ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [アイドルマスター]アイドルマスター (765プロ以外) >  【モバマス】フェイクファー【榊原里美+α】
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【モバマス】フェイクファー【榊原里美+α】

2 :○掘り人 :2014/01/03(金) 23:51:29.35 ID:xyCAmns70


里美「~♪」

里美「おっかし~♪あっま~いおっかし~♪」

ガチャ

P「うぃーっす」


榊原里美

榊原里美

財前時子

財前時子


3 :○掘り人 :2014/01/03(金) 23:53:01.17 ID:xyCAmns70


里美「ほぁ?お兄…プロデューサーさんおはようございま~す♪」

P「おう里美、いいところにいた」

里美「?」

P「うちの事務所に新しいアイドルが来たぞ~。さっ入って入って」

???「し…失礼しましゅ…」



4 :○掘り人 :2014/01/03(金) 23:54:17.29 ID:xyCAmns70


くるみ「あ…あのくるみ…大沼くるみ…です……胸ばっかり育って頭はバカですけど…よろしくお願いしましゅ…」

時子「財前時子よ。あら、またお胸ばかり育ってる子なのね。貴方の趣味?」

P「お前さっき藍子にも会っただろ」

時子「あら?そうだったかしら?ガラの悪いお乳に牧草臭いお乳にいっぱいいた気がしたけど」

P「そりゃあ…需要があるからな」



5 :○掘り人 :2014/01/03(金) 23:56:13.56 ID:xyCAmns70


くるみ「あの…」

時子「何?泣き虫お乳」ギロッ

くるみ「へぅぅ…ごめんなしゃい…」

時子「ふん」



6 :○掘り人 :2014/01/03(金) 23:57:40.79 ID:xyCAmns70


P「いい加減その辺にしとけ…里美、自己紹介してくれるか?」

里美「はい~、はじめましてぇ榊原里美と申します~…えっとぉ…アイドルをやらせて頂いておりますぅ」

時子「どうも、よかったわね貴女お仲間がいて」

くるみ「ふぇぇ…」



7 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:00:57.52 ID:jqLPW0Fb0


P「時子…お前な」

時子「何よ」

里美「怒っちゃダメですよぉ、お兄ちゃん」

時子「おにっ……ハッ、これは驚いたわね!!まさかじぶんとこのアイドルに『お兄ちゃん』って呼ばせてるなんて…いいご趣味ね?お兄ちゃん」

P「違うわ!!」



8 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:01:23.93 ID:jqLPW0Fb0


里美「ほわぁ~時子さんもお兄様を探してるんですかぁ?」

P「お前もややこしくすんな!!!!」

時子「やれやれ…とんだお笑い事務所にスカウトされたものね…」

くるみ「あ…あの…今日お呼ばれしたのわ…」



9 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:02:10.19 ID:jqLPW0Fb0


P「ん?あぁ悪い悪い。今日はな、ここにいる里美の仕事っぷりを見学させようと思ってな」

時子「は?この子の」

P「この子のです!!…全く…どんだけ偉そうなんだよ」

くるみ「あの…よろしくお願いしましゅ…」

里美「はぁ~い、よろしくおねがいま~す♪」



10 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:03:02.69 ID:jqLPW0Fb0


P「今日の予定は…昼過ぎまで予定無しか…」

里美「じゃあ~事務所とかレッスン場とか案内しちゃいますねぇ~」

P「おお、そうだな。よろしく頼むぞ!!里美」

里美「はい~♪えっとぉ~それじゃあ~…ここが事務所ですぅ!!」



11 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:03:59.18 ID:jqLPW0Fb0


くる・時・P「「「…」」」

P「後はよろしく頼むぞ、くるみ」

くるみ「ふぇ…!!?」

里美「お菓子はここですよぉ~♪」




12 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:05:26.21 ID:jqLPW0Fb0


**********************************





里美「まずはぁ~…ここがロッカールームですぅ~」

時子「ふぅん…狭いわね」

里美「みなさんの荷物の他に衣装も保管してるのでぇ」



13 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:06:07.14 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「うあぁ…カワイイ衣装ですねぇ…」

里美「それですかぁ~?法子ちゃんがバレンタインの時着てた衣装ですねぇ~」

時子「こっちは何これ…?」

里美「あぁ~雫ちゃんのメイン衣装ですねぇ~」

時子「へぇ~…あの牧草娘にピッタリの衣装じゃない」

里美「そうなんですよぉ~、すっごく似合うんですよ~♪」



14 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:07:21.61 ID:jqLPW0Fb0


里美「あぁ、お二人とも着てみますぅ?」

時子「嫌よ。私まで家畜臭くなるわ」

くるみ「多分胸が入らないですぅ…」

里美「まあまあそう言わずにぃ~♪」

時子「ちょっと!!??何っ!?力強っ!!!??」



15 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:09:46.60 ID:jqLPW0Fb0



~数分後~


時子「…」

里美「…ちょっとイメージと違いますねぇ…」

時子「当たり前よ!!!…こんな家畜みたいな衣装…胸もブカブカだし…」

くるみ「ふぇっ…胸が収まらないぃ…」

里美「う~ん…じゃあコッチはどうですかぁ?」



16 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:10:48.21 ID:jqLPW0Fb0



~さらに数分後~


時子「ふむ…これはいいわね」

里美「うわぁ~♪やっぱり似合いますぅ~、瞳子さんの衣装~」

時子「何かこう…支配者っぽくていいわね…ふふふ…ひれ伏しなさい!!」



17 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:11:23.62 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「あの~…」

里美「ほぇ?ああー♪ぴったりじゃないですかぁ~早苗さんの水着ぃ~♪」

くるみ「ふぇ…はい…」

時子「下品な上に古臭い水着ねぇ、バブルで脳内止まってるの?あのプロデューサー?」

里美「でもこれ…確か早苗さんの私物ですよぉ~?」

時子「ふぅん…どんなババァか知らないけど、お目にかかってみたいわね」



18 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:12:17.94 ID:jqLPW0Fb0



早苗「誰 が バ バ ァ だ っ て ?」



時子「…え?」

里美「あっ、早苗さ~んおはようございま~すぅ♪」



19 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:13:03.38 ID:jqLPW0Fb0


早苗「里美ちゃん、おはよう。…おう、新入り。先輩をババァ呼ばわりとはいい度胸じゃないの…えぇ?」

時子「あら失礼、こんな小さいお嬢さんがババァなんて…言い過ぎました」

くるみ「あ…あの…」

早苗「ほぉ~…活きがいいねぇ~嬢ちゃん…ちょっとお姉さんと屋上行こうっか☆」グイッ!ヒョイッ

時子「なっ…ちょ!!!!!!!?????」



20 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:13:44.45 ID:jqLPW0Fb0


早苗「あら、アンタ意外に重いわね?絶対P君に申告した体重サバ読んでるでしょう?」

時子「そっ…そんな事は…!!!おっ…下ろしなさい!!!!!!!」

里美「あっ、早苗さ~ん待ってくださ~い」

くるみ「え…!?くるみ、着替えが…ふぇっ、紐がぁ…」





21 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:14:22.79 ID:jqLPW0Fb0


****************************





~レッスン場~



時子「さっきは酷い目にあったわ…」

くるみ「アイドルって恐いですぅ…ぐすっ…」

里美「私は見慣れちゃいましたよぉ?」

時子「あれがアイドル事務所の日常だというの…?」



22 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:15:43.00 ID:jqLPW0Fb0


里美「いつもは拓海さんとかぁ~プロデューサーさんがされますけどぉ…早苗さんなりの親愛の証ですよ~♪」

時子「あの女…絶対跪かせてやるんだから…」

くるみ「水着…褒められました…そんなに悪い人じゃ…ない…と…」

時子「なに?」ギロッ

くるみ「……何でも無いですぅ…」



23 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:16:38.76 ID:jqLPW0Fb0


里美「さぁ~ここがレッスン場ですぅ~」

トレーナー「あら、里美ちゃん。今日レッスンだったっけ?」

里美「トレーナーさん、おはようございます~」

トレ「おはようございます。そっちの二人は確か新人の…」

時子「財前時子よ」

くるみ「大沼…くるみです」



24 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:17:21.69 ID:jqLPW0Fb0


トレ「あぁ、そうだったわね。ところで今日はどうしたの?」

里美「今日はぁ、この二人が私のお仕事を見学するんですけど、お仕事の時間まで色々案内してるんですぅ」

トレ「へぇーそうなの。二人もせっかくだし何かやってく?」

時子「嫌よ」

トレ「え?」



25 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:18:20.66 ID:jqLPW0Fb0


時子「貴女いくつか知らないけど私とさして変わらないわよね?こんな小さなスタジオの若手なんかに指導されたくないわ」

トレ「…」

時子「私は世界中の無能な豚どもをひれ伏せるためにアイドルになるの、貴女本当に私に指導できるの?」

トレ「あのね財前さん…」



26 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:18:47.43 ID:jqLPW0Fb0


???「待って」

里美「ほぇ?」

ヘレン「聞き捨てならないわね。この私を差し置いて世界?片腹痛いとはこの事ね」



27 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:21:42.97 ID:jqLPW0Fb0


時子「貴女誰?年増はお呼びで無いのだけれど」

ヘレン「あらあら私を知らないのね、可哀想に…」

時子「可哀想なのは自分の分際と身長を知らない貴女よ」


ヘレン「…」←158cm
時子「…」←168cm



28 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:22:18.89 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「あ…あの…」

ヘレ・時「「何かしら?」」ゴゴゴゴゴゴ…

くるみ「ひぅっ…ごめんなさいごめんなさい…」

里美「よ~しよ~し、恐くないですよぉ~」



29 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:23:00.49 ID:jqLPW0Fb0


ヘレン「ふん、まぁいいわ。誰でも新人の時は無知なもの…許してあげるわ、ナイ乳」

時子「ありがとうございます。垂れ乳」

トレ「はいはいはい!!そこまで!!!!もうヘレンさん!!貴女はマストレ姉さんのレッスンの途中でしょ!!」

ヘレン「ごめんなさい。休憩中に通りかかったらあまりにも哀れで見てられなくて」

時子「ふん」

マストレ「あぁ、いたいた。ダメじゃないかヘレン、レッスンの続きをするぞ…ん?君たちは確か…」

ヘレン「ごめんなさい。新人の顔を見たかったからすぐ戻るわ」



30 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:23:39.92 ID:jqLPW0Fb0


時子「待ちなさい」

ヘレン「…何かしら?」

時子「せっかくの世界レベルな先輩のレッスンだもの見学させていただくわ」

マストレ「ほぅ…殊勝な心がけだな財前。構わないかな?ヘレン」

ヘレン「えぇ、構わないわ。誰がいようといつも通りにやるだけよ」

マストレ「君達も来なさい。いい勉強になるだろう」



31 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:24:11.21 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「は…はい…」

里美「ヘレンさんは凄いんですよ~、ダンスもお歌もお上手なんですから~♪」

時子「…」

マストレ「じゃあ、さっきやった所をもう一度最初から踊ってみてくれ」

ヘレン「えぇ」


ピッ


♪~♪~♪



32 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:24:41.21 ID:jqLPW0Fb0


時子「(随分アップテンポな曲ね)」

くるみ「(凄い…あんなに激しく動いてるのに…キレイ…)」

里美「~♪」

トレ「里美ちゃんリズム全然追いつけないのになんで踊れるの?」


ピッ



33 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:25:32.64 ID:jqLPW0Fb0


マストレ「よし、いいだろう」

ヘレン「…ふぅ、どうだった?80%くらいは行ったかしら?」

マストレ「いや90は行ったさ、言われた部分を殆ど修正するところはさすがだが、細かいミスがあったな」

ヘレン「そうね、じゃあ今回も失敗ね」

くるみ「え…?成功じゃないんですか…?」

ヘレン「何を言っているの?90%の完成度で成功するほどこの業界は甘くないわよ」

くるみ「ふぇ…そうなんですか…?」



34 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:26:04.72 ID:jqLPW0Fb0


ヘレン「それがプロよ。どうだったかしら?目つきの悪いそっちの子は?」

時子「…そうね、さすがプロって訳ね」

里美「ヘレンさん凄いですぅ~あんなに動いてほとんど息切れてないんですもの~♪」

時子「(言われてみれば…)」

ヘレン「ありがとう里美。お礼に歌でも歌ってあげるわ」



35 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:26:56.96 ID:jqLPW0Fb0


マストレ「おい…まぁ、いいかプロの実力を見てもらういいチャンスだ」

ヘレン「ありがとう、曲は…何がいいかしら?」

里美「えっとぉ…前に凄い賞もらったって言ってた曲がいいでぇ~す♪」

ヘレン「あぁ、チャカの『Through The Fire』ね。いいわ歌ってあげる」

マストレ「伴奏無しでいいのか?」

ヘレン「えぇ、あっても私の声の前ではお飾りよ…コホンッ…あーっ、あーっ…」



36 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:27:35.39 ID:jqLPW0Fb0


ヘレン「I look in your eyes and I can see~♪」


くる・時「「!!!!」」


くるみ「(ふわぁ…この人)」

時子「(上手い…)」

トレ「(さすが本場でレッスン受けただけあるわね…基礎はしっかりしてるし、そもそも体作りからして他のアイドルとは別格だわ…)」



ヘレン「Through the fire To the limit, to the wall♪」



37 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:28:44.56 ID:jqLPW0Fb0


里美「~♪」

時子「…」


ヘレン「For a chance at loving you♪ I'd take it aaaaaaaaaaaaaall the way~♪」


くるみ「(うわぁ…)」

トレ「(凄いわ…聞きなれてるはずなのに、鳥肌が立ちそう…)」


ヘレン「Right down to the wire Even through the fire~♪」


一同「「「「…」」」」



38 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:30:07.40 ID:jqLPW0Fb0


ヘレン「…どうかしら」


里美「ほわぁ…」

くるみ「凄い!!凄いです!!!!…凄すぎてくるみ…くるみぃ…ぐすっ…ぐすっ…」

ヘレン「あらあら、刺激が強すぎたかしら?でそっちの子は肩を抱いてどうしたの…?」

時子「なっ…!!??べっ…別に何とも思わなかったわね!!」

ヘレン「そう、残念だわ。本当は貴女を失神させるくらいのつもりだったのだけど…私もまだまだね」

時子「…」



39 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:30:53.59 ID:jqLPW0Fb0


P「おーい、里美~いるか~?」

里美「あ、プロデューサーさ~ん」

P「おお、いたいた。あ、マストレさんいつもお世話になってます」

マストレ「こんにちわ、今ヘレンの出来をチェックしてたところさ。やはり彼女は凄い。何でオファーが来ないのか不思議で仕方ないよ」

P「すいません…僕の力不足で…」

ヘレン「全くよ。こんな才能を眠らせて置くだなんてこの国のショービズ界はどうなっているの?」

P「(お前のその性格が一番問題のような…)」



40 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:31:36.91 ID:jqLPW0Fb0


P「おぉそうだ、里美そろそろ時間だぞ」

里美「ほわぁ~そんな時間ですか~。じゃあ時子さんくるみちゃん行きましょうかぁ~」

時子「そうね」

くるみ「あの…また来てもいいでしゅか…」

ヘレン「いつも来ることになるのよ。そしてそこの…時子…だったかしら」

時子「なに?」

ヘレン「待ってるわよ」

時子「…ふん」



41 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:32:23.06 ID:jqLPW0Fb0



くるみ「ぷ…ぷろでゅーしゃー…どうしてヘレンさんはあんなに凄いのにおふぁーこないの?」

P「ん?まぁ…色々理由はあるが…日本のアイドル業界に求められる実力とは違うからな…」

くるみ「?」

P「アイドルに実力が必要ないわけじゃない。だけど実力=評価につながらないのさ」

時子「ふん…無様ね」

P「ああ…でもかの有名なマドンナだってわずか数千円の所持金でNYに出て成功したんだ。成功者に無様な姿は付き物さ」

時子「…」





42 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:33:13.51 ID:jqLPW0Fb0


**********************************







~スタジオ~



スタッフ「榊原里美さん入りまーっす!!!」

里美「おはようございま~す♪」

くるみ「ふぇっ…ビックリしたぁ…」

時子「何だか暑苦しいわね…」

P「さて…まずはグラビアの撮影だ」

時子「ふぅん…」



43 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:33:45.93 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「おっきな…機械です…」

P「あーその辺のものに触れて迷惑かけんなよー」

里美「じゃー着替えちゃいますね~♪」

P「おい、里美ここで脱ぎだすな!!あっちで着替えなさい!!」

里美「上着を脱ぐだけですよ~」

P「いいから!!」

里美「はぁ~い♪」テッテッテッテッテ…



44 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:34:14.48 ID:jqLPW0Fb0


P「全く…」

時子「…気持ち悪い女ね」

P「ん?」

時子「あの女の事よ。『上着を脱ぐだけですよ~☆』とか…バカじゃないの」

P「今の里美のモノマネか…?」

時子「…そうよ…察しの悪い木偶の坊ね!!」



45 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:34:43.20 ID:jqLPW0Fb0


P「どっちにしても気持ち悪いは無いだろ」

時子「ふん、これだか男はバカなのよ!!…何?貴方の脳みそは股間にでも付いてるの?」

P「はぁ?」

時子「あんなの演技に決まってるじゃない。あんな純情可憐な天然女なんて、中身は男の事しか考えてないスポンジ頭のメス豚よ」

P「頭の中がスポンジ状になるのって狂牛病じゃね?」

時子「あら、ごめんなさい。家畜の区別って付かなくて」



46 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:35:27.63 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「さとみさん…いい人だと…」

時子「あんたもよ」

くるみ「う…うぅ…ぐすっ」

時子「せいぜい泣いてればいいじゃない。やさし~い男共が優しくしてくれるわよ?」

P「おい、お前な…」

時子「ふん」

くるみ「ぐすっ…ぐすっ…」

時子「…」

P「はぁ…(扱いづらさはヘレンに比肩するのにな…)」



47 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:35:55.14 ID:jqLPW0Fb0


里美「お待たせしました~」ポヨンッポヨンッ

P「お…おぉ、やっぱり似合ってるなその水着…」

時子「盛りのついた犬ね」

P「ん?」

時子「何でも」

P「そうか。あ、カメラマンが呼んでるぞ。早く行って来い」

里美「はぁ~い」



48 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:36:30.03 ID:jqLPW0Fb0


時子「ふ~ん、ああいう体が好きなの?」

P「あぁ…アイツ胸だけじゃなくて結構いい尻してんだよなぁ…」

時子「…で?寝たのアレと」

P「はぁ?」

時子「抱き心地はどうだった?」

くるみ「??…?」



49 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:36:58.95 ID:jqLPW0Fb0


P「子供の前でそういう話はやめろ、それに手なんて出してねぇよ」

時子「へぇ、見た目以上にヘタレなのね。それより大丈夫なの?あの子日常会話も怪しいのに第3者と単独で打ち合わせなんて」

P「アイツだってもう素人じゃないから、心配なんてしないさ」

時子「へぇ…信頼してるのね」

P「まあな」



50 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:37:30.93 ID:jqLPW0Fb0


カメラマン「はいじゃあ行くよ~、先ずは真ん中に立ってー」

里美「は~い」


パシャッパシャッパシャッ



時子「…」

くるみ「…」


カメ「よぉし、それじゃあちょっと屈んでみようか…そそっ、いいねいいねぇ~慣れてきたじゃない」

里美「~♪」


パシャッパシャッパシャッ


カメ「おっ、いい笑顔もらいましたっと…今度はその椅子に…そうそう」


パシャッパシャッパシャッ



51 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:38:00.92 ID:jqLPW0Fb0


時子「案外サクサク撮るものなのね」

P「必ずしもそうじゃないけどな、今のカメラマンの人は里美と一番付き合いがある人だから、リラックスして撮れるのさ」

時子「ふぅん…」

くるみ「恥ずかしくないんですか…?」

P「ん~…里美もああ見えてもの凄く人見知りだから初めは苦労したぞ~。ま、慣れだろうな」

くるみ「そうなんですか…?」



52 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:38:38.00 ID:jqLPW0Fb0


P「ああ、顔は真っ赤になるし動きはギクシャクしてくるし表情は硬いし…最初の宣材は苦労したよ」

くるみ「やっぱり慣れですか…」

P「まぁ、他にも何か本人的にキッカケがあったみたいだけど、詳しくは知らん」

くるみ「…」



53 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:40:25.82 ID:jqLPW0Fb0


カメ「よし、一旦休憩しようかっ」

里美「はぁ~い」


トテトテトテ…


P「お疲れ」

里美「ふぃ~やっぱり緊張しますぅ…」

くるみ「あの…」

里美「はい?」



54 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:41:00.97 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「怖くないんですか?」

里美「?」

くるみ「知らない人ばっかりのところで、水着になって…ずっと見られてて…」

里美「ん~…怖いですよぉ?怖いですけど…喜んでくれる人がいますから♪」

くるみ「…」

里美「それにぃ…お胸が大きいからってくるみちゃんはくるみちゃんですよぉ~?」

くるみ「え…?」



55 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:41:39.58 ID:jqLPW0Fb0


里美「お胸が大きいと転んじゃったり、痴漢にあったり色々ありますけどぉ…くるみちゃんはくるみちゃんで…それも含めて自分じゃないですかぁ」

くるみ「でも…でも…」

里美「う~ん…」

くるみ「ぐすっ…ぐすっ…」

P「…」

時子「…」



56 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:42:05.83 ID:jqLPW0Fb0


里美「くるみちゃん」

くるみ「ぐす…ふぁい…?」

里美「私…今日お会いしたばかりですけどぉ、くるみちゃんのこと好きですよぉ~」

くるみ「ふぇ?」

里美「ちっちゃくてふわふわで~、子犬さんみたいで可愛いですぅ~♪」ギュッ

くるみ「ふみゅっ!?」

里美「よしよ~し♪」ギュウッ

くるみ「里美さんっ…苦しいです…うぅ…」



57 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:42:40.53 ID:jqLPW0Fb0


里美「くるみちゃんは私の事嫌いですかぁ~?」

くるみ「ふぇ!?そんな事無いです!!!…」

里美「じゃあ私の好きなくるみちゃんは好きですかぁ?」

くるみ「え?…ふぇ?」

里美「うふふぅ~♪」ナデナデ

くるみ「ふぇ…ふぇぇ…」

里美「うふふ…私お手洗いに行ってきますね~♪」

P「おう、場所わかるよな?」

里美「はぁ~い♪」


くるみ「…」



58 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:43:15.68 ID:jqLPW0Fb0


P「ふふ…」

時子「何でアンタが満足げなのよ」

P「いや、里美も成長したなぁと思ってな」

P「(巨乳キマシ…これはアイドル業界に一大旋風を巻き起こせるやも…)」



59 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:43:46.67 ID:jqLPW0Fb0


時子「ふぅん…どうでもいいけど前屈みでその顔しないで、気持ち悪いから」

P「」

時子「貴方のもずいぶん大きくなったみたいね。気持ち悪い、近寄らないで頂戴」

P「…」シュン…



60 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:44:18.09 ID:jqLPW0Fb0




P「(その後、もちろん里美は道に迷ってちょっと騒ぎになりました)」

P「ていうかお前、水着でロビーをふらつくな!!!!!」

里美「ふぇ~…ごめんなさ~い…」




61 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:44:53.04 ID:jqLPW0Fb0


***********************************








P「次はバラエティーの収録だ」

くるみ「ふわぁ…」

時子「何この頭の悪いセット」

P「アイドルが体を張ってクイズやったりゲームをする深夜番組だ。視聴率もそこそこあるんだぞ?」



62 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:45:54.14 ID:jqLPW0Fb0


時子「下らないわね」

P「世の中下らないものが好きな連中が多いのさ、深夜番組見てる連中は特にな」

くるみ「くるみも…アイドルになったらこれを…?」

P「この番組は深夜だから安心しな」

くるみ「ほっ…」

P「深夜じゃなくてもこういう番組はあるけど」

くるみ「ふぇぇ…」



63 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:47:20.36 ID:jqLPW0Fb0


スタッフ「榊原さん入りまーす!!!!」

里美「こんにちわ~」

P「お前な…またボタン掛け違えてるぞ…」

里美「ほわぁ?どこですかぁ~?」

P「腹のところ、へその少し上くらいのボタン」

里美「見えないんですよぉ~直してください~」

P「全く…」



64 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:48:16.64 ID:jqLPW0Fb0


時子「…」

くるみ「…」

時子「何アンタ『わかるわ』みたいな顔してんのよ」

くるみ「へぇ!?だって…」

時子「…チッ」



65 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:48:49.99 ID:jqLPW0Fb0


スタッフ「はい!!本番入りまーす!!!!!」

P「おっ、始まるみたいだな」

くるみ「(どきどき…)」



~♪~♪



66 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:49:16.99 ID:jqLPW0Fb0


司会「ハイッ!!!今夜も始まりましたーっ!!!今日はねっ、今が旬の若手アイドルさんをお呼びしております!!!!」

助手「刺激的なゆるふわボディで人気上昇中!!榊原里美さんです!!!!」

里美「こんばんわ~♪」

司会「いやぁ~初めましてー…なんですけども何だかとってもおっとりしてらして…癒されますねぇ~」

里美「ありがとうございます~♪」

助手「スタイルも良くて、女性の私から見てもとっても羨ましいんですけど…何かスタイルを保つ秘訣は何ですか?」

里美「う~ん…みんなと一緒にダンスしたりぃ…お歌の練習したりぃ…甘いお菓子を食べたりですね~♪」

芸人A「あぁ~分かります。僕も同じ事してますもん」

芸人B「お前鏡見てから言えや!!!!」



67 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:50:00.78 ID:jqLPW0Fb0



時子「で?これ何する番組なの?」

P「ん?毎週色んなゲスト呼んで、レギュラーの芸人とクイズで対決する番組だぞ」

時子「ふーん…普通ね」



68 :○掘り人:2014/01/04(土) 00:50:28.11 ID:jqLPW0Fb0


司会「それではルール説明をお願いします」

助手「はい、それでは皆さんには今から私が出すクイズに答えていただきます」

助手「ただし!!お皿の上に乗っている10粒の小豆を箸で摘んで隣のお皿に移し終わった方のみ回答権があります!!」

司会「里美さん、ちなみに手先の方は?」

里美「ほぇ?ん~…不器用ですけどぉ頑張ります~」



69 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:51:35.02 ID:jqLPW0Fb0


助手「それでは第一問!!天ヶ瀬冬馬さん、伊集院北斗さん、御手洗翔太さん、この3人のアイドルグループは?」

司会「チャレンジィ…スタートォ!!!」ピーッ!!

芸人A「……っだぁー!!???」

芸人B「………あぁ…あっ…あああああああ」

里美「よいしょ…よいしょ…」

司会「おっとぉ…里美さんが決して早く無いものの着実に摘んでます」

里美「…はい。終わりましたぁ~♪」

助手「里美さんお答えをどうぞ!!」



70 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:52:01.94 ID:jqLPW0Fb0


里美「えっとぉ~…ゆぴてるさん?」

助手「残念ながら…ハズレです!!!!」

芸人B「っしゃあ!!!!…ハイハイハイ!!!!ジュピター!!!!!!!」

助手「正解!!!!!」

芸人B「よしっ!!!」



71 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:52:29.72 ID:jqLPW0Fb0


助手「それでは第2問!!!!豊臣秀吉がたった一晩で建てたというい伝説があるお城は『墨俣の』何城?」

司会「チャレンジィ…スタートォ!!!」ピーッ!!

芸人A「よし…ぃよし……っだあああっ!!!!」

司会「はい、A君うるさいよー」

芸人B「………」

助手「Bさん黙々とこなしてますねぇ…」

里美「よいしょ…よいしょ……」



ツルンッ

ポスッ


里美「ほぇ?」



72 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:53:02.86 ID:jqLPW0Fb0


一同「「「!!!!!!!?????」」」

里美「ほわ…胸元に入ってっちゃいましたぁ~…」

芸人A・B「「…」」ジーッ

司会「二人とも手ぇ止まってる!!!!手ぇ止まってる!!!!!!」

里美「ふえぇ~…奥に入っちゃってとれないですぅ~」ゴソゴソ

助手「里美さんも胸まさぐっちゃダメですよ!!!!!」



73 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:53:31.20 ID:jqLPW0Fb0



時子「何コレ…」

P「…いつもの事だ」

くるみ「…」

時子「なに、これも『わかるわ』なの?」

くるみ「うぇっ!?…あ…うぅ…」



74 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:54:22.09 ID:jqLPW0Fb0


~収録後~



『お疲れ様っしたーっ!!!!』


里美「お疲れ様でした~♪」

P「お疲れ。みんなバカ受けだったぞ」

里美「えへへぇ~♪」

くるみ「何だか…楽しそうでした」

里美「楽しいですよぉ~、くるみちゃんもすぐ出れますよぉ~♪」

くるみ「ふぇ…でも、さっきの足場が揺れるのは…怖いですぅ…」

里美「足元見えませんもんねぇ~」

くるみ「うぅ…ごめんなさい…」



75 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:54:54.18 ID:jqLPW0Fb0




「ちょっと!!どこ見て歩いてるのよ!!!!」


里美「?」

くるみ「ふぇ…!?」

P「うお…待てよ、おい…」



76 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:55:26.79 ID:jqLPW0Fb0


時子「どこ見て歩いてるのかって聞いてるの!!」

スタッフ「すいません!!すいません!!!」

時子「すいませんじゃないわよ!!!私は仮にもアイドルよ!!!怪我したらどうするの!!??」

スタッフ「すいません!!気をつけます!!」

時子「土下座」

スタッフ「え…?」

時子「土下座なさい。謝りたいんでしょう?だったら誠意を見せなさいな」

スタッフ「え…いや…」

時子「どうしたの?できないの?」

スタッフ「……」



77 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:56:04.31 ID:jqLPW0Fb0


P「ストップ!!!!ストップ!!!!!!なになに!!どうしたの!!!???」

時子「この男が私にぶつかって来たのよ。肩に大荷物担ぎながらね」

スタッフ「すいません…僕の不注意で…」

時子「だから…!!」

P「ああーっ!!!待った待った!!!いいからいいから!!……時子お前なぁ…」

時子「何?貴方がコレの代わりに土下座してくれるの?それなら必要ないわ。必ずコレにやらせるもの」

P「っ…おまっ!!!!!」

里美「ほわあぁぁぁ~!!??」



78 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:57:03.71 ID:jqLPW0Fb0


P「ストップ!!!!ストップ!!!!!!なになに!!どうしたの!!!???」

時子「この男が私にぶつかって来たのよ。肩に大荷物担ぎながらね」

スタッフ「すいません…僕の不注意で…」

時子「だから…!!」

P「ああーっ!!!待った待った!!!いいからいいから!!……時子お前なぁ…」

時子「何?貴方がコレの代わりに土下座してくれるの?それなら必要ないわ。必ずコレにやらせるもの」

P「っ…おまっ!!!!!」

里美「ほわあぁぁぁ~!!??」



79 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:57:34.24 ID:jqLPW0Fb0



ドテーンッ!



時子「!?」

P「おい!!里美!!??」

里美「痛ぁ…転んじゃいましたぁ~…」

時子「貴女なにを…」

スタッフ「あの…えっと…」

里美「よいしょ…えぇとぉ…あのぉ…」

スタッフ「?」

里美「ごめんなさい」



80 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:58:16.20 ID:jqLPW0Fb0


P・時「「!?」」

スタッフ「え…?」

里美「うちの時子さんがお騒がせしました」

時子「ちょっと貴女…」

里美「静かにしてもらえますか」

時子「なっ…!?」

里美「お仕事のお邪魔してしまいました。だからごめんなさい」

時子「何で貴女が出しゃばるのよ!!私は…!!」



81 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:58:43.45 ID:jqLPW0Fb0


里美「時子さん」

時子「何よ」

里美「今日何人に挨拶しましたか?」

時子「はぁ?」

里美「今日一日時子さんとご一緒しました。でも、時子さんが自分からご挨拶するところ…殆ど見てないです」

時子「何が言いたいのよ」



82 :○掘り人 :2014/01/04(土) 00:59:37.36 ID:jqLPW0Fb0


里美「時子さん。アイドル業界の主役って誰ですか?」

時子「はぁ?…意味が分からないんだけど…」

里美「アイドルはみんなから愛されてみんなの憧れになれる存在です。でもアイドルは一人ではなれません」

里美「プロデューサー、作詞家さん、作曲家さん、振付師さん、セットを組んでくれる大道具さんにライトアップしてくれる照明さん」

里美「ディレクターさん、カメラマンさん、衣装さん、メイクさん…そして私達のファンや私達を嫌いな人達…」

里美「そういった人達がいるから私達は活動できるんです」



83 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:00:06.39 ID:jqLPW0Fb0


時子「…所詮はアイドルの為にいるような人達じゃない」

里美「違います。この人達がいなければ私達が存在できない以上、この人達は私達の一部です」

里美「私達アイドルはこの人達の上に立ってるんじゃありません。前に立ってるんです」

時子「…意味がわからないわ」

里美「…そうですか」



84 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:01:10.56 ID:jqLPW0Fb0


スタッフ「あの…里美さん…ありがとうございます。でも、やっぱり僕が悪いんで…どうせ下っ端ですし、土下座しますよ…」

里美「いいんです。お仕事に戻られて下さい。それと…今後ともよろしくお願いします」

スタッフ「…………すいません!!ありがとうございます!!!!」

時子「っ……ふんっ!!」

P「おい!?時子どこ行くんだ!!!!」

時子「帰るのよ」

P「おい!!待てって…おい!!!…はぁぁ…」

くるみ「うぅぅ…えっと…えっとぉ…ふぇぇ…」

里美「…」



85 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:02:03.62 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「里美さん…?」

里美「ほぇ~…大丈夫ですよぉ~怖い思いさせてごめんなさいねぇ~」ナデナデ

くるみ「ふぇ……」

P「くるみ、悪いけど飲み物買ってきてくれないか?」

くるみ「ほぇ…?」

P「自販機がここ出て左にまっすぐ行ったところにあるから…ミルクティーと何か適当なやつ、あとお前の分もな」チャリン

くるみ「は…はいぃ…」


トッテッテッテ…ハウッ!?…イタタ…グスン……


P「大丈夫かな…」



86 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:02:40.88 ID:jqLPW0Fb0


里美「大丈夫ですよぉ~きっと♪」

P「お前は?」

里美「…ほぇ?」

P「もう気を張る必要ないぞ」

里美「……えへへ…」

P「くるみはあの性格だからジュース買うのに時間かかるだろうからさ…それまではいいんだぞ?」

里美「……………プロデューサーさん」

P「ん?」

里美「手……握ってていいですか…?」

P「…いいぞ」



ギュ…



87 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:03:14.03 ID:jqLPW0Fb0



P「…」

里美「…ごめんなさい」

P「謝るな」


里美「…」コクン…



88 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:04:04.87 ID:jqLPW0Fb0


**********************************







P「(時子のヤツ…結局自分も道がわかんねぇんじゃねぇか…)」

P「(帰りの車内があの空気じゃ俺のモチネタ、アイドル業界のスベらない話もできる訳ねぇよ…)」

P「(時子の次の出勤は明後日か…来るかなぁ)」



89 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:04:32.32 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「それじゃ…えっと…お疲れ様でした…」ペコリ

時子「…お先に」



P「おー、お疲れー出勤日間違えんなよー」

里美「お疲れさまですぅ~」



ガチャ

バタン




P「…」



90 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:05:25.96 ID:jqLPW0Fb0


~ロッカールーム~



くるみ「…」

時子「…」

くるみ「…時子…さん」

時子「何よ。貴女も私に説教?」

くるみ「ひぅ…」

時子「…ふん」

くるみ「時子さんは…その…えっと…何でそんなに…強いんですか?」

時子「は?」



91 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:06:12.50 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「どうしてそんなに…色んな人と…戦えるんですか…?」

時子「偉そうって意味?」

くるみ「いやっ…そのっ、そういう意味じゃ…」

時子「…気に入らないからよ」

くるみ「ふぇ?」

時子「弱者は強者に食われるためにあるのだから、弱者でなんていられないわ」

時子「私が私でいるために私の前にいる連中が邪魔なのよ」

くるみ「そう…ですか…」



92 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:06:51.98 ID:jqLPW0Fb0


時子「だから、アンタみたいな弱い癖にちやほやされるヤツが嫌いなの。ただ胸がデカイだけなのに」

くるみ「うぅ…」

時子「お分かり?」

くるみ「………」

くるみ「くるみ…強くなりたいです…」

時子「は…?」



93 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:07:22.34 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「くるみ…胸が大きいくらいしか特徴の無いおバカですけど…ぷろでゅーしゃーに…言われたんです」

くるみ「くるみも輝けるって…アイドルとして…輝けるって……」

くるみ「もし…輝くために…強くならなきゃ…いけないなら…強くなりたいんです…」

時子「…で?」

くるみ「くるみ…くるみ…負けたくないです……自分にも…時子さんにも…」

時子「…」

くるみ「…」



94 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:08:08.99 ID:jqLPW0Fb0


時子「……………ハンッ!!」

くるみ「!!」

時子「フフッ…フフフッ…アーッハッハッハッハ!!!!!」

くるみ「…」

時子「まさかこんなおバカなお乳ちゃんから宣戦布告されるなんてね…フフッ…上等だわ」

くるみ「…」カタカタカタ…

時子「いいわ、その挑戦受けてあげる。どっちがアイドルとして上へ行けるか…勝負よ」

くるみ「…はい」

時子「せいぜいお胸を揺らして精進しなさい。……あーあ…今日は疲れたわ」



ガチャッ

バタンッ



95 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:08:43.89 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「………」

くるみ「(泣かないもん…泣かないもん…)」

くるみ「(泣いたら…泣いたら…)」



ガチャッ


くるみ「!!!??」



96 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:09:12.95 ID:jqLPW0Fb0


時子「あら、まだ泣いてなかったの。意外だったわ」

くるみ「…」

時子「ちょうどいいわ、帰るわよ。どうせ駅まで一緒でしょ」

くるみ「…はぇ?」

時子「外はもう暗いんだから、そんな乳ぶら下げてちゃ危ないでしょ。つべこべ言わずに早くしなさい」

くるみ「ふぇ…」

時子「?」



97 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:09:41.84 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「ふぇええええええ…時子さあああ…ん」ボロボロ

時子「ちょっ…あなたねぇ…」

くるみ「ごめんなさぁい…ごめんなさぁい……」ポロポロ

時子「全く…ほら、これで涙拭きなさい。ついでにそれあげるから」

くるみ「うぇ……うわああああああん、ありがとうございますぅ~…大事にしますぅ…」ボロボロ

時子「はぁ…これがライバルかぁ…」



98 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:10:10.84 ID:jqLPW0Fb0


**********************************







~事務所~



P「…今、またくるみの泣いてる声が聞こえた気が……」

里美「ほぇ?…そうですか…?」スリスリ…

P「いや、気のせいかな…」

里美「ふふふ…変なプロデューサーさん♪」スリスリ…



99 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:10:38.59 ID:jqLPW0Fb0


P「ところで里美」

里美「はい~?」スリスリ…

P「いい加減人の胸に顔スリスリするのやめてくれませんかね?」

里美「いやですぅ~♪」スリスリスリスリスリ



100 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:11:15.06 ID:jqLPW0Fb0


P「あー…その…あれだ、化粧が~だな」

里美「嫌ですぅ」

P「いててて…安いソファーだから尻が痛いぜ…」

里美「知りませ~ん」

P「その…誰かに見られると」

里美「いいですぅ」

P「よく無いだろう…それに…ほら、男と女がこんな人気の無い事務所でだな…」

里美「…」

P「…」



101 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:11:46.63 ID:jqLPW0Fb0


里美「……プロデューサーさん…エッチです…」

P「さっきからベッタリのお前に言われたくない」

里美「………」

P「はぁ…お前の考えてる事くらい分かるぞ」

P「今日は仕事したり怒ったりいっぱい頑張ったから甘えてもいいでしょ!!…違うか?」

里美「………」



102 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:12:12.95 ID:jqLPW0Fb0


P「……里美。お菓子食うか?」

里美「食べますぅ!!」

P「犬より分かり易いなお前…」

里美「おっかし♪おっかし♪」

P「じゃあ…ほ~ら、ホワイトチョコだぞう」

里美「あ~ん♪」

P「………ホレ」

里美「ぱくん…………~♪」



103 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:12:39.83 ID:jqLPW0Fb0


P「そんな顔されたらソイツもチョコ冥利に尽きるだろうな…ホレもう一個」

里美「あ~ん………はむっ」

P「…?」

里美「んー…」

P「よし、説明してくれ。チョコを口に含まず唇からちょっと出した状態で俺に何を望んでいるんだ?」

里美「んー…んー!!!!」



104 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:13:09.11 ID:jqLPW0Fb0


P「………せいっ」ズビシッ

里美「あむぅっ!!……んー…」

P「不満そうな顔してんじゃ…っておい…人の指まで食うな」

里美「…モゴモゴ」

P「人の指をしゃぶるな!!!えぇい離せ!!!離せ!!!!」

里美「んーっ…んーっ!!」



105 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:13:38.30 ID:jqLPW0Fb0


チュポンッ

P「まったく…」

里美「……プロデューサーさん意地悪ですぅ…」

P「お前が言うか」

里美「…」プクゥー

P「おーおー、フグがおるぞフグがおるぞー」

里美「ーッ!!!」ポカポカポカ

P「はっはっは~痛い痛い」



106 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:14:22.39 ID:jqLPW0Fb0



里美「…」

P「…」







里美「…」ギュッ

P「…」

P「……里美…」

里美「…何ですか?」

P「ありがとな…今日の事」

里美「別に…そんな…」



107 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:15:01.79 ID:jqLPW0Fb0


P「『みんなの上に立っているんじゃない。みんなの前に立っているんだ』か……覚えてたんだな」

里美「プロデューサーさんに初めて教わった事ですから…」

P「そっか…ありがとな」

里美「いえ…」



108 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:15:40.30 ID:jqLPW0Fb0


P「……そういや、くるみの事見てると里美がデビューしたての頃を思い出してな…ついつい構いたくなるんだ」

里美「そんなに泣き虫じゃないですよぉ~…」

P「そうだな。むしろ時子くらい警戒されてたような気も…」

里美「そんな事ないですぅ~…初めて会った時から………その…」

P「…どした?」

里美「…………」

P「…」



109 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:16:20.89 ID:jqLPW0Fb0


里美「…プロデューサーさん」

P「どした?」

里美「私…世間知らずで…どんくさくて…いっつもご迷惑かけてます…けどぉ」

里美「今…とっても嬉しいですぅ…お兄様を探してたら、幸せを見つけちゃったみたいで…」

P「………そっか」

里美「だから…その………………………えいっ!!」


ボフンッ



110 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:17:07.50 ID:jqLPW0Fb0


P「おわ!?」

里美「……」フー…フー…

P「………まさか里美に押し倒される日が来るとはな…」

里美「ほわぁ………と…あの…」

里美「今日はいっぱい甘えるって…決めたんです………」

P「やれやれ…里美のお兄さんの精神力は超合金だな…こんな可愛い妹に甘えられたら…」



111 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:17:36.24 ID:jqLPW0Fb0


里美「しませんよぉ…?」

P「え?」

里美「……お兄様には…こんな事……しません…」

里美「プロデューサーさんだから…です…」


P「」



112 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:18:02.53 ID:jqLPW0Fb0



P「…里美」

里美「プロデューサーさん…」




ガチャ



113 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:18:37.06 ID:jqLPW0Fb0


ちひろ「あら、プロデューサーまだいらっ…しゃ…」

P・里美「「!!!???」」

ちひろ「えっとぉ…」

P「ちひろさん!!!???待ってくれこれは!!!!!」

ちひろ「…」

P「待ってぇ!!!死んだ口座を見るような目で俺を見ないでぇ!!!!!!!」



114 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:19:07.40 ID:jqLPW0Fb0


里美「あの…えっとぉ…」

ちひろ「プロデューサー…」

P「…はい」

ちひろ「首を切られるか、私に1000万寄こすか、全裸で土下座…選んでくださいますか?☆」

P「………………土下座させて頂きます」



115 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:19:36.68 ID:jqLPW0Fb0



P「(その後俺は、一生残る心の傷を負わされた…)」

P「(ちひろさんのまるで腐った豚の肛門を見るような目と、里美の真っ赤な顔とその奥で爛々と輝く目は…)」

P「(死ぬまで忘れる事は無いだろう…)」




116 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:20:13.85 ID:jqLPW0Fb0


**********************************






~数日後~


ワイワイガヤガヤ…

P「みんなー集まったかー?今後の活動について発表するぞー」

P「まず…泰葉。しばらく年少組のコーチをしてくれるか」

泰葉「私がですか…?」

P「あぁ、子役時代からこの業界にいる泰葉なら適任だと思ってな」

泰葉「…わかりました…やってみます」



117 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:20:49.57 ID:jqLPW0Fb0


P「次ー早苗さ~ん。着エロのオファーきてまーす」


早苗「…」ニッコリ


P「…後で屋上で待たせていただきまーす(震え声)」



118 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:21:18.20 ID:jqLPW0Fb0


P「次ー…ユニットを組んでもらう人たちが何人かいまーす。まず聖來ー、伊吹ー」

聖來「はい」

伊吹「はーい」

P「二人にはダンスを主軸にしたユニットを組んでもらいます。詳細は後で伝えます」

聖來「よろしくね、伊吹ちゃん」

伊吹「よろしくお願いします☆」



119 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:22:01.24 ID:jqLPW0Fb0


P「次はぁ…くるみ!!」

くるみ「ほぇ!!??…は、はい…」

P「くるみは里美と組んでもらう

くるみ「ふぇ!!???」

P「緊張するな、里美がちゃんと面倒みてやる。里美よろしく頼むぞ」

里美「はぁ~い♪くるみちゃん~よろしくお願いしますねぇ~」



120 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:22:28.23 ID:jqLPW0Fb0


くるみ「里美さん!!…えっとぉ…そのぉ…」

里美「ん~?」

くるみ「よっ…よろしくお願いしましゅ!!!!」

里美「はぁ~い、お願いされましたぁ~♪」

P「(いい…実にいい)」



121 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:22:55.39 ID:jqLPW0Fb0


ちひろ「…」


P「はっ!!!!????………つ…次ぃ…時子ぉ~」

時子「何よ人の名前呼ぶ位満足にできないの?何年生?何組さんなの?」

P「うるせ!!…えぇと…時子もしばらくユニットです」

時子「何ですって?私が…?ハンッ!!笑わせないで。私は一人で十分よ、相方なんて足手まといだわ」

P「は~い、メンバー発表しまーす」

時子「ちょっと、人の話を…」



122 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:25:33.68 ID:jqLPW0Fb0


P「時子と一緒に活動してもらうメンバーは…早苗さん、ヘレンのお二人で~す」

時子「なっ!!!???」

ヘレン「お手柔らかにね?」ニッコリ

早苗「あら、よろしくね…お嬢ちゃん☆」ニンマリ

時子「待ちなさい!!!いくら何でも!!!!!」



123 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:26:05.70 ID:jqLPW0Fb0


P「それが嫌ならきらりの付き人でぇ~す」

きらり「うっきゃー☆ときちゃんもぉーきらりとハピハピ☆するぅー?」

時子「…わかったわ」

くるみ「時子さん…頑張ってください!」

時子「…」ギロッ

くるみ「ひぅ!?」



124 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:26:36.48 ID:jqLPW0Fb0


時子「えぇ…アンタも精々頑張んなさいよ」

くるみ「………はい!!」

里美「うふふ♪」



125 :○掘り人 :2014/01/04(土) 01:35:01.45 ID:jqLPW0Fb0


おしまぁい


二つやりたい企画があったから混ぜたら盛り盛りになってしまった。まさにたわわなる双丘。草々不一




※今回SSを書くにあたってリアル嫁に聞いて知ったおっぱいの事実


・足元が見えなくなるのは大体F辺りから(あくまで個人の感想です)

・Iカップ以上のサイズでも、通販とかにはなりますがブラは売ってます。よかったねくるみちゃん

・ただし、その位のサイズの人は、ある程度身長や骨格がしっかりしてること前提で作られてるので、小柄で爆乳の人はカップサイズは合ってもアンダーが合うサイズが無い場合が多いそうです。残念だったねくるみちゃん



126 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/04(土) 02:18:29.47 ID:FNcDsGoQo


いいSSだった 乙



アイドルマスターシンデレラガールズセレクション 【34.榊原里美(銀箔仕様)】(単品)

新品価格
¥198から
(2014/1/4 03:29時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388760532/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。