします」

ちひろ「まかせてください」

P「それでは、お疲れ様でした」

ちひろ「はい、お疲れ様でした」


バタン


乃々「……」





P(俺は…どうすれば乃々のことを理解してあげられるのだろうか…)



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 18:09:44.71 ID:JA12jxIA0


~次の日~


ちひろ「ふぅ~…最近の泰葉ちゃんはすごいですね。乃々ちゃんも頑張っていますし、仕事は増えますけど嬉しいですね。さて、清美ちゃんの分の書類を…」


P(under the ちひろの机)「……」


ちひろ「ひぃ!?P、Pさん何やっているんですか!?」

P「いえ…こうすれば乃々のことがわかるかなって…」



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 18:10:26.07 ID:JA12jxIA0


ちひろ「乃々ちゃんですか?」

P「最近、僕が座っても机の下でそのままということがあるんです。乃々がなんでそんなことするのかわからなくて、それでちひろさんの机の下に…」

ちひろ「あぁ…なるほど…それは……いえ、自分で考えてみるのもいいかもしれませんね」

P「先に言っておくべきでした。すみません」

ちひろ「いえ、いいですよ。何もしないと約束してくれるならそのままでもいいですよ?」

P「え?」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 18:10:53.48 ID:JA12jxIA0


ちひろ「乃々ちゃんもいろいろ考えているんでしょう。その一つでも気づいてあげてみてください」

P「ありがとうございます!」

ちひろ「いえいえ、それでは……」

P「……」

ちひろ「……」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 18:11:49.13 ID:JA12jxIA0


ちひろ(なにこれ……ものすごく恥ずかしいんですけど。え?これってPさんから見たら私の…いえ、足閉じてますけど、見えますよね?これ? やばい、恥ずかしい…///)

P「……」

ちひろ(なんで?なんでPさんは無反応なんですか?あっ、わかった。今わかったわPさんの気持ち。これは机の下入りたくもなりますわ)

P「……」

ちひろ(ほんとに無言、これは恥ずかしい。けど一度いいって言ってしまいましたし…Pさんも真剣なんですよね…)

P「……」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 18:12:16.58 ID:JA12jxIA0


ちひろ(あれ…逆になんで無反応なんだろ。もうちょっと何か反応してくれてもいいんじゃないんですか?Pさんは気にならないんですか?)

P「……」

ちひろ(こうなったら…ちょっと、ちょっとだけ…)スッ

P「……あっ」

ちひろ(み、見られた!!何やっているの私!?)

P「ちひろさん…」

ちひろ(あっ…だめだ…変態だと思われ………いけないことになっちゃう!?)



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 18:12:44.48 ID:JA12jxIA0


P「足が開いてパンツが見えてしまってますよ。閉じてください」

ちひろ「……」

P「ちひろさん…?」

ちひろ「……」ゲシゲシ

P「ちょっ、蹴ってますって。い、痛いですって!あっ、ヒールが…ヒールがぁ…アッー!!」



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 23:16:21.50 ID:b0fCIQOb0


~~~


P「ぐぅ…机の下に潜っても乃々のことは何もわからなかった。むしろ、ドМに戻ってしまいそうで危なかった…」


乃々(@Pの机の下)「……」


P(乃々はまた机の下にいる…何が目的なんだ…そこから何が見える…)

P「ん?そこから見える?」

P(机の下からしか見えないモノがあるのか…俺が、ちひろさんの机の下モノは…………まさかっ!? 乃々の目的は…ッ!?)



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 23:17:29.29 ID:b0fCIQOb0


乃々「……」

P「さーて、書類の整理でもしようかなっと…」スッ

乃々「……ッ!?」ガタッ


P(ふふっ…やっと反応したな…やっぱり、乃々目的はこれだったのか…)



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 23:18:00.22 ID:b0fCIQOb0


P(俺のパンツを見たかったんだなっ!!)



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 23:35:48.37 ID:b0fCIQOb0


P(俺がちひろさんの机の下で見たモノ、それはちひろさんの足と、パンツ。 乃々は前から潜っていたから俺の足なんて見飽きてるはず。ならば、乃々がまだ見ていないのは俺のパンツ!!つまり、乃々が見たかったのは俺のパンツだったんだ!)

乃々「…っ……っ!」ガタガタ

P(震えるほど嬉しかったのか……さすがにパンツオンリーは厳しいから社会の窓を解き放っただけなのに、それだけでこんなに喜んでくれているのか……それにしても、乃々も間抜けているなぁ。俺は職場ではスカート履かないんだからパンツなんて見れるわけないのに。まぁ、もしかしたらファスナー締め忘れを狙ってたのかな…)

乃々「……ッ!…………」



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 23:36:14.49 ID:b0fCIQOb0


P(おや…どうしたんだ?反応が止まったぞ?見にくいのかな、仕方ないから近づいてやるか…)ズイッ

乃々「ッ!?」ガタッ

P(ほら…乃々…お前の見たかった俺のパンツだ……存分に見てくれ。もしかしたらトランクスを見たかったのか?すまないな、俺はブリーフ派なんだ)

乃々「……」

P(……反応が止まってしまったか。満足してくれたのかな?)



35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/25(水) 23:37:11.74 ID:b0fCIQOb0


泰葉「プロデューサーさん!まだいますか?」


P「ここにいるぞ」

泰葉「あっ、よかった。実は清美ちゃんの件でお尋ねしたいことがありまして…時間は大丈夫ですか?」

P「大丈夫だぞ。それじゃ、ミーティングルームに行こうか」

泰葉「はい。それでは先に行ってますね」

P「おう、俺もすぐに行く」ガタッ


P「……」ニコッ

乃々「…!?」


P(最近、乃々は頑張ってくれていたからな、今回のサービスは特別だ。これからも頑張ってくれ)


乃々「…………むーりぃ…」



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/25(水) 23:46:54.59 ID:LxCUYA10o


なんという発想



37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 23:47:41.59 ID:b0fCIQOb0


~次の日~


P「まさか…清美がなぁ…どうしたものか。とりあえず書類を……っ!?」


乃々(Pの机 above 乃々)「…………」


P(な、なんだとっ!?また俺の机の下にっ!? 昨日の今日だぞ…また見たくなったのか?いや、多分違う…)

乃々「……」


P(乃々は……俺のパンツを見たかったわけじゃなかったんだ……)



39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 23:53:13.80 ID:b0fCIQOb0


乃々「……」

P(なら…一体なんなんだ…乃々の望みはなんなんだ………パンツを見せたら反応してくれた。何かを見せるというアプローチは間違っていないはずだ。もしかして、ブリーフに問題があったのか?さすがにトランクスを穿いてやることはできない……しかし、もしトランクスが本命なら……)

乃々「……」


P(いや、そもそも、パンツを見せるということが間違っていたんじゃないのか? つまり、乃々は……)



40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/25(水) 23:55:52.10 ID:b0fCIQOb0



P(パンツの…中身が見たかったということか…)



42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/26(木) 00:00:01.00 ID:Z+2Q57z0o


早苗(ステンバーイ……ステンバーイ……)



43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 00:08:24.34 ID:BF+QNtW10



P「………」スッ

乃々「……ひぃ!?」ガダンッ

P(この反応…やっぱりこれが正解だったか…)社会の窓からボロン

乃々「あっ…えっ…これ……えっと…」

P(さぁ、乃々。お前の望んだ景色がそこにはあるはずだ。俺と一緒に見るといったトップからの景色はまだ見せてやれないが、俺のアンダーの景色なら、いくらでも見せてやることはできる)

乃々「あぁ…こんなの……むーりぃー……」

P(しっかりとその目に焼き付けてくれ、俺のpを そして、それを励みにこれからも頑張ってくれ…)

乃々「……あっ」



45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 00:14:43.51 ID:BF+QNtW10


P(ぐっ……しまった…乃々が俺のを見ている考えた途端におれのpが膨張を始めてしまった…このままではPになってしまうぞ!)

乃々「……ごくり」

P(乃々のために見せているのに…乃々は真剣なのに…こんな時に何をやってるんだ俺はっ!!これじゃ…プロデューサー失格じゃないか…)

乃々「………はぁ/// ………わぁ///」

P「ぐっ!?」

P(ダメだ!乃々の吐息が当たってしまって…pが完全にPとなってしまった……ごめんな…ごめんな、乃々…)



47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 00:18:15.54 ID:BF+QNtW10


乃々「はぁ…はぁ……///」

P「っ!?」

P(乃々の息が荒くなっている…まさか……まさか、乃々が本当に見たかったのはpではなくPだったのか!?)

乃々「……んっ…はぁ………///」



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 00:18:57.62 ID:BF+QNtW10


P(結局……俺は本当に乃々のことを理解してやれていなかったのか……これからはもっと乃々のプライベートにも関わっていこう。そうすることで、乃々のことがもっとわかってくるかもしれない……今は、好きなだけ見てくれ、乃々)

乃々「あっ……んはっ…あんっ………んーっ///」

P(それにしても、誰に見られるのがここまで気持ちいいとはな……今度、ベランダに出てみるか…)

乃々「んっ!!………はぁ…はぁ」

P(おや?乃々の様子がまた変わった?どうしたんだろうか、満足してくれたんだろうか?)



49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 00:20:16.33 ID:BF+QNtW10


ガチャ


片桐早苗「おーい、P君はまだいるかーい?」


P(あぁ…どうやらここまでのようだ。乃々…君が望むならまたこの机の下に来てくれ…その時は……)

P「はい、俺はここにいますよ」



52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 00:37:23.63 ID:BF+QNtW10


早苗「いたいた、ちょっと清美ちゃんのことで聞きたいことがあってねー」

P「その件でしたら泰葉に言いましたよ?」

早苗「あれ?そうなの?泰葉ちゃんから聞いたほうがいいかな?」

P「そのほうがいいと思いますね。俺が泰葉に言った時に結構ごちゃごちゃしたので、泰葉から聞いてもらったほうが聞きやすいでしょう」

早苗「そっか…泰葉ちゃんはレッスンだよね?ちょっといってくるよ」

P「はい、いってらっしゃい」


バタン



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 00:51:02.70 ID:BF+QNtW10


P(運がよかったようだ……さて…続きを…)

乃々「あの…プロデューサーさん…」

P「ん?どうした?」

乃々「その…そ、それを…しまってください…」

P「ん?それ?何をだ?」

乃々「だから…その…プロデューサーさんの……お、おち……ん………やっぱり、むーりぃー…」



54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 00:53:59.94 ID:BF+QNtW10


P「ははは、ごめんよ。いじわるしてしまって。でも、乃々が見たかったモノはこれだろ?」

乃々「えっ?私は、別に見たかったわけじゃ…」

P「なに!?な、ならなんで俺の机の下に…」

乃々「プロデューサーさんの机の下は…プロデューサーさんに守ってもらってるみたいで、その……居心地がいいんです…」

P「なんだ…そうだったのか……俺はてっきり…俺のパンツの下のPを見たかったのかと……」

乃々「そ、そんなの…見たいわけないじゃないですか…」



55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 00:55:10.35 ID:BF+QNtW10


P「ごめんな…てっきり、始めて見る実物に興味がわいて凝視しているとなんだか興奮してきてそのままいたしてしまったのかと…」

乃々「ち、ちがいます…もりくぼはそんなことしません…したりしませんけど…///」

P「結局…俺は乃々のことを何もわかってやれていなかったのか…」

乃々「……はい、プロデューサーさんはもりくぼの、私のことを見てくれていませんから」



56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 00:58:16.49 ID:BF+QNtW10


P「乃々…」

乃々「プロデューサーさんは、最近、冴島さんや緒方さん、特に岡崎さんのことばかりみています」

P「それは…三人ともスランプを抜け出したばかりで、最近は調子いいから注意して見ておかないといけなかったから…」

乃々「クリスマスの日…私はプロデューサーさんを待っていたんですけど。プロデューサーさん机の下で…」

P「もしかして…」

乃々「プロデューサーさんは私のこと気づかないで、岡崎さんと外に出て行きました。」



57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:01:35.75 ID:BF+QNtW10


P「机の下まで…みていなかったんだ…」

乃々「机の上はみたんですか?」

P「……すまん」

乃々「別に…いいんです…どうせもりくぼなんて、すぐに帰りたがる迷惑な子なんです…」

P「なぁ…机の上には何があったんだ?」

乃々「今も……あります」



58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:02:25.39 ID:BF+QNtW10


『プレゼント箱』


P「そんな…これって……」

乃々「……」

P「俺は……なんで俺は………俺ってやつは…」

乃々「いいんですけど。私も…回りくどいことしてしまいましたし…」

P「それでも…なんでこんなわかりやすく置いてくれているモノを……俺は……」

乃々「……ごめんなさい。本当は知っているんです」



59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:03:18.44 ID:BF+QNtW10


P「え?」

乃々「最近は、私のことを考えているって。ちひろさんから聞きました…」

P「ちひろさんが……」

乃々「もりくぼは……プロデューサーさんにかまって欲しかったんです……だから、その、見せられても黙ってたんです…」

P「乃々…最近かまってやれなくてごめんな。でも、今はあの三人のこともちゃんと見てやらないといけないんだ。だから、机の下じゃなくって、俺の前に来てくれ。そうすれば、何でもしてやるぞ」

乃々「……プロデューサーさんは…やっぱり、もりくぼのことわかってないんですけど」

P「え?それじゃダメか?」

乃々「ふふっ…いえ、ありがとうございます、プロデューサーさん」



60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:06:07.75 ID:BF+QNtW10


P「やっぱり、乃々ことを知るためにはもっと頑張らないとな。さて、それではプレゼント、開けてもいいか?」

乃々「いいですけど…」

P「何かな~? おっ!これは……」


『マフラー』


P「マフラーか……嬉しいなぁ……これ…手編みだろ…?」

乃々「そうですけど……不満、ですか?」



61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:06:41.49 ID:BF+QNtW10


P「違うよ…本当に嬉しいんだ……でも、これに気づいてやれなかったと思うと…情けなくて…」

乃々「プロデューサーさんはこれからそのマフラーをつけてもりくぼのことをもっと考えるようにしてください。それでいいです」

P「あぁ…ありがとう…ありがとう…」

乃々「では…もりくぼは、もうおうちに帰りますね…」

P「待ってくれ」ガシッ



62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:07:08.30 ID:BF+QNtW10


乃々「な、何するんですか、プロデューサーさん?」

P「今、もっと乃々のことが知りたいんだ。一緒にいたいんだ」

乃々「一緒にいたいって言われても…あの…その…

P「乃々…」ギュッ

乃々「もりくぼは…もう、だめ」



63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:08:07.97 ID:BF+QNtW10


ガチャ


泰葉「というわけで、Pさんはそういった対象はまだ決めていないようで……」

早苗「ち、ちょっと泰葉ちゃん!まだP君が中にいるかもしれないからだ……」


P・森久保「」


泰葉「…Pさん、説明お願いしますね?」

早苗「うん、内容によっては……ね?」


P「乃々…今なら乃々の気持ちわかるぞ」

乃々「…言ってみてください」


P「帰りたいんですけど…」



64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) :2013/12/26(木) 01:14:10.61 ID:BF+QNtW10


~後日~

P(いろいろあった…そう、いろいろあったんだ……それはもう、全裸でベランダに出て、きゅんっ!ヴァンパイアガールを踊るぐらいに)


「……」


P(おや? 誰か机の下にいるのかな? もしかして、乃々か? よーし、ならば…)ボロン

P「よっこらせっと」スッ

「っ!?」ガタン

P(ごめんよ…乃々…俺は、お前にPを見せることが楽しみで楽しみて仕方ないんだ。このPを見てくれ、こいつをどう思う?)



65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:14:55.55 ID:BF+QNtW10




輝子「わぁ…Pのナメコ、少し大きいね。カワイイ」


P「」



その後、Pの露出癖は開花することはなかった



66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/26(木) 01:15:22.55 ID:BF+QNtW10


~終わり~



67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/26(木) 01:17:12.91 ID:7xMLYQ+co


なめこは大きかろうが

なめこ



70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) [sage]:2013/12/26(木) 01:18:58.82 ID:Xs0dS8Yo0


このPいつか捕まるなww
面白かった。乙




77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/26(木) 01:26:46.36 ID:wQZGRo0ho


のーののーののの机の子





アイドルマスター シンデレラガールズ 携帯ストラップ 森久保乃々

新品価格
¥190から
(2013/12/26 01:56時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387960304/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。