ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 サ行]進撃の巨人 >  ユミル「安価で少女漫画な展開をさせたい」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユミル「安価で少女漫画な展開をさせたい」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:05:33 ID:DY0EbqJY
アルミン「暇なんだね?」

ユミル「つーか、娯楽がすくねえ」

アルミン「チェスでもする?」

ユミル「お前と?嫌だね」

アルミン「酷いなあ」

ユミル「指導するようにさすやつなんかと勝負したって腹が立つだけだ」

アルミン「…言われたのは三人めだよ」

ユミル「ミカサ、とエレン…じゃねえな。ベルトルさんかライナー…違うな、マルコか」

アルミン「うん、ミカサとマルコ。ベルトルトも気付いてるだろうけどね」


ユミル


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:06:04 ID:DY0EbqJY
ユミル「はっ、同年代に指導者づらなんかしてたら嫌われんぞ?落ちこぼれ」

アルミン「そうだね。気を付けるよ」

ユミル「…ムカつくやつだな、少しは動じろよ」

アルミン「ミカサとエレンの幼馴染みやってるシガンシナ出身に言う台詞じゃないよ?」

ユミル「だから言いたいんだろ」

アルミン「はは、ユミルらしいね。で、誰と誰を少女漫画な展開にしたいのさ?」

ユミル「そりゃ>>3>>4だ」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:10:39 ID:8laEBUSs

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:11:54 ID:OynfY5/g
ライナー

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:20:35 ID:MLObWeqw
アルミン「ユミルとライナーで少女漫画な展開ってこゆいね」

ユミル「だから面白いんだろ?暇潰しにはもってこいだ」

アルミン「その思想がすでにヒロインじゃないよ?」

ユミル「お前、少女漫画あんまり読まないだろ」

アルミン「うん…」

ユミル「少女漫画っていっても幅は広いんだぜ?乙女チックから腹黒まで色々だ」

アルミン「そうなの?」

ユミル「ま、お前も色々手伝えよ?共犯さんよ」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:28:59 ID:1QUNVAAw
アルミン「不名誉な呼ばれかただなあ」

ユミル「まずは、出会いだな」

アルミン「出会いは入団式で終わってるよ…」

ユミル「だからインパクトある再会みたいのをすればいいんだろ」

アルミン「なるほどね」

ユミル「砂の城は再会したら結婚してたし、キャンディキャンディはアルバートさんだ」

アルミン「もとネタ古くない!?ユミルいくつなのさ?」

ユミル「うるせぇ!んじゃ>>9あたりでいくか」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:31:40 ID:HeyXbgCM
カラスのお面…じゃなかった
ガラスの仮面

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:41:48 ID:8ehYlqv6
アルミン「えっなに?仮面?」

ユミル「カラスのガラスの仮面をかぶってライナーの前に躍り出るんだよ。雷鳴効果と紫のばら持ってな」

アルミン「僕の知ってる少女漫画とは違うんだけど…」

ユミル「こいつら100%伝説だってりぼん掲載だ。気にすんな」

アルミン「…ユミルがいいならいいけど」

ユミル「あのなあ、今更ながらライナーにインパクト与えんだぞ!?普通じゃ意味ないだろうが」

アルミン「!言われてみればそうだね!」

ユミル「ほら、いくぞ!ライナーはこの時間は自室か?」

アルミン「多分、今日は座学準備室じゃないかな」

ユミル「当番か!おあつらえ向きだ!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:47:52 ID:XXFBVIX.
コンコン

ユミル「ライナーいるか?」

ライナー「いるぞ!何だ?」

ユミル「入ってもいいか?」

ライナー「なんだ?ユミルだろう?そんなこと聞くタイプには見えなかったがな?夜這いか?」

ユミル「…アホか」

アルミン(がんばれユミル!)

ガチャ

ユミル「ライナーァ!!」

ライナー「」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:54:33 ID:zSADB47U
ユミル「これ、やるよ!」

ライナー「えっあっ、薔薇!?」

ユミル「珍しいだろ?紫のばらだ!」

ライナー「いや、薔薇よりその仮面…」

ユミル「じゃあな!」カッ

ライナー「雷!?室内だぞ?っておい!!ユミル!?」

バタム!バタバタバタ…

ユミル「ふー…」

アルミン「すごかったよユミル!今ライナーの頭の中はユミルで一杯だよ!!」

ユミル「ま、最初はこんなもんだな。次は胸キュンイベントか」

アルミン「>>15とかどうかな」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:56:00 ID:w7uRRf0A
パンチラ

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:05:37 ID:eHg5gYo.
ユミル「2回も推されたらパンチラするしかないな」

アルミン「パンチラはあくまで偶然っぽくするのがポイントだよ!西野や東城はそれで男を翻弄しまくったからね!」

ユミル「いちごか!!おなじ100%でもこっちの方が恋愛色は高めだな」

アルミン「少年誌なのは目をつぶってくれる?」

ユミル「ああ、まずは…スカートだな」

アルミン「そうだね、持ってる?貸そうか?」

ユミル「背的にサシャかミカサのを借りる方がいいだろ」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:10:32 ID:qXK8Qn4.
アルミン「そっか、パンツはどんなのがいいかな?」

ユミル「ライナーの好みはどんなやつだ?ヒモ?カボチャ?総レースか?」

アルミン「>>19だよ」

ユミル「了解!」

アルミン「じゃあスカート借りに行きがてら着替えてきて」

ユミル「ライナーはどんな反応するか楽しみだ」

アルミン「ね!」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:11:57 ID:iyWgv2kA
うさちゃんぱんつ

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:22:23 ID:R.atJfqE
ユミル「ミカサ!スカート貸してくれ!」

ミカサ「…いや」

ユミル「んだよーなーいいだろ?」

ミカサ「なぜか貸したらライナーを骨折させてスカートを破り、添え木させる気がするので貸せない」

ユミル「お前、鋭いな」

ミカサ「やはり」

ユミル「しょうがねえなー、破かないよ。誓うわ」

ミカサ「エレンに誓う?なら、貸す」

ユミル「誓う誓う。スカートはいてこけるのはOK?」

ミカサ「破かないのならば」

ユミル「王道に決まりだな!サンキュ!」

ミカサ「………なにかたくらんでいる?」

ユミル「あ、エレンが呼んでたぞ」

ミカサ「!!」ガタッ!パタパタパタ…

ユミル「チョロい」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:33:42 ID:YhwDI6RM
ユミル「ライナー、入るぞ!」ガチャ

ライナー「ユミル…カラスのガラスの仮面はどうした?」

ユミル「危ないからはずした。整頓の当番大変だろ?手伝ってやるよ!」

ライナー「危ない?あ…ああ」

ユミル「これはどこに置くんだ?」

ライナー「それは重いから俺が持つ。仮にも女なんだから無理するな。そっちの棚をふいてくれ」

ユミル「フェミニスト。雑巾は?」

アルミン(今だ!ユミル!)

ユミル「きゃー」ガターン

ライナー「大丈夫か!?」

ユミル「あいたた」

ライナー「ほら、手えかせ」

アルミン(あれ?)

ユミル(あれ?)

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:38:52 ID:aFKOeP1A
ライナー「怪我はないか?」

ユミル「あ、うん…」

ライナー「念のため医務室いっとけ。おぶるか?」

ユミル「???いや、いい。じゃあな」

ライナー「気を付けろよ」

バタム

ユミル「パンチラ出来てなかったか?」

アルミン「タイミング見せ方共に完璧だったよ?」

ユミアル「???」

ライナー(うさちゃんぱんつだった…)ドキドキ

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:47:13 ID:TrsoXGTY
ユミル「あいつ、不能?」

アルミン「そんなことないと思うけど…」

ユミル「たいしたリアクションがないと虚しいな」

アルミン「きゃーエッチ!バチーンやカアア!どおしよお…明日顔あわせらんないよぉ!が王道だからね」

ユミル「仕方ねえ、次いくか」

アルミン「少女漫画ならこのあとどんなことがおこるの?」

ユミル「第三話だからな、>>26とかがいいと思うぞ」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 17:48:28 ID:dNjNa9nU
もう1人イケメンが現れて主人公を口説く

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 18:01:30 ID:rwPn5cBE
アルミン「ライバル登場かあ」

ユミル「リーヤ?しいねちゃん?由希?夾?たとえ口説かなくとも、どっちをえらぶかわかっていても、二人の絆を深めるスパイスだ!」

アルミン「確かに第三者が入ることで物語は大きく動きやすいね!」

ユミル「問題はライバルポジを誰にするかだ」

アルミン「んー>>28が適役だと思うよ!」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 18:03:08 ID:BESc54u2
教官

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 19:36:27 ID:3NFGb5to
ユミル「どこがだよ」

アルミン「正直、104期生にライナー同等もしくはライナー以上の男子がいないんだ」

ユミル「まあな、成績優秀で人望もある。あいつ女からも人気あるぞ」

アルミン「だよね?ちょくちょく女の子から呼び出されてるよ」

ユミル「あんなんのどこがいいんだか。華奢で小柄なクリスタが一番に決まってんのになー?」

アルミン「それはさておき、ライバルは危機感抱く相手じゃないと!」

ユミル「そらそうだ」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 19:42:15 ID:7G2PP9Fw
アルミン「教官ならライナーより立場が上というアドバンテージがあるんだよ」

ユミル「なるほど、教官を説得さえしちまえばこっちのもんだな!」

アルミン「キース教官ならちょっとしたあてがあるんだ」

ユミル「マジか!ハゲなことには目をつぶればいけるな」

アルミン「キース教官に話をつけとくからユミルはライナーと雑談でもしててよ」

ユミル「うっし!甘い空気醸し出してやるよ!」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 19:47:56 ID:/oFInv0c
コンコン

ライナー「ユミルか?」

ガチャ

ユミル「よくわかったな?」

ライナー「まあなんとなくな。怪我は大丈夫か?」

ユミル「怪我?」

ライナー「医務室いってないのか?」

ユミル「あー、大丈夫だった」

ライナー「そうか」

ユミル「棚ふくんだよな?」

ライナー「無理しなくていいぞ」

ユミル「無理するタイプにみえるかよ?」

ライナー「いや」

ユミル「だろ?」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 19:55:53 ID:eHg5gYo.
「………」

「………」

ユミル「なんか喋れ。醸せないだろ」

ライナー「かもす?」

ユミル「いや…」

ライナー「?」

「………」

ユミル(気まずい)

ライナー「なんで薔薇?」

ユミル「!ばら、いいだろ?」

ライナー「ああ」

コンコンガチャ

キース「どうだ?」

ライナー「!あと二時間もせず終わります!」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 20:01:26 ID:8ehYlqv6
ライナー「ユミルも手伝ってくれていますし!」

キース「なるほどなかなかやさしいではないかおまえはほんきださないでだらだらとしているがこうおよいところもあったのだな。いがいだなはっはっはっではまたおわるころにくるからな」

バタム

ユミル(言わされてる感ありありすぎんだろ!)

ライナー「なんだいまの」

ユミル「さ、さあな」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 20:10:12 ID:uuvlhymU
アルミン「教官!なんで演技に自信ありとか嘘ついたんですか……」

キース「完璧だったろう?」

アルミン「噛んでましたよ」

キース「いや、完璧だった」

アルミン「棒読みでしたよ」

キース「完璧」

アルミン「…約束のエレン成長録です。ちゃんとエレンに返してくださいね?」

キース「ああ!」

アルミン(変人ばっかり…)

キース(グリシャの筆跡だ…)

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 20:15:26 ID:3NFGb5to
バタム

アルミン「ユミル!ごめん!」

ユミル「変な空気になっただけだったな」

アルミン「うん…第三者が入ることで物語は大きく動くとかいっちゃったけどそんなことなかったね」

ユミル「いや、希望を捨てるな!次は>>38だ!」

アルミン「次こそは君に届けるんだ!」

38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 20:17:19 ID:tSeiy3fs
ラブレター

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 20:28:03 ID:7G2PP9Fw
ユミル「これでこそ少女漫画!」

アルミン「モテモテになると下駄箱からドサドサ!こんな有名な誰も見たことないシーンは類を見ないよ!」

ユミル「早速書くぞ!」

アルミン「便箋と…ハートのシールと…ペン!」

ユミル「…で、何て書く?」

アルミン「まずは季節の挨拶とかかな」

ユミル「かたくないか?」

アルミン「そうかな?ユミルはどんな感じがいいと思う?」

ユミル「そら>>40だ」

40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 20:32:47 ID:ty4lA.36
誉め言葉を書きまくる

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 20:49:55 ID:5EZlXw4A
アルミン「誉められて嫌な人はいないね」

ユミル「な?」

アルミン「ライナーのいいところを挙げようか」

ユミル「成績優秀、人望あついはさっきいったな」

アルミン「友達思いだよ」

ユミル「案外うかばないもんだな」

アルミン「いて当たり前だからね。なかなか難しい」

ユミル「あ、責任感が強い」

アルミン「今も整頓頑張ってるもんね」

45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 21:51:46 ID:9zCLwP2.
ユミル「あいつ、コニーの代わりに当番してんだろ?」

アルミン「うん。コニーが落馬したときの怪我が完治するまではなるべく力になるって言ってね」

ユミル「ふー…ん…」

アルミン「惚れちゃう?」

ユミル「まさか。バカなやつって思っただけだ」

ユミル「さ、ラブレターまとめんぞ」

47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:01:12 ID:7G2PP9Fw
ーーーーーーーー
ライナーへ

お前は責任感が強くて、人望厚い友人思いの成績優秀者だ

そして、お人好しバカ

ユミル
ーーーーーーーーー

アルミン「…最後のバカはいらないんじゃないかな」

ユミル「じゃあ何て書けばいいんだよ?最初の部分だけだと物足りないだろ」

アルミン「僕なら>>49って書くよ」

49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:05:28 ID:QFut/RhA
ライナー、恐ろしい子…!!

51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:06:00 ID:ehJrWWzU
ここでもガラスの仮面www

53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:14:23 ID:3Ru9bh1k
ユミル「書けた!」

アルミン「シールは何色がいい?」

ユミル「ピンク」

アルミン「はい」

ユミル「さっそく渡してくる」

アルミン「ちょっと待って!カラスのガラスの仮面をもう一度被るんだ!」

ユミル「再会のインパクト再びだな?じゃあ天女のように軽やかに渡してくるとしますか!」

54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:22:50 ID:DY0EbqJY
コンコン

ユミル「入るぞ」ガチャ

ライナー「またその仮面か…怖いぞそれ」

ユミル「いんだよ。ほら、これやるよ」

ライナー「手紙?」

ユミル「ああ、読んでみろ」

ライナー「なになに?ライナーへ、お前は責任感が強くて、人望厚い友人思いの成績優秀者だ

そして、お人好しライナー、恐ろしい子…!!」カッ

アルミン(いいぞ!あこややあこや!)

ユミル「それが私の気持ちだ。またな」

バタム

ライナー「また稲光が…!」

58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:30:15 ID:aFKOeP1A
アルミン「今のはすごくよかったよ!ユミル!」

ユミル「誉めながらインパクトを与え、ラブレターを残す…完璧だな!」

アルミン「再会、胸キュン、ライバル、告白…そろそろライナー側の気持ちの変化が知りたいね」

ユミル「だな。少女漫画でも赤僕や俺物語みたいな男側の気持ちを表現したやつは名作だ」

アルミン「僕が聞いてくるよ!」

ユミル「たのむぞ!」

60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:37:38 ID:DY0EbqJY
コンコン

アルミン「ライナー?入るよー」

ライナー「アルミンか?」

ガチャ

アルミン「うん。掃除、お疲れ様。手伝えなくてごめんね?今ちょっと忙しくて…」

ライナー「いや、大丈夫だ。ユミルが手伝ってくれたしな」

アルミン「ユミルが?」

ユミル(うまいぞアルミン!教官の数倍自然だ)

ライナー「ああ、なぜかたまに来るんだ」

アルミン「へぇ…ねえ、ライナーはユミルをどう思う?」

ライナー「>>63だな」

63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:43:32 ID:CsTfz40s
気にはなるな・・・ただどう言った意味で気になるのかは計りかねているが

64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 22:54:28 ID:2c7kbvhs
アルミン「へえ…」

ライナー「何だ?」

アルミン「なんでもないよ。そろそろ戻るね!」

ライナー「ああ」

アルミン「あっそうだ!ライナーはどんなパンツが好き?」

ライナー「普通にボクサーだが」

アルミン「違う違う!女の子のパンツ」

ライナー「…うさちゃんぱんつ」

アルミン「だよねぇ?またね!」

バタム

ライナー「うさちゃん………」

65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 23:04:36 ID:3NFGb5to
ユミル「手応えあり……!!」

アルミン「明らかにライナーのユミルに対する比重が増えてるね」

ユミル「あとはそれを好感に変えるだけだ」

アルミン「好きの反対は無関心、つまり関心がある以上これは少女漫画な展開だよ!」

ユミル「女の子はシュガーアンドスパイス!スパイス強めのオトメロディー響かせてやる!」

アルミン「次の作戦は?」

ユミル「第五話は>>68だな!」

67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 23:08:02 ID:v1eTVly.
不良に絡まれる悲劇のヒロイン私

68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 23:09:44 ID:3NFGb5to
とりあえずここまで。重くて書き込めん

支援、感想ありがとう
ジュテーム…ジュテーム…

69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 23:09:58 ID:IkClBj.Y
>>11

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 16:33:41 ID:NBMwsakw
ライナーが着替えてる時に間違って更衣室に入る

70: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 23:11:00 ID:ehJrWWzU
安価は>>69なのか?
取り敢えず乙!

71: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/29(水) 23:14:08 ID:3NFGb5to
安価ごめんなさい

次はライナーが着替えてる時に間違って更衣室に入った不良に絡まれる悲劇のヒロインの私で書く

72: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 10:59:06 ID:yz5vfnxk
アルミン「ライナーが着替えてる時に間違って更衣室に入った不良に絡まれる悲劇のヒロインの私かあ…不良はたいへんだね」

ユミル「ライナーも驚いただろうな」

アルミン「ちゃんと更衣室に入った意味があるんでしょ?」

ユミル「もちろんだ。なあ?」

不良「あぁん?更衣室に入った理由だあ??」

アルミン「突如現れたね。よろしく」

不良「夜露死苦!」

ユミル「で、理由は?」

不良「ハルヤマさんをよぉ、探してたんだよ。したらあのライナーつーの?着替えてたんだよ」

アルミン「ハルヤマさん!?あの調査兵団でも屈強の馬バイク号を操るあの!?」

不良「そうだ」

ユミル「彼女はモチロン、カズキさんだ」

73: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:00:07 ID:yz5vfnxk
アルミン「でも、こんなことに付き合ってもらって大丈夫ですか?」

不良「かまわねえよ。リーゼントでもマーブルチョコ好きで白ネコ拾ったりするくらいいいやつも多いもんだしな」

ユミル「決まりだ!今回は志向を変えて廊下で絡まれるぞ」

アルミン「ライナーからのアクションを誘うんだね」

ユミル「そういうこと!」

不良「頑張ります」

アルミン「じゃあ僕は隠れてるから」

74: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:01:05 ID:yz5vfnxk
テメエ!ドコニメェツケテンダ!
カオ
ンナコトワカッテンダヨ!!

ライナー「ん?廊下が騒がしいな…揉め事か?」

ガチャ

ライナー「どうした?」

ユミル「ラ、ライナー!」

アルミン(ユミル!そこで目を潤ませるんだ)

不良「人にぶつかってこのアマ謝りもしねえ!」

ライナー「あ、さっきの…」

不良「あ、どうも」

ライナー「どうも…」

不良「フザケタことばっかぬかすから注意してたんだよ!!」

アルミン(不良さん、名演だ!アカデミー候補だよ!)

75: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:02:05 ID:yz5vfnxk
ライナー「そうか。ユミル、謝れ」

ユミル「え?」

不良「あぁん?」

ライナー「人にぶつかったら謝るのが常識だ」

アルミン(また予定が狂ってる!颯爽と救い出す場面なのに!)

ライナー「ユミル」

ユミル「…わーったよ!すみませんでした」

ライナー「俺からも謝ります。お騒がせしてすみません」

不良「ま、まあ、わかったらいいんだ」

76: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:03:36 ID:yz5vfnxk
ライナー「じゃあ整理に戻るが、人を挑発する癖を治せよ?」

ユミル「……ばぁか」

ライナー「は、言ったそばから…まあ俺くらいならいいけどな」

バタム

ユミル「…ここはイイコチャンばっかだ」

アルミン「またうまくいかなかったね」

不良「あまりお力になれず……」

アルミン「いえ、ありがとうございました!」

ユミル「ハルヤマさん見かけたら探してたこと伝えといてやるよ」

不良「たのんます!では!」

77: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:04:47 ID:yz5vfnxk
ユミル「あいつ、仮にも優等生だから殴って解決とかは頭にないんだろうな」

アルミン「まあ、ライナーのキャラ的にはそうだよね。僕たちの読み間違えだ」

ユミル「エレン位の単純さがあっての作戦だったか」

アルミン「エレンに手を出したらミカサが黙ってないだろうけどね」

ユミル「こわいこわい」

アルミン「次は>>79でいこう!」

79: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:05:48 ID:6HA2Hoic
停電イベント
でも電気はないから蝋燭消すとかで

80: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:06:47 ID:q0sAqDTA
髪にいもけんぴつけてライナーに接してみる

85: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:20:02 ID:DlZUgge2
ユミル「なるほど、停電イベントは花男でミラクルキス起こすほどの威力!」

アルミン「いもけんぴはどじっ子要素だよ。ギャップ萌だ!」

ユミル「私のなかで地味にアルミンの印象が変わってきてるぞ」

アルミン「なんか楽しくなってきちゃって…」

ユミル「いもけんぴくっつけて…っと」

アルミン「ランプ消すのは簡単だけど再着火を防ぎたいね」

ユミル「…ランプ、壊すか。んで交換するまでになんとか仲を深める」

アルミン「そうだね。ユミルの手腕が問われるよ!」

86: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:27:27 ID:loyQStOU
コンコンガチャ

ユミル「ライナー」

ライナー「また来たな?」

ユミル「差し入れだ。食い差しだがうまいぞ」

ライナー「いもけんぴか」

ユミル「掃除捗ってるか?」

ライナー「まあな」カリッ

ユミル「…ランプ汚れてんぞ。よこせ、拭いてやるよ」

ライナー「大分汚いな。頼む」

アルミン(ファインプレー!)

ユミル「あ」ガシャーン!

ライナー「うわっ!…怪我はないか!?」

ユミル「ない。が、ガラスが割れてるから下手に動けねえ」

87: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:35:26 ID:wQ4A3TKA
ライナー「だろうな。新しいランプ持ってくる」

ユミル「なあ、髪になんか着いてるっぽいんだ。取ってくれ」

ライナー「あとでな」

ユミル「今がいい。虫だと嫌だろ」

ライナー「…どこだ?」

ユミル「ガラスに気を付けろよ」

ライナー「………多少の怪我くらいは大丈夫だ。どこだ?虫なんかついてないぞ」

ユミル「首がわじゃねえ!やめろくすぐったい!右だ右!」

ライナー「…いもけんぴついてたぞ」

ユミル「いもけんぴか。べたつくからな」

ライナー「ユミル……」

88: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:41:18 ID:wQ4A3TKA
アルミン(きたか!?ハグか!?)

ライナー「お前、頭が脂くさいぞ」クンクン

ユミル「は!?」

ライナー「ちゃんと洗え」

ユミル「…お前は汗くさいぞ。洗濯しろよ!」スンスン

ライナー(ちかいな)

ユミル(ちけえ)

「………」

ライナー「ランプとってくる」

ユミル「ガラスが散ってるかもしれんから着替えてくる」

バタム

89: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:50:29 ID:wQ4A3TKA
アルミン「物理的な距離はいまだかつてない接近だったよ!」

ユミル「まーな。鼻が曲がるかと思ったぜ」

アルミン「あのままどさくさに紛れてハグハグすべきだったよ」

ユミル「勘弁してくれ…」

アルミン「え?」

ユミル「なんだ?」

アルミン「少女漫画な展開がいいならハグも必要だよ?」

ユミル「…これは暇潰しだぞ!?」

アルミン「ならサクサクとハグ位しちゃおうよ!意識したりとかしなくていいから気楽でしょ?」

ユミル「そう…だな!次は>>92でハグを目指すか!」

92: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 11:59:42 ID:q0sAqDTA
弱って座り込んでる私をライナーが後ろから優しく抱き締める感じ

98: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:11:12 ID:jV0GLE1A
アルミン「これは難易度高いね」

ユミル「一種のあすなろ抱きだ。あすなろ白書はドロドロしてるけどな」

アルミン「ドラマは爽やかな話だったよ?」

ユミル「漫画だとなるみは不倫にどっぷり浸かるぞ」

アルミン「うわぁ………」

ユミル「これは小細工は無用!下手な細工は警戒されるだけた」

アルミン「あ、ユミル着替えないと不自然だよ」

99: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:11:55 ID:jV0GLE1A
ユミル「スカートの必要はもうないしな。………なあ、私のあたま臭いか?」

アルミン「うーん、ちょっと」

ユミル「あすなろ抱きであたま臭いのは」

アルミン「ないね。染髪しておいで。はい、これ」

ユミル「ニンジンシャンプー?」

アルミン「僕の髪がらさらさな秘密だよ」

ユミル「サンキュ!」

100: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:12:48 ID:jV0GLE1A
コンコン

ユミル「よお」

ライナー「ナイスタイミングだな。そのドアの横の地図取ってくれ」

ユミル「この巻いてるやつか。ほらよ」

ライナー「よし、あと棚ひとつの整頓でおわりだ」

ユミル「かなりスッキリしたな。この辺りの袋はゴミか?」

ライナー「ああ」

ユミル「廊下に出しとくぞ」

ライナー「助かる」

101: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:13:33 ID:jV0GLE1A
ユミル「雑巾貸せ。…コニーは大丈夫なのか?」

ライナー「まあな。ただ無理はよくないだろう。しかし、突然キツネ狩りがしたいだなんて言って落馬とは…あいつもよくわからんな」

ユミル「色々事情があるんだろ」

ライナー「そんなもんか」

ユミル「そんなもんだ。この辺りはざっとふいたぞ。ちょっと座って休め」

ライナー「そうだな」

ユミル「私も休むか」

アルミン(うまい!膝に座った!)

102: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:14:19 ID:jV0GLE1A
ライナー「…なんの真似だ?」

ユミル「なんだと思う?」

ライナー「いや、わからんな」

ユミル「なぜ芋を」

ライナー「入団式はサシャの独壇場だったな」

ユミル「……なあ」

アルミン(腕の位置が惜しい!ライナー腕を前に回すんだ!)

ユミル「お前、手ぇでかくないか」

アルミン(流石ユミル!上手く腕を掴んで誘導した!なんたらかんたらやってのけるゥ!!)

103: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:15:28 ID:jV0GLE1A
ライナー「そうか?……!なんか頭の匂いが…」クンクン

ユミル「まだ臭いか?」

ライナー「いや、臭くはないな…」

ユミル(アルミンのシャンプーめっちゃ良かったな)

ライナー「………そろそろ降りろ」

ユミル(クリスタにプレゼントするか)

ユミル「あ?」

ライナー「降りろ」

ユミル「ああ、わりい。じゃあな!」

バタム

ライナー(なんか自然な甘い匂いだった…)

104: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:16:48 ID:jV0GLE1A
ユミル「どうだ!?」

アルミン「完璧だ!ちょっと羨ましいシチュエーションだったよ!」

ユミル「へへっよせやい!照れるだろ!」

アルミン「オールド漫画の男の子っぽい台詞だね!」

ユミル「意識したからな。あと2回くらいで作戦は終わらせるか」

アルミン「なら>>105はしないとね!」

105: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:19:56 ID:Lswl8xys
喧嘩して仲直り

108: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:29:15 ID:7cH26j5g
ユミル「確かにな。姫ちゃんのりぼん、ラブコンや蒼の封印もいがみ合うふたりが理解しあったり仲直りすることで一気に距離を縮めていくな」

アルミン「でしょ?一旦距離があいて近付くことでわかりあえるんだよ」

ユミル「お前の幼馴染みはどうなんだよ」

アルミン「エレンはそんな感じだけどミカサは距離をあける気なさそうだなあ」

ユミル「難儀だな」

アルミン「まったくだよ」

109: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:33:32 ID:7cH26j5g
ユミル「問題は喧嘩のネタだな」

アルミン「そうだね。仲直りしやすく溝は残さないのにあのライナーを挑発するのって難しいな」

ユミル「サシャなら飯とりあげるしミカサならエレンバカにすりゃいいんだけどな」

アルミン「命懸けになるよ…」

ユミル「>>>111でライナー怒らせるか」

111: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:46:59 ID:6HA2Hoic
ヒヨコ髪だとけなす

113: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 18:55:28 ID:jV0GLE1A
アルミン「ヒヨコ…」

ユミル「同じブロンドでもクリスタやお前より黄色っぽくね?」

アルミン「長さが違うから光のあたりかたで印象が違うんだろうね」

ユミル「なるほどな。あ、あのシャンプー売ってる店教えてくれ」

アルミン「ストックあるよ。あげようか?」

ユミル「やり!金は払う。クリスタにやりたいからな」

アルミン「じゃ、あとで渡すよ」

114: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:15:09 ID:uL2MRHCk
コンコンガチャ

ユミル「ライナーのヒヨコ頭ー!!!」

ライナー「!?」

アルミン(おまえんちおっばけやーしきー!)

ユミル「ヒヨコ頭めっこのヒヨコ頭めっ」

ライナー「はは、ヒヨコっぽいか?ぴよぴよ」

アルミン(うわっさすがライナー軽くいなした!)

ユミル「テんメェェ!!なんなんだよ!!さっきからフラグおりやがって!!ふざけんな!!!」

ライナー「は」

アルミン()

ユミル「もうしらねえ!!!」

バタム!!

115: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:18:57 ID:loyQStOU
ユミル「………」

アルミン「………なにやってんの」

ユミル「イイコチャンっぷりが鼻についてつい…」

アルミン「理不尽すぎるでしょ?」

ユミル「だよなあ…」

アルミン「少女漫画以前に嫌われるよ」

ユミル「くそっ謝ってくる!」

アルミン「うん」

116: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:25:56 ID:HOEM/wvQ
コンコンガチャ

ユミル「ライナー…」

ライナー「ユミル、なんか怒らせたみたいで悪かったな」

ユミル「!」

アルミン(ライナー君いくつなの?さとりすぎでしょ)

ユミル「いや、私が悪かった。ごめんなさい…」

ライナー「今日はなんかおかしいぞ」

ユミル「だよな。自分でも調子狂うぜ」

ライナー「俺もだ」

ユミル「また、くる」

バタム

117: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:32:45 ID:TRLLB6SQ
アルミン「ライナーがモテる理由がよくわかったよ」

ユミル「…まあな」

アルミン(ん?)

ユミル「あいつ、底抜けのバカだ!見ようによっちゃコニー以上のな!」

アルミン「気のせいか」

ユミル「なにがだ?」

アルミン「なんでも。さ、最後の仕上げだよ!」

ユミル「>>118してそのあとにライナーの気持ちを聞いてお仕舞いだ!なかなかいい暇潰しになったな」

118: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:34:49 ID:mS6tTaeQ
ねたばらし

119: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:44:16 ID:3gtA78zo
アルミン「タイトルは【頭がフットー】目指せ!少女漫画な展開【しそうだよぉっっ…!】でいい?」

ユミル「お前の性格嫌いじゃなくなったよ。そのお前ならチェスさしてもいいぞ」

アルミン「あはは、光栄だな!じゃあこのプレート持って途中から乱入するね」

ユミル「ライナーの顔が見ものだな!」

アルミン「じゃあ行ってらっしゃい!」

120: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:46:42 ID:3gtA78zo
コンコンガチャ

ユミル「もうおわるか?」

ライナー「そうだな。あとは箒だけだ」

ユミル「座っとけ。箒くらいやる」

ライナー「なんだ、謝罪か?」

121: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 19:55:54 ID:hwc5M6jc
ユミル「まーな。貸しも嫌いだしな」

ライナー「ここにいるやつらはそんな感じのが多いな」

ユミル「…そうだな」

ライナー「ユミルはどこ出身なんだ?」

ユミル「秘密だ」

ライナー「つれないな」

ユミル「実はな…スケバンでヨーヨーのユミルって言われてた黒歴史なんだよ」

ライナー「ははは、見栄すいた嘘をつくな」

ユミル「じゃあ男装しながらホストしてた」

ライナー「売れっ子か?」

ユミル「まあな。そのあとは泥棒だ」

ライナー「もはや嘘にしても無茶苦茶だな?」

ユミル「だろ?……色々無茶苦茶だったんだよ」

122: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 20:00:33 ID:c3O50dcQ
ライナー「……なあ」

ガチャ

アルミン「じゃーん!!!」

ライナー「!?」

ユミル「っとここでネタバラシ!!」

ユミル「私とライナーでっ!」

アルミン「少女漫画な展開をっ!」

ユミアル「めざすーぅっっ!!」

123: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 20:02:58 ID:c3O50dcQ
最後の安価
ライナーの反応>>124
ライナーの反応をみたユミルの反応>>126

続きはまた今度

124: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 20:04:02 ID:6HA2Hoic
乙!楽しい安価だった
安価なら 顔を赤らめる で

126: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/30(木) 20:05:34 ID:.aUuQOuk
唖然とした後笑う
そして一瞬悲しそうな顔をして真顔に戻る

129: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:45:39 ID:4GgAoZ.2
ライナー「なっ……!」カアァ

アルミン「少女漫画な表現だね」

ユミル「………プッ」

ユミル「ダハハ!!いい反応だ!」

ライナー「なぜ笑う…俺はさんざん遊ばれて恥ずかしいぞ……」

ユミル「さて、ね?」

ライナー「…ユミル?」

ユミル「なんだ?」

ライナー「いや……なんでも」

アルミン(今一瞬、ユミル凄く悲しそうな顔したような気がしたけど……)

130: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:46:24 ID:4GgAoZ.2
ユミル「さ、暇潰しはお仕舞いだ。アルミン、いくぞー」

アルミン「あ、うん……ライナーはどうする?」

ライナー「まだやり残したことがあるから先にいってていいぞ」

ユミル「だとよ。またな」

アルミン「じゃあ、またね。騙してたみたいでゴメンね」

ライナー「気にするな。あとでな」

バタム

131: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:47:08 ID:4GgAoZ.2
ライナー「はー…なんだ。ユミル相手に変な期待しちまってたみたいだな。恥ずかしい」

ライナー「薔薇、手紙…いもけんぴ…」

ライナー(うさちゃんぱんつに少し甘い髪の香り)

ライナー「不思議と嫌じゃなかったんだがな……」

132: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:48:09 ID:4GgAoZ.2
ーーー

アルミン「ちょっとやりすぎちゃったかな」

ユミル「そうか?気にすんなってライナーが言ってたろ」

アルミン「うん……」

ユミル「………」

ユミル「あ」

アルミン「どうしたの?」

ユミル「箒、用具いれにいれ忘れた!」

アルミン「 ! 最終チェックはキース教官だから入れとかないと走らされるよ」

ユミル「仕方ねえ!戻るわ!先いっとけ!」

アルミン「うん!」

ユミル「あとやっぱお前嫌いだわ!察しのいいやつは腹立つ!」バタバタ…

アルミン「あはは、素直じゃないユミルがわるいんだよ」

133: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:49:22 ID:4GgAoZ.2
コンコン

ユミル「はいんぞ」

ガチャ …カチリ

ライナー「なんだ?暇潰しはおわったんじゃないのか?」

ユミル「まーな」

「………」

「………」

ギュ

ライナー「…次はなんの遊びだ」

ユミル「イイコチャンは嫌いだからな。たまにイイコチャンじゃなくしてやろうかと思って。ほらほら、怒鳴ったりしてみろよ」

ライナー「別に俺はイイコチャンじゃないぞ」

134: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:51:47 ID:4GgAoZ.2
ユミル「そうか?事情は知らねえが、自分を律することが大人で正しいと思うのはイイコチャンでバカだ」

ライナー「…思うように生きるのはこわいだろう」

ユミル「そうだな。…こわいならたまにでいいんじゃねえ?」

ライナー「たまにか」

ギュウ

ユミル「お互い一番大切なものは違うものみたいだからな。これくらいをたまにが一番だろ」

ライナー「……ああ、そう…だな」

ユミル「ほりゃ、泣け泣け」

135: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:53:01 ID:4GgAoZ.2
ーーー
ドアの外

アルミン「ハグでエンド、まさに少女漫画な展開で幕を閉じそうですね」

キース「うむ。事情により最後の一歩が踏み込めないセツナイ系は一定人気があるからな」

アルミン「そうなんですか?」

キース「特に蛍火の社へ、おひさまの世界地図は買って損はない」

アルミン「…持ってるんですか」

キース「ちなみにこの手の盗み聞きはバレるのがおやくそくだ」

カチリガチャ

「あ」


おわり

137: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 08:58:37 ID:mG4fBmoY
乙!楽しませてもらった

138: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/31(金) 09:03:29 ID:U2553pyc
最初は腹筋がやられて最後は頬が緩みっぱなしだったよ
そして教官お前もかw

>>1の少女漫画のレパートリーにも感服した
乙乙!

ガラスの仮面 コミック 1-49巻 セット (花とゆめCOMICS)

新品価格
¥21,930から
(2014/1/31 15:20時点)


引用元: ユミル「安価で少女漫画な展開をさせたい」

[ 2014年01月31日 15:24 ] [二次創作 サ行]進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。