ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]進撃の巨人 >  クリスタ「ミカサとアニが睨んでくる」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリスタ「ミカサとアニが睨んでくる」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:13:21 ID:g5gpem9I
食堂

ミカサ「…」ジー

アニ「…」ジー

クリスタ「…」

クリスタ(すごい睨んでくる…私何か悪いことしちゃったかな…)

クリスタ(側にはユミルがいるから安心だけど…やっぱり怖い…)


クリスタ


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:16:26 ID:g5gpem9I
ユミル「どうしたクリスタ?うかない顔して」

クリスタ「ちょっと食欲がないだけだよ…」

サシャ「じゃあ貰いますね!」パク

ユミル「おい芋女!…たくっ。お前ただでさえヒョロいんだからちゃんと食わねぇと倒れるぞ」

クリスタ「うん。ごめんね」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:21:00 ID:g5gpem9I
ミカサ「…」ジー

クリスタ「…」チラ

ミカサ「!」フイ

クリスタ(目を合わせようとしたらすぐ向こうを向いちゃう…)

クリスタ(やっぱり怒ってるのかな…)

カンカンカンカンカン

ドタドタドタ

ユミル「今日もダルい訓練が始まるな。行こうぜクリスタ」ガタ

クリスタ「うん」ガタ

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:27:05 ID:g5gpem9I
対人格闘訓練

ミカサ「エレン、一緒にやろう」

エレン「は?俺はアニとやる約束が…」

アニ「…たまにはミカサともやってみれば?」

エレン「おい何だよそれ!はなせミカサ!」ズルズル

アニ「……クリスタ…ユミルいないんなら組まないかい?」

クリスタ「う、うん!」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:28:39 ID:g5gpem9I
クリスタ「じゃあ私が暴漢役をするね」

アニ「…」スッ

クリスタ「えい!」

アニ「」ベシン

クリスタ「あう!」ドサ

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:33:51 ID:g5gpem9I
アニ「…」ギュ

クリスタ「ぐっ…アニ…いたいよぉ…」

アニ「あんたは力が弱いから暴漢に襲われた時の対処法も教えてやるよ」ドキドキ

クリスタ「あ……くうぅ……」ポロ

アニ「」パッ

クリスタ「はぁ…はぁ…」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:37:23 ID:g5gpem9I
アニ「……全く相手にならないね」

クリスタ「あはは…ごめん…」

アニ「もういいよ。ミカサにエレン返して貰うから」スタスタ

クリスタ「……」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:40:47 ID:g5gpem9I
ミカサ「クリスタ、やろう!」

クリスタ「ひっ!い、いいよ!」

クリスタ(びっくりした!ミカサってこんな大声出せるんだ)

ミカサ「じゃあクリスタが暴漢役…!」ドキドキ

クリスタ「う、うん」

クリスタ(またかぁ…痛かったらいやだなぁ)

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:43:11 ID:g5gpem9I
ミカサ「来い…」ギロ

クリスタ「ひぃ…!!」

クリスタ「う、うりゃあ!」

ミカサ「」ペシン

クリスタ「ぶぎゃっ!」ズザアア

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:48:57 ID:g5gpem9I
ミカサ「わ、私もアニの寝技を覚えた!ぜひ味わってほしい!」ガチリ

クリスタ「ひいいいいい!!…………?」

ミカサ「」クィクィ

クリスタ(全然痛くない…ミカサのなら骨の2、3本は覚悟してたけど…)

ミカサ「」モゾモゾ

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:53:08 ID:g5gpem9I
ミカサ「」グネグネ

クリスタ(ミカサも意外と弱いん…)

ミカサ「」グニュ

クリスタ「ひっ!?」

ミカサ「」グニュグニュ

クリスタ(み、ミカサの腕が胸を…//)

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 10:58:25 ID:g5gpem9I
クリスタ「ちょ…ミカ…くふぅ///」

ミカサ「アニの寝技…かなりの効き目…」グニュグニュムラムラ

クリスタ「ほんと…だめ…うぁ!」

ミカサ「あなたも覚えるといい。これは相手の胸のツボを押すことで相手の戦意をなくす私が独自に考案した技」グニュグニュ

クリスタ「た、確かに…戦意が…ひっ//」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:02:25 ID:g5gpem9I
ユミル「…おい…何してんだ…」

ミカサ「!!」グニュグニュ

ユミル「クリスタが痛がってるだろ。はなしてやれ」

ミカサ「けち…」スタスタ

ユミル「…クリスタ…大丈夫か?」

クリスタ「うん。戦意をなくすツボを押されただけだよ」

ユミル「ハァ?」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:10:44 ID:g5gpem9I
晩飯時の食堂

アニ「…」ジー

ミカサ「…//」ジー

クリスタ(また睨んでる…アニは変わらずだけどミカサの顔が赤い…怒ってるのかな…)

クリスタ(怒ったら顔が赤くなるって誰かが言ってたよね…今日の訓練で私が弱ずきて嫌気がさしたのかな…)

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:12:50 ID:g5gpem9I
ユミル「……なぁクリスタ…」

クリスタ「なに!?」

ユミル「戦意をなくすツボってどこにあるんだ……?」

クリスタ「え、えっと…それは///」

ユミル「……どこだよ」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:16:53 ID:g5gpem9I
クリスタ「ここ…//」ココ

ユミル「胸……?」

クリスタ「うん///」

ユミル(……そういう事か…あの腹筋女め…)

ユミル(クリスタの上に重なる体勢でいたから怪しいと思ったら…)

ユミル「羨ましい…!」ギロ

ミカサ「…?」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:22:25 ID:g5gpem9I
入浴前

ユミル「クリスタの胸柔らけぇwww」ボヨンボヨン

クリスタ「や、やめてよ//恥ずかしいよ!」

ユミル「…」チラリ

ミカサ「」ゴゴゴゴ

アニ「…」ギロ

ユミル「くふw」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:25:12 ID:g5gpem9I
ミカサ「…」スゥ

ミカサ「…」スタスタ

ユミル「……?」

ミカサ「」ツネリ

クリスタ「はう///!?」

ユミル(しまった…!)

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:27:42 ID:g5gpem9I
ユミル「おいおいミカサよぉ…何してくれてんだァ?」

ミカサ「ごめんなさい。てがあたってしまた」

ユミル「いや今のはどうみてもわざとだろ!」

ミカサ「わざとじゃない」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:31:38 ID:g5gpem9I
クリスタ「み、ミカサは背が高いもんね…しょうがないよ…!」

ミカサ「そのとーおり」

ユミル「う、うぜぇ…」

ミカサ「今度から気おつける(大嘘)」

ユミル「チッ…」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:36:28 ID:g5gpem9I
ユミル「…」キョロキョロ

クリスタ(今日は胸揉まれてばっかりだ…変な気分)チャプチャプ

モニュ

クリスタ「ふぎ!?」

ユミル「ど、どうしたクリスタぁ!?」

クリスタ「おしり触られた…」

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:40:51 ID:g5gpem9I
ユミル「み、ミカサか!?出てこいコラァ!」

アニ「ふぅ…」ザバ

ユミル「は?」

アニ「ああごめん。風呂で泳いでたらぶつかったみたい」チラ

クリスタ「…!」ビク

クリスタ「お、お風呂で泳いじゃだめだよ!」

ユミル「そうだぞ泳ぎたいなら川で泳げこの河童!」

アニ「そうするよ」

ユミル「チッ…」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:48:48 ID:g5gpem9I
ユミル「あの鷲鼻女が…次こんな真似したらただじゃおかねぇ」

クリスタ「やっぱり私…嫌われちゃってるのかな…」

ユミル「はあ?何でだよ」

クリスタ「だって…最近ああやって恥ずかしい事ばかりしてくるし…睨んでくるし…」

ユミル「いやいやお前が可愛すぎて嫉妬してんだよ」

クリスタ「嫉妬…私なんて言うほど可愛くないのに…妬まれてるのか…どうせ私なんて…」

ユミル(やべ…)

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:53:34 ID:g5gpem9I
ユミル「お前さぁ…ネガティブすぎるだろ」

ユミル「前向きに考えればそんなことどうでもよくなるさ」

クリスタ「前向きに…そうだね!ミカサもアニも友達になりたくてあんな事したんだよね!」

ユミル(それはどうかと思うが…)

クリスタ「ユミル!そろそろ出よ!」

ユミル「お、おう」

ミカアニ「…」ザバ

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 11:58:48 ID:g5gpem9I
ユミル「…」

クリスタ「~~~♪」

アニ「…」トコトコトコ

ミカサ「クリスタ!」スタ

クリスタ「ひっ!」

ユミル「うお!?上が降ってくんな!何用だこの野郎!」

アニ「フウウウウウ…」

クリスタ「ひゃん!?///」

ユミル「て、てめぇ!どこから湧いて来やがった!」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:02:51 ID:g5gpem9I
ミカサ「」モミモミ

クリスタ「はうぁ!?///」ドタ

ユミル「ああああもおおおお!!!」ブンブン

ミカアニ「にげろー」スタコラ

ユミル「ハァ…ハァ…クリスタ…大丈夫か…?」

クリスタ「う、うん//」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:10:09 ID:g5gpem9I
ユミル「立てるか?」

クリスタ「うん」

ユミル「あいつら何なんだ一体…」

クリスタ「やっぱり…私…」ジワァ

ユミル「だからそう悲観的になるなよ!」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:13:48 ID:g5gpem9I
クリスタ「決めたよユミル…私…」

クリスタ「後で2人に謝ろうとおもう」

ユミル「やめろ。やめてくれ」

クリスタ「なんで!?怒らしちゃったのなら謝らないと!」

ユミル「別に怒らしてないって!」

クリスタ「怒らしたかもしれないでしょ!」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:17:52 ID:g5gpem9I
ユミル「じゃあ私もついていく」

クリスタ「だめ」

ユミル「なんで!?」

クリスタ「またケンカしそうだから…」

ユミル「も、もうじゃあ勝手にしてくれ!」

クリスタ「そうするね」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:22:56 ID:g5gpem9I
ミカサ「クリスタのおっぱい柔らかかった///」

アニ「耳に息を吹きかけた時の声…ゾクゾクするよ」

ミカサ「あれはナイスだった。私も吹きかけたい」

アニ「あの柔尻を撫でまわしたい…」

ミカサ「クリスタのお尻…想像しただけでヨダレが…」ジュルリ

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:27:06 ID:g5gpem9I
ミカサ「クリスタを犯したい」

アニ「ほんまそれ」

アニ「でもクリスタの側には常に…」

ミカサ「そう。私たちの大敵…ソバカス女ことユミルがいる」

アニ「あの女がいる限りクリスタを愛でる日は…」

ミカサ「二度とこない」

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:33:55 ID:g5gpem9I
アニ「でもあの女を始末する訳にはいかない」

ミカサ「そう。上手くクリスタとソバカスが別れている瞬間が来れば…」

アニ「人気のない所に連れていってそして…」

ミカサ「でもそんな都合のいい場面がそう簡単に来るわけ…」

クリスタ「あ、あの…」

ミカアニ「!?」クル

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:37:30 ID:g5gpem9I
ミカアニ(き、き、きたーーー!!!)

クリスタ「あの…ちょっといいかな?」

ミカサ「どうしたの?」

アニ「私たちに何か用?」

クリスタ「あ、謝ろうと思ったの!」

ミカアニ(………?)

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:43:24 ID:g5gpem9I
ミカサ「こ、ここじゃなんだからあっちに行こう」ハァハァ

アニ「そ、そうだよ…そ、倉庫の中とか…」フゥフゥ

クリスタ「…?うん、いいよ」

ミカサ(うっひょい!やっとこの時がきた!)

アニ(い、今まで長かった…ついにクリスタのあれやこれやをじっくり…)タラー

クリスタ「あ、アニ!?鼻血が出てるよ!」

41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:49:16 ID:g5gpem9I
倉庫内

ミカアニ「…」ドキドキドキ

クリスタ「えっと…とりあえず…ごめんなさい!」

クリスタ「私…2人がどうして怒ってるかわからなくて…」

クリスタ「きっと無意識に酷いことしたんだと思う!許されることじゃないかもしれないけど…」

クリスタ「ごめんなさい!」

ミカサ(だめだ…妄想が止まらない…)タラー

アニ(今すぐ襲い掛かってあれやこれやを…)タラー

クリスタ「だ、大丈夫!?また鼻血が出てるよ!」

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:55:01 ID:g5gpem9I
ミカサ「アニ」ボソボソ

アニ「なんだ?」ボソボソ

ミカサ「無理矢理犯すのはよくない。ここは合理的に犯したい」ボソボソ

アニ「合理的?」ボソボソ

ミカサ「例えば「なんでもします!」って台詞を言わせたりとか」ボソボソ

アニ「なるほど」ボソボソ

43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 12:56:11 ID:m4QCwfcM
このミカサとアニはアカン(誉め言葉)

44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:01:36 ID:g5gpem9I
クリスタ「?」

アニ「ああ…えっと…許す事はできないよ」

クリスタ「えっ…」

ミカサ「私たちは心に深い傷を負った。何かで償ってもらわないと割りに合わない」

アニ「そ、そうだよ。何も捨てる事が出来ない人には何も変える事ができないんだ」

クリスタ「何かを捨てる…」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:06:48 ID:g5gpem9I
アニ「あるだろ!?例えば処

ミカサ「ぬん!」ゴン

アニ「もぎゃ!」

ミカサ「何でもいい。私達の心の穴を埋める何かを」

クリスタ「分かった。なんでもするよ」

ミカアニ「ん???」

46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:12:04 ID:g5gpem9I
ミカサ「いま…」

アニ「なんでもするって…」

ミカアニ「言ったよね???」

クリスタ「う、うん。私の出来る事なら…」

ミカサ「大丈夫。これはクリスタでも簡単に出来る事」

アニ「そうさ。むしろクリスタは何もしなくていい」

クリスタ「じゃあ何がしたいの?」

ミカアニ「ヤらせろ」

クリスタ「…………へ?」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:16:05 ID:g5gpem9I
クリスタ「やらせろ?え?何を…」

アニ「はぁ…とりあえず動かないで…服やぶるから…///」ガシ

クリスタ「え?ちょっ!い、いやあ!」タタ

ミカサ「」ガシ

クリスタ「むぐ!?」

ミカサ「逃げちゃダメでしょ?」

クリスタ「んんんん!!」

48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:22:04 ID:g5gpem9I
アニ「そうだよ。なんでもするって言ったじゃないか」ビリビリビリ

クリスタ「んふぅ!むうううう/////!」

ミカサ「スーハースーハー…クリスタの髪…とってもいい匂いがする」

アニ「ん…へぇ…大きすぎず小さすぎず…理想的なおっぱいだ」フゥフゥ

クリスタ「んんんんんん///!!」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:28:03 ID:g5gpem9I
クリスタの後ろにミカサが押さえつけて手で口を塞いでる状態
アニはクリスタの前で膝まずいておっぱいを揉んでる最中

アニ「くっ///ふう!」モミモミモミ

クリスタ「んふぅ!んむううううう!!」

アニ「ハァ…ハァ…病み付きになるね…」モミモミモミ

ミカサ「クリスタの耳…」ハムハム

クリスタ「んふううううう////!!」

50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:34:25 ID:g5gpem9I
アニ「ミカサ。口から手をどけて。喘ぎ声を聞きたい」

ミカサ「分かった」パッ

クリスタ「や、やめ…て!こ、こんな事させるつもりは…」

アニ「パク」

クリスタ「ひぐ///!!」

アニ「ハムチュパレロはぁ…パクレロレロレロ」

クリスタ「ふあぁ///やめ…んあ///」

ミカサ「ハム」

クリスタ「ひゃう///!」

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:38:07 ID:g5gpem9I
ミカサ「ハムハムチュパチュパ…あ、甘い…///」ペロペロ

クリスタ「あん//だ、めぇ!」

アニ「」チュウ

クリスタ「んむ!?」

52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:43:18 ID:g5gpem9I
アニ「レロレロレロレチュポ」

クリスタ「んんんんんん////」

ミカサ「ハムハムペロペロ」モミモミ

クリスタ「んふぅ!むうううううう////」

アニ「ぷはっ」ネロォ

クリスタ「はぁ…はぁ…」

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:48:54 ID:g5gpem9I
クリスタ「も、もう…やめて、よぉ」ポロポロ

アニ「何いってんのさ…まだまだこれからだよ」

アニ「ん、クリスタの涙」ペロ

ミカサ「泣かないで…後から凄く気持ちよくしてあげるから…////」ペロ

アニ「私もクリスタの耳しゃぶろ」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 13:54:16 ID:g5gpem9I
アニ「クリスタ…クリスタぁ…」レロレロレロ

ミカサ「ハムハムハム」ペロ

クリスタ「ひう///くううぅ///んあ//」

アニ「はぁ…本当に甘い…///あんたどうしてそんなにかわいいの……?」ペロペロ

クリスタ「ひぐぅ!ふぅ!ふあ//」

クリスタ「もうらめらよ///やめ、てぇ////」

55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:01:23 ID:g5gpem9I
ミカサ「アニ…交代して。私もクリスタのおっぱいと唇を…///」

アニ「いいよ」ガシ

ミカサ「クリスタぁ…!」ハムチュ

クリスタ「んああ!だめええええ!ミルクでちゃううううう!!」

ミカサ「はぁ、はぁ…」ハムレロチュウウウウ

クリスタ「んひいいいいいいい!!」

アニ「あんたの髪の毛柔らかい…そんですごいいい香りがする…」

クリスタ「あ!やあああ!んあああ////」

56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:06:59 ID:g5gpem9I
アニ「ハムハム」ジュバジュバ

ミカサ「クリスタの唇///」

クリスタ「あ、ふえぇ//」

ミカサ「ハグチュウ」

クリスタ「んんんんんん!むふうう!」

ミカサ「チュパレロレロヂュパチュポ」

クリスタ「んふぃいいいいい////」

57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:12:16 ID:g5gpem9I
ミカサ「チョパチュポレロレロレロレロ」

クリスタ「むふううううう!!むうううううう!」

ミカサ「ぷはあ!」ネッチョオオオ

クリスタ「はあ//ひぃ//」

ミカサ「むふ//」ペロ

アニ「チュバチュバ…そろそろあそこいく?」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:18:53 ID:g5gpem9I
ミカサ「いこう。クリスタ、やっと気持ちよくなれるよ///」スッ

クリスタ「んあ!いやああ!」 ジタバタ

アニ「ふふ…大人しくしな…」

ミカサ「本当に気持ちいいから。だから大人しくして」スルスル

クリスタ「あ、やあああああ///」


ユミル「おい」

59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:23:14 ID:g5gpem9I
ユミル「お前ら何してんだ?」

アニ「ユミル!?」

ユミル「戻るのが遅いから探してみれば…まさかこんな事になってるなんてな…」

ミカサ「…」

ユミル「私のクリスタをクチャクチャにしやがって。どうなるかわかって

クリスタ「ゆ、ゆみ…るぅ…///」

ユミル「!!」ムラァ

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:28:29 ID:g5gpem9I
アニ「クリスタは渡さないよ」

ミカサ「これからいいところだ。邪魔するなら容赦しない」

ユミル「…………えっと…だな…」ムラムラ

ミカサ「…?」

アニ「なに?」

ユミル「混ぜてくれ」アタマサゲ

ミカアニ「!?」

61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:32:56 ID:g5gpem9I
アニ「あんたの事だから意地でも取り返すと思ったら…」

ミカサ「ユミルも溜まってたんだ」

ユミル「ま、まぁな」ムラムラ

クリスタ「ゆみるぅ…ひろいよぉ…」

ユミル「ごめんな。私も限界なんだよ」

62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:35:26 ID:g5gpem9I
ユミル「お前…もうキスされたのか!?最初にしたのは誰だ!?」

クリスタ「あに…///」

ユミル「てめぇ…」

アニ「シラー」

ユミル「まぁ…いいか!」チュウウ

クリスタ「んふぅ///」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:39:50 ID:g5gpem9I
ユミル「チュパチュポレロレロレチュウウ」

クリスタ「ふう///んむううう!」

ユミル「ふぅ…」ネチョオ

クリスタ「………ゆみるのキス…うれしぃ///」

ユミル「」ズキュウウウウン

ユミル「」ブシュウウウウウ

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:44:07 ID:g5gpem9I
ユミル「ぐは!ごほ!」タラタラタラ

ユミル「鼻血3リットル出た…」

ミカアニ「ギリギリ」

ミカサ「そうだ。お楽しみが残っていたんだ」スルスルル

クリスタ「あ、ふえぇ…」

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:47:53 ID:g5gpem9I
ミカサ「お、おおお!」

ユミル「こいつ自慰したことねぇな」

アニ「すごくきれいだ」

クリスタ「み、みないれぇ…//」

ミカサ「誰から入れる?」

ユミル「ジャンケンで決めようぜ」

66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:51:01 ID:g5gpem9I
ユミミカアニ「最初はグー!ジャンケンポン!」

ミカサ「勝った…」

ユミル「最初がよかったな」

アニ「私か最後かド畜生!」

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 14:56:57 ID:g5gpem9I
ミカサ「…」ドキドキクパァ

ミカサ「綺麗なピンク色…これを今から私が……」

クリスタ「はうぅ///みないでぇ…//」

ユミル「そーっと入れろよ?」

ミカサ「分かってる」ソー

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:00:38 ID:g5gpem9I
ミカサ「」クチュ

クリスタ「ふぎっ!」

ミカサ「」クチュクチュ

クリスタ「あっ!んん!ふああ///」

アニ「え、エロい」フンフン

ユミル「や、やばいやばい!」ムラムラ

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:07:23 ID:g5gpem9I
ミカサ「ハァハァ///」クチュクチュクチュ

クリスタ「あっ!ら、らめええええええ!なんかでちゃうううう!」プシャアアアア

ユミル「エロい!エロいぞクリスタああああ!!」ムラムラムラ

アニ「一回イかしたら交替ってルールにしない?///」

ミカサ「…分かった」

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:11:27 ID:g5gpem9I
ユミル「うっひょい!ユミル様が来てやったぞ!」

クリスタ「ゆみうぅ…////」

ミカサ「おいしい」ユビペロペロペロ

アニ「ま、待つってつらい!

ユミル「そ、そんじゃ早速いくぞ?」

クリスタ「うん////」

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:17:01 ID:g5gpem9I
ユミル「くっ!」クチュ

クリスタ「ふあ///」

ユミル「くっ!ふう!」クチュクチュクチュ

クリスタ「あ!ら、らめらよゆみうぅ!おかしくなりゅう!」

ユミル「ハァハァハァ///私もおかしくなりそうだ///」クチュクチュクチュクチュ

クリスタ「あ!らめ!でりゅううううううう!!」プシャアアアア

ユミル「うお!?」

ミカサ「ハムハム」

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:22:30 ID:g5gpem9I
クリスタ「も、もうつかれたよ…///ねりゅ…」

アニ「おっと」グイ

クリスタ「ふぇっ!?///」

アニ「寝れると思ってんのかい?」

アニ「私達が満足するまで寝かせないよ///」クチュ

クリスタ「う、やああああああ///!!」

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:24:48 ID:g5gpem9I
翌日
女子寮

クリスタ「すーすー…」

ユミル「…」

ミカサ「…」

アニ「…」

ユミル「………疲れた…」

ミカアニ「同じく…」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:27:00 ID:g5gpem9I
ユミル「疲れたっつーか寝不足だ」

アニ「一晩中クリスタを犯したもんね…」

ミカサ「今日が休日で本当に良かった…」

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:31:07 ID:g5gpem9I
クリスタ「んっ……」ムクリ

ユミミカアニ「あっ」

クリスタ「……………」

ユミル「よ、よぉ目が覚めたか?クリスタ……さん…」

クリスタ「……………」ジトー

ユミル「ふくとか新しいの着せてやったんだ!あ、ありがたくおもえよ…!」

クリスタ「……………」ジトォー

ユミル「うっ…」

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:34:14 ID:g5gpem9I
ミカサ「そ、その…ごめんなさい」ドゲザー

クリスタ「……………」

ミカサ「なんでもしていいって言ったからつい…」

クリスタ「……………」

ミカサ「調子に乗ってすいませんでした」ガツン

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:36:55 ID:g5gpem9I
アニ「み、ミカサと同じく何でもしていいていったから…」

クリスタ「……………」

アニ「す、すいませんでした…」

ユミミカアニ「すいませんでした!!」ドケザ

クリスタ「……………」

78: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:43:17 ID:g5gpem9I
クリスタ「それで?」

ユミル「はい?」

クリスタ「私を犯してどんな気分だった?」

ミカサ「最高の気分だった!」

アニ「もう死んでもいい。いっそ殺して!」

ユミル「クリスタマジ天使!」

クリスタ「なっ////ふ、ふん!本当に怒ってるのに!もう知らない!晩ごはんまで喋ってあげないんだから!」プンスカ

ユミル「待ってくれー!私の天使ー!」

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:47:08 ID:g5gpem9I
それからミカサとアニはクリスタに積極的になった

ミカサ「クリスタ。頬にパンが付いてる」ヒョイパク

アニ「クリスタ?あんたのスプーン汚れてない?私のと交換してあげるよ」カチャカチャ

クリスタ「もおおお!ごはんくらいゆっくりたべさせてよお!」

ユミル「………」

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:56:21 ID:g5gpem9I
一方その頃エレンは…

エレン「なぁアルミン。最近ミカサが俺から離れていってるんだ」

アルミン「そうなんだ」

エレン「アニも対人格闘訓練に滅多に付き合ってくれなくなったし…」

アルミン「へぇー」

エレン「ミカサは前までは鬱陶しいと思ってたけど、今なら分かる。家族のために一興懸命だったのが…」

アルミン「ふぅーん」

エレン「も、もう俺に家族はいないんだああああああ!!うわああああああん!!」

アルミン「しょうがないなぁ…」ギュ

エレン「え………?」

アルミン「なら僕が君の家族になれるかい?君を守るにはまだ力が足りないけど代わりにならなれるよ…」

エレン「う、うわああああああああん!!アルミイイイイィン!!」


一同(なんだこれ……)

81: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 15:58:18 ID:g5gpem9I
終り
いや本当になんだこれ
真っ昼間から何書いちゃってんだよ俺は

84: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 18:30:08 ID:KNcGVfdA
面白かった!次も何か書いてくれ

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/05(日) 22:03:36 ID:8g9DMcYw
一気に書ききったな。なんか勢いがあった。乙。

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

新品価格
¥6,090から
(2014/1/14 20:00時点)


引用元: クリスタ「ミカサとアニが睨んでくる」

[ 2014年01月14日 21:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。