ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]進撃の巨人 >  エレン「ミカサがセックスさせてくれない!!」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エレン「ミカサがセックスさせてくれない!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:10:02 ID:hcINhfqU
エレン「腹筋だと思ったか!?違ぇよ!!」

エレン「何なんだよォォォォォォォォ!!!」

エレン「ふざけんなし!何なんだよ!!」

アルミン「ど、どうしたんだい?」

エレン「どうしたもこうしたもねぇよ!!!」


ミカサ、クリスタ、アニ、進撃の巨人、サシャ


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:12:36 ID:hcINhfqU
エレン「この前告白したじゃん?」

アルミン「うん、したね。」

エレン「その後なんやかんやで上手くいってたんだよ!」

エレン「マジ上手くいってたから!!」

エレン「一緒にデートしたりさ!ソフトクリーム食べたりさ!!」

エレン「キャッキャッウフフの毎日だったよ!!!」

エレン「それなのに畜生ォォォォォォォォォォ!!!」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:14:22 ID:hcINhfqU
エレン「何なんだよ!!セックスさせろよ!!!」

エレン「ミカサだって誘ってたくせによォォォォォォォ!!!」

エレン「何なんだよ!ミニスカートとか何なんだよ!!」

エレン「可愛いじゃねぇか畜生!!!」

エレン「チラチラパンツ見せやがってよォォォォ!!!」

アルミン「色は?」

エレン「白のレースだった!!リボンつき!!!」

アルミン「」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:16:31 ID:hcINhfqU
エレン「あんだけ誘っておいていざヤル時になったら。」

エレン「『え、エレン…!もっと優しく…。』」

エレン「じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇああああああああああああああああああ!!!!」

エレン「知るか!優しくなんて知るかよ!俺童貞だぞ!!」

エレン「目の前に形の良いオッパイがあったらがっついちゃうに決まってんだろうが!!!」

エレン「しかも巨乳ときた!まいったねこりゃ!」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:18:12 ID:hcINhfqU
エレン「その後なんだか雰囲気悪くなっちゃうしさ!!」

エレン「結局その時はやらずじまいだったよ!!!」

エレン「畜生ォォォ!!勿体無ぇ事したァァァァァ!!」

エレン「何なんだよ!何なんだよォォォォ!!!」

アルミン「お前がなんなんだよ…。」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:19:49 ID:hcINhfqU
エレン「あああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ…。」バタンッ

アルミン(またぶっ倒れた…。)

エレン「…またあの同人誌のお世話になっちゃったしさぁ…。」シクシク

エレン「なんで俺彼女いるのに同人誌で抜いてんだよ…。」

エレン「おかしいだろ…。」

エレン「普通は彼女がしてくれるもんじゃないの?」

エレン「ちくしょう…。」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:22:20 ID:hcINhfqU
アルミン(治まったかな…?)

エレン「抜いてる時はいいんだよ…。」

アルミン(治まってなかったわ。)

エレン「抜き終わったあとの虚無感がすごいんだよ…。」

エレン「俺…、何やってんだろう…。」

エレン「感が半端ないんだよ…。」

エレン「ミカサのアヘ顔で興奮すればするほど虚無感がひどくなる…。」

エレン「なんて残酷な世界だ…。」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:25:19 ID:hcINhfqU
エレン「なんなんだよ…、媚薬ってなんだよ…。」

エレン「俺も媚薬飲ませた汗かきまくりのメスフェロモンむんむんのエロチックなミカサとセックスしたいんだよォォォ…。」

エレン「あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!腹立つぅぅぅぅぅぅ!!!」

アルミン(怒り始めた…。)

エレン「何?なんなの?優しい手つきって何!?」

エレン「アイツ不細工のくせに経験豊富かよ!!!」

エレン「なんなんだよ!!媚薬とかどこで売ってんだよ!!!」

エレン「楽○かぁ!!?」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:27:25 ID:hcINhfqU
エレン「なんで不細工がセックスできてイケメンの俺がセックスできないんだよォォォォォぅゥ!!」

アルミン「自分で言うか。」

エレン「100歩譲っても上の下だろうが!!!」

エレン「なのになんでブサ面代表みたいなアイツがミカサとセックスしてるんだよォォォォ!!」

エレン「パラレルだとわかっててもムカつくんだよォォォ!!」

エレン「代われよ!俺と代われよ!!!」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:30:13 ID:hcINhfqU
エレン「頼むから代わってください、お願いします。」

エレン「うぅ…。」

エレン「…ミカサもミカサだ。」

エレン「なんで一回セックスしただけで好きになっちゃうわけ?」

エレン「何で?何でよ!何でなのよォォォォォォ!!!」

エレン「『この人とセックスしてると胸がドキドキする…。』」

エレン「『もしかして…、これが恋…?』」

エレン「じゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!」バンバンバンバンバン

エレン「違うに決まってんだろうがぁぁぁぁぁぁ!!!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:32:49 ID:hcINhfqU
エレン「クッソぉ…。」

エレン「汗臭い女いいじゃないか…。」

エレン「ムキムキでも良いじゃないか…。」

エレン「腹筋割れてても良いじゃないか…。」

エレン「何なんだよ…、馬鹿かアッチの俺は…。」

エレン「恥ずかしがってんじゃねぇよ!!お前のせいでミカサ取られたんだぞ!!」

エレン「なぁにが『俺はミカサの事が好きだったのかもしれない…。』」

エレン「じゃねぇよ!!大好きに決まってんだろ!!!」

エレン「好きでもない女子助けてんじゃねぇよォォォォ!!」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:34:56 ID:hcINhfqU
エレン「畜生ぉぉぉぉぉ!!!オイ!!!」

アルミン「っ!え?な、何!?」ビクッ

エレン「媚薬どこに売ってるか知らない!?」

アルミン「知らねぇよ。」

エレン「使えねぇ!!!」ブンッ

アルミン「がはぁっ!!」バキッ

エレン「ああああああああああ!!!俺もミカサとセックスしたィィィィ!!!」

エレン「汗かきまくったミカサと愛し合いたいィィィ!!」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:36:21 ID:hcINhfqU
エレン「ミカサァァァァァァァァァ!!!!」ダッ

アルミン「あぁっ!!何処に行くんだい!!?」

エレン「セックス。」ダダダダダッ

アルミン「ダメだ、あいつ壊れた!」ダッ

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:39:26 ID:hcINhfqU
エレン「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」ダダダダ

エレン「ミカサァァァァァっァ!!!好きだァー!」

エレン「ミカサ!!!愛しているんだ!ミカサぁぁぁぁぁぁ!!!」

アルミン「バカ野郎!!聞いてるこっちが恥ずかしいからやめろ!!!」ダダダダダダダッ

エレン「好きだ!大好きだ!!!好きしか言えないくらい好きなんだァァァァ!!!」

エレン「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

アルミン「止めろ!!!みんなこっち見てんだろうがァァァァァ!!!」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:42:02 ID:hcINhfqU
エレン「あぁぁぁぁぁぁ!!!お願いだミカサ!!!俺の隣にずっといてくれ!!!」

エレン「お願いだ!!!何処にも行かないでくれ!!!」

エレン「俺はお前がいなきゃダメだ!!お前がいなきゃ俺はダメなんだぁぁぁぁぁぁ!!!」

アルミン「やめろ!!みんなクスクス言い始めたからやめろ!!!」

エレン「頼む!俺の事を好きでいてくれ!!家族でいてくれ!!!」

エレン「俺はお前が好きなんだよォォォォ!!!」

アルミン「このバカやろう!!!」ガッ

エレン「うわっ!!」ドサッ

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:44:26 ID:hcINhfqU
アルミン「落ち着け!!落ち着いてくれ!頼む!!」

エレン「うぇぇぇぇ…、ミカサァ…。」ポロポロ

アルミン(情緒不安定すぎるだろ…。)

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:46:18 ID:hcINhfqU
エレン「畜生…、俺は嫌なんだよ…。」

エレン「ミカサがどっか行っちまいそうな気がしてよぉ…。」

エレン「ぶっちゃけ、その夜から避けられてる気がするしさぁ…。」

エレン「不安で不安でたまらないんだよォ…。」

エレン「ミカサァ…。」

アルミン「はぁ…、全く…。」ハァ…

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:49:13 ID:hcINhfqU
アルミン「だってよ…、ミカサ。」

エレン「ハァっ!!!?」バッ

ミカサ「エレン…。」

エレン「おまっ!?おまっ!…おま。」

アルミン「落☆ち☆着☆け☆」

エレン「…どこから聞いてた?」

ミカサ「好きだァァァァ!!の所から…。」テレテレ

エレン「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:50:26 ID:hcINhfqU
エレン「ふざけんなよ!!!言えよ!!!」

エレン「メッチャ恥ずかしいじゃん!!馬鹿みたいじゃん!!!」

アルミン「い、今更!!?」

エレン「うっせぇ!!!テンションおかしかったんだよ!!」

エレン「今もだけどな!!!」

アルミン「やかましい!!」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:53:00 ID:hcINhfqU
エレン「畜生…、なんかデジャブ…。」

ミカサ「エレン…。」スッ

エレン「は?なにこれ?」

ミカサ「誕生日プレゼン…ト///」テレテレ

エレン「な、な、な、な!!」ブルブル

エレン「はっ!まさか最近俺を避けてた原因は…。」

アルミン「ソレな。」

ミカサ「はっぴーバースデー、エレン…。」パチパチ

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:54:47 ID:hcINhfqU
エレン「っ。」ブワッ

アルミン「うわっ!汚っ!!」

エレン「あ、開げてもい゛い゛…?」ボロボロ

ミカサ「…。」コクコク

エレン「じゃ…。」シュルシュル

パカッ

エレン「…マフラー?」

ミカサ「お揃いの…。」テレテレ

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:56:45 ID:hcINhfqU
エレン「お、お揃い…!」

ミカサ「エレンの為に頑張って編んだ…。」

ミカサ「下手くそかもしれな…。」

エレン「下手くそなもんかよ!!」ガバッ

ミカサ「うわっ…!」ビクッ

エレン「ありがとう!ありがとう!!ミカサ!!」

ミカサ「…喜んでくれて私も嬉しい。」ワフワフ

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 05:59:28 ID:hcINhfqU
エレン「あ、あとさ…、この前の事なんだけど…。」

ミカサ「ううん…、気にしないでエレン…。」スッ

エレン「ミカサ…。」パァァァ

ミカサ「あの時は私も緊張してた…。」

ミカサ「え、エレンが良いなら今からでも続きを…///」テレテレテレ

エレン「Yeaaaaaaaaaah!!!Show!Time!!!」グイッ

ミカサ「え、エレン…///」ポッ

エレン「さ!早く俺の部屋に!部屋に!」フンフンッ

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 06:00:48 ID:hcINhfqU
ミカサ「エレンたら…///」ウフフッ

キャッキャッ
ウフフ…

アルミン「言ってしまった…。」

アルミン「僕も誰かに誕生日祝ってもらいたいなぁ…。」

アルミン「できればクリスタとかに…。」



__終劇__

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 06:04:20 ID:mTlqI/d.
勢い乙!

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 08:14:08 ID:yet/ObgI
圧倒的疾走感

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/23(木) 10:49:25 ID:B5iPS/Wc
面白かった
同人誌どんなのか気になる

進撃の巨人 ねんどろいど ミカサ・アッカーマン (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

新品価格
¥3,547から
(2014/1/27 10:14時点)


引用元: エレン「ミカサがセックスさせてくれない!!」

[ 2014年01月29日 03:00 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。