ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 ヤ行]ゆるゆり >  向日葵「最近、櫻子の雰囲気が怖い…」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

向日葵「最近、櫻子の雰囲気が怖い…」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 00:34:25.18 ID:5a+l3fqt0


向日葵「いったいどうしたらいいのかしら………」ウルウル




―――――――――――――――――――――――――――――――――――



2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 00:39:50.84 ID:5a+l3fqt0


ちなつ「そういえばさ、櫻子ちゃんって背が伸びてから別人みたいになったよね」


あかり「うん、髪も伸ばして大人っぽくなったと思う」


ちなつ「背が高いとスタイルもよく見えるし憧れるなぁ…」


ちなつ「(結衣先輩のタイプはどうなんだろうな…)」


あかり「でも…あかりは最近少し心配かな」


ちなつ「何が?」


あかり「うん…向日葵ちゃんのことなんだけど…」


さくひま、乗っかり、櫻子、向日葵、ゆるゆり


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 00:44:26.99 ID:5a+l3fqt0


櫻子「あっ、あかりちゃんにちなつちゃん、こんなところで何してるの?」スラーーッ



あかり「櫻子ちゃん、あかりは今ちなつちゃんとお喋りしてたところだよぉ」


櫻子「ちなつちゃん、なに話してたの?」


あかり「(うぅ…目線を上にしないと櫻子ちゃんの顔を見て話せないよぉ)」


ちなつ「ええ、とくに大したことじゃ…」


ちなつ「(なんか見下ろされてる感が半端ない…仕方ないことなんだけど)」


櫻子「えへー、そうなんだ」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 00:48:24.94 ID:5a+l3fqt0


あかり「櫻子ちゃんって今身長どれくらい?」


櫻子「ええと170センチくらい…?あっ、それでさ今、向日葵探してるんだけど見なかった?」


ちなつ「向日葵ちゃんならさっき一人で生徒玄関を出るところを見たよ」


櫻子「そうなんだ…最近一緒に帰ろうとしても向日葵ってばすぐ先に帰っちゃうんだよね」


ちなつ「そ、そうなの?」


櫻子「うん…なんか私から避けてるようだし」



5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 00:51:35.33 ID:5a+l3fqt0


櫻子「今日なんてせっかく生徒会の仕事も休みだったのにさ」


ちなつ「そういえば最近、向日葵ちゃんの様子もちょっとおかしい気がする…」


あかり「あかりが向日葵ちゃんに話聞いておいてあげるよ」


櫻子「えっ本当?あかりちゃん助かる!」


あかり「最近ね…」


あかり「前に比べて櫻子ちゃんと向日葵ちゃんが一緒に居ることが少ないなぁって思って」


あかり「あかり少し心配だったんだぁ…」



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 00:59:18.02 ID:5a+l3fqt0


櫻子「向日葵はどうして私の…」




京子「あかりー、ちなつちゃーん、部室行こうぜー」


櫻子「あっ、歳納先輩!」


あかり「あっ京子ちゃん」


ちなつ「結衣先輩~♥」


京子「おお、さくっちゃん、相変わらずでっかいなぁ!」


結衣「他の物の言いようがあるだろ。まあ私も大室さんにはいつの間にか身長越されちゃったしな」


櫻子「船見先輩に言われるとなんだか照れますって」テヘ



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:02:02.22 ID:5a+l3fqt0


結衣「大室さんはいつ頃から身長伸びたんだっけ?」


櫻子「はい…中1の冬くらいから突然身長が伸びはじめて、」


櫻子「四月に測った時にはすでに170センチもありました。たぶんもう数センチ伸びたと思います」


結衣「原因は分かる?」


櫻子「それが自分でもなんで急に伸びたのか分からないんですよ」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:05:54.34 ID:5a+l3fqt0


京子「ううぅ、スタイルも良くて羨ましい。私にも身長分けてくれ」スリスリ


結衣「おいコラ、大室さんに何してる」


櫻子「チビって馬鹿にされることも、子どもっぽいって言われることもなくなったし…
良かったんですけどね…」







~次の日~

~休み時間~


向日葵「」ゴソゴソ


櫻子「なぁ向日葵、なんで昨日誘おうと思ったのに先帰っちゃうんだよ…」



9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:09:05.66 ID:5a+l3fqt0


向日葵「…」ビクッ


向日葵「あ…えっ…えっと急に用事ができまして…」


櫻子「そうなの?なんか最近いつもそうじゃん」


向日葵「そ、そうですかしら…わ、悪かったですわ…」モジモジ


櫻子「」ドタンッ


向日葵「ひゃっ」


櫻子「いい加減にしろよ…最近明らかに私のこと避けてるよな?」


向日葵「さっ、避けてなんていないですわ…」


櫻子「避けてるように見えるから言ってんだろ!」



10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:10:50.69 ID:5a+l3fqt0


向日葵「ご、ごめんなさいっ…」

スタスタスタ



櫻子「あっ、待てよ向日葵」


櫻子「…」


櫻子「(いったい私にどうしろって言うんだよ…)」



11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:13:03.92 ID:5a+l3fqt0


~放課後~


~生徒会室~


綾乃「あら…そうなの」


向日葵「すみませんが、今日は生徒会のほうを休ませていただきます…」


綾乃「分かったわ…」


向日葵「(さすがに今日櫻子と顔を合わせるのは気まずいですわ…)」し





~帰り道~

あかり「あっ、向日葵ちゃん今日は生徒会のお仕事ないの?」


向日葵「えぇ、事情があって休みましたわ。赤座さんはごらく部の活動は?」


あかり「今日は向日葵ちゃんに大事な話があって休んできたの!」


向日葵「え…?」



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:15:11.53 ID:5a+l3fqt0


……………………………………………………………………

あかり「櫻子ちゃんは向日葵ちゃんが最近避けてるみたいだって、少し悲しそうだったよ」


向日葵「えぇ、私もできれば櫻子と今までどおり仲良くしたいですわ…」




向日葵「でも…もう櫻子は私の中の櫻子ではないような気がして…」



あかり「そうかなぁ…」


あかり「あかりは、櫻子ちゃんは櫻子ちゃんだと思うよ」


向日葵「そうなのですけど…」



13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:18:47.80 ID:5a+l3fqt0


あかり「もしかして何かあったの?」


向日葵「たぶんあの日の出来事がきっかけで…」



―――――――――――――――――――――――
~3か月前~



~向日葵宅~


櫻子「もうだる~い、勉強飽きたぁ、おやつおやつぅ~」


向日葵「櫻子あんた図体ばかりデカくなって、内面はまだまだ子どもじゃないの」


櫻子「な、なんだよ、私の身長が伸びたことがそんなに気に入らないのかよ」


向日葵「そうですわ、私が付いてないと宿題も出来ないお子様ですのに」


櫻子「そっか、向日葵自分が身長丸っきり伸びないからって嫉妬してるんだぁ」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:22:22.41 ID:5a+l3fqt0


向日葵「櫻子みたいに図体だけデカくなっても何も役に立たないですわ」

 
櫻子「チッ、身長のことばっかり言うのいい加減にしろよ。頭きた」バサッ


向日葵「昔から威勢だけはいいですわね」


櫻子「短足おっぱい魔人のくせに!」


向日葵「なな、なんですって!」


向日葵「櫻子いい加減にしないと容赦しませんわよ」


櫻子「ははっ、今の私に喧嘩を挑んで勝てるかな」グイッ


向日葵「ぃっ…あなたよくもね……ぅぅっ」グイッ


櫻子「できるもんなら私の手ほどいてみろよ」


向日葵「(な、なんなのこの力…ビクともしない……)」グイッ



15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:25:55.11 ID:5a+l3fqt0


向日葵「(痛い…っ…痛いっ…)」グイッ


向日葵「(ここで負けを認めてたまるものですか…)」


向日葵「(でもやっぱり痛い…我慢できない…ぅうっ)」




向日葵「さ…櫻子、い、痛い…ですわ…」ウルウル


櫻子「あっ、ご…ごめん」


櫻子「そこまで力入れたつもりじゃ…」


向日葵「ヒック ヒック…」ポロポロ



櫻子「(やばい、どうしよ…泣かせちゃった…)」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:27:38.84 ID:5a+l3fqt0


ガチャッ


楓「あれ…お、お姉ちゃんどうしたの?」


櫻子「…」


楓「なんで泣いてるの?」


櫻子「ちょっと喧嘩しちゃってさ…」


楓「そ、そんなぁ…、お姉ちゃんたち喧嘩しちゃだめだよぉ」ポロポロ



櫻子「ごめん、向日葵悪かった…」ペコッ


向日葵「グス…グス」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:29:07.16 ID:5a+l3fqt0


楓「お姉ちゃんも、櫻子姉ちゃん謝ってるから仲直りしよ?」



向日葵「ぐすん…」


向日葵「えぇ、私も悪かったですわ。櫻子が傷つくようなこと言ってごめんなさい…」


櫻子「もしかして腕の痛みまだ残ってる…?ごめん…」


向日葵「いえ、大丈夫ですわ」



楓「これで仲直りだね?楓よかったぁ」



18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:31:01.26 ID:5a+l3fqt0


――――――――――――――――

あかり「そうだったんだ…」



向日葵「櫻子に腕を掴まれた時が、人生で一番怖い体験だったかもしれませんわ…」


向日葵「同時にあの日以来、櫻子の存在が遠く感じてしまって…」


向日葵「あの喧嘩のことを何度も思い返してみましたけど、もちろん櫻子だけを責めるつもりはなくて」


向日葵「むしろ私のほうが櫻子に対して傷付くような事を言ってしまったことを後悔してますわ…」



あかり「でもその後仲直りはしたんじゃ…」



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:32:56.51 ID:5a+l3fqt0


向日葵「私と櫻子にとってはいつもの下らない喧嘩の一つに過ぎませんでしたわ」


向日葵「でも、それはもう変わってしまったの…」



あかり「(二人で言い合ってる見慣れた光景を見なくなっちゃったのも、そういうことだったんだ…)」



向日葵「現時点での私と櫻子の体力の差は歴然ですし…」


向日葵「あの時はまだ良かったものの、もし本気の喧嘩なんてしたら、私自身の身が…」





あかり「だからって…」


向日葵「えっ…」


あかり「だからって…それだと向日葵ちゃんも櫻子ちゃんもずっと辛い思いをしちゃうよ」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:37:26.33 ID:5a+l3fqt0


向日葵「私だって、今まで通り櫻子に近づこうと努力はしましたわ…」


向日葵「けど、どうしてもあの時の恐怖がよみがえってしまって」






あかり「櫻子ちゃんは、今すごく寂しそうだよ…」



向日葵「そ…それはないと思いますわ。背が高いことで、周りの子からはモテハヤされるようになったと思いますし…」


あかり「でも櫻子ちゃんはいつも向日葵ちゃんのほうを見つめてるよ…」



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:40:41.48 ID:5a+l3fqt0


向日葵「そんなこと…」


あかり「向日葵ちゃんも櫻子ちゃんのほうを見つめてる」


あかり「だけど…お互いの目線が合いそうになると、二人とも察して目を逸らしちゃってる」


向日葵「っ……」



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:43:14.92 ID:5a+l3fqt0


あかり「明日、櫻子ちゃんに謝りに行こうよ」


向日葵「で、でも…」


あかり「あかりも応援するから大丈夫だよ。それに…」


あかり「櫻子ちゃんは向日葵ちゃんを傷つけちゃったこと昨日まで後悔していたみたいだから…」




向日葵「えぇ、私も心に決めましたわ…」





~次の日~


~放課後~

向日葵「上手く話せるか、ドキドキしますわ…」


あかり「向日葵ちゃんファイト。あっ、櫻子ちゃん来たみたい…」


あかり「あかりは少し離れたところで待ってるよ…」



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:45:15.13 ID:5a+l3fqt0






向日葵「こ、こうやってお互い顔を合わせるのは…なんだか久し振りですわね…」


櫻子「そ、それは向日葵が最近私から逃げてるから…じゃんかよ…」


向日葵「あっ……えっと、その、私……」


櫻子「もし言いたいことあるんだったら、正直に言ってほしい…どんなことでも受け止めるつもりだから」


向日葵「…」


向日葵「…」ワナワナ



24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:46:21.67 ID:5a+l3fqt0


向日葵「櫻子が……櫻子のことが………どうしても怖くて仕方がありませんの…」


櫻子「…」


向日葵「ごめんなさい…」


向日葵「こんなこと言うべきじゃ…」


櫻子「いいよ。もっと向日葵の気持ちを聞かせて…」


櫻子「今日は最後まで面と向かって話そうよ」



25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:49:06.26 ID:5a+l3fqt0


向日葵「…」


櫻子「どうしたんだよ…」


向日葵「…」ワナワナ



向日葵「何もかもが急に変わってしまった櫻子を、私は受け入れてあげられなかった………」


向日葵「今だって櫻子が他の子と話しているのを見ると、胸が苦しくなりますのに…」ウルウル



櫻子「向日葵…」ポー


櫻子「私だって、本当は向日葵のこと…」



向日葵「櫻子のことは嫌いじゃないですわ…」


向日葵「それだけは信じて…」ワナワナ



26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:50:56.84 ID:5a+l3fqt0


向日葵「(小さい時から一緒にいて)」



向日葵「(今更、櫻子のことが怖くて怯えてしまうなんて)」



向日葵「(どうかしてますわよね…)」



向日葵「(自分でも呆れますわ…)」





向日葵「(辛い…辛いですわ…もう元の関係には戻ることができないかもしれないなんて…)」





櫻子「…」


櫻子「向日葵!」ガシッ




向日葵「えっ…えっ…ひゃあっ、櫻子?」



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:54:40.35 ID:5a+l3fqt0


櫻子「私の目だけを見て!」





向日葵「…エッ」


櫻子「じっと…見て…」



向日葵「…ウン」

.
.
.
.
.

走馬灯のように
.
.
.
.
.
.
…………今モチの話してない!………………
.
.
.
.
.

記憶が駆け抜けていき、
.
.
.
.
.
.
…………向日葵が生徒会に入るって言ったから…………
.
.
.
.
.
.
.
.
.
私の悩みの種が徐々に薄れていくのを感じた
.
.
.
.
.
.
.
.
………………大きくなったらひまちゃんを守ってあげるんだぁー……………
.
.



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:56:01.10 ID:5a+l3fqt0


向日葵「(そうでしたわ…)」



向日葵「(心も体も大きくなっていった櫻子に対して…)」



向日葵「(くだらない喧嘩でじゃれ合っていたあの頃のように、)」



向日葵「(お互い気軽に接することができなくなってしまって…)」



向日葵「(知らず知らずのうちに『怖い』って思ってしまったのですわ…)」



29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:57:43.49 ID:5a+l3fqt0


櫻子「今の私はこんなに変わっちゃったけどさ、」


櫻子「私の気持ちは今も昔もずっと変わらないよ」


櫻子「ずっと!」


櫻子「信じて…向日葵」





向日葵「櫻子…」



向日葵「ちょっとだけ…いいかしら」カシッ



櫻子「お、おい大丈夫か?向日葵目が虚ろになって…」


櫻子「えっ…///」グイッ





「んっ」




向日葵「こ、これしか思いつかなかったのですわ///」カァ


櫻子「私にも…同じことさせて///」


向日葵「えぇ…櫻子///」



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 01:58:33.04 ID:5a+l3fqt0












あかり「あかりはもう帰ろうかな…」



あかり「でもよかった」ホッ



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 02:00:12.62 ID:5a+l3fqt0








※エピローグ※


向日葵「私の腕をへし折りに掛かってきなさいよ」


櫻子「まったく…向日葵はまだ懲りてないのかって」グイ


向日葵「」サッ グイッ


櫻子「」ウウッ


向日葵「」ヒョイッ バシッ


向日葵「一本ですわ」


櫻子「はぁ、な、なんだよ今のは」イテテ



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 02:01:30.15 ID:5a+l3fqt0


向日葵「護身術を磨いたのですわ、櫻子はいくら身長が高くなっても隙だらけだと気付きましたわ」


櫻子「己~、次こそ私が一発かましてやる!」


向日葵「どうぞ、かかって来なさい」


櫻子「体格的には私が有利なのだよ、こうやって上から押さえつけさえすれば…」


櫻子「っ…うぅ、このぉ」


向日葵「」エイヤッ


櫻子「」フワッ


ドゴッ



33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/12/30(月) 02:03:18.79 ID:5a+l3fqt0


向日葵「どうです?さすがに参ったのですね」



櫻子「参ったどころか…い…息が…」クルシイ


向日葵「なっ、なんですって!?」ゾワッ



楓「お姉ちゃんの部屋からさっきすごい音がしたけど、何かあったの…?」ンン


向日葵「え…えぇ」アセ


楓「あっなんだか櫻子姉ちゃんが死にそうになってるよ…自分で転んだのかな?」


向日葵「た、たぶんそうですわ…」




櫻子「ちげーよ!」





おわり



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/12/30(月) 08:02:01.86 ID:xbbGnKV6o


撫子さん結構背が高いからあり得る話だなぁ
早熟な子って早く成長止まるし
いいさくひまだった




ゆるゆりでゅえっとそんぐ♪ 「恋のダブルパンチ」【さくひま盤<DVD付>】

新品価格
¥930から
(2013/12/30 23:54時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388331265/
[ 2013年12月30日 23:57 ] [二次創作 ヤ行]ゆるゆり | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。