FC2ブログ

ハイブリッドSS速報 TOP  >  スポンサー広告 >  [二次創作 ア行]Another >  榊原「三組の女子をモヤモヤさせてみる」
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

榊原「三組の女子をモヤモヤさせてみる」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:55:17 ID:JMdu4w6v0

榊原(よし、まずは多々良さんからいこう)

榊原「あの、多々良さん」

多々良「はい?」

榊原「……」

多々良「榊原君、どうかしました?」

榊原「……いや、ごめん。やっぱりいいや」

多々良「え?」

榊原「いますごく大事な話をしようとしたんだけど、でもやっぱり怖くて」ズーン

多々良「え、え?」

榊原「ごめんね……ばいばい」スタスタ

多々良「……?」



Another、座席表


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:56:51 ID:JMdu4w6v0

多々良(な、なにいまの。榊原君が深刻そうな顔して話しかけてきて、でも言葉を濁して去っていった)

多々良(しかも榊原君、震えてた。もしかして病気……? 気胸で入院してたとは聞いてたけど、まさかもっと重い病気に……!?)

多々良(いやいやでもどうして私に話しかけるの? 普段からあまり話したことない榊原君が、どうして? それとも病気じゃなくて違う話?)

多々良(私にわざわざ話しかけたってことは、私が関係する話題よね……)

多々良(……あ……)

多々良(でも……そ、そんなのありえない! だって榊原君が私のこと……そんな……ないよ、絶対)

多々良(ああ~もうっ! モヤモヤする!)ブンブン


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/20 23:59:44 ID:JMdu4w6v0

榊原(多々良さん、頭ぶんぶん振り回してる。壊れたメトロノームみたいで愉快だな)コソコソ

榊原(さて次は小椋さんでいってみよう)

榊原「小椋さん……」

小椋「あ、榊原君。そんな暗い顔してどうしたの?」

榊原「小椋さんてさ、その、付き合ってるひととかいるのかな」

小椋「へっ? え、えと、いない、よ?」

榊原「そっか。よかった」

小椋「う、うん?」

榊原「本当に、よかった……」

榊原「じゃあね……」スタスタ

小椋「えっ。ちょ、ちょっと」

小椋「……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:03:18 ID:Ey6237qh0

小椋(……いまのって、つまり、そういうこと?///)

小椋(ぁ、ぁぁ、榊原君、あたしのこと好きだったんだ///)

小椋(でもはっきり言ってくれないとっ。あんな生殺しみたいな会話で終わらせるなんて)

小椋(……)

小椋(……////)

小椋(もしかしたら明日とか、本格的に告白したりしてくるのかな。屋上とかで)

小椋(うぅっバカ……////)

小椋(モヤモヤするぅ……今日気になって眠れないじゃん////)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:06:09 ID:Ey6237qh0

榊原(小椋さん、顔真っ赤で足踏みして身体揺れてる。クリムガンみたいだね)

榊原(さあさあテンション上がって参りました。次は誰にしよっかな)

榊原(よっし、江藤さんにしよう!)

榊原「やあ、江藤さん」

江藤「榊原君? 何か用かな」

榊原「江藤さんって水泳やってるんだよね」

江藤「うん。それがどうかしたの?」

榊原「……僕、江藤さんと話したことあまりないからさ。趣味について話したかったんだ」

江藤「そ、そうなんだ。私も榊原君ともっと仲良くなれたらいいなって思ってたよ」

榊原「あはは、嬉しいな。じゃあここ座るね」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:08:55 ID:Ey6237qh0

榊原「水泳、好きなんだね」

江藤「もちろん! 泳ぐのは気持ち良いよ。水を全身に感じて進むなんて、神秘的なスポーツだと思うなっ」

榊原「ひとつのことに打ち込んで、それを愛し続けるって素敵だよなぁ」

江藤「そう言う榊原君は? どんな趣味なのかな」

榊原「僕は、ね」

江藤「うん」

榊原「……」

江藤「……?」

榊原「……ごめん。ちょっと、言えないんだ」

江藤「へ?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:12:00 ID:Ey6237qh0

江藤「言えないって?」

榊原「僕はこの趣味を愛してるし、一生続けたいとも思ってる。僕が誇れることといえばこれくらいなんだ」

榊原「でもね、江藤さんには言えない」

江藤「どういうこと? よく分からないよ。ひとに言えないようなことなの?」

榊原「いや、決してやましいとか、そういうのじゃないんだけど、でもね、江藤さんに話してしまったら、僕の目標が崩れてしまうんだよ」

榊原「僕がこの趣味で最高の成果を出したとき、いくつだろうと必ず江藤さんに報告する。そのときは江藤さんも最高の成果を僕に見せてほしいな」

江藤「榊原君……」

榊原(自分でも何言ってるのかよく分かんないけど、シリアスっぽさ出しとけば何でもシリアスになるな)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:14:40 ID:Ey6237qh0

江藤「どうしても、教えてくれない……?」

榊原「それは無理なんだよ。でもいまやってる趣味は、江藤さんがいなければやる意味がない。むしろ江藤さんのためにやってる趣味でね」

江藤「え、えっと」

榊原「ごめん。いつか、絶対に教えるよ。いつか」スタスタ

江藤「……」

江藤(なになになになに!? すっごい気になるよっ!?)

江藤(私がいなければやる意味がない……むしろ私のためにやってる……どういうことなのそれ!?)

江藤(榊原君、絶対に教えてくれなさそうだし……あぁああもう、モヤモヤするよぉ~っ!! ばかぁ~っ!!)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:16:36 ID:Ey6237qh0

榊原(我ながら意味の分からないセリフを吐いてしまった。でも江藤さんの目、千反田さんみたいな目つきになってて可愛いな)

榊原(次は綾野さんだ。さてさてどんな反応を見せてくれるかな)

榊原「綾野さーん」

綾野「おっ、こういっちゃん! どしたの?」

榊原「綾野さんてさ、綺麗な肌だよね」

綾野「ふぇっ!?」

榊原「ああ……すごく綺麗だな」

榊原「なんか恥ずかしくて直視できない。綾野さん、そんな肌してずるいよ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:19:39 ID:Ey6237qh0

綾野「ちょっといきなりなにいってんの……///」

榊原「ごめんごめん。でも初めて見た日からずっと思ってたんだよ」

綾野「もうっ……こういっちゃんだから許したげる///」

榊原「うん、ありがとう」

綾野「……、ちょっとだけ触ってみる?///」

榊原「あ、いいです」

綾野「えっ」

榊原「じゃあまた」スタスタ

綾野「……え?」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:23:43 ID:Ey6237qh0

綾野(こういっちゃんは明らかに私に好意あるよね。うんきっとそうだ。いまのは照れただけなんだよ)

綾野(ぅーでもいきなりあんなこと言われるなんてぇ……は、はずかしい////)

綾野(もっかい言ってくれないかな。……肌、綺麗だよって……キャァアアッ////)

綾野(あぁこういっちゃん……何だか胸がモヤモヤするよぉ////)


榊原(さあて、次はザ・無能の赤沢さんに試してみよう)

榊原「赤沢さんっ!!」

赤沢「!? こ、恒一君? 何かあったの?」

榊原「あのね赤沢さんっ! 実はっ……実は僕っ……」

赤沢(え、何これ。もしかして恒一君、告白……)

榊原「実はっ……実はぁっ僕、赤沢さんがッ……!!!」

榊原「ハッ!」

榊原「ごめんっ!! やっぱりいいやっ!! また明日ねッ!!」ビューン

赤沢「えっちょっ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:27:22 ID:Ey6237qh0

赤沢(……)

赤沢(やったわ……ついにやったわ!!)

赤沢(私、恒一君に告白された!!)

赤沢(やったぁあああぁ!!! 眼帯貧乳チビに勝った!! 勝利!!)イエッス

赤沢(今日は奮発してケーキ食べちゃおーっと♪)フンフン

榊原(……赤沢さん何その反応。本当に無能だな)

榊原(何か萎えた。次は王道の見崎にしよう)

榊原「おーい、見崎」

見崎「榊原君?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:30:47 ID:Ey6237qh0

榊原「見崎に聞きたいことがあるんだ」

見崎「どうぞ」

榊原「僕のこと、どう思ってる?」

見崎「えっ」

榊原「正直に答えてくれ。僕は真剣なんだ」

見崎「……」

見崎「……大切なひと」ボソッ

榊原「聞こえないよ見崎」

見崎「む……///」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:33:48 ID:Ey6237qh0

榊原「もっと、大声で言ってくれる?」

見崎「た、大切なひとっ……」

榊原「何?」

見崎「……ばか。もう言わない」

榊原「え、どうして。見崎の声が小さくて分からなかっただけだよ」

見崎「ッ……」

見崎「榊原恒一君は私の大切なひとっ! こ、これで満足っ?」

榊原「……」

見崎「/////」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:35:39 ID:Ey6237qh0

榊原「……」

見崎「ち、ちょっと、榊原君」

榊原「……」

見崎「何とか言って」

榊原「……」スッ

見崎「? どこに行くの?」

榊原「……」スタスタ

見崎「ちょっと、榊原君」

見崎「榊原君!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:39:02 ID:Ey6237qh0

見崎「……」

見崎「……」ジワッ

榊原(!?)

見崎「わ、わたしなんかじゃ……だめだったかな」グスッ

榊原(モヤモヤしろよ! 赤沢さんかお前は!)

見崎「ごめんね……も、もっと胸の大きい対策係みたいなひとがよかったよね……ぇぅぅ」

榊原「う……み、見崎っ!」

見崎「っ……榊原君……?」

榊原「僕は見崎が好きだよ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:42:11 ID:Ey6237qh0

見崎「ぁ……ほ、ほんと……?」

榊原「ああ、本当だ」

見崎「うそついてない……?」

榊原「ついてないよ」

榊原(さっきの四人にも一言も好きだなんて言ってないしね)

見崎「……いじわるするなんて、ひどい」

榊原「見崎が可愛かったから……」

見崎「もう知らないっ///」プイッ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:44:21 ID:Ey6237qh0

榊原「ねえ見崎、僕はある番組を作りたいんだ」

見崎「番組?」

榊原「うん。いろいろなクイズを出して、正解できずにもやっとしたらボールを投げるんだよ」

見崎「ボール……?」

榊原「うん。実はもう作ってあるんだけど」

見崎「どんなの?」

榊原「見たい?」

見崎「見たい」

榊原「それはね……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:44:57 ID:Ey6237qh0

榊原「こんなのだよ」

モヤっと


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:48:41 ID:rT4xp5q8O

おい途中で飽きんなよ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/21 00:49:06 ID:INr4qBxIO

モヤット モヤット モヤット モヤット モヤット モヤット モヤット モヤット モヤット オツット


引用元: 榊原「三組の女子をモヤモヤさせてみる」

[ 2013年04月09日 23:06 ] [二次創作 ア行]Another | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ハイブリッドちゃん

Author:ハイブリッドちゃん
SS深夜VIP、SS速報VIPとかのネット上のSSをまとめています。

カウンター
アクセスカウンター:
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサードリンク

DVD付き 進撃の巨人 (13)限定版 (講談社キャラクターズA)

ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― 初回限定生産版 (初回封入特典「ゲーム内で使用出来るスペシャル衣装が解放される」プロダクトコード 同梱)

日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

citrus (1) (IDコミックス 百合姫コミックス)

姉ログ 1 (少年サンデーコミックス)

巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)

男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。 (1) ―Time to Play― (上) (電撃文庫)

新世紀エヴァンゲリオン (13) (カドカワコミックス・エース)

よつばと! 12 (電撃コミックス)

のんのんびより: 1 (コミックアライブ)

世界の果てで愛ましょう 1 (1) (電撃コミックス)

絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス)

ひとつ屋根の下の : 1 (アクションコミックス)

麻宮さんの妹 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ばのてん! 1 (ガンガンコミックス)

このお姉さんはフィクションです!?(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))

この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの (1) (カドカワコミックス・エース)

エロマンガ先生 妹と開かずの間 (電撃文庫)

新品価格
¥641から
(2013/12/5 12:37時点)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8 イラスト集付き限定特装版 (ガガガ文庫 わ)

キノの旅 (17) the Beautiful World (電撃文庫)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6.5 (GA文庫)

佐々木家一同はいろいろとやりすぎです(五) (佐々木家は順調に病み続けます)

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

ダンガンロンパ1・2 Reload

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】

進撃の巨人 ~人類最後の翼~

ポケットモンスター X

ポケットモンスター Y

ポケットモンスター X・Y公式ガイドブック 完全ストーリー攻略ガイド

figma 進撃の巨人 ミカサ・アッカーマン (二次出荷分) (ノンスケール ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 鹿目まどか 始まりの物語/永遠の物語 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

よつばと! 小岩井よつば (NONスケール プラスチックキット)

アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

アイドルマスター 我那覇響 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)

一番くじ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q A賞 碇シンジフィギュア

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 式波・アスカ・ラングレー:Q~プラグスーツver.~ (1/6スケール PVC塗装済み完成品)

エヴァンゲリヲン新劇場版 綾波レイ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。