スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カジキ(声:市原仁奈)「カジキ」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:04:23.92 ID:jJhWOxow0


※注意事項
・モバマスss
・すでにキャラ崩壊してる
・カジキマグロではない

以上でよければどうぞ



3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:06:08.82 ID:jJhWOxow0


岡崎泰葉「え?」

片桐早苗「きゃっ!?」

千川ちひろ「カ、カジキマグロから仁奈ちゃんの声が!?」

泰葉「ちひろさん、カジキマグロではなくて、カジキですよ」

ちひろ「あっ、そうでしたね…つい…」

早苗「いや、それどころじゃないでしょ…なんでカジキから仁奈ちゃんの声が…ってかなんで事務所にカジキがいるのよ!?」



市原仁奈、パンダ

市原仁奈、ペンギン


4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:08:34.35 ID:jJhWOxow0


泰葉「腹びれの辺りにチャックがありますね」

ちひろ「着ぐるみ…ですか?なんかものすごくリアルなんですが」

早苗「とりあえず、中に仁奈ちゃんがいるってことよね?」


仁奈(in カジキぐるみ)「カジキ」


早苗「まともな状態ではないわね。これは多分…」

泰葉「また…カジキさんが乗っ取っているということですね」

ちひろ「うぅ…カジキさん…今回はどうしたんですか?」



7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:12:36.04 ID:jJhWOxow0


仁奈「カジキ」

早苗「前回はPくんがカジキをカジキマグロって言ったのが原因でカジキマグロって連呼し始めたんだよね?」

泰葉「今回は、カジキって言ってますね」

ちひろ「とりあえず…仁奈ちゃんを着ぐるみから出してみましょうか…」ソッ

仁奈「カジキッ!!」ビッタンビッタン

ちひろ「きゃああ!?」

泰葉「ものすごく跳ねていますね」

早苗「こりゃチャックがなければ本物と間違えてしまうわね…」

ちひろ「それよりも、近づけないじゃないですか…こんな時にプロデューサーさんはどこにいったんですか!?」



12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:18:17.35 ID:jJhWOxow0


扉<ガッチャ


ちひろ「プロデューサーさんですか?」


輿水幸子「おはようございます!カワイイボクの登場です!」


早苗「幸子ちゃんか…」

幸子「む?なんですか!ボクじゃなにか不満ですか?」

泰葉「実は今…かくかくしかじか」

幸子「まるまるうまうま…なるほど、それならボクにまかせてください!」

ちひろ「え?かなり力強く飛び跳ねるから危険ですよ」

幸子「ふふーん。相手は魚です。こちらから近づかなくても、こっちに来てもらえばいいんですよ」

泰葉「どうするんですか?」



13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:23:38.73 ID:jJhWOxow0


幸子「簡単です。釣るんですよ。釣りならPさんと一緒にやったことがあるので任せてください!」

早苗「Pくんと…釣り……まさかねぇ…」

幸子「確かPさんのロッカーに……ありました!」

つ【釣具】

泰葉「そんあところに…」

ちひろ「まぁ、釣りに行ってそのまま出勤してくることもありますからね」

幸子「相手が着ぐるみなら針を引っ掛けるだけでよさそうですね。それなら大丈夫です」ヒョイ

早苗「あっ…まさか幸子ちゃん…」

幸子「どうしましたか?あっ、引っかかりましたよ!」

仁奈「カジキッ!カジキッ!」ビッタンタン



15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:30:44.93 ID:jJhWOxow0


泰葉「…カジキマグロプレイ、ですか?」

幸子「ひゅえ!?な、なんのことですかぁ?///」

ちひろ「あっ、今力を抜いたら!?」

幸子「きゃっ!?」

早苗「あぁ!幸子ちゃんがカジキに引っ張られて!」

泰葉「カジキの角に!」

ちひろ「刺さった!?」


幸子「ぐはあああああああ!!」


「幸子ちゃあああん!?」



18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:37:42.73 ID:jJhWOxow0


仁奈「カジキッ!!カジキッ!!」ビッタンビッタンビッタンタン


ちひろ「幸子ちゃん!大丈夫ですか!?」

幸子「う、うぅ…大丈夫です…衝撃はありましたけど、刺さりはしませんでしたから」

早苗「まぁ、着ぐるみだもんね。それでも結構キツかったんじゃないの?ソファーで横になってきなさいよ」

幸子「は、はい…」スタスタ

泰葉「やっぱり…近づくのは危険ですね」

ちひろ「プロデューサーさんなら耐えられるのに、あの人はどこにいるんですか…」



19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/14(火) 23:46:40.64 ID:jJhWOxow0


扉<ガラガラ


ちひろ「プロデューサーさん!?」


堀裕子「おはようございます!今日も私のサイキックパワーは絶好調です!」


早苗「裕子ちゃんか…」

裕子「む?なんですか?なんでそんな残念そうなんですか?」

泰葉「実は…かくかくしかじか」

裕子「しかくいむーぶ…なるほど、それなら私に任せてください!」

ちひろ「近づくのは危険ですよ。さっきも幸子ちゃんが…」

裕子「ふっふっふ。相手は魚なんですから、やりようはありますよ!」

泰葉「まさか…」



20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:54:49.94 ID:jJhWOxow0


裕子「そう、釣るのです!幸いそこに釣具が転がっていますからね。釣りはプロデューサーさんとしたことがあるので任せてください!」

早苗「あっ…」

裕子「相手は着ぐるみですし、針を引っ掛けるだけで十分です」ヒョイ

泰葉「……裕子ちゃんも、カz」

早苗「泰葉ちゃん、今はダメ。後で追求しましょう」



21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 23:59:54.44 ID:jJhWOxow0


裕子「それにしても…カジキマグロですか……カジキマグロ…///」テレッ

ちひろ「あっ、これは」

裕子「きゃあああ!?」

早苗「あちゃー」

泰葉「自爆、ですね」

ちひろ「あぁ…裕子ちゃんがカジキの角に…」


裕子「ぐはああああああああああ!!」


「裕子ちゃああああん!?」



22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:04:52.71 ID:FOKsZuma0


仁奈「カジキッ!!カジキッ!!」ビタタビタビタ ビタタビタビタ


ちひろ「裕子ちゃん、大丈夫ですか?」

裕子「うぅ…衝撃がきただけで大丈夫です、刺さっていませんよ」

早苗「とりあえず、ソファーは幸子ちゃんが使っているから仮眠室で休んでおいで」

裕子「は、はい…」スタスタ

泰葉「本当に、どうしましょうか…」

ちひろ「プロデューサーさん…」



23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:05:26.39 ID:FOKsZuma0


扉<……


ちひろ「気配!?プロデューサーさん!?」


市原仁奈「そこまででごぜーますよ!!」



25 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:11:54.28 ID:FOKsZuma0


早苗「に、仁奈ちゃん!?」

泰葉「えぇ!?あ、あの中にいたんじゃないんですか!?」

ちひろ「と、ということは…あの中にはいったい何が…」

仁奈「カジキさん、らんぼうはダメでごぜーますよ…そのために仁奈はおからだをかしてあげたんじゃねーです」

仁奈?「カジキ…」

ちひろ「体を貸す?仁奈ちゃん…どういうこと?」

仁奈「じつは…カジキさんに会ったんですよ」

泰葉「もしかして夢で…?P」

早苗「仁奈ちゃんもカジキさんを怒らせちゃったの?」

仁奈カジキ「カジキッ!」

早苗「きゃっ!?何?」

仁奈「ちがうんでごぜーます…あの夜…カジキさんは泣いていたんですよ」



26 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:17:49.14 ID:FOKsZuma0


ちひろ「仁奈ちゃん、詳しく教えてもらえる?」

仁奈「はい…昨日、Pと晶葉おねーさんと一緒に海に行ったんですよ」

泰葉「また海…」

仁奈「昼は釣りをして、夜はホテルにおとまりでごぜーます。とってもきれーなところでやがりました」

早苗「…それで?」

仁奈「ホテルはカジキさんがゆーめいなところでした。カジキさんが入口にいたり、着ぐるみもあったからPに買ってもらったんですよ」

泰葉「その着ぐるみが、それなのね」

仁奈「仁奈は嬉しかったからその夜はカジキさんの着ぐるみを着ておねんねしたんです。Pと晶葉おねーさんも一緒におねんねしたんですが…」

ちひろ「まさか…」

仁奈「起きたら二人ともいなかったんでごぜーます。お手紙がまくらにおいてあって、『カジキさんにあってきます 仁奈ちゃんはおへやでねていてね』って書いてあったんですよ」



28 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:22:13.88 ID:FOKsZuma0


早苗「これは…アウトね」

泰葉「も、もしかしたら本当に会いに行ったのかもしれないですよ!」

ちひろ「前科がありますからね……それで仁奈ちゃんはどうしたの?」

仁奈「手紙に書いてある通りにそのままねました。でも、仁奈もカジキさんに会いたいなって思って、そしたら、カジキさんに会ったんでごぜーます」

ちひろ「夢の中ね…プロデューサーさんと一緒のパターンね」

早苗「でも、ここまでの内容だとカジキさんに何かしたってわけじゃないのよね?どうしたのかしら?」

仁奈「カジキさんは、泣いていたんですよ。『おれはカジキマグロじゃない』って言いながら」

泰葉「カジキさん…」

仁奈「カジキさんがカジキマグロじゃないって、ずかんにも書いてあったんでごぜーます。それなのに、カジキさんをカジキマグロって呼ぶ人がいたんですよ…」



29 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/15(水) 00:24:46.96 ID:qZKdJw0l0


うん、さっぱりわからん



30 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/15(水) 00:27:10.00 ID:Oy5hexHp0


シュールすぎるww



31 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:27:20.77 ID:FOKsZuma0


ちひろ「ホテルの人ね…」

早苗「え?」

ちひろ「カジキよりも、カジキマグロの方が想像しやすいもの。アピールするならカジキマグロの名前を使うわ」

泰葉「それで、ホテルにいたカジキさんは泣いていたんですね」

仁奈「仁奈だって、仁奈でごぜーます。間違った名前で呼ばれるのは嫌です。仁奈は自分でそれをちゃんと言えますが、カジキさんにはそれができなかったんですよ…」

ちひろ「だから…仁奈ちゃんは…」

仁奈「仁奈のお体を貸してやることで、それを伝えるようにカジキさんに言ったんです。それから今日、Pたちと事務所まで一緒に来て、入れ替わったんでごぜーます。でも、カジキさんは幸子おねーさんや、裕子おねーさんにらんぼうしたんです…」

仁奈カジキ「カジキ…」



32 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:33:24.11 ID:FOKsZuma0


泰葉「カジキさん、仁奈ちゃんの体を借りても、カジキしか言えなかったんですね…前はカジキマグロしか言えなかったですし」

ちひろ「それでも、精一杯私たちに伝えようとしていたんですね、自分はカジキだと」

仁奈「カジキさんの気持ちになるですよ…カジキさんは泣くほど辛かったんですよ」

仁奈カジキ「カジキ……」

早苗「ホテルの人の前でやったら不審者だもんね。だから以前みたことある私たちの前でアピールしたのね……ところで、今の仁奈ちゃんは幽霊的な?」

仁奈「仁奈は今お体を貸しているからユーレイでごぜーますよ」

ちひろ「まぁ、今更ですよね。それで、これからどうするの?」

仁奈「みんなにらんぼうするなら、仁奈のお体は返してもらうのですよ」

仁奈カジキ「…カジキ」スッ

泰葉「あっ、立ち上がった」

早苗「カジキが尾びれで立って歩いてる…」

ちひろ「どこに行くんでしょうか?そっちは仮眠室の…」



33 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:38:28.16 ID:FOKsZuma0


裕子「ひぃ!?カジキマグロがぁ!」

泰葉「カジキマグロじゃなくて、カジキですよ」

裕子「え?か、カジキ?と、とにかくどういうことですか!?カジキが立つなんて超能力でも使っているんですか!?」

ちひろ「あれ?裕子ちゃん、仮眠室で休んでなかったの?」

裕子「そ、それが…鍵がかかっていて…」

ちひろ「おかしいですね…鍵がなかったからてっきり空いているのかと…」

仁奈「仮眠室にはPと晶葉おねーさんがいるはずですよ。朝来た時に二人で仮眠室に入っていきやがりました」

早苗「え…それって」

泰葉「も、もしかして…」

ちひろ「……これはもうダメですね」

仁奈「どうしたんでごぜーますか?」

ちひろ「仁奈ちゃんは気にしなくてもいいからね。さて…ここはマスターキーを使うとしますか…」

早苗「もしもの時のために、未成年のみんなは離れていてね~」

裕子「もしもってなんですか?」

泰葉「うっ、うぅ…///」



36 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:41:28.95 ID:FOKsZuma0


ちひろ「さて、いきますよ」

早苗「オッケー」

ちひろ「さん、に、いち、ぜろっ!!」ガチャ

早苗「こらああああああああってうわああああああああああああああ」

泰葉「ど、どうしたんですか!?」

ちひろ「いったいなにがってきゃああああああああああああ」

裕子「どうしたの?ってきゃああああああああ」

泰葉「あ……P、Pさんと…晶葉ちゃんが……」

ちひろ「ふ、ふたりの…頭が……」



37 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:42:04.99 ID:FOKsZuma0


カジキになってる



38 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:44:47.85 ID:FOKsZuma0


P(カジキヘッド)「……」

池袋晶葉(カジキヘッド)「……」


早苗「こ、これは…ど、どういうことなのよ!」

仁奈「ふ、ふたりともカジキさんになったでごぜーますか!?」

P・晶葉(以後、カジキ)『違うよ、仁奈ちゃん。すこし体を借りているだけさ』

ちひろ「直接脳内にハモった二人の声が聞こえる!?」

泰葉「前回と同じ状態ですね…どうしてその二人を?」

カジキ『この二人は前回も借りたことがあるから慣れがあってね。こうやって声を送ることもできるようになるんだ』

ちひろ「目的は、何ですか?」



39 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:49:24.26 ID:FOKsZuma0


カジキ『…謝罪と、お礼を言いたかったんだ。まずは、仁奈ちゃん、体を貸してくれてありがとう。もう戻れるよ』

仁奈「わかりましたです」スッ

仁奈(カジキぐるみ)「おぉ!元に戻ったでごぜーます!」

早苗「……あんだけリアルだったカジキの着ぐるみが急に可愛くデフォルメされたものになったわね」

カジキ『仁奈ちゃん、本当にありがとう。そして、ごめん。君の大事な人達を傷つけてしまって…ゴメンね、裕子ちゃん、幸子ちゃん』

裕子「えっ…えっと、私は大丈夫ですし、幸子ちゃんもソファーでくつろいでいたから大丈夫です!気にしないでください!!」

カジキ『…ありがとう。みなさんにも迷惑をおかけしてしまい、本当にすみませんでした』

ちひろ「いいですよ…私、前にあんなことがあったのにもうカジキさんのことをカジキマグロって言ってしまっていたんんですから」

早苗「まぁ、もう私たちは間違えたりしないわね」



40 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:52:41.59 ID:FOKsZuma0


カジキ『それと、この二人のことは許してあげて欲しい。この二人は本当に俺に会うために海まで来てくれたんだ』

ちひろ「あれ、本当だったんですね」

泰葉「ほら、仁奈ちゃんを置きざりにしてそんなことする二人じゃないんですから」

カジキ『ナントカって機械を使って俺を呼んで、カジキマグロと言ったことを謝ってくれたよ。この二人は、本当に俺達カジキのことを大切にしてくれているってわかったんだ』

早苗「Pくんが大切にしてるのはプレイの方かもしれないけどね」

カジキ『…ありがとう、ひとりでも多くの人が、俺のことをカジキと呼んでくれる。こんなに嬉しいことはない』

仁奈「これからは、仁奈たちにまかせるでごぜーますよ!」

早苗「そうね…私たちの声なら、今の常識を覆せるかもしれないわね」

泰葉「そう…私たちはアイドルですから!」

ちひろ「だから、安心して見守っていてください、カジキさん」

カジキ『本当に、本当にありがとう、君たちに会えて、よかった………』シュワァ

裕子「あっ、二人からカジキヘッドが消えていく!?」



41 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:54:15.82 ID:FOKsZuma0


P(Pヘッド)「……」

晶葉「……」

ちひろ「二人とも、大丈夫ですか?」

P「はい、大丈夫です」

晶葉「あぁ、私もだ」

仁奈「カジキさんは、いったでごぜーますよ」

P「あぁ、だから、俺たちがこれからは頑張らないとな」

晶葉「常識を覆す…か…おもしろいじゃないか!」

ちひろ「でも、難しいですよね…もう、すでにカジキマグロという言葉はかなり広まってしまっていますから…」

早苗「一度ついたイメージはなかなか覆せないもんね。ま、それでもやらなくっちゃね!」

仁奈「カジキさんとの約束です!!」



42 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 00:56:08.98 ID:FOKsZuma0


泰葉「それにしても、仁奈ちゃんの着ぐるみ、とってもかわいいですね」

P「……ひらめいた!」

ちひろ「どうしたんですか?」

P「カジキのユニットを組んで、売り出すんだ!あのホテルとの連携もできる。そこでカジキマグロという名前を使わないで、カジキを押していけば…」

ちひろ「あのホテルでは、カジキマグロじゃなくてカジキの名前を使うようになるかもしれませんね」

P「うちに人気アイドルたちがカジキで宣伝するんだ。カジキマグロの名前より使いやすくなるさ」

ちひろ「そこから広がれば…」

P「あぁ……道は険しいだろうが、希望はある。みんなは、どうだ?」

早苗「Pくんの意見に乗っかるよ」

泰葉「Pさんとなら、どんな形でも輝けるって信じてますから!」

晶葉「ふふっ、世に私たちとカジキの名を広めてやろうじゃないか!」

裕子「よくわかんないけど、サイキックパワーでがんばります!」

仁奈「みんなとなら大丈夫でごぜーます!」

P「よーし、やるぞー!!」

「おーっ!!!」


その後、カジキ系アイドルが業界を震撼させることになるのは、少し先の話



45 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 01:13:36.19 ID:FOKsZuma0


泰葉「ところで、晶葉ちゃんと仮眠室で何をしていたんですか?Pさん」

P「え?」

早苗「そうねぇ…鍵を中に持ち込んでまでして、何をしていたのかしらねぇ…ねぇ、晶葉ちゃん」

晶葉「そ、それは……」

裕子「ん?あれは釣り糸……あーっ!まさか二人でカジキマグロプレイをしていたんですね!私はしばらくやってもらってないのに!」

ちひろ「へぇ……やっぱり裕子ちゃんにもしていたんですね」

晶葉「P…どういうことだ?何で裕子がそのプレイを…」

幸子「どういうことですか?Pさんはボクだけのカジキマグロじゃなかたんですか?」

P「さ、幸子!?いつの間に!?」

泰葉「へぇ…三人にカジキマグロプレイしてたんですね」

P「いや…これは…その……」


仁奈「どうなっていやがるんですか?」

ちひろ「そうですねぇ…プロデューサーの悪行を一網打尽したってところですかね」

P「うまくないですよ」


その後、カジキを吊るすように事務所に吊らされるPの姿があったとか



46 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/15(水) 01:14:05.27 ID:FOKsZuma0


~終わり~



52 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/15(水) 01:22:38.18 ID:mqoDIgk1o


乙カジキ



54 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/15(水) 01:27:15.87 ID:x8kx5vS00


カジキマグロ……じゃなかった、カジキ!



PLATA ( プラタ ) おもしろ USB メモリ 8GB カジキ マグロ

新品価格
¥999から
(2014/1/15 02:20時点)




元スレ http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389708263/
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。