ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [オリジナル]姉・妹・兄・弟 >  妹「私が言うのも変だけど」兄「どうしたの?」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妹「私が言うのも変だけど」兄「どうしたの?」

1 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/26(土) 16:49:52.62 ID:m1BwEYb60


妹「イケメンの兄を持つ私は苦労が絶えないわけですよ」

兄「んー?ごめんね」

妹「ほら、そうやってすぐ折れて喧嘩にならない」

兄「妹とは喧嘩したくないよ?」

妹「いちいち優しいからクラスの子に兄の事を聞かれるんですよ」

兄「そうなんだ、妹友ちゃんは元気?」

妹「妹友に興味があるんですか?怒りますよ?」

兄「興味?んー元気かどうかの興味はあるけど他に他意はないよ?」

妹「そういう空気を作ると女の子がいろいろ考えるのです」

兄「どうして敬語なの?」

妹「べ、別に興味なんてないんだからね!」

兄「んー?」


2 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/26(土) 17:03:15.82 ID:m1BwEYb60


兄「って事があったんだよ」

幼「それは兄くんが悪いんじゃないかな」

兄「そうなんだ…んー」

幼「理不尽だなぁとか思うの?」

兄「んーん、ただ、妹が心配で。急にあんな事を言い始めたからどうしたのかと思ってさ」

幼「兄くんの事が好きだからじゃない?」

兄「そっかぁ、自分も好きだけど」

幼「ダメ」

兄「えー」

幼「か、家族でほら、す、好きとかダメだと思うの」

兄「家族として好きってだめなんだ…知らなかった……」

幼「…ごめん、それは大丈夫」

兄「んー?」

幼「とにかく!もうちょっと私のことを考えなさい」

兄「…あれー」



3 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/26(土) 17:12:52.72 ID:m1BwEYb60


兄「って事が…」

先輩「それは兄くんが悪いかな」

兄「そう…なんですか…?」

先輩「うん、だから私のことを考えるべきだと思うわ」

兄「いきなりですね」

先輩「ストレートの方がわかりやすくていいと思ったからよ」

兄「ごめんなさい。ストレートすぎて意味がわかりませんでした」

先輩「今度、私の家に来るといいわ、そしたら意味を教えてあげる」

兄「あの、屋敷みたいな家ですよね。えーっと…悪い意味とかじゃなくて、すごく大きいなーとか思って」

先輩「私専用の部屋があるからね」

兄「専用の部屋?」

先輩「ふふ、泣き叫ぶ貴方が見たいわ…」ウフフ

兄「ちょっと怖いです」ブルブル

先輩「あらやだ、本音を隠さないと兄くんが離れてしまうわね」

先輩「…居なくなっちゃった」



4 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/26(土) 17:25:36.79 ID:m1BwEYb60


兄「どうすればいいかな?」

兄友「しらん、そもそも完璧なお嬢様の生徒会長と可愛い妹と美人な幼馴染。お前の不満を教えてくれ」

兄「そういう話はしてないよ、困ってるんだ」ジッ

兄友「あ、あまり見つめるなよ」

兄「ごめん、ちょっと必死だったね」

兄友「もっと必死でもいいんだぜ?」

兄「どうして?」

兄友「あ、いや別に」

兄「んー何か解決法があれば」

兄友「付き合えばいいんだ(俺と)」

兄「付き合う?買い物とか?」

兄友「そう突き合えばいい」

兄「め、目が怖いよ。それに近づいてきてるけど」

兄友「やらないか?」

兄「な、なにを?」

兄友「いいから、いいから」

?「…えい」ブンッ

兄友「はぅん!」ドガ…ドサ!

兄「…痛そう」

妹友「先輩、お久しぶりです」

兄「あ、うん。えーっと…蹴らない方がいいよ?」

妹友「愚兄の腐ったモノを蹴ったとしても減りはしません」ニコッ

兄「そういうものなの?」

妹友「そういうモノです」ニコニコ



6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/10/26(土) 23:28:58.89 ID:hbhXV3ADO


ほぅ…期待する



7 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/27(日) 16:05:36.45 ID:Wlg8OtU60


兄「って事があって少し逃げてる?感じなんだ」

妹友「そうなんですかー大変ですねー」ニコニコ

兄「うん(この子はまともっぽいな大丈夫かな?)」

妹友「ところで…そのメス豚共はどこですか?」ニコニコ

兄「…どうして?」

妹友「嫌ですねー前から愛し合ってる仲なのに、ほら先輩、このクマのキーホルダー」

兄「…いつ愛し合ったっけ?」

妹友「このクマのキーホルダーって特殊な加工がされててクマの中に先輩の髪の毛があるんです」ウフフ

兄「…」ダッ

妹友「ニガサナイ」



8 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/27(日) 16:14:25.64 ID:Wlg8OtU60


ーーーー体育倉庫。

兄「ど、どういうことなの?どうして追われる羽目になったんだっけ」ハァハァ

兄「ここなら大丈夫だ…多分」

姉「あら、弟くんじゃない」

兄「…ね、姉さん」

姉「…?どうして構えるの?」

兄「あ、いや、ごめん…ちょっといろいろあって」

姉「ふーん…ところで何しに来たの?」

兄「いや、ちょっとお…いや何でもないんだよ」ダラダラ

姉「?まぁ、ちょっとちょうどいいからこの体育で使った道具片付けてくれない?」

兄「う、うん」

ーーーー数分後。

姉「へー大変だねー女の子にモテるって」

兄「そういうわけでもないと思う…」

姉「ま、頑張りなさい」

兄「…助けてくれないの?」

姉「私は先生よ?全員の意思を尊重するわ」

兄「本当のところは?」

姉「楽しそうだから放置」

兄「一番まともなのに!」

姉「青春は早いからもっと楽しみなさい!」ニコッ

兄「ばかー!」ダッ

姉「ふふふ、逃げ切ったら私が捕まえてあげるからねー頑張りなさい」ニコニコ



11 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/31(木) 20:42:43.31 ID:RRFzsEUH0


ーーーー図書室。

兄「…ここなら大丈夫かな?」

?「…?」

兄「ああ、ごめんなさい。少しだけここに居させてください」

?「…」コクリ

兄「…」

?「…」

兄「…(この人、静かで本を読む姿様になってるなぁ)」

ガラガラ。

兄「…ひっ」ブルブル

?「…」

妹「あ、あの…」

?「…?」

妹「…ここに兄が…じゃなくて男の人が来ませんでした?」

?「…」フルフル

妹「…そうですか、ありがとうございます」ペコッ

?「…」コクッ

ガラガラ、バタン。

兄「…行った?のかな…?」オソルオソル

?「…」コクッ

兄「すいません、隠れるの手伝ってもらって」

?「…」カキカキ、スッ

兄「…(筆談?変な人だな…)」

妹は大切にね。

兄「あ、は、はい。ありがとうございます」

?「…」ニコッ

兄「…(すっごい爽やかな人だな)」

?「…」スッ

兄「そこのドア…に何かあるんですか?」

?「…」カキカキ、スッ

兄「…えーっと」

そこのドアから出れば妹さんには見つかるだろうけど、それなりの距離が稼げるから逃げ切るかは君次第だよ。

?「…」

兄「…今回は逃げます」

?「…」コクッ、ペラッペラッ

兄「…それじゃあ(不思議な人だったな話が終わったらすぐに本を読み始めた…本の虫って言うのはああいう人なのかな?)」

タ、タ、タ、ガチャッ、バタン。

?「…」



12 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/10/31(木) 20:47:43.18 ID:RRFzsEUH0


妹「いたー!」

兄「見つかった!けど本当に距離がある…とりあえず逃げよう!」

妹「まてー!」タッ

兄「ひぃー」ダッ

ーーーー公園。

兄「…」ハァハァ

兄「なんとか逃げ切ったかな…だけど、どうしてみんな追いかけてくるんだろう」

兄「何かしたかな…んー」



16 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/11/11(月) 00:59:36.68 ID:ETSTVB1G0


ーーーー数時間前。

?「やぁ、兄くん」

兄「ああ、科学部の女さん」

女「ん、元気そうで何よりだ」

兄「なにか用です?」

女「同い年なんだからもう少し砕けた話をしよう」

兄「たまに先輩のオーラを感じるんですよね」

女「それはお婆ちゃんって言いたいのかい?」アハハ

兄「い、いや、それは失礼でしょ」

女「ふむ、ところで兄くん、新開発した」

兄「…」ダッ

女「…」ガシッ

兄「科学部じゃなくて陸上部に入ればいいと思うんですよ」

女「中学の時に全国行ったからもういいかなって、それより逃げるのは良くないよ?」

兄「よく実験されるのでそれはもう逃げますよ」

女「わかってるなら話が早い!新開発したこの薬、こいつをどう思う?」

兄「…」



19 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/11/22(金) 02:39:22.95 ID:5A5wNUx60


女「すごく…大きいだろ?」

兄「…」

女「なんだよーノリ悪いなぁー」

兄「…」バタバタ

女「ふむ、無言で逃げようとする君にはこうだ!」ギュ、プニプニ

兄「!」

女「どうやら兄くんも胸には弱いようだね」

兄「な、なにが目的」

女「チャンス!」シュッ

兄「もが!ゲホッゲホゲホ、な、なにをゲホッ」

女「気管に入っちゃった?んー」ジー

兄「だ、大丈夫ですから近づかないでください」

女「ひどいなぁ」

兄「どっちがですか!」

女「んー?効果はまだ出ないか」

兄「効果って何を飲ませたんですか…」

女「人類の夢の薬だよ」

兄「?」

女「まぁ効果が出たらまた来てねー」フリフリ


ーーーー現在。

兄「思い出した…すぐに女さんを見つけないと」ダッ



21 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2013/12/24(火) 22:13:37.70 ID:6GwTq1yH0


ーーーー教室。

兄(戻るのは危険だと思ったけど、居ないか…)

ーーーー職員室。

兄「失礼しました。ここもいない」

ーーーー音楽室。

兄「…」

ーーーー応接室。

兄「ダメか…いろいろなところ行ったけど、逆に女さんが居なさそうなところってもう一つしかないんだよな」


ーーーー生徒会室。

兄「考えたくなかったけど…まさかここには居ないよね」コンコン

ガチャ。

女「はいはい?」

兄「…」

女「おー兄くんじゃないか」

兄「科学部ですよね?」



23 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2014/01/05(日) 17:24:32.41 ID:RJ+Y8FiR0


女「その通りだ」

兄「…」

女「なんだい?告白してくれる気になったかい?」

兄「それは…ないと思いますけど、どうして生徒会室に?」

女「影の生徒会長だから」

兄「そんなのはいませんよ…覚えてる限りでは」

女「ふふ、ばれたか」

兄「とりあえず本題に入ります…あの薬はなんですか?!」

女「人類の夢だ」

兄「それは聞きましたけど効果を聞いてるんです」

女「知ったらつまらんだろ」

兄「いいから教えてください」グイッ

女「…そんなに見つめるな…照れる」

兄「…」

女「あれは惚れ薬に似た効果を出せるものだ」

兄「似た効果?」

女「ああ、君に好意を持っているものなら素直になるって代物でな」

兄「…」

女「好きじゃない者が急に集まってくるものではなく、もともと好きな者が集まってくる。つまりハーレムになるんだな」

兄「似た効果…それにしては仲は険悪になるみたいでしたけど?」

女「そうか、なら失敗だな」

兄「そんな簡単に…解毒剤とかないんですか?」

女「ある」

兄「どこに?!」

女「それはここだ」スッ、ニコッ

兄「く、唇を指差してどうしたんです?」

女「ふふ、他人の唾液が解毒剤だ」

兄「んなわけ」

女「ないと思うのか?この私が作った薬だぞ」

兄「…ぐぅ」

女「ふっふっふ、君が誰を選ぶのか気になるが少々問題が起きたようだ」

兄「…?」



24 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2014/01/05(日) 17:37:16.06 ID:RJ+Y8FiR0


?「貴方達、ドアの前で何をしているの」

兄「…会長」

お嬢様「私のことは呼び捨てでいいって言ってるじゃない、男君」

兄「えーっと…その…」

女「…」

お嬢様「何をしていたの?」キッ

女「どうやら本当に険悪になるようだ」

お嬢様「言っていることがわからないのだけど…それよ男君から離れてくれないかしら?女さん」

女「ああ、解ったよ」タ、タ、タ

兄「…」

お嬢様「生徒会室に入りましょう」

兄「いや、僕は用事が」

お嬢様「入りましょう」ニコッ

兄「はい」

ーーーー生徒会室。


お嬢様「どうぞ」コトンッ

兄「お茶なんて…お構いなく」

お嬢様「私がそうしたいからです」ニコッ

兄「はぁ…(今のところは普通?でも女さんと会長って仲良かったのか…聞いてみよう)」

お嬢様「どうされました?」

兄「えーっと、会長と女さんって仲が良かったんじゃないの?」

お嬢様「いいえ」ニコッ

兄「そ、そう」

お嬢様「先ほど男君と一緒にいたところを見た瞬間に、ああ敵なんだなって思ってからは嫌いです」ニコニコ

兄「(薬の効果ばっちりだよ女さん…)」ガタガタ

お嬢様「それより男君、二人っきりなのだからその、脱ぎましょう」

兄「よしわかった、じゃあ目を瞑ってくれるかな」

お嬢様「嫌です」ニコッ

兄(目を閉じてる間に逃げられると思ったけどそうもいかないか…)



25 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2014/01/05(日) 18:08:47.41 ID:RJ+Y8FiR0


ーーーー科学室。

女「ふむ、薬の効果とは言え、親友から邪険にされるのは嫌だね」

ガラガラ。

兄「だったら変なの作らないでくださいよ!」ハァハァ

女「…」

兄「なんですか」ハァハァ

女「素直に驚いてるんだ。あの状況下でよく逃げ出せたな」

兄「うっ…それは企業秘密です」

女「ふふ、そうか、そう言われたら仕方がないな」

兄「ところで疑問がひとつだけあります」

女「なんだい?」

兄「女さんは僕のことどう思ってるんですか?」

女「唐突だね」

兄「あの薬が惚れ薬に近い効果があるのは分かったんですが」

女「ふむ」

兄「女さんは他の人と不仲になってないし」

女「なかなか鋭いじゃないか」

兄「茶化さないでください…大切なことなんです」

女「…そうか」

兄「…」

女「…」

兄「…」

女「ここに解毒剤入のジュースがある」スッ

兄「ペットボトル…見たところ普通のジュースですね…」

女「ああ、普通だ」ピッ、ガチャン

兄「!」

女「安心したまえ、ただ単に邪魔されたくなかったからな」

ドンドン!

妹「お兄ちゃん!もしかしてここにいるの?」

兄「ドアに妹が」

ドンドン!

兄友「うっほ、見つけた」

兄「窓にはバカが…」

お嬢様「兄君がここに?」

妹友「メス豚どもは帰ってください!私がここに入るんです!」

兄「集まってきた…」



26 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2014/01/05(日) 18:35:11.39 ID:RJ+Y8FiR0


女「どうやら時間が無いようだ。飲むのだろう?」

兄「…うん」

女「そうか…覚悟は出来たんだな」

兄「うん…ん?」

女「…」プスッ

兄「え?未開封?」

女「ん、ん」

兄「女さんがどうして飲むんですか!」

女「…」タ、タ、タ

兄「…ま、まさか!ちょ!待って!」

女「…」ニコッ


ガタン、「開いた!」ガラガラ!



妹「なっ!」

お嬢様「そ、そんな!」

妹友「先輩…」

兄友「ばかなぁああああああ」

女「…ふふ、言ったはずだ、解毒は唾液だと」

兄「…うぅ」



27 : ◆ZuU1SJY84s [saga]:2014/01/05(日) 18:51:47.35 ID:RJ+Y8FiR0


ーーーー数日後、科学室。

姉「どうやら負けちゃったみたいね」

女「なんのことです?」

姉「またまた、変な薬作って弟くんの気を引こうなんて可愛らしい面もあるのねぇ」ニコニコ

女「そんなつもりはありませんよ」

姉「そう?その割には少し顔赤いよ?」

女「んっ」

姉「拗ねないの、ふふふ」

女「先輩には勝てそうもないですね」

姉「さっき言ったじゃない負けちゃったみたいって」

女「最後の最後で逆転された気分」

姉「そう?でも薬の効果がうまくいって良かったじゃない」

女「あれではダメです、あんなんじゃノーベル賞も取れない」

姉「貴女だったら楽に取れそうなのだけどねぇ」

女「ところでまた新しい薬を作ったのですが」

姉「あら、今度はどんな薬?」

女「男の子を女の子にする薬です」

姉「それはすごいわね」

女「ふふ」

姉「ふふふ」

兄「…」

女「今度は下から入れるタイプだから、縛らせてもらったよ」

姉「小さい頃に熱出したでしょ?弟くん、お姉ちゃん達が優しくしてあげるからね」

兄「…」ガタガタ

女「それじゃあ」

姉「いただきます」

兄「んー!!!!」

















兄友「ハッ!」







                                             終わり。



28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/05(日) 20:31:32.96 ID:DBAgMwOOO


お、おう




29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/09(木) 23:20:41.15 ID:y5Y4RHUt0


なかなかいいと思う。
乙!




ハーレムテンペスト (二次元ドリーム文庫)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382773792/
[ 2014年01月13日 20:00 ] [オリジナル]姉・妹・兄・弟 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。