ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]涼宮ハルヒの憂鬱 >  キョン「最近妹で勃起する…」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キョン「最近妹で勃起する…」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:13:54 ID:0IGoCviT0
古泉「はあ」

キョン「なんかさ、可愛いんだよ俺の妹」

古泉「いやそれは分かりますけど」

キョン「うん、だからさ、可愛すぎて妹で勃起するんだってば」

古泉「おかしい」

キョン「いやまぁ頭では分かってんだよ。でもな?キョンくーんっつってじゃれてくるじゃん」

古泉「はい」

キョン「勃起するじゃん」

古泉「おかしい」

キョン「なんだよ」

古泉「いや、あなた自分が何言ってるか分かってるんですか?」

キョン「だから妹で勃起するって言ってんだろ、何回言わせる気だ!」

古泉「」


キョン妹


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:14:37 ID:0IGoCviT0
古泉「いやだから、ご自分の妹が性の対象だなんてそんな話突然されても反応に困ります」

キョン「お前だって男だし、可愛い女の子見たら勃つだろ?」

古泉「そりゃ僕も一男子高校生ですし勃起だってしますよ。でも僕は小学生の妹をそんな目で見たりしません」

キョン「アレお前妹いるっけ?」

古泉「そういう事じゃないんです」

キョン「まぁあれだ、じゃあちょっとお前今日俺の家来いよ」

古泉「えっ…なんでですか」

キョン「そんな露骨に嫌そうな顔すんなよ…ただどれくらい妹が可愛いかを分かってほしいんだ」

古泉「…ええ、ではお邪魔しますね。(シスコンすぎる…)」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:15:16 ID:0IGoCviT0
//キョン宅//
妹「キョンくんおかえり~!わぁ~古泉くんも一緒だぁ!いらっしゃい!」

キョン「はいただいま」

古泉「お邪魔します。お久しぶりですね」

キョン「なあうちの妹どうだ、可愛いだろ」

古泉「(シスコンすぎる…)」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:15:54 ID:0IGoCviT0
//キョンの部屋//
キョン「まあくつろいでくれ」

古泉「はい」

ガチャ
妹「お茶持ってきたよぉ~」

キョン「おお、さすが良くできた妹だ」ナデナデ

妹「わぁ~もぉ最近キョンくん優しいねえ!ハルにゃん達と何かあったの?」

キョン「いや何もないぞ?」サワサワ

古泉「(こいつ純粋な妹さんの体をナチュラルに…)」

妹「キョンくん、もぉくすぐったいよぉ~!」

キョン「いいじゃないか。ほらほら」サワサワサワサワ

妹「きゃはははは!やめてよぉ~!」バタバタ

キョン「ふぅ…」ツンツン

妹「これからミヨちゃんちだから!じゃあね、古泉くぅん!」

古泉「はい、お気をつけて」

バタン

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:16:47 ID:0IGoCviT0
キョン「どうよ」

古泉「どうよじゃないですけど…とりあえずあなた触り過ぎです」

キョン「?…今ので触りすぎになるのか?」

古泉「ええ。今のでって言う事は…」

キョン「…最近は一緒に風呂に入っているぞ!」イイエガオ

古泉「…」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:18:25 ID:0IGoCviT0
古泉「いいですか」

古泉「ロリコンは紳士なんです。触らないんです。触らないからこその紳士なんです。わかりますか?」

古泉「なのに!」

古泉「あなたは!!」ワナワナ

古泉「触り過ぎですよ…ッ!!!!!」ダンッ

キョン「ヒッ」

古泉「僕はロリコンではありませんが、あなたは禁忌を犯している…ッ!」

キョン「す、すまん…なんか…」

古泉「…いえ、取り乱しました」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:19:51 ID:0IGoCviT0
キョン「なあ古泉…その、悪いが」

古泉「はい?」

キョン「お前に妹はやらんぞ」

古泉「おかしい」




古泉「おかしい」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:20:34 ID:0IGoCviT0
古泉「いや、ね?そういう事じゃないんですってば!僕はロリコンじゃないです!おっきいおっぱいが好きです!」

古泉「しっとりと包み込んでくれる!素敵な!おっぱい!」

古泉「程良くくびれた!腰!」

古泉「誘っているのかと言うくらい良い形をした!すべすべの尻!」

古泉「細すぎない!ちょっとだけパンツとニーソにのっかる肉!」

古泉「きゅっとしまっている!足首!」

キョン「うわぁ…」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:21:42 ID:0IGoCviT0
古泉「すみません…また取り乱しました」

キョン「落ち着いてくれて良かった…とりあえずお前が女の身体にこだわりがあるのは凄く伝わったけど」

古泉「ええまぁ…」

キョン「でもそうじゃないんだ」

古泉「はい。あなたの妹さんがあまりにも可愛くて勃起するって話ですよね」

キョン「そうそう。どうやって犯せば全員が幸せになれるかって話だ!」

古泉「ははは」

キョン「ははは!」

古泉「え?」

キョン「え?」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:25:21 ID:0IGoCviT0
古泉「勃起するって話で終わってましたよね」

キョン「勃起するってことはセックスじゃん?」

古泉「いや…そこは自慰でなんとか…」

キョン「お前馬鹿なの?妹でオナニーとか数えられんくらいしてるわ!」

古泉「」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:25:56 ID:0IGoCviT0
キョン「すぐ触れられる距離にいるんだぞ?しかも一緒に風呂も入ってるし一緒に寝ている」

古泉「そうですね。…んん?」

キョン「なんつーか、もうぶっちゃけ我慢できない」

古泉「うわぁ…」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:28:25 ID:0IGoCviT0
キョン「だってかわいいんだもん…」

古泉「もん…じゃないですけど」

キョン「兎に角だな、どんな風に妹を犯せば親父にもお袋にもハルヒにも長門にも朝比奈さんにもバレねえかな?」

古泉「とりあえず長門さんにバレないというのは…」

キョン「無理だよな…」

古泉「そうでしょうねえ…」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:31:08 ID:0IGoCviT0
古泉「とりあえず親御さんと涼宮さんにはバレないようにしてくださいよ」

キョン「社会的に死ぬか世界を崩壊させるかだもんな…」

古泉「妹さんの純粋さにつけこんでみてはどうでしょう」

キョン「最低だな!」

古泉「…」

キョン「ごめん…」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:34:10 ID:0IGoCviT0
古泉「まあ、まず脳内シュミレーションしてみましょうよ」

……

キョン「妹よ」

妹「なぁに~キョンくん?」

キョン「今からちょっとしたゲームをしよう」

妹「やったぁ!ゲーム好き!」

キョン「しかも正解したらアイスが待ってるぞ」

妹「ほんとぉ!?キョンくんってば優しい~!」

キョン「じゃあまず目隠しをするんだ、ほらタオルをまくぞ!」

妹「わっ!なんにも見えないよぉ!えへへおもしろぉい!」
……


キョン「やばいもうギンギンなんだけど」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:35:05 ID:0IGoCviT0
……

キョン「第一問、これはなんでしょう」

妹「どれ~?」

キョン「これだこれ、指貸してみろ」スッ

妹「ん~?ちょっとザラザラしてるよぉ?なにこれぇ」サワサワ

キョン「な、舐めてみてもいいんだぞ?(おぅふ…ん…これは…いいな…あふぅ…)」

妹「ん…ぺろぺろ」

キョン「フォオオオオオイ!!!!!!!!」

妹「ろおしらのお?」ペロペロ

キョン「んっ…////」


……

キョン「フォオオオオオイ!!!!!!!!」

古泉「うるさい…」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:38:31 ID:0IGoCviT0
……

キョン「ハァ…も、もう時間切れだ…」

妹「ん…れろお…キョンくん、これなんだったの?全然わかんなかったぁ」

キョン「あぁ、じゃあ目隠し外すぞ」

妹「ん…で、答えは?」

キョン「正解は右乳首でした~」

妹「わぁ~全然分かんなかったぁ!でもなんでそこなのぉ?」

キョン「ここは…俺もよく分かんないんだが、噂で聞いたんだ。実は乳首を触ると何やら凄く良い事が起きるらしい。だがこれは絶対秘密にしないと良い事は訪れない…」

妹「ええっ!ミヨちゃんに教えてあg キョン「駄目だ!!この事は絶対に秘密にしないと悪い事がおきる!!!!!」

妹「そ、そっかぁ…じゃあ秘密にするね!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:40:08 ID:0IGoCviT0
キョン「お前は賢いなあ!」ナデナデ

妹「えへへ~」

キョン「これは二人の秘密だ、絶対に口外しないと約束できるか妹隊員!」

妹「はいっ!絶対に守るでありますキョンくん隊長!」ビシッ

キョン「正解じゃなかったが、優秀な隊員にはアイスをやろう。ほらしろくま」

妹「わぁい!!!キョンくん隊長大好きであります!!」

……
キョン「古泉…」

古泉「はい」

キョン「お前天才だよ…」

古泉「うれしくない…」

キョン「でもこの作戦でいけば絶対犯せるわ」

古泉「やっちまった感がすごい」

キョン「ありがとな、友よ!」

古泉「うわぁ…」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:43:25 ID:0IGoCviT0
キョン「これはあまりにもベタだがうちの妹は…まあ馬鹿だからいけると思うんだ」

……

妹「なに?これ…キョンくんのお、おちんちん…?//」

キョン「そうだ…だが、これはいつものおちんちんじゃないんだ」

妹「どういう事ぉ?」

キョン「腫れてしまったんだ…病気かもしれない。うぅ痛ぇ…」

妹「ええ!?キョンくん大丈夫…?」オロオロ

キョン「す、すまないがさすってくれないか…うぅっ!」

妹「わ、わかったよキョンくん!こうでいいの?」サスサス

キョン「フォオオオオオイ!!!!!!!!」

……

キョン「フォオオオオオイ!!!!!!!!」

古泉「うわぁベタすぎィ…ッ!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:46:03 ID:0IGoCviT0
キョン「ちょっとトイレいってくるね」

古泉「見事なまでの前屈み、ですね…」





キョン「ふぅ」

古泉「おかえりなさい」

キョン「ああ…俺男になったぜ…古泉…」

古泉「お、おう」

キョン「なあ古泉…ありがとう…だから俺さ…」



キョン「妹とセックスするためならハルヒのご機嫌取り頑張るわ」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:47:05 ID:0IGoCviT0
古泉「!!!!」

キョン「長門と朝比奈さんの精神ケアだって任せてくれ」

古泉「あなた…っ!」

キョン「ふふ…俺達友達、だろ?」スッ

古泉「…ええ!」ガシッ

キョン「その代わり…」

古泉「ええ、大丈夫です。僕も色々お手伝いしますよ、妹さんの事…!」

キョン「お前は最高だよ」

古泉「んっふ」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:48:28 ID:0IGoCviT0
//学校//

Prrrr…
キョン「(ん…古泉からメールか?)」

=====
From:古泉一樹
Sub:閉鎖空間
ーーー
涼宮さん
生理二日目
ふもっふ
=====

キョン「なるほど」

ハルヒ「何がなるほどなのよ」イライラ

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「何よ」イライラ

キョン「なんかお前今日可愛いな」

ハルヒ「は!?何言ってんの!?」カアアッ

キョン「はは、すまん。いつも可愛いの間違いか」

ハルヒ「」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:50:21 ID:0IGoCviT0
Prrrr…
=====
From:古泉一樹
Sub:無題
ーーー
『はは、すまん。いつも可愛いの間違いか』
あなた凄いですね…
=====

キョン「!?」

//放課後・部室//
コンコン

みくる「ふぁ~い!大丈夫ですよぉ」

キョン「こんにちは、今日も可愛いですね」

みくる「えっ!?!?ななななんですか!?!?えっ!あ、あのあのっ…!ありがとうございましゅ…」

キョン「ははは、ほんとに可愛いな」

みくる「」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:51:52 ID:0IGoCviT0
Prrrr…
=====
From:古泉一樹
Sub:無題
ーーー
『こんにちは、今日も可愛いですね』
あなたチャラ男ですか?恐ろしいです。
=====

キョン「」

ガチャ
キョン「おう長門。コンピ研だったのか?」

長門「そう」

キョン「お前が楽しそうにしてると俺もすごく嬉しいよ」

長門「…そう」

キョン「ああ、そうだ。お前が人間らしくなってくれて、可愛い女の子になってくれて、俺は嬉しいぞ」

長門「可愛い…女の子…?」

キョン「ああ、長門は可愛いぞ」

長門「」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:52:17 ID:5ly0RK7a0
これもすべて妹とエロいことするためっていう

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:52:44 ID:0IGoCviT0
Prrrr…
=====
From:古泉一樹
Sub:無題
ーーー
『ああ、長門は可愛いぞ』
ロリコン魂凄いです負けました
=====



キョン「だから!」

キョン「どこから!」

キョン「聞いてんだ!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:54:06 ID:0IGoCviT0
ガチャ

古泉「こんにちは」

キョン「おお」

みくる「あっ古泉くん!今お茶入れますね~」

古泉「さすがですね。涼宮さんの精神は安定しています。生理なのに珍しいですよ」ヒソヒソ

キョン「生理なのにか」ヒソヒソ

古泉「ええ、生理なのにです」ヒソヒソ

キョン「…」

キョン「ちょっと興奮するよね」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:56:52 ID:0IGoCviT0
古泉「もうやだこのひと…でもわかります」

キョン「まあ俺は初潮もまだな妹のが好きだけどな」ヒソヒソ

古泉「うわぁ…」

長門「私も生理はきていない」ヒソヒソ

キョン「!?」

古泉「!?」

キョン「な、長門…とりあえず座ってろ、な?」

長門「そう」スタスタ

キョン「…と、とりあえず今日は乳首ぺろぺろ大作戦やってみようかと思う」ヒソヒソ

古泉「僕が言い出しといて何ですけど」



古泉「うわぁ…」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:58:03 ID:0IGoCviT0
//翌日・登校中//

古泉「おはようごz…その顔…ッ!うまくいったんですね?」

キョン「…ああ。俺の事は大賢者と呼んでくれ」

ハルヒ「あ!ちょっとキョン!」

キョン「ハルヒ、可愛いぞ」

ハルヒ「」

古泉「」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 22:59:46 ID:0IGoCviT0
キョン「でな、古泉。なんと乳首を舐めあう事に成功したんだ。しかも結構簡単に。うちの妹は本当に頭が弱いらしい」

古泉「そ、そうですか…よかったですね?(やだ今のチャラい…)」

キョン「次はフェラだとおもわんか」

古泉「いきなりですか?」

キョン「だって乳首やったら次はフェラじゃね?」

古泉「これだから童貞は嫌です。甘いですよ」

キョン「甘いか?じゃあ次はどうしたらいいんだ?」イラッ



古泉「指フェラ、って良いと思いませんか…?」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:02:23 ID:0IGoCviT0
キョン「」

古泉「ふふ、棒状のモノでもっと抵抗が無いものと言えば指でしょう」

キョン「お前天才だよ…もう怖いレベルだよ…!」

古泉「指を舐めさせるのは股間を舐めさせるよりも簡単だと思います」

キョン「確かにそうかもな」

古泉「それにですよ!!!!!ちゃんと舐め方をレクチャーしておけばこうです!!!!」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:02:56 ID:0IGoCviT0
……

妹「ふぁ…すごいおっきぃよぉキョンくん!」

キョン「さあ舐めてみろ」

妹「えっでもどうやって…」

キョン「この前指で教えた通りにやるんだ。覚えているか?」

妹「うん!」

キョン「よし偉いぞ!今日はハーゲンダッツだ!」

妹「わーい!ぺろり」
……


古泉「どうですか!!!!!」

キョン「お前凄過ぎ頭どうなってんの?」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:03:49 ID:0IGoCviT0
キョン「しかしどうやって指を舐めさせたもんかね」

古泉「さあ、ジャムでも蜂蜜でも塗っておけばいいんじゃないですか?」

キョン「そんなたんじゅ…いやうちの妹だしなぁ…」

古泉「はい」

キョン「馬鹿にすんな!でも蜂蜜買って帰るわ!」

古泉「えっ」

キョン「えっ?」

古泉「いえ…(いいんだ…)」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:04:46 ID:0IGoCviT0
//キョン宅//

キョン「ただいま」

妹「キョンくんおかえりぃ~!あっまてシャミ~!」

シャミ「にゃあ」スタコラサッサ

キョン「シャミは放っとけ。それよりもお土産があるぞ!」

妹「お土産?なになにぃ~?」

キョン「蜂蜜だ」

妹「わぁ!蜂蜜!やったぁ~」

キョン「だが…ちょっと…この蜂蜜は…秘密があるんだ」

シャミ「ミツだけに?」

キョン「えっ」

シャミ「にゃあ」

妹「?」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:06:11 ID:0IGoCviT0
//キョン部屋//

キョン「妹よ、この蜂蜜は美味しすぎるんだ。だからって舐めすぎると虫歯になる」

妹「えぇ~虫歯はやだなぁ…」

キョン「だがお前にこの美味い蜂蜜を食わせたい。そこでだ妹隊員」

妹「ハッ!なんでありますかキョンくん隊長!」

キョン「俺が虫歯にならない量をはかって食わせてやる。ちと手間がかかるから、これも二人だけの秘密だ。守れるか?」

妹「いえっさー!」ビシッ

キョン「(かかった…)」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:07:16 ID:0IGoCviT0
キョン「まず俺はベッドに腰掛けるから、お前は床に座って俺の足の間にはいれ」

妹「はぁい」

キョン「蜂蜜これくらいかな…」ドロッ

妹「はやくはやくぅ!」

キョン「ほら、この人差し指に適量つけるから丁寧にゆっくり味わいながら舐めるんだぞ」スッ

妹「は~い!あーん」ペロッ

キョン「…ッ!(妹が俺の足の間で指を舐めている…なんて素直で可愛いんだこいつは…おっといかんいかん勃つなよマイサン…!)」

妹「ふぁあ、おいひい…んっ…」レロォ

キョン「ん、いいぞ…(ぐ…ッ!なんだこれ…思っていたよりも気持ち良い…小学生の小さな舌が必死におれの指を味わっている…)」ピクッ

妹「ふぇぁ!?」

キョン「ん?どうした?(いかん、つい興奮して指を動かしてしまったか…)」


キョン「ん?」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:09:10 ID:0IGoCviT0
キョン「(今のは手マン的な感じなのか…口だけど…でも動かし方的に…)」

妹「ひょんふん?」レロッ…ジュッ…

キョン「(なんてこった今俺は妹の口を犯している!出そう!)」

妹「ひょっほぉ…ひょんふん!」チュパッ

キョン「おおすまんすまん、どうだ美味いか?」

妹「すっごい美味しい!ねえもっとちょうだい!」

キョン「」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:10:06 ID:0IGoCviT0
キョン「もっと…ちょうだい…だと…」

妹「?」

キョン「フォオオオオオイ!!!!!!!!」

妹「なに!?」

キョン「な、なんでもない…」ドキドキドキドキ

妹「だめぇ?」

キョン「だめじゃない!!!!!!!!!!!!!!」

妹「!?」ビクッ

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:10:58 ID:0IGoCviT0
キョン「じゃあサービスだ、次は人差し指と中指であげるからな。二倍だ二倍」ドロッ

妹「やったぁ!にばいにばい~!」パクッ

キョン「あん…」

妹「んっ…ちゅ、ふぅ…はひみふおぃひぃ…」

キョン「(これで手マンのように動かしてみると…)」クチュッ

妹「!?…ひょっほ…ひょんふん?ふふふっはいほ!(ちょっとキョンくんくすぐったいよ!)」

キョン「ははは、でも美味いだろ?(口が小さいから俺の指二本で限界だな。それにしてもこの妹だいぶ蕩けた顔してやがる…犯してえ…)」

妹「ふぁ…なんふぁへんははんひ…れもおいひぃよぉ…(なんか変な感じ…でも美味しいよ)」クチュクチュッ

キョン「出そう」

妹「?」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:11:59 ID:0IGoCviT0
妹「ふぁ~おいしかった!」

キョン「ああ、俺も美味しかったよ」

妹「?」

キョン「明日はもっとあげるからな」

妹「やったあ!!」

キョン「でもこれは?」

妹「二人だけの秘密であります!」ビシッ

//翌日//

キョン「かくかくしかじかというわけだ」

古泉「うわぁ…」

キョン「小さな口を支配するかのような俺の指を一生懸命味わっている姿はそれはもうたまらなかったね」

古泉「ほう…」

キョン「それを思い出しながら4回抜いた」

古泉「なんというか最低ですね」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:12:38 ID:0IGoCviT0
キョン「分かってるけど背徳感が最高に抜ける」

古泉「…」

キョン「そして俺の指を咥えながら美味しい美味しいって。舌ったらずで涙目でもう…」

キョン「もう…!」

古泉「…」

キョン「決めたぞ古泉!」

古泉「うん」

キョン「俺は今晩!蜂蜜をぶっかけた俺のちんこを妹に舐めさせる!」

古泉「うん」

キョン「やるぞ…!おれはやるぞおおおお!」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:13:27 ID:0IGoCviT0
キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「な、なによ!」ビクッ

キョン「俺は今日!ある事を成し遂げる!応援してくれるか!」

ハルヒ「えっなにとつぜ キョン「成功を祈ってくれ!」

ハルヒ「えっ?あ、うん…成功するわ、きっと!」

キョン「ありがとう!!!!」

ハルヒ「何なの…?バカキョン…」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:15:32 ID:0IGoCviT0
キョン「よしハルヒのおかげで絶対に成功するぞ!よし!やるしかない!」

キョン「まってろよ妹…おれがその小さい口を犯してやる…」

キョン「そして初潮もまだなキレイなその処女膜も突き破ってやるぞ!うおおおおおお!」



谷口「なんかキョンおかしくね…?」

国木田「うん。キラキラしてる感じだね」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:16:51 ID:imZFpA0h0
学校でそんなこと叫んでるのかよ

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:17:23 ID:0IGoCviT0
//キョン宅//
ガチャ

妹「キョンくんおかえり!蜂蜜は!?」タタタッ

キョン「おう!今日はたっぷり蜂蜜をやるぞ~」ナデナデ

妹「やったぁ~えへへ~」

キョン「そうだ。お前昨日ちょっとこぼしてたからな、汚れても良いように水着着てこいよ」

妹「え~?」

キョン「水着だったら汚してもすぐ洗える。洋服だと零したらお袋にバレるし…もう蜂蜜は無しになるな…」

妹「水着着てくるね!」

キョン「スク水で!(もうこいつほんと馬鹿大好き)」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:18:55 ID:0IGoCviT0
キョン「おお…これは…すごい…ッ!」

妹「これでいいよね!早く蜂蜜ぅ~」

キョン「この凹凸の無い身体。あどけない表情。純粋に蜂蜜を求める無垢な心。そんなコイツの口を今から俺の性器でいっぱいに…(今蜂蜜やるからな!)」

妹「?」

キョン「さて昨日みたいに座ってくれ」

妹「はぁ~い!」

キョン「お前よく棒アイス食ってるだろ?」

妹「うん」

キョン「細いアイスと太いアイスだったらどっちが好きだ?」

妹「たくさん食べたいから太いアイスが好き~」

キョン「キタコレ」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:21:38 ID:0IGoCviT0
妹「アイスがどうしたのぉ?」

キョン「太いのがいいんだろ?」

妹「うん!」

キョン「ちょっと目つぶれ」

妹「はぁい」

ボロンッ

キョン「さて蜂蜜をもう既にギンギンな息子にかけて…」ドバドバ

妹「ねえキョンくんまだ?」

キョン「ほら、いいぞ!」

妹「」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:22:34 ID:0IGoCviT0
妹「え…これ…」

キョン「太い方が好きなんだろ?これならたくさん蜂蜜が食えるしいいじゃないか!」

妹「そ、そうだね…?でも…///」

キョン「? 何を恥ずかしがってるんだ?俺はお前のために蜂蜜を手頃な太い棒にかけただけなんだが…」

妹「う、うん…」

キョン「太い棒アイスだと思えば何にもかわりないだろう?」

妹「そっかぁ…」

キョン「そうだ(こいつ頭弱過ぎて心配になってくるレベルだな…)」

妹「そうだよね!いただきまぁす」ペロペロ

キョン「ンアァッ!」ビクンッ

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:24:00 ID:0IGoCviT0
妹「!? ろ、ろうひらの?(どうしたの?)」

キョン「んんっ!い、いや…蜂蜜うまいか、と…ぉ、おもって…ッ(やばいやばいやばい)」

妹「ふっほぃほいひいほ!んっ…ふほいおおひい…ひっはいはへへふへ!(すっごい美味しいよ!凄い大きい…いっぱい食べれるね)」

キョン「最早なんて言ってるか全然分からんが咥えながら喋るのはやめてくれ…多分蜂蜜の味が変わってしまう…ハァッ…うぅ…」

妹「はんへはひひふほあひがははふの?(何で蜂蜜の味が変わるの?)」

キョン「ううっ…も、もうダメだ…っ!あっ…ん、ああっ!」ドピュッ

妹「ひぁあっ!?」

キョン「」ビクビク



妹「味が…変わった…」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:25:28 ID:0IGoCviT0
妹「キョンくん…蜂蜜美味しくなくなっちゃった気がする…」

キョン「ふぅ…」

キョン「いや、そのなんだ」

キョン「隠し味だ」

キョン「カレーにはすりおろした林檎やチョコレートを入れると美味くなるという」

キョン「そんなかんじ」

妹「そっかぁ…でもこの隠し味は失敗だね」

キョン「そうか、じゃあ次回からはこの隠し味は無しにしような」

妹「うん!」

キョン「隠し味に失敗したなんて恥ずかしいから誰にも言わないでくれよ?」

妹「はぁ~い!」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:26:26 ID:0IGoCviT0
//翌日//

キョン「かくかくしかじかというわけなんだよ古泉くん」

古泉「…」

キョン「フェラって気持ちいいな」

古泉「…」

キョン「それを思い出しながら7回抜いた」

古泉「…」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:28:48 ID:0IGoCviT0
キョン「ハルヒ」

ハルヒ「何よ」

キョン「ありがとう。お前のおかげでうまくいったよ」

ハルヒ「ふーん?まあよくわかんないけど良かったわね」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:31:05 ID:0IGoCviT0
//放課後・坂道//

キョン「なあ古泉」

古泉「…なんですか」

キョン「ねえなんかちょっと冷たくない?」

古泉「いえ」

キョン「…昨日思ったんだよ。もう俺は妹にちんこをぶっこみたくて仕方が無いと」

古泉「はあ」

キョン「なんて言えば良いと思う?」

古泉「なんでも大丈夫なんじゃないですかね?ちなみに僕は愛のあるセックスじゃないと捗りません」

キョン「俺だって無理矢理は嫌だよ」

古泉「まあ大丈夫でしょう。なんとかなります。頑張ってくださいね」

キョン「ねえなんかちょっと冷たくない?」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:32:38 ID:0IGoCviT0
//キョン宅//
ガチャ

キョン「ただいま!!!」

母「あら、遅かったわね。ご飯できてるわよ!」

キョン「ん…?赤飯?なんか記念日とかだっけ?」

母「実はあの子、生理がきたのよ」コソッ

キョン「」

妹「あっ!キョンくんお帰り///」

キョン「」

母「これであなたも立派な女の子ね」ニコニコ

キョン「」



キョン「」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:34:00 ID:0IGoCviT0
//翌日//
チュンチュン

谷口「よっ!キョン」

キョン「」

谷口「おい…キョン…?」

キョン「」

国木田「どうしたんだい?なんか最近おかしいけど…」

キョン「」

谷口「お、おい…」

国木田「分かんないけど、何かあったら相談してね」

キョン「」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:35:12 ID:0IGoCviT0
//SOS団//

ハルヒ「ねえちょっとキョンあんたさっきから一言も話さないじゃない!変だわ!」

キョン「」

みくる「どうしたんですかキョン君…」

キョン「」

古泉「本当にどうなさったんですか?昨日まではあんなに元気だったじゃないですか」

キョン「」

ハルヒ「ねえちょっとキョン…?」

キョン「」

長門「…」パタン

ハルヒ「あらもうそんな時間?じゃ、じゃあキョン!明日には元通りになってなさいよっ!今日はよく休む事!良いわねっ!帰るわよみくるちゃん!」

みくる「すっすす涼宮さん私まだ着替えてな」バタンッ

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:37:51 ID:0IGoCviT0
キョン「」

キョン「」



キョン「なあ…俺分かったわ…古泉」

古泉「! どうしました?」

キョン「昨日な…さあヤるぞって家に帰ったんだよ」

キョン「そうしたらお袋がすげえニコニコしてんの。何だろうって思いつつリビングに行ったらなんと赤飯がでたわけ」

キョン「なんか記念日なのかと思ったら、お袋なんて言ったと思う?」

キョン「妹に生理がきたんだと」

キョン「もうなんも言えないよね」

キョン「だってさ、初潮もきてないぺったんこの、身体も心も純粋無垢な妹が良かったんだぜ」

キョン「しかも犯そうと思ったらその日!生理になったと!」

キョン「はははははは」

キョン「無理だわもー無理ー」

キョン「だからね、分かったんだ」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 23:40:30 ID:0IGoCviT0
キョン「俺ね」

キョン「やっぱ初潮がまだだっていう長門にするわ」

古泉「えっ」

キョン「なあ長門」

長門「…なに」

キョン「セックスしよ」

長門「」

古泉「もう本当に今更なんですけど」



古泉「おかしい!!」

おわり

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24 00:01:04 ID:XqJesIdjP
生理きてない長門にはツッコミなしかよ

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24 00:07:52 ID:/AQhOMeg0
>>119
三歳児だぞ

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24 00:08:08 ID:3yw7WTqz0
面白かった乙

涼宮ハルヒの憂鬱 キョンの妹 バニーVer. (1/4スケールPVC塗装済み完成品)

新品価格
¥6,800から
(2014/1/27 11:33時点)


引用元: キョン「最近妹で勃起する…」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。