ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]ジョジョの奇妙な冒険 >  DQN1「安価で空条承太郎に嫌がらせをしようぜwwwwww」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DQN1「安価で空条承太郎に嫌がらせをしようぜwwwwww」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:03:31 ID:e7Kw3Kz2
DIOとの戦いが終わった1週間後・・・

キーンコーンカーントーン

承太郎「・・・」トボトボ

ハア

承太郎「花京院・・・」トボトボ

女子生徒1「ねェJOJOォ!どこ行くの?」

女子生徒2「あッ!JOJOと一緒に行くのはこの私よ!」

承太郎「・・・」


空条承太郎


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:07:12 ID:e7Kw3Kz2
承太郎「・・・」

花京院『立ち上がる気か…だが、悲しいかな。その行動をたとえるなら、ボクサーの前のサンドバッグ…ただうたれるだけにのみ、立ちあがったのだ』

花京院『フン!おぞましいスタンドには、おぞましい本体がついているものよ』

花京院『レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ』

花京院『我が名は花京院典明。我が友人アヴドゥルの無念のために、左にいる友人ポルナレフの妹の魂のやすらぎのために、死をもってつぐなわせてやる!』

花京院『このゲームで、この花京院典明に精神的動揺による操作ミスは決してない!と思っていただこうッ!』

花京院『承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!』

承太郎「ッ・・・」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:11:23 ID:e7Kw3Kz2
DIO『死ねイ!花京院ッ!』

承太郎「!」

DIO『これが…ザ・ワールドだ…花京院』

花京院『さ…最後の…エメラルド・スプラッシュ…メ…ッセージ…で…す…』

花京院『これが…せい…いっぱい…です…ジョースター…さん…受け取って…ください…
伝わって…ください…』

承太郎「ッーーーー!」

DIO『ロードローラーだッ!!』

DIO『とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!』

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:15:37 ID:e7Kw3Kz2
女子生徒2「JO・・・JOJO?」

DIO『最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ!!』

承太郎「ッ・・・!」ギリギリ

女子生徒3「JOJO・・・いったい・・・」

承太郎「」ダッ

女子生徒1「あッ」

女子生徒3「JOJO!待って!」

DQN1「・・・」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:19:56 ID:e7Kw3Kz2
DQN1「空条承太郎・・・アイツ、いきなりエジプトから帰ってきて、さっそく女どもにモテやがって!」

DQN2「イラつくぜェ~・・・なんつーか、ムカつくんだよなァ!」

DQN3「クソが・・・アメリカから帰ってきていきなり調子に乗りやがって・・・」

DQN2「アフリカじゃね?」

DQN3「え、マジ?お前頭いいな」

DQN1「そォーだッ!あいつに嫌がらせしてみようぜ!女子どもから嫌われるようにしれやるんだよ!ヒャハハハハ!」

DQN2「ギャハハハハ!で、どうやんだよ?」

DQN3「>>7ってのはどうだ?」

DQN2「おお、それいいな!」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:25:58 ID:k1KDME8o
SMぷれい

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:29:52 ID:e7Kw3Kz2
DQN1「でもよォ、どうやってやるんだ?いろいろ道具が必要だろォ~?」

DQN2「そうか、ムチとかロウソクとか・・・」

DQN3「へッ、あんな奴にそんなものは意味ねえよ!」

DQN3「>>10を使うんだッ!それなら2メートル近いアイツでも楽勝よォオ~!」

DQN1「すげえ!そんなの普通の人間じゃ思いつかねえぞ!」

DQN2「そこに痺れる憧れるゥ!」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/19(木) 23:31:44 ID:k1KDME8o
ノートリアスBIG

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 07:39:39 ID:2DwL9xNQ
DQN2「うん・・・で、何それ?」

DQN3「え、ごめん。俺も勢いで言った」

DQN1(俺だけ知らないのかと思った・・・)

DQN1「じゃあよ、>>13ってのは?」

DQN3「おお、いいんじゃあねえのか?」

DQN2「じゃ、計画を・・・」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 07:46:06 ID:AjmloLqw
カツアゲ

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 14:34:29 ID:2DwL9xNQ
DQN1「オレがアイツにぶつかって転んでケガするからよ、お前ら金請求してくれ」

DQN3「よっしゃそれで行こうwwwwwww」

DQN2「ヒャハハ、じゃ放課後行こうぜ」

DQN3「楽しみだぜェ!」

ギャハハハハ イヒヒヒ ウヒャラハ

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 14:37:26 ID:2DwL9xNQ
放課後

承太郎「」スタスタ

DQN2「へへ、うまい具合に取り巻きの女どもがいねえぜ!」

DQN1「よっしゃ行ってくる」バッ

承太郎「」スタスタ

DQN1「」スタスタ

スタスタ

スタスタ

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 14:40:16 ID:2DwL9xNQ
ドカッ

DQN1「うおッ」ガシャアーン

DQN1「ッテーなオイ!ケガしちまったじゃねーかよ!」

承太郎「あ?」クル

DQN1「てめえ財布出せコラ!ワビ代だよ」

DQN3「あれ~・・・お前空条条太郎?最近調子乗ってるよねェ~」

DQN2「丁度いいわ、常日頃のこともケリつけようぜ。オラ」

承太郎「・・・」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 14:50:48 ID:2DwL9xNQ
DQN2「ホラ財布を・・・」

承太郎「ぶっ飛びな」ドキュウウン

DQN3「は?」

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラ!」ドゴドゴドゴドゴドゴ

 オラオラ   オラオラ   オラオラオラ  オラオラオラオラ
   オラオラ∧_∧ ∧_∧∧_∧オラオラ
    ∧_∧ω;;(∩( ∩;;ω),つ);ω∧_∧
   ( ω;;(とミ∧_il!|∧lll 彡_∧彡つ);;ω)
    ∧_∧ミ(∩∧_∧彡づ);;∧__∧⊂)オラオラオラ
   ( ω(と≡⊂( ^ω^)⊇≡づ);;ω )__ \
   (⊂  と=ど(⊂  っ)づ=つ≡⊃) \ )
   /ヘ_∧〃∧__i!l|ミヘ_∧ミ_∧ミ∧_∧\オラオラオラ
   ( ω(と彡(ω;;(し ミJ);;ω )つ);ω)ミ⊃);;ω) )
 オラ(っ  つ /    )(    )   \   ⊂)オラオラ
オラ /   ) `u-u'.オラ∪ ̄∪オラ`u-u'    \オラオラ
  ,( / ̄∪オラオラ オラオラオラ  オラオラオラ∪ ̄\ )

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 14:58:38 ID:2DwL9xNQ
DQN達「ぐッはァーーーッ!!」

ドサドサドサッ

承太郎「手加減はしておいたからな」ザッ

DQN2「ぐッ・・・!」プルプル

DQN1「何だったんだ・・・うッ」ガク

DQN3「」ゴトッ

DQN2「」ベチャ…

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 19:34:40 ID:2DwL9xNQ
翌朝 チュンチュン

DQN1「クッソ・・・なんだったんだ?・・・まあとにかく、あいつに正面から挑むのはよくねえな」

DQN2「じゃあどうする?後ろから近寄ってスタンガンとか石とかで気絶させて・・・」

DQN3「もしくは罠を仕掛けるとか?」

DQN2「罠か・・・どんな?」

DQN1「>>22>>24に仕掛けてみたらどうだ?」

DQN3「・・・おお」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 20:06:37 ID:TIQi/TtQ
ココナッツ

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 20:10:56 ID:DRIKJRwI
アナル

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 20:55:41 ID:2DwL9xNQ
DQN2「ココナッツをアナルに!これはさすがのあいつでも・・・」ケラケラ

DQN3「で、どうやってココナッツをアナルに入れるんだ?」ケラケラ

DQN1「>>27

DQN2「ああなるほど」ポン

DQN1「ダジャレかよwwwwwww」バシ

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 21:06:06 ID:nc8FsNF2
駄菓子屋

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 21:34:44 ID:2DwL9xNQ
DQN3「つまり、あいつが駄菓子屋に入った時を狙ってココナッツを!」

DQN2「でもあんな奴が駄菓子屋に入るか?」

DQN1「へっへ、あいつは相撲が好きらしいんだ。この力士名鑑で釣ってやろうぜ」

DQN3「オーケーオーケー!それで行こうぜ!」

DQN2「放課後が楽しみだなあ!」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 21:40:31 ID:2DwL9xNQ
放課後

DQN2「よっしゃ!駄菓子屋のメチャクチャ目立つところに力士名鑑置いたぜ!」

DQN1「あいつが興味を持った瞬間に後ろからブスリ!」

DQN達「ギャハハハハハハハハハハ」

DQN3「ん、やたら背の高い老人が来るな」

DQN2「本当だな・・・外国人か」

DQN1「老人ってほどでもなくね?」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 21:43:33 ID:2DwL9xNQ
ジョセフ「ん~・・・昔のような承太郎に戻ってもらう方法はないかのう・・・」テクテク

ジョセフ「ん、駄菓子屋か・・・お菓子でも買ってみるかの」スタスタ

ジョセフ「む・・・何!?力士名鑑じゃと!?」

ジョセフ(これを承太郎に渡せば・・・!)ワクワク

ジョセフ「お、いかん。財布を家に忘れてきた」

ジョセフ「コッソリ貰っていけばばれんじゃろう」パシ ビューッ

DQN達「」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:07:40 ID:2DwL9xNQ
DQN2「なッ・・・なんだよ今の泥棒外人ジジイは!?」

DQN1「あの野郎・・・邪魔しやがって!今度あのボケ老人をリンチすっぞ!」

DQN3「おい落ちつけ・・・それにさっきの老人、『昔のような承太郎』とか言ってたぞ」

DQN1「何?」

DQN3「つまり、あの老人に迫れば、承太郎の情報が手に入るかもしれない!」

DQN2「そうか!そうとくればさっきの老人を追いかけるぞ!」

DQN1「おう!」

ダッ

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:14:32 ID:2DwL9xNQ
ジョセフ「む・・・後ろから誰かついてきておるな」チラ

ジョセフ「高校生・・・スタンド使いではなさそうじゃな。承太郎と同じ高校か・・・」

ジョセフ「ワシも若いころはヤンチャしとったからのう。連中の気持ちはよくわかるわい」キキッ

ジョセフ(さて・・・右に行けば踏切、左に行けば家じゃな・・・)

ジョセフ(どっちに逃げようかの?)

>>36

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:17:46 ID:OY.eqtwg
右ッ!

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:21:52 ID:2DwL9xNQ
ジョセフ「右ッ!丁度電車が来る頃ッ!ここで不良高校生をま・・・」ズルッ

ジョセフ「ぐえッ!」ビターン

ジョセフ「ま・・・まずい!このままでは踏切が・・・」ダダダ

カン カン カン カン

ガタン ゴトン ガタン ゴトン ガタン ゴトン…

ジョセフ(遅かったッ!)

DQN1「おうコラ泥棒ジジイ!」キキッ

ジョセフ「!」クル

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:43:43 ID:2DwL9xNQ
DQN2「てめえ・・・空条承太郎って知ってんだろ?なんか教えろやァ・・・」

DQN3「教えてくれたらよ、金でもなんでもやるからよォ・・・」

ジョセフ「断る」

DQN1「ッ・・・!ナメた態度とってんじゃねえぞコラア!」ダッ

ジョセフ「ハーミットパープル!」バシュッ

DQN1「うおッ!?引きずられる!」グググ

ジョセフ「ワシのハーミットパープルを甘く見るなよ」

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:45:48 ID:2DwL9xNQ
ジョセフ「フン!」グイ

DQN1「ああッ!」ヒュ

             「|
           〔^^〕 
   _,( ^^ω)⌒i | ←ジョセフ 
 (⌒ ー  一r.、! 〉   
   ヽ弋。人。 イ(`ー'    
  〔勿\     ヽ      
      ) r⌒丶)      
     /  !  |'´       
   /  / |  |∥ ドカッ    
  (  く   !|  |∥ ドカ!!     
   \  i |∥|∥|        
    ,__> ヽヽ从/     
    ⊂⌒ヽ从/つヾ'ω`)  ←DQN1

DQN1「ぐは・・・」ゴト

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:51:16 ID:2DwL9xNQ
DQN2「な・・・いきなり引きずられたと思ったら、踏みつけられた!?」

ジョセフ「」グイ

DQN2「あッ」ズッ

DQN3「げッ」ヒュン

     ↓ジョセフ
     / ̄\
    |  ^o^ |
     \_/
     /   ヽ
    | ヽ  |   _ _,.’;./ ̄\
    ヽ _ ̄=?_? _._))|    | ←DQN2
      |        ̄ ;’,.∴;\_/
     |  i |        /   ヽ
      .|  ||       / /|   |
     | ノ ノ      / / |    |
     .| .| (      / /  |    :|
     /|\.\    し   |    |

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:52:59 ID:2DwL9xNQ
                    从⌒゙ヽ,  
             ,; |i    γ゙⌒ヾ,  |!  
                 _,.ノ'゙⌒';、人  l!   
               从~∧_∧ イ ,〉 k
             γ゙  (´・ω・)/ 〈,k_ノ  
             (    ハ.,_,ノ~r        
             )'‐-‐'l   γ´⌒゙ヽ、
          ,、-ー''(    |!~、,il      ゝ、   
        γ    |!   〈   ヽ ミ、    丿
       ゝ (     |  ノ  _,,,..、,,ゝ、 _,.イ  /     
    \'´  γ゙ヽ.,_  ) ゙|! ̄    ̄~゙il γ⌒ヽ`(/
    Σ    ゝ.,__゙゙'k{  ヾ /      !、,___丿 て
            > ゝ-ー'゙っ⌒つ←DQN3

ジョセフ「ふう・・・肩こりがほぐれたわい」スタスタ

DQN達(な・・・なんなんだこいつ・・・)ガク

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/20(金) 22:59:54 ID:xeNr4WDE
スタンド使いでもない只の高校生に容赦ないな
流石は元波紋戦士

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 13:18:05 ID:/GKdrBJA
翌朝 チュンチュン

DQN2「クソが・・・なんなんだよあのジジイは」

DQN3「そんなことより、放課後にやるのはよくねえな。また無関係の人間が来そうだ」

DQN1「じゃ、今仕掛けようぜ。あと何分かで来るはずだぜ」

DQN3「で・・・何をどうする?どんな罠でやるんだ?」

DQN1「>>46を使おう」

DQN2「悪くないな」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 14:24:09 ID:CgdaPo.2
教室のドアに黒板消しスタンバイ
&椅子に画鋲

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 16:12:10 ID:/GKdrBJA
DQN2「へへへ」ガコッ

委員長「ちょ・・・君たち何をしてるんだ!?なぜ黒板消しを・・・」

DQN3「あ?ンだよ委員長さんよォ~?見りゃわかンだろ」

DQN1「空条の野郎に一泡吹かせてやるんだよ・・・文句あるんか?やるか?お?」

委員長「くッ・・・」

DQN3「椅子にも接着剤を塗りたくって、と。画鋲を・・・」ポ ポ ポ

DQN2「ヒャハハ!準備万端だなァ!」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 16:26:03 ID:/GKdrBJA
承太郎「」グ…

ガラッ

DQN2(きたッ!)

承太郎「」ドキュウウウン

スタープラチナ「オラアッ!」バッ

パシィッ

DQN達「ッ!?」

承太郎「・・・」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 16:31:13 ID:/GKdrBJA
承太郎「・・・」

DQN達「・・・」ゴクリ
         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
.       ';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
.       ';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
.          V     U                             〈:::/ \/

DQN3(どうなってやがる・・・!黒板消しをキャッチしやがった!)

DQN3(いや落ち付け・・・まだ画鋲がある!)

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 16:38:25 ID:/GKdrBJA
承太郎「」スタスタ

DQN1(イスは無意識に座ることが多い・・・画鋲なんかには気づかないはず!)ニヤ

承太郎「」ガタッ ス…

ズンッ

バキベキボキィッ!

DQN達「!?」

DQN達(な・・・なんだ!?)

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 16:40:26 ID:/GKdrBJA
承太郎「」スクッ

DQN2「な・・・」ドドドドドドド

DQN3「血が・・・」ドドドドドドドドドドド

DQN1「出ていないッ!」バアーン

承太郎「」スタスタ

ガラガラ

ピシャン

DQN2「ど、どうなって・・・」ダダッ

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/21(土) 16:51:34 ID:/GKdrBJA
DQN2「!こ、これはッ!」

DQN3「画鋲がすべて折れているッ!?」ドォーン

DQN1「何がどうなって・・・」

DQN3「と、とにかく話し合おうぜ・・・」

先生「はーいおはよう」ガララ

生徒一同「おはよーございまーす」

DQN2「チッ・・・話し合いは休み時間だ」

DQN3「ああ」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 11:45:17 ID:KeYdIfTE
休み時間

DQN2「あいつに罠は使えねーかもしれねえ・・・やっぱ直接手を下すしかなさそうだぜ」

DQN3「でも一昨日は3体1でもボコボコに・・・」

DQN2「だ・か・ら、後ろから攻撃するんだよ!」

DQN1「後から>>60で攻撃して怯んだ隙に総攻撃を仕掛けりゃあ・・・」

DQN3「なるほどな、そりゃ勝てるわwwww」

DQN1「勝てばよかろうなのだあああwwwwwwwwwwwwwwwwww」

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 11:57:41 ID:9PcoocFA
黄色いスライム状の物体

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 12:18:19 ID:KeYdIfTE
DQN1「丁度持ってきてンだよ」グニョグニョ

DQN3「ヒャハハ、じゃ、昼休みにぶつけよーぜwwww」

DQN2「いいなwwww弁当食った後はコンディション最悪だからなwwww」

DQN1「お前よくそんな言葉知ってんな」

DQN2「ハハハ!もっと褒めろ」

DQN3「じゃ、3時限目サボって早飯して準備しようぜwwwww」

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 12:21:29 ID:KeYdIfTE
昼休み

DQN2「チャーンス!1人で廊下歩いてやがるゼ!」

DQN3「よし、行って来い!」ドン

DQN2「へへッ」タタタ…

DQN2「オラァ!」ブン

承太郎「ッ!?」クニオッ

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 12:24:02 ID:KeYdIfTE
承太郎「なッ・・・」クル

DQN3「一昨日はよくもやってくれたな!」ドゴオッ

承太郎「ッ・・・」

DQN2「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ!」バキッ

DIO『最高に『ハイ!』ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ!』グリグリ

承太郎「!」

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 12:27:13 ID:KeYdIfTE
承太郎「ぁ・・・」

DIO『とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞッ!!』

承太郎「・・・!」

DIO『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄』

承太郎「ぐッ・・・!」

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 12:31:55 ID:KeYdIfTE
承太郎「ディ・・・」

DQN1「あ?」

承太郎「ディィィィイイイイイイイイオオオオオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!」

DQN達「」ビクッ

DQN達「な・・・」

承太郎「てめーは俺を・・・怒らせたッ!!!」

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラッ!」ドゴドゴドゴドゴドゴドゴドゴ

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 13:13:16 ID:KeYdIfTE
DQN達「ぐbbbぶrrrrるぁぁぁっtttっh」ドサアアア

承太郎「ハア・・・ハア・・・」

承太郎「ハァ・・・」

女子生徒2「あっJOJO!どうしたの・・・」

承太郎「・・・」

女子生徒3「JOJO・・・?」

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 13:20:55 ID:KeYdIfTE
数日後(ケガが治るのに時間がかかるなんてありえませんよ・・・ファンタジーやメルヘンなんですから)

DQN2「やっと骨折が治った・・・」

DQN3「俺もだ・・・あの野郎許せねえ・・・」

DQN1「にしてもアイツ、なんでいきなりキレたんだろうな?」

DQN3「さあな」

DQN1「次はどうするんだよ?」

DQN2「ヘヘ・・・あいつが学校に来た時を狙って上から>>71を落とすんだよ!」

DQN3「おおーッ!上から落とすんだったら反撃されねえな!」

DQN1「」

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 13:32:19 ID:d8KJV0gA
ロードローラーだッ!

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 13:38:55 ID:KeYdIfTE
今気づいたらDQN1のセリフがなかった・・・

DQN1「で・・・ロードローラー?」

DQN2「・・・のオモチャな」

DQN3「まあ本物は無理だわなwwwwwwwww」

DQN2「ま、これなんだけよ」ゴソ

DQN3「でっか!70cmはあるぞこれ!」

DQN2「しかもこれ、プラスチック爆弾搭載だぜ!」

DQN1「マジか!爆発すんのかwwwwwwwww」

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 13:42:59 ID:KeYdIfTE
承太郎(・・・)

承太郎(あいつらとDIOが被ってしまった・・・)

承太郎(DIO・・・てめえは死んでも俺を苦しめるのか)

DQN3「キタキタキタキタキターーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

DQN2「よっしゃあああ!ファイヤアアアアアアア!!!」

ポイッ

ヒュオオオオオオオオオオオオオ…

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 13:45:13 ID:KeYdIfTE
承太郎「!」

バッ

ドガンッ

承太郎「」ズザザッ

…ガシャ

承太郎「・・・あ?」

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 13:48:00 ID:KeYdIfTE
承太郎(ロードローラー?)

DIO『ロードローラーだッ!ぶっ潰れよォーーッ!!』

承太郎「・・・」

DQN1「キシシシ」

承太郎「!」

DQN1「木端微塵に消し飛ばしてやるッ!」カチッ

ピッ…

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 14:31:14 ID:KeYdIfTE
承太郎「スタープラチナ・ザワールド!」ピタア

承太郎「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオオラオラ!」ドゴドゴドゴ

承太郎「そして時は動き出す」

DQN1「あ・・・あれ?」カチカチ

DQN1「どうなってんだおい爆発しねえぞ!」

DQN2「え、そ、そんなはずは・・・」カチカチ

DQN達「どうなってんだこれ・・・」

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 14:38:52 ID:KeYdIfTE
DQN3「お、おい!承太郎が上がってくる前にスイッチ片づけろ!」バタバタ

DQN2「あ、ああ!」バタバタ

DQN1「早く早く・・・」アセアセ

承太郎「」ガラッ

DQN達「」バッ

シーン

承太郎「・・・」

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 16:14:24 ID:KeYdIfTE
休み時間

DQN2「クソ・・・なんだったんだよアレは?」

DQN1「さーな・・・で、次はどうするよ?」

DQN3「へっへー、前さァ、後ろから攻撃したことがあったろォ?」

DQN2「あったな」

DQN3「あれでよォ、もっとダメージのでかい道具で気絶させてリンチすればいいんじゃねえかと思うんだ」

DQN1「>>80とかか?」

DQN2「おお!それ!それいいじゃねえか!」

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 18:00:31 ID:m5vPpnX6
釘バット

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 18:26:36 ID:KeYdIfTE
DQN3「まーちょっと準備に時間かかるな・・・」

DQN2「明日の放課後にやろうぜ」

DQN1「おーじゃ、今日は休もうぜ」

DQN3「明日が楽しみだ」ワクワク

先生「おーい席に着けー」

DQN1「お、授業始まるぞ。一緒にフケようぜ」

DQN2「おー」

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 21:22:29 ID:KeYdIfTE
翌日放課後 カアカア

DQN2「よっしゃァ・・・そろそろ出てくっぞ」コソコソ

承太郎「」スタスタ

DQN3(今じゃあああああああああああああああ!!!)ブン

承太郎「スタープラチナ!」ドキュウウウウン

スタープラチナ「オラァ!」バシイ

DQN3「なッ・・・」

承太郎「この前背後から襲われてから・・・警戒するようにしていてな」

スタープラチナ「」ポイ

ゴトッ

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 21:25:43 ID:KeYdIfTE
承太郎「スタンドは使わねえ・・・素手でやってやる」

DQN2「はァ?何言って」バギョ

DQN2「ッ・・・」ドサ

DQN3「え・・・」メメタア

DQN3「」バタ

承太郎「」ブン

DQN1「うおッ・・・」ヒョイ

DQN1(よし!俺なら避けられる!)

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/22(日) 21:28:46 ID:KeYdIfTE
DQN1「ひゃh」バグオッ

DQN1「」ドサッ

承太郎「やれやれだぜ」ザッ

DQN2「なッ・・・」ピクピクピク

ゴトッ

88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 12:24:44 ID:ScqurRY6
翌日 チュンチュン

DQN1「クソッ!何なんだァあいつ!」ギリギリ

DQN2「もうネタが思い浮かばねえぜ・・・」

DQN1「何かネタはないのか!」

DQN3「>>90はどうだ?」

DQN2「・・・何?」

DQN1「・・・ふむ」

90: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 16:00:03 ID:5f4/vWLg
母ちゃん襲う

91: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 16:07:18 ID:ScqurRY6
DQN3「人質をとる・・・それならあいつも屈するだろうよ」

DQN1「なるほど・・・で、あいつの家わかんのか?」

DQN3「今日から調べようぜ・・・今のところわかってるのは、あの老人が家族だってことだな」

DQN2「あの老人を少しずつ調べて家を特定するわけか」

DQN1「それ以外でもいろいろ調べる手段はあるしな・・・へへ、ゆっくり焦らずやっていこうぜ」

DQN3「おう」

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 19:02:36 ID:tyxTB0Aw
アカン

カーチャンだけはアカンで

93: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/24(火) 19:21:31 ID:ckHGaFtM
あの世にいる熟女好きの花京院さんが黙ってないぞ

96: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 22:04:59 ID:DxTF0xdA
数日後

DQN2「調べた結果、家はここらしいぞ・・・」

DQN3「へへ、承太郎の奴は学校・・・家には母親以外誰もいねえ筈だ」

DQN1「よし、裏から行くか?玄関からか?それとも窓から行っちゃう?wwwww」

>>98

98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 22:17:17 ID:4Pv07HW2
屋根裏

99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 22:36:00 ID:DxTF0xdA
DQN2「屋根裏からだ・・・脚立!」

DQN3「おらよ」カコン

ガチャッ カチャカチャ

DQN2「へへ・・・レッツショータイムだ!」カチャ カチャ

DQN3「電動のこぎりで壁を切り抜いてやるぜ」ギィィィイイイイ

DQN1「ヒャハハハハハ!これで承太郎の野郎を一生奴隷にできるぜwwwww」

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 22:39:28 ID:DxTF0xdA
DQN1「よッ!」スタッ

DQN3「じゃーはじめま~ッす!wwwwwwww」ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

ギィィィィィイイイイイイイイイイイイ

DQN3「ヒャハハハハハアハハハ!」ギイイイイイイイイイイイイイイ

DQN2「おッ、開いたぜッ!」ギィィィイイ… ガコッ

DQN3「よっしゃ、入ろうぜwww」バキャッ

101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 22:44:14 ID:DxTF0xdA
DQN2「と」スタッ

DQN1「へへ」バギアッ

DQN3「にしてもでかい家だよなァ・・・」ザッ

DQN1「ま、そーだなww金でも貰ってこーぜwww」

DQN2「いいなそれwwwww」

ギャハハハハハハ イイネーイイネー オレテンサイダロォ

102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 22:46:47 ID:DxTF0xdA
ホリィ「・・・」

ホリィ「何かしら・・・?さっきから上で物音が・・・」

ホリィ「気のせいかしら?」

ホリィ「・・・」

ホリィ「これがスタンドってものの後遺症なのかしら・・・?」

ホリィは何をしている?
>>103

103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 22:57:30 ID:QiGsxBDU
豚の屠殺及び解体

106: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 23:37:18 ID:DxTF0xdA
DQN3「へへ・・・」ニュッ

DQN3「」ピシイッ セキカ

DQN2「何だ・・・どうした?」

DQN3「」ギギギギギギギギギギギギギギギギギ

DQN3「ア、アレ ミテミロヨ」ギギギギ

2人「ああ?」ニュッ

2人「」ピシイッ セキカ

107: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 23:40:56 ID:DxTF0xdA
ホリィ「まあ気のせいだと思いましょう」ビッ ズバアッ

DQN達「」ガクガクブルブル スパッ ズバッ ザクザクザク

DQN1「お、おい・・・ぶッ、豚を・・・」

DQN2「あんな・・・デカい刃物で・・・」

DQN3「あんなに手際よく・・・」

2人「そこかよ」

ホリィ「やっぱり楽しいわね・・・おじいちゃんでもいればもっと早く済むんだけど、ゆっくりやるのもいいわね」サクッ スパァ

DQN達「」

108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 23:45:42 ID:DxTF0xdA
DQN達「」ガクガクブルブルガクガクブルブルガクガクガク

DQN1(え!?おじいちゃんってあの外人の老人!?)ガクガク

DQN2(オレらそんなジジイに喧嘩売ったのか!?)ガクガク

DQN3(強いと思ったらやっぱり・・・汗が噴き出すッ!)ガクガク

DQN3「是非弟子に・・・」ガッ

DQN2(馬鹿ヤロォォォォォォォォオオオオオオオオオオオオオ)

DQN1(今出てってどうすんだよ!第一壁に穴開けて侵入してる時点で犯罪者だろうが!バレたらやべえぞ逃げよう!)

DQN3(あ、ああ)

109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 23:50:20 ID:DxTF0xdA
スタコラビューッ

DQN3「す・・・すごかったな、プロ並みの手つき・・・」

DQN2「もうなんなのお前・・・つか空条の家系ってヤバい奴多すぎだろ!」

DQN1「無茶苦茶強いジジイ、豚の殺害が好きな母親、空条自身も強い!勝てるわけねえだろ!」

DQN2「最強で最恐な家だ・・・」

DQN1「オレはもうゴメンだッ!空条に手出しなんかできねえ!」

DQN2「オレもだぜェッ!もうこの際不良もやめてやるッ!」

DQN3「オレも不良やめて弟子になろっかな・・・」

110: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 23:56:10 ID:DxTF0xdA
こうしてDQN1とDQN2は更生し、同じ企業の会社員となった。

DQN1は平凡な人生を送り、時の加速が始まる前に心臓発作を起こし永眠。生涯独身であった。

DQN2はその後社長により10億円がかかった話し合いを任されるが、老いてますます健在な男性の隠し子により人生を狂わされる羽目に。

DQN3はホリィにすべてを打ち明け謝罪、同時にホリィの弟子となった。



そして月日は流れ―

111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/25(水) 23:58:45 ID:DxTF0xdA
元DQN1「なあ、聞いたか?元DQN3が兼業農家になって大成功したんだってよ!」

元DQN2「本当か?いつか様子を見に行こうか」

元DQN1「金曜日空いてるか?一緒に行こうぜ」

元DQN2「確か空いてたはずだ。じゃあ金曜日な」

元DQN1「ああ、8:00くらいに現地集合でいいだろう」

ハハハ ギャハハハ



そしてさらに月日は流れ―

112: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/26(木) 00:00:29 ID:UsCi.I9M
DQN1「空条承太郎・・・アイツ、いきなりエジプトから帰ってきて、さっそく女どもにモテやがって!」

DQN2「イラつくぜェ~・・・なんつーか、ムカつくんだよなァ!」

DQN3「クソが・・・アメリカから帰ってきていきなり調子に乗りやがって・・・」

DQN2「アフリカじゃね?」

DQN3「え、マジ?お前頭いいな」

DQN1「そォーだッ!あいつに嫌がらせしてみようぜ!女子どもから嫌われるようにしれやるんだよ!ヒャハハハハ!」

DQN2「ギャハハハハ!で、どうやんだよ?」

ソウダナア… ウーン ア!コウイウノハドウダ!?

113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/26(木) 00:02:51 ID:UsCi.I9M
幕が開いたような

終わりなき物語

命がぶつかる火花

青春の日々を照らせよ

君という未来に「幸運」をーッ!

そ の 血 の 運 命

114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/26(木) 00:03:25 ID:UsCi.I9M

115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/26(木) 07:41:50 ID:yM/tkPUg
おつー
楽しかった

118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/26(木) 18:39:38 ID:IQ9GOvkc
楽しかった~乙!
まさかDQN2が吉岡とはww

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 12.空条承太郎・セカンド(荒木飛呂彦指定カラー)(再生産)

新品価格
¥3,300から
(2013/12/27 00:45時点)


引用元: DQN1「安価で空条承太郎に嫌がらせをしようぜwwwwww」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。