ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]進撃の巨人 >  アニ「クリスマスか・・」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニ「クリスマスか・・」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 22:20:31 ID:.kK5rQhU
現パです

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 22:26:13 ID:.kK5rQhU
12月10日

キーンコーンカーンコーン

ミーナ「あー、やっと今日も1日乗り切ったぞー!」

アニ「元気だねあんた」

ミーナ「そりゃ学校終わったんだから元気にもなるでしょ!」

アニ「そうだね、それより早く帰ろうよ」


ミカサ、クリスタ、アニ、進撃の巨人、サシャ


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 22:41:33 ID:.kK5rQhU
ミーナ「へいへい、その前に隣で寝てるエレンは起こさなくてもいいの?」

アニ「今起こすよ、起きなエレン」グイグイ

エレン「ん・・・、あぁ、おはようアニ」フアー

ミーナ「おはようエレン」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 22:46:38 ID:.kK5rQhU
アニ「もう帰るよ、早く帰る準備しな」

エレン「もうそんな時間か、ここストーブ近くて暖かいからついつい寝ちゃうんだよな」ハハハ

ミーナ「いーなー」

ライナー「本当にいいなー」

ミーナ「うわっ!なんだライナーいたんだ」

ライナー「いたわ、その前に俺だって同じクラスなんだから誘えよ!」

ミーナ「あー、ごめんごめん、どうせベルトルトと帰るだろうと思ってさ」

ライナー「それならエレンだってそうだろ!」

ミーナ「いやほら、エレンは校門までは一緒に行くし」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 22:50:28 ID:.kK5rQhU
ライナー「まあそれはそうだが・・」

ミーナ「というかライナー今日ベルトルトと帰らないの?」

ライナー「今日は用事があるから先に帰るらしい」

ミーナ「ふーん」

アニ「ほら早くしな」

エレン「わかってるって」ガサゴソ

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 22:55:36 ID:.kK5rQhU
-
--
---

ミカサ「遅いなエレン」

アルミン「そろそろ来るよきっと」

ジャン「ミカサ!」

アルミン「あれ、どうしたのジャン?」

ジャン「あっ、いやえっとミカサと2人で話がしたいんだが・・」チラッ

アルミン「えっ(ま、まさか今日ここで告白するつもりなのか!)」

アルミン「わかった、じゃあ5分くらいしたら戻ってくるよ」

ジャン「あぁ」

アルミン「(頑張ってねジャン)」タッタッタ


ミカサ「話って何?」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:15:42 ID:.kK5rQhU
ジャン「あぁ・・・、あ、あのさあと少しでクリスマスじゃんか//」

ミカサ「そうね」

ジャン「い、今のところクリスマスに予定ってあるか?」

ミカサ「今はないけど(今年もきっとエレンとアルミンと過ごすんだろうな)」

ジャン「じゃ、じゃあその日俺と一緒に出掛けてくれないか!//」

ミカサ「・・ジャンと?」

ジャン「そうジャンと!」ドキドキ

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:20:38 ID:.kK5rQhU
ミカサ「う~ん・・・」

ジャン「・・・」ドキドキ


ミーナ「あっ、あそこにミカサいるよ」

エレン「本当だ、じゃあまたな3人とも」

ライナー「おう」

アニ「ん、また明日」

ミーナ「またねー」

エレン「おーいミカサー!」タッタッタ

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:23:05 ID:.kK5rQhU
<オーイ、ミカサー

ジャン「げっ・・・」

ミカサ「あっ、エレン」

ジャン「み、ミカサ!、返事はまたこんど聞かせてくれ!それじゃまた!」ダッ

ミカサ「あっ、うん」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:30:41 ID:.kK5rQhU
エレン「悪いな遅くなって、アルミンは?」

アルミン「ここだよエレン」チョンチョン

エレン「うおっ、なんだよ驚かすなよ」

アルミン「エレン、君ってわざとしてるの?」

エレン「なにがだ?」

アルミン「いやいいよ(かわいそうにジャン、あんなに大きい声で言ってたから聞こえちゃったよ、周りに人がいなかったのが唯一の救いかな)」

エレン「それより早く帰ろうぜ」

ミカサ「遅れてきたエレンが言う?」

エレン「うっ・・、す、すまん」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:33:42 ID:.kK5rQhU


スタスタ

エレン「そういえば俺が行く前にジャンがいたけどなんか話してたのか?」

ミカサ「うんクリスマスに一緒に出掛けないかって・・・」

エレン「へー」

ミカサ「こ、今年も3人でクリスマスは過ごすよねエレン?」

エレン「うーん・・・、毎年3人で過ごしてるしなぁ」

アルミン「あ、あの2人とも!」

ミカ・エレ「ん?」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:56:00 ID:.kK5rQhU
アルミン「じ、実は僕クリスマスはクリスタと一緒に過ごせないか聞いてみようと思うんだ!だから今年はその・・・、一緒には過ごせない」

エレン「まじか、そういえばクリスタのこと好きって言ってたしな、頑張れよアルミン!」

ミカサ「応援してる」

アルミン「ありがとう2人とも!」

エレン「じゃあミカサもジャンに1日付き合ってやれよ」

ミカサ「えっ!じゃ、じゃあエレンは?」

エレン「たまには1人で過ごすクリスマスもいいだろ」ハハハ

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/08(日) 23:59:05 ID:.kK5rQhU
ミカサ「・・・」

アルミン「エレン、君ってやつは・・・」

エレン「でもクリスマスイブには3人で集まって一緒に過ごそうぜ、それならいいだろ?」

ミカサ「・・絶対?」

エレン「もちろん、アルミンもいいか?」

アルミン「僕もイブの日はOKだよ」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 00:20:46 ID:GJzKZL0U
エレン「ん、じゃあ決定だな!」

ミカサ「(そういえば今までジャンにどこかに誘われても1回も行ったことないしちょうどいい機会かも)」

アルミン「じゃあイブの日はどこに集まる?」

エレン「俺の家でいいんじゃないか?母さんに言えばきっと料理も用意してくれるし!」

アルミン「エレンの家ね、わかったお菓子とか色々持っていくよ」

エレン「おう!」

ミカサ「あっ、じゃあクリスマス会えないしイブに2人にプレゼント渡すね」

エレン「おっ、なら俺もなんか用意しておかなきゃな」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 01:03:46 ID:GJzKZL0U
アルミン「なら僕もなにか用意してないとな~」

-
--
---

ミーナ「ねぇねぇアニ」

アニ「ん?」

ミーナ「あと少しでクリスマスだね!」

ライナー「おっ、そういえばそうだな」

アニ「クリスマスか・・(クリスマス、毎年特に予定もないから過ごしてたけど1回くらい友達と過ごしてみたいな)」

ミーナ「ライナーは何か予定とかあるの?」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 01:07:00 ID:GJzKZL0U
ライナー「あぁ、今年は思い切ってクリスタに声をかけてみようかと思うんだ」

ミーナ「おぉ!」

ライナー「だから明日クリスタに聞いてみようかと思う」

ミーナ「いいじゃんいいじゃん!頑張れライナー!」

ライナー「おう!」

アニ「ミーナは?」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 01:08:48 ID:GJzKZL0U
ミーナ「ふふふ、そんなの決まってんじゃん!彼氏と過ごすのよ、か・れ・しと!」ニヤニヤ

アニ「笑えない冗談だね」

ライナー「まったくだ」

ミーナ「失礼な!言っておきますけど本当にいますからね!」

アニ「本当に?(えっ、ミーナいつのまに?)」

ミーナ「もち」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 01:11:24 ID:GJzKZL0U
ライナー「相手は誰だ?」

ミーナ「えっとね、エレン」

アニ「はぁ!?」

ライナー「まじか!」

ミーナ「なーんてね、嘘だよ嘘」

アニ「・・・」イラッ


ミーナ「まあそこは秘密ってことで、でも本当にいるからね?」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 01:27:05 ID:GJzKZL0U
アニ「・・・へぇ」

-
--
---


ガチャ

アニ「ただいま」

アニパパ「お帰り!今日は午前勤務だったから晩御飯はパパが作るよ!」

アニ「そう、私部屋で少し休んでくる」

アニパパ「えっ、うん」

スタスタスタ ガチャ

アニ「・・・」ボスッ

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 01:43:15 ID:GJzKZL0U
アニ「あぁああああ!なんでミーナ彼氏なんてできてるの!というか本当にいつのまに!?」ジタバタ

アニ「しかもクリスマスの日に一緒に過ごすなんてリア充にもほどがあるでしょ!」ピタッ

アニ「・・・あぁ、私も彼氏ほしいな」

アニ「確かにいつもそっけないし口数少ないしそういう話は全然しないけど私だってやっぱり女子だし」ゴロゴロ

アニ「でも今更彼氏とかできないし、こうなったら気分だけでも味わいたい」

アニ「といってもやっぱり誰でもってわけには行かないよね、よく話して仲もいい人・・・」

アニ「1人しか思いつかない、けどどうせミカサやアルミンたちと過ごすんだろうな・・」

アニ「だめもとで一応聞いてみようかな、でもなんか恥ずかしいし」ゴロゴロ 

アニ「あっ・・」ドスン

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/09(月) 01:45:00 ID:GJzKZL0U
アニ「痛たたた・・」サスサス

ダッダッダッダッダ ガチャ

アニパパ「今大きい音がしたけど大丈夫か!」

アニ「あっ、うん平気平気、というか勝手に開けないで!」

アニパパ「ご、ごめん」バタン

アニ「・・・はぁ」

29: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/09(月) 21:52:49 ID:GJzKZL0U
次の日

キーンコーンカーンコーン

ガラッ

ミーナ「おっはよう!」

アニ「おはよ」

ミーナ「ってなんでエレンの机に座ってるの?」

アニ「暖かいから」

30: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/09(月) 21:58:25 ID:GJzKZL0U
ミーナ「なるほど(ちっ、私もそこ狙ってたのに)」

アニ「にしてもエレンだけ授業中にこんなに暖かい思いするなんて少しずるいね」

ミーナ「アニのところだってまだ暖かいでしょ、私ストーブから一番遠い位置に座ってるんだからね?」

アニ「ひざ掛けあるんだしいいじゃん」

ミーナ「それでも寒いの!」

31: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/09(月) 23:05:23 ID:GJzKZL0U
アニ「そっか、どんまい」グテー

ミーナ「もう・・・、もう少し左によってよ」

アニ「なんで?」

ミーナ「私もそこ座りたいから」

アニー「え~・・、彼氏に温めてもらえばいいじゃないの?」

ミーナ「そんなことしたら誰と付き合ってるかばれるじゃん、いいからそっち行ってよ~」グイグイ

アニ「はぁ、仕方ないね」スッ

32: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/09(月) 23:08:49 ID:GJzKZL0U
ミーナ「ありがと~」スッ

ミーナ「おぉ!思ってた以上に暖かい!」

アニ「狭い・・」

ガラッ

ライナー「うーっす」

ミーナ「あっ、おはよライナー」

アニ「はよ」

ライナー「おう、エレンはまだ来てないのか?」

34: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/09(月) 23:14:19 ID:GJzKZL0U
ミーナ「そうみたい」

ライナー「そうか、ところでなんでお前らエレンの机に座ってるんだ?」

アニ「ストーブが近くて暖かいから」

ライナー「なるほどな、俺もそこ座りたい」

アニ「だめ」

38: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/09(月) 23:43:36 ID:GJzKZL0U
ライナー「お前らもう十分温まっただろ?」

ミーナ「いや全然、ねっ、アニ」

アニ「うんうん」

ライナー「嘘つけ!かくなる上はお前らの膝の上に座らせてもら・・」

アニ「そんなことしたら背骨砕くよ」

ライナー「嘘ですごめんなさい」

40: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:07:49 ID:5J3V8CgA
アニ「あっ、私の机にも座らないでね」

ライナー「なんでだよ!」

アニ「いやなんとなくだけど、座るならこの机の前の机に座って、確か運動部だから来るの遅いし」

ライナー「しまいには泣くぞおい」

ミーナ「うわ、それはやめてほしい」

ライナー「・・・まじで泣きたい」

41: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:10:18 ID:5J3V8CgA
数分後

ガラッ

エレン「うっす」

ライナー「おっ、やっと来たかエレン」

アニ「おはよ」

ミーナ「おっはよ!」

エレン「おはよう、ってなんでミーナとアニは俺の机に座ってるんだよ」

ミーナ「いやー、だってねぇ」

アニ「ここ暖かいし」

42: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:16:21 ID:5J3V8CgA
エレン「まあまだHRまで時間あるしいいか、その間アニの机借りていいか?」

アニ「うん」

ライナー「おい」

アニ「うん?」

ライナー「なんでエレンはよくて俺はだめなんだよ」

アニ「・・・さぁ、なんでだろうね?」

ライナー「うおおお!おいエレンそこ変われや!」

43: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:25:40 ID:5J3V8CgA
エレン「嫌だよめんどくさい」

アニ「(あっ、そういえばいつ声かけよう)」

ミーナ「ライナー、そんなんじゃクリスタに嫌われちゃうよん」

ライナー「はっ!」

ライナー「・・いやぁエレン君、いきなり大声出して悪かったね、さっきのことは忘れてくれたまえHAHAHAHA」


エレン「お前本当にちょくちょく人格変わるよな」

ライナー「そんなことないよHAHAHA」

44: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:29:16 ID:5J3V8CgA
エレン「(不気味だ・・・)」

その頃別の教室では

ガラッ

ミカサ「おはよう」

ジャン「お、おはようミカサ!」

ミカサ「あれ、なんでジャンがここに?」

ジャン「い、いや昨日の返事をだな//」ゴニョゴニョ

ミカサ「あぁ、その日は開いてるから一緒に出掛けられる」

ジャン「えっ、ま、まじで!」

ミカサ「うん」

45: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:36:28 ID:5J3V8CgA
ジャン「い、い、いやったー!!」

ミカサ「ジャンうるさい」

ジャン「あっ、す、すまん」

ミカサ「それと私その日5時までに家に帰らなきゃだから」

ジャン「5時か(せっかくきれいなイルミネーションが見れるところ行こうと思ったのに!まあミカサと2人で出かけられるだけでも)」

ジャン「おっけ、わかった。どこに行くかは俺が決めていいか?」

ミカサ「うん」

ジャン「じゃあまた後日メールするわ、またな!」

ガラッ

ジャン「うおおお!ついに俺の時代が!」

46: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:44:20 ID:5J3V8CgA
アルミン「すごい喜びようだなジャン・・、ベルトルトはクリスマスどうするの?」

ベルトルト「えっ、あ、あぁ、まだ考え中だよ(なんとかしてアニとクリスマスを・・)」ゴゴゴゴ

アルミン「なんかベルトルトの周り熱いんだけど」

-
--
---

昼休み

47: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:45:27 ID:5J3V8CgA
ライナー「く、クリスタ!」

クリスタ「ん?」

ライナー「こんなところに呼び出してすまない、あの・・・、もしよければクリスマス俺と一緒に過ごしてくれないか!」

クリスタ「ライナーと?」

ライナー「あぁ!」ドキドキ

48: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:52:23 ID:5J3V8CgA
クリスタ「んー、いいよ」

ライナー「まじかよっしゃ!」

クリスタ「ただしアルミンとユミルも一緒だけどね」ニコニコ

ライナー「・・・へ?アルミンとユミル?」

クリスタ「うん、実は去年のクリスマスにユミルから「来年も絶対私とクリスマス過ごしてくれ」って言われててさ

そしてアルミンは今日の音楽の授業の時言われたんだ~」

ライナー「へ、へぇ・・・(くそが、なかなかやるじゃねぇかアルミン、てかユミル去年からとかせこいわ)」

49: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:55:03 ID:5J3V8CgA
ライナー「(しかしチャンスはある、ユミルも来るんだしアルミンとユミルをくっつけてその間に俺はクリスタと・・・)」

クリスタ「それじゃあ時間とかまたあとで連絡するね」

ライナー「おう!」

クリスタ「それじゃまたね」

ライナー「あぁ、また明日(会いに行けたらいいな)」

50: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 00:57:49 ID:5J3V8CgA
5分後

ガラッ

エレン「お帰りライナー、どこ行ってたんだ?」

ライナー「あぁ、ちょっとな」

ミーナ「んでどうだったのライナー君?」ヒソヒソ

ライナー「ふっ、なんとOKをもらったぜ」

アニ「本当?クリスタも変わった趣味してるね」

ライナー「お前朝から俺に対してすこしきつすぎない?」

アニ「気のせい」

51: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 01:01:05 ID:5J3V8CgA
ライナー「そっか、疲れてんのかな俺・・・」

ミーナ「でもよかったじゃん、クリスタと2人きりになれるよ」

ライナー「いや、実はアルミンとユミルもいる」

ミーナ「えっ、そうなの?」

ライナー「あぁ・・」

アニ「どんまいライナー」

ライナー「本当だよ・・・」

52: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 01:06:07 ID:5J3V8CgA
ライナー「本当だよ・・、あっ、そういえばエレン」

エレン「ん?」

ライナー「お前今年のクリスマスって何か予定とかあるのか?」

エレン「ん?いや今年はなんもないな、いつもはミカサとアルミンと過ごしてたけど2人とも用事があるみたいだし」

アニ「・・へぇ、そうなんだ」

53: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 01:07:53 ID:5J3V8CgA
エレン「お前らは?」

ライナー「ふっ、俺はクリスタとちょっとな」

ミーナ「私も少しね」

エレン「へぇ(あれ、じゃあアルミンはどうなったんだ?)」

アニ「・・私はエレンと同じ」

58: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 23:15:13 ID:5J3V8CgA
エレン「アニもか、仲間だな」ハハハ

アニ「・・だね」フフッ

ミーナ「およおよ、なんかいい感じ?」ニヤニヤ

アニ「なにが?」

ミーナ「またまた~、本当はわかってるくせに」ツンツン

アニ「なんのことだかわからないね」フイッ

59: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 23:37:49 ID:5J3V8CgA
キーンコーンカーンコーン

エレン「もうこんな時間か、お前らそこどいてくれ」

ミーナ「え~、仕方ないなぁ、ほらアニも」

アニ「・・・ケチ」ジィー

エレン「いや、俺に言われても」

60: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/10(火) 23:52:32 ID:5J3V8CgA
ガラッ

先生「おはよう」

<オハヨウゴザイマス

先生「欠席者はなしと」カキカキ

先生「今日は特に連絡といった連絡はないな、あっ、1つあった。今日の1限なんだが先生はこれから少し用事があってだな、よって1限は自習になる」

生徒1「おっしゃあ!」

先生「でも課題プリントはしっかりしてもらうからな、そして今喜んだやつにはそのプリントと先生がお仕置き用に作ったプリントをもう1枚与える」

生徒1「なん・・だと?」

<アハハハハ

61: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 00:31:22 ID:hU.u5uCQ
アニ「(1限は自習か、さっさとプリント終わらせて本でも読んでようかな)」

先生「それじゃそういうことだからしっかりな~、あっ、プリントここ置いておくから」バサッ 

エレン「自習か~、さっさと終わらせて本でも読むか」

アニ「(・・こいつも同じこと考えてた)」

62: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 00:48:32 ID:hU.u5uCQ
20分後

カキカキ

アニ「よし、終わった」

エレン「ん~・・・、わからねぇ」

<デサ~
<マジカヨ

アニ「(・・うるさい)」

チョンチョン

アニ「ん?」クルッ

エレン「・・なぁアニ、ここ教えてくれないか?」

63: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 01:07:52 ID:hU.u5uCQ
アニ「えっ、あぁいいよ」

エレン「助かる」

5分後

アニ「で、ここがこうなると」

エレン「なるほど・・・」カキカキ

アニ「本当にわかってる?」

エレン「わかってるよ」

65: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 01:19:46 ID:hU.u5uCQ
アニ「んで、それで終わり?」

エレン「あぁ、ここだけがわからなかったんだよ、アニのおかげで助かった、ありがとな」

アニ「いいよお礼なんて(あっ、そういえばあの件今聞いてみようかな)」

エレン「そうか?あっ、じゃあ昼休み何か飲み物奢るよ」

アニ「いいの?」

エレン「もちろん、何がいい?」

66: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 01:30:22 ID:hU.u5uCQ
アニ「じゃあ午前の紅茶、味はなんでもいいや、もちろんホットでね?」

エレン「おう、午前の紅茶だな」

アニ「それとさエレンもう1つ話があるんだけど」

エレン「ん?」

アニ「あのさ」

エレン「おう」

67: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 01:54:50 ID:hU.u5uCQ
アニ「・・その前に1回席変わらない?」

エレン「へ?」

アニ「・・私もストーブにあたりたいんだよ//」

エレン「あぁ、別にいいけど」スッ



エレン「んで、話ってなんだ?」

68: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 02:01:48 ID:hU.u5uCQ
アニ「あぁ・・、大声で言えないからちょい耳貸して」クイッ

エレン「ん」スッ

アニ「あのさ、あんたクリスマス1人って言ってたじゃん?」ヒソヒソ

エレン「あぁ」

69: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 02:07:38 ID:hU.u5uCQ
アニ「じゃあその・・、もしよかったらだけど私と過ごしてくれないかな?」

エレン「えっ、あ、アニと?」

アニ「・・うん」モジモジ

エレン「・・・俺なんかでいいのか?」

70: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 02:23:00 ID:hU.u5uCQ
アニ「いいから誘ってるんだよ、それにほかの人はみんな用事があってだめだし、私友達少ないし、今までクリスマスを友達と過ごしたり

したことがないからさ、今年は友達と過ごしてみたいなって・・」

エレン「そっか、俺もたまには違う人とクリスマス過ごしてみたいし、俺からもお願いするよ」

アニ「やった」ボソッ

アニ「じゃあ行くところとかは私が決めていい?」

エレン「任せる」

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/11(水) 02:24:34 ID:C/9dYmSQ
今日進撃中買いに行くか

72: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 02:27:57 ID:hU.u5uCQ
アニ「あっ、ちなみに何時くらいまで大丈夫?」

エレン「多分9時くらいだな」

アニ「りょーかい(それならどこかでイルミネーションみたりしたいな)」


アニ「大体のことが決まったらメールするから」

エレン「おっけー、じゃあ俺は少し寝るわ」グテー

76: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/11(水) 23:26:28 ID:hU.u5uCQ
アニ「(友達と過ごす初めてのクリスマス・・・、楽しみだな)」フフッ

エレン「・・zzz」



放課後

キーンコーンカーンコーン

先生「それじゃみんな気を付けて帰れよ!」ガラッ

エレン「ん~、やっと帰れる」

77: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 00:06:53 ID:PalXHAEQ
ヴヴヴ

エレン「アルミンからメールか」パカッ

--エレンへ 悪いけど今日はクリスタ達と帰ることになったから一緒に帰れない、それとミカサも家の用事で早く帰らなきゃいけないから一緒に帰れないらしい。

ごめんね

エレン「まじか、じゃあ今日は1人で帰るかな」トホホ

78: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 00:11:19 ID:PalXHAEQ
アニ「どうしたの?」

エレン「あぁ、今日はアルミンもミカサも用事があるから一緒に帰れないんだとさ」

アニ「ふーん」チョンチョン

アニ「ん?」

ミーナ「ねぇアニ」

79: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 00:13:41 ID:PalXHAEQ
アニ「なに?」

ミーナ「ごめん!今日私目医者いかなくちゃいけなくてさ、一緒に帰れない!」

アニ「えっ、あぁそうなんだ」

ミーナ「うん、明日は一緒に帰ろうね!それじゃ!」タッタッタ

80: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 00:18:56 ID:PalXHAEQ
エレン「お前も1人だな」

アニ「・・そうみたいだね」

エレン「じゃあ1人者同士今日は一緒に帰らないか?家まで送って行くし」

アニ「いいの?ん~、じゃあお願い」

エレン「よしきた、んじゃさっそく行こうぜ」

81: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 00:25:57 ID:PalXHAEQ
-
--
---

エレン「そういえばアニの家って学校から近いのか?」

アニ「いや15分くらいかな」

エレン「結構近いんだな」

アニ「まあね」

<アッ、ソウイエバサ

コソッ

ベルトルト「(・・・なんだこの状況は)」

82: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 00:43:03 ID:PalXHAEQ
ベルトルト「(せっかくクリスマスにアニを誘うために一緒に帰ろうと思ったのになんでエレンと!?帰る方向違うよねエレン!)」

ベルトルト「(まあいい、エレンが帰ったらすぐにアニを誘って・・・)」

アニ「そういえばさ、エレンのほうこそよかったの?」

エレン「何が?」

アニ「いや、クリスマスに私なんかと過ごすなんて・・」

エレン「私なんかととか言うなよ、俺もアニと過ごしてみたからいいって言ったんだし、俺アニのこと結構好きだしな」ハハハ


ベルトルト「()」

アニ「えっ!//」ドキッ

83: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 00:49:22 ID:PalXHAEQ
ベルトルト「(あー、疲れてるな僕、今日は裏道から帰ってまた明日アニを誘おう)」

エレン「だからクリスマス結構楽しみだぞ」

アニ「そ、そっか」ヘヘヘ

エレン「あとアニさ」

アニ「うん?」

84: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 01:05:55 ID:PalXHAEQ
エレン「アニって授業中周りがうるさいときとかさ、ものすごい怖い顔してるからあれやめたほうがいいぞ」

アニ「・・・はい?」カチン

エレン「アニの怒った顔本当に怖いからな、いつもは結構美人さんなのに」ハハハ


アニ「・・怖くて悪かったね」フイッ


エレン「・・・もしかして怒った?」

アニ「全然」スタスタ

85: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 01:15:42 ID:PalXHAEQ
エレン「ご、ごめんってアニ!少し歩くスピード下げてくれ!」スタスタ

アニ「いつもこのくらいだから」スタスタ

エレン「(うっ・・、どうすればいいんだこれ)」

アニ「・・・」スタスタ


エレン「ちょ、ちょっと待って」

86: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 01:20:22 ID:PalXHAEQ
スタスタ

アニ「・・ここの商店街通るから」

エレン「は、はい」

エレン「(やばい、あれ以降全然話してくれない)」

エレン「何か・・、おっ、あれはたい焼き屋!」

エレン「ちょいストップアニ」

87: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 01:22:31 ID:PalXHAEQ
ピタッ

アニ「・・何?」

エレン「少しでいいからここで待っててくれ」タッタッタ


2分後

タッタッタ

エレン「お待たせ」ハァハァ

88: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 01:35:36 ID:PalXHAEQ
エレン「こ、これ」ガサガサ スッ

アニ「たい焼き?」

エレン「あぁ、さっきは本当に悪かった。これで許してもらえないか?」

アニ「・・1個だけ?」

エレン「えっ?」


アニ「1個だけしかくれないの?」

89: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 01:43:52 ID:PalXHAEQ
エレン「あ、あぁ、んじゃあ俺のもやるよ」スッ

アニ「じゃあ許してあげようかな」パクパク

アニ「ん!おいし」パクパク

エレン「もう1個食べ終わっちまったよ」ハハハ・・

エレン「(はぁ、俺も食いたかった)」

94: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/12(木) 23:53:54 ID:PalXHAEQ
アニ「・・・」パカッ

アニ「ん」スッ

エレン「えっ?」

アニ「ん!」

エレン「・・もしかして分けてくれるのか?」

アニ「そうだよ、しっぽのところは私が食べるけどね」

エレン「おぉ!さんきゅー!」パクッ モグモグ

エレン「うっま!」

95: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/13(金) 00:01:31 ID:BjxXOamk
-
--
---

スタスタ

アニ「あっ」

エレン「ん?」

アニ「私の家着いた」

エレン「おっ、ここか」

アニ「そっ、上がってお茶でも飲んでく?」

96: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/13(金) 00:22:19 ID:BjxXOamk
エレン「ん~、今日は遠慮しておくわ、母さんも父さんも帰りが遅いから家にいなくちゃいけないし」

アニ「そうなんだ、夕食はどうするの?」

エレン「ご飯は炊いてあると思うんだけどな、もしなければ適当に野菜炒めでも作るさ」

アニ「そっか、あっ!ちょっと待ってて」ガチャ

ドタドタドタ

97: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/13(金) 00:30:11 ID:BjxXOamk
5分後

ガチャ

アニ「おまたせ、はいこれ」ガサッ

エレン「なんだこれ?」

アニ「鳥のから揚げと鳥の天ぷらにがぼちゃの煮物、もしよかったら晩御飯のおかずにして」

エレン「いいのか?」

アニ「昨日の晩御飯の残りだしいいよ、まだまだたくさんあるし」

98: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/13(金) 00:36:12 ID:BjxXOamk
エレン「うわ~、まじで助かるなこれは」

アニ「ちなみに作ったの私だよ」

エレン「えっ、まじで?」

アニ「うん」

エレン「そりゃ楽しみだ、食べ終わったらメールで感想送るよ」

アニ「楽しみにしてるよ」フフッ

99: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/13(金) 00:39:31 ID:BjxXOamk
エレン「・・・」

アニ「・・・」

エレン「・・んじゃ俺そろそろ帰るわ」

アニ「ん、送ってくれてありがとね」

エレン「あぁ、・・あとさ」

アニ「うん?」

100: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/13(金) 01:08:55 ID:BjxXOamk
エレン「・・・顔が怖いとか言って本当に悪かったな、軽率だったよごめん」ペコッ

アニ「いいよそんなこと、本当に気にしてないしさ、・・というかこんなところ誰かに見られたら誤解されるし顔あげてよ」

エレン「許してくれるのか、よかった~」

アニ「まっ、学校で席も隣だしクリスマスも一緒に過ごす相手と仲悪くなるのは嫌だしね」

エレン「それは俺も同感だ、んじゃもう行くよ」

アニ「また明日ね」

エレン「あぁ、また明日」

スタスタスタ

105: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 00:33:26 ID:V75FfdWo
アニ「あっ、夜ご飯家で食べて行くように言えばよかったかも・・、まあいいか、それよりクリスマスの日程考えなきゃ」

ガチャ

アニ「ただいま」


その夜

エレン「あ~、いいお湯だった」ワシャワシャ


エレン「さて、風呂に入ってさっぱりしたし飯の支度でもするかな」

ピンポーン

エレン「ん?誰だろこんな時間に?・・もしかして泥棒か?」ソーッ

ドンドン

アルミン「おーい、エレン~!」

106: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 00:40:03 ID:V75FfdWo
エレン「ってアルミンかよ!」スタスタ ガチャ

アルミン「あっ、いたんだねエレン、携帯にも出ないから家にいないのかと思ったよ」


エレン「あぁ、すまん今風呂入ってたんだ」

ミカサ「なら体を冷やす前に中に入るべき」ヌッ


エレン「うおっ!・・ミカサもいたのかよ、ドアの後ろからでてくるんじゃねえ」

ミカサ「それは謝る」

107: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 00:48:56 ID:V75FfdWo
エレン「というかそもそもなんでお前ら俺の家に?」

ミカサ「今日カルラさんとグリシャさん帰りが遅いんでしょ?」

エレン「そうだけど」

アルミン「だからエレンが食事に困ってるかと思って差し入れ持ってきたんだ」

ミカサ「私もお母さんがおにぎり持っていけって」ガサッ

エレン「まじか、助かるぜ2人とも!今夜は豪華な夕食になるな!よかったら2人とも一緒に食べようぜ」

108: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 00:54:32 ID:V75FfdWo
ミカサ「実は最初からそのつもり」グー

エレン「ははっ、それじゃそんなところにいないで早く上がれよ2人とも」

ミカサ「うん、お邪魔します」

アルミン「お邪魔します」

109: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 01:04:35 ID:V75FfdWo
10分後

アルミン「エレン、ご飯の量これくらいでいい?」

エレン「あぁ、アルミンウーロン茶と緑茶どっちがいい?」

アルミン「じゃあ緑茶で」

エレン「わかった、ミカサは?」


ミカサ「私も緑茶で」

エレン「あいよ」

110: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 01:11:56 ID:V75FfdWo
ミカサ「エレン、温めたやつ並べて置いた」

エレン「お疲れさん、じゃあミカサは座っててくれ、あとは飲み物とご飯運ぶだけだから」

ミカサ「わかった」

アルミン「はいミカサご飯」コトッ


ミカサ「ありがと」

アルミン「エレンのも置いておくよ」

エレン「おう、後は俺だけか」カチャ

111: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 01:15:01 ID:V75FfdWo

スタスタ

エレン「待たせたな」コトッ 

アルミン「よし、みんな座ったし食べよっか」

エレン「そうだな、んじゃいただきます!」


アル・ミカ「いただきます」

112: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 01:19:19 ID:V75FfdWo
アルミン「そういえばエレン」

エレン「ん?」

アルミン「この鳥のから揚げと天ぷらとかぼちゃの煮物ってエレンが作ったの?」

エレン「いや違う、アニからもらった」

ミカサ「!?」ガタッ

アルミン「えっ!・・アニから?」

113: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 01:23:06 ID:V75FfdWo
エレン「そっ」パクッ

エレン「おぉ!この煮物美味しい!」

ミカサ「ちょ、ちょっと待ったエレン」ガシッ ギリギリ

エレン「なんだよ、てか痛い!痛いから!」


ミカサ「あっ、ご、ごめんなさい・・、それよりなんでアニからこんなのもらったの?」

エレン「それは話すと長くなるぞ」

ミカサ「構わない」

114: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 01:30:27 ID:V75FfdWo
エレン「いやでもアルミンが・・・」


アルミン「僕も全然かまわないよ!」ワクワク


エレン「そっか、じゃあ話すけどその代りアルミンも今日どうだったのか話せよなクリスタと帰ったんだろ?」

アルミン「・・・あぁ、帰ったね」ハハ


エレン「(あれ、なんかいきなりテンション下がった)」

116: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 01:54:03 ID:V75FfdWo
アルミン「いいよ話してあげる・・・」

エレン「そ、そうか、じゃあ俺から・・・」

15分後

エレン「・・・ってな感じだな」

ミカサ「そうなんだ、やましいことは特にないと」

エレン「お礼みたいなもんだろ(クリスマス1人で過ごすって言った手前こいつらにアニと過ごすなんて言えないな)」

ミカサ「ならいい」

エレン「んでアルミンは?」

120: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 22:45:27 ID:V75FfdWo
アルミン「あぁ・・、とりあえずクリスタと一緒に帰ることには帰ったんだけどユミルとライナーもいてね、結局クリスマスはその4人で一緒に過ごすことになったんだ・・。

僕はクリスタと2人で過ごしたかったのに・・・」

エレン「・・それはどんまいだな」

ミカサ「なら初詣にも誘ってみれば?」

アルミン「初詣か、・・うんそうだね一応聞いてみるよ、ありがとうミカサ」


ミカサ「うん、だからエレンは私と2人で行こう」

エレン「まあアルミンがいないんじゃそうするしかないよな」

121: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 22:51:22 ID:V75FfdWo
ミカサ「よしっ」グッ

アルミン「でもも何とかクリスタと2人きりになる状況を作れたらな・・、どうしたらいいと思う?」

エレン「う~ん、悪いがユミルがいる限りどうしようにもそんなことはできないと思う」

アルミン「ですよね」

エレン「でもあきらめたらそこで終わりだぞ」パクッ

エレン「うおっ、このから揚げめちゃくちゃうまい」パクパク

アルミン「アニが作ったやつか、僕も食べてみようかな」パクッ

122: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 22:56:03 ID:V75FfdWo
アルミン「うわっ!なにこれすごい美味しい!」パクパク

ミカサ「そ、そんなになの2人とも?」

エレン「あぁ!ミカサも食べてみろよ!」

ミカサ「・・じゃあ1つ」パクッ

ミカサ「!」

ミカサ「・・悔しいけど美味しい(くっ・・、私も明日からお母さんが料理する時お手伝いしよう)」パクパク

123: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 23:07:53 ID:V75FfdWo
エレン「これなら毎日食べても飽きないな、アニと結婚すればこれが毎日食べられるのか・・・」

ミカサ「!?」

エレン「なんてな」ハハハ

ミカサ「(・・・早くこれより美味しい料理を作れるようにならないと)」ゴゴゴゴ

アルミン「(頑張れミカサ)」モグモグ

124: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 23:14:35 ID:V75FfdWo
-
--
---

エレ・ミカ・アル「ごちそうさまでした」

エレン「いや~、食った食った。アルミンが持ってきてくれた酢豚もうまかったな」

アルミン「ははっ、お母さんが喜ぶよ」

エレン「ミカサのおにぎりもうまかったぞ」

ミカサ「ありがと」

エレン「んでお前ら今日は何時まで家にいるんだ?」

125: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 23:20:42 ID:V75FfdWo
ミカサ「泊まっていく」

アルミン「僕も」ドサッ

エレン「・・・はい?」

ミカサ「だから泊まって行く」

エレン「お前らそれ本気で言ってんのか?」

アルミン「もちろんだよ、大丈夫カルラさんとグリシャさんに許可はもらってるし僕たちの親も知ってるから」

ミカサ「それに着替えも持ってきている。し、下着とかも・・・//」テレテレ

エレン「恥ずかしがるなら言うんじゃねえよ!」

126: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 23:37:50 ID:V75FfdWo
エレン「つか寝る時はどうするんだよ、俺とアルミンはまだしもミカサは女子だし・・・」

ミカサ「昔みたいにエレンが真ん中になって川の字になって寝ればいいと思う//」

エレン「お客さん用の布団2組しかないのにそれは無理だ」

アルミン「じゃあエレンとミカサが一緒の布団・・」

エレン「それはおかしい、わかったミカサ」

ミカサ「うん?」

127: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 23:46:13 ID:V75FfdWo
エレン「お前は俺が使ってるベッドで寝ろ、俺とアルミンはその下に布団敷いて寝るから」

ミカサ「(エレンのベッド・・・)」

ミカサ「了解した」b

エレン「おう、お前ら風呂は入ってきたのか?」

ミカサ「まだ」

アルミン「僕も」

エレン「・・・はぁ、じゃあさっさと入ってこい、ぬるかったらお湯付け足していいから」

ミカサ「どっちから行く?」

アルミン「ミカサ先にいいよ」

128: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/14(土) 23:52:47 ID:V75FfdWo
ミカサ「ありがと、バスタオル借りていい?」

エレン「好きにしてくれ、じゃあ俺は布団敷いてくるからアルミンはテレビでも見ててくれ」

アルミン「わかった、その前にお皿水につけておくね」

エレン「助かる」

130: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 00:07:40 ID:z7uvHKL2
ガチャ

10分後

ガチャ

エレン「あ~、疲れた」

アルミン「お疲れ様」

エレン「何か面白いテレビやってるか?」

アルミン「うん、今日はなかなか面白いやつが多いよ」

エレン「そりゃよかった、なんかお菓子でも食べるか?」

アルミン「さっきご飯食べたばっかだよ?」

131: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 00:22:24 ID:z7uvHKL2
エレン「いいじゃんいいじゃん、この前コンビニ限定のやわ揚げポテチのわさび味買ってきたからそれ食べようぜ」

アルミン「あっ、あれ美味しいよね、でも僕達だけで食べるのは・・」

エレン「それもそうか、じゃあアルミンが風呂から上がったらだな」

アルミン「だね」

132: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 00:30:53 ID:z7uvHKL2
20分後

ガチャ

ミカサ「お待たせアルミン」

アルミン「おかえり、じゃあ行ってくるよ」

エレン「おう」

ガチャ

ミカサ「エレン、何か冷たい飲み物もらえる?」

エレン「ん?のぼせでもしたか?」

ミカサ「うん」ポカポカ

133: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 00:45:15 ID:z7uvHKL2
エレン「そんなになるまで入るなよな・・、今冷水持って行くから座ってろ」

ミカサ「ありがと」ボスッ

ジャー

エレン「そういえば前にもこんなことあったよな」

ミカサ「うん・・、昔2人でお風呂入った時に私がのぼせちゃってエレンがお母さん達のところまで運んでくれたっけ」

エレン「あぁ(そういえば思い返すと昔はミカサとよく風呂入ってたんだよな俺・・、今じゃとてもできんな)」

コトッ

エレン「それ水だ」

ミカサ「ありがと」ゴクッ

134: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 01:04:20 ID:z7uvHKL2
ミカサ「ふぅ・・」

エレン「ふあ~」

ミカサ「眠いの?」

エレン「少しな、今日は早めに寝ようぜ」

ミカサ「そうね」

エレン「明日も学校あるしな」

ミカサ「えっ?明日は創立記念日で学校休みのはずだけど」

エレン「あっ!そういえばそうだった」

135: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 01:15:54 ID:z7uvHKL2
エレン「(アニにまた明日とか言ったけど明日は学校ないんだった。メールめんどくさいし電話するか)」

エレン「ちょっとトイレ行ってくるわ」

ミカサ「ん」

ガチャ スタスタ


エレン「えっとアニの電話番後は」ピッ

プルルル ガチャ

139: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 23:27:08 ID:z7uvHKL2
アニ『もしもし?』

エレン「あっ、エレンだけど」

アニ『知ってる。どうしたの?』

エレン「えっとさ・・・、あっ、その前にアニが作った料理めちゃくちゃうまかったぞ!」

アニ『そう?よかった』

エレン「また今度よかったら何か作ってくれよ」

アニ『うん(次はお菓子でも作ってやろうかな)』フフッ

エレン「それで話し戻すけどさ、そういえば明日って創立記念日だから学校休みじゃん?」

アニ『・・・あぁ、そういえば』

140: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 23:36:37 ID:z7uvHKL2
エレン「だからタッパー返すの次学校に行ったときでもいいか?」

アニ『いいよ別に、なくても困るもんじゃないし』

エレン「そうか、まあもし早いほうがよかったら明日の午後にでも返しに行くぞ」

アニ『えっ、明日これるの?』

エレン「あぁ、暇だしなもしかしたらミカサとアルミンがついていくかも・・・」

アニ『・・・なんで?』

141: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 23:46:19 ID:z7uvHKL2
エレン「いや、今俺の家泊まり来てるし」

アニ『2人とも?』

エレン「そう」

アニ『アルミンならまだしもなんでミカサ?』

エレン「さぁ、ただ昔はよく泊まり行ったり来たりしてたしな、久しぶりに泊まりたかったんじゃないのか?」

アニ『そうなんだ(・・いいなそういうの)』

142: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/15(日) 23:51:58 ID:z7uvHKL2
エレン「まあとりあえずまた明日電話するわ」

アニ『わかった』

エレン「じゃあまたな、おやすみ」

アニ『うん、おやすみ』 ガチャ

プーップーッ


エレン「これでよし」

スタスタ ガチャ

エレン「遅くなった」

143: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:03:09 ID:We7l/yp6
ミカサ「おかえり、ねぇエレン」

エレン「ん?」

ミカサ「暇」

エレン「そっか、なんかゲームでもするか?」

144: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:12:03 ID:We7l/yp6
ミカサ「ううん、隣に来て一緒にテレビ見てくれるだけ出ていい」

エレン「それだけでいいのか?」

ミカサ「うん」

エレン「まあお前がいいならそれでいいけど」スッ

エレン「チャンネル変えていいか?」

ミカサ「エレンの好きにして」

145: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:17:28 ID:We7l/yp6
エレン「じゃあ遠慮なく」ピッ ピッ

ミカサ「♪」

10分後


ガチャ

アルミン「あ~、いいお湯だった」

ミカサ「眠い・・」トン

エレン「寄りかかってくるなって、寝たいなら俺の部屋に行け」グググッ

アルミン「・・・またずいぶん仲のいいことで」バタン

エレン「おっ、おかえりアルミン」

146: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:24:12 ID:We7l/yp6
アルミン「ただいま、どうしたのミカサ?」

エレン「いや、眠いんだとさ」

アルミン「もう?まだ9時半なのに」

エレン「だよな、でも俺も少し眠いな」フア~

アルミン「エレンも?ん~、じゃあ今日はもう寝る?」

147: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:27:31 ID:We7l/yp6
ミカサ「私はそうしたい」

エレン「俺はどっちでもいいや、もう少し耐えられそうだし、アルミンは?」

アルミン「なんか2人が眠いって言ってるの聞いたら僕まで眠くなってきちゃったから僕も寝るのに1票、それに早寝早起きは大事だしね」

エレン「おっ、さすが優等生」

アルミン「よしてよ」ハハハ

エレン「ってことで寝ることになったけどミカサ歩けるか?」

148: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:41:23 ID:We7l/yp6
ミカサ「うん」

エレン「そうか、じゃあちょっと俺トイレ行ってから行くわ」ガチャ バタン


-
--
---

ガチャ

エレン「よし寝るか~」

アルミン「そうだね、にしてもここで寝るの懐かしいな~」

エレン「昔はことあるごとにお前ら泊まり来てたもんな」ハハハ

アルミン「1か月に2回は泊まり来てた気がするよ、ねぇミカサ?」

ミカサ「・・・」


アルミン「ミカサ?」

ミカサ「・・・zzz」

エレン「なんだもう寝ちゃったのか」

149: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:48:30 ID:We7l/yp6
アルミン「起こさないように少し小声で話す?」

エレン「そうだな、その前に電気豆電にするわ」

アルミン「そうだね」

カチッカチッ

アルミン「そういえばエレンってさ」

エレン「ん?」

アルミン「好きな人とかいないの?」

150: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 00:54:46 ID:We7l/yp6
エレン「好きな人?」

アルミン「最初に言っておくけど友達とかじゃなくて恋愛って意味でね?」

エレン「あぁ、う~ん今のところはいないかな、アルミンはクリスタだろ?」

アルミン「うん」

エレン「いつから好きになったんだ?」

151: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 01:15:22 ID:We7l/yp6
アルミン「中3の時かな、あの時僕エレンとミカサと違うクラスになったじゃん?」

エレン「なったなった、確かクラスにクリスタとコニーがいたんだっけ?」

アルミン「そうそう、それでその時僕クラス委員になっちゃってさ、毎日先生に課題出しに行ったりプリントもらいに行ったりしてたんだよ、しかもこれが結構大変でさ」

エレン「へぇ、そういえばそんなこと言ってたな」

アルミン「それでクラス委員になってから1週間くらいたったときにさ、クリスタに声をかけられたんだ」

エレン「うんうん」

アルミン「「アルミンいつも1人で大変そうだね、よかったら手伝おうか?」ってさ」

エレン「さすがクリスタ、優しいな」

152: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 01:23:23 ID:We7l/yp6
アルミン「でしょ?それでその時「いや、いつも1人でしてるし大丈夫だよ」って言ったんだけどさ、クリスタは「強がり言わないの!いつもアルミンが大変そうにしてるの私みてるよ?いいから半分かして!」って

言って僕の手元にあったプリントを半分くらい取ったんだよ」

エレン「ほうほう」

アルミン「それでそれから毎日クリスタがプリント運んだり課題回収するの手伝ってくれてさ、それでだんだんクリスタのこと好きになって行ったんだ~」

エレン「そんな優しくされたら俺でも好きになる自信あるわ」

アルミン「やめてよ、ただでさえライバルが多いのに・・」

エレン「冗談だって、応援してるぞアルミン」

アルミン「ありがと、じゃあ話変わるけどさエレンが友達で一番好きなのは誰?」

153: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 01:39:00 ID:We7l/yp6
エレン「そりゃアルミンとミカサだろ」キッパリ

アルミン「速攻だね、・・ちなみに理由も教えてくれるかな?」

エレン「あぁ、アルミンとミカサは小さいころからずっと一緒にいたしな、それに幼稚園の時なんかはいつもふてぶてしくしてて友達のいなかった俺と

いつも一緒にいてくれたし、小学生になって時々喧嘩とかはしたけどそれでもいつも俺と一緒にいてくれたじゃんか」

エレン「中学生になってからは仲のいい友達や先輩も増えたけど、それでも帰るときはいつも3人、俺が風邪を引いたときなんかはいつも真っ先になってお見舞いに来てくれた」

アルミン「ミカサなんて学校休んでエレンのお見舞いに行ってたよね確か」フフッ

エレン「あったあった、あの後なぜか俺も一緒に先生に謝りに行ったんだよな」ハハハ

154: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 01:48:42 ID:We7l/yp6
エレン「そして高校生になったけど結局今でも3人で帰るし、何かをするとなるといつもミカサとアルミンがいる」

エレン「正直お前らがいなかったら今の俺なんていないようなもんだし、本当に何かあった時に相談できるのも今のところ

ミカサとアルミンだけだ」

アルミン「それは僕も一緒だよ」フフッ

エレン「だから一番好きな人なんて聞かれたらミカサとアルミン以外答える人なんてでてこねぇよ」ニッ

アルミン「エレン・・、僕から聞いたことだけどなんか恥ずかしいな//僕はクリスタが好きだけどエレンとミカサも大好きだよ」ニッ

155: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 01:50:59 ID:We7l/yp6
エレン「あぁ、・・なんかたまにはこういう話をするものいいな」

アルミン「だね」


ミカサ「(・・エレン、アルミン、私も2人のこと大好きだよ)」フフッ

160: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 22:37:40 ID:We7l/yp6
次の日

エレン「・・・う~ん」モゾモゾ

エレン「寒っ!」バサッ

エレン「今何時だ?・・・ってまだ7時になったばかりかよ、それでも結構寝たな」

161: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 22:40:27 ID:We7l/yp6
ミカサ「・・zzz」

アルミン「・・zzz」

エレン「2人ともまだ寝てるし暖房つけておくか」ピッ

エレン「俺ももう一眠りしよっと」ゴロン

162: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 22:47:09 ID:We7l/yp6
5分後

エレン「・・・だめだ全然寝れない」

エレン「たまには早起きしてみるか、2人を起こさないようにそっとリビングに行こう」ソーッ



ガチャ

エレン「そういえば母さんと父さん結局いつ帰ってくるんだ?携帯に連絡は・・、来てるな」カチッ

163: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 22:51:36 ID:We7l/yp6
カルラ

エレンへ

私とお父さんミカサの家に泊まって行くことにしたから朝ごはんは3人で力を合わせて何か作ってください。


エレン「・・・ミカサの家に泊まり行ってるのかよ」ハァ

エレン「早起きしちまったし朝ごはん作ってようかな」

164: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 22:58:53 ID:We7l/yp6
ガチャ

エレン「ん?」

ミカサ「・・おはよう」ボーッ

エレン「おはよう、なんだもう起きたのか?」

ミカサ「エレンこそ」フア~

エレン「なんか目が覚めちゃってな、アルミンは?」

165: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 23:01:51 ID:We7l/yp6
ミカサ「まだぐっすり眠ってる」

エレン「そっか、今から朝ごはん作ろうと思ってたんだけどよかったら手伝ってくれないか?」

ミカサ「喜んで、何を作るの?」

エレン「ん~、朝なんだしスクランブルエッグとかでいいんじゃね?」

166: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 23:05:55 ID:We7l/yp6
ミカサ「そうね、あとはツナサラダとか味噌汁?」

エレン「いいな、あっ、あと確かホッケがあったから焼くか」

ミカサ「うん、じゃあ味噌汁とサラダはエレンに任せてもいい?」

エレン「おう、あとのは頼むぞ」

ミカサ「任せて」

167: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 23:16:09 ID:We7l/yp6
-
--
---


アルミン「う~ん」ムクッ

アルミン「あ~、よく寝たよく寝た」ゴシゴシ

アルミン「・・あれ?エレンとミカサがいない?」

168: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 23:23:06 ID:We7l/yp6
ジュージュー

ミカサ「これのくらいかな?」

グツグツ

エレン「味噌汁もこれで完成と」

ガチャ

アルミン「ここにいたんだね2人とも」


エレン「おっ、アルミン」

169: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/16(月) 23:25:34 ID:We7l/yp6
アルミン「おはよう2人とも」

ミカサ「おはよう」

エレン「おはよ、もう飯できるぞ」

アルミン「2人とも朝ごはん作ってたんだ。通りでいい匂いがするわけだよ」

エレン「ははっ、悪いけどご飯よそってくれないか?」

アルミン「いいよ、何もしないってわけにもいかないし」

170: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/17(火) 01:37:56 ID:9X65wc5s
エレン「さんきゅー」

アルミン「にしてもここからエレンとミカサを見てるとまるで夫婦みたいに見えるよ」ハハハ

ミカサ「ふ、夫婦・・//」

エレン「はいはい、いいから早くご飯をよそってくれ」


アルミン「ごめんごめん」

171: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/17(火) 23:32:43 ID:9X65wc5s
5分後

エレ・アル・ミカ「いただきます」

20分後

エレ・アル・ミカ「ごちそうさまでした」

エレン「ふ~、うまかったな!」

ミカサ「うん、アニのと比べると味は落ちるけど・・」

172: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/17(火) 23:38:12 ID:9X65wc5s
エレン「どうやってもあそこまでたどりつける気がしない」

アルミン「ははっ、そういえば今日2人とも何か予定はあるの?」

ミカサ「私はちょっとサシャとミーナと出かけてくる」

エレン「珍しい組み合わせだな、何しに行くんだ?」

ミカサ「24日のプレゼントを選びに」

173: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/17(火) 23:43:40 ID:9X65wc5s
エレン「24日?」

アルミン「僕達3人でプレゼント交換しようって言ったじゃないか」ハァ

エレン「あっ、そういえばそうだったな!」

アルミン「なんで忘れてるのさ」

エレン「じゃあアルミン一緒になにか探しに行こうぜ」

アルミン「だめだよ、何買ったかわかっちゃうじゃん」

エレン「そうか」

174: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/17(火) 23:48:27 ID:9X65wc5s
アルミン「そうだよ(待てよ?2人へのプレゼント何にしたらいいかクリスタに聞いてみようかな?まだ日数

あるし今度学校行ったら相談してみよ)」


エレン「うーん(俺もプレゼントどれにするか見に行くか、ついでにアニの家にタッパー返しいくか)」

数時間後


ミカサ「久しぶりにエレンの家に泊まれて楽しかった。また学校で」

エレン「おう」

アルミン「僕もだよ、じゃあまたねエレン」

エレン「あぁ、またな」

バタン

175: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/17(火) 23:58:56 ID:9X65wc5s
エレン「さて、アニにはメールしておいたし1時になったら俺も家でるか」

エレン「それまでテレビでも見てよっと」ピッ



<ワハハハハ

エレン「・・・ふあ~」

176: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/18(水) 00:02:52 ID:JbQTcpmg
エレン「面白いのしてないし消すか」ピッ


エレン「ちょっとだけ横になるかな」ゴロン


エレン「・・う~ん」

2分後

エレン「・・・zzz」

177: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/18(水) 00:08:21 ID:JbQTcpmg
-
--
---
----

ピンポーン ピンポーン

エレン「・・・・zzz」


ピンポーン

エレン「・・・zz」

ピンポーンピンポーン


エレン「・・・・んん?」


ピンポーン


エレン「・・お客さんか?」ムクッ

182: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/19(木) 22:54:48 ID:YJxF1Tw6
エレン「はーい」ガチャ

アニ「・・・」

エレン「・・・・えっと、アニ?」

アニ「見ればわかるでしょ?」

エレン「あ、あぁ、なんで俺の家に?」

183: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/19(木) 22:59:11 ID:YJxF1Tw6
アニ「あんたさ、1時30分ごろになったら私の家にくるって行ってたじゃん?」

エレン「そうだな」

アニ「今何時かわかる?」

エレン「いや、わからないけどもしかして・・・」

アニ「そのもしかしてだよ、もう2時半なんだけど」パカッ

エレン「あっ・・・」


アニ「どういうことか説明して」

エレン「はい・・」

184: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/19(木) 23:47:07 ID:YJxF1Tw6
-
--
---

エレン「・・・てなわけでして」

アニ「ってことはあんた今まで寝てたの?」

エレン「イエス」

アニ「・・・はぁ、そっちから言ってきたのにまさか寝過ごしてたなんてね」ギロッ

エレン「・・すみません」

185: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 00:05:31 ID:0jWYXaEk
アニ「まぁいいや、許してあげる」

エレン「本当か!」

アニ「怒ってもいいことないしね、でももしクリスマスの日にこんなことがあったら・・・」

エレン「しょ、承知しています」

アニ「ならもういいや」

エレン「それにしてもなんで俺の家知ってたんだ?」

アニ「あぁ、アルミンから聞いたんだ」

エレン「そうだったのか」

186: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 00:25:02 ID:0jWYXaEk
アニ「それで貸したタッパーとかは?」

エレン「あぁ、洗ってちゃんと保管してあるぞ」

アニ「そっ、ならいいけど」

エレン「というかアニこの後暇か?」

アニ「えっ、・・暇だけどなんで?」

187: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 00:32:03 ID:0jWYXaEk
エレン「クリスマスイブにアルミンとミカサに何かプレゼント渡そうと思ってるんだけど、もしよければ選ぶの一緒に手伝ってくれないか?」

アニ「あぁ、別にいいけど」

エレン「さんきゅー!あっ、クリスマスの日にはアニにも何かプレゼントするからな!」


アニ「・・いいの?」

エレン「もちろんだろ、楽しみにしててくれ」ハハハ

アニ「う、うん!(エレンからプレゼント・・、なにくれるのかな)」ワクワク

アニ「あっ、なら私も何かプレゼントするよ」

188: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 00:37:01 ID:0jWYXaEk
エレン「おっ、楽しみにしてる」

アニ「ん(とは言ったもののクリスマスまでそんなに時間はないよね、できれば手作りの何かをあげたい)」

エレン「じゃあそろそろ出かけるか、時間も時間だし」

アニ「そうだね、誰かさんのせいで」フフッ

エレン「うぐっ・・」

189: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 00:53:45 ID:0jWYXaEk
アニ「それよりどこに行くの?」

エレン「そうだな・・、この前アニ送り行ったときに通った商店街でいい店とかないか?」

アニ「う~ん、雑貨店とかちらほらあるけどあんまり寄ったことないしわからない」

エレン「そっか、まあ試しに行ってみるかここら辺大きいショッピングセンターとかないしな」

アニ「だね、行けるとしても次の電車確か3時半だし」

191: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 01:18:13 ID:0jWYXaEk
エレン「んじゃ決まりだな」

-
--
---

スタスタスタ

エレン「にしても平日だってのに結構人いるな」

アニ「そうだろうね、主婦とか晩御飯の買い物に来る時間だろうし」

エレン「そっか、とりあえずは雑貨店を適当に見て回るか」


アニ「ん」

192: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 01:37:53 ID:0jWYXaEk
1時間半後

アニ「商店街にある雑貨店は全部見たけどいいのはあった?」

エレン「あぁ、一応2店目のところで買おうかなと持ってる」

アニ「結構大きかったし割となんでもあったもんね」

エレン「そうそう」

アニ「それで何買うの?」

193: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 01:43:36 ID:0jWYXaEk
エレン「目に優しい電気スタンドってやつ、アルミンのはそれにしようかなって」

アニ「なんでそれ?」

エレン「アルミンって結構夜更かしして本とか読むことが多いらしくてさ、よく目が疲れるって言ってたしそれがいいかなって」

アニ「なるほどね、ミカサは?」

エレン「それはもうすでに決めてある」

アニ「何か聞いてもいい?」

エレン「マフラーだ」

199: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 23:35:18 ID:0jWYXaEk
アニ「マフラーか、いいじゃん」

エレン「だろ?まあ2年に1回はマフラープレゼントしてるんだけどさ」


アニ「へぇ、ってことはもしかして中学の時からミカサがつけてたマフラーって全部エレンがプレゼントしたやつなの?」

エレン「まあそうだな」

アニ「初めて知ったよ」

200: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 23:41:39 ID:0jWYXaEk
エレン「まあそうだろうな、つか俺もマフラー買おうかな、去年まで使ってたの結構ボロボロだったはずだし」

アニ「ふーん、・・よし決めた」

エレン「ん?何をだ?」


アニ「エレンへのプレゼントマフラーにする」

エレン「えっ・・・、まさかのネタバレ?」

アニ「そうだね」


エレン「何貰えるか楽しみにしてたのにそんなのないぜ・・・」ハァ

201: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 23:44:55 ID:0jWYXaEk
アニ「あっ、ごめんごめん、でも多分きっと驚くと思うよ」

エレン「・・・爆弾でもセットでくれるのか?」

アニ「本当にそうしてあげようか?」ニッコリ

エレン「嘘ですごめんなさい」

アニ「まあ楽しみにしててよ」

エレン「あぁ」

202: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 23:54:37 ID:0jWYXaEk
アニ「(さっそく今日帰ってからとりかかろうかな)」

エレン「とりあえずプレゼント買いに行ってもいいか?」

アニ「そうだね(確か雑貨屋の近くに毛糸とかあるお店あったし、エレンがそこに行ってる間に毛糸とか買ってこよ)」


スタスタスタ


エレン「着いた着いた」

203: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/20(金) 23:59:35 ID:0jWYXaEk
アニ「ちょっとエレン」ツンツン

エレン「ん?」

アニ「私ちょっと近くの店で買い物したいんだけどいい?」

エレン「あぁ、じゃあそっち先行くか」

アニ「い、いや一人で大丈夫だから!」

204: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:02:25 ID:s0xMj06.
エレン「そうか?」

アニ「う、うん、それにすぐに終わらせてそっち向かうから先行ってて、ねっ?」

エレン「あ、あぁ、じゃあまたあとでな」

ウィーン

<イラッシャイマセー

205: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:08:54 ID:s0xMj06.
アニ「・・行ったか」フゥ

アニ「いくら鈍感そうに見えても毛糸なんて買うところ見られればわかっちゃうかもしれないもんね」

10分後


エレン「じゃあこれを」

店員「ありがとうございます」

ウィーン

アニ「あっ、ちょうど清算してる」

206: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:10:12 ID:s0xMj06.


店員「ありがとうございました~」

エレン「さて次は・・」

アニ「エレン」

エレン「おっ、アニ」

アニ「もう買ったんだね」

207: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:14:34 ID:s0xMj06.
エレン「あぁ、アニは何を買ったんだ?」

アニ「秘密」

エレン「なんでだよ」

アニ「いいからいいから、それより次はミカサのマフラー買いに行くんでしょ?」

エレン「そうだけど・・」

アニ「じゃあ早くいこ早く、いい店しってるからさ」グイグイ

208: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:22:21 ID:s0xMj06.
-
--
---

ウィーン

<イラッシャイマセー

アニ「ここなら色々あるよ」

エレン「あ、あぁ・・、ありがと(なんか今日のアニおかしいな)」


30分後

エレン「う~ん、やっぱりこっちがいいかな?」

アニ「もう30分も悩んでるけどまだ決まらないの?」

エレン「あぁ、これもいいしこっちもいいし」

209: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:44:56 ID:s0xMj06.
さらに30分後

エレン「・・よし!この水色のやつに決めた!」

アニ「やっと決まったね」

エレン「あぁ、あと何か2人に手作りで何かあげたいな」

アニ「手作りねぇ」

210: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:53:24 ID:s0xMj06.
エレン「うーん、天然石とか使ってブレスレットでも作ろうかな」

アニ「あっ、いいじゃんそれ」

エレン「金がそこまでないからそんなにたいしたものは作れないけどな、ここらへんで売ってる場所あるか?」

アニ「ん~・・、ここら辺はないね」

211: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 00:57:58 ID:s0xMj06.
エレン「だよなー、あの大きいショッピングセンター名前なんだっけ?」

アニ「ア○タだよ」

エレン「そうだそれ、確かそこにそういう店あったと思うから今週父さんに連れて行ってもらうか」

アニ「それがいいと思うよ」

エレン「じゃあそうしてみる」

212: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/21(土) 01:00:05 ID:s0xMj06.
アニ「うん、もう用事はない?」

エレン「あぁ、ってアニから貸してもらったタッパー持ってくるの忘れてた!」

アニ「あっ・・・」

エレン「・・次学校行ったとき渡す」

アニ「・・だね」

218: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:20:00 ID:2i57UA5I
エレン「あと今日も家まで送っていくわ」

アニ「そう?ありがと」

-
--
---

エレン「じゃあまた学校で」

アニ「うん、大丈夫だと思うけど風邪とかひかないでよ?」

エレン「そんな心配する必要ないぞ、アニのほうこそ気を付けろよな」

アニ「大丈夫、こう見えてもサボり以外で学校休んだことないから」エヘン

エレン「てことは今まで休んでた数回は」

アニ「眠くて起きれなかったり、寒くて布団から出られなかった時だね」

エレン「そうだったのか」

アニ「これみんなには秘密ね?」

219: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:24:16 ID:2i57UA5I
エレン「だろうな」ハハハ

アニ「エレンも毎日ちゃんと来てるんだし1日くらいやすめば?」フフッ

エレン「そうだな、1回くらいはいいよな」

アニ「そうそう、あっ、送ってくれてありがとね」

220: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:31:36 ID:2i57UA5I
エレン「いいってお礼なんて、それじゃ俺はそろそろ帰るかな、じゃあまた」

アニ「またね」フリフリ


アニ「(さて、さっそく取り掛かろうかな)」

ガチャ

221: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:41:23 ID:2i57UA5I
そしてあっというまにクリスマスイブ

ピンポーン

エレン「はーい」ガチャ

アルミン「やあエレン」

アルミン母「久しぶりね~」

エレン「早いなアルミン!お母さんもお久しぶりです」

アルミン「お父さんは出張で来れないんだってさ」

エレン「そうなのか、大変だな」

222: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:43:20 ID:2i57UA5I
アルミン「ミカサはもう来てる?」

エレン「まだだ、7時ごろに来るって言ってたな、まあここで話すのもなんだし上がってくれ」

アルミン「うん、お邪魔します」

アルミン母「お邪魔します」


ガチャ

エレン「母さん、アルミン達来たよ」

223: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:44:41 ID:2i57UA5I
アルミン「お邪魔します」


アルミン母「久しぶりねカルラ」

カルラ「本当に久しぶりね!旦那のほうは?」


アルミン母「それが出張で」

カルラ「そうなの?残念ね」

224: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:48:43 ID:2i57UA5I
アルミン母「でもまあお正月にもどうせこうやって1回は集まるしその時ね」

カルラ「そうね」フフフ

グリシャ「母さん、もう料理の置場がないぞ」

カルラ「じゃあ折り畳みの机だしてその上に載せて」

グリシャ「わかった。エレン手伝ってくれ」

エレン「はいはい」


アルミン「あっ、僕も手伝います」

225: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:52:46 ID:2i57UA5I
カルラ「あとはミカサ家だけね、7時に来るって言ってたしもう少しで来ると思うけど・・」

ピンポーン

アルミン母「あっ、これじゃない?」

カルラ「噂をすればなんとやらね、エレン達は机探しに行ってるし私がでなきゃ」



エレン「えっと、机机・・・」


アルミン「こっちにもないし」ガサゴソ

エレン「本当にクローゼットの中に入れたの?」

226: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 00:55:49 ID:2i57UA5I
グリシャ「確かに入れたはず・・・、はっ!(そういえば一昨日一人晩酌した時にだしっぱのままだった)」

グリシャ「すまんここにはない、私の寝室にある」

エレン「無駄足かよ!」

グリシャ「いやぁ悪い悪い、エレンもアルミンも先戻ってていいぞ」ハハハ

エレン「うん、行こうぜアルミン」

アルミン「そうだね」

グリシャ「(寝室にはエレン達にはまだ早いものがいくつかあるからな、見られるわけには行かない)」

227: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 01:01:46 ID:2i57UA5I
ガチャ

エレン「あとは皿だして・・」

ミカサ「エレン!」サッ

エレン「うおっ!来てたのかミカサ」

ミカサ「ついさっき」

アルミン「これでみんなそろったね」

228: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 01:21:18 ID:2i57UA5I
エレン「そうだな、ミカサも皿出すの手伝ってくれないか?」

ミカサ「もちろん」

10分後


グリシャ「え~、今夜は毎年恒例のパーティーに集まっていただきありがとうございます。思い返せばエレン達が生まれてもう・・」

ミカサパパ「グリシャ!そんなのいいから早く乾杯だ乾杯!」

カルラ「話長いのよねこの人」

アルミン母「もう子供たちお腹ペコペコって顔してるわよ~」

グリシャ「うぐぐ・・、じゃあ今回は話カットで、乾杯!」


「「「乾杯!」」」

229: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 01:31:03 ID:2i57UA5I
エレン「さ~て!食べるぞ~!」

ミカサ「エレン、私が盛ってあげる。アルミンのも」


アルミン「ははっ、ありがとミカサ」


グリシャ「今日は飲みまくろう!」

ミカサパパ「そうだな!エレン達もビール飲むか!」ガハハ

ミカサママ「バカなこと言ってんじゃないの」パシッ

230: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 01:43:34 ID:2i57UA5I
カルラ「そうよまったく、私たちはチューハイでも飲みましょうか」

アルミン母「そうね、この日のために沢山買って来たし」

ミカサママ「私たちが酔ったらあの2人を止める人がいなくなるしほどほどにしないとね」


エレン「うまいうまい!」ガツガツ

アルミン「うん!やっぱりクリスマスはいいねぇ~」モグモグ

231: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 02:02:57 ID:2i57UA5I
ミカサ「おいしい」モグモグ

エレン「ところでプレゼントはいつにする?」

アルミン「ここじゃ恥ずかしいしあとでエレンの部屋に行こうよ」

エレン「ん、おっけー」


1時間後

232: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 02:05:25 ID:2i57UA5I
グリシャ「あ~、もうビールないぞ」ヒック

ミカサパパ「開けろ開けろ~」フハハハハ

カルラ「完全に酔ってるわね」

ミカサママ「本当嫌ね・・」

アルミン母「はぁ・・・」

233: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/22(日) 02:09:14 ID:2i57UA5I
ミカサパパ「あっ、そうだミカサ~」ヒック

ミカサ「・・何?」

ミカサパパ「これに着替えてくるといい」ガサッ

ミカサ「なにこれ・・?」

ミカサパパ「いいからいいから、エレン君も喜ぶよん~」アハハ

ミカサ「・・本当?」

ミカサパパ「もちろんだよ」ハハハ

241: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 22:07:42 ID:t2culS5s
ミカサ「エレン、少し部屋借りてもいい?」

エレン「ん?あぁ別にいいけど」

ミカサ「ありがと」

ガチャ


グリシャ「何渡したんだお前?」

ミカサパパ「まあそれは後のお楽しみだ」

242: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 22:19:15 ID:t2culS5s
カルラ「あ~、なんか嫌な予感しかしないわ」

アルミン母「私もそう思うわ」

ミカサママ「同感、とっちめる準備しておこうかしら」フフフ


ミカサパパ「(・・なんか寒気が)」ブルッ

243: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 22:34:42 ID:t2culS5s
エレン「あ~、もう食えねぇぞ」ゲプッ

アルミン「あれだけあったのにほとんどなくなったね、僕ももう食べられないよ・・」

カルラ「あんたたちこの後ケーキもあるんだからね?」

エレン「げっ・・・」

アルミン「別腹でなんとかなる気がしないよ・・」

244: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 22:54:51 ID:t2culS5s
エレン「よし!すこしでも腹をすかすためにビ○ーキャンプするぞ!」

アルミン「また懐かしいのをだしてきたね、でもケーキは食べないとだしやるしかない!」


10分後


エレン「うあっ・・・」ゴロッ

アルミン「なんでこんなことしちゃったんだろ・・・」オエー

エレン「わかってはいたはずなのにな・・・」ウプッ

カルラ「あんたたち、ケーキの準備できたからこっち来なさい」


エレ・アル「はーい・・」

245: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:06:29 ID:t2culS5s
エレン「そういえばミカサはまだ戻って来てないのか?」

アルミン「みたいだね」

カルラ「はいエレンとアルミンの分」ドン


エレ・アル「・・・・」

246: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:11:54 ID:t2culS5s
エレン「俺の目がおかしいのか・・・?なんかとんでもなくでかく見えるぞ?」

アルミン「そうだね、僕もちょっと目がおかしいみたいだ」ゴシゴシ

アルミン母「アルミンとエレンケーキ好きでしょ?」

エレン「確かに好きですね」

ミカサママ「だから2人には大きいのを食べてほしいってそれミカサが朝から作ってたのよ」ウフフ

247: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:17:49 ID:t2culS5s
エレン「ミカサが作ったのかこれ」

アルミン「じゃあ残すわけには・・・」

エレン「もちろんいかないよな!」ゴクッ

ガチャ

ミカサ「・・・」

エレン「おっ、やっと戻ってきたなミカサ」

アルミン「今からミカサが作ってくれたケーキを食べるところだよ」ハハハ

ミカサ「そ、そう・・//」

248: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:34:09 ID:t2culS5s
カルラ「そういえば、なんでさっきから首だけ出してこっちにはこないの?」

ミカサ「だって・・//」モジモジ

エレン「何もたもたしてるんだよ、いいから早く来いって」グイッ

ミカサ「あっ!」ドサッ

エレン「おわっ!」ドサッ


カルラ「ぶふっ!」

ミカサママ「ちょ!み、ミカサあんたなんて格好してるの!」

249: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:37:44 ID:t2culS5s
アルミン母「あらあら可愛い格好してるわね」ウフフ

アルミン「母さん酔ってる場合じゃないって」ユサユサ

エレン「いてて、いきなり引っ張って悪いなミカサ・・・、って!//」

ミカサ「・・・//」

エレン「お、お前なんて格好してるんだ!//」

250: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:43:30 ID:t2culS5s
ミカサパパ「おっ、似合ってるなミカサ」ワハハハ

グリシャ「あれお前の仕業なのか?」ヒック

ミカサパパ「そうそう、似合ってるだろ?サンタコス」

グリシャ「・・・確かに」グフフ

ミカサママ「ちょっとあんたたち」

カルラ「外出ましょうか」ニコニコ

251: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:46:55 ID:t2culS5s
ミカサ「に、似合ってる?」

エレン「そりゃまあ似合ってるけど・・、じゃなくて!」

アルミン「な、なんでそんな恰好してるの?//」アワワ

ミカサ「だって、お父さんが・・」

252: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:51:31 ID:t2culS5s
エレン「なんでこんなこと・・・」

アルミン「酔っ払い過ぎたんじゃないの?」

エレン「とりあえず父さん達は今母さんたちにお仕置きされてるし今のうちに着替えて来い」ポンポン

ミカサ「・・・うん//」

ガチャ

エレン「にしても酔っ払いっていったい何考えてるんだろうな・・」

アルミン「僕たちはああならないようにしなきゃね」

エレン「だな・・」

アルミン母「ねぇエレン君、悪いけどお酒ついでくれない?」フフフ

253: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/23(月) 23:56:55 ID:t2culS5s
数分後

ガチャ

ミカサ「ただいま」

エレン「おう、ミカサも帰ってきたことだしケーキ食べるか」

アルミン「そうだね、いただきます」

エレン「いただきます」

アルミン母「そういえばカルラたちは?」

ミカサ「今お父さん達をとっちめてる最中です」



グリシャ「中に入れてくれ~!」ドンドンドン

ミカサパパ「もう二度としないからお願いします!」ドンドンドン


カルラ「だめです!」

ミカサママ「しばらくそこにいてもらいますからね」

259: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/25(水) 23:24:25 ID:OV6IGBm6
モグモグ

エレン「うん、うまいなこのケーキ」

ミカサ「本当?」

エレン「あぁ、なぁアルミン?」

アルミン「うん、すごい美味しいよ(ただ全部食べられるかな・・・)」ヒヤヒヤ


ミカサ「よかった」ホッ

260: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/25(水) 23:39:50 ID:OV6IGBm6
エレン「これなら何とか全部食べられそうだな」ハハハ

アルミン「そ、そうだね」モグモグ

アルミン「(あっ、これ無理だわ)」

エレン「うまいうまい」パクパク

ミカサ「ふふふ」ニコニコ

エレン「ミカサも少し食べるか?」

261: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:06:20 ID:Bc95t6y6
ミカサ「えっ、た、食べさせてくれるの?」ドキドキ

エレン「あっ、いや小皿に移してやろうと思ったんだが、でもそっちのほうが楽だしそうするか、あーん」スッ

ミカサ「あ、あーん」パクッ

エレン「うまいだろ?っても作ったのミカサだけどな」

ミカサ「うん、おいしい」ニコニコ


アルミン「(見せつけてくれるね2人とも・・・)」

262: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:15:50 ID:Bc95t6y6
20分後

エレン「よ~し、完食!」

ミカサ「・・・」パチパチパチ

アルミン「(もう食べたのかエレン!僕も食べたいんだけど・・・)」

アルミン母「アルミン」

アルミン「何?」

アルミン母「ちょっと廊下に来なさいな」

263: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:22:01 ID:Bc95t6y6
アルミン「?」

ガチャ

アルミン「どうしたの?」

アルミン母「お腹一杯でケーキ食べられないんでしょう?」

アルミン「あっ・・、わかってたの?」

アルミン母「そりゃあなたのお母さんだしね」フフフ

アルミン「ってことはもしかしていいアイデアでもあるの?」

264: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:26:31 ID:Bc95t6y6
アルミン母「そうよ」ニコニコ

アルミン「さすがお母さん・・、さっそく教えてよ!}

アルミン母「いいわよ、その前にちょっとこっちに来なさい」ガシッ

アルミン「(あっ、なんか嫌な予感が・・・)」

スタスタ

265: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:29:03 ID:Bc95t6y6
アルミン母「さて、さっそく始めましょうか」

アルミン「ちょっと待って、ここトイレの前だよね?」

アルミン母「そうよ?」

アルミン「・・もしかしていいアイデアって」

アルミン母「吐いて胃の中をカラにしましょう♪」

アルミン「嫌だよそんなの!」

266: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:33:20 ID:Bc95t6y6
アルミン母「でもきっとケーキ食べきらなかったらミカサは悲しむわよ?」

アルミン「それはそうだけど・・・」

アルミン母親「男ならこれくらい我慢しなさい!ってことでいくわよ」

アルミン「ちょ!まだ心の準備が!」

アルミン母「そいや!」ドゴッ

アルミン「おぐっ・・・(ほ、本当にしてきた)」

267: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:36:32 ID:Bc95t6y6
アルミン母「さっ、後はがんばってねアルミン」ポンポン

アルミン「う、うん・・」

ガチャ

<オエー


-
--

ガチャ

269: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:38:44 ID:Bc95t6y6
アルミン「た、ただいま・・」

エレン「何しにいってたんだ?」

アルミン「ちょっとね・・」

ミカサ「ケーキ残してるけどもしかしてもういらない・・・?」

アルミン「いるいる!いただきます!」パクパク


5分後

アルミン「ごちそうさまでした!」

270: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:42:41 ID:Bc95t6y6
アルミン「美味しかったよミカサ」ニコッ

ミカサ「ありがとうアルミン」フフッ

エレン「いい食べっぷりだったな!」

アルミン「はは・・、ありがと」チラッ


アルミン母「(よかったわねアルミン)」b

アルミン「(うん)」b

271: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:44:28 ID:Bc95t6y6
ガチャ

カルラ「ただいま」

ミカサママ「ただいま」

ミカサパパ「・・死ぬかと思った」ガタガタ

グリシャ「・・同じく」ブルブル

272: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:48:20 ID:Bc95t6y6
アルミン母「まあ自業自得ってやつね」ゴクゴク

カルラ「今回はこれで許してあげるわ」

ミカサママ「次したらあんたらにサンタコスさせてネットにばらまくからね」ニコニコ


グリシャ「へい・・」

ミカサパパ「心に刻んでおきます」

273: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:51:50 ID:Bc95t6y6
カルラ「エレンとアルミンもこういう大人にはならないようにね?」

エレ・アル「はーい」

エレン「そろそろプレゼント交換するか?」

アルミン「そうだね、後になるのも悪いし」

ミカサ「わかった」

274: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/26(木) 00:54:17 ID:Bc95t6y6
エレン「母さん、俺たちちょっと部屋に行ってくるよ」

カルラ「そう?わかったわ」

エレン「行こうぜ」

アル・ミカ「うん」

280: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:04:55 ID:BbpW5YRw
-
--

ガチャ

エレン「お前ら準備はいいか?」

アルミン「もちろん」

ミカサ「うん」

エレン「じゃあ誰からやる?」

ミカサ「はい」スッ

281: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:14:26 ID:BbpW5YRw
アルミン「おっ、じゃあミカサからだね」

エレン「あぁ、何だろうないったい」ワクワク

ミカサ「私から2人にはこれを」スッ

ミカサ「こっちがエレンでこっちがアルミンのものね」

282: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:19:17 ID:BbpW5YRw
エレン「ありがとな」

アルミン「ありがとミカサ!」

エレン「どっちから開ける?」

アルミン「じゃあ僕から・・・」ビリビリ

アルミン「あっ、これってシャーペン?」

283: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:26:34 ID:BbpW5YRw
ミカサ「うん、アルミンはよく勉強するし少し高いのを買ってみた」ムフフ

アルミン「へぇ~、試し書きしてみたいな、エレン何か紙ない?」

エレン「このノートになら何書いてもいいぞ」ポン

アルミン「ありがと」サラサラ

アルミン「うわっ!何これ書きやす!」サラサラ

284: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:28:57 ID:BbpW5YRw
ミカサ「気に入ってもらえた?」

アルミン「もちろんだよ!」

ミカサ「よかった」フフッ

エレン「俺も開けていいか?」

ミカサ「もちろん」

285: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:38:46 ID:BbpW5YRw
エレン「何かな何かな~」ビリビリ

エレン「おっ、手袋か!」

ミカサ「うん・・・//」

エレン「ちょうど買おうか迷ってたしちょうどいいな、ありがとなミカサ!」

ミカサ「ううん、それより何か気が付かない?」

286: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:45:53 ID:BbpW5YRw
エレン「何か?」ジー

アルミン「(気がつけエレン、気が付くんだ!)」

エレン「・・・もしかしてこれ手作り?」

ミカサ「そう!」パァァ

アルミン「(グッジョブ)」

287: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 00:49:53 ID:BbpW5YRw
エレン「エレンって縫ってあるし、ところどころほつれてるからもしやと思ったけど本当にミカサが?」

ミカサ「うん、へたくそで悪いけど・・」

エレン「あっ、いやいやそんなことないぞ!これ大事にするな、ありがと」

ミカサ「・・へへ//」

アルミン「よかったねミカサ」ハハハ

ミカサ「うん、でも私不器用でアルミンの分作る時間がなくて作れなかった・・」

ミカサ「だから来年はアルミンにも何か手作りであげるね」

アルミン「楽しみにしてるよ」

289: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 01:11:11 ID:BbpW5YRw
エレン「さて、次は俺いいか?」

アルミン「いいよ」

ミカサ「楽しみ」ワクワク

エレン「たいしたものじゃねぇよ、ほれ、こっちがミカサでこっちがアルミンな」

ミカサ「私から開ける!」ビリビリ

290: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 01:13:17 ID:BbpW5YRw
ミカサ「これは新しいマフラー!」

エレン「あぁ、いつも赤だったし今回は水色にしてみたんだ」


ミカサ「ありがとうエレン、これでまた1年生きていける!」

エレン「ははっ、大げさだなお前・・」

ミカサ「あとは・・、ブレスレット?」

291: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/28(土) 01:15:25 ID:BbpW5YRw
エレン「1つだけじゃ何か物足りないと思ってな、アルミンのほうにも入ってるぞ」

アルミン「そうなの?ありがとう」

ミカサ「これも今日から大事に身につける」

エレン「そうしてくれると俺も嬉しい」

296: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/29(日) 22:53:19 ID:nu9n070E
アルミン「僕のは何かな~」ビリビリ

アルミン「ん?ライト?」

エレン「あぁ、アルミン夜遅くまで本読んでること多いって言ってただろ?だから目に優しいっていうライト買ってみたんだ」

アルミン「なるほど、目が疲れることが多いからこれは助かるよ」ハハハ

エレン「気にいってもらえたならよかったよ」

297: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/29(日) 23:02:36 ID:nu9n070E
エレン「んじゃ、プレゼント交換も終わったし下にいってみんなでゲームでもしようぜ!」

アルミン「いいね!」

ミカサ「わかった」

-
--
---

ガチャ

エレン「スマ○ラしようぜ」

アルミン「いいけどミカサすごい強いからなあれ」

ミカサ「そんなことはない」

298: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/29(日) 23:04:26 ID:nu9n070E
グリシャ「おっ、なんだエレンたちゲームするのか?」

エレン「うん、テレビ見てないし別にいいでしょ?」

カルラ「えぇ、いいわよ別に」

ミカサパパ「ゲームか、久しぶりに俺も何かしてみたいな・・」ヒック

ミカサパパ「俺もまぜてくれ!」

エレン「えっ、まあ4人までできるしいいですよ」

299: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/29(日) 23:08:08 ID:nu9n070E
ミカサパパ「よし!」

グリシャ「ずるいぞ貴様!私もするぞ!」

エレン「じゃあ2人は交代で」

ミカサパパ「俺からやらせてもらうぞ」

グリシャ「いいだろう」

300: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/29(日) 23:56:34 ID:nu9n070E
カルラ「全く子供みたいね」

アルミン母「そうね」フフ

ミカサママ「私たちは私たちで飲んでましょ」

2時間後

カルラ「ふっとび2倍のファル○ンつよ過ぎない!?」

ミカサママ「←Bだけで即死ですものね」

アルミン母「こうなったらアイテムとりまくるしかないわね!」

グリシャ「負けるなカルラ!」

ミカサパパ「次俺だからな!」

エレ・ミカ・アル「・・・・」

302: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/29(日) 23:59:12 ID:nu9n070E
エレン「大人たちにゲームとられちまったな」

ミカサ「うん・・・」

アルミン「どうする?」

エレン「ん~、トランプでもするか?まだ料理少し残ってるしそれ食べながらでも」

アルミン「トランプか、久しぶりに大富豪でもする?」

ミカサ「大富豪ならやりたい」

303: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 00:03:51 ID:G22VJDyE
エレン「決まりだな」

10分後

ミカサ「階段革命」スッ

エレン「まじかよ!」

アルミン「ナイスミカサ!」

ミカサ「さらに革命、あがり」

エレン「よっしゃ!」

アルミン「おわった・・・」

304: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 00:07:27 ID:G22VJDyE
20分後

ミカサ「あがり」

エレン「・・なんかさっきからミカサしか勝ってない気がする」

アルミン「僕もそう思うよ・・・」

エレン「なあミカサ、そろそろ大富豪はやめないか?」

ミカサ「別にいいけど、それじゃあ何するの?」

305: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 00:26:20 ID:G22VJDyE
アルミン「原点にもどってババ抜きとか?」

エレン「ババ抜きか、俺は賛成だ」

ミカサ「2人がそういうならそれでいい」

エレン「つかそろそろ12時になるけどお前ら明日予定あるんだろ?そろそろ寝なくてもいいのか?」

アルミン「あっ、そういえばそうだったね・・・」

ミカサ「私は午後からだし別に大丈夫だけど」

306: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 00:36:55 ID:G22VJDyE
エレン「俺も午後からだが、アルミンは?」

アルミン「午前10時にクリスタの家集合」

エレン「じゃあもう寝たほうがよくないか?なあミカサ」

ミカサ「うん、もし遅れたら大変だし」

307: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 00:41:51 ID:G22VJDyE
アルミン「ごめんね2人とも」

エレン「いいっていいって布団しいてさっさと寝ようぜ」

ミカサ「片づけは?」

エレン「そうだったな、母さん!テーブル片づけたほうがいい?」

カルラ「あ~、どうせまだ飲むしそのままでいいわよ~」

エレン「だってさ」

308: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 00:46:39 ID:G22VJDyE
エレン「ってことで布団敷いてさっさと寝ようぜ」

20分後

エレン「じゃあ電気消すぞ~」

ミカ・アル「はーい」

カチッカチッ

313: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 23:40:39 ID:G22VJDyE
次の日・・・

ピピピピッ!

エレン「ん~」ムクッ

エレン「今何時だ?・・ってもう10時じゃねぇか!アルミンやばいぞ!」


エレン「あれ?アルミンがいない?」

314: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 23:44:35 ID:G22VJDyE
ミカサ「・・エレンうるさい」ウーン

エレン「す、すまん・・、それよりアルミンしらないか?」

ミカサ「アルミン?いないのならもう行ったんじゃいの?枕元に置手紙みたいなのあるし」

エレン「あっ、本当だ」

315: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 23:51:52 ID:G22VJDyE
エレン「ミカサはまだいいのか?」

ミカサ「私は1時にジャンが家に迎え来るとか言ってたから大丈夫」


エレン「そっか、楽しんで来いよ」

ミカサ「がんばる」

316: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 23:54:52 ID:G22VJDyE
エレン「ははは」グー

エレン「・・腹減ったな」

ミカサ「うん」グー

エレン「下に行って昨日のあまりがないか見てくるか」

ミカサ「そうね」

317: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/30(月) 23:58:14 ID:G22VJDyE


ガチャ

エレン「酒くさ!」

ミカサ「しかもみんな雑魚寝・・・」

<グーグー

エレン「食べ物は、・・残ってないか」

エレン「ご飯は・・」パカッ

ミカサ「結構ある」

318: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 00:04:09 ID:YT1/gSlw
エレン「どうする?」

ミカサ「冷蔵庫の中みてもいい?」

エレン「いいぞ」

パカッ

ミカサ「梅干しにたらこ・・、海苔もある」

ミカサ「おにぎりにしてエレンの部屋で食べる?」

319: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 00:07:06 ID:YT1/gSlw
エレン「おにぎりか、いいアイデアだな!確かにここの部屋は酒くさいし大人が寝転がってるし、俺の部屋で食べるか」

ミカサ「ごめんねうちの親が・・」

エレン「いや、うちも変わんねぇよ」


ミカサ「さっさと作ってエレンの部屋もどろ」

エレン「だな」

320: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 00:18:16 ID:YT1/gSlw
15分後

ガチャ

ミカサ「カップみそ汁もあってよかったね」

エレン「あぁ、布団どかしてさっさと食べようぜ」

-
--

エレン「それじゃ食べるか」

エレ・ミカ「いただきます」

321: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 00:44:42 ID:YT1/gSlw
パクッ

エレン「うん、普通にうまいな」

ミカサ「そうね、普通に美味しい」モグモグ

エレン「ミカサは何時くらいになったら帰る?」

ミカサ「シャワーも浴びたいしこれ食べたら」

エレン「了解」

322: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 00:53:54 ID:YT1/gSlw
ミカサ「エレンは何時にどこに?」

エレン「俺は1時に駅に集合だ」

ミカサ「そう(エレンなら大丈夫だと思うけどもしアニと何かあったら・・)」

-
--
---

エレ・ミカ「ごちそうさまでした」

323: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 00:55:28 ID:YT1/gSlw
ミカサ「じゃあ私はこれで」

エレン「あぁ、2人にはちゃんと言っておくから心配すんな」

ミカサ「ありがと、じゃあまたね」

エレン「あぁ、次は初詣かな?」

ミカサ「暇ならいつでも遊びに来る」

324: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 00:59:46 ID:YT1/gSlw
エレン「ははっ、宿題も教えてほしいしいつでも俺は歓迎するぞ」

ミカサ「ありがと」フフッ

ミカサ「じゃあまたね」

エレン「あぁ、またな」

ガチャ バタン

エレン「さてと、俺も準備始めるか、・・今回もし遅れたらとんでもなく怒られそうだし20分前には駅にいよう」

325: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 01:03:42 ID:YT1/gSlw
12時30分

エレン「もう出るか、行ってきます!」

カルラ「いってらっしゃい・・」ズキズキ

グリシャ「はめをはずしすぎるなよ・・・」ズキズキ

ミカサパパ「・・・zzz」

ミカサママ「・・・zzz」

アルミン母「・・・zzz」

エレン「父さん達に言われたくないよ・・、じゃあ行ってきます」

329: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 17:53:39 ID:YT1/gSlw
-
--
---

エレン「20分まえとはいかなかったが15分前に到着できたな」

エレン「アニはまだいないみたいだな」キョロキョロ

アニ「誰がいないって?」

エレン「うおっ!」ビクッ

アニ「ふふっ、おはよ」

330: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 17:57:29 ID:YT1/gSlw
エレン「お、おはよ、いつから来てたんだ?」

アニ「ついさっきだよ」

エレン「そうなのか」

アニ「それよりもう切符買って電車待ってようよ」

エレン「ん、了解」

331: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 18:01:51 ID:YT1/gSlw
ピッ

エレン「ところで俺今日の予定まったく聞いてないんだけどなにするんだ?」

アニ「まずは電車に乗ってここら辺で一番でかいショッピングセンターに行って、映画館が隣にあるから映画を見る」

エレン「おっ、何の映画だ?」

アニ「それはまだ決めてない・・、あっちについたら2人で決めればいいかなと思ってさ」

エレン「そっか、楽しそうだしそれもいいな」

333: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 18:11:31 ID:YT1/gSlw
エレン「その後は?」

アニ「ショッピングセンターに行って色々みて、5時の電車でまたこっちに戻ってきて、商店街から少し離れた公園のイルミネーションが

結構綺麗らしいからそこに見に行って終わりかな」

エレン「ちゃんと考えてるんだな、さすがアニだ」

アニ「そりゃグダグダになるのは嫌だからね」

334: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 18:14:35 ID:YT1/gSlw
エレン「だな、今日は楽しもうぜ」

アニ「うん」ヘヘ

-
--

アニ「あっ、来たよ電車」

<キイロイセンヨリウシロニサガッテクダサイ

エレン「本当だ、席空いてるといいんだが」

アニ「そうだね、でも30分くらいだし空いてなくても我慢我慢」

335: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 18:16:30 ID:YT1/gSlw
プシュー

エレン「見事なまでの込み具合だな・・」

アニ「まあクリスマスだしね」

エレン「吊革に手、届くか?」ハハハ

アニ「バカにしてるの?」ニコッ

エレン「・・ごめんなさい」

<デンシャガシュッパツイタシマース

336: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 18:18:37 ID:YT1/gSlw
30分後

<マモナク○○ニトウチャクイタシマス

エレン「・・・zzz」

アニ「着くよエレン、起きて」ユサユサ

エレン「・・ん~」

プシュー

アニ「もう着いたから急いで!」ゲシゲシ


エレン「わ、わかったから蹴るなって!」

337: ◆qZUCpA/gIM 2013/12/31(火) 18:22:36 ID:YT1/gSlw
アニ「よし、到着」

エレン「微妙に寝たから頭いてぇ・・」

アニ「そんなのすぐ直る、ここから20分くらい歩けばつくからそれまでに直してね」

エレン「へーい」

アニ「(せっかく2人で出かけてるのにテンション下がったままとか勘弁だからね)」


アニ「さっさと行くよ」

344: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 22:57:10 ID:X/HPLQF.
20分後

アニ「到着と、頭は治った?」

エレン「完璧」b

アニ「そりゃよかった、じゃあ早く何見るか決めよ」

エレン「おう!」

345: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 23:03:01 ID:X/HPLQF.
スタスタスタ ウィーン

<サッキノオモシロカッター
<マタキタイネ!

エレン「結構人いるな~」

アニ「だね、とりあえず何やってるか見ようよ」

エレン「あぁ、えっと・・・、あっ、あそこに書いてあるな」

タッタッタ

346: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 23:10:13 ID:X/HPLQF.
エレン「どれどれ」

アニ「(・・う~ん、あんまり面白そうなのはないか、見るとすれば最近話題の恋愛映画かモンスター○インクの新しいやつ・・)」

エレン「どれがいい?」

アニ「えっ、私?」

エレン「あぁ」

アニ「えっと・・・(正直恋愛映画よりモンスター○インクのほうがいい、3Dもしてるし)」

347: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 23:18:11 ID:X/HPLQF.
アニ「エ、エレンは?」

エレン「俺?・・できるならこのモンスター○インクかな、結構好きなんだよ俺」ハハハ

アニ「じゃあそれにしよ」

エレン「えっ、こっちの恋愛映画とかじゃなくていいのか?」

アニ「うん、実は私もそっちが見たかったし・・//」

348: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 23:23:09 ID:X/HPLQF.
エレン「アニはこっちの恋愛映画選ぶと思ってたわ、女の子だし」

アニ「・・女っぽくない選択で悪かったね」ムスッ

エレン「じょ、冗談だって!それよりこれあと30分したら始まるみたいだしチケット残ってるかみてみようぜ!」

349: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 23:33:50 ID:X/HPLQF.
アニ「そうだね、まぁさっきのことは水に流してあげるよ」

エレン「あざーす」ペコリ

アニ「その代り席空いてるか見て来て」

エレン「了解!」サッ


5分後

350: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 23:44:57 ID:X/HPLQF.
エレン「お待たせ」

アニ「どうだった?」

エレン「ばっちりだぜ」

アニ「よかった」

エレン「ちなみにチケットも買ってきた、結構埋まってたし戻って買いに行ったんじゃ買われてたかもしれないしな」

アニ「おぉ、ナイスだね」

351: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/03(金) 23:56:06 ID:X/HPLQF.
エレン「席はあんまりよくないけどな、ちょっと前のほうだし」

アニ「いいよいいよ、見られないより全然ましだし、3Dのほう?」

エレン「もちろん」ニッ

アニ「さすが、いくらだった?」


エレン「なんか割引で1200だったけど、もうじき時間だし今回は奢るぞ」

353: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/04(土) 00:03:25 ID:JK5x3no.
アニ「えっ!いやいやそれは悪いよ」

エレン「いいからいいから(昨日父さんにこれで何か奢ってやれって結構お金もらったしな)」

エレン「それより飲み物とかポップコーン買おうぜ」

アニ「うん・・、あっ!じゃあその2つは私が奢るよ、奢られっぱなしっていうのも悪いし」

354: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/04(土) 00:06:09 ID:JK5x3no.
エレン「そうか?ん~、じゃあお願いしようかな」

アニ「飲み物は何がいい?」

エレン「ジンジャエールで」

アニ「ん(ポップコーンとセットになってるやつ買えばいいかな)」

355: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/04(土) 00:32:17 ID:JK5x3no.
-
--

アニ「買って来たよ、ほらエレンの分」

エレン「さんきゅー」

アニ「(にしてもセットえ800円って意外に高いね・・)」

エレン「あと少しだしもう上映するシアターに行くか?」

アニ「うん、そうする」

356: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/04(土) 00:34:11 ID:JK5x3no.
15分後

<エイガチュウハケイタイノデンゲンヲ・・

エレン「始まった始まった!」

アニ「しっ!」

エレン「す、すまん」

361: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 21:21:16 ID:cjSwseak
2時間後

<オワスレモノノナイヨウニ・・

ザワザワ


エレン「ふぅ~、結構面白かったな」ズズッ

アニ「だね、久しぶりに映画見たけどなかなかよかったよ」

エレン「次は買い物か?」

アニ「買うものがあればだけどね、もう3時半だからあと1時間くらいしかいけど」

362: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 21:35:07 ID:cjSwseak
エレン「少ないな、じゃあ急いで回るか」

アニ「でも見たいところもそんなにないし急がなくても大丈夫だよ」

エレン「そっか、あっ・・」

アニ「どうかした?」

エレン「い、いやなんでもない!(そういえばアニへのプレゼント買ってねぇわ・・・)」

363: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 21:48:23 ID:cjSwseak
-
--

スタスタ

アニ「ん~」

エレン「何か見たいものあったか?」

アニ「特には、・・ねぇエレン」

エレン「うん?」


アニ「あんたさ、お腹空いてない?」

364: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 21:55:26 ID:cjSwseak
エレン「腹?さっきポップコーン食べたからそんなには・・」

アニ「そっか・・」

エレン「何か食べたいのか?」

アニ「・・実は朝から何も食べてなくてさ、お腹空いちゃって//」

365: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 22:06:35 ID:cjSwseak
エレン「なるほどな」ハハッ

エレン「俺も少しなら食べられるしフードコートいくか?」

アニ「ん」

エレン「(あ~、まじでどうしよう)」

366: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 22:15:42 ID:cjSwseak
スタスタ

アニ「エレンは何食べる?」

エレン「そんなに腹減ってないしたこ焼きでいいや」

アニ「じゃあ私は早く食べられるようにハンバーガーにしよ、そのあとちょっとアクセサリーショップ見に行ってもいい?」

エレン「あぁ、全然いいぞ」

368: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 22:21:12 ID:cjSwseak
エレン「(そこでアニが気に入ったのがあったらそれをプレゼントしようかな、・・・値段と相談して)」


アニ「席とられないように私先に買ってきてもいい?」

エレン「おう、行ってこい行ってこい」

アニ「じゃ、場所取りお願いね」

369: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 22:31:28 ID:cjSwseak
エレン「あいよ~」

3分後

アニ「全然人ならんでなくてあっさり買ってこれたよ」

エレン「そりゃそうだろうな、今頃飯食べるやつなんて少ないし、それにほとんどの人たちが

休憩するために座ってるか、ゲームしてるかだし」

アニ「ゲームなんて家でもできるのにね」

エレン「だな」

アニ「あっ、ポテト2個買ったから1個あげるよ」

エレン「おっ、ありがたいな、じゃあたこ焼きはいいかな」パクパク

370: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 22:47:00 ID:cjSwseak
10分後

エレ・アニ「ごちそうさまでした」

アニ「あと時間は・・、30分くらいか」

エレン「じゃあ急いでそのアクセサリーショップに行こうぜ」


-
--
---

エレン「(ここにいられる時間はあと25分くらいか・・)」

アニ「・・・」ジィー

エレン「いいのあるか?」

アニ「う~ん・・」

371: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 22:53:53 ID:cjSwseak
10分後

アニ「あっ」

エレン「いいもの見つかったか?」

アニ「うん、この猫がモチーフになってるネックレス」

エレン「これか」

アニ「でも今回はいいかな(もう4000円しか財布の中身ないし・・)」

エレン「(5000円か、ちょいと痛いがこれくらいなら)」

372: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 22:59:00 ID:cjSwseak
アニ「次きた時なくなってないといいんだけど・・・」

エレン「そんなに気に入ったのか?」

アニ「気に入ったね、私猫好きだし」

エレン「すみませーん!これくださ~い!」

アニ「はっ!?」

<カシコマリマシター

373: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 23:16:37 ID:cjSwseak
アニ「ちょっ、何言ってんの?」

エレン「俺からのクリスマスプレゼントだ」

アニ「えっ、いやでも結構するよこれ」

エレン「学生にはそこそこ痛い金額だよな、でも俺アニへのプレゼントすっかり忘れてて何も買えてないんだ、だからここで買わせてくれ」

アニ「エレン・・、というか思い切りわすれてたんだね」

エレン「だからその罪滅ぼしとしてだな・・」

店員「お待たせいたしました、何かごようですか?」

エレン「あっ、このネックレスなんですけど・・」

374: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/05(日) 23:21:39 ID:cjSwseak
-
--

<アリガトウゴザイマシター

アニ「本当によかったの?」

エレン「だからいいって」

アニ「・・ありがと、一生大事にする」

エレン「そうしてもらえると俺もありがたい」

アニ「エレンへのプレゼントはイルミネーション見た後渡すよ」

エレン「楽しみにしておく、電車に乗り遅れるとまずいしもう駅行くか」

アニ「そだね」

379: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 22:35:04 ID:K0gKaxhA
-
--

プシュー

アニ「疲れた・・」フアー

エレン「俺も、結構疲れたな」

アニ「まあ楽しかったからいいけどさ」フフッ

エレン「だな、今度また来るか」

アニ「だね・・」

380: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 22:45:40 ID:K0gKaxhA
アニ「(にしても本当に眠い・・)」ゴシゴシ

エレン「どうしたアニ?もしかして眠いのか?」

アニ「少しね・・・」

エレン「じゃあ寝ててもいいぞ、俺が起きてるから」

アニ「大丈夫?」

エレン「疲れて入るけど眠くはないから大丈夫だ」

アニ「そっ、じゃあお願いするよ」

381: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 22:55:40 ID:K0gKaxhA
アニ「・・・zzz」スースー

エレン「寝るのはや」

30分後

<ツギハー○○~

エレン「次か、おい起きろアニ」ユサユサ

アニ「・・ん~、もう着くの?」

エレン「あぁ、次で着くぞ」

382: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:09:03 ID:K0gKaxhA
プシュー

<オリルトキハアシモトニオキヲツケテ…

エレン「帰ってきた~」

アニ「まだ5時半なのにもう結構暗いね、さすが冬」

エレン「あぁ、もうイルミネーション見に行くか?」

383: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:14:59 ID:K0gKaxhA
アニ「う~ん、今から行ったら着くのは6時頃か、そこの公園7時頃からイルミネーションが点滅とかしてすごい綺麗らしいからその時間に行きたいな」

エレン「じゃあどこかで暇つぶしでもするか?できれば寒いし温める場所がいいな」ブルブル

アニ「そうだね、私の家来る?」

エレン「アニの家か、いいのか?」

アニ「うん、私の家なら温めるし、公園からもそこそこ近いしね」

エレン「じゃあアニの家行くか、この前お茶飲めなかったしな」

384: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:20:29 ID:K0gKaxhA
-
--
---

ガチャ

アニ「ただいま」カチッ

エレン「お邪魔します」

アニ「ついてきて」

エレン「おう、誰か家の人はいるのか?」

アニ「今日は仕事で誰も」ガチャ


アニ「そこのソファに座ってて」

385: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:23:47 ID:K0gKaxhA
エレン「ん」

アニ「紅茶とコーヒーどっちがいい?」

エレン「コーヒーで」

アニ「わかった、寒いし暖房つけていいよ」

エレン「さんきゅー」ピッ

386: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:26:17 ID:K0gKaxhA
アニ「コーヒーは甘いのがいい?」

エレン「甘いのがいい、テレビつけていいか?」

アニ「いいよ」カチャカチャ

2分後

アニ「お待たせ」カチャ

エレン「ありがとな」ズズッ

エレン「あ~、温まるなぁ」

アニ「なにか面白いテレビやってる?」

エレン「特にしてないな」

387: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:28:00 ID:K0gKaxhA
アニ「そっか、あっ、お代わりしたかったら言って」

エレン「了解」ズズッ

エレン「ふぅ~」

アニ「・・・」ズズッ

アニ「ふぅ」

388: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:34:46 ID:K0gKaxhA
エレン「美味しいなこのコーヒー」ズズッ

アニ「そう?ありがと」ズズッ

エレ・アニ「ふぅ」

エレン「なんか人が多いところにずっといたからかアニと2人になるとすごい楽になるな」ハハハ

アニ「わかるよその気持ち、私もともと人混みとかそんなに好きじゃないし」

390: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/06(月) 23:55:36 ID:K0gKaxhA
エレン「俺もだな、なんか無駄に疲れるし」

アニ「うん、そういえばエレン初詣には行く?」

エレン「まあそりゃな」

アニ「・・じゃあよかったらまた一緒に行かない?休みの日に会うときなんてそんなないし」

エレン「2人でか?」

アニ「・・うん//」

391: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 00:01:12 ID:Gb59hxSE
エレン「あ~・・、すまんがそれは無理だな、ミカサとアルミンと行く約束しちゃってるし・・」

アニ「あっ・・・、そうだなんだ・・」

エレン「でもよかったらアニも一緒に行かないか?てか行こう」

アニ「いやでも3人の中に混ざるなんてなんか悪いよ」

エレン「そんなことないって、2人は言っておくから行こうぜ」

392: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 00:06:21 ID:Gb59hxSE
アニ「本当にいいの?」

エレン「あぁ、というか嫌とか言うやつなんて絶対いないぞ」ハハハ

アニ「・・じゃあよろしく」

エレン「まかせとけ」

393: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 00:15:22 ID:Gb59hxSE
-
--
----

アニ「もうそろそろ時間だし行かない?」

エレン「おっ、もうそんな時間か、行こう行こう」


ガチャ

エレン「お邪魔しました」


スタスタ

エレン「俺イルミネーションとかじっくり見たことないから結構楽しみだ」

アニ「私も公園のは初めてだから楽しみ」

398: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 22:33:28 ID:Gb59hxSE
10分後

スタスタ

エレン「ここか、人多いな」

アニ「まあ結構有名なところらしいからね、それよりもまだショー?は始まってないけどそれでもじゅうぶん綺麗だね」

エレン「あぁ、・・ん?」

アニ「どうかした?」

399: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 22:40:02 ID:Gb59hxSE
エレン「あそこにアルミン達が・・」スッ

アニ「ん?・・あっ、本当だ」

エレン「アルミン達も同じこと考えてたわけか」

アニ「クリスタにユミルにアルミンにライナー・・、もしかしてダブルデート?」

エレン「いやいやそれはない」

400: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 22:50:00 ID:Gb59hxSE
アニ「じゃあなんで4人で?」

エレン「それはだな・・・」

エレン「・・・ってわけだ」

アニ「へぇ、クリスタはいったいどっちを選ぶんだろうね」

エレン「俺的にはライナーには悪いがぜひアルミンを選んでもらいたいもんだ」ハハハ

アニ「なんで?」

エレン「えっ?いやそりゃまぁアルミンは小さい時からずっと一緒にいた親友だし、アルミンに彼女ができたら俺も嬉しいしな、

クリスタなら優しいし可愛いし言うことなしだろ」

アニ「友達思いなんだね・・、というかやっぱりエレンもクリスタのこと可愛いって思うんだ」

エレン「そりゃまあ男子でクリスタを可愛くないって言うやつはまずいないだろ」

401: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 22:59:50 ID:Gb59hxSE
アニ「そりゃそうだろうね・・(女の私から見てもすごく可愛いし、私もああいう風になれたらな・・・)」

アニ「・・・はぁ」ドヨーン

エレン「(あれ・・、なんか俺まずいこと言ったのか?)」アセアセ

エレン「でもアニも十分可愛いと思うぞ!可愛いというより美人系?」

アニ「・・慰めのつもり?」

エレン「違う、俺は本当にそう思ってるぞ!」

402: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:02:29 ID:Gb59hxSE
アニ「本当に?」

エレン「だから本当だって・・」

アニ「・・・そっか、ありがとね」フフッ

アニ「エレンもかっこいいと思うよ」

エレン「俺がか?ないない」ハハハ

アニ「いやほんと・・」

<ハジマッター!
<キャー

403: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:06:04 ID:Gb59hxSE
エレン「始まったみたいだぞ、アニ!」バッ

アニ「えっ」クルッ


エレ・アニ「うわぁ・・・」



アニ「綺麗・・・」

エレン「すげえなこれ・・」

404: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:07:52 ID:Gb59hxSE
アニ「・・エレン」

エレン「ん?」

アニ「今日は私に付き合ってくれて本当にありがとね・・」

エレン「あぁ、俺のほうこそ誘ってくれてありがとな・・」

アニ「うん」

一方その頃・・

405: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:25:15 ID:Gb59hxSE
クリスタ「綺麗だね~」

アルミン「そうだね・・・(クリスタも綺麗だけどね)」

アルミン「ねぇクリス・・」

ライナー「アルミン!クリスタの隣変われよ!さっきあたった銀のエ○ゼルやるから!」

アルミン「じゃんけんで負けたんだからいい加減あきらめてよライナー・・」

ユミル「てかうるせえんだよくそゴリラ!迷惑だろうが!」

406: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:28:34 ID:Gb59hxSE
ライナー「お前も十分うるせえだろ!」

ユミル「あぁん!?」


クリスタ「2人とも少し黙ってて!」


ライ・ユミ「ごめんなさい!」


クリスタ「まったく・・、これ以上騒いだら離れてもらうからね、ねぇアルミン?」

アルミン「まったくだよ」ウンウン

407: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:32:24 ID:Gb59hxSE
ライナー「くそ・・・、クリスタとくっつきてウフフ大作戦が・・」

ユミル「お前だけはクリスタとくっつけられねぇわマジで」

ライナー「何を!」

ユミル「本当のことだろうが!」

クリスタ「・・アルミンあっちにいこ」

アルミン「う、うん」

408: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:34:29 ID:Gb59hxSE
2分後

ユミル「・・これくらいにしておくか」

ライナー「あぁ・・、ってクリスタとアルミンがいない!」

ユミル「何!?」

ライナー「抜け駆けは許さんぞ!」ダッ

ユミル「おい待て!」ダッ


<ウオォオオオ


エレン「・・あいつらうるさいな」

アニ「・・最低」

409: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:36:24 ID:Gb59hxSE
30分後

<キレイダッタネー
<マタライネンモキタイナ


エレン「終わっちゃったな」

アニ「終わっちゃったね」

エレン「綺麗だったな~」

アニ「また来年も来る?」

エレン「そうだな、ぜひ行きたいな」

410: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:47:35 ID:Gb59hxSE
アニ「(最初はただ友達とクリスマス過ごせるから嬉しかったけど、実際過ごしてみるとエレンだったからこそここまで楽しめたのかな?)」

エレン「んじゃそろそろ帰るか、もう人も減ってきてるし」

アニ「あぁ、・・ってちょっと待って!」


エレン「ん?」

411: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/07(火) 23:54:56 ID:Gb59hxSE
アニ「危うく私忘れるとことだったけど」ガサゴソ

アニ「はいこれ、クリスマスプレゼント」スッ


エレン「あぁ、そういえばそうだったな、ありがと、マフラーだっけ?」

アニ「そうだけどただのマフラーじゃないよ」フフフ

エレン「開けてもいいか?」

アニ「どうぞ」ドキドキ

412: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:01:57 ID:WauhOFjY
エレン「・・・」ガサゴソ スッ

エレン「ん?普通のマフラー?」

アニ「よく見てよ」

エレン「ん~・・、あっ、エレンって名前が編み込んであるな、もしかしてオーダーか!」

アニ「ち・が・う!それ私が手編みで作ったやつだよ、なんでわからないかな・・」

エレン「えっ・・、これアニが作ったのか!?」

アニ「・・だからそうだって言ってるじゃん//」

エレン「すげぇ・・、アニって器用なんだな」

アニ「まぁね(すごい失敗したけど)」

413: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:05:15 ID:WauhOFjY
エレン「さっそく巻いてみてもいいか?」

アニ「いいよ、あっ、私が巻いてあげるよ」グルグル 

アニ「これでよし」

エレン「おぉ~、暖かいなこれ」

アニ「よかった」

エレン「ありがとなアニ、一生大事にするわ」

414: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:12:38 ID:WauhOFjY
アニ「そうしてもらえると私も嬉しいよ」

エレン「それ俺の真似だろ」

アニ「あっ、ばれた?」

エレン「そりゃな」

アニ「ふふふっ、プレゼントも渡したことだしそろそろ帰ろうか」

エレン「あぁ、次は初詣か」

アニ「うん、でももしその前に暇な日があったら遊ばない?」

エレン「いいぞ、次は俺の家にこいよ、アルミン達も来ると思うけど」

アニ「わかったよ」

415: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:16:58 ID:WauhOFjY
<オーイ!

エレ・アニ「ん?」

クリスタ「エレンにアニ~!」タッタッタ

エレン「クリスタ?」

クリスタ「はぁはぁ・・、ねぇねぇアニ!」ズイッ


アニ「な、何?」

クリスタ「なんでエレンとアニ2人でこんなところにきてるの?もしかして・・・」キラキラ

アニ「ち、違うって!ただ単に私もエレンも今日暇だから一緒にここに来ただけ!」

416: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:19:23 ID:WauhOFjY
クリスタ「本当かな~?」ニヤニヤ

アニ「本当だよ・・//(クリスタってたまにミーナみたいになるんだよね・・)」

<クリスター!

タッタッタ

アルミン「つ、疲れた・・、ってエレンにアニ?」

417: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:24:34 ID:WauhOFjY
エレン「よお」

ライナー「クリスター!」ザザッ

ライナー「ん?エレンにアニじゃないか」

ユミル「本当だ、なんだお前ら付き合ってたのか」

アニ「ち、違う!」

エレン「ははは・・、それよりみんなもう帰るのか?」

クリスタ「うん、もう終わっちゃったしね」

418: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:28:53 ID:WauhOFjY
エレン「じゃあみんなで一緒に帰るか」

ライナー「あぁ・・(ベルトルト、かわいそうに・・・)」

クリスタ「そうだね、もう真っ暗だし」

ユミル「おいアニ、今日どこ行ってたんだよ」ツンツン

アニ「教えない」フイッ

419: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:34:47 ID:WauhOFjY
クリスタ「いいじゃん教えてよ~」

エレン「アルミン達はどこ言ってたんだ?」

アルミン「教えてもいいけどあとでエレンもどこ行ったかこっそり教えてよ」

エレン「仕方ねぇな」

アルミン「そういえばエレンそんなマフラー持ってたっけ?」

エレン「あぁこれか、アニの手編みだ」ニッ

ライナー「何!?貴様どこの世界でもリア充しやがって!」ガシッ

エレン「落ち着けライナー!クリスタがみてるぞ」ボソッ

ライナー「はっ!・・すまないねエレン君」ハハハ

420: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:43:54 ID:WauhOFjY
エレン「はいはい」

クリスタ「ねぇエレン~」

エレン「ん~?」

ユミル「今日どこ行って何したんだよ、アニが教えてくれないからお前教えてくれ」

エレン「あぁ、アニがいいって言ったらな」

アニ「だめ、この2人絶対からかうし」

421: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:46:35 ID:WauhOFjY
クリスタ「そんなことしないよ!」

ユミル「そうだそうだ!(多分)」

アニ「信用できない」

クリスタ「ガードが固い・・」

ユミル「鉄壁だな」

422: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 00:48:52 ID:WauhOFjY
<アハハハハ

ベルトルト「・・僕の家の前から聞きなれた声がすると思ったらなんでみんなあんな楽しそうにしてるんだよぉ」グスッ


ベルトルト「クリスマスなんてあんまりだぁー!」

終わり

426: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/08(水) 06:25:10 ID:7w9sabIo
乙!

427: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/08(水) 07:26:06 ID:93mV6PxA



後日談で、ミーナとクリスタにクリマスの事を問い詰めらるアニがみたいな~

428: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:04:24 ID:WauhOFjY
みなさんありがとうございます~

少しだけ後日談を書きますね

429: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:10:59 ID:WauhOFjY
後日

クリスタ「それでは今から女子会を始めます!かんぱーい!」

ユミ・ミーナ・サシャ「かんぱーい!」

アニ「・・かんぱい」

クリスタ「みんな今日は無礼講だよ!」

サシャ「いただきまーす!」ガツガツ

アニ「ねぇクリスタ」

クリスタ「ん?」

430: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:19:02 ID:WauhOFjY
アニ「ミカサも来るって言ってたけどミカサはまだこないの?」

クリスタ「あぁ、なんか遅れるらしいよ」

アニ「ふ~ん(ミカサってクリスマスに私がエレンといたこと知ってるのかな?多分知ってるよね?絶対何か聞かれる・・)」

アニ「そもそもなんで今日いきなりみんなを集めたの?」

431: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:29:00 ID:WauhOFjY
クリスタ「えっ?そりゃまぁ色々だよ色々、クリスマスの時の話とかさ」チラッ

アニ「・・帰る」スッ

クリスタ「だめ!」ガシッ

アニ「あの日簡単に引き下がったから何かあるとは思ってたけど・・・」

クリスタ「へへへ、私も話すからいいじゃん!」

アニ「無理」

ピンポーン

432: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:37:58 ID:WauhOFjY
クリスタ「あっ!きっとミカサだ!サシャ達アニが帰らないように見てて!」

サシャ「あいあいさー!」ビシッ

-
--
---

ガチャ

クリスタ「みんな~、ミカサがきたよー」

ミカサ「おはよう」

433: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:39:26 ID:WauhOFjY
ユミル「おっす」モグモグ

ミーナ「ミカサこっち座れるよ」

ミカサ「ありがとミーナ」スッ

アニ「・・・」モグモグ

ミカサ「アニ、聞きたいことがある」

アニ「(うん、知ってた)」モグモグ ゴクッ

434: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:43:16 ID:WauhOFjY
アニ「・・何?」

ミカサ「クリスマスの日、どこで何をしたの?」

アニ「絶対聞いてくると思ったよ・・、エレンから聞かなかった?」ズズッ

ミカサ「聞いたけどもしかしたら言えないような場所にいってたかもしれないし・・・//」

アニ「ぶふっ!そ、そんなわけないでしょ!」ゲホッゲホッ

ミカサ「・・それならいいけど」

435: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:50:20 ID:WauhOFjY
アニ「それよりミカサは?ジャンと一緒だったんでしょ?」

ミカサ「そうだったけど特にこれと言ってイベントはなかった、ただお店回って少しお茶しただけだったし」

アニ「そうなんだ」

クリスタ「ちょっとちょっと、2人だけで話さないで私たちも混ぜて混ぜて!」

ミーナ「私も話聞きたいな~」

アニ「じゃあまずミーナのを話しなよ」

ミーナ「いやいや、私のはたいしたことないですから」ハハハ

436: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:54:03 ID:WauhOFjY
ユミル「ってことでまずアニからだな」

サシャ「ですね」

アニ「それはおかしいでしょ、サシャはどうだったのサシャは?」

サシャ「私ですか?コニーに美味しいラーメン屋があると言われたのでずっとラーメン店巡りしてました」

クリスタ「なんかサシャらしいね」

アニ「うん」

ユミル「コニーもいたってことはなんだかんだデートだな」

437: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/08(水) 23:58:43 ID:WauhOFjY
サシャ「そうですかね?」

ミカサ「そうなんじゃない?」

アニ「(みんながサシャのほうに興味を向けてる隙に・・)」コソコソ

ガシッ

ミーナ「だめだよアニ」

アニ「・・チッ」

438: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/09(木) 00:01:15 ID:Nx/RMTt6
クリスタ「それじゃクリスマス暴露大会始めようか!」

アニ「えっ、何それ」

ユミル「最初はやっぱりアニからだよな」

アニ「はっ!?」

ミーナ「うんうん」

ミカサ「それがいいと思う」

439: ◆qZUCpA/gIM 2014/01/09(木) 00:05:36 ID:Nx/RMTt6
クリスタ「うんうん」

アニ「ちょっ!私は絶対話さないからね!」

20分後、結局折れたアニはクリスマスのことを話し案の定かわかわれたとか



終わり

441: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/09(木) 00:08:53 ID:xkgNzVQg
後日談来たー

進撃!巨人中学校(3) (少年マガジンコミックス)

新品価格
¥450から
(2014/1/10 23:36時点)


引用元: アニ「クリスマスか・・」

[ 2014年01月11日 07:30 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。