ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [アイドルマスター]アイドルマスター (765プロ以外) >  留美「年下の甘えベタな巨人プロデューサー」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

留美「年下の甘えベタな巨人プロデューサー」

1 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 01:30:53.05 ID:iZbCJovZ0


P「留美さん、何言ってんすか」

留美「いえ、貴方の率直な感想よ」

P「まぁ確かに事実ですけど」

留美「私だって年上なんだから少しくらい甘えてもいいのよ?」

P「男としてそれはできません。あと背が高いと人に甘えにくいんですよ、まぁ俺だけかもしれないですけど」

留美「……納得いかないわ」



和久井留美、秘書

和久井留美、ウエディングドレス、車


4 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 02:01:04.33 ID:iZbCJovZ0


留美「どうにかして甘えさせたいわ」

P「無理っすよー。だって、人に甘えたこととかほとんどないですし」

P「甘えるって言ったって種類があるじゃないですか」

留美「最終的には泣いて抱きつくぐらいまでには行きたいわね」

P「それはないですね。よっぽどのことがなければ」

留美「まずは軽くジャブね、Pくん。ちょっと来なさい」

P「何すか」



5 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 02:05:36.76 ID:iZbCJovZ0


留美「もうちょっと寄って」

P「嫌な予感がします」

留美「いいから!」グイ

P「ちょとぉ!」グイ

留美「……」ギュ

留美「こっち見て」

P「ちょ、ほんとに」

留美「……」パシャ

P「」

留美「ありがとう。これで待受にする画像に悩まなくて済むわ」

P「何してんすか。留美さん。今の甘えるとか何も関係ないじゃないすか」



6 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 02:10:56.96 ID:iZbCJovZ0


留美「何を言ってるのかしら。今私にくっつかれて嬉しかったでしょ?」

P「嬉しかったです!」

留美「あ、あらそう」

P「甘えるのは男としてダメな感じがするんですよね。甘えるというより甘えられる方がいいんですよね」

留美「私でもいいのかしら?」

P「もちろん! お姉さんに甘えられるほどのご褒美はございません」



7 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 02:19:37.72 ID:iZbCJovZ0


留美「じゃあ、明日から貴方に甘えることにするわ」

P「マジっすか。ありがとうございます!」

留美「じゃあ、もう今日は帰るわね」

P「はい、お気を付けて」

バタン

留美「あれ、趣旨が変わっている気が……」

留美「まぁ、いいわ。明日からPくんに甘えましょう」



8 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 02:35:12.57 ID:iZbCJovZ0


翌日

留美「Pくん」ギュ

P「何ですか? いきなり抱きついてきて」

留美「Pくんとくっついていたいの」

P「お、おお」

留美「ダメ?」

P「全然いいっすよ! 何でもしてください」

留美「なら年少組がしてるように膝の上に乗せて欲しいのだけれど」

P「お安いごようです」

留美「は、恥ずかしいわね」

P「別にいいと思いますよ」



9 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 02:41:50.08 ID:iZbCJovZ0


P「……」ナデナデ

留美「ん、んぅ」

P「留美さんもお姉さんですから甘えづらいですよね」

留美「まぁ確かに皆の面倒をみなきゃいけないし」

P「だから留美さんは俺に甘えていいんですよ?」

留美「そ、そうね。たまにはいいと思うわ」

P「たまにじゃなくてもいいんですよ」

留美「だってこんなことバレたらみんなに馬鹿にされるじゃない」

P「特に同年代の方にはね」ギュウ

留美「もう! 急に抱きしめるのはダメよ」



10 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 02:50:34.25 ID:iZbCJovZ0


P「やっぱり留美さんといちゃいちゃしても砂糖吐くわー的な展開にはならないんですよね」

留美「それはもっと可愛い子にお願いするのね」

P「でも俺は留美さんがいいんです。留美さんと砂糖吐きたいんです」

留美「私は砂糖なんて吐きたくないわよ。まずは降ろしてちょうだい」ジタバタ

P「はい」

留美「じゃあ、次はソファに座るから貴方は私の膝に寝て」

P「わかりました」

留美「どう? 固くないかしら?」

P「とっても柔らかいですよ。あといい匂いがします」

留美「ありがとう。お礼に耳かきでもしてあげる」



14 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 12:42:08.74 ID:iZbCJovZ0


留美「どうかしら?」

P「気持ちいいですよ。留美さんがしてくれてると思うと幸せです」

留美「嬉しいことを行ってくれるわね。ほら、逆向きなさい」

P「あの、逆向いたらお腹がですね」

留美「うずめてもいいのよ?」

P「それは無理です」

留美「そう、残念」ナデナデ

P「あの留美さん。何で撫でるんですか?」

留美「別にいいじゃない。減るもんじゃないし」

P「甘えてる自分に腹が立ちます」

留美「慣れればいいじゃない」

P「無理」



16 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 13:05:22.87 ID:iZbCJovZ0


P「俺にだってプライドがあります」

留美「そんなものは捨てて私のお腹に飛び込みなさい」

P「ぐぬぬ」

留美「もう、焦らすわね」

P「フン!」ボス

留美「ふふふ、それでいいのよ」

P「……」スーハスーハー

留美「ちょ、ちょっとくすぐったいわ。でもいい子ね」ナデナデ

P「……」

留美「もうちょっと耳かきするから動かないでね」



17 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 13:36:05.85 ID:iZbCJovZ0


P「……」クンカクンカ

留美「ふふふ」

P「……」

留美「はい、起きていいわよ」

P「……」

留美「まだ、寝ていたいの?」

P「……」コク

留美「いいわよ」ナデナデ

P「……」zzz

留美「寝ちゃったのかしら」

留美「ふふ、可愛いわね。確かに身長はとても大きいけれど年は下なんだからもっと頼ってくれていいのに」



18 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 13:53:48.92 ID:iZbCJovZ0


P「あれ、俺、なんで寝てんだ?」

留美「あ、起きたのね。ちょうど良かったわ」

P「留美さん。あ、膝枕で」

留美「思い出したのね。じゃあ、ここどこかわかる?」

P「わからないです。ただ、俺のきたことのない場所ですよね」

留美「そうね、ここは私の部屋よ」



23 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 16:46:05.40 ID:iZbCJovZ0


P「ちょ、どうやって俺を運んだんですか!?」

留美「きらりちゃんに来てもらったわ。私じゃどう考えても無理だもの」

P「で、何で俺を運んできて何をする気ですか?」

留美「そんなこと決まってるじゃない」

P「な、何でこっちによってくるんですか!?」

留美「……」



24 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/15(日) 16:50:14.07 ID:iZbCJovZ0


留美「はい、あ~ん」

P「え、は、えっ?」

留美「速く口をあけて!」

P「んぁ」

留美「はい、いい子ね」

P「……」モグモグ

留美「味はどうかしら?」

P「うめえっす」

留美「それはよかったわ。頑張って作ったからもっと食べてね」

P「ありがたいですけど、自分で食いたいです」

留美「ダメ。こうやって食べるのよ。あ~ん」

P「……」モグモグ



28 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/17(火) 17:33:10.63 ID:1Xz3aShy0


ピンポーン

P「ん?」モグモグ

留美「あ、届いたみたいね。はーい。今でまーす」

P「何ですか、その箱。密林すか」

留美「ええ、今日のために密林で買ってきたものよ。用意するからちょっと待っててね」

P「(今日のためにって一体なんだろう)」

P「(気になる)」

留美「♪~♪」

P「(すごい上機嫌だな)」



29 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/17(火) 17:44:23.05 ID:1Xz3aShy0


留美「じゃあ、目を瞑って?」

P「うい」

留美「ん、んしょ」

P「(何だ、布が擦れる音がするぞ)」

留美「開けていいわよ」

P「うい」

P「!?!?!」

留美(メイド服)「どうかしら、似合う?」

P「もちろんですよ! 事務所にいるときはそれでお願いします」

留美「それは、流石に恥ずかしいわ。あなただけにしか見せられないわよ」

P「……俺にだけ」ゴクリ



30 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/17(火) 17:52:54.55 ID:1Xz3aShy0


P「(飛びつきたいがそうはいかない。これならむしろ縛られていたほうが楽だ。何も拘束がない分、なんでも出来てしまうから怖い)」

留美「お、おかえりなさいませ、ご主人様!」

P「」

P「はい。ご主人様です」

留美「留美にこのプリンを食べさせてください」スッ

P「はい!」

P「あ~ん」

留美「あ~ん! とても美味しいわ。ご主人様からもらったから尚更」

P「(あー、やべーよー。まじやべーよー)」



32 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/17(火) 18:17:00.12 ID:1Xz3aShy0


留美「はい、メイドさんはここまでね。次行くわよ」

P「え?」

留美「誰がメイド服だけなんて言ったの? まだあるわよ」

P「」

留美「着替えるから目を瞑って」

P「うい」

留美「これ意外と脱ぐの大変ね」

P「(まだかなー)」

留美「よし、いいわよ」

P「(きた!)」

留美(制服)「なんだか、タイムスリップした気分だわ」

P「お、おうふ」

P「いいと思いますよ。次の仕事はこれでいきましょう」

留美「絶対に嫌よ」



34 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/17(火) 18:39:28.05 ID:1Xz3aShy0


P「あの、留美さんこっち向いてください」

留美「え?」

P「……」パシャ

P「これ、誰かに送っていいですかね」

留美「だ、ダメに決まってるでしょ!? 消去よ、消去! デリートよ!」

P「残念です」

留美「もう、予定が狂っちゃったけど、これ」

P「マフラーですか?」

留美「あげる」

P「? ありがとうございます」

留美「それ、私が自分で編んだのよ?」

P「マジですか!? 宝物にします」

留美「ありがとう、巻くときには私に行ってね」

P「はい。っていうかこれ一人分にしては長くないですか」

留美「ええ、そういう風に作ったから」



35 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/17(火) 18:50:47.68 ID:1Xz3aShy0


留美「次が最後だから」

P「期待してます」

留美「最後のは際どいから静かにしてね」

P「(際どい……)」

留美「はぁ、これは非常に恥ずかしいわ」

P「……」ワクワク

留美「い、いいわよ」

P「」

P「」

P「」

P「!?!?!?!?」

留美(スク水)「あ、あまりジロジロ見ないでちょうだい」



36 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/17(火) 19:12:58.96 ID:1Xz3aShy0


P「……」パシャ

留美「と、撮らないで。恥ずかしいから」

P「……」パシャ

P「留美さん可愛いよ留美さん」

留美「もうそんなこと言わないで」

P「触ってもいいですか!?」

留美「え!? い、いい……けど」

P「ウヒョォォォォォッ!!」

P「しかし、触らないPであった」



37 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/19(木) 18:26:15.37 ID:7XXfBqO90


留美「さ、触らないの?」フリフリ

P「ワタシ、プロデューサー。アナタ、アイドル」

留美「そ、そんなこと関係ないわよ。触っていいのよ?」

P「留美さん、自分の体を大切にしてください」

留美「わ、私は……貴方に触ってほしいの」

P「」

P「じゃあ、遠慮します」

留美「ええ!?」

P「今、留美さんに触る気が全て消え失せました」

留美「何で? こんなに頑張ったのに」



38 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/19(木) 18:44:40.43 ID:7XXfBqO90


留美「私は貴方に精一杯甘えてみたのに貴方は何もしてくれないの?」

P「じゃあ、何をしてほしいんですか」

留美「え、そ、それは……」

P「何をしてほしいかも分からないのに俺は留美さんを触るなんてことできませんよ」

留美「うぅ」

P「何かしてほしいならしてほしい事をいってくださいよ。ほら」

留美「……」

P「何も言わないなら俺はこの辺で帰らせてもらいますよ。いいものを見せてもらいました」

留美「……ま、待って」

留美「そ、その」

P「なんですか?」



39 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/19(木) 18:50:52.34 ID:7XXfBqO90


留美「だ、抱きしめて頭を撫でてほしいの」

P「わかりました。いいんですね?」

留美「……」コク

P「(楽しぃぃぃ!!)」ギュゥ

留美「あ、あぅ。んん」

P「留美さんは意外とえっちなんですね」ボソ

留美「そ、そんなことないわよ」

P「可愛いですねぇ」

留美「やめてよ。もう」

P「じゃあ、この辺で」

留美「あっ。じゃあ、次は……」

留美「……キス……して?」



42 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/21(土) 18:00:58.44 ID:fL18YVAS0


P「……」

留美「ん、んふんちゅ」

P「……」

留美「……ぷはぁ」

留美「……」パタ

P「ちょ、留美さん!? どうしよう。倒れちゃったよ。どうしよう」

留美「……」

P「と、とりあえず、ベッドに寝かそう」

P「よし。で、これからどうするか」

留美「……」スースー

P「……」ゴクリ

P「ゴクリじゃねーよ」



44 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 18:29:12.41 ID:qvaZ6Kig0


P「とりあえず、今日のことは全て夢だということにしよう」

P「まずは留美さんの服をここに来た時の服にする。脱がそう」

P「……」

P「(我慢だ)」

P「よし、おっけー。そしてこのコスプレグッズは回収。そしてこれの代金を留美さんの財布に入れる」

P「……たっけぇ」

P「よし。次は耳かきを元の場所に戻す」

P「最後に留美さんをベッドに寝かせる」

P「そして、俺は帰る。完璧だ」



45 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 19:11:24.91 ID:qvaZ6Kig0


翌日

留美「お、おはよう……ございます」

P「あ、留美さん。おはようございます」ニカッ

留美「え、ええ。昨日は、その……」

P「昨日? 昨日何かありましたっけ?」

留美「え? ええ!?」

P「ちょ、どうしたんですか? 顔が赤いですよ!?」

留美「本当に!? 本当に何もわからないの?」ガクンガクン

P「ちょ、俺なんかしたんですか!?」

留美「……それは言えないわ」

P「(完璧だな)」



46 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 19:25:29.59 ID:qvaZ6Kig0


留美「あれは夢だったのかしら」ボソ

P「そうじゃないんですか?」

留美「そ、そんなはずは……そんなことがあってはいけないわ」

留美「そうよ。昨日、代金を払ったんだから財布のお金が減っているはず」

P「(そこは予想済みだ)」

留美「……減ってない」

P「やっぱり夢じゃないですか?」

留美「……いや。いやいやいや!」

留美「あれが夢だなんて許せない!」

P「る、留美さん……」

留美「だって勇気を振り絞って頑張ったのよ!? それなのにそれが全て夢だなんて」

P「……元気出してくださいよ。何があったかはしりませんけど」

留美「……」



47 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 19:42:32.02 ID:qvaZ6Kig0


留美「い、一体どこから夢なの?」

P「昨日あったことと言えば仕事で留美さんが猫に触ったぐらいですかね?」

留美「そんなところから……」

P「はて、なんのことやら」

留美「あーあ、もうやる気が失せたわ」

P「頑張ってくださいよ。なんでもしますから」

留美「……なんでも?」ピク

P「あ、いえ。できる限りで」

留美「なんでもしてくれるのね」グワッ

P「は、はい」



48 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 19:54:38.87 ID:qvaZ6Kig0


留美「じゃあ、この婚姻届けに印を!!」

P「今は無理です!!」

留美「……今は?」

P「そうですよ。今は無理です」

留美「将来は?」

P「アリですね」

留美「具体的には?」

P「留美さんがトップアイドルになったら」

留美「頑張るわ」

P「(いろいろ間違った方向に進んでしまった)」



49 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 20:25:15.44 ID:qvaZ6Kig0


留美「あの、今日、貴方の家に行ってもいいかしら?」

P「え!? なんでですか?」

留美「な、何ででもよ! 頑張ってトップアイドルになるからお願い!」

P「だ、ダメですよ。金曜日されちゃいます」

留美「バレないようにするから!」

P「うう」

留美「ね? お願い」

P「うう、分かりました」



50 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 20:35:18.12 ID:qvaZ6Kig0


P「ここです」

留美「あら、意外と綺麗なのね。自炊もしてるみたいだし」

P「まぁ一人暮らし長いですし。時の流れですよ」

留美「あ、これ。密林のダンボールね。あなたも利用するのね」

P「(あ、これ。昨日、和久井家から持ってきたコスプレグッズだ)」

留美「中身は……え?」

P「あ」

留美「これ、コスプレグッズ?」

P「あ、それは」

留美「しかも夢と全く同じだわ。Pくん?」

P「実はそれ留美さんに着せたいなぁとか思ってたり?」



51 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/24(火) 20:46:59.41 ID:qvaZ6Kig0


留美「嘘ね」

P「うぇ!?」

留美「だってこれ開けられてるもの。貴方これ着たの?」

P「い、いやぁ。留美さんのサイズにあってるかなぁと思って」

留美「あら、そう。私のサイズ知ってるの?」

P「……」

留美「知らないわよね。でもこれ、私のサイズとぴったりだわ。流石ね」

P「いやぁ、それほどでも」

留美「だってこれ私が自分で頼んだものだもの!!」

P「」



53 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/27(金) 20:09:25.03 ID:bhJzqoVG0


留美「やっぱりあれが夢なんて嘘よね」

P「……」ビク

留美「ねぇ!?」ガクンガクン

P「……はい。全て現実でございます」

留美「貴方が全部工作したのね?」

P「はい」

留美「はぁ、仕方のない人ね」

P「すいません」ボソ

留美「まぁ許してあげる」

P「ほんとですか!?」



54 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/27(金) 20:23:33.08 ID:bhJzqoVG0


留美「こんな小さなことで腹を立てていては奥さんは務まらないわ」

P「え、それは」

留美「ええ、私がトップアイドルになってからね?」

P「は、はい」

留美「じゃあ、これ以上はまたね」チュ

P「……」



55 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/27(金) 20:52:28.42 ID:bhJzqoVG0


翌日の事務所

P「留美さーん」

留美「何かしら」

P「来月のライブの衣装なんですけど。これどうですか」つセーラー服

留美「……!?///」バシバシ

P「痛いっす。なんすか! いいじゃないですか!」

留美「い、嫌に決まってるでしょ! そ、それにその服装はあなたにしか見せないって言ったでしょ」

P「そうですか」シュン

留美「そ、そんなに寂しそうな顔をしないでよ」

P「じゃあこれで」



57 : ◆.avztqSy6I [saga]:2013/12/27(金) 21:16:02.94 ID:bhJzqoVG0


P「これで、トップアイドルに一歩前進ですね」

留美「そ、そうかしら? それならしょうがないわね」

P「俺は速く留美さんにトップアイドルになってほしいですから」

留美「そうね。私も速くなりたいわ。そうしたら……」

留美「その……ね?」

P「そうですね。俺も頑張りますから」

留美「ふふ、頑張りましょうね。あなた」チュ

おわり



58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/28(土) 02:57:48.97 ID:QjYErPtbo


乙、留美さんメインもっと増えろ



年上ノ彼女(ヒト) 1 (ジェッツコミックス)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387038652/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。