FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  [二次創作 ハ行]僕は友達が少ない >  マリア「がはは、夜空がうんこ漏らしたぞ~」
スポンサードリンク

マリア「がはは、夜空がうんこ漏らしたぞ~」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 22:34:28 ID:vsGNzLcS0

夜空「しまった。屁のつもりだったはずが失禁してしまうとは……」

マリア「がはは、うんこ夜空がうんこしたぞぉ!」

マリア「お兄ちゃんに知らせてくるのだー」

夜空「ま、待て、マリア! それだけはやめろ」



マリア、シスター、はがない


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 22:39:20 ID:vsGNzLcS0

マリア「いやなのだ」

マリア「こんな面白いことお兄ちゃんに知らせずにはいられないのだ」

夜空「くっ、こいつは!」

マリア「おにいちゃ~ん」

夜空「待ってくれ、マリア」

夜空「だったらお前に1か月分のポテチの前借りをしてやろう」

夜空「だから、このことはみんなに黙っていてくれ。頼む!」

マリア「それは本当か!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 22:42:01 ID:vsGNzLcS0

マリア「わかった、黙ってる」

夜空「よし、いい子だ」

夜空「ついでにお前の権限を使って替えのスカートを調達して来い」

夜空「大至急だ」

マリア「なぜそこまでしなきゃいけないのだ!」

夜空「なんだと、このガキ。つべこべ言わずに」

夜空(いかん。ここはあくまで下手に出なくては)


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 22:46:04 ID:vsGNzLcS0

夜空「そこを何とか頼む。いや頼みます、マリア大先生」

マリア「ふむ。そこまでいうのなら仕方ないやってやろう」

マリア「感謝しろよ、ゴミクズ夜空。がははー」

夜空(この糞ガキ。後で覚えていろ)

マリア「じゃあ、いってくるなー」

夜空「頼む。できるだけ急いでくれ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 22:53:58 ID:vsGNzLcS0

数分後

マリア「スカート、取ってきてやったぞー」

夜空「おお、でかしたぞ。さすがだな」

マリア「私にかかればこんなことチョチョイのチョイなのだ」

夜空「さあ、小鷹たちが部室に来る前に急いで着替えなくてはな」

マリア「おい、うんこ夜空。さっさとポテチよこしやがれ」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 22:59:28 ID:vsGNzLcS0

マリア「約束だぞ。おい、聞いてるのか」

夜空「よし、とりあえず完了」

マリア「うんこの染みがついた夜空のうんこスカートとうんこパンツばっちいな」

マリア「こんなばっちいものさっさと処分しておけよー、うんこ夜空」

マリア「そうだ。それよりポテチだ。早くよこせ、うんこ夜空うんこ夜空うんこ夜空」

バチッ

マリア「あぅっ!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:04:20 ID:vsGNzLcS0

マリア「い、いきなり何をするのだ!?」

夜空「すまない、手が滑った」

夜空「あ、それと、ポテチなら一つもやらんぞ」

マリア「何、さては騙したのか!?」

マリア「き、貴様ぁー、せっかく私が協力してやったのに!」

夜空「ブツが手に入ればお前などもう用済みだ」

マリア「む、むぅ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:11:21 ID:vsGNzLcS0

夜空「それと、マリア。もし、あのことを他の奴らに漏らしたら」

夜空「どうなるかはわかっているな」

マリア「ど、どうなるのだ……!?」

夜空「そうだな。さっきのお礼も兼ねて、少しだけ実践してやろう」

マリア「う、うわぁ! や、やめろぉー! やめてください!」

夜空「ふんっ、もう手遅れだ。それでは始めるぞ」

ブリッ

夜空「あっ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:15:31 ID:vsGNzLcS0

マリア「ん。なんだ、今の音は?」

夜空(ま、まさかこの感覚は。またなのか)

夜空(またらしい……)

マリア「くんくん、またうんこみたいな匂いがしてきたぞ?」

夜空「ま、まあ、今日はこの辺にしておいてやろう」

マリア「本当か!? 何だか知らないけど助かったのだー」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:20:46 ID:vsGNzLcS0

夜空(くそっ。またうんこを漏らしてしまうとは、なんという失態だ)

夜空(もうさすがにマリアには頼めん……)

夜空(こうなったら少々危険だが、小鷹たちが来る前に)

夜空(部室を抜け出してとりあえずトイレに避難するしか)

マリア「ん? どこへ行くのだ」

夜空「別にどこでもいいだろう」

ガチャ

小鷹「おーっす」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:24:21 ID:vsGNzLcS0

夜空「こ、小鷹」

小鷹「遅れて悪かったな」

星奈「女神降臨ーっと」

幸村「遅れてもうしわけございません、あにき、あねご」

理科「あ、皆さんお揃いのようですね」

マリア「おお。みんな一気に来たなー」

夜空(くそっ。遅かったかー……!)


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:30:37 ID:vsGNzLcS0

小鷹「どうした、夜空。青い顔して」

夜空「な、なんでもない!」

夜空「お前の顔を見れば自然とそういう顔になってしまうのだ」

小鷹「いきなり酷い言われようだな、おい……」

夜空(こんなに部屋に大勢集まってしまっては)

夜空(扉に行くまでに誰かにスカートに付いたうんこの染みを見られてしまうではないか)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:34:40 ID:vsGNzLcS0

夜空(仕方ない。こうなれば、皆の隙を狙って何とかここから脱出を試みるか)

星奈「ねぇねぇ、夜空。今日は一体どんな活動するのよ」

星奈「早く教えなさいよ」

夜空「そんなの自分で考えろ。低脳な肉めが」

星奈「な、何よ。活動を聞いただけで何でそこまで言われなくちゃいけないのよ!」

理科「夜空先輩、今日はいつも以上に無愛想ですね」

夜空(しまった。少し動揺しすぎたか。ここは落ち着かなければ)


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:41:02 ID:vsGNzLcS0

小鷹「それはそうと、入ってきたときから思ってたんだが」

小鷹「この部屋ちょっと匂わないか」

星奈「確かにそうね」

理科「理科実験で失敗したときのとよく似てますね」

幸村「だれかがぬかみそづけでもしているのでしょうか」

夜空「そ、そうか? いつもとかわらないだろう」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:46:13 ID:vsGNzLcS0

小鷹「いや、さすがにこの匂いは尋常ないと思うが」

小鷹「なぁ、マリア。お前もするだろ、変な匂い?」

夜空(まずい、仮にもマリアは私が失禁したことを知っている)

夜空(今ここでマリアに余計なことをしゃべられたら)

マリア「ZZz……」

小鷹「なんだ、寝てるのか」

星奈「よくこんな匂いがする環境で眠れるわね」

夜空(ふぅ、助かった……)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:54:40 ID:vsGNzLcS0

小鷹「それにしてもこの匂いは一体なんなんだ」

夜空「そんなつまらんことどうでもいいではないか」

夜空「それより今日の隣人部の活動を始めるぞ……!」

理科「それではこの理科が匂いの元を突き止めてあげます!」

幸村「本当ですか、理科どの」

夜空(くっ。余計なことを)


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/11 23:58:08 ID:vsGNzLcS0

星奈「そんなことできるの?」

理科「理科、こういうことに関しては結構自信あります」

理科「くんくん、どうやらこっちから匂ってきますね」

夜空「……」

星奈「ちょっと、もしかして匂いの元は夜空ぁ?」

夜空「バ、バカを言うな!」

理科「いえ、違うようです。もっとあっちの方ですねー」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:02:45 ID:Vp0kr2Lc0

理科「これは恐らく、このテレビの裏からな気がします」

幸村「なぜそのような場所から」

理科「ちょっとのぞいてみまーす」

夜空「……」

理科「おや、なんやらこの学校の制服のスカートと女モノのパンツが落ちてるみたいです」

小鷹「なんで、そんなものがテレビの裏の隙間にあるんだ」

理科「さあ、わかりませんが。とりあえず取ってみますか」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:07:28 ID:uxGnG8n90

理科「よいしょっと、取れました」

理科「匂い元はどうやらこれで正解のようですね」

星奈「ちょ、ちょっとぉ。何よそのスカートとパンツに付いてる茶色いシミ!?」

星奈「まさか……!」

理科「匂いからして多分、星奈先輩の思ってるものかと」

小鷹「おいおい、マジかよ。そもそも一体誰のなんだよ……」

夜空「ま、全くだ。こんな汚物を部室に放置するなど、とんだ不届き者がいたものだ」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:24:51 ID:uxGnG8n90

星奈「ちょっと、理科。早くどっか捨てなさいよ」

星奈「そんなものそばにあるだけで神々しい私が汚されちゃうでしょ!」

小鷹「というか、よく持っていられるな。女の子なら特に嫌がりそうなもんだが」

理科「理科、割とこういうの平気です。それにほらよくかいでみると」

理科「結構いいにおいだなって思えてこないですか」

小鷹「こねえよ」

夜空(もうこのくらいで勘弁してくれ……! 一体私が何をしたというのだ)


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:32:30 ID:uxGnG8n90

理科「どうやら、ポケットに何か入っているようですよ」

理科「気になるので出してみましょうか」

ゴゾゴソ

小鷹「よせって」

夜空(しまった。急いで隠したせいで、ポケットの物を回収し損ねた)

夜空(もし私のだとわかるような物が入っていたら)

夜空(私は終わりだ……!)


理科「これは……えっと、きらスクのゲームソフトの箱、ですね」

夜空「えっ?」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:39:03 ID:uxGnG8n90

星奈「ちょっと、それ私のじゃない!」

夜空(どうして、そのような物が私のスカートのポケットに……)

夜空(あ、そうか。思い出したぞ。確か、今日初めにこの部室に入ったときに)

――――――

夜空「まったく、部室のテーブルの上に毎回ギャルゲの箱など置いて」

夜空「あの駄肉め」

夜空「ウザいから隠してやる」

――――――

夜空(あのまま、ゲームをポケットに入れたんだ)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:44:29 ID:uxGnG8n90

星奈「どうして、そんなゴミ以下のスカートのポケットに」

星奈「私の大切なきらスクのゲームが入ってるのよ!?」

夜空「肉、それはつまり」

星奈「え?」

夜空「そのゴミ以下のスカートの持ち主が貴様だということではないのか」

星奈「な、なんですって……!?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:51:10 ID:uxGnG8n90

星奈「ち、違うわよ! そんな訳ないでしょ!?」

夜空「じゃあ、なぜお前のゲームソフトがそのスカートのポケットから出てくるのだ」

夜空「だっておかしいではないか。ポケットの物は貴様のでスカートは違うなんて」

星奈「そんなの知らないわよ!」

夜空「素直に認めてしまったらどうだ」

夜空「自分は公共の場で失禁してしまった汚らわしい糞肉だということを」

星奈「冗談言わないで。わ、私、うんちなんて漏らしてないわよ!」

星奈「本当よ、信じて!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 00:58:40 ID:uxGnG8n90

夜空「ふんっ、往生際が悪いな」

夜空「ただでさえ失禁など汚らしいことなのに」

夜空「その事実を隠そうとするなど、糞以上に汚い精神だ。さすが肉といっておこう」

星奈「だ、だって知らないものは知らないんだから!」

夜空「と、言っているが皆はどう思う」

理科「まぁまぁ、星奈先輩。あくまで生理現象ですから」

理科「そんなに恥ずかしがることないですよ」

星奈「だから違うって言ってるでしょ……!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 01:19:32 ID:uxGnG8n90

星奈「小鷹は信じてくれるわよね!?」

小鷹「うぅ、と言われてもな」

小鷹「そういう日もあるから気にするなとしか……」

星奈「な、何よそれ! 全然信じてくれてないじゃない」

夜空「当然だ。この状況でお前の言葉を信じろというのがそもそも無理な話だ」

星奈「うぅ……何よ。私、本当に知らないのよ。本当に……ぐすっ」

小鷹「お、おい、泣くことはないだろ」

夜空「ふんっ、糞の次は涙を垂らすとは色々忙しい奴だな」

星奈「うわああぁぁん! 夜空のアホぉー!!」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 01:34:09 ID:uxGnG8n90

夜空「せっかくだから、お前の取り巻きの下僕どもの前でも糞を垂らしてみたらどうだ」

夜空「連中なら喜びながら群がってくるだろう」

夜空「あーあ、卑しい」

星奈「うわあぁぁん! 違う、絶対に違うんだからぁぁー!」

星奈「わ、私は、華麗で清楚で優美で神々しい女神様なんだから……ううぅ」

星奈「うんち漏らすなんて、えぐっ……有り得ないの……よ、えぐっえぐっ!」

小鷹「あー、わかってるわかってる。俺もお前が失禁したなんて思ってないから」

小鷹「だから、もう泣くなって、な?」

星奈「ぐすっぐすっ……ほ、本当ぅ?」

夜空「ちっ」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 01:47:24 ID:uxGnG8n90

星奈「どうしてこの私がこんな布切れごときに苦しめられなきゃいけないのよ!」

星奈「信じられない……ぐすっぐすっ!」

理科「何か理科も余計なことをしてしまったようで罪悪感を感じます」

理科「とりあえず、このスカートとパンツどうしましょうか」

小鷹「俺に言われてもな」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 01:49:19 ID:uxGnG8n90

星奈「そんなもの早くどっかに捨ててよ……! 見たくもないわ!」

理科「しかし、さすがに捨てるのは……」

小鷹「とりあえずここは星奈の意見を尊重してやってくれ」ヒソヒソ

理科「わ、わかりました」

幸村「それではわたくしがせきにんをもって今すぐ処分してまいります」

夜空「な、何だと!?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 01:55:38 ID:uxGnG8n90

小鷹「ん? どうした、夜空」

夜空「あ、いや、捨てるのは本人も後々困るのでないか」

夜空「だってほら、制服だぞ」

理科「さっきあれだけ星奈先輩を罵っていた方の言うことではありませんね」

小鷹「確かに。突然、負い目でも感じたか」

夜空「べ、別にそういう訳ではないが、その……」

小鷹「?」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:01:16 ID:IoIQuOBx0

そういえば夜空、スカートは履き替えたけど下着はそのままなのか?


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:01:41 ID:t21P7I4Y0

つまりノーパンの上に漏らし(ry


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:02:18 ID:ylDcuV9/0

いや、それなら2発目は・・・


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:14:03 ID:uxGnG8n90

夜空「だから、その」

夜空「……っ」

ギュルギュル

夜空(まずい、この感じは……)

夜空(ど、どうやらまた来そうな気配だ……)

夜空(くそっ、一体今日は何でこうも……)

夜空(なんにせよ、このままでは三回目も部室でしてしまうことになる)

夜空(そうなると次は一回二回のとは訳が違う)

夜空(皆の前での公開処刑だ。それだけは何としても避けなければ……!)

夜空「う、うぐ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:20:44 ID:uxGnG8n90

小鷹「とりあえず、このままにしておくわけにもいかないしなー」

幸村「やはり、処分しましょう」

夜空「い、いや、だから待て。早まるな……」

ギュルギュル

夜空「あ、うぅ」

小鷹「どうした、夜空。顔色悪くなってないか」

夜空「そ、そんなことはない。き、気のせいだ……!」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:29:35 ID:uxGnG8n90

夜空(耐えなくてはならないのに)

夜空(もう直前まで来ている……おさまりそうにない)

夜空(い、いかん。もう限界だ……)

夜空「くっ!」

プー

小鷹「ん?」

夜空(はぁはぁ、何とか実は出さずに済ませたが代わりに屁を出してしまった……)

理科「何やら、今聞き覚えのある音がしたような」

幸村「こころなしか、先ほどのぬかみそのにおいもふたたびたちこめてきた気がします」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:42:52 ID:uxGnG8n90

小鷹「さっきの奴、まさかオナラなんじゃ……」

星奈「わ、私じゃないわよ! 今の明らかにあんたたちの方から聞こえたでしょ」

小鷹「確かに。でも言っとくが俺じゃねえぞ」

理科「私でもありませんけど」

幸村「おなじく」

夜空「わ、私だって覚えがない!」

小鷹「おいおい、じゃあ一体誰がしたってんだよ……うぉ、すげえ匂い」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:50:11 ID:uxGnG8n90

小鷹「いや、つーか、こんなくだらないことの犯人探しなんてやめておくか」

夜空(おお。ナイスだ、小鷹)

夜空「そうだな。誰がしたから誰が悪いだの言い合うのは空しいだけだ」

星奈「ちょ、ちょっと待ってよ!」

星奈「そんなの私は納得できないわ!」

星奈「私だけ覚えもないあんな辱め受けてるのよ!」

星奈「屁をこいた犯人もたたき出して吊るし上げるべきよ!!」

夜空(この腐れ肉が、余計なことを……!)


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 02:57:04 ID:uxGnG8n90

夜空「相変わらず陰険な奴だな、貴様は」

夜空「そんなことだから失禁などするなどするのだ」

夜空「どうせ今の屁も貴様がこいたのだろ」

星奈「違うっていってるでしょ! そういうあんたこそどうなのよ!?」

夜空「わ、私ではない」

星奈「本当でしょうね。ちょっとあんたの周り嗅がせなさいよ」

夜空「よ、よせ。汚らわしい肉がこっちに来るな!」

夜空(まずい、このままでは!)


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 03:05:51 ID:uxGnG8n90

夜空「し、仕方ない。白状しよう」

星奈「やっぱり、あんただったのね!」

夜空「違う。今の屁はマリアだ」

星奈「マリア!?」

夜空「ああ、そうだ。明らかにマリアの方から音と匂いがしたから」

夜空「間違いないだろう」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 03:09:55 ID:uxGnG8n90

小鷹「寝ながらしたのかよ」

夜空「そのようだ。これでもマリアは一応シスターだ」

夜空「屁をこいたことなど明かしてしまうとマリアの面目が潰れてしまうだろ」

小鷹「というか、うんこなんて連呼してる時点で面目もへったくれもないんじゃ」

夜空「だから、言わないようにしようと思っていたのだがな。肉がしつこく詮索するものだから」

夜空「まったく」

星奈「な、何よ……! 仕方ないでしょ」

星奈「そんな事情知らなかったんだから」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 03:22:13 ID:uxGnG8n90

夜空「そんな言い訳など通用しない」

夜空「貴様は自分の脱糞した事実を誤魔化すために」

夜空「周りの矛先をマリアに向けさせようとしたのだ」

夜空「こんないたいけな幼女を盾にするとは」

夜空「どうやらお前は本当に性根が腐っているな」

夜空「糞の方がマシだと思えるほどに腐ったタンパク質の塊だ」

星奈「な、何よ。何なのよ、あんたはさっきから……そこまで言うことないでしょ……ぐすっ」

星奈「カス夜空なんて大嫌いよ、死ねぇー!! うわああああぁぁぁん!!」

小鷹「ったく、また泣かして……」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 03:33:04 ID:uxGnG8n90

小鷹「お前もお前だ。こんなことで何度も泣くなって」

理科「そうですよ。泣くならせめて喘いでくれないと理科そそられません」

幸村「星奈のあねご、とりあえずはんかちです。どうぞ」

星奈「うわああぁぁぁん!! えぐっえぐっ!」

夜空(よし。皆が肉に気を取られている)

夜空(今なら気づかれず部室を抜け出すことができそうだ)

夜空「……」 ソソソ

マリア「ふぁ~。むにゃ、誰だこんなやかましい声で泣き叫んでるうんこ野郎は」

マリア「おかげで目が覚めてしまったのだ……」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 03:47:03 ID:uxGnG8n90

夜空「なっ。マリア……!」

小鷹「ああ、マリア起きたのか」

マリア「ん? どうして星奈が泣いているのだ?」

小鷹「ま、まあ、色々あってな」

星奈「こんなの誰かの陰謀よー!!」

星奈「私、絶対に脱糞なんかしてないんだからー!! うぅっ、ぐすっ……」

マリア「んぁ。一体、何を言ってるのだ」

マリア「うんこ漏らしたのはそこにいるうんこ夜空だぞ」

小鷹「え?」

マリア「それとも何か。星奈もうんこ漏らしたのか?」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 04:00:31 ID:uxGnG8n90

理科「では、このスカートと下着は」

マリア「だから、それは夜空のもんだ」

マリア「うんこが付いてるだろ。まったくバカだなお前らは」

小鷹「って、言ってるけど本当なのか、夜空」

夜空「な、何を言っている。落ち着け……」

夜空「マリアが誰に関しても『うんこ』などという」

夜空「下品な言葉を使うことなど、いつものことだろう」

マリア「何を言っているのだ。ウソではないぞ」

マリア「うんこで汚れたから、替えのスカートを取ってくるように私に頼んだこと」

マリア「もう忘れたというのかー。恩知らずのゴミ夜空め」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 04:01:32 ID:t1GVzEnb0

これは夜空ざまあww


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 04:10:54 ID:uxGnG8n90

星奈「よ、夜空あんたまさかァ!」

夜空「じ、事実無根の言いがかりはやめてもらおう」

夜空「大体、マリアの言うことを鵜呑みにすること自体どうかしている」

夜空「……っ!」

ギュルギュル

夜空(風向きが悪くなると決まって来るな……!)


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 04:17:20 ID:uxGnG8n90

理科「ところで夜空先輩はどうして扉の前に移動してるんですか」

夜空「ちょ、ちょっと用事を思い出してな」

幸村「おや、先ほどまであねごが座っていたいすにちゃいろいぶったいが」

幸村「これはいったいなんなのでしょうか」

夜空「し、知らん! 自分で考えろ!!」

小鷹「夜空、お前……まさか」

夜空「知らん! 私は何も知らんといったら知らない!」

夜空(うぐぐ、も、もう次は放屁じゃ済ませられないレベルだ……)


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 04:31:36 ID:uxGnG8n90

理科「ちょっと待ってください。汚物付きのスカートがここにあるのに」

理科「さっきまで夜空先輩が座っていたイスにもそれが付着しているということは」

星奈「夜空! ちょっと尻見せなさいよ!」

夜空「よ、よせ、バカ、さ、さ、触るな……!」

夜空「これ以上、揺すぶったら……!」



夜空「あっ」



ブホッ ブチョブチョブチョ!!
ブブブブブゥ ブリュリュリュ!!
ピュルルル ブビィィ ブホ!!
ブリブリブリィィィィィ… 

ブチュ!!


汚れちまった悲しみに今日もうんこの降りかかる――


おわり


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 04:35:16 ID:sGgrvG70O

これは酷い


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12 05:47:23 ID:xHQHHixz0

これは素晴らしい乙
はがないSSもっと増えたらいいな


引用元: マリア「がはは、夜空がうんこ漏らしたぞ~」

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)