ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 ア行]アマガミ >  七咲「これは…時限爆弾です!」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

七咲「これは…時限爆弾です!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 00:51:54 ID:tS2UoI110

橘「さてと、家に帰るとするか…ん?」

カチ…コチ…カチ…

橘(靴箱に時計が入ってる…?)

橘「誰だよこんな悪戯するのは…」ヒョイ

橘「…」

橘「何だか重いな…?」



アマガミ、七咲逢、舌


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 00:57:08 ID:tS2UoI110

カサッ

橘「何だろう、紙切れも一緒に入ってるぞ…?」カサカサ

――禁止事項――

・水
・衝撃
・高温

橘「…?」

橘「何だよこれ…」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:00:42 ID:tS2UoI110

七咲「先輩」

橘「おっ、七咲。丁度いいところに」

七咲「こんな所で座り込んで、一体どうしたんです?」

橘「いや、これが僕の靴箱に入ってたんだよ」スッ

カチ…コチ…

七咲「時計…ですね」ヒョイ

七咲「しかも、随分と重い…」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:04:51 ID:tS2UoI110

橘「あとこれも一緒に靴箱に入ってたんだ」スッ

七咲「え…っと、禁止事項?」

橘「うん。誰かの悪戯にしては、何と言うかさ」

七咲「気持ち悪い、ですね」

七咲「…」ジー

橘「七咲?」

七咲「この禁止事項って、時計の取り扱いに
関する事なんですよね…?」

橘「多分そうだろうね」

七咲「…試しに衝撃を与えてみましょうか?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:07:05 ID:tS2UoI110

橘「えっ?」

橘「禁止されてる事をしたら壊れちゃうんじゃない?」

七咲「とは言いましても、手掛かりはこの紙切れだけですし…」

橘「うーん」

橘「…」

橘「よし、試しにわざと落としてみようか?」

七咲「はい」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:09:32 ID:tS2UoI110

カチ…コチ…

橘「えいっ」ポイ

ガチャン!!

橘「…」

橘「…?」ヒョイ

カチ…コチ…

橘「特に壊れてないな」

七咲「いたっ!?」

橘「えっ?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:12:44 ID:tS2UoI110

七咲「あいた!いたたたたっ!?」バタッ

橘「な、七咲!?どうしたんだ!?」

七咲「つったっ」ジタバタ

橘「えっ、何!?」ワタワタ

七咲「みっ、右足が…!うぐっ…」ジタバタ

七咲「右足つってます!!」ジタバタ

橘「そんな!いきなり!?」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:17:37 ID:q8rekkEkO

七咲「せ、先輩、すみませんが、ちょっと!」ジタバタ

七咲「右足っ!さすってもらってっ!いいですかァ!?」ジタバタ

橘「よ、よし、分かった」

スッ

七咲「いったっ!痛いです先輩っ!!何するんですか!?」ジタバタ

橘「い、いや七咲がさすれって言うから…」

七咲「言ってないですよ!!」ジタバタ

橘「い、いや確かに言ったよ…?」

七咲「言いましたァ!?」

橘「う、うん」

七咲「じゃあ言ってますね私はァ!いたたたっ!!」ジタバタ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:21:24 ID:tS2UoI110

サスサス…

七咲「はぁ、はぁ…!」

橘「ど、どう?落ち着いた…?」

七咲「え、ええ何とか…」ハァ

七咲「…」

七咲「す、すみません先輩。私、取り乱してしまって」

橘「い、いや、七咲が大丈夫ならいいんだ…けど」

七咲「けど?」

橘「突然だったよね、足がつったのって…」

七咲「ええ…あり得ないタイミングでした…」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:24:41 ID:tS2UoI110

橘「…」

橘「まさかとは思うんだけど」

七咲「はい」

橘「あの時計を落とした瞬間に足がつった様に感じたんだ…」

七咲「時計をですか…?言われてみれば確かに…」

橘「…」ヒョイッ

カチ…コチ…

橘「えいっ」ポイ

ガチャン!!

七咲「うっあっ!?」ズキン


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:31:03 ID:tS2UoI110

七咲「あだだだだだっ!!ほっ!本当!だぁっ!!!」ジタバタ

橘「や、やっぱりそうだ…」ワナワナ

七咲「はあっ!いっ痛いっ!」ジタバタ

ヒョイ

橘「こ、この時計は…」

七咲「せっ、先輩っ!がっ!!」ジタバタ

橘「呪いの時計だ!!」ワナワナ

七咲「足っ!足さすって下さいいいい!!」ジタバタ

橘「な、七咲!ちょっと静かにしてくれよ…!」

七咲「うえっ!?先輩何を言ってっ!いってぇっ!」ジタバタ

橘(禁止事項を破るとこちら側に呪いがくる…)

橘(早くこの時計を何とかしなくちゃ…!)

七咲「さすれえええええ!!!」ジタバタ


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:31:57 ID:D9Afi/4t0

SSの七咲は何でこう…アレなんだろうか……


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:35:36 ID:tS2UoI110

七咲「はぁっ…はぁっ…!」

橘「だ、大丈夫か七咲?」

七咲「」ギロリ

橘「あ、あの」

ガスッ!

橘「いたっ!脛を蹴るなよ七咲…!」

七咲「先輩のいじわる!」

橘「ご、ごめん…」

七咲「…」

橘「…」

橘「ど、どうしよっか…この時計…?」

七咲「…」

七咲「…どうしましょう…?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:39:11 ID:tS2UoI110

橘「あっ!」

七咲「どうしました?」

橘「見える?ここ…時計の裏側…」

七咲「あ…テープで頑丈にとめられてますね」

橘「きっと一度分解されてるんだよ、この時計…」

七咲「ええ…」

橘「…あ」

橘「開けてみよっか…?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:43:36 ID:tS2UoI110

七咲「ちょ、ちょっと待って下さい!」

橘「えっ?」

七咲「大丈夫なんでしょうか…?」

橘「何が?」

七咲「変に分解しようとすると、
また妙な事が起こるかもしれませんよ…?」

橘「あ、七咲さっき足つってるから…」

七咲「…」

橘「びびってるんだな?」

七咲「なっ…びびってませんよ?」

橘「じゃあ何でそこまで慎重になるんだ?」

橘「禁止事項にも触れていないんだ、大丈夫なはずだろ?」

七咲「…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:46:41 ID:tS2UoI110

橘「よし、じゃあ開けるぞ!」

七咲「は、はい…」ビクビク

バリバリバリ…

七咲「」ビクビク

パカッ

橘「開いたぞ!」

七咲(…)ビクビク

七咲(良かった、何ともないや…)ホッ

七咲「な、中はどうなってるんです?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:52:08 ID:tS2UoI110

橘「何か凄い配線の数だよ…」

七咲「えっと…」ジー

七咲「赤、青、黄、緑、白、黒の6種類の配線がありますね」

橘「それと、また紙切れ…」カサッ

橘「今度は2枚入ってるぞ…?」ヒョイ

橘「…ってうわ!」ビクッ

七咲「な、何ですか!?」ビクッ

橘「こ、これ…」スッ

七咲「…!」

七咲(わ、私のフルネームがびっしり書かれてる…!)ブルブル


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 01:56:49 ID:tS2UoI110

橘「そ、それがさっきの呪いの源なんじゃないか…?」

七咲「そ、そうみたいですね…」

橘「どうするんだ、それ…?」

七咲「わ、私の親戚に寺生まれのTさんという方が
いますから、その人にきちんと処分してもらいます…」

橘「そ、そっか…」

七咲「で、もう一枚の紙切れは…?」

橘「えっと、読むぞ…」

七咲「は、はい」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:00:27 ID:tS2UoI110

橘「制限時間は30分」

七咲「…それから?」

橘「…以上だよ」

七咲「えっ?それだけですか?」

橘「うん」

七咲「制限時間…何の制限時間でしょうか?」

橘「例えば爆発までの時間とか…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:04:44 ID:tS2UoI110

七咲「ええっ!?」

橘「じ、冗談だよ…はは…」

七咲「先輩、こんな時に冗談言ってる場合じゃ…」

カチ…コチ…

七咲「…!?」

橘「どうした七咲?」

七咲「こ、ここ…配線の奥…」スッ

橘「どれどれ…?」ヒョイ

橘「あ、時計の中にデジタルの時計が…」

橘「いや、時計というか…これは…」

七咲「カウントダウンタイマー…ですよね…」ドキドキ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:11:06 ID:tS2UoI110

橘「ま、まさか…!?これ本当に…!?」ワナワナ

七咲「き、きっとそうですよ先輩…!」ドキドキ

七咲「これは…時限爆弾です!」

橘「うわあああ!ダッ」

ガシィ!!

橘「!?」

七咲「どっどど何処に行くんですか先輩!?」ガクガク

橘「決まってるだろ!逃げるんだよ!!」グイグイ

七咲「わ、私を差し置いて逃げようとするなんて
ほっ、本当に最低なせせっ先輩ですね!!」ガクガク

橘「じゃあ七咲も一緒に逃げようよ!」

七咲「む、無理です!」ガクガク

橘「何で…」ハッ

橘「お約束か!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:17:41 ID:tS2UoI110

橘(どうしよう、七咲を置いて逃げるなんて出来ないよ!)

七咲「せ…先輩…」ガクガク

橘「どうした七咲!?」

七咲「な、中のデジタル時計の時間は…?」ガクガク

橘「え、えっと」ヒョイ

橘「あと15分…だよ…」ワナワナ

七咲「せ、先輩…」ガクガク

橘「今度はどうした七咲?」ワナワナ

七咲「その…お、おしっ…こ…///」ガクガク

橘(くそっ!前門の虎後門の狼だよ!)ワナワナ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:23:50 ID:tS2UoI110

橘「…いや、待てよ?」ワナワナ

橘「ド、ドラマとかで見た話だけど…」ワナワナ

橘「この6種類の配線のうち…」ワナワナ

橘「どれかを切れば爆弾って止まるんじゃないか…?」ワナワナ

七咲「そ、そんな確証も無しに切るつもりですか!?」ガクガク

橘「し、仕方無いよ…。でも…き、切る配線を間違えたら…」ワナワナ

七咲「や、止めて下さい先輩!無謀過ぎます!」ガクガク

橘「しかしそうでもしなけりゃ助からないよ!」ワナワナ

橘「失禁しながら爆死してもいいのか七咲!?」ワナワナ

七咲「切る配線を間違えても失禁しながら爆死するじゃないですか!」ガクガク


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:30:29 ID:tS2UoI110

橘(あと13分をきった…もう迷ってる時間は無いぞ…!)ワナワナ

ガサゴソ

橘「ハサミハサミ…あった!」

橘「い、行くぞ…!」ブルブル

七咲「な…何色から切るんですか…?」ガクガク

橘「赤」ブルブル

七咲「危険色じゃないですか、止めて下さい!」ガクガク

橘「じゃあ黒で…」ブルブル

七咲「ストップです先輩!喪服っぽいイメージですよ黒って!」ガクガク

橘「じゃ、じゃあ白を切るぞ!」ブルブル

七咲「死装束が脳裏を過りましたよ先輩!」ガクガク

橘「ちょっと黙ってよ!」ブルブル


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:35:22 ID:tS2UoI110

橘「青だ…まず青を切るよ…!」

橘「えいっ!」

パチン!

七咲「…」ガクガク

橘「…」ブルブル

橘「だ…大丈夫だったか…。でも…」ブルブル

カチ…コチ…

橘「駄目だ止まらないよ!」ブルブル

七咲「だから私は赤か白か黒にしろとあれほど…!」ガクガク

橘「しーこいこい、しーこいこい」ブルブル

七咲「うあっ何それおしっこが出そうになる!止めて下さい先輩!!」ガクガク


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:39:30 ID:tS2UoI110

橘(あと11分…すぐ次を切らないと…!)ブルブル

橘「次は…よし…緑だ…!」ブルブル

七咲「みっ緑は目に優しいので賛せ」ガクガク

橘「しーこいこい、しーこいこい」ブルブル

七咲「さっ、賛成したんだからいいじゃないですか!
もうそれ止めて下さいって!!」ガクガク

橘「き…切るぞ…?」ブルブル

パチン!


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:46:06 ID:tS2UoI110

橘「ああっ!?」ブルブル

七咲「ど、どうしたんですか先輩!?」

橘「じ…10分あった制限時間が…残り5分に…」ブルブル

七咲「そ、そんな!?」ガクガク

七咲「先輩!みっ、水色を切りましょう!」ガクガク

橘「み、水色なんて…」ハッ

橘「水色…みずいろ…」ブルブル

七咲「恋はみずいろ、ってね…ふ、ふふっ」ガクガク

橘「無駄なキャラソンの宣伝時間のせいで
失禁しながら爆死したいのか七咲!」ブルブル


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:51:30 ID:tS2UoI110

橘「しっ、白だ!白を切るぞ!」ブルブル

七咲「…」ガクガク

パチン!

橘「…!」ブルブル

カチ…コチ…

橘「だ、駄目だ!これも違う!!」ブルブル

七咲「…」ガクガク

橘「…七咲?」ブルブル

七咲「出そう…」ガクガク

橘「な、何だって!?」ブルブル


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 02:57:48 ID:tS2UoI110

橘「げ、限界なのか七咲!?」ブルブル

七咲「」コクリガクガク

橘(駄目だ、七咲をトイレまでおぶって行ってる間に
校舎ごと吹き飛んでしまうかもしれない…!)ブルブル

橘「こうなったら!」キョロキョロ

橘「あった、七咲の鞄!」ガサッ

タタタッ

橘「はいっ七咲!」ドサッ

七咲「せ、先輩…まさか…?」ガクガク


大好きな先輩の目である、見紛う筈も無い。

橘の目は間違いなく、「鞄の中にしろ」と七咲に伝えていた。


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:06:56 ID:tS2UoI110

橘(さあ、早く爆弾を止めないと!)タタッ
七咲(鞄の中…でもお漏らしするよりは余程良い…はず!)ガクガク

七咲(先輩の好意を無下には出来ない…!
決めた、パンツを脱いでこの中に出そう!)ヌギヌギ

橘「残り時間は…!?」ヒョイ

カチ…コチ…

橘「うわああっ!2分をきってる!!」ブルブル

七咲(の…残り時間は2分もないんだ…。
多分私達は助からない…)ズルッ

七咲(死ぬならせめて…せめて先輩のもとへ…)ズルッ


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:11:44 ID:tS2UoI110

橘「ど、どれだ…?どれを切る…!?」ブルブル

橘「駄目だ駄目だ!頭の中が真っ白で
もう何も考えられないよ!」ブルブル

ズルッ…

七咲「せ、先輩…」ガクガク

橘「な、七咲!?ここまで這って来たのか…!」

七咲「ど、どうせ死ぬなら…」ガクガク

七咲「先輩の…側で…」ガクガク

橘「七咲…」ブルブル

七咲「先輩…」ガクガク

カチ…コチ…


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:16:27 ID:tS2UoI110

橘「きっとこれが最後のチャンスだ…」ブルブル

橘「だから七咲が決めてくれ…」ブルブル

橘「七咲、何色を切る…?」ブルブル


想いあう二人には言葉など要らなかった。

チョロチョロ…

七咲は股間から流れ出る液体を以てして、
愛する橘に最後に切る運命の配線の色を伝えた。



橘「黄色だな、七咲!」ブルブル

パチン!!


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:21:13 ID:tS2UoI110

カチ…







橘「…と」

七咲「…と」チョロチョロ

橘&七咲「止まったあああああ!!!」

橘「やったぞ七咲!僕達は生き残ったんだ!!」

七咲「私っ!私っ…ううっ…!」チョロチョロ

橘「な、泣くなよ七咲…!僕まで泣いちゃいそうだよ…!」ウルウル

橘&七咲「わああああああん!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:27:42 ID:tS2UoI110

美也「じゃじゃーん!ドッキリ大成功なのだー!」ヒョコッ

七咲「み…美也ちゃん…っ!?」ウルウル

橘「うぐっ…み、美也…か…?」ウルウル

橘「よ…良かった…僕は…美也も…助けられたんだ…うぐっ」ウルウル

美也「にぃにー」

橘「な、なんだ美也…?」

美也「ドッキリだよ?」

橘「…?」

美也「にぃにの靴箱に爆弾型のおもちゃ入れたの、みゃーだよ?」

橘「えっ」

七咲「えっ」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:34:02 ID:tS2UoI110

美也「ほ、本当ならもっと盛り上がるはずなんだけどね…」

美也「…」チラッ

七咲「な、なに…?」

美也「あ、逢ちゃん、その」

七咲「あっ…」

美也「お漏らしするほど怖がらせて…」

七咲「いや…っ」

美也「そのうえノーパンで偽物の爆弾処理をさせて、
本当にごめんなさい…なのだ…」ペコリ

七咲「笑ってよ!笑い飛ばしてよ美也ちゃあああん!!!」



おしまい


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:43:48 ID:LJfl2P4I0

漏らし損かと思ったけどいつもの事だから損じゃなかった


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12 03:46:23 ID:D9Afi/4t0


良い話だった


引用元: 七咲「これは…時限爆弾です!」

[ 2013年04月02日 09:44 ] [二次創作 ア行]アマガミ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。