スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

23才の夏休み

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:26:23 ID:H4Jd2...

男「学生最後の夏休みか...」

男「就職は無事に決まったが卒論やら研究やら色々とやらなきゃいかんことはあるんだな」

男「大学生の夏休みって言ったらもっと暇なもんだと思ってたぜ」

男「まあそれでも充分暇なんだが」

男「甲子園でも見るか...ってあれ、鳴らない電話が震えてら珍しい」

男「もしもーし、あぁ女か久し振り....女!?」

男「久し振りなんてもんじゃねーじゃん!転校して以来か?お前今何してんの?」

男「何々...え?来る?うちに?俺今下宿中だよ?」

男「は?もう来てる?え?」

ガチャッ

女「久し振り」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:28:07 ID:H4Jd2...

男「お前変わってないなー。結局身長も伸びなかったのか」

女「そうかな。僕的には伸びたつもりなんだけど」

男「いやいや、最初は我が目を疑ったけど一目で女だと分かったよ。それぐらい変わってない」

女「君も変わってないね。甲子園見てる辺り」

男「まあ夏の風物詩だろ。それよりなんで急に来たんだ?それによくここが分かったな」

女「やっぱり気付いてないようだね」

男「?」

女「僕の転校先はここの近所。偶々君を見かけたのでもしかしたらと思ってね」

男「なるほどな。それで久々に感動の再会を体験しようってわけか」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:29:40 ID:H4Jd2...

女「まあ概ねそんなところかな。それよりだ」

男「どうかしたか?」

女「今日は行きたいところがあってね。連れてってくれないかな」

男「お、任せろ。免許持ってるから遠くでもレンタカー借りて行けるぞ」

女「いや、自転車に乗せてよ。僕なら重くないだろ」

男「まあいいけど。何処に行きたいんだ?」

女「そうだね、取り敢えず海と言っておこうか」

男「このチャリで海まで行く気かよ...」

女「昔はもっと遠いところまで行ってたじゃないか。今日はウォーミングアップだよ」

男「ハッ、いい身分だな。まあ再会祝いということにしておいてやろう。行くぞ」

女「何言ってんだい。忘れ物だよ。ほら」

男「忘れ物?あぁ、ラジオか。そういやそんな物巻きつけて走ってたな」

女「これで甲子園聞かないと夏が始まらないよ。それじゃ行こうか」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:31:13 ID:H4Jd2...

女「ねぇ男、最近どうなんだい」

男「漠然とした質問だな。そうだな、一浪したけど無事就職も決まって上々と言ったところだ」

女「そうかい、そりゃよかった」

男「お前はどうなんだよ?就職したのか?」

女「僕は大して何も変わってないよ。後、一応学生かな」

男「一応ってなんだよ。まあ深くは聞かないでおくか」

女「そうしてくれ」

男「ほいほい、それじゃ話変えるけどさ」

女「うん」

男「女太った?」

女「....成長したと言ってくれ」

男「まあそりゃそうだよな。野暮な話してすまんな」

男「後、この先は坂だ。流石に降りてもらおうか」

女「はいはい」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:32:14 ID:H4Jd2...

男「着いたぞー。海だー!」

女「いや久しぶりに来たね。君とここに来るのは初めてだけど」

男「そりゃそうだ。この街で会ったのも今日が初めてだし」

女「そういやそうだったね」

男「それより泳ぐのか?俺は水着持って来てないけど」

女「いや、泳がないよ」

男「じゃあなんでここに来たんだよ」

女「夏を実感するためかな」

男「実感?」

女「そう、君と二人でここまで来て海でも見れば夏を感じるかなーって」

男「中々自分勝手なことを言うな」

女「でもおかげで夏が始まったと実感できたよ。君もそうだろ?」

男「そうだな。まあもう8月始まってるけど」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:33:30 ID:H4Jd2...

女「それならよかった。暫く海でも見てのんびりしようじゃないか」

男「しかしこんなへんぴな場所でも人は多いもんだな。海の家まである」

女「入ってみるかい?お礼に何か奢ってもいいけど」

男「いや、いいよ。ただボーッとこっから海見てるだけで」

女「そうかい。まあ試合もいい場面だしね」

男「お、お前野球のルール覚えたんだな」

女「覚えてないよ。ただ実況の勢いや歓声を聞いてそう思っただけさ」

男「相変わらずそういうところは鋭いな。今はここから一歩も離れたくないほどいい場面なんだ」

女「やっぱりね。じゃあ僕はジュースでも買ってくるよ」

男「ありがとう。コーラでよろしく」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:34:56 ID:H4Jd2...

女「夕日が綺麗だね。まさに夏って感じだよ」

男「そうだな。みんな海から上がっていく」

女「僕たちも帰るかい?」

男「そうしよう。今帰れば晩飯時だろ」

女「それじゃあまた世話になるよ。すまない」

男「いいってことよ。そうと決まればさっさと帰るか」

女「そうだね、行こうか」

男「あ、晩飯どうする?時間あるなら奢るけど」

女「いや、遠慮しておくよ。帰ってやらなきゃいけないことがあるんでね」

男「そうか、そういうことならまっすぐ帰るとするか」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:35:54 ID:H4Jd2...

女「今日は無理言ってすまなかった。突然押しかけた上にこんな迷惑な頼みごとをしちゃって。この借りはいつか返すよ」

男「気にすんなよ。昔からそういうのはお互い様だろ」

女「そう言ってくれるとありがたい」

男「その代わりまた暇な時は連絡くれよ。俺は多分いつでも暇だからさ」

女「あ、その事なんだけど実はもう計画があるんだ」

男「お?気が早いな。いつ開けとけばいい?」

女「八月の後半。甲子園の決勝戦辺りかな。また電話するよ」

男「分かった。楽しみに待っとくよ」

女「後今朝も言ったけど今日はウォーミングアップなんだ。次会う時は今日の倍の距離は覚悟しておいてくれ」

男「倍!?おいおい、いくらなんでも二人乗りでその距離は無理だぜ」

女「勿論僕も自転車に乗って行くよ。そこまで厚かましくはないさ」

男「そういうことならいいけどよ。俺もダラダラせずに生活習慣見直すとするわ」

女「よろしく頼むよ。それじゃ、僕はここから歩いて帰るよ。今日はありがとう」

男「おう、じゃーな」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:37:08 ID:H4Jd2...

数週間後

ピンポーン

男「はい、あぁ女か。今開けるから待っててくれ」

女「久々ってほどでもないか。相変わらず白くて不健康そうな肌だね」

男「うるせ、どうせ今日焼けるんだ。ほっとけ」

女「ごめんごめん、それじゃあ行こうか」

男「その前に何処に行くか教えてくれ。流石に目的地知らずに自転車漕ぎ続けるのはモチベーションが保てない」

女「あぁ、そうだった。すまない。今日行こうと思っている場所は学校だよ」

男「学校!?地元まで帰るのか!?自転車で!?」

女「あぁ、そのために朝早くに来たんじゃないか」

男「それ電車じゃダメなのか?県またいでるんだぞ」

女「....できれば自転車がいい。キミと自転車に乗るのは僕にとっての思い出だから」

男「そうか。分かった。付き合ってやるよ。今回は何かしら理由があるんだろう」

女「...ありがとう。それじゃ、準備出来次第出発するとしようか」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:38:20 ID:H4Jd2...

男「ところでさ。俺たちってなんであれから一度も会わなかったんだろうな」

女「会ってもすることがなかったからじゃないかな。積もる話がある訳でもないし」

男「まあ確かにそうだな。新しく出来た友人の話をしても虚しいだけだ」

女「だが安心してくれ。会うのが煩わしいとかそんな理由でないことは確かだ」

男「まあそれは口にするまでもないだろ」

女「そうだね、それに今日は話したいこともあるんだ」

男「それを学校でするってことだろ。もうすぐ着くぞ。多分だけどな」

女「思ってたよりずっと近かったね。半日は覚悟してたけど昼過ぎには着きそうだ」

男「俺は夜までかかると思ってたぜ。懐かしい光景が見え始めて一安心だ」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:39:35 ID:H4Jd2...

学校

男「着いたな。流石にちょっと疲れた」

女「先に昼食にするかい?」

男「いや、話ってのが気になるし先にそっちを聞かせてくれないか」

女「分かったよ。それじゃ教室に行こうか」

男「勝手に入って大丈夫なのか?」

女「分からない。でも卒業生って言えば何とかなるんじゃないかな」

男「お前は卒業してないだろ。まあいいか」

女「話はすぐに終わるよ。多分ね」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:40:28 ID:H4Jd2...

教室

男「さて、何やら大事な話というものをしてもらおうか」

女「あぁ、ちょっと待ってくれないか」

男「....」

女「この二つを受け取ってくれ」

男「封筒か...開けていいのか?」

女「先に左側から開けてくれ」

男「分かった。ん?封筒の中に便箋?」

女「読んでくれていい。あの頃の僕がここで渡したかったものだ」

男「....」

女「焦る気持ちはあったんだけどね。どうしても一歩前に踏み出すことができなかった」

男「....」

女「引越す時に捨てようと思ってたんだけど捨てる決心が付かなかった」

男「....」

女「だからキミが持っていてくれないか」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:41:30 ID:H4Jd2...

男「...ありがとう。素直に嬉しいよ」

女「それじゃもう一つの封筒を開けてくれないか」

男「分かった。こっちも手紙か」

男「....は?」

女「....」

男「そうか、もうそんな時期か。おめでとう」

女「キミならそう言ってくれると思ってたよ。ありがとう」

男「....」

女「ところで出席してくれるかな?」

男「当たり前だ。こんな大事な友達の結婚式に出席しない訳がないだろ」

女「....ありがとう」

男「いやー、話の流れ的に一瞬婚姻届期待しちゃってた自分を殺したいね。ハハッ」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:42:20 ID:H4Jd2...

女「キミらしいね。流石に何年も前の気持ちには整理がついてるよ」

男「いや、全然気付かなかったよ。勿体無いことしたもんだ」

女「一枚目の便箋の返事は期待してないよ。それはあの頃のキミにしか分からないと思うからね」

男「そうだな、今の俺が返事をするのは野暮ってもんだ」

女「本当にありがとう。キミが僕の友人でよかったと心から思えるよ」

男「そりゃよかった。俺もそう思っていたところだ。それじゃ飯でも食べに行くか」

女「そうだね。そうしようか」

男「結婚祝いに奢ってやるよ。何がいい?鰻か?」

女「お任せするよ。どうせ帰りも長いんだ。気楽に探すとしよう」

男「そうだな、そうするか。自転車乗りながら見つければいい」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 17:43:29 ID:H4Jd2...
終わりです。ありがとうございました。

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 18:11:16 ID:IcPZjJ3w

サクッと読めてなかなか良かった
完結スレ、代行しといたよ

友だちを殺してまで。

新品価格
¥1,369から
(2014/1/24 08:35時点)


引用元: 23才の夏休み

[ 2014年01月24日 10:00 ] [オリジナル]男・女 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。