ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 マ行]魔法少女まどかマギカ >  杏子「倍にして返すから千円貸してよ」 さやか「……」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

杏子「倍にして返すから千円貸してよ」 さやか「……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 13:46:53 ID:RR0AByVE0
――街中


杏子「さやかにだって悪い話じゃないはずだ」

さやか「……」

杏子「労せず、お金が増えるんだ。こんなうまい話ないだろ?」

さやか「うーん……」

杏子「なんだい? なにを悩む必要があるのさ」


イモ、さやか、杏子


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 13:50:07 ID:RR0AByVE0
さやか「……いや、さすがに話がうますぎるよ」

さやか「あんた、どうやってお金を増やすつもりなわけ?」

杏子「それは、企業秘密って奴だね」

さやか「あんた、いつから企業に属したのよ……」

杏子「うっさいなー。いいからお金!」

杏子「黙ってあたしに投資しろ!」

さやか「……痛みが必要か?」

杏子「……すみません」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 13:52:39 ID:RR0AByVE0
さやか「まったく……、私だって普通の中学生なんだからね」

さやか「そんなお金ないよ」

杏子「お年玉! 貰ってるはずだろ!」

さやか「まあ、そうだけどさー」

さやか「帰ってこないリスクを考えると……」

杏子「……よし」

さやか「……?」

杏子「もし返せなかったら、今度GS1コやるよ」

さやか「……マジ?」

杏子「大マジさ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 13:54:31 ID:RR0AByVE0
さやか「そこまで言うってことは……」

さやか「よほど、勝算があるとみたね」

さやか「わかった! 千円! 投資しちゃおう!」

杏子「サンキュー、さやか!」

さやか「絶対、返しなさいよね」

さやか「ま、私はGSでも構わないけどさ」

杏子「まかしとけって!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 13:57:36 ID:RR0AByVE0
――1時間後


杏子「さやかー!」タタタッ

さやか「あれ? 杏子じゃん」

さやか「あんた、まさかまたお金貸せって言うんじゃ……」

杏子「バカ言うなよ。はい、これ」サッ

さやか「……え?」

杏子「2千円。確かに返したよ」

さやか「あ、うん」

さやか「ありが、とう……」

杏子「それじゃ!」タタタッ

さやか「……」

さやか「……マジ?」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:02:18 ID:RR0AByVE0
さやか「いやいやいや」

さやか「え? おかしくない?」

さやか「さっき別れたばっかだよ?」

さやか「杏子……、一体どうやって……」

さやか「後をつけるか……」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:05:07 ID:RR0AByVE0
さやか「……」タタタッ

さやか「杏子のやつ……、どこいったの?」キョロキョロ

さやか「……」タタタッ

さやか「……あッ!」




杏子「~♪」
 
 
 

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:07:45 ID:RR0AByVE0
さやか「杏子のやつ、あんなにたい焼きを買い込んで……」

――――――

杏子「うめ、うめ……」モシャモシャ

杏子「……」モグモグ

杏子「……」ハフハフ

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:09:50 ID:RR0AByVE0
さやか「……明らかにあやしい」

さやか「だって、私にお金を借りにきた時点で……」

さやか「杏子はほとんど無一文だったはず……」

さやか「それが、たったの一時間で……」

さやか「私に千円多く渡して、さらに買い食い?」

さやか「……一体、どういうこと?」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:10:19 ID:ZFcIGI790
おもしろい

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:12:24 ID:RR0AByVE0
杏子「はー、食った食った」ポンポン

杏子「さて、と……」スクッ

――――――

さやか「あ……、移動しちゃう」

さやか「追わなきゃ……!」タタタッ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:16:27 ID:RR0AByVE0
――街中

杏子「……」キョロキョロ

杏子「……」キョロキョロ

さやか(……)コソコソ

さやか(さっきから、なにしてるわけ?)

さやか(やけに辺りを見回しちゃって……)

杏子「……」ジッ

さやか(……?)

さやか(……誰を見てるの?)チラッ

男「……」

さやか(誰……?)

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:21:24 ID:RR0AByVE0
杏子「……」スタスタ

さやか(……?)

杏子「ねえ、お兄さん」

男「……」

杏子「お兄さん」

男「……え」

杏子「お兄さん、一人?」

男「あ、いや、あの……」

杏子「ちょっと向こうでお話しない?」

男「あ……、え? 俺、ですか?」

杏子「うん、向こうで話そうよ」

男「……」

男「で、でも……」

杏子「いいから……、ね?」ギュッ

男「う、うん……」////

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:21:53 ID:B+Yytk4a0
あちゃー

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:23:09 ID:ZFcIGI790
なんだと……

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:25:44 ID:RR0AByVE0
さやか「???」

さやか「なに? 知り合い?」

さやか「会話は聞こえなかったけど……」

さやか「路地裏のほうに入ってっちゃった……」

さやか「こっそり、様子を伺うか……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:28:56 ID:RR0AByVE0
――路地裏


杏子「お兄さんさ……」

男「……?」

杏子「あたしみたいの好きだろ?」

男「いや……」

杏子「正直に言いなよ」

男「……す、好きです」////

杏子「やっぱりな」ケラケラ

杏子「なんかあたし、段々見分けがつくようになってきたよ」

男「……」////

杏子「お金、ある?」

男「……す、少しなら」

杏子「……」

男「え、えっと……」ゴソゴソ

男「……一万、七千円」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:31:45 ID:RR0AByVE0
杏子「……結構、お金持ちなんだね」

男「ほ、他に使うこともないから……」

杏子「じゃあさ、そのお金でさ」

杏子「……買う?」

男「え……」

男「こ、ここで……?」

杏子「ああ。なんか問題あるか?」

男「……」キョロキョロ

杏子「平気さ。滅多に人なんて通らないよ」

男「め、滅多にって……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:34:46 ID:RR0AByVE0
杏子「じゃあ、辞めるかい?」

男「……」

杏子「ま、他をあたることにするよ」

男「……」

杏子「じゃあね」スタスタ

男「ま、待って……」

杏子「……?」

男「……お、お願いします」

杏子「買うってことでいいのかい?」

男「う、うん……」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:38:04 ID:RR0AByVE0
杏子「じゃあ、はい、これ」

男「……なにこれ?」

杏子「靴下。一足千円」

男「……え?」

杏子「欲しいだろ?」

男「え? いや、あの……」

杏子「……なに?」

杏子「ああ、言い忘れたけど、私、靴下売って歩いてるんだよね」

杏子「もちろん、わかってたでしょ?」

男「え……、あの……」

杏子「なに? 他のものだと思った?」

男「……あ、え」

杏子「買ってくれるよね」ニッコリ

男「」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:41:07 ID:RR0AByVE0
杏子「けけけ。儲けた、儲けた……」キヒヒ

杏子「さて、これで、リンゴでも……」

さやか「ちょっとあんたあ!」

杏子「おわッ!」ビクッ

さやか「な、なにしてんのよ! あんた!」

杏子「な……ッ! さやか!」

杏子「お前! どうしてここに!」

さやか「ずっと監視してたのよ!」

杏子「な、なんだと……」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:43:02 ID:UJVaKvPR0
新品の靴下かそうでないかで悪質度が違う

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:46:55 ID:zsQwXx+q0
はいてた靴下なら2kでも買うわ

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:44:14 ID:RR0AByVE0
さやか「あんた! いまのはどういうこと!?」

杏子「……今の?」

杏子「靴下売っただけだけど?」

さやか「あんな風に知らない人を路地裏に呼び込んで!?」

杏子「……」

杏子「なにか問題あったか?」ニヤ

さやか「な……」

杏子「私は靴下を売った。相手はそれを買った」

杏子「なにか問題があるかい?」クヒヒ

さやか「こ、こいつ……」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:48:38 ID:RR0AByVE0
さやか「靴下一足千円なんて……」

さやか「どうかんがえてもおかしいじゃない!」

杏子「なんで? 物の値段なんて相手が納得すれば問題ないはずだ」

杏子「例えば、コレクターが集める品なんてのは……」

杏子「その物の価値を個人個人がどう考えるかだろ?」

杏子「あいつらは私が買った三足千円の靴下を……」

杏子「一足千円の価値があると思ったのさ」

さやか「……詐欺っぽいこと言ってなかった?」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:51:38 ID:RR0AByVE0
杏子「まったく……」

杏子「それは、理解の相違ってやつだね」

杏子「認識の判断ミスを後悔するとき――」

さやか「おだまりッ!」ペチン!

杏子「へぷ!」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:56:14 ID:RR0AByVE0
さやか「あんたねー」プルプル

杏子「なんの問題があるのさ!」

杏子「相手にだってやましい気持ちがあるから――」

杏子「あたしの言葉に従うしかなかったわけだろ!?」

杏子「あたしだって、相手は選んでるさ!」

さやか「ぐ……」

杏子「中には気持ちの悪いやつもいたさ」

杏子「あたしが履いてるものをよこせとかぬかすやつ」

杏子「体を触らせろとか言うやつ!」

杏子「そういうやつらから金稼いでなにが悪いんだよ!?」

さやか「……」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 14:58:41 ID:QiVLTd8G0
>>63
履いてるのじゃなくて新品を売ってるのか(絶望)

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:00:35 ID:RR0AByVE0
さやか「……」

さやか「たしかに、杏子の言う通りだわ」

杏子「さやか……」

さやか「うん! この調子でお金稼ごう!」

さやか「別に法に触れてるわけでもないだろうし!」

杏子(法に触れてるかどうかは……)

杏子(正直、わからないんだよな……)

杏子(ま、いっか!)

杏子「よし! さやか! あたしの次のプラン!」

杏子「同行してもらうよ!」

さやか「あたりきしゃりきよ!」

まど神『ああッ! 二人が変な方向にッ!』

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:04:21 ID:f94BsRxM0
急にさやかが江戸っ子に

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:04:41 ID:RR0AByVE0
ピロリロ

店員「ありあしたー」

――――――

さやか「――で、買ったのは500ペットのお茶と紙コップ?」

杏子「ああ、これが金に早変わりさ」クヒヒ

さやか「……?」

杏子「靴下より、よっぽど金になりそうだ」

杏子「ま、相手は選ばなくちゃいけないけどね」ニヤニヤ

さやか「へえ……」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:06:58 ID:RR0AByVE0
さやか「で? どうすんの?」

杏子「この近くに公園あるから……」

杏子「そこ行こうか」

さやか「……? うん、行こう」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:09:33 ID:RR0AByVE0
――公園


杏子「じゃ、一杯、どうぞ」コポコポ

さやか「あ、どうもどうも」

杏子「あたしも……」

さやか「あ、私が注ぐよ」

杏子「あ、すみませんね。どうも」

さやか「いえいえ」コポコポ

杏子「じゃ……」

さやか「乾杯!」


…ゴクゴク

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:11:42 ID:RR0AByVE0
さやか「ふう……」

さやか「じゃあ、もう一杯……」

杏子「ストップ!」

さやか「……」ビクッ

杏子「ふふ、もう飲んじゃダメだ」

さやか「え? なんで?」

杏子「このお茶が商売道具だって言ったろ?」

さやか「この飲みかけのお茶?」

杏子「そうだ」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:15:23 ID:RR0AByVE0
杏子「このペットボトルのラベルを――」

ビリビリ

杏子「破く」

さやか「ふむふむ」

杏子「で……」

シャカシャカ

杏子「泡立てる!」

さやか「ふむふむ……、ん?」

杏子「あとはこれを持ってトイレの前で立ってればいいだけの簡単な仕事だ」

さやか「杏子、あんた……」

杏子「……?」

さやか「もしかして……、天才?」

杏子「ふふっ。よせやいよせやい!」////

さやか「照れない照れない////」ウリウリ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:20:21 ID:RR0AByVE0
さやか「……でもさ」

杏子「……?」

さやか「わざわざ紙コップに何でしたの?」

さやか「紙コップにかかったぶんだけ、お金の無駄じゃない?」

さやか「直接飲めばいいじゃん」

杏子「は? そんなの決まってんだろ?」

さやか「……?」

杏子「自分が口つけたペットボトルを知らねえ男に渡すのなんて――」

杏子「気持ち悪いだろ……」

さやか「杏子……」

さやか「やっぱり、あんた天才だわ」

杏子「まあな」


                        おわり

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/18 15:16:32 ID:pAfaFnifi
やはり天才じゃったか!

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ LOVE! さやか&杏子ver. (e-MOOK 宝島社ブランドムック)

中古価格
¥2,310から
(2014/1/26 13:37時点)


引用元: 杏子「倍にして返すから千円貸してよ」 さやか「……」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。