ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]ストライク・ウィッチーズ >  芳佳「今日こそバルクホルンさんを倒してみせる!」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

芳佳「今日こそバルクホルンさんを倒してみせる!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:00:57 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「……」

芳佳「あれ? バルクホルンさん、ここで何してるんですか? それにこの丸テーブルは……?」

バルクホルン「ここを読めば分かる」

芳佳「え?」

『ウィッチ限定であのゲルトルート・バルクホルンとアームレスリングができる! 勝てばバルクホルンから夢のような御褒美が!』

『さぁ、君もバルクホルンに挑戦しよう!』

バルクホルン「よし。こい」

芳佳「え? あ、は、はい」グッ

バルクホルン「レディ……」グッ

バルクホルン「ゴォッ!」ダンッ!!!

芳佳「え……」

バルクホルン「私の勝ちだ。また来るといい。私は時々こうしている。ちなみに御褒美の内容は勝つまで秘密だ。知りたければ私に勝て」

芳佳「あ、はい。がんばります」


バルクホルン


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:08:09 ID:PVmwLV0P0
食堂

シャーリー「なんだ、宮藤。バルクホルンとアームレスリングしたのか?」

芳佳「はい。でも、一瞬で倒されました」

エイラ「宮藤が大尉に腕力で勝てるわけないだろ」

芳佳「それは分かってたんですけど、なんだか流れでそうなってしまって」

シャーリー「腕、痛めてないか? アイツ、絶対に手加減とかしないしさ」

芳佳「それは大丈夫です。ちょっと手の甲がヒリヒリしますけど」

エイラ「ホントに大丈夫か? 赤くなってるぞ」

芳佳「平気ですよ。でも、どうしてバルクホルンさんはあんなことをしてるんですか?」

シャーリー「ただの腕試しだよ。自分の力がどんなものか定期的に確認してるんだってさ」

エイラ「そんなことしなくても大尉は十分強いのにな」

シャーリー「自慢したいっていうのもあるんじゃないか?」

芳佳「あの、誰も勝ったことがないんですか?」

シャーリー「誰がアイツに勝てると思う? 無理だって」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:13:54 ID:PVmwLV0P0
芳佳「だったら、バルクホルンさんの御褒美が何なのかも分からないんですね」

エイラ「ああ、しらねー」

シャーリー「ま、興味もないからね」

芳佳「えー。気になりませんか?」

エイラ「別になぁ」

シャーリー「宮藤は気になるのか?」

芳佳「だって、バルクホルンさんからの御褒美ですよ? 想像がつかないので気になっちゃいますよ」

エイラ「トレーニング器具とかだろうな」

シャーリー「いや、バルクホルンのことだから、手作りの勲章とかじゃないか?」

エイラ「あー。ありえるな、それ」

シャーリー「だろ? アイツならそれぐらいしそうだ」

芳佳「そうなんでしょうか?」

シャーリー「どっちにしても苦労するだけ損さ。もう忘れたほうがいいって」

芳佳「は、はい……」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:19:10 ID:PVmwLV0P0
別の日

バルクホルン「……」

芳佳「バルクホルンさんだ」

リーネ「今日、非番だって言ってたね」

芳佳「リーネちゃんはバルクホルンさんとアームレスリングしたことあるの?」

リーネ「な、ないよぉ。少しだけ、怖いから……」

芳佳「そっか」

リーネ「そろそろ行こう。訓練の時間だよ」

芳佳「ちょっと待ってて」

リーネ「芳佳ちゃん!?」

芳佳「バルクホルンさん!! お願いします!!」

バルクホルン「よし。こい」

芳佳「はい!」グッ

バルクホルン「レディ……ゴォッ!!」バタンッ!!!

芳佳「あ……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:25:16 ID:PVmwLV0P0
美緒「ん? どうした、宮藤。右手を痛めたのか?」

芳佳「いえ、すぐに治りますから」

美緒「怪我をしたらすぐに報告しろ。お前の魔法は優れているが、万が一ということもある」

芳佳「すみません」

美緒「何があった?」

芳佳「えっと、バルクホルンさんと腕相撲して……」

美緒「なるほど。痛みは?」

芳佳「平気です。少し痛むだけですから」

美緒「ならばいいが」

リーネ「芳佳ちゃん、バルクホルンさんにはどうしたって勝てないから、もうやめたほうがいいよ」

芳佳「う、うん。でも、もしかしたらわざと負けてくれるかもって思って」

美緒「それはない」

芳佳「え? どうしてですか?」

美緒「上官が何百回と挑もうが、奴が手を抜いたことなど一度もないからだ」

リーネ「さ、坂本少佐……もしかして……」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:31:28 ID:PVmwLV0P0
芳佳「そうなんですか……」

美緒「宮藤。バルクホルンに勝ちたいか?」

芳佳「えっと……その……。勝ちたいというより、御褒美が気になってて……」

美緒「それは勝ちたいということだろう?」

芳佳「……はいっ」

美緒「ならば特訓あるのみだ」

芳佳「特訓ですか」

美緒「お前はまだまだヒヨッコだ。今のままでは逆立ちしても奴には敵うまい。だが、毎日鍛錬を積み重ねていけば、バルクホルンを超える日が来る!!」

芳佳「私なんかがバルクホルンさんを倒せるんでしょうか?」

美緒「諦めなければ倒せる。ウィッチに不可能はない」

芳佳「私、がんばります!!」

美緒「まずは毎日腕立て200回だ!!」

芳佳「はいっ!!」

美緒「その意気だ!!」

リーネ「芳佳ちゃん……」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:38:51 ID:PVmwLV0P0
別の日

芳佳「102……103……104……」グッグッ

ペリーヌ「あら、宮藤さん。また腕立てをしていますのね」

芳佳「はい。毎日200回はしないといけないって言われて」

ペリーヌ「感心ですわね。貴方には丁度いいですわ」

芳佳「ありがとうございます。105……106……」

ルッキーニ「よしかー。あそぼー」

芳佳「あ、ルッキーニちゃん。ごめんね。もう少し後でいい?」

ルッキーニ「えー!?」

ペリーヌ「ルッキーニさん。宮藤さんがトレーニング中なのは見て分かりますでしょう?」

ルッキーニ「芳佳ぁ、バルクホルン大尉なんかに勝てるわけないんだし、もういいじゃん」

芳佳「そ、そんなことないよ!! 坂本さんは毎日200回していれば勝てるって言ってくれたんだから」

ルッキーニ「でも、大尉は毎日1000回してるよ?」

芳佳「……」

ペリーヌ「ちょ、ちょっと!! そういう余計なことは言うと、宮藤さんのやる気を削いでしまいますでしょう!?」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:48:42 ID:PVmwLV0P0
ルッキーニ「ホントのことだもん」

ペリーヌ「それはそうですが、何も努力している宮藤さんに水を差すことはないでしょう」

ルッキーニ「でもぉ」

芳佳「……私、無駄なことしてたんだ」

ペリーヌ「何を言っていますの」

芳佳「だって、バルクホルンさんは私の何倍も努力してて……」

ペリーヌ「しかし、やらなければ近づくこともできませんわ。それでいいんですの?」

芳佳「でも……」

ペリーヌ「バルクホルン大尉に勝って、謎の御褒美をもらいたいのでしょう?」

芳佳「はい……」

ペリーヌ「なら、たとえ数や量で負けていても、やり続けるべきですわ。やらなければ勝てる可能性は0のままです」

芳佳「続けていれば、勝てるんですか?」

ペリーヌ「継続は力なり、ですわ。地力さえあれば相手が油断したときに、活路を見出せるときもくるはず」

ペリーヌ「地力がなければ隙をつくことすら不可能。この差は大きいと思いませんか?」

芳佳「なるほど。わかりました!! 私、やっぱり頑張ります!! たとえ200回でも続けます!!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 15:56:04 ID:PVmwLV0P0
数日後

バルクホルン「……」

芳佳「バルクホルンさん!!」

バルクホルン「ここ最近、ずっと腕立てをしていたそうだな」

芳佳「はい。毎日200回はしました。しかも時間があるときは300回しました」ドヤッ

バルクホルン「面白い。いい勝負ができそうだ」

芳佳「(隙があれば見逃さず、一気に勝負を決める……!)」グッ

バルクホルン「顔つきが別人のようだな。鍛錬を積んだことにより自信をつけたか」グッ

芳佳「はい。ペリーヌさんにも激励を受けましたから」

バルクホルン「そうか」

芳佳「今日こそバルクホルンさんを倒して、御褒美をもらいます!」

バルクホルン「ああ。是非、貰ってくれ。レディ……ゴォッ!!!」バンッ!!!!

芳佳「……」

バルクホルン「私の勝ちだな。ちなみに私は毎日腕立て1000回、懸垂1500回している」

芳佳「ごめんなさい」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:02:17 ID:PVmwLV0P0
医務室

芳佳「……どうですか?」

エーリカ「うーん。これは、骨折だね」

芳佳「やっぱりそうですか。手、腫れてますもんね」

エーリカ「早く魔法で治しなよ。午後も訓練あるんでしょ」

芳佳「はい。今、やります」

エーリカ「それにしてもトゥルーデには困ったもんだね。毎回毎回本気でやらなくてもいいのに」

芳佳「あははは」

エーリカ「ま、これにめげずにまた頑張ったら?」

芳佳「いえ。もう諦めました」

エーリカ「そうなの?」

芳佳「はい。もうバルクホルンさんの御褒美は気にしません」

エーリカ「宮藤がそう決めたなら仕方ないか」

芳佳「……ところで、ハルトマンさんも御褒美が何なのか知らないんですか?」

エーリカ「知らない。絶対に教えてくれないし」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:08:29 ID:PVmwLV0P0
食堂

美緒「なんだと?」

芳佳「もう勝てないです。バルクホルンさんは今でも十分凄いのに、ずっと努力してるんです。私なんかが勝てるわけなかったんです」

美緒「宮藤……」

芳佳「ごめんなさい、坂本さん」

美緒「……後悔はしないな?」

芳佳「はい」

美緒「バルクホルンの褒美はもういいのだな?」

芳佳「はい。忘れることにしました」

美緒「だが、気になるだろ?」

芳佳「気になります。でも、私じゃ何もできないです」

美緒「分かった。もういい」

芳佳「すみません……」

美緒「お前ならと淡い期待もしたのだがな」

芳佳「ごめんなさい……」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:14:10 ID:PVmwLV0P0
エイラ「えー? 宮藤のやつ、諦めたのか?」

シャーリー「ああ。これで7人目の脱落者だ」

エイラ「あいつならいつかはやってくれると思ったんだけどなー」

エーリカ「ま、現実的に考えてトゥルーデに勝つなんて無理だもん」

ルッキーニ「あんなの反則ー」

ペリーヌ「どうして一切の手加減すらしてくれないのでしょうか」

美緒「力の誇示ほど愚かなこともないと思うがな」

エイラ「やっぱり、大尉の御褒美は迷宮入りダナ」

シャーリー「仕方ないな」

エーリカ「リーネはやらないのか?」

リーネ「む、無理です無理です」

ルッキーニ「サーニャは?」

サーニャ「私は……」

エイラ「サーニャはしなくていいぞ。怪我するかもしれないからな」

ミーナ「みんな、やっぱり気になってるのね」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:18:20 ID:PVmwLV0P0
格納庫

バルクホルン「……」

芳佳「あの、バルクホルンさん。御褒美ってなんですか?」

バルクホルン「……」

芳佳「ヒントだけでも! 最初と最後の文字だけでも教えてください!」

バルクホルン「……」

芳佳「あの、教えてくれたらなんでもします!!」

バルクホルン「……」

芳佳「やっぱり勝たないと駄目なんですね」

バルクホルン「その通りだ」

ミーナ「――バルクホルン大尉」

芳佳「ミーナ中佐! どうしたんですか!?」

ミーナ「私が相手よ」

バルクホルン「……面白い」グッ

ミーナ「本気でいくわね。レディ……ゴー!!」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:23:55 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「はぁ!!!」バンッ!!!

ミーナ「……」

バルクホルン「私の勝ちだ」

ミーナ「……」

芳佳「ミーナ中佐……あの……」

ミーナ「みやふじさん、て、いたいの……」

芳佳「は、はい!! 今、治療します!!」

バルクホルン「出直してくるがいい」

芳佳「バルクホルンさん、少しぐらい手加減してくれもいいんじゃないですか!?」

バルクホルン「私は手加減などしない。だが、これではいくらまっても褒美をやれないな」

芳佳「そうですよ!」

バルクホルン「よし。挑戦者は両手を使っても構わないというルールにするか」

芳佳「いいんですか!? それならやります!!! 勝てます!!」

バルクホルン「よし、こい」

ミーナ「宮藤さん、がんばって」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:29:27 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「全体重を使え」グッ

芳佳「はい!!」グッ

バルクホルン「レディー……」

芳佳「ふーん!!!」ググッ

バルクホルン「ゴォッ!!!!」バンッ!!!!!

芳佳「あぁぁ……」

ミーナ「宮藤さん!? しっかりして!!!」

バルクホルン「やれやれ。両手でもダメか」

ミーナ「次は私がやるわ」グッ

バルクホルン「レディー……ゴォッ!!!」バンッ!!!

ミーナ「きゃぁ!?」

バルクホルン「……時間だ。今日のアームレスリングはここまでとする」

ミーナ「うぅ……うぅ……」

芳佳「ミーナ中佐、泣かないでください……」

ミーナ「隊長としての威厳が……」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:36:52 ID:PVmwLV0P0
食堂

シャーリー「両手アリなのか!?」

芳佳「はい」

シャーリー「よっしゃぁ! それなら勝てるんじゃないか、流石に!! いくぞ、ルッキーニ!!」

ルッキーニ「あい!!」

エイラ「両手使ってもいいなんて、大尉は私たちのことを甘くみてるな。そこまで弱くないぞ」

美緒「その通りだ。我々も毎日トレーニングは欠かしていない!! 行くぞ、エイラ!!」

エイラ「了解」

サーニャ「無事に帰ってきてね、エイラ」

エーリカ「私もいこー」

リーネ「芳佳ちゃん、どうだったの?」

芳佳「駄目。両手でも1秒ももたないの」

リーネ「そうなんだ……」

ミーナ「ふぅ。もういいわ。どうせ、御褒美も大したものではないでしょうし。ええ。そうよ。そう思うことにしましょう」

リーネ「ミーナ中佐まで……」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:42:56 ID:PVmwLV0P0
シャーリー「手が……いてぇ……」

ルッキーニ「うぇぇぇん!!!」

エーリカ「骨は折れてなさそうだけど、いったいなぁ……」

エイラ「私は全然、痛くないかんなー」

サーニャ「エイラ、芳佳ちゃんに見てもらおう。こんなに腫れてるもの」

エイラ「……ソウダナ」

美緒「奴は化け物だな」

ミーナ「美緒も駄目だったのね」

美緒「ああ。成す術がなかった」

芳佳「誰も勝てないんですね……」

美緒「くっ……」

芳佳「余計に気になるなぁ……御褒美ってなんだろう……」

リーネ「あ、あの、今度は私が行ってきます」

シャーリー「リーネ。やめとけって。下手したら怪我するからさ」

リーネ「いえ、考えがありますから。試してみたいことがあるんです。うまくいけば、勝てるかもしれません」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:48:33 ID:PVmwLV0P0
別の日

バルクホルン「……」

リーネ「バルクホルンさん、いいですか?」

バルクホルン「……ああ」

リーネ「あの。ハンデをください」

バルクホルン「手加減しない」

リーネ「いえ。バルクホルンさんは全力で構いません。その代わり……」

芳佳「私も加わります!!」

バルクホルン「なるほど。両手でも不可能となれば、ロッテでくるか」

リーネ「私たちは両手を使います。いいですか?」

バルクホルン「いいだろう。こい」

リーネ「芳佳ちゃん、がんばろう」

芳佳「リーネちゃんとなら負けない! 負ける気がしない!!」

リーネ「うん。私もそう思うよ」

バルクホルン「いくぞ。レディー……」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:53:26 ID:PVmwLV0P0
芳佳「でやぁー!!!」グググッ

リーネ「んーっ!!」グググッ

バルクホルン「ゴォッ!!!」バンッ!!!

リーネ「きゃぁ!?」

芳佳「あぁぁ……」

バルクホルン「こんなものか。失望した」

リーネ「そ、そんな……」

芳佳「私とリーネちゃんでもダメなの」

リーネ「ごめんね、芳佳ちゃん。私の所為で……」

芳佳「そんなことないよ」

リーネ「私、これから腕立て毎日50回はするね」

芳佳「うんっ」

バルクホルン「褒美はいつになったら渡せるんだ、全く」

サーニャ「今日、渡してください」

芳佳「サ、サーニャちゃん!?」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 16:59:50 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「……サーニャか」

サーニャ「芳佳ちゃん、リーネちゃん。もう一度、やろう」

リーネ「で、でも、私たちじゃ……無理なの……」

サーニャ「2人じゃ勝てなくても、3人なら勝てると思うから」

芳佳「サーニャちゃん、いいの? 怪我しちゃうかもしれないのに」

サーニャ「私だけ見てるなんてできないわ。芳佳ちゃんたちと一緒に戦いたい」

芳佳「ありがとう、サーニャちゃん」

バルクホルン「御託はいい。こい」グッ

芳佳「負けません!! 勝ちます!!」グッ

リーネ「私たち3人なら!! 勝てる!!」グッ

サーニャ「バルクホルンさんの御褒美、3人で分けようね」グッ

バルクホルン「レディー……」

芳佳・リーネ・サーニャ「「せーのっ!」」グググッ

バルクホルン「ゴォッ!!!」バンッ!!!

芳佳・リーネ・サーニャ「「あぁぁぁ……」」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:08:03 ID:PVmwLV0P0
ミーティングルーム

美緒「3人が束になっても敵わないのか……」

芳佳「抵抗することもできませんでした」

エイラ「サーニャ、怪我してないか?」

サーニャ「大丈夫よ」

エーリカ「3人じゃ逆にやりにくくない? 力が入らないような気がするけど」

リーネ「はい。それは思いました」

シャーリー「他に何かできないか……。例えば、全力を出させないようにするとかさ」

ルッキーニ「どうやって?」

シャーリー「そうだなぁ……。宮藤、リーネ、サーニャ。もう一度、お前たちは3人でバルクホルンと戦ってくれないか?」

サーニャ「それはいいですけど、どうするんですか?」

シャーリー「私にいい考えがある」

ルッキーニ「さっすが、シャーリー!!」

芳佳「早速、行きましょう! まだバルクホルンさんはいるはずです!!」

シャーリー「よぉし。やってやる」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:14:05 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「……またか。勝負は決したはずだ」

芳佳「いえ、今度は少し違います」

シャーリー「私がいるからな」

バルクホルン「シャーリーか。何人増えようとも結果が変わるとは思えないが」

シャーリー「甘くみてると痛い目にあうぞ。こっちだってな、学習ぐらいはするんだ」

バルクホルン「いいからこい。すぐにわかることだ」

シャーリー「頼むぞ。お前たち」

芳佳・リーネ・サーニャ「「はいっ!!」」

バルクホルン「レディー……」グッ

芳佳・リーネ・サーニャ「「せーのっ」」ググッ

バルクホルン「ゴォッ!!!」

シャーリー「こっちを見ろ!! 渾身のセクシーポーズっ」ウッフン

バルクホルン「はぁぁ!!!!」バンッ!!!!

芳佳・リーネ・サーニャ「「あぁぁ……」」

シャーリー「……」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:19:01 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「……何をしている?」

シャーリー「今、見るなよ。恥ずかしいだろ」

バルクホルン「意味がわからないな」

シャーリー「くそ……!」

芳佳「シャーリーさん……」

シャーリー「悪い。私ならバルクホルンの気を逸らすことができるんじゃないかって思ったんだけど」

リーネ「通じませんでしたね」

シャーリー「ホント、怪物だな」

ルッキーニ「シャーリー!!」

シャーリー「おぉ!! ルッキーニ!!」

ルッキーニ「あたしも協力する!!」

シャーリー「いいのか?」

ルッキーニ「あい!!」

バルクホルン「まだやるつもりか。今日はもう諦めろ」

ルッキーニ「諦めない!! これだけいれば絶対にかーっつ!! みんな、がんばろ!!」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:25:01 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「いいだろう。まだ時間もある。来るなら来い」

ルッキーニ「芳佳たちはさっきと同じようにやって!」

芳佳「うん。ルッキーニちゃんはどうするの?」

ルッキーニ「大丈夫。ちゃーんと考えてるからぁ」

リーネ「ルッキーニちゃん、信じてるよ」

ルッキーニ「任せて!」

バルクホルン「さぁ、始めるぞ。レディー……」グッ

芳佳・リーネ・サーニャ「「せーのっ」」ググッ

バルクホルン「ゴォッ!!!」

シャーリー「ウッフーン」

ルッキーニ「アッハーン」

バルクホルン「……」ピクッ

芳佳「隙あり!! リーネちゃん!! サーニャちゃん!!」

リーネ・サーニャ「「オーエス、オーエス」」

バルクホルン「……はぁぁぁ!!!」バンッ!!!!

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:33:12 ID:PVmwLV0P0
ミーティングルーム

エーリカ「5人でもダメだったの?」

シャーリー「でも初めて抵抗らしいことはできたんだ」

美緒「しかし、秒殺では意味がない」

シャーリー「まぁ、そうなんだけどさ」

エーリカ「こうなったら、仕方ないね。禁じ手を使うしかない」

芳佳「き、禁じ手?」

エーリカ「トゥルーデが悪いんだ。全く手加減しないなんて、大人げないし」

美緒「ハルトマン、何をするつもりだ」

エーリカ「さっきのメンバーでもう一度、行こう」

サーニャ「分かりました」

エイラ「サーニャ……」

サーニャ「大丈夫よ。次は勝ってくるから」

エイラ「楽しみにしてる」

エーリカ「行くぞ」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:39:15 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「また1人追加か。次はどんな奇策でくるつもりだ」

エーリカ「それは始まってみてのお楽しみ」

バルクホルン「ふっ。いいだろう。どのような策も純粋な力の前では何の意味もないことを証明してやる」

エーリカ「頼むぞ、みんな」

芳佳「はい! がんばります!!」

バルクホルン「レディー……」グッ

芳佳・リーネ・サーニャ「「せーのっ」」ググッ

バルクホルン「ゴォッ!!!」

シャーリー「あーん、からだがほてっちゃったなぁ」

ルッキーニ「ちょっとぬいじゃおー」スルッ

バルクホルン「……」ピクッ

エーリカ「トゥルーデ、すきー」ギュゥゥ

バルクホルン「な……!?」

芳佳「リーネちゃん!! サーニャちゃん!! 今しかない!!」

リーネ・サーニャ「「うーんしょっ、うーんしょっ」」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:45:39 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「甘いな。この程度で私が崩れるとでも思ったのか?」

芳佳「え!?」

バルクホルン「はぁぁぁ……!!!」

エーリカ「ふふん。耳に息を吹きかけれてもそういえる?」

バルクホルン「なに!?」

エーリカ「ふぅー……」

バルクホルン「なぁぁ!?」ゾクッ

シャーリー「よし!! 隙だらけだ!! 宮藤、リーネ、サーニャ!!」

芳佳・リーネ・サーニャ「「おもかじいっぱーい」」ググッ

バルクホルン「おぉぉ……!!」

ルッキーニ「やったー!! あとひといきー!!」

芳佳・リーネ・サーニャ「「んーっ!!」」グググッ

バルクホルン「な、める、なぁぁ!!!!」バンッ!!!!

芳佳・リーネ・サーニャ「「あぁぁ……」」

エーリカ「ここまでしても勝てないなんて……」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 17:54:16 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「お前たち、いくら私に勝てないからとやりすぎだろう」

シャーリー「これぐらいのハンデはあっていいだろ!!」

エーリカ「そーだ、そーだ。文句はいわせないぞー。結局、トゥルーデが勝ったんだし」

バルクホルン「そうは言っても、本来のアームレスリングから逸脱しすぎているぞ」

芳佳「でも、こうでもしないと勝ち目が全くないんですよ!?」

リーネ「はい。事実、未だに圧倒的ですし」

シャーリー「お前の御褒美が何なのか分かれば、こんなことしないでいいんだけどな」

バルクホルン「それはいえない」

サーニャ「……」

バルクホルン「分かった。どんなことをしてもいい。私を倒せば褒美はやる」

ルッキーニ「やったぁー!!」

バルクホルン「ただし、代表者一名にのみだがな」

エーリカ「まぁ、それはべつにいいよね」

シャーリー「代表者からどんな褒美だったのか聞けばいいからな」

ルッキーニ「うんうん」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:00:16 ID:PVmwLV0P0
ミーティングルーム

美緒「ほう? バルクホルンがそう言ったのか?」

シャーリー「ああ。手段は問わない。とにかく私を倒せば褒美はやるってさ」

ミーナ「うふふ。そう。何をしてもいいのね」

美緒「奴は言ってはならん一言を言ってしまったようだな」

エイラ「舐めやがってぇ……」

ペリーヌ「少佐。ここは一つ、10人で攻め込むべきかと」

美緒「そのつもりだ」

エーリカ「総力戦だね」

芳佳「みんなと一緒ならできないことなんてないですね!!」

エイラ「ああ。なんでもできるぞ」

美緒「ミーナ、ロープをもってこい」

ミーナ「分かったわ」

リーネ「ロープ? も、もしかして……」

美緒「何をしてもいいと言うのなら、望みどおりにしてやろう。バルクホルンの怪腕にロープを括りつけて、全員で引っ張るぞ」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:01:07 ID:3etV43gy0
腕相撲とは何だったのか

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:05:56 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「……なんだこれは?」

シャーリー「なにをしてもいいんだろ?」ギュッギュッ

バルクホルン「本当にやる気か?」

美緒「怖いのならやめておけ。だが、その場合、棄権とみなして全員に褒美を与えてもらうがな」

バルクホルン「これはアームレスリングだぞ?」

ミーナ「何をしてもいいんでしょ?」

エーリカ「そういっただろー?」

美緒「ウィッチに二言はないはずだ」

バルクホルン「……了解。来い」

美緒「行くぞ! レディー……!!」

ペリーヌ「みなさん!! 体重をかけて!!」

芳佳「はい!!」

リーネ・サーニャ・エイラ「「オーエス、オーエス」」

美緒「ゴー!」ググッ

バルクホルン「くぉぉ……おおお……!!」ググググッ!!!

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:13:00 ID:PVmwLV0P0
ルッキーニ「おぉー!! いけそー!!!」

ミーナ「まだよ!! 最後まで気を緩めないで!!」

美緒「ひけぇ!! 力の限り引くんだ!!」

ペリーヌ「ふぬぬぬ……!!!」

芳佳「やぁぁ……!!」

バルクホルン「おぉぉ……あぁぁぁ……!!!!」

リーネ「も、もうすこし……!!!」

サーニャ「んん……!!」

エイラ「もうあきらめろってぇ……!」

バルクホルン「おおおお!!!」ググググッ

ミーナ「そ、そんな……!! どこにこんな力が……!!」

美緒「全員、魔法力全開だ!!!」

エーリカ「よっしゃー!!」ピコンッ

バルクホルン「そこまでするのか、少佐ぁ!!!」

美緒「手段は問わないのだろう!?」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:20:13 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「こ、このままでは……!!」

美緒「よし!! これで――」

バルクホルン「まて!!」

シャーリー「なんだよ? 命乞いか?」

バルクホルン「違う!! そちらが魔法を使うなら、私にも使わせてくれ」

ペリーヌ「しかし、それではバルクホルン大尉が有利になってしまいますわ」

バルクホルン「流石に脱臼か複雑骨折をしてしまう。そうなってはネウロイ襲撃時に影響が出るだろう」

エイラ「大尉が出撃できないのは、困るな」

リーネ「そうですね……」

バルクホルン「怪我のリスクを減らすためにも、そこは妥協してもらいたい」

芳佳「坂本さん、どうしますか?」

美緒「……そうだな。では、バルクホルン。魔法を使ってもいいことにする」

バルクホルン「少佐、ありがとう。感謝する」ピコンッ

エーリカ「それじゃ、続きからー」

バルクホルン「ふんっ」グイッ

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:25:53 ID:PVmwLV0P0
シャーリー「やばい!!」

芳佳・リーネ・サーニャ・エイラ・ルッキーニ「「わぁぁぁ……」」ズサァァァ!!!

ミーナ「きゃぁ!?」

バルクホルン「私の勝ちだな」

シャーリー「き、きたねえ……」

美緒「バルクホルン大尉!!」

バルクホルン「私の案を呑んだのは少佐、貴方自身だ」

美緒「……」

バルクホルン「私の勝ちで間違いない」

ペリーヌ「な、なんて卑怯な……。バルクホルン大尉はもっと誠実な方だと思っていましたのに」

リーネ「顔がいたいよぉ……」

ルッキーニ「うぇぇぇぇん!!!」

エイラ「いてぇ。いろんなところスリむいた……」

サーニャ「うぅ……」

芳佳「バルクホルンさんにはやっぱり勝てないの……」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:33:25 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「褒美はお預けだな。今日はここまでにしよう」

エーリカ「トゥルーデは最強だね」

美緒「全員、集まれ」

ルッキーニ「にゃににゃにー!?」ギュゥゥ

シャーリー「秘策ありか!?」

美緒「正攻法ではまず勝てないことが分かった」

ペリーヌ「え、ええ、少佐の言うとおりです」

美緒「だが、魔法を解禁したことによって、私たちにも選択肢が増えた」

リーネ「どういうことですか?」

美緒「宮藤」

芳佳「は、はい」

美緒「私と共にこい。そしてペリーヌ。お前の力も重要だ」

ペリーヌ「わ、わたくしの!? 喜んで協力しますわ!!」

美緒「勿論、他の者にも協力してもらう」

エーリカ「任せてよ。で、どうするの?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:40:58 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「(テーブルを片付けなければな。足を畳むとき、いつも指を挟みそうになるから、このままにしておきたいが……)」

美緒「帰り支度はまだ早いぞ、バルクホルン」

バルクホルン「……少佐。もう諦めろ。パワーでは私が敗れるはずがない。それは十分に体感できたはず」

美緒「私たちはまだ本気を出していない」

バルクホルン「なんだと?」

美緒「さぁ、これで最後にするぞ。こい」

バルクホルン「了解」

美緒「バルクホルン。容赦はせんぞ」

芳佳「行きましょう、坂本さん!」

バルクホルン「宮藤と少佐だけでは勝負にすらならないぞ」

美緒「始まれば分かる」

芳佳「……」ドキドキ

バルクホルン「結果は同じだ。分かりきっている」

美緒「始まればすぐにわかる。今までの戦いとは違うことがな」グッ

バルクホルン「(少佐は一体、何を考えて……。いや、力で私が負けることはないんだ。何があろうとも私に土がつくことはない)」グッ

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:45:44 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「レディー……」

美緒「ゴー!!」

バルクホルン「(終わりだ――)」

ペリーヌ「……」スッ

バルクホルン「(ペリーヌ!? だが、開始直後に加勢してもなんら影響はない!!)」

ペリーヌ「トネール」バチッ

バルクホルン「ぐあっ!?」

美緒「今だ!! 宮藤ぃ!!!」

芳佳「はいっ!!!」

バルクホルン「くっ!? 少佐!! こんな勝ち方で嬉しいのか!?」

美緒「勝ちは勝ちだ!!」

芳佳「えーいっ」グググッ

バルクホルン「だが……!! この程度では……!!」グググッ!!!

ペリーヌ「トネール」バチッ

バルクホルン「ぁぐっ!?」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:46:17 ID:VsaVzPEO0
直接攻撃ワロタ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:49:06 ID:CKyOGPLQ0
既に腕相撲という名のヴァーリトゥードになってる

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 18:51:53 ID:PVmwLV0P0
美緒「これで最後だ!! 行くぞ、宮藤ぃ!!!」

芳佳「でやぁぁぁ!!!」

バルクホルン「ま、ける、かぁぁぁ!!!!」

ペリーヌ「トネール」バチッ

バルクホルン「三度も通用するかぁ!!」

ペリーヌ「(もう電撃に慣れた!? 流石はバルクホルン大尉ですわ……!!)」

美緒「だが、この劣勢から第三の矢が放たれれば、お前もタダでは済まんはずだ」

バルクホルン「第三の矢……!?」

美緒「頼むぞ!! お前たち!!」

バルクホルン「なに!?」

ルッキーニ「にゃはー」

エーリカ「ふふーん」

バルクホルン「な、何をするつもりだ……!?」

エーリカ「ここがトゥルーデの弱いところだよね?」モミモミ

バルクホルン「はぁぁ……!? やめろぉ!! そんなところ誰でも弱いだろぉ!!」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:01:24 ID:PVmwLV0P0
ルッキーニ「きもちいいでしょー?」モミモミ

バルクホルン「やめろぉ……!!」ビクッビクッ

美緒「トドメだ!!」

芳佳「んーっ!」グググッ

バルクホルン「くっそ……!!! まだ、まだぁ……!!」

シャーリー「サーニャ!! エイラ!! 畳み掛けろ!!」

エイラ・サーニャ「「了解っ」」

バルクホルン「(まだ来るのか……!?)」

エイラ「……お姉ちゃん、だいすき」ボソッ

サーニャ「お姉ちゃんの妹になりたいです」ボソッ

バルクホルン「ずっ……!?」

ミーナ「みてみて、トゥルーデ。この写真。宮藤さんの寝顔なんだけど、よく撮れてるでしょ? 欲しい?」

バルクホルン「……ほしい」

芳佳「やぁー」パタンッ

リーネ「や、やった……。かった……」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:08:14 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「しまっ……」

芳佳「あ……。勝ったんだ……」

リーネ「わーい!! 芳佳ちゃーん!!」

芳佳「リーネちゃーん!! ついにやったよー!! バルクホルンさんに勝ったんだよー!!!」

リーネ「うんっ!!」

エイラ「すげえな。後半、リーネの作戦が見事はまったな」

サーニャ「すごいわ、リーネちゃん」

リーネ「そんなこと。みなさんの連携が上手かったからで……」

シャーリー「謙遜するなって」

ルッキーニ「リーネ、さいこー!!」

ペリーヌ「ちょっと!! 坂本少佐の作戦があったからこそ、リーネさんの作戦が活きたのですからね!! そこはお間違えのないように!!」

美緒「はっはっはっは。構わんさ。これは全員で勝ち取ったものだ」

ミーナ「ええ。そうね。素晴らしいチームワークだったわ」

芳佳「わーい! わーい!!」

バルクホルン「くっ……こんなの認めないぞ……」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:15:21 ID:PVmwLV0P0
美緒「なに?」

バルクホルン「私は純粋にアームレスリングをしたかったんだ!! こんなもの勝ちも負けもない!!」

シャーリー「おいおい。負け惜しみは恥ずかしいぞ」

エーリカ「トゥルーデ……」

バルクホルン「だが……!!!」

ペリーヌ「しかし、アームレスリングのルールに則り、大尉の手の甲をテーブルにつけたのですから……」

バルクホルン「方法が間違っているといっている!! 寄ってたかって私を辱めて……!! あんなことをされては負けないほうがおかしいだろう!?」

ミーナ「貴方がどんなことをしてもいいっていったから……」

バルクホルン「あまりにもかけ離れた方法を取られても困る」

芳佳「それじゃあ、あの、御褒美はもらえないんですか?」

バルクホルン「当然だ」

芳佳「……」

美緒「おい、バルクホルン」

バルクホルン「なんだ?」

芳佳「が、んばったのに……だめ……なん、ですか……」ウルウル

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:23:53 ID:PVmwLV0P0
リーネ「芳佳ちゃん、泣かないで」

芳佳「バルク、ホルンさん、から……ごほうび、ほしくて……がんばったのに……だ、め、なんです、か……?」ポロポロ

バルクホルン「え……あ……」

シャーリー「あーあ、とうとう宮藤を泣かせたなぁ」

エーリカ「うわぁ……」

バルクホルン「おい、宮藤……」

芳佳「そんなぁ……どう、して……なんですかぁ……」ポロポロ

サーニャ「芳佳ちゃん、これで涙を拭いて」

バルクホルン「だ、だから、今のはアームレスリングとは到底呼べないからで……」

エイラ「でもさ、ああでもしなきゃ大尉には絶対に勝てないからな」

シャーリー「そうだよなぁ。幾らなんでもハードルが高すぎる。景品で釣って、不可能なことをさせてるだけだろ」

美緒「まるで扶桑の祭りでよくある夜店のくじ引きだな」

ミーナ「トゥルーデ、宮藤さんがここまで必死になったのは、貴方が御褒美の内容を隠し続けた所為でもあるのよ?」

バルクホルン「そ、それは……」

芳佳「うぅ……」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:32:46 ID:PVmwLV0P0
エーリカ「ほら、トゥルーデぇ。もうあげちゃえよー」

バルクホルン「しかし……だな……。このような勝ち方では貰っても嬉しくないと思うが……」

美緒「勘違いするな、バルクホルン。我々はお前の褒美とやらが気になっているだけだ。過程などはどうでもいい」

バルクホルン「なんだと……」

美緒「ほら、さっさと宮藤に渡してやれ」

バルクホルン「……」

シャーリー「おい。まさか、私に勝てる奴なんていないと思っていたから褒美なんてありません、考えてもません。なんていうんじゃないだろうな?」

ルッキーニ「えー!? ご褒美ないのー!?」

エイラ「詐欺じゃないかー」

ペリーヌ「人としてどうかと思いますわ」

バルクホルン「バカをいうな!! あ、あるに決まっているだろう!!!」

ミーナ「なら、宮藤さんにそれをあげて」

バルクホルン「み、宮藤にか……」

芳佳「ご、ほうび……きになるよぉ……」ポロポロ

リーネ「うんうん。そうだね。私も気になるよ」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:38:29 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「し、仕方ない……。宮藤!」

芳佳「は、はい……なんですか……?」ウルウル

バルクホルン「一応、私に勝利したと見なして、褒美を与える」

芳佳「ほ、ほんとう、ですか……?」

バルクホルン「いくぞ」

芳佳「は、はい」

バルクホルン「……よくやったな。宮藤。えらいぞ」ナデナデ

芳佳「……」

バルクホルン「……」ナデナデ

美緒「……バルクホルン。なんだそれは?」

バルクホルン「頭を撫でている」

エーリカ「それがご褒美なの?」

バルクホルン「そうだ」ナデナデ

芳佳「……」

リーネ「よ、芳佳ちゃん……」

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:43:32 ID:PVmwLV0P0
バルクホルン「これでいいか?」

芳佳「あの……」

エーリカ「怒っていいぞ、宮藤」

シャーリー「そうだ。いってやれ」

芳佳「バルクホルンさん……」

バルクホルン「な、なんだ!? 本当にこれが褒美だったんだ!! 初めから考えていた!! 決して今、考えたわけじゃ――」

芳佳「ありがとうございます!! バルクホルンさんに褒められた上に頭を撫でられるなんて、とっても嬉しいです!!」

バルクホルン「そ、そうか……」

ルッキーニ「いいなー。よしかー。あたしなんて、一回もないのにー」

芳佳「えへへ。暫く、頭は洗わないようにしないと」

エイラ「気持ちはわかるけど、不潔だからやめろって」

サーニャ「いいなぁ……」

リーネ「……ちょっと羨ましいかも」

ミーナ「意外と好評ね……」

ペリーヌ「バルクホルン大尉はまずしませんからね。ああいうことは」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:50:18 ID:PVmwLV0P0
エーリカ「ま、いっか。宮藤が納得してるなら」

シャーリー「そうだな。私たちも褒美が何なのか分かればそれでよかったしなぁ」

美緒「私が自力で勝利していれば、バルクホルンに撫でられていたということか……」

ミーナ「美緒が勝っていれば褒美も変わっていたと思うけれど」

芳佳「わーい! お母さんにも報告しないと!! 早速手紙書かなくちゃ!!」

ルッキーニ「よしかー!! 頭さわらせてー!!」

エイラ「なんだよそれ」

ルッキーニ「大尉のなでなでを分けてもらうの」

サーニャ「いい考え」

エイラ「よし、なら宮藤を囲めー」

ルッキーニ「にゃー!!」

芳佳「やーめーてー!!」

リーネ「ああ!! 芳佳ちゃん!!」

ペリーヌ「ほらほら、みなさん!! お静かに!!」

バルクホルン「……はぁ、よかった」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 19:58:17 ID:PVmwLV0P0
廊下

バルクホルン「……」

ミーナ「――トゥルーデ?」

バルクホルン「ミーナ……。なんだ?」

ミーナ「あのアームレスリング、ご褒美なんてなかったのね?」

バルクホルン「……やはり、わかるか?」

ミーナ「どうしてありもしないご褒美をあるように言ってアームレスリングをしていたの?」

バルクホルン「……言えない」

ミーナ「どうしても?」

バルクホルン「ああ……」

ミーナ「なら、いいわ。でも、同じようなことはしないでね」

バルクホルン「すまなかった」

ミーナ「いいわ。おやすみ」

バルクホルン「ああ。おやすみ、ミーナ」

バルクホルン「(言えるわけがないだろう……。ただ皆と遊ぶ口実が欲しかったなど……)」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 20:03:43 ID:C6E1/wh+0
お姉ちゃん可愛いなヤバイな

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 20:06:17 ID:PVmwLV0P0
大浴場

芳佳「え!? ハルトマンさん、それ本当のことですか!?」

エーリカ「そうとしか考えられないじゃん。そもそもご褒美なんて用意してないってことはさ、トゥルーデ自身負けるつもりは微塵もなかったってことだし」

リーネ「負けなければ、繰り返し挑戦してくるから……永久に……」

エーリカ「そう。ずっと宮藤と手を握ってられるってことだし」

芳佳「それじゃあ、私、悪いことをしたんでしょうか……」

エーリカ「うーん。でも、トゥルーデも悪いし、宮藤が気にすることもないと思うよ」

芳佳「……」

リーネ「バルクホルンさんは芳佳ちゃんと遊びたかったんだ……。だから、芳佳ちゃんじゃ絶対に勝てないアームレスリングを……」

芳佳「言ってくれたらいつでも……」

エーリカ「トゥルーデがそんなこと言えるわけないじゃん」

芳佳「ハルトマンさん、私……。バルクホルンさんと遊びたいです」

エーリカ「ホンキで?」

芳佳「勿論!」

エーリカ「なら、ずっと前に少佐からきいたんだけどさ――」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 20:14:48 ID:PVmwLV0P0
別の日 格納庫

バルクホルン「(あれから誰とも遊ぶことができないな……。いや、自業自得なんだ。受け入れなくては……)」

芳佳「どすこーい!!」

バルクホルン「……宮藤? 何をしている?」

芳佳「バルクホルンさん、相撲しますか? この円から少しでも出たり、膝をついたり、倒れたりしたら負けです」

バルクホルン「スモウ? 扶桑の格闘技か?」

芳佳「はい! 私に勝てば素敵なご褒美もあります!!」

バルクホルン「何のためにこんなことを……」

芳佳「最近、自分の力を試したくて!!」

バルクホルン「……褒美はなんだ?」

芳佳「私ともう一度相撲ができます!」

バルクホルン「……」

芳佳「やりませんか!?」

バルクホルン「……やる」

芳佳「では、どうぞ。円の中へ」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 20:24:06 ID:PVmwLV0P0
芳佳「でやー!!」テテテッ

バルクホルン「ふんっ」ポイッ

芳佳「あぁぁ……」

バルクホルン「私の勝ちだな」

芳佳「はい! 私と再戦の権利をあげますね」

バルクホルン「よし。再戦だ」

芳佳「でやぁー!!!」テテテッ

バルクホルン「ありがとう……宮藤……」ギュゥゥ

芳佳「うぐぐ!?」

シャーリー「面白いことしてるなぁ。私もまぜてくれよ」

ルッキーニ「たのしそー!! あたしもやりゅー」

芳佳「ぷはぁ! はいっ! みんなでやりましょう!!」

バルクホルン「そうだな。腕試しには丁度いい。全員でやるぞ。全員でな!!」



おしまい。

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 20:26:16 ID:aeu8QtFf0
やっぱりお姉ちゃんと芳佳ちゃんは最高だな

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/23 20:52:53 ID:aEAhPHU80
おつ
お姉ちゃんが可愛すぎてつらい

ストライクウィッチーズ ねんどろいど ゲルトルート・バルクホルン (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

新品価格
¥2,345から
(2014/1/29 21:10時点)


引用元: 芳佳「今日こそバルクホルンさんを倒してみせる!」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。