ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]進撃の巨人 >  【安価】ライナー「ホモってなんだ?」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【安価】ライナー「ホモってなんだ?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:07:18 ID:1Agffqjk
ライナー「なぁ>>2教えてくれよ」

>>2>>4

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:07:45 ID:TINtH3SU
コニー

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:12:09 ID:QQ6lGDQ2
お前の事だよ


ライナー


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:19:03 ID:1Agffqjk
ライナー「なぁコニー、ホモってなんだよ」

コニー「お前のことだよ」

ライナー「ほう…つまり俺のような魅力的な男性をホモと呼ぶのか」

コニー「そうなんじゃね?」

ライナー(なるほどな…つまり俺は魅力的なのか…)

ライナー(そういやあの時クリスタも俺をホモって呼んでたな)

ライナー「なぁコニー、>>7

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:27:16 ID:Q0hnpo4o
ヤラナイカ♂

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:34:51 ID:1Agffqjk
ライナー「なぁコニー、ヤラナイカ♂」

コニー「な…何言ってんだよ…うわっ!
こっち来んな!お…おい!ズボン下ろすなって!」ズリッ

ライナー「ずいぶん小さなケツだな…」ヌプリ

アーーーーーーーッ‼ パンパン!

>>11「うるさいなぁ」ガチャリ

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:38:56 ID:55YvHak6
エレン

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:45:07 ID:1Agffqjk
エレン「うるさいなぁ…」ガチャリ

エレン「!!!?!?」

エレン(な…何が起こってるんだ?ライナーがコニーを襲ってる?
いや、それよりもコニーのケツにライナーのナニが…)

ライナー「いや…違うんだエレン!これはだな…」アセアセ

コニー「エレーン…!助けてくれー…」

エレン(俺一人じゃ無理だ!助けを呼ばないと… こういう時は>>13だな!
>>13>>15にいるはず!)

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:46:49 ID:E8V1APQw
俺のアルミン

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 00:56:58 ID:Q0hnpo4o
ハッテンバ

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 01:17:40 ID:1Agffqjk
エレン「俺のアルミンはハッテンバだな!
待ってろよコニー!すぐ助ける!」ダッ

ライナー「エレン!ま、待て!違うんだって……うっイクッ!」ドリュュュュュュ…

コニー(母ちゃん…俺もうだめだ…)グッタリ

-------------
~発展場~

マルコ「あぁアルミン!いい締まりだ!」パンパン

アルミン「あぁ…きもちいいよマルコ!」アンアン

「アルミーーーーーーン!!!!」

アルミン「やぁエレン、どうしたんだい?アンッマルコッ!」

エレン「>>19」ハァ…ハァ…

アルミン「>>21 イクッ!イッチャウヨォォ!」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 01:27:27 ID:AvV1s9wY
次は俺とやろう

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 01:37:50 ID:vguAyVdo
いいよ…きて

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 02:05:58 ID:1Agffqjk
エレン「次は俺とやろう」

アルミン「いいよ…きて」ピクピク

マルコ「アルミンは最高だよ!また今度やろうね!」バイバーイ

エレン「アルミン…もういけるか?」ギンギン

アルミン「うん…エレンのためなら…」

エレン「よし!いくぞアルミン!
さぁ、俺のイェーガーを存分に味わえ!」ボロン

アルミン「うん!」パクリ

アルミン(こ…これは…!)

アルミン「あぁぁぁ!エレンのイェーガーおいしいよぉぉぉぉぉ!この味は、まさにトリュフ!こんなものが味わえるなんて僕は幸せだぁぁぁぉぁ!」ベロベロ

エレン「まだまだぁ!もっとぉぉ!」

アルミン「エレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレン!」ベロベロベロベロベロベロベロベロ

エレン「うっ!アルミンいくぞ!全部飲めよ!」ドピュッ!ドリュュュュ!!!!

アルミン「ふえぇぇぇ…」ゴクリ!
「えへへへへ…全部飲んだよ…」

エレン「さぁ…アルミン…>>25だ」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 02:39:30 ID:WQF/Yh8k
帰ろう、俺たちの家(男子寮)に

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 07:30:47 ID:1Agffqjk
エレン「さぁアルミン、帰ろう、俺たちの家(男子寮)に」

アルミン「うん!」

エレン「なーんか忘れてる気がするんだよなぁ…」

アルミン「なんかって?」

エレン「よく思い出せねぇな…
着いたぞ!俺たちの家だ!部屋だ!」ガチャリ

エレアル「!!!!!!!!!」

部屋には何が?>>30

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 07:54:17 ID:iAboYi5Q
ライナー

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 16:07:16 ID:1Agffqjk
ライナー「ホモッホモモッ!」

エレン「ラ…ライナー?コニーはどうした?!」

ライナー「ホモモーッ!ホモッ!」

コニー「」 チーン

アルミン「あぁ!コニー!…一体誰がこんなこと…」

ライナー「ホモッホモッホホホモモ!ホモーーーーーーー!」グワッ

アルミン「うわっライナー!やめて!」

エレン「やめろよライナー!どうしたんだ!」

ライナー「ホモモモ!(実は…>>32だ)」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/16(月) 16:20:00 ID:rj7vITW2
身体の自由がきかないん

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:13:21 ID:Rt7v3ma6
ライナー「ホモモモ!(実は…身体の自由がきかないんだ!)」ガシッ

アルミン「うわ!掴まれた!」

エレン「アルミン!」

俺はただ…幼馴染が襲われる様を、ただ、見ることしかできなかった…

目の前では幼馴染がーー

俺の、俺の唯一の親友がーー


ゴリラにーーーーーーー

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:19:52 ID:Rt7v3ma6
突然、視界が眩む。

そこから先のことは思い出せない。

ただ、わかることは、俺の目の前にはつい先ほどまで親友を襲っていた暴漢が横たわっていること。

そして、俺の手に血のついたナイフがあることだった。

エレン「俺がー?俺がやったのか?」

辺りを見渡しアルミンを探す。

しかし、彼の姿はどこにも見当たらない。

エレン「おい、アルミーー」

言葉を失った。

彼はもうーーーーー。

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:26:01 ID:Rt7v3ma6
そばに駆け寄る。

よかった。まだ息はある。

エレン「なぁ…アルミン」

アルミン「あぁ…エレン…かい?」

アルミン「ありがとう。僕を助けてくれて」

エレン「おい、まさか死ぬんじゃないよな?」

彼は俺の問いには答えず、ただ静かに、微笑んだ。

エレン「…アルミン?」

名前を呼ぶ。

エレン「アルミン!」

何度も。

エレン「アルミン!!」

何度もーー。


すると、彼は消えそうな、絞り出す様な声でこう言った。

アルミン「…>>41

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:32:54 ID:5hB4nJv.
大丈夫、君がいる限りは死なないよ

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:42:16 ID:Rt7v3ma6
アルミン「…大丈夫、君がいる限りは死なないよ」

俺の頬を熱いものが伝った。

力強く彼を抱きしめる。

訓練兵に相応しくない、細い身体を。

消えてしまいそうな命を。

アルミン「…痛いよ。優しくして…?」

エレン「死ぬな、絶対に。俺がずっと支えてやるから」

アルミン「ありがとう」

彼も声が震えている。泣いているようだ。



それからどれくらいの時間が経っただろうか。

窓の外はすっかり暗くなっていた。

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:51:53 ID:Rt7v3ma6
~~~~~~

俺、ライナーは突然のことに頭が回っていなかった。

身体の制御が不可能になり、アルミンを襲おうとしたら突然エレンに刺された。

幸い、俺には「皆に言えない秘密」があるおかげで助かったが、動こうにも動けない状況にある。

そばではエレンとアルミンが無言で抱きあっているからだ。

ここで俺が動き出すと、秘密がバレてしまうかもしれない。

俺が、巨人だってことがーー。

というわけでしばらく狸寝入りを続けていたが、気がつくと夜になっていた。

しかたない…やるか…。

俺はある決心をした。

(ポケットの中にある>>45>>47をしてやる!)

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:54:04 ID:tr1vH.w6
ティッシュ

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 18:54:33 ID:zsOYu6bo
オナニー

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 22:47:51 ID:Rt7v3ma6
俺は徐にポケットに手を入れ、そこからティッシュを取り出した。

見つからないように、静かに、静かに。

そしてゆっくりとズボンを下ろすーー。

が、なかなか下りない。ベルトが下がらない。

ーーくそっ!どうして!

しかしバレてはならない。絶対に。

しばらく悪戦苦闘したが、ようやくズボンを下ろすことに成功した。

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 22:51:23 ID:Rt7v3ma6
ここからが重要だ。

俺はティッシュを逸物にあてがうと、ゆっくりとシゴき始めた。

頭にあるのは、いつでも>>51の顔だ。

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 22:54:35 ID:0JQ0cVCw
ライナー

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 23:02:17 ID:Rt7v3ma6
頭の中ではライナー、つまり俺自身の顔を思い浮かべる。

俺はイケメンだからな。

長い人生の中で、誰もが自分と性的な行為をしたいと思ったことがあるはずだ。

それを口にするやつなんてよほどいないがな。

世の中の人は皆ナルシストであり、自分が大好きなんだ。

子供の頃から、俺は自分にそう言い聞かせてきた。

みんなやってる、俺だけじゃないーー。

頭のなかで、俺と俺が絡み合う。
激しく、そして濃密に。

一人の俺が、もう一人の俺の後ろをとる。

いきり立った逸物を、ケツの穴にーー。

そこまで妄想を広げたとき、キた。

快感と脱力感が押し寄せてきた。

あぁ…俺は幸せだーーー。

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 23:08:00 ID:Rt7v3ma6
~~~~~~~

アルミン「…そろそろ夕食の時間じゃない?」

エレン「あぁ…そうだな。」

どれくらい長い間、俺はアルミンを抱きしめていたのだろう。

ただ無言で、お互いの、少し度を超えた友情を確かめ合っていた。

アルミンは少し頬を染めている。

アルミン「そういえば、ライナーの処理はどうするの?」

すっかり忘れていた。

エレン「どーすっかな…」

振り返る。

目を疑った。

ライナーのそばには、白い液体のようなものが。

鼻につくこの香りーー。

間違いない、精液だ。

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 23:11:12 ID:Rt7v3ma6
アルミン「くさっ!」

俺はすぐさまライナーに駆け寄った。

ライナーはいつも以上のアホ面をしていた。

手にはティッシュとナニが握られている。

エレン「おい、ライナー!生きてるのか?生きてるんだろ?」

俺は訳がわからず、ただただ混乱した。

呼びかけてみてもライナーは動かない。

しかし俺は確信していた。

ーーライナーは、生きてる。

俺はライナーに>>56をすることにした。

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 23:13:34 ID:IInbK7fg
キンテキ

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 23:37:29 ID:u1oXgp9Y
文体と内容の落差がひどいんですがwwww

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/11(土) 23:59:13 ID:Rt7v3ma6
~~~~~~
エレン『キンテキでもするか…』

俺の脳内を危険信号が駆け巡る。

ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいーー!

死ぬーーー!

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 00:09:52 ID:GmiAN5Vg
どうやら続きが書けそうなので投下します

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 00:35:38 ID:GmiAN5Vg
~~~~~~~
俺の精神は一点に研ぎ澄まされた。

ライナーの局部を狙ってーー

全力でーーー振り抜く!

~~~~~~~
これはヤバい!
死ぬのか?俺は死ぬのか!?

ベルトルトでもいい!ジャンでもいい!
ミカサでもユミルでもクリスタでも!

誰か助けてくれ…

俺を…俺を…助けてくれ!

いやだ…
死にたくないーー!

誰かーーーーーーーーー

~~~~~~
室内に凄まじい叫び声が響き渡った。
僕が見たのは、本来ありえない光景だった。

アルミン「どうしてーー」

アルミン「ーーーコニー!」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 00:42:12 ID:GmiAN5Vg
それは確かにコニーだった。

僕の頭は高速で現在の状況を処理し始める。

エレンが足をあげ、ライナーに向け蹴りを放った。

その瞬間、部屋の隅で倒れていたはずのコニーがライナーを庇い、


身を呈して、蹴りを受けたのだ。

そして彼は笑っている。蹴りによるダメージは受けていないようだ。

ライナーな白目を向き、泡を吹いて気絶している。

エレンは何が何だか理解できていないようだ。

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 00:51:29 ID:GmiAN5Vg
アルミン「いったいどうして…」

僕は問いかける。

コニー「俺なりの罪滅ぼし、だ」

彼は呟くように言った。

コニー「ライナーがこうなったのも俺のせいだからな…」

アルミン「どういうこと?」

彼はそれには答えず、ライナーに向き合った。

コニー「ライナー、ごめんな…。俺が… お前にちゃんと『ホモ』の意味を教えていれば…」

こんなことにはならなかったのに、と彼は言った。

泣きそうな顔のコニーに僕は言った。

アルミン「とりあえず、ライナーを救護室に運ぼう」

僕は動こうとしたが、先ほどの傷が再び疼きだした。

アルミン「ごめん…僕も限界みたいだ…ははは…」

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 00:59:39 ID:GmiAN5Vg
~~~~~~
少しずつ、落ち着きを取り戻す。

俺は想定外の事態に立ち尽くしていたようだ。

アルミンとコニーが会話している。

ーーアルミン…すでに弱ってるくせに大丈夫か?

そう思った矢先、彼は床に崩れ落ちた。

俺はアルミンに駆け寄る。

エレン「おい!アルミン!」

アルミン「ははは…これじゃ格好がつかないね」

コニー「アルミン…お前もなのか?」

突然不思議なことを言い出したコニーに俺は問う

エレン「お前もって?」

コニー「あぁ…実はな…>>67

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 01:04:46 ID:rsX4BxU6
精神的なショックによるものだ。一日添い寝してやれば治るぞ

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 01:14:39 ID:GmiAN5Vg
コニー「精神的なショックによるものだ。一日添い寝してやれば治るぞ」

エレン「そ…添い寝?まてよ、お前は誰と寝たんだ?」

コニー「あぁ…俺はバカだからな。重症には至らなかったんだ。でもアルミンの容体はまずいぞ。一刻を争う事態だ…」

エレン「わかった…一日添い寝だな。」

本当はお腹も空いていたが、今日は我慢して寝ることにした。

エレン「明日、訓練休むって教官に言っといてくれ」

コニー「おう!じゃ!」

そう言い残して、コニーは部屋を出て行った。

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 01:17:45 ID:GmiAN5Vg
俺はアルミンをベッドに運ぶと、一緒に布団に入り込んだ。

エレン「はは…可愛い寝顔してやがる。」

アルミンは今、すやすやと寝息をたてていた。

今ならーーいいよな?

ゴクリと唾を飲み込むと、俺はアルミンと唇を合わせた。

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 01:21:46 ID:GmiAN5Vg
~~~~~~
人は夢を見る。

夢ではさまざまな出来事が起き、さまざまな自分になることができる。

楽しい夢、時には怖い夢を見ることもあるだろう。

そしてここにも、夢を見ている男がいた。


「ーーホモってなんだ?」







悪夢は、繰り返す。



72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/12(日) 01:24:42 ID:IGqErr3Q
乙ミン
面白かった、やっぱ幼馴染っていいな

俺たちの燃え★スリーブ やらないか

新品価格
¥450から
(2014/1/12 23:10時点)


引用元: 【安価】ライナー「ホモってなんだ?」

[ 2014年01月13日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。