FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [オリジナル]姉・妹・兄・弟 >  妹「おかえりお兄ちゃん!」
スポンサードリンク

妹「おかえりお兄ちゃん!」

※エロ注意

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:11:12 ID:+vpNu5nk0

兄「うおっ! い、妹か……」

妹「慌ててどうしたの? 具合でも悪い?」

兄「い、いや、そんな事はないけど……」

女「あ、妹ちゃんだ~! 元気してた?」

妹「はい、女さん! お兄ちゃん、失礼なことしてませんか?」

女「全然~。優しい彼氏だよ~」 ギュッ

兄「お、おい、妹の前でやめろよ!」

女「妹ちゃんは気にしないよね?」

妹「はい。私は全然気にしてませんよ……どうぞ、上がってください」

女「おじゃましま~す」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:15:19 ID:+vpNu5nk0

女「でね~。兄ってば財布落として慌てて映画館に戻ってさ~」

妹「あははっ、お兄ちゃんって昔から忘れ物癖が酷いんですよ?」

女「そうなの?」

妹「はい、小学生の頃もよく忘れ物をして私がクラスに届けに行ったり……」

兄「い、いいだろ、そんな昔の話は……つーか、なんで彼女と妹が仲良くしてるのを俺が見てなきゃいけないんだよ……」

女「拗ねないの。もう、しょうがないなぁ。兄は甘えん坊だもんね~。よしよし」 ナデナデ

兄「だっ、だからそういうのはやめろって」

妹「……お暑いですね」

女「ん~。妹ちゃんって、ずっと私には敬語だよね。普通に話してくれていいんだよ?」

妹「いいえ。女さんは目上の方ですから」

兄「……俺は目上じゃないのかよ」

妹「うん」 女「だね~」

兄「……ちぇ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:18:57 ID:+vpNu5nk0

妹「……女さん。そろそろ帰った方がいいんじゃないですか?」

女「あ、そうだね~。……ん~。ねえ、泊まってっちゃダメ?」

兄「え……と、泊まる?」 ゴクリ

女「昨日からご両親、旅行中なんでしょ? もっと妹ちゃんとお話したいし~」

兄「あ、うん……そっちか」

女「……兄の事も構ってあげるから」 ボソッ

兄「あ、ああ……そうだな……それもいいかもしれな」

妹「ごめんなさい、女さん。今日は私の友達が泊まりに来るんです」

女「そうなの?」

兄「そんな話聞いてないぞ?」

妹「ごめんなさい。今日のお昼に泊まろうって話になって」

女「ん~。じゃ、仕方ないか~。また今度ね~」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:22:27 ID:+vpNu5nk0

兄「駅まで送るよ」

女「いいって。すぐそこだし、この辺、人通りも多いしね」

妹「また来てくださいね」

女「ん。また妹ちゃんに会いに来るね~」

兄「俺は?」

女「ついで」

兄「おーい」

女「冗談だよ。明日は空いてる?」

兄「あー。どうだろ。ダチと約束あるけど、全然連絡ないからキャンセルかもな」

女「空いたら連絡してね。あたしは空いてるから」

兄「ん。じゃあな」

女「じゃあね~」

妹「さようなら」

バタンッ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:32:05 ID:+vpNu5nk0

兄「ったく。あいつ、結局ずっと妹と喋ってただけじゃねえか」

妹「やきもち焼いちゃった?」

兄「妹に嫉妬なんてするかよ」

妹「ふぅん。じゃ、もっと女さんと仲良くなろうかな」

兄「あー勝手にしろ。ったく、それで、友達はいつ来るんだ?」

妹「約束だとそろそろだと思うんだけど……」

カチカチカチッ

妹「あ……」

兄「どうした?」

妹「来れなくなったって……メール着てたのに全然気付かなかった……」

兄「……タイミング悪ぃな」

妹「ごめんね。女さんにも今度会った時に謝るから」

兄「……まあ、しょうがねえな。あんま気にすんなよ」

妹「ありがとね、お兄ちゃん」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:36:29 ID:+vpNu5nk0

兄「……ってわけでさ、お前が帰ったすぐ後にメールに気付いてな」

女『うっわー……あたし運悪くない?』

兄「だなー。……また今度泊まりに来いよ。妹もお前と仲良くしたいーなんて言ってるしよ」

女『そんな事言って……本当は期待してるんでしょ?』

兄「おおおっ、俺はそんな期待なんかっ!」

女『え~。あたしの手料理食べたくないの~?』

兄「……そっちかよ」 女『どっちだと思ったの?』

兄「うるせー。あー、もう眠いし切るぞ」

女『じゃあねー』


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:42:42 ID:+vpNu5nk0

兄「ふぁ……あー……結構疲れてんなー。小便して寝よ」

ガチャッ ギシッ ギシッ

兄「……俺と妹だけだと、やっぱ静かだなー。居間で韓国ドラマ観てる母さんもいねーし」

「……ん……ぁっ」

兄「……ん? 妹の部屋からか。テレビの音量大きいんじゃねえのか?」

「……ぃ……も…………んっ……」

兄(あれ……?)

「……にぃ……お…………おにぃ……お兄ちゃん……っ」

兄(……おいおい。俺の聞き間違え、だよな? ……一応、念のために。念のためにな)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:48:31 ID:+vpNu5nk0

スッ スッ スゥゥッ

妹「お兄ちゃん……ここ、もっと触って……くちゅくちゅって……んんんぅっ!!」

兄(……マジかよ……)

妹「そこ……クリトリス……弄って……気持ち良くして……お兄ちゃん、お願い……」

兄(やべえ……目が、離せねえ……妹が、俺でオナニーしてるなんて……)

妹「あっ、あんっ、あぁっ! 挿れて、お兄ちゃんの……ち、チンチン……ここに挿れてっ!!」

兄「……っ!?」 ガタンッ

妹「……誰……? お兄ちゃん……?」

兄(やっべぇ!)

ダッダッダッ ガチャッ バタンッ

兄「……はぁ、はぁ……」

兄「…………なんだ、あれ……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:52:35 ID:+vpNu5nk0

妹「おはよう、お兄ちゃん」

兄「あっ、ああっ……おはよう」

妹「どうしたの? 目が赤いよ、眠れなかったの?」

兄「いや……ちょっと……ゲームしてたら夢中になってな」

妹「もうっ。ゲームなんて子供っぽいことばっかりしてると、女さんにフラれちゃうよ?」

兄「わ、悪かったな、子供っぽくて……」

妹「また拗ねる。そういう所が子供っぽいんだよ」

兄(……なんで平気な顔してられるんだ? 俺が覗いてたの、こいつだって知ってるはずなのに)

妹「でも……お兄ちゃんの子供っぽい所って、なんか可愛いよね」

兄「……っ、かっ、可愛いってなんだよ!」

妹「放っておけない感じ? 女さんも、お兄ちゃんのそういう所も含めて好きになったんだろうし、お兄ちゃんはそのままでいいのかもね」

兄「な、生意気なこと言うなよ、ガキの癖に……!」 ガタンッ

妹「急にどうしたの?」 兄「……出かけてくる。じゃあな」 妹「いってらっしゃい」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 13:58:31 ID:+vpNu5nk0

兄「……ダメだ、訳わかんねえ」

兄(……平気でいられる神経が理解できねえ。大体、俺だぞ? 兄貴の俺でオナニーするって……き、近親相姦ってことだろ……?)

兄「どうなってんだよ……しかも、父さんと母さんがいないなんて……」

兄(もし……何かあったら……)

兄「いや……何かなんて、あるはずねえ……大丈夫だ、俺さえしっかりしてれば……」

兄「そうだ、ダチにメールして確認しねえと」

カチカチカチ カチカチ

兄「……マックで朝飯でも食って連絡待つか」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:05:00 ID:+vpNu5nk0

兄「……結局、連絡なしってことで」

女「向こうも忙しいんだよ、きっと」

兄「なのかねー。それにしてもメールの一つくらい返してくれてもよくね?」

女「実は嫌われてたりして?」

兄「うっわー……それへこむわ……」

女「あははっ、冗談冗談! あたしなら嫌ってる相手を無視したりしないしね~」

兄「ほうほう」

女「『嫌いだからメールすんな』ってハッキリ返信する」

兄「それも酷ぇよ」

女「あははっ、そうかな~。変に誤魔化すよりその方がスッキリして良くない?」

兄(あー……落ち着くな、やっぱり。あんなもの見ちまったから、朝から頭混乱しっぱなしだったけど)

女「ん? あたしの顔に見蕩れちゃった?」

兄「バーカ。見蕩れるほどの顔かよ」

女「え~? あたし、兄には勿体無い美人でしょ?」

兄(こいつといるのが、一番良いな)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:09:23 ID:+vpNu5nk0

妹「おかえりお兄ちゃん!」

兄「ああ、ただいま」

妹「晩御飯作ったけど食べる?」

兄「おう。不味かったら残すけどな」

妹「上手にできたから大丈夫だよ!」

兄「ほう。期待していいんだな?」

妹「もちろん」

兄(……うん。大丈夫だ。普通に話せる。……俺の気にしすぎだったんだ)

妹「でもお母さんは凄いよね。毎日こんな風にご飯作ってるんだもん。私が奥さんになっても、あんなに頑張れるのかな」

兄「大丈夫だろ。誰だって最初から料理ができるわけじゃねえし。努力次第ってこった」

妹「そうだよね。うん……今日から二人が帰ってくるまで、私、頑張るから!」

兄「はいはい」

兄(……妹も思春期だし、オナニーもするわな。今は何を勘違いしてか、俺が相手だけど……すぐに飽きるだろ)

兄「……うん、大丈夫だ」 妹「何が?」 兄「なんでもないよ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:12:58 ID:+vpNu5nk0

兄「……」

兄(……いつもなら、テレビの音だと思うんだろうけど……廊下から聞こえる、この声は……)

兄「……止めた方が、いいのかもな……」

兄(……俺は、本当に大丈夫なのか。本当に止めようと思ってるのか?)

兄「…………いや。そうだよ。放っておけば、その内飽きる。……そうだよな」

「…………っ。…………っ」

兄「……寝よう」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:16:39 ID:+vpNu5nk0

妹「おはようお兄ちゃん!」

兄「……ああ」

妹「顔色悪いよ?」

兄「少し、眠れなくてな」

妹「そう? あ、朝ご飯も作ってみたんだけど……」

兄「……ありがとう」

兄(……声は止んだ。でも頭の中をぐるぐる回ったまま、朝が来た。……眠くない。ただ吐き気がする)

妹「食べたくないなら、無理して食べなくていいよ。体調悪いんでしょ?」

兄「……ごめん。ラップしておいてくれ。後で食べるから」

妹「うん」

兄「……部屋で寝てるから、何かあったら起こしてくれ。じゃ……」

兄(…………俺は大丈夫だ)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:20:39 ID:+vpNu5nk0

兄「ん……」

兄(朝焼け……? いや、夕焼け、か?)

ポチッ

「……最近はすっかり冷え込んできて、これから家に帰るお父さんも大変ですねー」

兄「……夕焼けか。そうだよな」

ポチポチ

兄「メールは、なしか。女から来てるかと思ったんだけどな」

兄(寂しい、とか……女々しいよなぁ)

ガチャッ

兄「……妹は……ん、靴がないな。出かけたのか」

兄「……朝の残り、食っちまうか」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:28:03 ID:+vpNu5nk0

「ただいま!!」

兄「……ん」 ガチャッ

妹「外、すごく寒かったよ。凍え死んじゃうかと思った」

兄「一日中家で過ごして正解だったな」

妹「そんなのニートだよ」

兄「ちげぇ。あー、晩飯は……」

妹「これから作ります。今起きたなら、どうせ夜中にお腹空くでしょ? 作っておくから」

兄「んー。悪い」

兄(そう、だよなぁ。よくできた妹なんだよ。……わかんねえ。この妹が、あんな……)

妹「んんん~ん♪」

兄(あんな風に……俺の名前を呼んで……喘ぎ声をあげて……)

妹「お兄ちゃん、何か食べたい物とかある?」

兄「あ……いや……特には」 妹「もう、作りがいないなー!」 兄「悪ぃ……」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:31:38 ID:+vpNu5nk0

妹「お兄ちゃん、お兄ちゃん……っ」

兄(……なんで俺は、また覗いてるんだ……?)

妹「……いい……そこ……強くして……」

兄(…………俺は、バカか) ギュッ

スッ スッ ガチャンッ

兄「……死ね」 ガンッ 兄「……死ね」 ガンッ 兄「死んじまえ」 ガンッ

兄「妹の部屋を覗いておいて、何が大丈夫だ」 ガンッ

兄(…………頭を冷やそう)

兄「…………ああ、俺だけど。何日か泊めてくれね? ……家族と喧嘩しちまってさ。いいだろ? ……助かる。じゃあな」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:34:53 ID:+vpNu5nk0

兄「今はダチの家にいる」

女『……喧嘩って、本当?』

兄「ああ……まあ……」

女『……妹ちゃんと兄で、喧嘩になる気がしないんだけどな~』

兄「なんだよ、それ」

女『だって……ねえ?』

兄「とにかく、何日か家に帰らないつもりだから」

女『ふぅん。……でも、言っとくけど……あたしは妹ちゃんの味方するからね』

兄「え?」

女『だって二人が喧嘩したなら兄が悪いに決まってるじゃん。妹ちゃん、良い子だもん』

兄「……そうだな。まあ、とにかく放っといてくれ。じゃあな」 ブツッ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:37:43 ID:+vpNu5nk0

ピンポーン

妹「お兄ちゃんっ!?」 ガチャッ

女「やっほ~」 妹「あ……女さん……」

女「そんな風に残念がられちゃうと落ち込むな~」

妹「ごめんなさい……」 女「やっ、まぁ……ね。兄のことでさ、話があって」

妹「お兄ちゃんがどこに行ったか、知ってるんですか?」

女「ん。一応。上がっていい?」 妹「はい……」 女「おじゃましま~す」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:43:09 ID:+vpNu5nk0

女「それで……何あったの?」 妹「何、って……」

女「喧嘩したんでしょ?」 妹「えっ?」 女「……違うの?」

妹「喧嘩なんて……朝起きたら書置きがあって、しばらく帰らないって」

女「……あいつ、そこまでバカだったの? ……何が喧嘩よ……ったく」

妹「でも……きっと私が悪いんです……お兄ちゃんを困らせること、何かしたんです……」

女「あー……いや……違うと思うよ? あんまりバカのすること、真面目に考えても時間の無駄だし」

妹「でも……」 女「あ~もう、ほら、お姉さんが相談相手になってあげるから、ね? 元気出して!」

妹「……ありがとうございます、女さん……この間も買い物に付き合ってくれて」

女「あたし、妹が欲しかったのよ。妹ちゃんみたいなかわい~妹。こうやって面倒見させてくれると嬉しいわけよ」

妹「じゃあ……お姉ちゃん、って呼んでいいですか?」 女「もちろん! ば~んと呼んでよ」

妹「お、お姉ちゃん……」 女「ん~。いいね~」

妹「また、相談に乗ってもらっていいですか?」 女「可愛い妹の頼みだもん、全然いいよん」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:48:05 ID:+vpNu5nk0

兄「……あー」 友「おーい。投げろよ」 兄「はいはい」

ヒュッ カキーンッ

「入るか、入るか! 入った~!! 満塁ホームラン!!」

友「……ど真ん中ストレートってヤル気あんのか?」 兄「ねーよ」

友「つーかよ、別に泊めるのはいいけどテンション低すぎんだろ」

兄「……色々あんだよ。色々」 友「はぁ……」

兄(……メールしても返信ねーし。放っといてくれとは言ったけどよ……)

兄「全部俺が悪いと、マジで思ってんだろうな……あいつ、思い込み激しいし」

友「誰よ?」 兄「彼女」 友「リア充死ね」 兄「……はぁ」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 14:55:22 ID:t4v3y56q0

まさか妹に女をNTRされるとは


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:00:29 ID:+vpNu5nk0

ピンポーン

女「やっほ~。また来たよん……兄はまだ帰ってない?」

妹「……うん。ごめんね、お姉ちゃん」

女「いいのいいの、別にあいつに会いに来たわけじゃないから。ついでに殴ろうと思っただけ」

妹「あははっ。……お姉ちゃんってカッコイイよね」 女「よく性格きついって言われるけどね」

妹「そういう人はお姉ちゃんの事がわかってないだけだと思うな」

女「ん~。いや~。褒められてる所悪いけど、やっぱあたし、自分でも性格きついと思うよ? 思った事はっきり言っちゃうし」

妹「相手の事も考えて言ってるの、わかるもん。だって、今日も私のために来てくれたんでしょ?」

女(うっ……あ~。ダメだ、なんか調子狂う)

妹「……?」

女(そういう真っ直ぐに憧れの目で見られると……照れが……。あたしのキャラじゃないのに……うぅ……)

女「と、とにかく、ほら、色々話してスッキリしちゃいなよ!」 妹「お姉ちゃんの話も聞きたいな」 女「あたし?」

妹「うん! いっつも何してるのかとか、好きな食べ物とか、よく聴く音楽とか……なんでも!」 女「あ~……う、うん」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:06:06 ID:+vpNu5nk0

友「お前帰れ」

兄「……もう少しいちゃダメか?」

友「ダメだ。お前の顔を見飽きた。もう帰れ」

兄「……飯くらいなら奢るからさ」

友「ダ・メ・だ! お前のせいで俺はオナ禁生活を強いられてるんだ、出てけ」

兄「そりゃ俺だって同じだろ?」 友「彼女とやってろ」 兄「……やらねーよ」

友「んん? もしかして……」 兄「……」

友「彼女いるのに童貞とか! 童貞とか! 受ける! マジ受ける!」

兄「出てくわ」 友「おう。じゃあな」 兄「あと死ね」 友「死なない」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:08:43 ID:+vpNu5nk0

妹「おかえりお兄ちゃん!」

兄「あー……ただいま……」

妹「……それだけ?」

兄「悪かったな。その、勝手に出てって」

妹「ん。許してあげる」

兄「どうもです」

妹「ご飯は?」

兄「食べる」

妹「うん。少し待っててね」

兄(……思ったより元気だな。やっぱり、距離を置いて正解だったかもな)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:10:18 ID:+vpNu5nk0

女「……はぁ」

女「あ~……」

女「……はぁ」

ブゥゥゥゥゥン ブゥゥゥゥゥゥン

女「わっ!? ……兄からか……」

女「出づらいな~……」

女(なんであんな事になっちゃったかな~……)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:17:21 ID:+vpNu5nk0

女「……で、まだ帰ってないわけ。もう一週間以上経つのに」

妹「うん……」 女「ガキじゃあるまいし。もう怒鳴り込んでやろうかしら」

妹「お姉ちゃん……」 ピトッ

女「よしよし、大丈夫だからね~。お姉ちゃんに任せなさい!」 ナデナデ

妹「違うの……」 女「ん、何?」 妹「あのね……」 チュッ

女「ん……っ!?」

妹「……お姉ちゃん……」 ギュッ 女「ちょ……ちょっと待ってっ!! 待って!!」

妹「いや……」 チュッ チュゥッ チュッ 女「ひゃっ、ちょ、落ち着いてっ! くすぐったい、くすぐったいからっ!!」

妹「お姉ちゃんは、私が嫌いなの?」 女「いいいや、嫌いとかじゃなくて! そういうのはまずいって!!」

妹「……お姉ちゃんも……どっか行っちゃうの?」 女「あ……っと……ごめん!」 ツッタッタッタッ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:29:56 ID:+vpNu5nk0

女(あたしに非があったとは思わないけど……ああいうことがあった後に、兄と会うのも気が引ける……)

女「大体、元はといえば兄が悪いんだし」

女(って言っても、このまま放っておくわけにも……あ~、こういうの悩むキャラじゃないって、あたし)

ブゥゥゥゥゥン ブゥゥゥゥゥン

女「また兄……って……妹ちゃん? ……んっ」

妹『もしもし?』 女「あ~、もしもし?」 妹『……女、さん、ですか?』

女「ま~、あたしの携帯に掛ければ出るのはあたしだよね~」

妹『あの……この前のこと、謝りたくて……私』

女「……あ~。その前に。……女さんじゃなくて、お姉ちゃんでいいから」

妹『……でも』 女「そういう風に態度変えられるのが一番嫌い」 妹『ごめんなさい』

女「わかってくれればいいから。あ~、それで。前の……アレは……」

妹『……ごめんなさい』

女「もういいって! そうやって何度も謝られて変な感じなっても困るし、ね?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:32:05 ID:+vpNu5nk0

妹『あの……お姉ちゃん』 女「ん?」

妹『また、買い物に付き合って、くれますか?』

女「あ~。う~ん……」

妹『昨日、お兄ちゃんが帰ってきて。一応、仲直りっていうか、元に戻ったんですけど』

女「……とりあえず、敬語。やめて」 妹『ご、ごめんね、お姉ちゃん』

女(……あたしが妹ちゃんを突き放して帰ったのが、相当、効いてるんだろうけど……)

妹『それで、お兄ちゃんに何かプレゼントして、ちゃんと仲直りしたいの』

女「それ逆じゃない?」 妹『ダメかな』 女「ん~……」

女(……あたしの方も、兄と話す機会欲しいしね)

女「ん、おっけ~。付き合うよん」 妹『ありがと、お姉ちゃん!』 女「ん……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:35:28 ID:+vpNu5nk0

妹「お兄ちゃん、今日は出かけるから晩御飯は……」

兄「あー。適当に食っとく」 妹「ごめんね」 兄「いいって」

妹「いってきまーす!」 兄「おう」

兄(……平和だなー。昨日は声も聞こえなかったし)

兄「……ふぁー……だりぃー……」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:40:20 ID:+vpNu5nk0

兄「ん? もうこんな時間か。晩飯どうっすっかな~」

兄「……外に行くか」

ポチポチポチ

兄「……おう、暇か?」 友『忙しい』 兄「何してんだ?」

友『息吸ってる』 兄「そうか。今から飯行くぞ」 友『どこよ』

兄「決まってねえ」 友『ちっ』 兄「おごりだぞ」 友『よし今からそっち行くわ』 プツッ


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:44:05 ID:+vpNu5nk0

兄「寒ぃー」 友「寒ぃー」

兄「ん……どうする?」 友「ファミレス以上な。吉野家は却下」 兄「おごりの分際で」

兄「……じゃそこらのファミレスで……ん?」

「…………?」「……、…………?」「…………」

兄「あれ……妹と女か?」 友「あん? どうかしたか?」 兄「いや、あれ……」

友「どれだよ?」 兄「いや……さっきあそこに……」 友「……? いいから早く飯行こうぜ」

兄(……腕組んで歩いてるように見えたけど……結構遠かったし、見間違いか……?)


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:56:55 ID:+vpNu5nk0

兄「ただいまー」

妹「おかえりお兄ちゃん!」 女「……おかえり」

兄「……女、来てたのか。メールしてくれればいいのに」

女「やっ、うん。さっき立ち寄ったばっかだからさ」

兄「そうなのか……?」

女「ん。それで……妹ちゃんが、渡したい物があるって」

妹「これ……」 兄「腕時計?」 妹「うん。仲直りに……」

兄「あー……っと……」 女「喧嘩なんてしてないんでしょ」 兄「ん……悪ぃ」

女「謝る相手が違う」 兄「ごめん、妹」

妹「いいよ。……その時計、大事に使ってね」 兄「ん、ああ」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 15:59:56 ID:+vpNu5nk0

女「あ~。じゃ、あたし帰るわ」 兄「え? もうか?」

女「あんまり遅くなると大変だしね」

妹「あ、そうだ! 泊まっていこうよ!」 兄「……ああ、前に言ってたな。いんじゃねえの?」

女「でも……ほら……」

兄「泊まってけよ。妹と話したいって言ってたろ。俺も、しばらく話してなかったしさ」

妹「ねえ、お姉ちゃん……」 女「う……うん……」

兄(お姉ちゃん……?)


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 16:05:52 ID:+vpNu5nk0

女「それで、あんたがいない間に相談に乗ってあげてたってわけ」

兄「悪かったな……その……」

妹「いいよ。お兄ちゃんも外で遊びたかったんでしょ?」

女「妹ちゃん、自分が悪いんじゃないかってへこんでたよ~?」

兄「うっ……本当にすまん」

妹「いいよ、もう。友くんと何してたの?」 兄「グダグダゲームしたり……」

女「ずっとグダグダしてたんでしょ。目に見えるわ~」 兄「うっせー」

兄(……こうして女と妹と、他愛ないこと喋ってるだけでいいんだよな。うん。俺が変に意識しなければ……)


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 16:11:02 ID:+vpNu5nk0

兄「話してる間にずいぶん時間経ったなぁ」

妹「んー……」 女「妹ちゃん、眠そうだね~」 妹「お姉ちゃんは眠くないの……?」

女「まだまだ全然平気よ~。妹ちゃんより大人だかんね~!」

兄「その、お姉ちゃんっての……いまいち慣れないなー」

妹「私とお姉ちゃんの間には、お兄ちゃんの知らない時間があるんだよ?」

兄「何だ、それ?」 女「ほら、ずっと相談に乗ってあげてたからね! あんたが家にいなかったせいで!」

兄「あー、だから悪かったって」 妹「んー……私、部屋に帰るね」 兄「ん、そうか」

妹「お姉ちゃんも行こ?」 兄「えっ?」

妹「お姉ちゃん、女の子でしょ? こんな遅くにお兄ちゃんと二人っきりでいたら、お父さん達に怒られるよ?」

兄「それは……まあ……」

妹「行こ、お姉ちゃん。お兄ちゃんに襲われちゃうよ?」 兄「お、襲うかよ!」

女「ん……じゃ、おやすみ」 兄「おう」

ガチャッ   バタンッ


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 16:20:19 ID:+vpNu5nk0

妹「お姉ちゃん、私の部屋に入るの初めてだよね?」

女「……あ、うん……」 妹「どうぞー」 女「お邪魔します……」

妹「……」 女「……あ、あの」 妹「なぁに、お姉ちゃん?」

女「布団あるかな?」 妹「どうして?」 女「ほら、あたしが眠る場所ないし……」

妹「ベッドがあるよ」 女「……い、妹ちゃんは?」

妹「……」 女「……あ……あたし、床で大丈夫だから」 妹「電気、消すね」

カチッ

女「えっ、やっ、ちょっ」 妹「こっち」 グイッ 女「きゃっ!?」

ポフッ ギシィッ

女「は、放し……っ!」

妹「うちの壁って、そんなに厚くないの。部屋で大きな声を出すと、他の部屋まで聞こえちゃうんだよ?」

女「……っ」 妹「お姉ちゃん……もう一回だけ、聞くね。……私のこと、好き? 嫌い?」

女「…………ず、ずるいよ、その聞き方は……」 妹「ふふっ。それじゃ答えたのと一緒だよ?」

チュッ


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 16:38:09 ID:+vpNu5nk0

「ん……ぅっ、ふぅ……ん……っ!」

兄(……なに……か……遠くで…………聞こ……える……ような……)

「ふぁ……あっ……ダメ……」

兄(……夢……か…………んっ……)

「やっ……やっ……んぅ、あ……あ……っ」

「お……ちゃ……こえ……お……ないと……きこえ……うよ…………?」

「……だ、だって……っ」

「……」

「……っ、…………ぁっ、ん……あ…………ふぁ……っ」

兄(…………女に…………似て……るなぁ…………ん…………)

「……あっ、あぁっ、無理ぃ、声っ、あっ、あぁ……っ!!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 16:44:49 ID:+vpNu5nk0

兄「…………なっ!」 ガバッ

兄(今、女の声が……本当に……っ!?)

ガチャッ バタバタッ

兄「……おい、妹! 入るぞ!」

ガチャッ

妹「……んー……なぁに……?」

兄「女は……」 妹「……女さん、女さん……」

女「ん……? な、なに? 何かあったの?」

兄「何か……って…………お前ら、なんで一緒の布団で寝てるんだ?」

妹「ふふっ、仲良しでしょ?」 兄「いや……」

女「妹ちゃんにせがまれて、つい……」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 16:45:53 ID:+vpNu5nk0

兄「…………さっき、何かしてなかったか?」 妹「何かって?」

兄「それは……その……」 女「……こんな時間に起こしておいて、その態度はないでしょ」

兄「…………悪い。寝惚けてたみたいだ」 妹「ううん、いいよ。おやすみ、お兄ちゃん」 兄「……おやすみ」

ガチャッ バタンッ

妹「……良かったね、ばれなくて」 女「……っ」 妹「続き、しよっか。今度は声出さないように頑張ろうね」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 16:53:09 ID:+vpNu5nk0

妹「おはようお兄ちゃん!」

兄「ん……おはよ」 女「ふぁ……あ~」

兄「……眠そうだな」 女「誰かさんが夜中に叩き起こしてくれたおかげでね」

兄「ん……悪ぃ」 女「気を付けてよね」

妹「朝ご飯できてるから二人とも先に座ってて」

兄「……」 女「……」 兄「珍しいな」 女「……何が?」 兄「お前が黙ってるの」

女「……低血圧なのよ」 兄「そうか」

妹「女さんってパンとご飯、どっちが好き?」 女「ん~、パンかな」

妹「お兄ちゃんはいつも通りご飯でいい?」 兄「ああ、うん」

兄(……普通、だよな? おかしい所なんてないよな? ……そのはず、だよな)


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:00:14 ID:+vpNu5nk0

女「それじゃあたし、そろそろ帰るね」

兄「おう。またな」 妹「また来てね、お姉ちゃん」

女「うん……また来るね。じゃ~ね」

ガチャッ バタンッ

兄「……昨日の夜、本当に何もなかったんだよな」

妹「……? 何もって?」

兄「だから……」 妹「お兄ちゃん、何か変だよ? どうしたの?」

兄「……あー、もういい。俺が悪かった」

妹「ふふっ、お兄ちゃんは悪くないよ? 変なの」

兄(……変なのは俺か。そうだよな……)


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:03:25 ID:+vpNu5nk0

兄「でさ、友が店員に『このメニューおかしくね?』って言ってさ」 女「……うん」

兄「……聞いてるか?」 女「聞いてるよ」 兄「……そっか。それで、その店員……」

女「ごめん。今日具合悪いから帰っていい?」 兄「あ……うん……」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:04:37 ID:+vpNu5nk0

妹「おかえりお兄ちゃん!」

兄「……ただいま……あの、さ……」 妹「なぁに?」

兄「お前、女とメールしたりする?」 妹「たまにするよ」

兄「……何か、話聞いてないか? 最近変わったこととか、そういうの」

妹「ないと思うけど」 兄「……そっか」 妹「何かあったの?」

兄「何かあった、ってわけじゃない……でも……」 妹「うん」

兄「……お前にこんな事話しても仕方ないか」 妹「えー!」 兄「忘れろ」

妹「……私はいつでもお兄ちゃんの味方だよ。何でも相談してくれていいからね」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:08:12 ID:+vpNu5nk0

女「……兄、あのさ」 兄「ん……?」

女「あたし達、別れよ」 兄「……理由、聞いていいか?」

女「あたしの中で兄が一番じゃなくなったから、かな」

兄「……」 女「別に兄が嫌いになったわけじゃないけど、なんか、冷めちゃった」

兄「冷めた、か」 女「うん、ごめん」 兄「……もう無理か?」 女「うん」

兄「……わかったよ。じゃあな」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:12:02 ID:+vpNu5nk0

妹「おかえりお兄ちゃん!」

兄「……」

妹「……どうかした?」

兄「……放っといてくれ」 スタスタッ

妹「お兄ちゃん……」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:13:42 ID:+vpNu5nk0

兄「あー……」 ギシッ

兄(どっからダメになったんだろうな……)

兄(あいつが泊まりに来た時か……俺が友の所でグダグダしてた時か……それとも……)

兄「……あー……」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:20:17 ID:+vpNu5nk0

兄(……あー……寝ちまったのか……)

妹「お兄ちゃん……」 ペロッ

兄「んなっ!?」 パチッ 妹「おはよう、お兄ちゃん……」 ペロッ

兄「お前っ、何して……っ!」 妹「涙の跡、頬に残ってたから」

兄「残ってたから、って」 妹「お姉ちゃんと別れたんだよね?」

兄「なんで……」 妹「お姉ちゃんが教えてくれたよ? お兄ちゃん、可哀相」

兄「やめろよ……妹に同情なんてされたくねえ……」

妹「同情じゃないよ……これは、愛情」 チュッ 兄「ん……っ」

妹「……ねえ、気持ち良いよね……こういう時は、誰でもいいから側にいて欲しいって……」

兄「……」 妹「お兄ちゃん……私のオナニーしてる姿見て、どう思ったの?」

兄「お前、やっぱり知って……」 妹「どう、思った?」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:23:24 ID:+vpNu5nk0

兄「……なんとも思わなかった」

妹「嘘。なんとも思わなかったなら、どうして逃げたの?」

兄「逃げてない」 妹「逃げたよね? 我慢できなくなったんでしょ」

兄「やめろよ。俺は、疲れてるんだ。どけよ」

妹「お兄ちゃんが疲れてるのは、体じゃなくて心でしょ? 私が癒してあげる……」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:30:41 ID:+vpNu5nk0

妹「瞼、腫れてる」 チュッ チュッ

兄「……くすぐったい」

妹「舐めたら腫れ、引くかな?」 ペロッ ペロッ

兄「……なんで、お前は…………俺は、お前のことを、そういう目で見られない……」

妹「ねえ、お兄ちゃん。本当にそうなら、お兄ちゃんは逃げる必要なんてなかったんだよ?」

兄「……怖いんだよ」 妹「何が?」 兄「お前が……怖いんだ。そうだよ。俺はお前が怖かった」

兄「なんでいっつも同じ笑顔で俺を出迎えて、いっつも同じ元気な声で『おかえり』って言うんだ?」

兄「朝もそうだよ、いっつも同じだ! 毎朝『おはよう』って同じ笑顔で……怖いんだよ、お前!!」

妹「そっか……怖いんだ?」 兄「……」 妹「……私、怖いんだって?」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:37:23 ID:+vpNu5nk0

兄「誰に、話してるんだ?」

妹「ねえ、私、怖いかな? ねえ、女さん」

兄「お、女なんてどこにも!」 妹「そこにいるよ? その……クローゼットの中に」

兄「……えっ?」

ギィィィッ

女「……」 兄「お前……何やってるんだ?」

妹「どう思う? 私って怖い?」 女「う……ううん……怖くない、よ」

兄「なんでお前がクローゼットから出てくるんだ? おい、どういうことだよ」

妹「私とお兄ちゃんの初体験を見ててもらおうと思っただけだよ?」

女「……うん。そう。それだけだよ」 兄「……狂ってる」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:43:11 ID:+vpNu5nk0

妹「狂ってないよ? 私は私からお兄ちゃんを奪った女さんに罰を与えてるだけ」

兄「奪った? お前、何言ってるんだよ!」 女「ば、罰を受けないと、妹ちゃんが……別れるって」

兄「はっ?」 女「あたしを捨てるって」 兄「……?」

妹「私、女さんと付き合ってるんだよ?」 兄「……は……ははっ、お前、冗談にしても……ないだろ」

妹「可哀相なお兄ちゃん……女さんがどんな風に喘いで、どんな風にイクのかも知らないんだよね」

兄「い、いい加減にしろよ! お前、こんなの……訳わかんねえぞ!?」

妹「もうお兄ちゃんは……何も考えなくていいよ」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 17:51:39 ID:+vpNu5nk0

兄「もがっ、むっ、むぐっ!!」

女「妹ちゃん、これでいい?」 妹「うん。お姉ちゃんは偉いね。たくさんご褒美あげるからね」

兄「むぐっ、ぐーっ!!」

妹「お兄ちゃん、暴れても無駄だよ? ガムテープって腕力で千切れるものじゃないよ?」

兄「ふぐ、ふぐーっ!!」

妹「ふふっ。お兄ちゃん、お待たせ……あれ、お兄ちゃんのチンチン、元気ないね。……女さん」

女「な、なに?」

妹「お兄ちゃんのチンチン、勃起させてくれる?」

兄「もがーっ!!」

女「え……やっ、触りたくない……!」

兄「む……むぐっ……」

妹「えーっ、どうして? 元・彼氏のチンチンなのに触れないの?」

女「……だって……気持ち悪いんだもん……」

妹「あーあ、お兄ちゃんが可哀相……ふふっ」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 18:00:16 ID:+vpNu5nk0

兄「うぐっ、うぅ……っ」 ポロポロ

妹「お兄ちゃん、泣いちゃった……女さん、女さんのせいでお兄ちゃん泣いちゃったよ?」

女「でも……」 妹「勃起させてあげてよ」 女「……」

妹「できないなら、もういらないかな。出て行ってよ」

女「え……」 妹「罰を受ける気がないってことでしょ? もういいよ、早く出てって」

女「そ、そんなつもりじゃ」 妹「どういうつもりでもいいから」

女「し……します。勃起させます。だから……」 妹「……するなら早くしてくれる?」

女「はい……」 サスッ 兄「んぐ……っ」 ビクンッ 女「うわっ! ふ、膨らんでる……うぅっ」

妹「もっと大きくしなくちゃ」 女「ん……」 サスサスッ 妹「そんな触り方じゃ全然大きくならないよ? ちゃんと握ってしごかなきゃ」

女「んっ、うぅっ」 シコシコ 兄「ふんぐっ、ぐぅっ、うぅっ!!」 ビュクビュクッ 女「やっ、汚いっ!?」

妹「……大きくする前に射精させてどうするつもりなの?」 女「こ、これが勝手に……」 妹「……」

女「ご、ごめんなさい……っ」 妹「もう一回。今度こそちゃんと勃起させてね」


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 18:11:09 ID:+vpNu5nk0

妹「……うん、今度はちゃんとできたね」 女「臭いのが手に付いちゃった……」

兄「ふぐぅーっ、ふぐぅー!」

妹「ふふっ」 ギュッ 兄「むぐっ、ぐぅっ!! ぐぅぅぅっ!!」

妹「いくら暴れても、もうお兄ちゃんの童貞は、私のものだよ……?」

兄「むぐっ!? むぐぅっ!! ぐぅぅぅっ!!?」

妹「女さん、しっかり見ててね?」 女「……はい……」

妹「私の濡れたここに……お兄ちゃんのが……」 ズリュッ 兄「ふぐぅぅっ!!?」 ヌポッ

妹「ん……っ、暴れるから先っぽ抜けちゃった」 兄「ふぐぅぅっ!! うぅぅっ!!」

妹「しょうがないなー、もう。今日はやめよっか」 兄「む……ぅ?」

妹「お兄ちゃんが嫌がってるんじゃ、入れられないもんね」 兄「むぐっ、むぐっ!」

妹「……なーんて、ね?」 ズヂュゥゥゥ 兄「ふぐぅぅぅっ!!?」 妹「…………ったぁっ!?」

女「妹ちゃんっ!?」 妹「…………っ、はぁ……っ!」 兄「ぐぅっ、うぅっ!」


155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 18:23:43 ID:qrLp5mnw0

ntrは嫌いだけどこれはいける


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 18:24:34 ID:+vpNu5nk0

妹「大丈夫……全然平気……っ」

女「平気って顔じゃないよっ!? こんな肉の塊入れるなんて無理なんだってっ!!」

兄「ふっ、ぐっ、うっ!!」 妹「……っ、だ、大丈夫、って……言ってるでしょ!」

女「……血……出てる……」 妹「女さんの時だって、出たよ……っ」 女「……んっ」 モジモジ

兄「ふぅぅっ、ふぅぅっ!」 妹「……ごめんね、お兄ちゃん。今動くから」 ズッヂュッズッヂュッ

兄「むっ、ぐぅっ、うぅっ、うっ、ふぅっ!?」 妹「んっ、くぅっ、んんぅ……お、兄ちゃんっ、気持ちっ、いい……っ?」 ズッヂュッズッヂュッ

兄「んぐぅぅぅっ!? んぐぅぅぅっ!?」 妹「あははっ、何言ってるかわかんないよぉ?」 グリッ

兄「んぐぅっ、んんんぅ、んぐぅっ!?」 妹「大丈夫っ……すぐにっ、私もっ、お兄ちゃんも……慣れるから……っ」 ズヂュッ 兄「うぅっ!」 ピクッ

妹「びく……って、今、中でっ、びくって……もう出そうなの?」 兄「ふぃっ、いっ!?」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 18:33:47 ID:+vpNu5nk0

妹「お兄ちゃん、童貞だもんね……ふふっ、早漏でも恥ずかしくないよ? ……いいよ……全部、中で出して……っ」 ズッヂュッズッヂュッ

兄「ふぎぅぅぃっ、ぐぅぅぃぃっ!?」 ブンブンッ

妹「女さんっ! ちゃんと見てるっ!?」 女「み、見てる!」

妹「ほらっ、お兄ちゃんの好きなっ、女さんがっ、見てるよ……っ」 ズッヂュゥッ ズッヂュゥッ

兄「むぐぅぅぅっ!? むぐぅぅっ!?」 ブンブンッ

妹「でも……お兄ちゃんが出すのは……私の中、だよ……ふふっ、あはっ、あはは……っ!」 ズッヂュゥッ ズッヂュゥゥッ

兄「うぐぅぅっ! ぐぅぅぅっ!!」 ボロボロ

妹「ほら出して……っ! お兄ちゃん精液っ、私の中に出して……っ! 中に……出してっ!!!」

兄「ふぐぅっ、うぅっ、うっ、うっ、うっ、うぅぅぅぅぅううぅぅっ!!?」 ドピュッ ドピュドピュドピュッ

妹「ふわ……熱……っ、熱いのが……っ」 兄「ふぐっ、うっ、うっ!!」 ビュクンッ ビュクビュクンッ

妹「は……あぁ……あは……っ」 兄「ふっ、うぅ……」 妹「ねえ……気持ち良かったでしょ……ふふ……っ」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 18:42:13 ID:+vpNu5nk0

妹「……でも……まだ終わらないんだよ……?」

兄「……む……ぐ……っ?」

妹「お父さんとお母さんが帰ってくるまで……この家は私とお兄ちゃんの物なんだよ? ねえ……わかる?」

兄「………………ぐっ、ぐむぅぅっ!?」

妹「お兄ちゃんはこのまま毎日気持ち良いことだけを私に教え込まれてくの」

兄「ふぐぅぅぅぅっ!!?」 ポロポロ

妹「……私が疲れた時には……」 女「え……っ?」 兄「むぐ……っ」

妹「……私に散々開発された女さんのマンコで、精液を搾り出されるの」 女「えっ、そんなの……っ!?」

妹「……」 女「……ご、ごめんなさい」

妹「……でも、このマンコはお兄ちゃんの物じゃないんだよ。私の所有物をお兄ちゃんに使わせてあげるの……」

兄「ふぎっ、いぃっ!?」

妹「……ねぇ、お兄ちゃん。お兄ちゃんが私の物になるまで、どのくらいかかるかな……? ねえ?」

兄「うぐっ、うぐぅぅっ、うぅぅぅぅぅっ!!!!」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 18:56:54 ID:+vpNu5nk0

友「……そういやお前、まだ彼女と続いてんの?」

兄「ん……ああ……」

友「お前みたいのとよく続くよなー」 兄「うるせー」

女「……兄、遅いよ!」 兄「え……ああ、悪いっ」 女「迎えに来させないでよ~!」

友「え、あ……っと、兄の彼女さん?」 女「ん~。ま~ね」 兄「悪ぃ、俺行くわ」

友「おう、またな」

女「……」 兄「ご、ごめん」 女「謝る相手が違うでしょ」

兄「待ってる……よな」 女「当たり前でしょ。急ぎなさい」 兄「う、うん……」

タッタッタッ タンタンタンッ ……ガチャッ

兄「はぁ、はぁ、はぁ……た、ただいま」 女「戻りました……っ」

妹「おかえり、お姉ちゃん。お疲れさま」 女「はい……っ」 兄「あ、あの……」

妹「……」 兄「お、遅れてごめんなさい……」 女「……謝り方が違うんじゃない?」

兄「ご、ごめんなさい」 ガバッ 女「地面に頭を擦り付けなよ……っ」 グイッ 兄「うっ」

妹「お姉ちゃん、私の物に余計な事すると捨てるよ?」 女「ご、ごめんなさい……」


妹「おかえりお兄ちゃん!」      ハッピーエンド!!! 完!!!


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/11/30 19:01:18 ID:TVKwzine0


ハッピーっちゃハッピーかな


引用元: 妹「おかえりお兄ちゃん!」

[ 2013年03月31日 14:50 ] [オリジナル]姉・妹・兄・弟 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)