FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [オリジナル]男・女 >  女「付き合って半年になるね」男「…うん」
スポンサードリンク

女「付き合って半年になるね」男「…うん」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 23:48:03 ID:ubh3.7wk
女「今日で付き合って半年になるね」

男「……うん」

女「いろいろあったけど、6ヶ月なんてあっという間だったなぁ」

男「……本当にね」

女「そんな私たちもいよいよ3年生。進路のことなんか考えたくないよ……」

男「……だね」



元スレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1358779683/

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 23:50:18 ID:ubh3.7wk
女「……」

男「……」

女「……ねぇ」

男「……なに?」

女「男の志望校って、あの○○大学なんだよね?」

男「……うん」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 23:53:01 ID:ubh3.7wk
女「私、男と同じ○○大学に入れるようにこれから勉強頑張る! だから……」

男「……な」

女「私にさ、男の力を少し……」

男「……るな」

女「分けて欲しいな……ん」

男「その汚らしい唇を僕に近づけるなぁぁああ!」

女「きゃっ!?」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 23:54:14 ID:ubh3.7wk
男「……」

女「ち、ちょっと、何!? いきなり何を」

男「知っているぅ……僕は知っているぞぉ!」

女「え?……え?」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 23:56:43 ID:ubh3.7wk
男「貴様……B組のイケメン君と2ヶ月前から浮気をしているな?」

女「!?」 ギクリ

男「それに、週に3回も体育倉庫で股を開いちゃって……節操のない女だなぁ」

女「えっ!? なんで!? なんでそんなことまで知ってるの!?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 23:58:52 ID:ubh3.7wk
男「僕のことなんてどうでもいい! 今問題なのは、」

男「昨日イケメンの性器を咥えていた唇で僕に迫ってきたというこの事実ぅ!」

女「えっと……その……」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:00:54 ID:BVIyLsmc
男「いいか? 二度とその汚れた体で僕に近づくんじゃあないぞ」

男「……じゃあ、僕はこれで」シュバッ!

女「な、なんなのあの豹変ぶり……いや、悪いのは私なんだけど……」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:04:11 ID:BVIyLsmc
――図書室

図書委員「ゴメンなさい、手伝ってもらっちゃって」

男「いえ、これくらいは。それにしても、今月はずいぶんと新刊が多くないですか?」

図書委員「そうなの。でもその分面白そうなのが多くって嬉しいわ

男「図書委員なだけあって、やっぱり本が好きなんですね」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:07:43 ID:BVIyLsmc
図書委員「ええ。……でも、本を好きなのは男くんもでしょう?」

図書委員「火、水、金曜日のお昼休みはいつも図書室に来ているんですもの」

男「……よくご存知ですね」

図書委員「な、何故かね、最近……男くんのことを目で、追っちゃうの」

男「……そうなんですか」

図書委員「あはは……こ、こんなの、おかしい……よね」

男「……」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:12:13 ID:BVIyLsmc
図書委員「あ、あの……男くん? えと……えっとね、実はね、私……」

男「……な」

図書委員「私ね……お、男くんのことが……す、好きなの!」

男「……るな」

図書委員「本を選んでいるときのワクワクしている貴方も、」

図書委員「一喜一憂しながら本を読みふけっている貴方も、私……全部全部好きなんで」

男「変態の分際で僕のことを語るなぁぁああ!」

図書委員「きゃっ!?」

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:13:53 ID:BVIyLsmc
男「……」

図書委員「き、急に何を……!? それに、変態なんてひど」

男「知っているぅ……僕は知っているぞぉ!」

図書委員「え?……え?」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:17:54 ID:BVIyLsmc
男「貴様、放課後の委員会活動が終わったあと、他の人が帰るのを見計らって、」

男「図書室で自慰行為を行っているな?」

図書委員「!?」 ギクリ

男「しかも濃厚なBLものの本で。……わざわざお気に入りを持ってきてまで」

男「校内でヤリたいなんて、とんだ性癖だな」

図書委員「えっ!? なんで!? なんでそんなことまで知っているの!?」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:22:00 ID:BVIyLsmc
男「僕のことなんてどうでもいい。今問題なのは、貴様のような変態が」

男「僕を観察していただけでは飽き足らず、交際関係まで迫ってきたというこの事実ぅ!」

図書委員「えっと……その……」

男「いいか? 二度とその汚れた体で僕に近づくんじゃあないぞ」

男「……じゃあ、僕はこれで」 シュバッ!

図書委員「な、なんだったの? あの豹変ぶりは……いや、悪いのは私なんだけれど」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:24:15 ID:BVIyLsmc
――教室

教師「今日は転校生を紹介する」

転校生「皆さんはじめまして。転校生といいます。これからよろしくね」

生徒A「おお!」

生徒B「可愛い!」

男「……」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:28:01 ID:BVIyLsmc
教師「席は一番奥と……あとは男の隣が空いているな」

転校生「はい、わかりました」

男「……るな」

転校生「男くん……でしたっけ? 急に隣に来ちゃってゴメンね?」

転校生「迷惑をかけるかもしれないけど、これからよろ」

男「卑しい詐欺豚の分際で僕の隣に座るなぁぁああ!」

転校生「きゃっ!?」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:30:02 ID:BVIyLsmc
男「……」

転校生「き、急に何を……!? 初対面なのにいきなり酷いんじゃ」

男「知っているぅ……僕は知っているぞぉ!」

転校生「え?……え?」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:34:12 ID:BVIyLsmc
男「貴様、前にいた学校で四股をしていたな? それも、全員お金目当てで」

転校生「!?」 ギクリ

男「結果、誰のかもわからない子を孕んで、それをネタに絞れるだけ絞ったあと」

男「避妊して引越しとは……外道街道まっしぐらだな」

転校生「えっ!? なんで!? なんでそんなことまで知ってるの!?」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 00:38:19 ID:BVIyLsmc
男「僕のことなんてどうでもいい。今問題なのは、そんな詐欺豚が」

男「僕に話しかけてきた挙句、隣の席に着こうとしているこの事実ぅ!」

転校生「えっと……その……」

男「いいか? 二度とその汚れた体で僕に近づくんじゃあないぞ」

男「……じゃあ、僕はこれで」 シュバッ!

転校生「な、なんなの? あいつ……。いや、私が悪いんだけどさ」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 02:09:51 ID:Avb12Msc
転校生初日から死亡したwwwwwww

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 02:58:20 ID:iOW6iw4E
なんやこれワロタ

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 07:54:44 ID:jW5kX8pk
男の情報網がヤバイ

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:17:04 ID:P3xWPWFM
――街中

友「よう! 男じゃないか。久しぶり」

男「友……? 久しぶり。顔を合わせるのは中学以来だっけ?」

友「ああ。別々の学校になってからあまり連絡もとってなかったからな。本当に久しぶりだよ」

男「今日はこんなところでどうしたの? なにか用事でも?」

友「用事なんて無い無い。暇つぶしにぶらぶらしてただけだよ」

友「そしたら見知った顔を見かけたからさ」

男「……へぇ、そうなんだ」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:19:40 ID:P3xWPWFM
友「男は何か用事か? ……もし何もないんだったらさ、これから一緒に遊ばないか?」

男「……な」

友「って言っても、この辺はあまり遊ぶところがないんだけどな」

友「強いて言うならカラオケくらいか?」

男「……るな」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:21:24 ID:P3xWPWFM
友「でも俺、結構歌上手いんだぜ? なぁ、いいだろ? これからカラオケに」 グイッ

男「そのいホモ臭い手で僕に触れるなぁぁああ!」

友「きゃっ!?」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:23:46 ID:P3xWPWFM
男「……」

友「き、急に何を……!? 久しぶりに会ったってのに、酷いんじゃ」

男「知っているぅ……僕は知っているぞぉ!」

友「え?……え?」

男「貴様、男子校へ入ってからというもの、同性愛に目覚めているな?」

友「!?」 ギクリ

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:30:04 ID:P3xWPWFM
男「しかも、過激なSMプレイ……それに、毎回女装までしちゃって、多趣味で結構だな」

友「えっ!? なんで!? なんでそんなことまで知ってるんだよ!?」

男「僕のことなんてどうでもいい。今問題なのは、」

男「待ち伏せしていたのにも関わらず、久しぶりに会ったていを装い、」

男「二人っきりになれる個室へと僕を誘い込もうとしていたこの事実ぅ!」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:33:00 ID:P3xWPWFM
友「えっと……その……」

男「……いいか? 二度とその汚れた体で僕に近づくんじゃあないぞ」

男「……じゃあ、僕はこれで」 シュバッ!

友「な、なんだったんだ、あの豹変ぶり……。いや、悪いのは俺なんだけどさ」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:34:56 ID:P3xWPWFM
――ある日の下校中

男「……」 テクテク

?「だれか……ぐすっ……だれか助けて~」

男「!?」

幼女「うえぇぇん……落ちちゃうよ~」

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:36:41 ID:P3xWPWFM
男「早く、早くこの手に掴まって!」

幼女「! あ、ありがとお」

男「よいしょ……っと」 グイッ

幼女「うわぁぁああん! 怖かったよ~」

男「……」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:39:07 ID:P3xWPWFM
幼女母「幼女! 大丈夫!?」

幼女「うん。このお兄ちゃんがね、助けてくれたの」

幼女母「ありがとうございます! なんてお礼を言ったらいいのやら」

男「いえ、偶然通りかかって、当たり前のことをしただけです。」

男「……じゃあ、僕はこれで」

35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:40:43 ID:P3xWPWFM
幼女「お兄ちゃん、まって!」

男「……?」

幼女「えっとね、ちょっとしゃがんでほしいの」

男「? ……こう?」

幼女「ちゅっ」

男「!?」

36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:42:38 ID:P3xWPWFM
幼女母「あらまぁ、幼女ったら」

幼女「えへへ、助けてくれたお礼だよ。お兄ちゃん、ありがとうございました」 ペコリ

男「……じ、じゃあ、ぼぼぼ僕はこ、これで」 シュバッ!

37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 22:45:55 ID:P3xWPWFM
――男宅

男「…………」

男「甘酸っぱくって、胸が切ない……一体どうなっている……!?」

男「こんな感覚、僕は……………………僕は、知らない」

――幼女編に続く……わけない
――終わり

39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 23:27:11 ID:MaTMWXrs

面白かったよ

42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/24(木) 20:52:21 ID:g3XUnZKY
無垢って素晴らしい

[ 2013年01月27日 07:00 ] [オリジナル]男・女 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)