ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [アイドルマスター]アイドルマスター (765プロ以外) >  ありす「みんなで初詣、ですか? 興味ありませんが、和を乱したくありませんので」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありす「みんなで初詣、ですか? 興味ありませんが、和を乱したくありませんので」

関連スレ
モバP「新年あけましておめでとう」




2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga sage]:2014/01/02(木) 00:13:51.95 ID:q0C4pdy70


モバP「本音は?」

ありす「……参加、したいです」

モバP「よし、じゃあ行くか!」

ありす「……はい」


橘ありす

橘ありす

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:15:19.90 ID:q0C4pdy70


ありす「お母さん!」

ありす母「あら、なあに?」

ありす「お正月のことなんだけど、その……事務所のみんなで初詣に行かないかって」

ありす母「ありすはそれに行きたいのね?」

ありす「……ま、まあ、みんな行くって言ってますし。一人だけ行かないって断れる空気でもないので」

ありす母「うん」

ありす「だから、その……今年は家族で行けないですけど、いいですか……?」

ありす母「………」

ありす「あ、あの……?」

ありす母「もーっ! ありすちゃんったらかーわいーいーっ!」

ありす「ふにゃっ!? だ、抱きつかないでください! あと、ちゃん付けしないでくださいっ」



4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:15:48.96 ID:q0C4pdy70


ありす「親に話したら条件付きでいいよと言ってくれました」

モバP「お、そっか。ありすも楽しみにしていたしな。よかったじゃないか。で、条件って?」

ありす「楽しみ、というところには指摘したいところですが、Pさんのことですから無駄なのでやめておきます」

モバP「うん、ありすも俺のこと分かってきたなぁ」

ありす「呆れてるだけですからね? で、条件の話ですけどPさんが送迎をちゃんとしてくれることだそうです」

モバP「ああ、そこはちゃんとするよ。朝早くから出かけるわけだし、年少組は基本送迎する予定だったし」

ありす「そうですか。当日はお願いしますね。……その、待ってますから」

モバP「おう。ありすのことだから楽しみで寝不足にならなきゃいいけど」

ありす「だ、大丈夫です! そんなヘマはしません。……それに、ちゃんとPさんが迎えに来てくれるので大丈夫です」



5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:16:56.36 ID:q0C4pdy70


ありす「お母さん、当日はプロデューサーが迎えにくるので」

ありす母「あら、そうなの。ふふ、それじゃあちゃんと挨拶しないとね」

ありす「別にいいです。みんなもいますから、長くなると迷惑になります」

ありす母「はいはい。軽くにしておくわね」

ありす「あの、お母さん。それでその……お願いがあるんですけど」

ありす母「ん、なあに?」



6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:18:16.34 ID:q0C4pdy70


 元日



モバP「明けましておめでとうございます。本年も一年よろしくお願いいたします」

ありす母「明けましておめでとうございます。こちらこそ、本年もありすをお願いいたします」

モバP「責任をもってお預かりいたします。……ところで、ありすは?」

ありす母「ああ、あの子でしたらーー」

ありす『お母さん、巾着どこー!?』

ありす母「あの子ったら、今日のこと楽しみにしていて、昨日夜遅くまで起きていたので」

モバP「あはは。私もそうですね。年初からアイドルのみんなと会えるのが楽しみでしたよ」

ありす『お母さーん?』

ありす母「すみません、すぐ戻ってきますので、大したおもてなしもできませんが、中で待っていただけますか?」

モバP「いえ、このままここで待たせてもらいます。ありすも私が家に上がったらビックリするでしょうし」

ありす母「そのビックリしたところを見たくもあるんですけどね。ふふっ」

モバP「かわいいのでその気持ちは分かります」

ありす母「それじゃ、少し待っていてください」



7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:19:51.30 ID:q0C4pdy70


ありす「はぁはぁ……お、お待たせしました」

モバP「明けましておめでとう、ありす。今年も二人でがんばっていこうな」

ありす「は、はいっ。明けましておめでとうございます。私ももっとがんばりますから今年もよろしくお願いします」

モバP「ありすは今でも十分がんばってくれてるよ」

ありす「それなら卯月さんを見習ってもっとがんばります」

モバP「ん、それは嬉しいけど、無茶はしないでくれよ」

ありす「分かってます。心配かけられませんから。……そ、それで、どうでしょうか、これ」

モバP「……振袖かぁ。うん、似合うな」

ありす「そ、そうですか。ベ、別にPさんのためじゃなくて、お母さんが着てみたらって勧めてきたからで」

ありす母「あら? それってありすがーー」

ありす「さあ! 早く行きましょう! みんなを待たせてしまってます!」

モバP「お、おう。それじゃ、ありすのことは私にお任せください。って、押すな押すな」

ありす「そういう社交辞令はもういいですから!」







ありす母「……ありすちゃんがみんなと楽しくやれているみたいで、ホント安心したわ。アイドル、応援して良かった。これからもお願いしますね」



8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:20:37.73 ID:q0C4pdy70


莉嘉「Pくんおっそーいっ」

モバP「すまんすまん」

美嘉「あ、ありすちゃん明けましておめでとう。振袖、似合ってるね」

ありす「美嘉さん。それにみなさんも明けましておめでとうございます。美嘉さんこそ似合ってます。きれいですね」

美嘉「そう? ありがと。Pさんってばなんにも言ってくれないからさー」

モバP「誤解を招くような言い方はするな。色仕掛けで迫ってくる奴には呆れて声も出なくなるわ」

ありす「いろっ……!?」



9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:21:53.19 ID:q0C4pdy70


杏「うー、ありすまで来ちゃったら寝転がれないじゃないか」

モバP「動いているときくらいきちんと座ってくれ」

杏「てかさ、なんで杏まで拉致られてるのさ」

モバP「おまえの場合はこうして連れ出しでもしないと外でないだろうが」

杏「別に願掛けなんてしなくてもいいじゃん。所詮気の持ちようだし」

モバP「真っ向から今日という日を否定するなよ」

杏「否定はしないよ。ただ杏は置いてけって話」

モバP「このなまけものめ」



10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:23:08.17 ID:q0C4pdy70


凛「明けましておめでとう、ありす」

ありす「り、凛さん!? あ、明けましておめでとうございます! それにニュージェネレーションのお二人まで」

卯月「明けましておめでとう。今年も頑張ろうね」

未央「おめでとー。いやー、相変わらずありすちゃんはしぶりんには懐いてるよね」

ありす「そ、そうでしょうか?」

未央「懐いてるというか……」

卯月「ファン?」

未央「そうそれ!」

ありす「あぅ……」

凛「二人とも、ありすをいじめないで」

未央「別にいじめてなんかないよー」

卯月「そうです。かわいいなーってお話です」



11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:23:58.66 ID:q0C4pdy70


凛「それに私はありすの教育係だから。ね、プロデューサー」

モバP「その節については本当に助かったよ」

凛「まあいい経験になったよ。……ところで、ありすも着物なんだね」

ありす「はい。その……凛さんから見てどうでしょうか?」

凛「うん、かわいいと思うよ。プロデューサー、ちゃんと褒めた?」

モバP「褒めたっての。まったく、人をなんだと思ってる」

未央「だってプロデューサーだし」

卯月「ねー」

モバP「おまえらここで降ろしてやろうか」

美嘉「まあまあ。で、車で拾うのはこれで全員?」

モバP「ああ。あとは現地に直接行ったり正月は帰省したりだな」



12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:25:36.68 ID:q0C4pdy70


モバP「ほら、着いたから降りてくれー」

凛「プロデューサー、これどうする?」

モバP「ひっぱりだせ。なんなら地面に転がしてもかまわん」

莉嘉「Pくんって杏ちゃんには厳しいよねー」

杏「横暴だー」(ぐでー

モバP「さて、なんのことだか。……それにしても、壮観だな」

杏「みんな着物だもんね。映えるよね」

モバP「どうしておまえはこちら側なんだか」

杏「面倒だからに決まってるじゃん。それに寒いし」



13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:26:53.50 ID:q0C4pdy70


モバP「みんな、寒くないか?」

美嘉「だ、ダイジョーブ。だから早くいこっ、プロデューサー」

未央「だね。ここで立ち止まってたらますます混んでくるだろうし」

モバP「はぁ……ほれ、カイロだ。からだ冷やすなよ」

美嘉・未央「………(そこでカイロって……)」

モバP「ほら、おまえらも」

卯月「準備いいですね、プロデューサー。あ、まだ冷たい」

モバP「車の中にあった残り物だけどな。振ってたらすぐに温かくなるさ」

杏「……ねー、プロデューサー」

モバP「なんだ?」

杏「杏、カイロもらってないんだけど」

モバP「必要ないだろもこもこ星人め」

杏「ああっ、ゆするな中のカイロがずれるっ」



14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:27:57.64 ID:q0C4pdy70


莉嘉「うー、さむーい」

ありす「莉嘉さん、さっきからそればかりですね」

莉嘉「ありすちゃんは寒くないの?」

ありす「寒くないはずないですが、愚痴を吐いていても仕方ないじゃないですか」

莉嘉「うー……あ、寒いならこうすればいいじゃんっ♪」

ありす「きゃっ、いきなり抱きついてこないでください!」

莉嘉「えー、ありすちゃんだっていやじゃないでしょー?」

ありす「いや、ではないですが……み、乱れますから、はーなーれーてーくーだーさーいー」

モバP「うんうん、子どもがはしゃいでるのを見ると和むよなぁ」

凛「………」

卯月「プロデューサーさんって」

未央「もしかして、ロリコン?」

モバP「ちゃうわ!」



15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:28:50.54 ID:q0C4pdy70


モバP「さて、先に来てるみんなと合流する前に参拝だけ済ませるぞ」

みんな『はーい』

モバP「やっぱ元旦は混んでるな……おい、みんな。はぐれるなよー」

莉嘉「じゃあはぐれないように……えいっ」

美嘉「ちょ、莉嘉!?」

莉嘉「これならはぐれないよね。へっへへー、お姉ちゃんもやったら?」

美嘉「ア、アタシは、その……」

ありす「………」(ぎゅっ

モバP「お?」

ありす「は、はぐれたら合流が大変、ですから。だから、ちゃんと繋いでいてくださいね?」

モバP「おう、了解了解。莉嘉、もうちょっと緩めてくれ、歩きづらい」

莉嘉「はーい。……くすくす、おねーちゃんでっおくっれたー」

美嘉「う、うっさいよ!」



16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:29:48.39 ID:q0C4pdy70


凛「ねえ、プロデューサー。今年もアイプロやるの?」

モバP「おう。新年からみんなには動いてもらうことになる」

卯月「それなら頑張らないとですね」

未央「二周年で力もらったもんね!」

モバP「まずは成功祈願と行くか」

凛「これを乗り越えたらね……」

モバP「いつも以上に人が多くないだろうか」

ありす「私はいつも地元の神社だったので……」

莉嘉「アタシもお姉ちゃんと一緒に近くの神社だったなー」

美嘉「なーんかいやな予感がするんだけど、プロデューサー」

モバP「言うな。今は参拝だけに集中だ」



17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:30:52.94 ID:q0C4pdy70


モバP「……疲れた」

杏「ん、ご苦労様」

モバP「……さっさと降りろなまけものがー!」

杏「ちょ、ひどいなもー」(くるんっ

モバP「いつの間にか背中に張り付いてた奴が何を言うか」

莉嘉・ありす「「(羨ましい……)」」

杏「まあまあ、だらけて動かない銅像が建ってるより知り合いに運んでもらった方が邪魔にならないじゃん」

モバP「俺の苦労を考えろ、てめえ」

未央「また始まった……」

凛「……杏に対して相変わらずの口の悪さだね」

美嘉「プロデューサーとしてあれはいいのかな?」

卯月「でも、距離が近い感じがするよね。……羨ましいなぁ」

凛「長そうだし先行こうか」



18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:32:16.12 ID:q0C4pdy70


卯月「みんなは何お願いするか、もう決めた?」

美嘉「まあねー。いろいろあるけど、一番はアレかな……卯月は?」

卯月「今年もみんなと一年頑張れますようにってお願いするよ!」

未央「……ふっつー」

卯月「ええっ!?」

ありす「でも、それが島村さんのいいところだと思います」

莉嘉「ありすちゃんは何にするの?」

ありす「わ、私は……って、言ったら叶わなくなりますから言いませんよ」

莉嘉「ちぇー、ケチー」

ありす「(もう少し素直に……なんて言えるわけありません)」

卯月「あ、私口に出しちゃった。ど、どうしよう、叶わなくなっちゃったら!」

凛「平気だよ、卯月。それはお願いしても、みんなで頑張って叶えて行くものでしょ」

卯月「凛ちゃん……」

未央「さっすが、しぶにゃんはかっこいいこと言うねぇ~」

凛「にゃんはやめてよ、にゃんは」

美嘉「アタシにゃ無理だわ」

莉嘉「アタシたちはセクシー路線だもんねっ」

未央「(二人もけっこー似たようなものだと思うけどね)」



19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:33:20.75 ID:q0C4pdy70


凛「プロデューサーは?」

未央「見えないね。……まだ参拝中なのかな」

ありす「スムーズに終わることが想像だにできません」



モバP「おいこらさっさと投げろって」

杏「えー、プロデューサーが投げてよ。ほら、杏は背中に掴まってるのに必死だし」

モバP「ったく、しょうがないな」

杏「願うのもよろしく」

モバP「さすがにそれは人に任せるなよ」



20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:34:18.47 ID:q0C4pdy70


莉嘉「あ、甘酒がある! もらってくるねーっ」

美嘉「あ、ちょっと莉嘉! ここで待ってろってプロデューサーが……もう、しょうがないなぁ。アタシも行ってくるから、みんなも飲む?」

未央「よっろしくー。私たちはちょっと出店見て回ってるから、そこの空いたスペースに集合ってことで」

凛「ここからなら境内も見渡せるしね」

卯月「ありすちゃん、私と手をつなごっ♪」

ありす「そこまで子どもじゃないですけど……まあ、わかりました。先輩には逆らえませんし」

未央「と言いつつ手を繋ぐことには反対しないありすちゃんなのであった」

ありす「い、いいじゃないですかっ、別に!」



21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:35:50.87 ID:q0C4pdy70


早苗「いっやー、年明け早々いい一日ね!」(グビグビ

瑞樹「ちょっとペース早すぎない?」

礼子「たまには日本酒もいいものね」

モバP「ああもう……新年早々羽目を外しすぎないようにしてくださいよ?」

あい「大丈夫だよ、素面の私たちが見ているさ」

奈々「そうですよー。ナナたちに任せてください」

モバP「はぁ……二人ともお疲れさまです。けど、甘やかさないでくださいね?」

あい「とかいうP君も今日は物腰が柔らかいようだが?」

楓「……っ。甘酒もらってきましょうか」

モバP「いえ、結構です」

楓「そうですか……」



卯月「えっと……」(困惑

凛「戻ろう」(即答

未央「そうだね」(即答

ありす「同意です。即刻立ち去りましょう」

卯月「え、え、いいのかな?」

凛「あの中に飛び込む勇気があるなら行くといいよ。私はゴメンだけど」

卯月「あ、あはは……ごめんなさい、みなさん」



22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:37:56.96 ID:q0C4pdy70


愛梨「あ、みなさーん」

奈緒「お、ニュージェネにありすに杏じゃん」

モバP「おう、おまえ等も来てたのか」

奈緒「どうせ暇だったしなぁ」

モバP「言えば迎えに行ったのに」

奈緒「満員だったろ? それに往復は面倒だろ」

杏「家に引きこもってアニメ見てればいいじゃん」

奈緒「年始から誘い断って引きこもってまで見たいほど趣味でもねぇよ」

凛「私からすると十分な気がするけど」

奈緒「おいぃっ!?」

凛「冗談だよ」

愛梨「明けましておめでとうございます、みなさん」

モバP「おう、おめでとう。今年もよろしくな」

奈緒「明けましておめでとうございます。……まあ、今年もよろしく」

モバP「おう、今年もゴスロリチックな衣装を着られる機会をたんまりと作ってやるからな」

奈緒「いらねぇよ!」



23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:39:31.19 ID:q0C4pdy70


愛梨「それにしてもちょっと暑いですね」

モバP「そうか? 十分寒い気がするが。というか、脱ぐなよ?」

愛梨「わかってますよ~」

奈緒「さっきまで人混みにもまれてたしなぁ」

莉嘉「すごい人だよねー」

美嘉「人並みにさらわれそうになってたアンタは反省しなさいっての」

莉嘉「はーい」

ありす「ここで逸れたら合流は難しいんですからね? 分かってますか?」

莉嘉「心配性だなー、ありすちゃんは。かわいいっ」

ありす「そんな風に言われても嬉しくありませんっ」

愛梨「ちょっと暑いので脱ぎますね!」

モバP「脱ぐなぁ! 数分前の自分の言葉を思いだせぇ! せめてシャツくらいは着ておけぇ!」

卯月「あはは……なんだかいつも通りだね」

未央「まあ、みんな濃いしねー」

ありす「その胸ですか!? その胸がプロデューサーを拐かしてるんですか!?」

モバP「されてねぇよ!」

莉嘉「Pくん、こっちも負けてないよ!」

美嘉「莉嘉、アンタ何……きゃあっ!?」

卯月「収集つくのかなぁ?」

杏「つくはずないじゃん」



24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:40:07.68 ID:q0C4pdy70


ありす帰宅後



ありす母「あら、ありす。お帰りなさい。初詣は楽しかった?」

ありす「ただいまです。そうですね……みなさん、いつもと変わりありませんでした。一年の計は元旦にありと言いますし、もう少しびしっとすればいいのにとは思いましたが」

ありす母「うんうん」

ありす「でも……楽しかったです。いつでも、みなさんと一緒ならなんでも楽しめそうな気が今年もしました」

ありす母「………」

ありす「どうかしましたか?」

ありす母「ありすちゃんかーわいーいー!」

ありす「ちょっ、抱きつかないでください! 着崩れますから!」







終われ



26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 00:49:10.44 ID:q0C4pdy70


おまけという名のこんなシチュもいいなぁ妄想パートVer1



モバP「ありすの次の仕事ですが、振袖のモデルなんてどうかと思うんです」

ありす母「あらあら、それはもしかしてこの前の姿をご覧になったからでしょうか」

モバP「ええ。ありすの髪は和服に映えますし、凛々しい佇まいはもう一人予定している渋谷凛とマッチすると思うんです」

ありす母「ありすちゃんが成長したら、渋谷さんみたいに……といったところでしょうか?」

モバP「ええ。そんなわけで、次の仕事のお話をさせていただいたわけですが、許可していただけますでしょうか?」

ありす母「はい。こちらこそ、お願い致します。……ところで、ものは相談なのですが」

モバP「はい、わかっています。特別に撮影現場にご招待させていただこうかと」

ありす母「あらあら♪ ぜひともお願いします」

ありす「『お願いします』じゃありませんーっ!」



28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 01:00:08.65 ID:q0C4pdy70


おまけという名のこんなシチュもいいなぁ妄想パートVer2



ありす「ふにゃぁ~」

モバP「おい、ありす? どうした? 平気か?」

ありす「へいきゅれしゅ~」

莉嘉「甘酒飲んでこうなったんだよ。甘酒ってアルコール入ってないと思ったんだけど」

モバP「これって酔ってるのか? ……普通は気にならない量しか含まれてないはずなんだけど」

杏「ありすは将来お酒は飲んじゃダメな子になりそうだねー」

モバP「おまえはなんだかんだで酒豪になりそうなイメージだよ」

杏「ヒドイイメージだよ、それ」

ありす「ぷろでゅーしゃー!」

モバP「は、はいっ!? あ、ありす? どうしたんだ?」

ありす「ひどいれしゅ! もっとわちゃしともおはにゃししゅてくだしゃい!」

モバP「えーっと」

美嘉「絡み酒だね。がんばれー」

モバP「ちょっ、どうしてみんな俺とありすを避ける!?」

みんな『だって……ねぇ?』

ありす「こりゃー! わたしとおはにゃししちぇるんでしゅよ!」



甘酒(酒粕で作ったの)で酔ったことのある過去があったので、
こんな感じでありすも寄ってほしいなぁなんて。

Ver1は、こういったプロデューサーとアイドルの母親がやりとりするのもいいかなぁなんて思ったりもしました。



29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 01:09:05.95 ID:q0C4pdy70


おまけという名のこんなシチュもいいなぁ妄想パートVer3



凛「ねぇ、ありす」

ありす「はい、なんでしょうか?」

凛「去年一年お疲れ様」

ありす「私の方こそ! 凛さんにはお世話になりました!」

凛「今年からは教育係外れるけど、頼ってきてもいいからね」

ありす「は、はいっ。その時はよろしくお願い致します!」

凛「ん、よろしくされるよ」

ありす「あ、あの、それで早速なんですが……」

凛「何かな?」

ありす「その、ひと月後のお話なんですが」

凛「ひと月……ああ」

ありす「こんなこと頼めるの、凛さんしかいないんですっ」

凛「うん、わかったよ。都合のいい時に声かけてね。こっちも都合を調整するから」

ありす「はいっ、ありがとうございます!」

凛「あ、だけど一つだけ」

ありす「なんでしょうか?」

凛「狙ってるのは、ありすだけじゃないからね」

ありす「っ!?」

凛「それに、ライバルは身近なところにもいるからね」

ありす「っ!?!?」



あれ、これ書いたってことは、ひと月後のネタで書かないとダメですか?(汗
こんな師弟対決勃発!?もいいですよね。



31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 01:20:33.45 ID:q0C4pdy70


おまけという名のこんなシチュもいいなぁ妄想パートVer4



ありす「福笑いですか?」

莉嘉「そーそー、これで上手くできたらお年玉がもらえるんだって!」

ちひろ「ありすちゃんもやりますか?」

莉嘉「ちなみにアタシは無理だった。これ、意外とチョー難しいよ」

ありす「……ぷっ」

莉嘉「あーっ、アタシのやったやつ見て笑ったね? ありすちゃんもやること! はい、ケッテー!」

ありす「分かりましたよ。やりますよ。ちひろさん、お願いします」

ちひろ「はーい、それじゃあ目隠ししますね」

莉嘉「がんばってねー」(ニヤニヤ

~~~プレイ中~~~

ありす「……この辺りですか?」

莉嘉「……ぷっ」

ありす「これは……こっちですね。これでバランスはとれているはずです」

莉嘉「っ!!!」

ありす「さっき置いたところを思い出すと……ここがベストポジションですね」

莉嘉「っ!!!」(バンバン!

ありす「さっきからうるさいですっ」

ちひろ「(ありすちゃん、その出来は……私も、その、耐えるのが……っ)」

~~~ 完了 ~~~

ちひろ「あ、ありす、ちゃん。出来ましたので、目隠し、とっても……ぷっ、いいですよ」

ありす「ちひろさんまで笑いませんでしたか!?」(目隠しハラリ

莉嘉「っ!!!」(バンバンバンバン

ありす「……莉嘉さんのよりも私のほうがバランスが取れてますから! 取れてるんですからね! ちゃんと見てください! 笑ってないで、ほらちひろさんも!」



ありす「……最初だから手元が狂っただけなんです。次やったら百点取れるんですから……くすん」



おまけがどんどん長くなっていくのは何故でしょうか(白目
正月遊びに興じるこどもたちもいいですよね(紳士の目



33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 01:32:46.83 ID:q0C4pdy70


おまけという名のこんなシチュもいいなぁ妄想パートVer5



ありす「あ、あのですね、Pさん」

モバP「うん、落ち着いて言ってくればいいよ。ありすの言葉、ちゃんと聞くから」

ありす「はい。その……私、覚悟してきました」

モバP「うん」

ありす「十六歳にもなりました」

モバP「長かったな」

ありす「親にも、ちゃんと打ち明けました」

モバP「それは予想外だったけど……それで?」

ありす「私、以前よりずっとずっと素直になれました」

モバP「そうだな。ありすの魅力は年々輝いてきているよ。シンデレラガールに選ばれたっておかしくない」

ありす「ですから……今年、初めの日。もらってください。私を……Pさんと、姫始めしたいです」

モバP「……わかった。ありがとう、嬉しいよ」

ありす「Pさんっ……んっ」



ありす「……夢オチですかっ!!! ……いや、でも初夢は正夢になると言いますし。素直になれば、さっきの夢みたいな展開も。……ところで姫始めってなんなんでしょうか」(Go○gle起動


この夢の先はどなたかにお任せいたします(投げやり
夢は記憶の整理とも言いますし、どこかで聞いたことがあるのかもしれないですね、姫始め



35 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 01:53:20.39 ID:q0C4pdy70


おまけという名のこんなシチュもいいなぁ妄想パートVer6



ありす「明けましておめでとうございます、ちひろさん」

ちひろ「はい、明けましておめでとうございます。はい、これをどうぞ」

ありす「これって……」

ちひろ「お年玉ですよ」

ありす「ええっ!? そんな、いただけませんよ」

モバP「頂いておけよ―。子どもは遠慮しないの」

ありす「あ、プロデューサー……」

モバP「ぶっちゃけると、ポケットマネーじゃなくて社費だから」

ありす「ぶっちゃけすぎです……」

モバP「そういうわけだから、使いたいように使うといい。臨時ボーナスだと思えばいいよ」

ありす「そうですか……それなら、プロデューサー」

モバP「んー?」

ありす「これで、一緒にご飯食べに行きませんか」

モバP「え、そんなことに使っちゃうのか?」

ありす「使いたいように使えって言ったのはプロデューサーじゃないですか」

モバP「いや、それはそうだけど……もっと他に使い道が」

ありす「私がプロデューサーにごちそうしたいんです。好意はありがたく受け取るんですよね?」

モバP「……はいよ。俺の負け。と、ちひろさんもご一緒――」

ちひろ『お二人でどうぞごゆっくり』

モバP「……こんな時まで空気読まんでも」

ありす「それじゃあ、行きましょう、Pさん。私、この前入ってみたいお店を見つけたんですっ♪」

モバP「おう。ちょっとキリの良い所まで……よし、オーケー。それじゃ、ありすのご希望のところまで行きますか。車か?」

ありす「うーん……ちょっと離れてますけど、歩きがいいです」

モバP「寒いぞ?」

ありす「こうすれば寒くないですよっ」(だきっ

モバP「うーん、まあ、腕に抱きつくくらいならいいか。んじゃ、行くぞー」

ありす「はいっ」



お年玉の使い道、みなさんはどうしていましたか?
私はもっぱら貯金でしたね。(つまらない
ありすのように、いただいたものを自分の好きなように使って、
相手も喜ばせる、そんな使い道を一度はしてみたかったですね。



36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/02(木) 01:58:00.60 ID:q0C4pdy70


というわけで、今回はこれにておまけを終了させていただきます。

おまけまで含めて読んでいただけましたらありがたく思います。
これにてHTML化依頼を出してまいります。

ありすもかわいくて仕方ありませんね(スタドリと相場を見つつ

あ、杏SSへのリンクを張っておりませんでしたので、以下に記載させていただきます。

モバP「新年あけましておめでとう」


今年もモバマスが栄えますように。



37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage saga]:2014/01/02(木) 02:04:53.46 ID:dMlcrc1Q0


おつ&おやすみ
今年もプロデュース頑張っていこう




38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/02(木) 02:17:04.41 ID:AtoAEoddo


おっつし!

苺よりも甘いありすの可愛さよ




春摘み苺アイス(20g×50粒)1000g

新品価格
¥1,990から
(2014/1/2 04:12時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388589045/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。