スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モバP「マーメイドをつかまえろ」

1 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:10:05.54 ID:DjPADhfp0


俺はP、数々の戦場をくぐり抜けてきた。時には婦警に捕まりシメられたりもしたが私は元気です。
今日も頑張ってアイドルの原石を見つけに地獄へ赴く。(cv大塚明夫)

P「というわけで今日はここ大学の構内へ来てみた。」

P「この間プールで早苗さんの撮影してた時に見かけてた娘がココの大学の水泳部に通ってるって聞いてきたんだが…どうしたものか。」


キャー!キャー! キャー!キャー! ナニアノヒト!

ザワザワ ザワザワ

P「やけに騒がしいけど何かイベントでもやってるのかな?」


西島櫂

西島櫂


2 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:13:03.22 ID:DjPADhfp0


P「まぁ今はそんなことはどうでもいい。さっそくプールの場所を知るために人を捕まえないと…と思ったやさきにイイ感じの娘発見!」

P「あ、ちょっとそこのお姉さん!」

カチューシャ女子大生「はい…なんでしょうか…?」

P「この大学の室内プールってどの辺りにあります?」

カチューシャ女子大生「それなら…あちらに進んだところに……。」

P「お~ありがとう!」

カチューシャ女子大生「いえ…それではこれで。」

P「あ、ちょっと待って!きみよく見たら可愛いよね良かったらはいこれ!それじゃあ!!」



3 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:13:32.67 ID:DjPADhfp0


カチューシャ女子大生「え、あっ……行っちゃった…CGプロダクション…私がアイドル…無理かな。」

ヒソヒソ ネェチョットアレミテヨー ナニナ…キャー!キャー!

ナンナノアレー!

P「ん~なんだろう俺に黄色い歓声が凄いな…いや~俺はプロデューサーなのにこんなに注目集まっちゃってなんだか悪いな~。」

P「そんなこと言ってる間に着いちゃったよ。お~ここが例のプールか。以外に本格的だな。」

P「よーしじゃあちょっとおじゃまし…」



5 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:14:17.71 ID:DjPADhfp0


警備員「お兄さんちょっと良いかな?」

P「え?はい、どうしました?」

警備員「お兄さんここの学生さんかな?もし学生さんなら学生証提示してもらえるかな?」

P「学生証?すみません私学生じゃないんです。」

警備員「あ~そうだろうと思いましたよ。」

P「もういいですか?ちょっと急ぎの用で…。」 ヒョイッ

警備員「ダメですよ。」 スッ

P「またまたご冗談を~♪」ヒョイッ

警備員「冗談なんて言ってたら仕事になりませんよ。」スッ

P「あーもう一体何なんですか!私が何か悪い事しましたか!?」



6 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:15:11.25 ID:DjPADhfp0


警備員「あーもうはこっちのセリフですよ!大体君は自分の格好を見てなんとも思わないのか!」

P「格好?アナタもおかしな事を言いますね…私の格好の何が変だって言うんですか!」

警備員「何って…ブーメランパンツ一枚にネクタイと靴下だけしか身につけてない格好の何がまともだって言うんだ!…どうみたって海パン刑事のなりそこないだろうが!」

P「なっ!?海パン刑事とは失礼な!!私は水着の中からバナナなんて取り出しません!」

警備員「問題はそこじゃねえんだよいいからさっさと出て行けハゲ!!」

ガシッ ポイー



7 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:16:27.84 ID:DjPADhfp0


P「イテテテ…まったく。ちょっと髪の毛が少ないからってハゲだの海パン刑事だの扱いがゾンザイじゃないか。」

P「それにしてもこの格好ってそんなに変かな?」

P「うーん…それにしても困ったな。これじゃあプールの中に入れないやどうしよう…。」


ポクポクポク…チーン!


P「あ!アレを使おう!」

テレレレッテレー!



8 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:17:36.58 ID:DjPADhfp0


P「ら~ぶ~だんぼ~る~(cv大山のぶ代)」

P「この間のガチャの特典で当たったのがあったんだ…やっててよかった課金ガチャ!」

P「それじゃあ早速…」

モゾモゾ

P「うん!ちょっと大きいけどこれなら絶対バレないな。」

P「よ~しそれじゃあ再度突入だ!」

ゴソゴソ

警備員「ん?」

ピタッ



9 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:18:23.90 ID:DjPADhfp0


警備員「なんだ気のせいか…。」

ゴソゴソ

警備員「それにしてもさっきの変質者、凄い禿げてたな~」

ピタッ ジーッ

警備員「ありゃ周りもハゲにきにs…ん~?さっきから人の気配がするんだが…。」

警備員「やっぱり気のせいか。さっきの変質者のせいで色々敏感になってるんだろうなきっと。」

ゴソゴソ ゴソゴソ

ガサッ

P「ふぅ…危うくバレるところだった。」



10 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:19:05.46 ID:DjPADhfp0


P「さてとプールサイドにお邪魔しようかな。」

ファイトー! ガンバレー!

オツカレー! コノアトドコイコッカー?

ワイワイガヤガヤ


P「おぉ~コレが花の女子大水泳部。」

P「何処を見渡しても競泳水着…濡れて身体に水着が食い込みにけーしょんで…むふふ」

キャー!ナニアノヒトクチカラヨダレタラシテルー

櫂「みんなおつかれ~!…ん?あんた見ない顔だねそんなところで何やってんの?あ、もしかして変質者!?」



11 : ◆DQrFQ0hp.U[saga]:2014/01/12(日) 10:21:49.63 ID:DjPADhfp0


P「えへへ~…お尻と水着がジャストワイビーでビームライフルがゼロカスタムだよ…むふふ」

櫂「はっ!?えっちょっと何本当に変質者なの…それじゃあこんなことしてる場合じゃない直ぐに警備員呼ばなきゃ!」

P「ちょっ違うんだ俺は変質者なんかじゃないんだよ実は俺はこういうもので。」 メイシヒョイー

櫂「なんで海パンから名刺が…なになに、CGプロダクション・・・あんたもしかしてスカウトってやつ?!」

P「そうそう俺アイドルスカウトする人。気軽にPって呼んでね!キャハッ☆」

櫂「うわぁ…いい年して自分の痛さに気づけ無いって重症だね。」



12 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:22:19.41 ID:DjPADhfp0


櫂「まぁ一応スカウトってことは信用してあげるけどココは関係者以外立入禁止だよ!さぁ帰った帰った!」 シッシッ

P「やっちょ…そこを何とか!」

櫂「何とかって言ってもねぇ。だってさっきそこでヨダレ垂らしながらウチの娘たち見てたようなさっき会ったばかりの変質者を入れておくわけには行かないの!!」

P「くぅ~ん…くぅ~ん…」

櫂「そんな犬の真似したってダメだよ。」

櫂「だいたい海パン刑事みたいな格好してたらどう考えても怪しむに決まってるでしょ馬鹿でしょアンタ。」



13 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:23:35.85 ID:DjPADhfp0


P「嫌だい嫌だいアイドルにスカウトするんだい!」 ジタバタ

櫂「あー駄々こねちゃったよ…はぁ~、ねぇアンタなんでそんなにスカウトしたがるの?」

P「お、よくぞ聞いてくれました!」 ガバッ

櫂「立ち直り早いね。」

P「俺は一目見た時にティンと来たんだよ!この娘ならアイドルとしてやっていける、アイドルというダイヤになるために生まれた原石だってね。」

櫂「てぃ…ティンねぇ。でもうちの子じゃなくても他にもダイヤの原石なんてそこら中に居るんじゃない?」

P「うんもちろんアイドルになれる素質を持った娘は探せば何処にでも居るよ。さっきココに来るときにも1人声をかけてみたしね。」



14 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:24:46.87 ID:DjPADhfp0


櫂「へぇ~あんなにココの娘をスカウトする駄々こねてたのに来る途中に1人声かけたんだ…じゃあその娘にアイドルになってもらえばいいやん?」

P「その娘とは偶然出会っただけだからまた今度本格的にスカウトするつもり。今回はココの娘!」

櫂「アンタも強情だねー。それでアンタがティンときた娘をなんでそんなにアイドルにしたがってるの?」

P「あーそれねうん…実は俺はその娘を見たことは一度しか無いし話したことも無かったんだけどね。」

櫂「あー…この際一度しか見たことなくて話したこともない相手がなんでここの水泳部だったか分かったのかは聞かないでおくよ。」

P「それでな、その娘を一目見て思ったんだ。」



15 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:25:30.40 ID:DjPADhfp0


櫂「ティンときたんやろ?それさっき聞いたけど…。」

P「そっちもあるけどもうひとつあるの。その娘すごく辛そうな表情してたんだ。何かこう…なにか物事が上手く行ってないって顔でさ。」

P「そういう娘を見てるとついつい声をかけてどうにかしてあげたくなる性分で。」

櫂「そして優しくしておいてあわよくばアイドルにスカウトしてやると?」

P「まっまぁ平たく言えばそうかな。あははは~…。」

櫂「ふーん…。」

P「ど、どうかな?スカウト…良いかな?」

櫂「そっかぁ~仕方ないねいいよ!あんたの根性に負けた。アタシが呼んできてあげる!さぁどの娘?」



16 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:26:10.51 ID:DjPADhfp0


P「いや俺がスカウトしにきたのは君だよ。」

櫂「え、アタシ?」

P「うん、君。」

櫂「え…えええええええ!!!???」



17 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:28:08.01 ID:DjPADhfp0


----------------------------

P「今思えばおかしな話だよな~あんなに話してるのに最後の最後まで気付かなかったんだもんな。」

櫂「だってまさかアタシがスカウトされるなんて考えてもみなかったんだからー。」

P「さすがにわかると思ってたんだけどな…まぁでもそこが櫂のいいところでもあるんだけどな。」

櫂「ふふ、なにそれ褒めてるの?」

P「あぁい~っぱい褒めてるぞ!」

櫂「そっか…ありがとう。」



18 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:40:49.64 ID:DjPADhfp0


櫂「ねぇプロデューサー…私ねアイドルになって本当に良かったと思ってるよ。」

P「そりゃありがたいけどいきなりどうしたんだ?」

櫂「昔の話してたら水泳してた頃のこと思い出してね。」

P「水泳してたときか…やっぱりあの時の櫂は競泳水着を着てたからかなりエロかったなてん~どうだ今度の衣装は水着にしてみないか?」

櫂「何言ってんのさ変態。だいたい競泳水着をそんな目で見ないで欲しいんだけど…やっぱりこの人にスカウトされたの間違ってたかな…。」



19 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:54:32.17 ID:DjPADhfp0


P「なっ!俺はこう立派に櫂の未来を案じてだな…」

櫂「あーはいはい分かってる分かってる。ねぇPさん?」

P「ん?なんだ?」

櫂「これからも一緒に頑張ろうねPさん!」

P「おうもちろんだ!」

P「なぁところで櫂、プールの入り口の前に居た警備員ってどこかで見たことがある面影というか似た顔を見たことがあるというか……なんて名前なんだあの警備員?」

櫂「あの人?あの人は確か喜多…」

日菜子「むふふ…おはようございます。今日も妄想日和ですね…むふふふ~」

P「………あ~日菜子のお兄ちゃんだったか。そのうちCuPにでも紹介してやるか。」



20 : ◆DQrFQ0hp.U [saga]:2014/01/12(日) 10:56:48.72 ID:DjPADhfp0


おわり

櫂ちゃん知名度アップのために作ったのはいいけど着地点もないし難しいね。



21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/12(日) 11:08:32.30 ID:DwFo/l48o


櫂ちゃんてこんな不審者にホイホイついて行くようなアホなの?



22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/12(日) 11:16:13.39 ID:WEtkgVyj0


乙 櫂ちゃんのssあんま見ないから新鮮だった また是非
>>21アホかわいいのはゆっこの役目だろ!




24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/12(日) 12:17:57.86 ID:I4e2IvQAO


乙!
櫂Pの俺得なSSだったわ




ぽちゃぽちゃ水泳部(1) (まんがタイムコミックス)

新品価格
¥650から
(2014/1/12 14:02時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389489005/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。